現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

オープン掲示板 過去ログ

どなたでも書き込んでいただける掲示板です。現代川柳の話題、イベント情報など、ご自由に利用してください。雑談もOKです。インターネットに一般公開されている掲示板ですので、個人情報の取り扱いにはお気をつけ下さい。

  • 須川柊子  2014/10/12 10:29
    金沢土産1
    凛さん、おふさしぶりです。
    エッセー、楽しみにしています。

    私も、凛さんと同年代。忘れることが多いです。
    「一番先に大事な用を足す」を心掛けています。
  • 大西俊和  2014/10/12 12:55
    積み上がる言葉バンクの負の予算 海月

    巨額の言葉の富があっても・・・使えないと
    困りますね(笑)。

    「金沢土産1」

    明るいときに飲むビール、美味しいですね(笑)。
    お土産、残念でした。和菓子には賞味期限が
    ありますが、約束を果たされた友情は永遠です。
  • 海月  2014/10/12 17:37
    こんにちは
    コメントをありがとうございます♪

    坪井さん
    そうなんです。どの引き出しを開けてもあるのはホコリだけ。昔はビー玉くらい転がっていた気がするのですが。。。

    大西さん
    私の言葉の貧弱はやはり本を読まないせいでしょうか。素晴らしい言葉たちがたくさん溢れているのにわずかさえ自分のものには出来ません。焦+哀
  • 一歩  2014/10/12 17:43
    俊和さん、善江さん、桂さん、おさ虫さん、萌さん、篤子さん
    温かいエールをありがとうございました。自分の存在を認識させていただきました。
  • 野原 萌  2014/10/12 19:22
    積み上がる言葉バンクの負の予算 海月
    負の予算・・なんて、海月さんのことばバンクには秘密のポッケがい~っぱい!

    「金沢土産1」
    金沢の和菓子はもったいない事でしたが、楽しい計画が進んでいるようで、やっぱり凛さんは実行の人ですね。拍手しています。
  • 海月  2014/10/12 19:50
    野原さん
    やさしいコメントをありがとうございます♪
    私なりのオリジナリティーを目指しています。もっと言葉を知っていたらな~!!といつも思いますが、がんばってみます。
  • 坪井篤子  2014/10/13 05:49
    ☆賞味期限過ぎて私はまろやかに 羽田義則
    牛肉はわざとギリギリまで置いておくと美味になるとか!
    笑顔の素敵な義則さんは充分まろやかです。
  • 大西俊和  2014/10/13 08:29
    賞味期限過ぎて私はまろやかに 羽田義則

    スローフードがよろしいです。鰹節、味噌、納豆、漬物、キムチ・・発酵食品などは時間が経つ方が味わい深いことが多いですね。
  • 睦悟朗  2014/10/13 16:24
    野原萌さん
    蒸発したコメント。久ちゃんに代わって御礼申し上げます。
    椿へのコメントもありがとうございました。

    昨日はサイバーエージェント社の575グループに所属している若い二人が、スマホを駆使して川柳を楽しむような仕事をして盛り上がっていて、そのうちパソコンでも見られるようにしようかとは思っています。と言われがっくりしました。
    こちとらはパソコンに苦労しているのに、すでに何周遅れかになっているらしいです。
    パソコンからも投句はできないが覗くことはできますので興味のある方はどうぞ。
  • 森山文切  2014/10/13 21:26
    サイバーエージェントのごーしちご、投稿しています。
    川柳というか、日々のつぶやきを五七五で行うといった感じです。
    句会では絶対出会えないものに触れられるので、なかなか面白いです。
  • 坪井篤子  2014/10/14 04:42
    *初恋の日々の全ては無重力 木元 忍
      初恋のふわふわ感が伝わります。


    *金沢土産2  凛
    凛さんの優しさと楽しい会話いっぱいの紙の重さがお土産とは何て素敵でしょう。
  • 野原 萌  2014/10/14 06:18
    初恋の日々の全ては無重力 木元 忍
    無重力!
    ああそうでしたね。みんな恋の宇宙飛行士だったのですね。

    金沢土産2  
    筆談!それは凄いことですね。鼓動で伝わる補聴器の研究が進み、お友達に音の世界が戻ってきます様に。

    睦悟朗さん、文切さん
    おはようございます。後ほど覗かせて頂きますね。
  • 大西俊和  2014/10/14 10:22
    初恋の日々の全ては無重力 木元 忍

    ふわふわ感、恋の宇宙飛行士・・・初恋の無重力、良いですね。

    「金沢土産2」

    車内でずいぶんと話が弾んだようですね。次回は30冊ほどご用意下さい(笑)。
  •   2014/10/14 20:00
    こんばんは
    おひさしぶりです

    読んでいただいてありがとうございます
    金沢は酒も肴もおいしい風情のある街でした
    新幹線開通をひかえて活気がありましたよ

    篤子さん
    いつもありがとうございます
    紙の重さ、じつはとても嬉しかったです

    柊子さん
    仙台ではお世話になりました
    またよろしくお願いしま~す!

