現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

オープン掲示板 過去ログ

どなたでも書き込んでいただける掲示板です。現代川柳の話題、イベント情報など、ご自由に利用してください。雑談もOKです。インターネットに一般公開されている掲示板ですので、個人情報の取り扱いにはお気をつけ下さい。

  • 田中 女里  2014/07/08 09:47
    パチンコの玉ほど世間まだ知らぬ   うらら

    うららちゃん、私は、パチンコにハマりまくった時期がありました。それでもたいして世間などしりませんがまあ色んな人たちがいることを実感しました。あの頃がなつかしい デス。
  • 坪井篤子  2014/07/08 10:18
    *パチンコの玉ほど世間まだ知らぬ うらら
    もう10年以上も前ですが、生まれて初めてパチンコに連れて行って貰いました。
    やり方だけ教えて貰ってゆっくり玉を見ていたら、ジャラジャラジャラーンと溢れ出て玉は床に転がり落ち、どうして良いか判らずにいたら回りのおじさんたちや連れて行ってくれた方が箱を持ってきてくれました。数分で余りの量に慌てて換金したら2万円ほどありました。またまたビックリ。そのお金で近くのスナックに入ったら(そこしか開いてなかった)知らない男性が私に「パチンコは初めてか?二度としたらあかんよ」と言ってくれました(笑)。


    *日々雑感・・・119番通報  光明
    まるでサスペンスドラマですね。
  • 丸山 進  2014/07/08 16:34
    パチンコの玉ほど世間まだ知らぬ   うらら

    いい句ですね。パチンコ玉は毎日いろいろな人をよく見ているし、時々は箱からこぼれて踏まれたり、拾った子供が宝ものにしてくれたりで、世間をほんとに知っていると思います。
    私は一時はまりましたが、機械の進化についていけなくなり止めました。
  • 善江  2014/07/08 16:49
    ▼ パチンコの玉ほど世間まだ知らぬ   うらら

     女里さんの実感のこもったコメントがナイスです!
      ほろ苦く哀しく光るパチンコ玉・・
       幸い、私は機械音痴なので思いとどまっております

       うららさんのするどい見つけですね


    ▼ 光明さんの誠実なお人柄がエッセイにも表れてますね
  • 野原 萌  2014/07/08 17:27
    パチンコの玉ほど世間まだ知らぬ   うらら
    うららさん、参りました!
    進さん、女里さん実感コメント響きました。実は夫の気分転換ということで、私もよく通いました。


    光明さん
    素敵なハート。そして心臓も凄い!
    何はともあれ、ご無事で何よりでした。
  • 小林祥司  2014/07/08 21:41
    俊和さん、利一さん、篤子さん、進さん、光明さん、おさ虫さん、萌さん
     みなさん、あったかいコメントありがとう。祥ちゃん嬉しいです。
    句は5月に作ったものですが、自衛権で話題のこの時期に一波乱あるような「妹」に成長してしまいました。
    来週は、弟が登場します。どんな弟かお楽しみに。
  • うらら  2014/07/08 22:23
    俊和さん・女里さん・篤子さん・進さん・善江さん・萌さん・・・なかなかのコメントありがとうございました。皆さん結構世間されていらっしゃいますね。・・若い頃、夫婦げんかして初めて近くのパチンコ屋さんへ行ったら、裏方さんがいっぱい出してくれました。裏方さんんもさすがに世間してました☆
  • 大西俊和  2014/07/09 05:31
    草の色草のかたちで跳ぶバッタ 政二

    人間はどのような色でどのようなかたちで。

    「日々雑感・・・119番通報」

    ①冷静な対応②正確な状況把握③協力者を増やす。
    以上のこと、頭に叩き込んでおきます。体験からの
    貴重なアドバイスをありがとうございます。
  • 善江  2014/07/09 07:43
    ▼ 草の色草のかたちで跳ぶバッタ  政二

     もはや、画家の熊谷守一のような政二さんの川柳世界ですね



    ▼ 光明さん、そそっかしい私ですので参考にさせていただきます
  • 善江  2014/07/09 07:50
    『高知県こども詩集 やまもも タイムカプセル 1980年』より


         だんご虫


      だんご虫は かぞえきれないほど
      足を もっている

      まるく なったり
      
      ぼくの ゆびを よじのぼったり する
      
      ひげみたいな ものを
      かまきりみたいに ふりまわして
      なにかを さがしている

      せなかに かぶとを かぶっている

      すぐにでも

      せんそうを する かまえを
     
       
       している



     < 室戸岬小 1年 中山まさや >
  • 三好 光明  2014/07/09 08:43
    みなさん「119番通報」に温かいコメントをありがとうございます。

     善江さん・・・高知県こども詩集のご紹介、いつもホッコリさせていただいています、ありがとうございます。

     うららさん・・世の中にはいろいろな玉がありますね、私も基本的に<玉>は大好きです、今朝もW杯、ブラジル対ドイツ 予想外の展開でしたが、楽しませていただきました。
  • 小林祥司  2014/07/09 09:29
    三好さん 楽しみに開けたら反省の記事。
    落語のような話で119番はエンド? 明日は新ネタ??
    ◇3つの反省を自分も肝に銘じます。
    が、AEDと同じで兎も角行動したことに敬意を表します。
    ◇消防署との応答も参考になりました。落ち着いて話が出来るかが心配ですが・・・。
  • 街中 悠  2014/07/09 16:16
    草の色草のかたちで跳ぶバッタ   政二
    草の中をよーく見ると草の色、草のかたちのバッタが跳んでいることがあります。

