現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

オープン掲示板 過去ログ

どなたでも書き込んでいただける掲示板です。現代川柳の話題、イベント情報など、ご自由に利用してください。雑談もOKです。インターネットに一般公開されている掲示板ですので、個人情報の取り扱いにはお気をつけ下さい。

  • 大西俊和  2015/09/22 06:16
    手足曲げシーラカンスの立ち泳ぎ 一歩

    ほーほー、日本の中央部にもシーラカンスが
    棲息しているのですね(笑)。
  • 坪井篤子  2015/09/22 09:15
    ☆ポケットの中で迷子になった鍵   山口一雄
     ポケットに忘れられたままの鍵。慌てて探す一雄さんを想像してニンマリ。私はいつもです。

    ☆手足曲げシーラカンスの立ち泳ぎ  一歩
     近年はシーラカンスも深海ばかりに居ないで浮上してくるようです。擬人化が面白いです。


    ☆「地曳網」 良樹
     歴史ある鎌倉に育った良樹さんならではエッセイですね。
  • 山口一雄  2015/09/22 09:19
    伸枝さん、篤子さん、コメントありがとうございます。
    忘れてもまた出てくればいいのですが、そのまま行方不明の鍵も多いです。作ったスベアーキーは数知れません(笑)。
  •   2015/09/22 16:56
    ☆手足曲げシーラカンスの立ち泳ぎ   一歩

    検索するとシーラカンスは背骨がなく、逆立ちが得技とか。
    一歩さん、どこかの水族館でご覧になったのでしょうか?
    シーラカンスの見つけが面白いです。
  • 愛知 おさ虫  2015/09/22 20:44
    ◆ 手足曲げシーラカンスの立ち泳ぎ    一歩

    一歩さん、面白い句ですね。
    でも意味が解らなくて一票には至りませんでしたが、シーラカンス=生きている化石≒自分 と深読みすれば、下5の「立ち泳ぎ」も、上5の「手足曲げ」も納得ですね(^.^)
  • 大西俊和  2015/09/23 08:06
    恙無(つつがな)く生きて来ましたあとすこし 羽田義則

    感謝と「あとすこし」に込められたいろいろの想い。
  • 丹原伸枝  2015/09/23 13:23
    ☆恙無く(つつがなく)生きて来ましたあとすこし 羽田義則

    今日までの感謝とあとすこし・・・願いも想いも深いですね。
  • 坪井篤子  2015/09/23 15:11
    ☆恙無(つつがな)く生きて来ましたあとすこし  羽田義則
     「あとすこし」に明るい希望あり。ネ義則さん!
  • 野原 萌  2015/09/23 23:08
    ☆ 手足曲げシーラカンスの立ち泳ぎ   一歩
    シーラカンスの立ち泳ぎ。
      何だかずんぐりむっくりの不器用な絵が浮かび プッフー。
      こんな面白い句を 見逃していたんですね。残念!


    ☆ 恙無(つつがな)く生きて来ましたあとすこし  羽田義則
     恙無くに安堵いたします。
     今夏の野菜の出来はいかがでしたでしょうか?
     雨が多かったのは吉でしたか?
  • 大西俊和  2015/09/24 06:33
    約束はここで夕陽をつかむこと 安藤なみ

    「夕陽をつかむ」約束、ロマンティクですね、良いですね!
  • 大西俊和  2015/09/24 06:41
    「地図」

    興味津々のきらきら目で地図に見入っておられる良樹さん
    を想像。日本人のルーツなども地図を見て追うと、楽しい
    ですね。
  • 坪井篤子  2015/09/24 09:40
    ☆約束はここで夕陽をつかむこと 安藤なみ
     ロマンチックな約束「夕陽をつかむ」素敵です。


    ☆「地図」良樹
     古地図には悲喜こもごも沢山の物語があります。先人の知恵を大切にしなければならないですね。
  • 一歩  2015/09/24 09:59
    俊和さん、篤子さん、桂さん、おさ虫さん、萌さんへ
    エール、ありがとうございます。
    (楠の荒々しい表皮はシーラカンスの鱗を、楠の枝ぶりは手足 を連想させ、句にしたものです)ではまた。
  • 一歩  2015/09/24 10:00
    俊和さん、篤子さん、桂さん、おさ虫さん、萌さんへ
    エール、ありがとうございます。
    (楠の荒々しい表皮はシーラカンスの鱗を、楠の枝ぶりは手足 を連想させ、句にしたものです)ではまた。
  • 愛知  おさ虫  2015/09/24 23:00
    ◆ 約束はここで夕陽をつかむこと     安藤なみ

    美しい浜辺でロマンチックなバカンスをすごす・・そんなイメージの句ですね。でもあの写真から、どうしてこんな句が生まれるのかが不思議です。なみさん一流のマジックワールドですね。
  • 野原 萌  2015/09/25 00:05
    ☆ 約束はここで夕陽をつかむこと     安藤なみ
       ステキなお約束
       でもどなたと? いえいえ若い日のなみさんと?