    俊和さん
    はい、明るいうちのビールは最高です
    またよろしくお願いします

    萌さん
    楽しい企画は入力だけのお手伝いですが
    胸が痛くなるほどに感動しています
    仕上がったらぜひ読んでくださいね
  • 善江  2014/10/15 07:23
    ▼ 愛されて固いタオルになりました  田村 ひろ子

     あら、固いタオル・・
      干す前にぱたぱたとタオルを振って倒れていたループを
        起こすといいそうです(笑)愛されすぎたのね

    ▼ 金沢土産

     「ふつうの会話は言った端から消えるけど、筆談は全部残る」 ほんとですね
        さりげないエッセイにとても深くて考えさせられることがいっぱいです
  • 坪井篤子  2014/10/15 08:45
    *愛されて固いタオルになりました 田村ひろ子
    優しい言葉で上手く具象されるひろ子さんの句にはいつも感心させられます。
    「固い」であって「硬い」ではないタオルにひろ子さんの信念があるようです。
  • 三好 光明  2014/10/15 09:04
    愛されて固いタオルになりました   田村ひろ子
      <固い>にいろいろな物語が詰まっていますね・・・ひろ子さんの世界を感じています。

     金沢土産        凛
      凛さんのお顔を浮かべながら楽しく拝読していま~す。
  • 野原 萌  2014/10/15 11:11
    愛されて固いタオルになりました   田村ひろ子
    「固いタオル」って何だろうかと考えました。
    タオルは汗や涙を吸い取ってくれる。
    愛して育てなくちゃ!! ね。
  • 大西俊和  2014/10/15 12:07
    愛されて固いタオルになりまし た田村ひろ子

    柔らかいタオルが固いタオルに。愛されての変化。美しい変化ですね。
  • 坪井篤子  2014/10/16 06:38
    *古希過ぎて中途半端な薬指 昌善
    「中途半端な薬指」に中高年の悲哀とちょっとしたエロチックさも感じます。


    *実の会  凛
    新子先生のお名前を頂いて「時の会」「実の会」「新の会」「子(ね)の会」がありますが、それぞれの特徴があるようですね。
    何度か参加させて頂きましたが「実の会」の会場は個人の別荘のようなお宅で環境もすばらしく句会もバーベキューも盛り上がった事でしょう。
    「実の会」の結束の原点ですね。
  • 大西俊和  2014/10/16 09:35
    古希過ぎて中途半端な薬指 昌善

    「古希」という言葉に縛られないように
    男たち、気をつけなければいけませんね。

    「実の会」

    美津子さん、利秋さんを中心にまとまった素晴らしい会ですね。会場も御影の山の手、緑豊かな住宅街。そして、自由な川柳ディスカッション。さらに三宮での飲み会、バーベキュー・・・素敵な川柳グループですね。
  • 野原 萌  2014/10/16 22:40
    古希過ぎて中途半端な薬指 昌善
    薬指にニンマリ。 中途半端に川柳的味わい。
    男は死ぬまで男。はてはて女は・・と川柳心をそそられている。
      

    「実の会」
    句会などイベントがある時は、「実の会」の方は、皆さん申し合わせたように、積極的に自分の出来る事を、お世話をして下さいます。しかも、事もなげに。
    これは凄いことです。凛さんには、いつも会報作りのお世話になりましたね。
    有難うございました。
  • おさ虫  2014/10/16 23:32
    ◆ 実の会     凛

    凛さん、やっとかめです。
    実の会は全員が題を出すんですか。と云うことは、席題が10句も20句もあるんですね。大変! でも面白そう。
    私たちの句会は宿題2題の互選ですが、選んだ理由や選ばなかった理由も述べあって勉強します。
    選ばなかった理由を口にするのは、なかなか難しいです。でも作者としてはこの意見が一番勉強になります。
    自信のあった句でも散々な結果になることもありますが、そんな時が一番勉強になる時ですね。
    実の会はアフターが楽しそうですね(^_^)v
    凛さんが楽しそうに飲んでいる顔が目に浮かびます。
    また、名古屋でお会いしましょう。
  •   2014/10/17 07:05
    おはようございます
    寒くなりました

    三好さん
    コメントありがとうございます

    篤子さん
    それぞれに元大学ゼミの雰囲気があるのでしょうね


    俊和さん
    川柳ディスカッションが楽しいです
    夢工房もですね

    萌さん
    こちらこそ、いつもお世話になっています

    おさ虫さん
    選ばない理由は、ほんとうに難しいです!
    次回は瀬戸吟行でしたね
    いってらっしゃい
  • 大西俊和  2014/10/17 09:19
    噴水の後ろに遠い日の鞄 秋の子