    「日々雑感・・・119番通報」
    119番受信担当者の対応を明確に覚えておられ、書かれているのが冷静と感心させられます。
  •   2014/07/09 17:02
    こんにちは。

    さすがに光明さんらしく、お笑いではありませんでした。(^_^)
  • 三好 光明  2014/07/09 17:30
    みなさんコメントをありがとうございます。

    悠さん・・・冷静 といわれると、まだ大丈夫かな?と安心できます。
    弘さん・・・お笑いは~私にはレベルが高すぎます、でも目指したいです。
    祥ちゃん・・私にAEDが必要な時は、よろしくお願いします。
  • 野原 萌  2014/07/10 01:59
    草の色草のかたちで跳ぶバッタ   政二
    草色の宇宙。ぼんやりっと時間を忘れそう。


    光明さん
    本当に冷静でいらっしゃいますね。その刹那真っ白で、
    多分私は学校の名前も出てこないと思います。
  • 坪井篤子  2014/07/10 05:11
    *草の色草のかたちで跳ぶバッタ  政二
    自由自在、臨機応変に生きられる素晴らしさ。


    *「日々雑感・・・119番通報」光明
    冷静な光明さんを発見!とても参考になります。ありがとうございます。



    *夏の目眩少しずらせば蒼い海   松原房子
    強い日差しの目眩「少しずらせば」が効いていますね。


    *「日々雑感・・・赤ちゃんメダカ」  光明
    AとBの二つの瓶の水蓮の花と河骨の花。神様のプレゼントの赤ちゃんメダカ。想像しながら癒されております。
  • 大西俊和  2014/07/10 05:41
    夏の目眩少しずらせば蒼い海 松原房子

    「少しずらせば」なんですね。

    「日々雑感・・・赤ちゃんメダカ」

    赤ちゃんメダカ誕生、おめでとうございます。
    睡蓮と河骨の瓶、賑やかになりましたね(笑)。
  •   2014/07/10 06:53
    おはようございます。

    光明さん
    メダカですが、赤ちゃんメダカを親のメダカが食べますので気をつけてくださいね。できれば子メダカは別の入れ物に移した方がいいと思います。(^_^)
  • 小林祥司  2014/07/10 09:28
    光明さん 
    あかちゃんメダカ!? スゴイじゃん!
    1匹29円でおカネで買えぬ大きな資産を作ってくれましたね。
    瀬戸まで車を飛ばして見に行きたい気持です。
  • 野原 萌  2014/07/10 12:37
    夏の目眩少しずらせば蒼い海   松原房子
    歳を重ねていきながら
    少しずらして・・という工夫。
    平穏な、そしてときめきもある房子さんの夏の日常を思いホッとさせられます。



    「日々雑感・・・赤ちゃんメダカ」
    嬉しそうに目を細めていた光明さん、弘さんのメッセージに大慌てで赤ちゃん救いをなさってるご様子が目に浮かびます。イソゲイソゲ!
  • 三好 光明  2014/07/10 20:05
    「赤ちゃんメダカ」にコメントをありがとうございます。

    弘さん・・・アドバイスをありがとうございます。今のところは、元気に泳いでいます。でも、他に移そうとしましたが、あいにく今日は台風、明日にでも引っ越しさせます。

    萌さん・・・ご心配お掛けしています、現状はご安心願います。
    俊和さん、篤子さん、祥ちゃん・・・とても可愛いです!癒されています。赤ちゃんて凄いですね~ぇ。
  •   2014/07/10 20:14
    光明さん
    多分その方がいいと思います。
    わが家では親に食べられた経験がありますので、ホテイアオイ(わが家ではメダカの水槽に浮かべています)に卵を産みつけたのを確認すると、卵のついたホテイアオイを別の水槽に移しています。(^_^)
  • 大西俊和  2014/07/11 05:16
    あとうんの間の長い暇つぶし 松尾冬彦

    あとうんの間、いっぱい自由がありそうですね。羨ましいです。

    「日々雑感・・・赤ちゃんメダカ」

    成長の早いメダカの赤ちゃん、人間で言えば、
    もう中学生ぐらいに成長したでしょうか。毎朝が
    楽しみですね。
  • 坪井篤子  2014/07/11 10:25
    *あとうんの間の長い暇つぶし 松尾冬彦
    手荒い歓迎も受けながら、素敵な時間をお過ごしですね。
    それにしても温泉巡り1200回以上とは凄い!是非、温泉の本をお出し下さい。