    ☆「地図」
     エッセイを読ませて頂きながら、近頃地図をゆっくり見た事がないなぁ と気付きました。
     良樹さんの楽しみ方、素敵ですね。
     そう言えば、地理的場所や歴史を表現していた趣深い地名が、
     先の合併で沢山消滅した様で残念でした。
  • 坪井篤子  2015/09/25 06:43
    ☆三角を四角にしたが落ち着かぬ  じゅんいち
     やっぱり丸でなくっちゃ~落ち着きませんよねぇ~。
  • 大西俊和  2015/09/25 07:06
    三角を四角にしたが落ち着かぬ じゅんいち

    △と□が頭の中で回転を始めました(笑)。
  • 大西俊和  2015/09/25 10:23
    シルバーウイークの最終日に川柳仲間と川柳トークの会食を持ちました。みんな、それぞれに川柳のノウハウやイメージを持たれていますので、なかなかひとつに溶け合うところまで行きませんでしたが、同じ関心事ですのでとても愉快な時間でした。

    これに味をしめて、ときどきは川柳サロンを持ちたいものとひとり夢想しています(笑)。
  • 大西俊和  2015/09/26 06:41
    大木を抱いて命の音を聴く 神田良子

    私たちの知らない世界を知っている大きな木。
    何も語らず生きてきた木。ごつごつの木の幹
    を抱くと静かな「命の音」が聴こえるのです
    ね。
  • じゅんいち  2015/09/26 08:51
    俊和さん、篤子さん
    コメント有り難う御座います。
    そうそう、俊和さんの大分前の妙句
    棺でもポーカーフェイスだったなぁ
    いつも頭に浮かび・・・感嘆しております。
  • 野原 萌  2015/09/26 12:20
    ☆三角を四角にしたが落ち着かぬ  じゅんいち
    三角も四角もしっかり安定感がありそうですのに、
     さてさて作者の落ち着かぬ何かが、何であろうかと、
     今度は読み手の心がワサワサしてきました。落ち着きません。


    ☆大木を抱いて命の音を聴く 神田良子
    昨日テレビで見ました。
    楠の大木の大きな穴に黒檀をつめて補修(?)。樹はまた命を繋ぎ青々と枝を伸ばすそうです。
    命の音を聴く・・・大木に抱かれて秋のひと時を過ごしていたいですね。
  • 坪井篤子  2015/09/26 20:36
    ☆大木を抱いて命の音を聴く  神田良子
     千年も生きている大木の樹内を流れる水の音は命の音。
  • 大西俊和  2015/09/27 07:05
    居心地がよくて角度の鈍る舌 BBブンゴ

    陽だまりに寝転がっている猫のような舌。
    幸せですね。
  • 大西俊和  2015/09/27 07:19
    「薬」

    《薬で長生きはいささか考えものだけど、最後まで「百薬の長」とは別れがたい》 同感です(笑)。

    服薬は忘れることが多いですが、百薬の長だけは毎晩呑み忘れずに頑張っています。
  • 坪井篤子  2015/09/27 09:24
    ☆居心地がよくて角度の鈍る舌  BBブンゴ
     舌の比喩が面白いです。

    ☆「薬」良樹
     緊急性のない服薬は忘れることが多いですが、百薬の長は忘れないしもっと飲みたくなります。
  • BBブンゴ  2015/09/27 15:54
    大西様、坪井様、コメントをありがとうございます。