    噴水が好きで、何時間も見ていることがあります。
    水と光の輝きの中でいろいろのことが思い出されます。
    遠い日の鞄の中、どんな思い出が輝いているのでしょう。
  • 坪井篤子  2014/10/17 10:47
    *噴水の後ろに遠い日の鞄 秋の子
    噴水の後ろに回ればまた後ろへ。噴水の向こうにしか見えないキラキラした幻といったところでしょうか?
  • 野原 萌  2014/10/18 01:02
    噴水の後ろに遠い日の鞄 秋の子
    キラキラと光を一杯受けて、また時に風の形に踊りながら今を存在する噴水。そしてまた忘れ得ぬものは、もしかしたらそれ以上に存在しているのかも知れません。
  • 大西俊和  2014/10/18 04:55
    幸せが落ちてくるので拾ってる 一歩

    落ちてくる幸せを拾い忘れないように
    しないといけませんね。私たち、案外、
    幸せに気づかず、不幸せを拾っているかも。

    「うごじかん」

    秋田の皆さんも頑張っておられるのですね。
    メールで投句して句報が郵送される・・・
    そして、アンティークな雰囲気のカフェで、
    顔を合わせる句会・・・ゆったりした秋田
    の時間が流れる「うご」ですね。

    新子先生の別荘には、一度だけ、川柳大学
    事務局の皆さんと訪問したことがあります。
    自然豊かな、本当に寛げるところでした。
  • 坪井篤子  2014/10/18 05:46
    *幸せが落ちてくるので拾ってる  一歩
    どこどこ?拾いに行きます。でもね、自分を見つめ直さねばと反省もします。


    *うごじかん  凛
    羽後の皆さんのお顔と声が聞こえてくるようです。
    新子先生の別荘「サライおおの」暑い時に伺いましたが夜が涼しくて星が綺麗でした。
    お庭で健さんたちとバーベキューしたのを思い出しました。
    皆さんによろしくお伝え下さいね。


    1週間のエッセイ、ありがとうございました。
  • 善江  2014/10/18 07:45
    ▼ 幸せが落ちてくるので拾ってる   一歩

     遠景ばかり見ておりました(笑)
      近景だけで人生は足りる、という発想も大切でしょうか・・

    ▼ うごじかん

     すてきな川柳の関わり方ですね 見習わせていただきます
  • 街中 悠  2014/10/18 18:06
    幸せが落ちてくるので拾ってる   一歩
    気づかない幸せが落ちてくることもあると思うので、幸せの感度を高めて私も拾いたいです。

    「うごじかん」
    凛さんが帰省するときに集まっての句会。アンティークの柱時計、花や写真集、素敵な川柳句集。メンバーや空間が確かに句に反映すると思います。「うごじかん」素敵ですね。
  • おさ虫  2014/10/18 21:22
    ◆ 幸せが落ちてくるので拾ってる    一歩
    「落ちている」のではなく「落ちてくる」がいいですね。
    打ち出の小槌も振らなければ何も出てこないように、幸せも努力しなければ落ちてこない・・と云うことでしょうか。
    一歩さんは今、それを拾ってる・・人生経験豊かな一歩さんならではの句ですね。

    ◆ うごじかん     妹尾 凛
    「うごじかん」は羽後の時間という意味だったんですか。なるほど。
    羽の国は羽後、羽前、奥羽、陸羽・・まだあったかな?
    そんなことはどうでもいいんですが、凛さんは楽しそうな句会をたくさんお持ちでいいですね。それに行動範囲が広い!
    しっかりと人生を楽しんでおられます。
  •   2014/10/18 21:32
    *幸せが落ちてくるので拾ってる  一歩

    秋が深まり紅の楓や桜の葉が落ちていると
    思わずきれい、と拾っています。
    それも幸せの一つでしょうね。
    一歩さんらしい優しさを感じます。
  • 野原 萌  2014/10/18 23:29
    幸せが落ちてくるので拾ってる  一歩
    他力本願的おおらかさがいいなぁ~
    いえいえ、本当は、もうずいぶん前からコツコツと一歩さんご自身が 
    幸せの種を蒔いておられたのですね。
    今 豊に実を付けて幸せが降ってくるのでしょう。素敵ですね。


    「うごじかん」
    良い仲間達と過ごす柔らかな時間。皆さまの笑顔が目に浮かびます。
    そしてまた健さんのお言葉が聞けるなんてラッキーですね。
  • 大西俊和  2014/10/19 10:50
    真実は隠して笑う二枚舌 海月