    *日々雑感・・・赤ちゃんメダカ  光明
    可愛いですねぇ!赤ちゃんメダカも親と同じエサを戴くのかしら?離乳食があるのでしょうか(笑)
  • 松尾冬彦  2014/07/11 11:03
    北海道(千歳)から九州(熊本)まで転勤したことや、仕事で各地の空港に出張したおかげ?で温泉巡り1200ヶ所(回ではない)以上になりました。 城崎・渋湯田中・野沢等々の外湯に何ヶ所入っても温泉地としては1ヶ所とカウントしています。(同じ温泉に何回入っても1ヶ所)
    多いときは一日10ヶ所入ったときもありました。ちなみにいつも車中泊です。
    温泉博士になるには全国約3万ヶ所の温泉があるそうですからはるか遠い話です。お金(講習費)を出せば温泉ソムリエになれるそうですよ。
    現在は車で2分の赤茶色の名湯・松代温泉(ただし「老人いこいの家」(なんと老人!パスで@150円)にしょっちゅう入り浸っています。
  •   2014/07/11 13:13
    こんにちは。

    光明さん
    大事に育ててください。メダカは金魚のように長生きできませんが、結構増えます。そして飼っていると可愛いものです。
    わが家ではもう10年くらい飼っています。孫が飼い出したのですが、後の手入れは私たちです。もちろん、近くの川で掬ってきたもので、無料です。(^_^)
  • 野原 萌  2014/07/11 13:54
    あとうんの間の長い暇つぶし 松尾冬彦
    長い暇つぶし・・なんて言ってみたいです。
    老体に鞭打ち、(ちいちいぱっぱ程度ですが)時間が欲し~~い!


    光明さん
    よかった!赤ちゃんがご無事で。
    相変わらずオッチョコチョイで心配しました。
  • 松尾冬彦  2014/07/11 19:41
    いやいや、仕方なくこの世に生を受けたものだから、生きていること自体が死ぬまでの暇つぶし・・・ということを詠んでみました。退廃的な私の人生なんです。
  • 大西俊和  2014/07/12 06:17
    手をかざす空をとぶものがすき 妹尾凛

    眩しさのこころ、素敵ですね。

    「日々雑感・・・畑の獲物」

    自分で育てた採れたての野菜、美味しいでしょうね。
    育てるものがあり、体を動かす幸せ。そして、収穫の
    楽しみ・・・素晴らしい一坪の畑ですね。
  • 祥ちゃん  2014/07/12 06:41
    光明さん
    1週間、楽しく読みました。いつの日かゆっくり話ができることを楽しみにしています。
  •   2014/07/12 08:04
    おはようございます。

    光明さん
    結構お忙しい毎日のようですね。
    私は畑は耕すのと予防しかしませんし、メダカの世話もしません。でも毎日時間が足りなくて困っています。(^_^;)
  • 坪井篤子  2014/07/12 10:43
    *手をかざす空をとぶものがすき 妹尾凛
      空を飛ぶもの、物体って夢がありますよね。


    *日々雑感・・・畑の獲物  光明
      光明さんの豊かな日常を見させて頂いたようです。
      1週間の楽しいエッセイを有難うございました。
  • 田村ひろ子  2014/07/12 11:43
    ■夏の目眩少しずらせば蒼い海   松原房子
    ・・・・そうします。すこしずらして見ることにします。いいアドバイスをありがとうございます。

    ■あとうんの間の長い暇つぶし   松尾冬彦
    冬彦さんの「暇つぶし」にはいつもロマンがありそうに感じます。穏やかな笑顔にも。

    ■手をかざす空をとぶものがすき 妹尾凛
    憧れは空にあるのですね。私も空が大好きです。あの空を自由にとぶ日が待ち遠しいです。

    ■光明さんの一週間の楽しいエッセイを楽しませていただきました。毎朝の収穫から元気をいただきますね、色々な元気の「お福わけ」を有難うございました。
  • 三好 光明  2014/07/12 18:05
    みなさん、1週間のお付き合い、エールをありがとうございました。

    大西さん・・・一番は収穫の楽しみですね。
    祥ちゃん・・・エッセイへの登場を楽しみにしていますよ!。
    弘さん・・・・多くのアドバイスをありがとうございました。お近くの川には「メダカがスイスイ」素敵なところにお住まいですね。
    ひろ子さん・・「お福分け」になれば、とっても嬉しいです。
    萌さん・・・・笑顔しか浮かびません、エール嬉しかったです。
  • 松尾冬彦  2014/07/12 19:44
    お尋ねします。
    先のかもめ舎の大会でひろ子さんの特選を戴いたさい、憧れのひろ子さんとのツーショットの写真をどなたかが撮っておりました。
    お心当たりの方がおりましたら是非送って戴きたいと思います。
    メルアドは[matso19431015@herb.ocn.ne.jp]です。
    よろしくお願いします。
  • 野原 萌  2014/07/12 23:46
    手をかざす空をとぶものがすき 妹尾凛
    円盤を見たか!?うぅうん。
    風も夢も光も雲も鳥さんも。みんなみんな眩しいですね。
    そして凛さんも眩しいです。


    光明さん
    何時も夜中に失礼致します。とっても美味しい生活をなさっておられるのですね。いいなぁ。
    取り立ては香りが違いますよね。我が家も狭いけど、ベランダのゴーヤのカーテンに瑞々しいぷりぷりのゴーヤクンが15個。毎朝覗いてうふふふ。デス。
  • 大西俊和  2014/07/13 06:34
    落下水白し立ち去り難く居る えけん

    水の落ちる音まで聴こえそうです。

    「元気が出るバス」

    私も月に何回か大阪のバスに乗りますが、
    「元気の出るバス」で元気を貰っています。
    どの道でもプロは気持ちが良いですね。
  •   2014/07/13 07:37
    おはようございます。