    ひとり川柳なので、このような講評をいただくことはありがたく思いますす。
    雑吟は思ったこと、思いついたことを投句しています。夢工房もまた居心地がよいと感じています。
    今後もよろしくお願いいたします。
  • 安藤なみ  2015/09/27 16:38
    大西さん、坪井さん、萌さん、おさ虫さん
     コメントをありがとうございます。
     山には思いがけない形をした樹木があります。子供たちが自由に、山で遊んでいたころがあります。この幹は椅子のように座りごこちが良さそうで、後ろ姿の子供が3,4人見えました。
  • 田村ひろ子  2015/09/27 21:49
    ■約束はここで夕陽をつかむこと     安藤なみ
    なみさん、こんにちは!
    「ここ」はどこの国かしら・・・砂漠の夕陽のように感じました。

    ■三角を四角にしたが落ち着かぬ  じゅんいち
    形を変えるという事は、決意がいることです。でも、前の形への執着心が、不安定なこころを作ってしまう・・・絵が見えて深い句だと思いました。

    ■大木を抱いて命の音を聴く   神田良子
    樹木の鼓動を聞き、樹木とは語り合っている・・・自然を大切にして生きる作者の優しさがいいですね。

    ■居心地がよくて角度の鈍る舌    BBブンゴ
    いつも居心地のいい場所を捜し、楽になりたいと思ってしまいますが、「鈍ってしまいますよ」と教えてくれた一句です。


    ■良樹さんのエッセイ三作品、どの作品からも、良樹さんの心地よい声が聞こえ、楽しませていただきました。
    『百薬の長』を楽しまれながら、新しい『地図』を描いてくださいね。

    ありがとうございました。
  • 坪井篤子  2015/09/28 05:02
    10月とことん句会の投句・雑詠1句を10月4日(日)深夜まで受付中です。
    投句先は「とことん会掲示板」をご覧ください。
  • 大西俊和  2015/09/28 05:42
    終わりなき二酸化炭素物語        照坊主

    地上に命のある限り続く「二酸化炭素物語」ですね。
  • 善江  2015/09/28 06:00
    おつきみ


       おつきみをしました
       とてもきれいな お月さまでした

       うちの ねこも、
       おつきみをしていました

       二ひき ならんで、
       しっぽを ぴんとたてて、

       じっと していました


      『 やまももタイムカプセル 』<高知県こども詩集>より

       春野東小 1年 本荘みさと
  • 坪井篤子  2015/09/28 06:55
    ☆終わりなき二酸化炭素物語  照坊主
     地球環境破壊はどんどん進みます。

    ☆あかぼし俳句帖 妹尾凛
     朝日新聞のナイスな川柳コメント。
     昨日は「船団フォーラム」の川柳人による講演を聞きに行ってきました。
     ためになって面白かったです。
  • 善江  2015/09/28 08:07
    ▼あかぼし俳句帖       妹尾凛

     読みやすくて楽しいエッセイですね

     篤子さん、「船団フォ―ラム」の様子、本にまとまったら
      是非、読みたいです
  • 大西俊和  2015/09/28 08:49
    「あかぼし俳句帖」

     「……ふまじめで季語がないのが川柳という認識は間違い。あちらも造詣の深い文学です。揶揄する前に句集か川柳集のひとつでもお読みになれば……」

    嬉しい川柳の説明ですね。そー、奨めるならやっぱり「有夫恋」。
  • 坪井篤子  2015/09/29 05:12
    ルート2へそっと未練を忍ばせる きよし
    <√2=1.41421356でしたっけ?やっぱり未練にはピッタリ!>
    こんなコメントをして〇でした。
  • 大西俊和  2015/09/29 06:49
    ルート2へそっと未練を忍ばせる きよし

    そして、今もヒトヨヒトヨニヒトミゴロ・・・と
    呟いておられるのでしょうね。
  • 野原 萌  2015/09/29 11:12
    ☆居心地がよくて角度の鈍る舌  BBブンゴ
     居心地がいいと、舌は尖がりませんよね。
     日々そんな場所でありたいと願ってはいるのですが・・

    ☆終わりなき二酸化炭素物語  照坊主
     胸痛む今夏の地球ニュースの数々・・
     終りなきに作者の痛みが伝わります。

    ☆ルート2へそっと未練を忍ばせる きよし
     ルート2へそっと が巧いなぁと気になる句でした。

    ☆「あかぼし俳句帖」
     凛さんはいつも大きな窓を開いておられますね。
     柔らかな感性でしかもさらりと。
     柊馬さんの世界は何色でしたか?
  • 丹原伸枝  2015/09/30 05:10
    ☆選ばれてあなたのもとに生まれます 苑子
    親も子も幸せですね!苑子さんの優しさが伝わって来ます。