    二枚舌は思っている以上にエネルギー
    を使うようです。お疲れに気をつけて(笑)。

    「統合失調症」

    テレパシー、超能力を人間は持っているのでしょうか。
    絶対無いとは言えないようですね。
  • 田村ひろ子  2014/10/19 11:53
    妹尾 凛さま
    楽しいエッセイをありがとうございました。凛さんの声も笑顔も届き、ご一緒しているようでした。
  • 海月  2014/10/19 14:19
    こんにちは
    大西さん、コメントをありがとうございます。
    そうですね。確かに無駄なエネルギーがかなりいり自分で自分を疲れさせています。あまり素のままでいることができません。そのせいか最近の句には「嘘」と言う字が影のようにピッタリ寄り添っています(笑)
    なんて悪女ぶってみましたが本当のワタクシは不器用を絵に描いたみたいなヒト科なので一枚舌を使うのにも四苦八苦しております。。。
  • 野原 萌  2014/10/20 01:21
    真実は隠して笑う二枚舌 海月
    笑いたくない日もありますけど、二枚めの舌が上手に場をつないでくれる。


    「統合失調症」
    テレパシー。
    何か欲しいような・・
  • 坪井篤子  2014/10/20 04:58
    *真実は隠して笑う二枚舌  海月
    怖いけれど世間ってこういう事かもね。


    *なぜ私生まれたきたか考える  羽田義則
    う~ん、哲学的ですねぇ。神様がご両親を選ばれたのです。
  • 海月  2014/10/20 05:58
    おはようございます
    コメントをありがとうございます

    野原さん
    コメントがまるでポエムですね。物語が始まりそう。(♪)
    坪井さん
    いつもは深刻に考えないタイプなのですが川柳って自分が出るのでちょっと恐いかも?(笑)
  • 大西俊和  2014/10/20 07:13
    なぜ私生まれたきたか考える 羽田義則

    大きな大きな「なぜ」ですね。
  • 一歩  2014/10/20 13:54
    俊和さん、篤子さん、善江さん、悠さん、おさ虫さん、
    桂さん、萌さん、温かいコメントをありがとうございました。
  • 野原 萌  2014/10/21 05:38
    なぜ私生まれてきたか考える 羽田義則
    そしていかに生きるか?
    人は無から生まれて無に還って行くのなら、
    その生まれてきた私の生命を愛したい。・・・なんて義則さんに刺激されて考えた。
    五木寛之氏のイメージする「大河の一滴」を要約した祐輔さんの素敵な文章を思い出しながら・・。
  • 大西俊和  2014/10/21 06:58
    愛されて愛して丸く丸くなる 木元 忍

    「丸く丸くなる」、良いですね。

    短期間ですが、私も丸く丸くなったときがありました。しかし、サファイヤ婚を前にして、だんだん歪になっているこの頃です(笑)。
  • 坪井篤子  2014/10/21 10:21
    愛されて愛して丸く丸くなる 木元 忍
    愛し愛されお互いを認めあい、まん丸いお月さまのように周りを明るくする人って素敵です。
  •   2014/10/21 17:53
    こんばんは

    エッセーを書く機会をいただきまして
    ありがとうございました
    コメントありがとうございます

    きょう羽後国から帰ってきました
    昨晩は羽後のみなさんと
    お酒をたくさん飲んできました

    わたしのふるさとが
    新子先生ゆかりの地なのが
    うれしいです
  • 坪井篤子  2014/10/21 19:52
    凛さん、
    お帰りなさい。羽後はすっかり秋でしょうね。
    皆さんとの美味しいお酒と会話、楽しまれた事でしょう。
    またお話を聞かせてくださいね。
    新子先生もニコニコ顔で皆さんを見ておられたと思います。
  • 野原 萌  2014/10/22 00:28
    愛されて愛して丸く丸くなる 木元 忍
    愛って素敵な魔法。
    丸く丸く弾んでいる若さが素敵!

    凛さん
    おかえりなさい。
    故郷はあったかかったようですね。ごゆっくりお休みくだい。
  • 大西俊和  2014/10/22 06:20
    いいわよと笑い悲しくなる私 田村ひろ子

    友人の禅僧が次のように言っていました。
    「人は計りしれない条件の下で生かされている」、
    「人はわたしとなるために生れ、生き、死ぬ」

    ふと、その言葉を思い出しました。
  • 坪井篤子  2014/10/22 06:58
    *いいわよと笑い悲しくなる私 田村ひろ子
    あるある。自分が情けなくなる事ってありますよね。同感です。
  • 芳賀博子  2014/10/22 12:44
    みなさま、こんにちは。
    こちらの掲示板でもお知らせいただきました川柳コンテスト「プラザde川柳」へ多数のご参加ありがとうございました。
    おかげさまで1000を超える力作をご応募いただき、厳正なる審査会を経て優秀作発表と相成りました。
    http://plaza-po.3nomiya.net/2014/10/2014-senryu01-result.php