    悠さん
    当地のローカルな電車はよく利用しますが、路線バスの方にはもう何年乗っていないのでしょうか?もちろん路線バスも走っていますよ。(^_^;)
  • 坪井篤子  2014/07/13 08:29
    *落下水白し立ち去り難く居る えけん
    言わざるを得ないほどの「白さ」とても清々しく感じます。


    *元気が出るバス  街中悠
    丁寧な運転手さんの車内案内、日頃のお人柄が自然に言わせているのでしょうね。
  •   2014/07/13 11:49
    こんにちは

    雨の日曜です
    句を読んでいただいて
    コメントをいただきまして
    ありがとうございます

    悠さん
    ひとりひとりの顔を見ながら挨拶をする運転手さん
    きっとやさしい声なのでしょうね

    ひろ子さん
    某誌でお名前の間違いがありませんでしたか?
  • 野原 萌  2014/07/13 17:24
    落下水白し立ち去り難く居る えけん
    立ち去り難い程の白!良いものを見られましたね。
     

    「元気が出るバス」  
    ことばやたたずまい。ちょっとした心配りに、人は
    どれほど大きな元気をもらうか分かりませんね。
    またこの運転手さんのバスに乗り合わせられると良いですね。
  • 街中 悠  2014/07/13 18:51
    落下水白し立ち去り難く居る   えけん
    「白」が目に浮かびます。いつまでも魅了し続ける白。

    俊和さん、弘さん、篤子さん、凛さん、萌さん
    コメントありがとうございます。
    この運転手さん、口調はやさしいのですが、低い、どっしりとした声です。最近はお目にかかれず残念です。ちょっとしたことで元気ってもらえるのですね。
  • 政二  2014/07/13 19:31
    悠さん
    このバスから生まれた句でしたね。

    人生にしっかりおつかまりください  悠
  • 街中 悠  2014/07/13 21:00
    政二さん、コメントありがとうございます。
    「しっかりおつかまりください」が私にはどうも「人生に」と聞こえ作ってみました。不思議なものですね。
  • 大西俊和  2014/07/14 05:27
    おむつ換え小便小僧飛んで来る 小林祥司

    可愛いです。

    「死刑台のエレベーター」

    大昔に映画館で観た記憶がありますが、全く憶えていません(笑)。
    ただ暗い映画のイメージだけが残っています。
  • 坪井篤子  2014/07/14 09:12
    *おむつ換え小便小僧飛んで来る 小林祥司
    ほほえましい光景が目に見えるようです。


    *「死刑台のエレベーター」街中悠
    若い監督によるヌーベルバーグと呼ばれた作品、即興演奏されたあの名曲、ジャンヌ・モローの妖しげな魅力、忘れられない青春のひとコマです。
  • 小林祥司  2014/07/14 23:33
    俊和さん、篤子さん ありがとうございます。
    課題「だしぬけ」で入選、こども好きな自分の好きな句です。
    小便小僧が気になりながらも、入選して大好きになりました。
      イクメンも慣れて油断のシャワー浴び
    来週は、孫とおじいちゃんの登場です。よろしく。
  • 野原 萌  2014/07/15 00:37
    おむつ換え小便小僧飛んで来る 小林祥司
    思いだしてクスクス独り笑いしています。
    我が家は女ばかり3人居まして、其処に初めての男の子(従兄)が生まれました。輪になっておしめを替えていた所、チビ従兄はまっすぐ上にお小水を噴射!おばあちゃんはまともに顔でチビ小水をくらいました。 そのチビ従兄の名が祥治。司ではありませんが、祥ちゃんです。 (句から外れてすみません)


    「死刑台のエレベーター」
    白黒で音楽も良かったですね。
    今から思えば、随分ゆっくりした流れですが、あの頃は、ハクハク、ドキドキの大サスペンスでしたね。人間の心の動きを丁寧に表現して居る所が好きです。
    余談ですが、10年ほど前来日されたジャンヌ・モロー、私の先生の作品(ドレス)をお持ちで写真があります。70歳は越えておられるのにとてもチャーミングでした。
  • 大西俊和  2014/07/15 05:59
    性善説 カラスのフンを受けながら うらら

    どこまでも優しいうららさん。

    「スキー」

    二回ともリフトに乗られた・・・かなり勇気ある
    初心者ですね(笑)。

    という私も白馬の山頂から裾野まで初心ですのに
    滑ったことがあります(笑)。
  • 祥ちゃん  2014/07/15 06:37
    萌さん 
    楽しい思い出話をありがとう。嬉しくなりました。
    祥ちゃん(祥治さん)によろしく。
  • 田村ひろ子  2014/07/15 11:37
    凜さん

    「ひろ子さん
     某誌でお名前の間違いがありませんでしたか?」

    はい、ありました。
    田村が田中になっていました。
    よくある名前なので、間違いやすいようです。
  • 街中 悠  2014/07/15 15:41
    性善説 カラスのフンを受けながら   うらら
    カラスのフンを受けながらも淡々とされるうららさんを想像しました。