    「実の会」 妹尾 凛


    実の会150会記念おめでとうございます。記念合同句集も出来たそうで素晴らしいですね!200会に向けて頑張って下さいね!
  • 大西俊和  2015/09/30 05:37
    選ばれてあなたのもとに生まれます 苑子

    選ぶのでなく「選ばれて」、その不思議に感謝ですね。
  • 大西俊和  2015/09/30 05:48
    「実の会150回

    実の会150回記念の合同句集は一ヶ月で出来上がった・・・その舞台裏、愉快でした。次は「200回記念句集」とのこと、「実の会」は走り続けそうですね(笑)。
  • 坪井篤子  2015/09/30 06:44
    ☆選ばれてあなたのもとに生まれます  苑子
     「生まれます」に説得力がありますね。


    ☆「実の会150回」   妹尾 凛
     200回記念句集に向けてとは素晴しいです。
  • 善江  2015/09/30 07:29
    ▼「実の会150回」   妹尾 凛

     軽快なエッセイ・・凛さんってこんなにお茶目だったっけ(笑)
  • 野原 萌  2015/09/30 10:45
    ☆選ばれてあなたのもとに生まれます  苑子
    来世もまた、魂と魂の触れ合いで生まれ来たいです。


    ☆「実の会150回」   
     「実の会」は皆さんパワフルでいらっしゃいますね。
     「新の会」はいつも静かですが、次月ちょっと冒険。吟行をします。

    ☆伸枝さ~ん
     こんにちは!とても嬉しく読ませて頂いてました。
     ちょっとお休みで心配してましたが今日またお目にかかりホッ! です。
  • 田村ひろ子  2015/09/30 20:46
    ◆選ばれてあなたのもとに生まれます  苑子

    母恋いの素敵な一句ですね。

    ◆「実の会150回」   妹尾 凛

    実の会150会記念おめでとうございます。
    記念合同句集も素早く作られるという、美津子さんを中心にした、団結力は素晴らしいですね。
  • 大西俊和  2015/10/01 06:37
    火を消され優しい味になるスープ 田村ひろ子

    ひろ子さんのしっとりとした寓喩の世界を
    味わっております。

    9月WEB句会雑詠、最多得点おめでとう
    ございます。
  • 苑子  2015/10/01 07:19
    日替わり川柳にコメントを頂いた皆さま、ありがとうございました。
    仕事柄、親は「子供なんて本当は欲しくなかった」子供は「こんな親‥‥好きで生まれてきたんじゃないし」と言う場面を現実に見ることが多々あります。
    「13番窓口にある非常口」13番窓口は家庭児童相談室です。毎日いろんな悩みを抱えたお母さんが訪れます。
  • 善江  2015/10/01 14:57
    『 川柳びわこ 』2015.10より


    ▽ どうすれば川柳がうまくなるのかを問われるとき、
      それは多くを書き、多くを読むこと。

      また、好きなものを追いかけることと答えている。

      しかし、やがてそのうまさが身についたとき、
      けしてそのことを誇ってはならない。

         川柳は少しずつ変化している。

         川柳はいつも新しい。



            < 編集後記:德永 政二 >
  • 坪井篤子  2015/10/01 20:55
    ☆火を消され優しい味になるスープ  田村ひろ子

     時間をかけて煮込んだスープは火を消したとたんに優しいお味に出来上がり。
     ひろ子さんのお人柄が伺える佳句ですね。

     WEB句会雑詠の最高得点おめでとうございます。
  • 野原 萌  2015/10/01 21:34
    ☆火を消され優しい味になるスープ  田村ひろ子
    玄米スープを煮込みながら火を止めて、やさし~くなぁ~れ。
    そして今日は、ひろ子さんみたいに大らかにゆったりに な~ぁれ!・・ワタクシ。
    と祈りを込めてました。
  • 愛知  おさ虫  2015/10/01 22:06
    ◆ 火を消され優しい味になるスープ    田村ひろ子
    ひろ子さん、おめでとうございます。
    スープとは、誰か身近な人のことなのでしょうか、それともご自身?
    ☆ 耳元に吐息のこした人も風    田村ひろ子
    川柳マガジンでも「新鋭柳壇卒業」おめでとうございます。ひろ子さんほどの方がいまさら新鋭と言うのも何ですが、実力通りの結果が、当然のごとく出ただけだと思います。
    マガジンは私も投句し続けていますが、いまだに☆は一つもありません(-_-;)