    さっそく第2回の募集が来月5日よりスタートします。
    テーマは「三宮プラザ」「グルメ」「プレゼント」。
    第1回と第2回の優秀賞から年間グランプリを決定します。
    是非またふるってのご参加お待ちしております。
  • 大西俊和  2014/10/22 14:15
    博子さん

    ありがとうございます。結果を拝見しました。楽しい句がたくさん
    集まりましたね。野原萌さんの名前も(笑)。

    11月5日からの第2回募集にも頑張って投句致したく思っています(笑)。
  • 街中 悠  2014/10/22 21:00
    いいわよと笑い悲しくなる私   田村ひろ子
    多分悲しくなるのは分かっていてもその場の状況などで「いいわよ」と笑う。愛らしい「私」です。
  • 野原 萌  2014/10/22 21:14
    いいわよと笑い悲しくなる私   田村ひろ子
    やさしいから、つい引き受けておしまいになるひろ子さん。
    でも、「あらあら・・また良いお顔をしてしまったわ」なんて思ってはるなら、人間臭くていいなぁ。

    俊和さん
     楽しいペンネームという手に気付きませんでした。
    「遊び心がないなぁ」と反省です。
  • 坪井篤子  2014/10/22 21:53
    博子さん、川柳コンテスト「プラザde川柳」お世話様です。
    ペンネームから、知人らしき人を見つける楽しさも味わっております。
  • 坪井篤子  2014/10/23 06:08
    *遠雷や届いた手紙未開封 昌善
    ドキドキ感も遠雷でマックスです。
  • 大西俊和  2014/10/23 06:10
    遠雷や届いた手紙未開封 昌善

    我が家の犬は雷に強く反応します。
    遠雷であってもパニックになり、
    落ち着きなく部屋を動き回ります。

    未開封の手紙からも遠雷と稲光が・・・
    ときどき。
  • 野原 萌  2014/10/24 00:13
    遠雷や届いた手紙未開封   昌善
    何かの結果のおしらせでしょうか?  それとも・・
    未開封の手紙なんて、ドラマを感じてしまう遠雷。
  • 大西俊和  2014/10/24 07:30
    今ちょっと酔っているけどありがとう 秋の子

    ほろよいの「ありがとう」、良いですね。
  • 坪井篤子  2014/10/24 11:26
    *今ちょっと酔っているけどありがとう 秋の子
    お酒の力ってありますよね。「ちょっと酔っているけど」がミソですね。
  • 街中 悠  2014/10/24 15:32
    今ちょっと酔っているけどありがとう   秋の子
    ちょっと酔っていないと照れくさくて言えないちょっぴり赤いほっぺの「ありがとう」。本当は普段でもありがとうと思っている。そんな感じのする「ありがとう」です。
  • 弘津秋の子  2014/10/24 20:02
    コメントをありがとうございます。 
     凛さんのエッセイ~句もいつも新鮮でいいなあと読んでいますがエッセイも楽しい。
     阿部闘句朗さん~苦闘の闘のあとの朗らかの朗の字に注目。
  • 野原 萌  2014/10/24 23:38
    今ちょっと酔っているけどありがとう   秋の子
    素直ないい句ですね。
  • 大西俊和  2014/10/25 07:23
    迷ったらブルーの色と決めている 一歩

    良いアイデアですね。今日はブルーの空が広がる朝です。
    さて、私は何色に懸けようかな。
  • 善江  2014/10/25 07:26
    ▼ 今ちょっと酔っているけどありがとう  秋の子

      「ありがとう」にいろんなものが込められています

            うれしい一句です

    ▼ 迷ったらブルーの色と決めている   一歩

          そうです(笑)

          わたしもそう決めています 大共感・・
  • 坪井篤子  2014/10/25 12:51
    *迷ったらブルーの色と決めている 一歩
    ブルーは淡いブルーから濃紺に近いブルーまでその日の気分を表す便利な色であり万人に愛される色、特に女性が淡いブルーの洋服を着ていると男性にもてると昔から言われているようです。お試しあれ!
  • 坪井篤子  2014/10/25 12:56
    11月とことん句会の投句募集中です。
    雑詠1句を10月31日深夜までにご投句下さいませ。
    投句先はサイドバーの「とことん会掲示板」をご覧くださいませ。
  • 安藤なみ  2014/10/25 21:10
    迷ったらブルーの色と決めている    一歩

    わたしもブルーでキメるときがあります。それにしても、空や海の自然な青は見あきません。地球はまさしくブルー プラネットですね。
  •   2014/10/25 21:21
    *迷ったらブルーの色と決めている 一歩