    俊和さん、篤子さん、萌さん、昨日のエッセイにコメントありがとうございました。萌さん、先生のドレスをジャンヌ・モローがお持ちだなんて素敵ですね。

    俊和さん、今日のエッセイにもコメントありがとうございます。
    白馬の山頂から裾野まで・・・ダイナミックですね。
    私はリフトの乗り降りだけでも大変でした(笑)。
  • おさ虫  2014/07/15 19:50
    ◆ スキー     街中 悠
    悠さん、こんばんは。
    実は私も同じような経験があります。スキーは寒いので嫌いだったんですが友人に誘われるままに数回行きました。
    長野県の野沢温泉に行った時です。一番高いところのリフトに連れて行かれ「ついて来いよ~」と、みんなはすいすいと滑って行きました。でも私はボーゲンしか出来ません。へっぴり腰で滑っていると後から滑ってきた人と激突しました。「ボキッ!」。「あっ、骨折れたかな」と一瞬思いましたが、ちゃんと立ち上がれます。折れたのは相手のストックでした。
    その後はスキー担いで悠さんと同じくトボトボでした。
    以来スキーには行ってません。スキーって楽しくないですよね。
    なので冬のレジャーはもっぱら南の島です(^_^)v
  • うらら  2014/07/15 20:49
    コメントありがとうございました。
     俊和さん・・・お人好しは父親ゆずりです。じっくり経過観察です。
     悠さん・・・・淡々と・・・お会いしたことはないのにするどいですね。
  • うらら  2014/07/15 21:10
    ☆「スキー」  街中 悠

    こんばんは! 「スキー」大胆ですね。お互いに方向音痴の同類項と知って以来、うれしくなっています。私もスキーは滑れません。一面の銀世界は全く方向が解りませんので。私は大胆ではなくて、向こう見ずと言われます。ちょくちょく怪我をしていまーす。
  • 坪井篤子  2014/07/15 21:41
    *性善説 カラスのフンを受けながら  うらら
    カラスのふんってなぜ白いのでしょうね。私も頭にポチャッと落とされました。


    *スキー 街中悠
    悠さん同様、私もスキーは見る派です。若い頃、スキー板を流した事がありましたので止めました。5~6年前までは毎年秋田の乳頭温泉に行き、夫はスキー三昧で私は温泉三昧でしたが怪我が怖いのと温泉で雪崩があったりして行かなくなりました。
  • うらら  2014/07/15 22:05
    篤子さん・・・コメント有難うございます。私もなぜカラスのフンは白いのか知りたいです。
  • 野原 萌  2014/07/16 00:04
    性善説 カラスのフンを受けながら   うらら
    このおおらかさでスイスイと。


    「スキー」
    あいにくスキーでは良い出逢いがなかったんですね。
    まぁそれもいいかも?ですね。
  • 坪井篤子  2014/07/16 06:53
    *ポケットの穴と私とどっちが悪い 政二
    どっちが悪いのでしょうね。経験上、笑わせていただきました。


    *自転車  街中悠
    自転車の補助輪の思い出、悠さんの優しい目はお父様譲りですね。
  • 大西俊和  2014/07/16 06:59
    ポケットの穴と私とどっちが悪い 政二

    ポケットの穴も政二さんも、ドーナツの穴ほど
    悪くない(笑)。

    「自転車」

    補助輪の自転車で白線の道路を恥ずかしそうに、
    でも、交通ルールをしっかり守って走る小学生の
    悠さん・・・今の悠さんと重なります。
  • 街中 悠  2014/07/16 11:47
    ポケットの穴と私とどっちが悪い   政二
    どっちが悪いと聞かれても・・・。ポケットの穴の大きさとか、何か落としちゃったのかしらとか、それに気がついた時の表情とか思いました。
  • 街中 悠  2014/07/16 11:56
    おさ虫さん、こんにちは。
    激突して相手のストックが折れただけで済んでよかったです。私もケガをしないで帰って来れたのが何よりと思っています。

    うららさん、こんにちは。
    方向音痴のお仲間としていつかゆっくり方向音痴談義をお願いします。怪我にお気をつけください。

    篤子さん、同じ見る派ですね。雪崩があるととても怖いですね。

    萌さん、良い出逢いは残念ながらありませんでした。スケートも同じような感じで終わりました(笑)。

    篤子さん、今日のエッセイにありがとうございます。父は心配だったのか、自転車に乗ってもいい範囲がかなり狭かったです。

    俊和さん、多分普通に自転車に乗っていたらこの教室があったことは忘れていたと思います。補助輪のおかげで覚えていました(笑)。
  • 善江  2014/07/16 12:59
    ▼ 性善説 カラスのフンを受けながら   うらら

      スケールの大きい讃岐っ子(笑)
      
      カラスのフンが白いのはオシッコがまじっているからだと聞いたことがありますが・・(笑)


    ▼ ポケットの穴を私とどっちが悪い  政二

      時によりけりだと思いますが・・(笑)


    ▼ 自転車

      悠さん、お久しぶりです 急に暑くてふーふーです

      かわいいエピソードですね
      
      私は真っ赤な電動自転車をぶんぶん乗り回しているところです
  •   2014/07/16 15:27
    こんにちは。

    悠さん
    自転車もさることながら、こちらで私が一番気になるのが、若い女性の車のスピードです。ウオーキングをしていると、まるでゲームをしているような感覚で狭い道路を飛ばして行きます。事故が起こらないのが不思議な気がします。
  • うらら  2014/07/16 16:12
    ポケットの穴と私とどっちが悪い  政二

      うーん!どちらにも言い分がありそうでイーブンでしょう。

      ◆自転車

    悠さん・・・スキーのリフト乗りも、自転車教室での補助輪乗りも同じ度胸のよさですかね。
    それにしても子供の時に補助輪があった時代とはお若いですね。 怪我・・は心の中の怪我です。お気遣い有難うございます♡
  • 野原 萌  2014/07/16 18:51
    ポケットの穴と私とどっちが悪い  政二
    そりゃ あなたで・・しょううう・・
    ・・ごめんなさい。あなたは穴を繕ってくれるように、私に頼んだのよね。
    やんちゃな穴といたずらっぽい作者。無言の問答を楽しんでいる。


    「自転車」
    恥ずかしそうな悠さん。
    きちんと、御断りが言える悠さん。
    そして受け入れる柔らかさと勇気を持つ悠さん。
    そんまんま大人になられたみたい。
  • 大西俊和  2014/07/17 05:40
    雨予報急ぎ逢いたい人がいる 松原房子

    「逢いたい」の想いが伝わってきます。

    「川柳」

    「気持ちのよい風に吹かれてリラックスしているとあまり無理せず句が出来ることがある」

    「川柳と生活が微妙なところで引っ付いているのを感じる」

    悠さん、示唆に富んだエッセーをありがとうございます。
  •   2014/07/17 07:00
    おはようございます。朝から蝉がわんわん鳴いてます。

    ひろ子さん
    >>田村が田中になっていました。
    ああ、やっぱり! 確かに、ひろ子さんの句でした。ご活躍ですね。おめでとうございます。
    某誌とは「柳都」でした。教えていただいてありがとうございます。

      ポケットの穴と私とどっちが悪い     政二
    ポケットの穴と同列の私に、思わず笑ってしまいました。穴の大きさほどにどっちも悪いのかも。

      雨予報急ぎ逢いたい人がいる 松原房子
    雨が降る前に逢いたいのか、雨の日に逢いたいのか。「予報」という言葉でイメージが広がります。

    悠さん
    >>人は生活する中でたくさんの選択をしていると思う。それはその人の価値基準
    ほんとうにそうですね。それに、無意識の選択が、誤った思い込みであったりすることも多々です(笑)。
  • 坪井篤子  2014/07/17 10:33
    *雨予報急ぎ逢いたい人がいる 松原房子
    「急ぎ逢いたい人」緊迫感があります。


    *川柳  街中悠
    <川柳と生活が微妙なところで引っ付いているのを感じるこの頃である。>
    ですよね。
  • 街中 悠  2014/07/17 17:29
    雨予報急ぎ逢いたい人がいる   松原房子
    「雨予報」がとても効いています。逢いたいが深いです。
  • 街中 悠  2014/07/17 17:33
    善江さん、真っ赤な電動自転車ぶんぶんといいですね。

    弘さん、スピードの出し過ぎの車はもっと恐いですね。

    うららさん、私は度胸はないのですよ。何でしょうね。

    萌さん、今も補助輪付けながら毎日走っているような大人です(笑)。

    今日のエッセイにも俊和さん、凛さん、篤子さん、コメントいただきありがとうございます。
  • 野原 萌  2014/07/18 00:19
    雨予報急ぎ逢いたい人がいる   松原房子
    心によぎる雨予報でなければいいのですが・・


    「川柳」
    あれもいい。これもいい。と優柔不断の私。なるほど「選」が苦手なはずだ!
  • 大西俊和  2014/07/18 05:02
    星が降るだけの町ですいらっしゃい 松尾冬彦

    「星が降る」、一番贅沢な生活かも知れません。
    松代町、歴史のある素朴な町のようですね。

    「これから」

    悠さんの「これから」も静かに輝いていますね。

    先日、NHK朝ドラでお馴染みの白蓮さんを主人公
    にした浪曲を視聴しました。ものすごく生き様が解り
    興味深かったです。
  • 坪井篤子  2014/07/18 07:46
    *星が降るだけの町ですいらっしゃい 松尾冬彦
    松代は文武両道に長けた町。環境に癒される事でしょう。素敵な所に転居されましたね。



    *これから  街中悠
    毎日がこれからですね。「家元争いなどしている場合ではないですよ花柳流さん」と言いたいです(笑)。
  • 街中 悠  2014/07/18 17:31
    星が降るだけの町ですいらっしゃい    松尾冬彦
    星が降るだけの町、魅力のある素敵な町ですね。
  • 街中 悠  2014/07/18 17:34
    萌さん、私も優柔不断です。選は本当に難しいです。