    私もブルーが好きです。マリンブルー、セルリアンブルー、コバルトブルー
    プルシャンブルー、バジタブルーなど
    油絵によく使いました。
    塗ってると何となく気持ちが落ち着きます。
    チルチルとミチルの「青い鳥」探しも連想します。
    今年は青色LDEでノーベル賞受賞もありましたね。
    ますます好きな色になりますね(笑)
  • 野原 萌  2014/10/25 22:56
    迷ったらブルーの色と決めている   一歩
    そんな手がありましたね。
    一歩さんはブルーの似合う爽やかな方なんでしょうね。
  • 大西俊和  2014/10/26 03:37
    十字架は前の日よりも濡れていて 海月

    子供の頃のようにキラキラスカーッと軽い朝を
    迎えたいですね。

    《続: ワンダラ ワンダラ ゴダラー ミルダケターダ   「マーブ4」》

    ラクダに乗ったエジプトの旅、何もかもが新鮮だったマーブ君の旅。
  • 坪井篤子  2014/10/26 06:24
    *十字架は前の日よりも濡れていて 海月
    次第に重く感じる十字架が肩に食い込んでゆきます。ほんと、スカーッとしたいですね。


    *続: ワンダラ ワンダラ ゴダラー ミルダケターダ       「マーブ4」
    マーブ君の再登場。ワクワクドキドキ、でも楽しいラクダの背中。
  • 海月  2014/10/26 08:36
    おはようございます
    大西さん、坪井さん、コメントをありがとうございます。
    小さい子を見るたびに愛おしいのはまだ十字架が見えないせいかもしれません。でも重く湿った十字架に負けたくはないですね!

    野原さん
    不味い句でしたが私に10月の日曜の川柳を書かせていただき本当にありがとうございました。全体に暗い句が多かったので皆様の日曜の爽やかな朝をブルーにしてしまったかもしれません。ごめんなさい。
    毎週〆切発表がある俳句サイトがありたまに選んでいただくこともあるのですが、ある週の句は2句ともメチャ暗くてこれを書いたときはよほど不機嫌だったんだろうなと苦笑してしまいました。
    とことん句会の方でも貴重なご意見をいただき少しずつですが川柳のあり方を学ばせていただいています。
    今はちょっと忙しいのとやる気がないのとで作句はまったく進んでおりませんけれど。
    また波に乗り始めたら参加させていただけたらと思います。ありがとうございました。
  • 一歩  2014/10/26 12:37
    俊和さん、善江さん、篤子さん、なみさん、桂さん、萌さん、
    暖かいエール、ありがとうございました。
  • 安藤なみ  2014/10/26 20:05
    坪井さん、大西さん
    マーブは今でも、ラクダに乗ったとき、すっごく怖かったと言っています。「また、乗ってみる?」と訊くと、「いいねぇ」とごまかしています。ゴビ砂漠やタクラマカン砂漠の駱駝とは種類が違って、一瘤で高さがあります。象も、アフリカ象は大きくて気も荒いですよね。
  • 野原 萌  2014/10/27 00:32
    十字架は前の日よりも濡れていて 海月
    どんどん重くなる日もある十字架。
    でも大丈夫。ある日ふーっと何かに救われています。
    十字架はあたたかな海月さんの心の魔法。
    海月さん、
    素敵な日曜日と、まーすぐで快いコメントをありがとうございました。

    《続: ワンダラ ワンダラ ゴダラー ミルダケターダ   「マーブ4」》
    再びのマーブ君。
    一瘤駱駝なんですね。凄い経験ですね。楽しみです。
  • 大西俊和  2014/10/27 05:55
    なにもかも捨ててしまった柿の種 羽田義則

    柿の種から柿の木。豊かに増えていく柿の木。
    もう何も求めない柿の種。

    《ワンダラ ワンダラ ゴダラー ミルダケターダ     「チャー4」》

    ピラミッドは謎に満ちていますね。「地球の重力が低かった」説、面白い
    です。エジプトには行ったことがありませんが、ご一緒しているような
    気持ちになりました。
  • 海月  2014/10/27 06:01
    おはようございます
    野原さん、いつも心優しいコメントをありがとうございます♪
    いろいろあるのが人生。お互いに負けないでゆるり進んでいきましょう。(笑)
  • 坪井篤子  2014/10/27 10:59
    *なにもかも捨ててしまった柿の種  羽田義則
    捨ててしまってもまた♪芽が出て膨らんで~♪


    *《ワンダラ ワンダラ ゴダラー ミルダケターダ     「チャー4」》
    現地に触れる旅はマーブ君の心に永遠に残ります。素敵だこと!
  • 野原 萌  2014/10/27 15:33
    なにもかも捨ててしまった柿の種  羽田義則
    私→子→孫・・・
    私は子供がいませんが、私が存在する以上、何か意味ある方向へ向かって行ければ良いなぁと思っています。
    「もう何も求めない柿の種」・・俊和さんのコメントが沁みますね。