    俊和さん、私も機会があればいろんな浪曲を聴いてみたいです。慣れると面白みも増えそうです。

    篤子さん、どの世界も内側だけでなく外側からも中を眺める必要がありそうですね。
  • 田中 女里  2014/07/18 18:25
    これから   悠

    悠さん ご無沙汰しています。
    久しぶりに、父を思い、哀しいような、甘酸っぱい日々が懐かしく甦りました。茶の間に家族四人、母は繕い物をしながら棚の上のラジオを聴いておりました。
    父は、浪花節の広沢寅蔵?が好きでした。
  • おさ虫  2014/07/18 22:47
    ◆ 星が降るだけの町ですいらっしゃい    松尾冬彦
    冬彦さん、はじめまして。
    私は歴史が好きで、名高い砥石城跡見物の帰りに松代に行った事があります。その時、その壕へも行きましたが、残念ながら時間が合わず中には入れませんでした。沖縄の旧日本軍司令壕には行った事がありますが、松代の壕にはいったい何があるのか、興味があります。

    ◆ これから    街中悠
    若い悠さんから浪曲の話題が出るとは・・意外でした(笑)。
    そうですか、子守唄代わりに聴いていましたか。昔はよくラジオから流れていたものです。今ではほとんど聞くことがありませんが、日本の伝統芸能と言っていいのかなあ、なかなかいいもんですね。
  • 野原 萌  2014/07/19 01:13
    星が降るだけの町ですいらっしゃい    松尾冬彦
    今夜は星彦さんですね。
    夜のしじまに降る星の音が聴こえそうです。


    悠さん
    「これから」今から始まる時間を大切にしなきゃ!って思いました。
    ニューヨーク公演の春野恵子さんの番組、偶然見ました。
    凄い情熱でしたね。元気をもらいました。
  • 大西俊和  2014/07/19 04:50
    ナカジマくんはていねいに眼鏡ふく 妹尾凛

    その眼鏡で、世の中を冷静に見るナカジマくん。
    ひとつの行動がその人の生き方を現すこと、
    ありますね。

    「朝日カルチャー川柳京都教室」

    政二教室、楽しそう。政二さんの会話の流れ、
    時には奔流に、時にはせせらぎに、時には・・・
    と続きます(笑)。悠さんの作品、最近、
    変化してきましたね。政二教室、素敵です。
  • 善江  2014/07/19 08:00
    ▼ ナカジマくんはていねいに眼鏡ふく   妹尾 凛

     凛さん、お久しぶりです

     「サザエさん」のサブキャラ「ナカジマくん」ですね(笑)
      
      考える「ナカジマくん」は画面を引き締めてくれます

      また「ていねいに」が活きていますね

     
    ▼ 悠さん、政二教室に通われていたのですね

      関西方面の多彩な川柳の環境が羨ましいかぎりです

       いいなぁ~
  • 坪井篤子  2014/07/19 08:49
    *ナカジマくんはていねいに眼鏡ふく 妹尾凛
    何事も几帳面で真面目な親友。経験上こんな親友を持つととても便利で有難いです。


    *朝日カルチャー川柳京都教室  街中悠
    誠二講師の丁寧な指導を受けられている悠さん、昨今の御句は素晴しい勢いです。
    大いに楽しみながら大空を舞って下さい。期待しております。


    1週間のエッセイ有難うございました。
  • 政二  2014/07/19 11:30
    悠さんは教室では優等生で
    成長されているのがはっきりわかるほどです。
    川柳をはじめて5年から10年の間が一番大切なときですが
    あまり頑張りすぎないようにと思うほどです。
    最近は「びわこ」の句会にも参加されるようになり
    選者の経験もされています。
    新しい場にあまり躊躇することなく積極的に参加し
    自分にないものをどんどん受け入れる。
    その力、気持ちには教えられるものがあります。
  •   2014/07/19 12:46
    悠さん
    余計なお世話ですが、そういう悠さんだからこそ、川柳だけでなく俳句もなさるといいと思います。
    きっと575の世界での視野が広がると思います。(^_^)
  • 街中 悠  2014/07/19 15:44
    ナカジマくんはていねいに眼鏡ふく   妹尾 凛
    ナカジマくんにスポットを当てたところが凛さんらしいと思いました(笑)。
  • 街中 悠  2014/07/19 15:51
    女里さん、ご無沙汰しています。茶の間にラジオから浪曲が流れるっていいですね。広沢虎造も聴いてみたいです。

    おさ虫さん、浪曲って聴いてみると切々と染み入るものがあっていいものですね。

    萌さん、私もその番組を見て、ニューヨーク公演のことや京山幸太さんを知りました。パワフルですね。

    今日のエッセイに俊和さん、善江さん、篤子さん、政二さん、弘さん、コメントいただきましてありがとうございます。
    いろいろ書いてくださり嬉しいです。
    川柳はやはり一人では続かない、
    一人で作句はしますが
    読んでくださる人、発表する場があって
    次に続いていくように思います。

    1週間エッセイを読んでいただきまして、またコメントもいただきましてありがとうございました。
  • 政二  2014/07/19 17:23
    悠さんは教室では優等生で
    成長されているのがはっきりわかります。
    川柳をはじめて5年から10年の間がとても大切ですが
    あまり頑張りすぎないようにと思うほどです。
    最近は「びわこ」の句会にも出席されるようになり
    選者も経験されました。
    新しい場に躊躇することなく積極的に参加され
    自分にないものはどんどん受け入れる。
    その力、気持ちには教えられるものがあります。
  • 街中 悠  2014/07/19 20:33
    政二さん、ありがとうございます。
    川柳を教えていただいているのですが、川柳を通して私が知らなかった世界に触れさせていただいている気がします。
    川柳に対する姿勢というか、川柳にどう向き合うかも難しいところと思いますが、学んでいきたいと思います。
  • 松尾冬彦  2014/07/19 21:23
    おさ虫さま
    松代にお見えになったことがあるんですね。
    松代の地下壕は地下壕があるだけでなんにもありません。
    本土決戦に備えて皇室と大本営の移転先として知られているようです。
    上田市の砥石城は知りませんでした。こんど行ってみます。
    千曲市にある荒砥城(山城) はNHKの大河ドラマで何回かロケがあったそうで過日行ってきましたよ。
    山本勘助の墓も松代にあります。私の墓もそのうち出来ることでしょう!(笑)
  • おさ虫  2014/07/19 22:24
    ◆ ナカジマくんはていねいに眼鏡ふく    妹尾 凛

    そうですか。彼は丁寧に眼鏡を拭いてましたか。よく観察してますね。
    川柳では父やお爺さん、先生、会社の上役などがよく眼鏡を拭いてますけどね。
    大阪に住んでいた時、友人に中島君が何人かいましたが、みんな「ナカジマくん」でした。名古屋に来てもやはり中島さんや中嶋さんが何人かいたので「ナカジマさん」とお呼びしたら全員「ナカシマ」ですと言われました。
    土地にとって読み方が違うなんて、面白いですね。

    明日、名古屋でお会いできるのかな。楽しみです。
  • 野原 萌  2014/07/20 01:54
    ナカジマくんはていねいに眼鏡ふく    妹尾 凛
    ナカジマくんを見ている距離感が何とも柔らかくていいですね。


    「朝日カルチャー川柳京都教室」
    良い先生に出逢う。良い生徒に出逢う。
    それは当事者だけでなく、まわりにも大きな影響力を持ちますよね。
    ヨーガの教室で良い気を貰いあうように。
    素晴らしいことだと思います。
  • 政二  2014/07/20 05:10
    萌さん

    川柳のおもしろさは
    仲間との雑談のおもしろさですね。

    眼鏡の句では

    見えぬ眼の方の眼鏡の玉も拭く  草城

    を思います。
  • 黒川利一  2014/07/20 07:11
    〈開封をためらい続け走り詰め  えけん〉
    封書、どんなお知らせでしょうね?



    「駄目だとか嫌とか言わぬ男あり」坂井 隆
    白馬の大雪渓、思い出します。

    20代後半だったかな、職場の堀尾さん、荻野さん、私、三人で白馬岳の夏山登山。
    初日に八方尾根(高山植物がきれいだった)から白馬の大雪渓を登って白馬岳の頂上へ。

    雪渓、歩けど歩けど雪で、登攀の自信を失うぐらい圧倒された。
    登る途中、上から鶏が一羽、羽をばたつかせ鳴きながら落ちてくるではありませんか。たぶん食材のそれなのでしょうね。

    「バタバタ、ココココ」
    40年も経った今になると鶏は幻想だったのかもしれない。
  • 善江  2014/07/20 07:44
    政二さん

    「川柳のおもしろさは仲間との雑談のおもしろさ」

     川柳入門書にも加筆してほしいエッセンスですね
  • 坪井篤子  2014/07/20 08:26
    *開封をためらい続け走り詰め  えけん
    後でと思っているとその内忘れてしまったりして、探す事ってありますよね。でも「開封をためらい続け」ですから想像がひろがります。「走り詰め」で焦燥感もあり更に広がっていきます。



    *「駄目だとか嫌とか言わぬ男あり」 坂井隆
    まずタイトルの川柳がユニーク。
    山を通じて「以心伝心の仲」になれた男気に乾杯!
  • 大西俊和  2014/07/20 11:26
    開封をためらい続け走り詰め えけん

    どのような封書だったのでしょうか。興味!

    「駄目だとか嫌とか言わぬ男あり」

    大雲海とご来光はこの世とも思えぬ光景・・
    良いですね。

    山で育てた友情、本物ですね。
  • 坪井篤子  2014/07/21 06:32
    *じいちゃんのお歌上手と孫の丸  小林祥司
    お孫ちゃんからおじいちゃんにくれた丸がほのぼのとします。


    *「空と山こんなに紅く良い別れ」 坂井隆
    人も山も日常も妙な小細工は要らない。自然でありたいですね。
  • 大西俊和  2014/07/21 10:01
    じいちゃんのお歌上手と孫の丸 小林祥司

    お孫さんと祥司さんのきらきらの眼差しが見えるようです。


    「空と山こんなに紅く良い別れ」

    有名人と知らず擦れ違うこと、結構多いでしょうね(笑)。
    私も昔、ハワイで著名な方に道を訊かれたことがあります。
    名詞を貰ってびっくり!
  • 野原 萌  2014/07/21 11:06
    開封をためらい続け走り詰め  えけん
    走り詰め  は家の中でしたか?
    横目でチラリチラリ封書が気になるえけんさん。
    えけんさんってどんな人?ためらいの封書はなに?・・・ミーハーしました。



    駄目だとか嫌とか言わぬ男あり  坂井 隆
    宝物をお持ちの親友。そしてあきささない好奇心一杯の隆さん。
    いい旅路ですね。


    政二さん
     >仲間との雑談のおもしろさですね。

      もっともっと加わりたいです。