    《ワンダラ ワンダラ ゴダラー ミルダケターダ     「チャー4」》
    ウゥッと泣けちゃうマーブ君,ステキ!
    そんな彼とピラミッドの中に居るなみさんはさぞや感慨深いものがおありの事でしょう。
    またの機会に地球のの重力のお話も聞かせて下さいね。
  • 安藤なみ  2014/10/27 22:10
    ツァーは若いきれいな添乗員さん、50代の貫禄のおねえさん二人組、一人参加のシニアの女性、両親と小学6年と中学生の女の子二人の一家、晩婚の新婚さん一組、私とマーブです。少人数なので、直ぐに皆打ち解けて、楽しい旅行になりました。私も一部は会社の有給休暇を使いましたが、この季節に海外旅行する人達は現役組です。子供たちは宿題がありますが、異空間にいると仕事も学校もすっかり忘れてしまいます。
  • 大西俊和  2014/10/28 06:38
    子は眠る女の顔になれる刻 木元 忍

    いろいろの顔を持っている私たち。そして、心には
    いろいろの自動スイッチ。

    《ワンダラ ワンダラ ゴダラー ミルダケターダ      「マーブ5」》

    天井の高い長方形の部屋のカラッポの石の箱。
    ピラミッドパワーの満ちている所。やっぱり
    神秘的ですね。
  • 坪井篤子  2014/10/28 10:30
    *子は眠る女の顔になれる刻 木元 忍
    母であり妻であり女である忍さんの使い分け、歳を重ねてもずっとこのままでいて戴きたいです。


    *ワンダラ ワンダラ ゴダラー ミルダケターダ      「マーブ5」
    本当にピラミッドパワーってあるようでね。ルーブル美術館も大きなガラス張りピラミッドが迎えてくれます。
  • 野原 萌  2014/10/28 11:12
    子は眠る女の顔になれる刻 木元 忍 
    あなたの為にだけやってくるピーターパン。
    サァー、今夜はどんな世界へ飛びましょうか!

    ワンダラ ワンダラ ゴダラー ミルダケターダ  「マーブ5」
    へぇー、ピラミッドパワーですか!?凄い!
    無限の数字が踊っているようです・・
  • 安藤なみ  2014/10/28 22:33
    今週、NHK総合テレビでメキシコのティオティワカンの発掘で新発見があって、45分の番組を見ました。太陽のピラミッドと言われているところです。今回は特に懐かしく見ることができました。
    最初のナレーションは、我々は何処から来て、何処へ行くのだろう、でした。 よく使われるフレーズですが、私はこの真ん中に、何を成し、を入れています。

    *エジプト、カイロ編はまだまだ見どころいっぱいです。
  • 野原 萌  2014/10/29 00:49
    なみさん、
    「何を成し」重い言葉ですね。
    大切に意識をして生きたいですね。
  • 大西俊和  2014/10/29 06:58
    どの窓も四角で秋の風になる 田村ひろ子

    ほとんどの窓は四角ですね。丸い窓は開くことが出来ない
    ことが多いですし・・・でも、じっと待っていると春の風
    、夏の風も。

    《ワンダラ ワンダラ ゴダラー ミルダケターダ      「チャー5」》

    巨大なピラミッドをカメラに収めるには、かなり離れないと
    いけませんね。巨大なものも近くで映せるカメラがあると
    便利でしょうね。カメラレンズの技術者達に頑張って貰わな
    ければいけませんね
  • 大西俊和  2014/10/29 07:05
    なみさん、萌さん

    「何を成し」が重要ですね。「成さねばならない」というより、意識していることが大切なように感じます。
  • 丸山 進  2014/10/29 13:43
    *どの窓も四角で秋の風になる   田村ひろ子
    大小や縦長、横長はありますがほとんどの窓は四角です。
    日常の摂理のようなものでしょうか、季節が巡ってくるように。
    人もまたその中を生きている。


    *ワンダラ ワンダラ ゴダラー ミルダケターダ     「マーブ5」
    ピラミッド等の旅の体験でマーブ君の感受性は磨かれよい思い出として残っているのだと思います。なみさんのユニークな感性も幾多のあぶない体験で育まれたのだと思いますよ。カメラレンズの指摘も鋭いものです。次が楽しみです。
  • おさ虫  2014/10/29 20:58
    ◆1ドル1ドル5ドル みるだけタ~ダ   安藤なみ
    ピラミッドの魅力にとりつかれたような なみさん、これで何度目なのでしょう?
    私はまだ一度も行った事がありません。と云うかアフリカ大陸に行った事がありません。が、ピラミッドは子供の頃から興味はありました。仁徳天皇陵もそうですが、何であんなに大きな墓を作らせたんだろうと。
    で、その石ですが大きいんですか?どのくらい?
    大阪城の巨石もカメラに写らないくらい大きかったですが、もっと大きいんでしょうね。
  • 田村ひろ子  2014/10/29 21:10
    皆様、たくさんのコメントをありがとうございました。「句は一人歩きをする」と新子先生がよくおっしゃっていらっしゃいました。皆様のコメントを拝読しながら、とても幸せな気持ちになりました。

    海月さん・・「目覚めればすべてが夢と告げられる」いまでも海月さんのこころに残っている句なのですね。切ないけど大切な句。
    篤子さん・・あたたかく句をうけとめてくださって感謝してます。
    萌さん・・空っぽの籠も、固いタオルも私です。
    俊和さん・・ご友人の禅僧のことば、「人はわたしとなるために生れ、生き、死ぬ」こころに沁みました。
    光明さん・・「風さんは、籠に夢や希望を一杯詰めて・・」メルヘンをありがとうございました。
    善江さん・・「干す前にぱたぱたとタオルを振って倒れていたループを起こすといいそうです」なるほど、良きアドバイスに感謝うふふふふ。
    悠さん・・あなたもどんな時も、つい「いいわよ」と笑っていらっしゃるのでは・・・・・。
    進さん・・窓もそうですが、私もなかなかまあるくなれません。また秋になりました。

    皆様、ありがとうございました。
  • 坪井篤子  2014/10/29 22:12
    *どの窓も四角で秋の風になる 田村ひろ子
    ひろ子さんのいつもが「どの窓も四角で」に表わされるいますね。ご邸宅2階の大きな窓を想像しております。


    *ワンダラ ワンダラ ゴダラー ミルダケターダ      「チャー5」
    なみさんの旅慣れた目とマーブ君のカメラ目線。目にみえるようです。
  • 安藤なみ  2014/10/29 22:55
    皆さま
    色々なコメントをありがとうございます。
    おさ虫さん
    大阪城の巨石もですが、ピラミッドの土台の石は、、、エーとインターネットのピラミッド建築編を参照されると想像がつくとおもいます。そこに書かれている一説ですが、わたしは何でも宇宙人にしてしまう宇宙人説には大反対です。だいたい人である根拠は何?です。もし、仮に、あり得ないのですが、地球外のものが存在するとしたら、それは「知恵の雲」かも。
  • 野原 萌  2014/10/29 23:17
    どの窓も四角で秋の風になる 田村ひろ子
    読み手の心の窓にも重なります。秋ですねぇ

    なみさん
    「知恵の雲」は知的発想で愉快ですね。
     私は雲にまかれそうですが・・(笑)
  • 大西俊和  2014/10/30 14:36
    望郷の水の匂いを掬いおり 昌善

    懐かしい懐かしい水の匂い。

    《ワンダラ ワンダラ ゴダラー ミルダケターダ 「マーブ6」》

    第2の太陽の船、どのような船でしょうね。ドキドキ。
    スフインクスまで、バスで良かったですね。
  • 坪井篤子  2014/10/30 18:55
    *望郷の水の匂いを掬いおり 昌善
    「水の匂い」良いですねえ。


    *ワンダラ ワンダラ ゴダラー ミルダケターダ      「マーブ6」
    「第2の太陽の舟」日本企業もやりますね。
    なみさんとチャー君はとても素敵な仲間ですね。
  • 安藤なみ  2014/10/30 23:02
    どの窓も四角で秋の風になる  田村ひろ子
     大小の四角い窓があちらこちらで囁きあっているような気がします。

    望郷の水の匂いを掬いおり   昌善
     きれいな望郷の句ですね。


    大西さん、坪井さん、萌さん
    コメントをありがとうございます。
    オギャーと誕生して9年で、人はマーブのようになるのかと思うと、生まれてから10年は、何と成長の濃いことかと、、。馬齢を重ねているわたしは反省しきりの毎日です。
  • 大西俊和  2014/10/31 07:05
    黄信号句箋を持ったまま走る 秋の子

    吟行途中とも、人生途中とも・・・。
    素敵ですね。

    《ワンダラ ワンダラ ゴダラー ミルダケターダ      「チャー6」》

    スフィンクスの見ているもの、マーブちゃんとシシャモさん
    の遣り取りが楽しいです。一枚岩の彫像のスフィンクスを
    含め、遺跡の管理修復は大変ですね。
  • 坪井篤子  2014/10/31 09:46
    *黄信号句箋を持ったまま走る  秋の子
    ぎりぎりまで粘られたのでしょうか。


    *ワンダラ ワンダラ ゴダラー ミルダケターダ      「チャー6」
    マーブ君のジョークはスフィンクスが王を守りながら遠い未来を見据えているという素晴しい発見ですね。
  • 善江  2014/10/31 09:49
    ▼ 黄信号句箋を持ったまま走る   秋の子

     いいですね・・センスのいい作品です
      人間、生きてる限り、現役
       人の青春というものも、案外、いくつものスペアがある・・