    今月号の特選句「火の車ひいて一等賞の母」  この句もいいですね。
  • 大西俊和  2015/10/02 06:46
    淋しいと言えば積み木が崩れだす 村井広子

    私たちのこころは積み木で出来ているのでしょうか。

    イメージ吟、最多得点、おめでとうございます。
  • 京都 大海幸生  2015/10/02 07:15
    火を消され優しい味になるスープ   田村ひろ子
      歳を経るごとにヒトもだんだん優しくなるのですね。
     わたしも、そうありたいものです。

    淋しいと言えば積み木が崩れだす   村井広子
      頑張って築いてきたのに、それもなにかのきっかけで
     あっけなく崩れることがあるのですね。
  • 大西俊和  2015/10/02 07:18
    「屋根裏部屋」

    天窓から自然光の入る屋根裏部屋・・・俗世間から
    離れた自分だけの自由な空間、夢をいっぱいに広げる
    ことの出来る屋根裏部屋、良いですね、憧れます。
    ちなみに私もまだ屋根裏部屋のある家には住んだことが
    あるません。
  • 野原 萌  2015/10/02 10:23
    淋しいと言えば積み木が崩れだす   村井広子
    淋しい積み木なんですね。


    「屋根裏部屋」
    あこがれて廊下に。・・なんてかいいリンさん。
    ・・・そうでしたねぇ~
    少女時代はあこがれの世界が一杯でしたね。
    「星ひめ」を読んでから、目にお星さまを入れるマンガ絵を書き(今では普通ですが)
    「緑のハインリッヒ」を読んでから空想の世界に遊び、涙のヒロインになってみたり。
    ・・・懐かしい子供時代が蘇えります。
  • 坪井篤子  2015/10/02 11:35
    ☆淋しいと言えば積み木が崩れだす 村井広子
     「積み木くずし」という言葉がはやった事ありましたね。
     カプラなら淋しくないけれどね。

     イメージ吟最高得点おめでとうございます。


    ☆屋根裏部屋  妹尾凛
     憧れと夢いっぱいの子供時代でしたね。
     屋根裏部屋は婚家先にあり、とても不思議な世界でしたが住んだ事はないです。
  • 坪井篤子  2015/10/02 11:39
    ひろ子さん、川柳マガジン特選おめでとうございます。

      火の車ひいて一等賞の母  ひろ子

    おさ虫さん、お知らせ有難うございました。
  • 田村ひろ子  2015/10/02 14:04
    俊和さん、篤子さん、萌さん、おさ虫さん、幸生さん

    コメントをありがとうございました。
  • 森山文切  2015/10/03 00:32
    なんかたぶん三ノ宮着きました。今後もがんばりますのでご指導のほどよろしくお願い致します。
  • 坪井篤子  2015/10/03 06:34
    ☆定位置を左に変えて見る景色  海月
     いつもと違って見えるような景色「左に変えて見る」が心の状態を表しているようで上手いなあ!
  • 坪井篤子  2015/10/03 06:38
    文切さん、
     遅くまで引き留めてしまいましたね。
     楽しかったです。
     有難うございました。
     今日の大会、400名に呑まれないように楽しまれて下さいネ。
  • 大西俊和  2015/10/03 07:12
    定位置を左に変えて見る景色 海月

    定位置を右や左に変えて見る。川柳方式ですね(笑)。
  • 大西俊和  2015/10/03 07:16
    文切さん

    無事、三宮に着かれたようですね。昨夜は遠路お越し下さり
    、楽しい時間をありがとうございました。今日の大会の健闘を
    お祈りしております。
  • 海月  2015/10/03 08:19
    おはようございます
    篤子さん、大西さん、コメントありがとうございます!
    ひっさびさの高得点ゲットでわれながらびっくりしています。
    選を下さった皆様、心より御礼申し上げます。ありがとうございました♪

    今年は小心者のワタクシにとって色々な事態がたびたび重なりなにしろ器が小さいので処理できずあたふたしています。もう木っ端微塵になりそうなかよわい胸を「どうどう」と抑えながらの日々を暮らしています。はやく今年を何とかクリアーして来春くらいからは平穏を取り戻したいものです。私事で失礼しました。
  • 野原 萌  2015/10/03 11:29
    ☆定位置を左に変えて見る景色  海月
    がんばれ~ く・ら・げ さ~ん!
    左がダメなら右もある。なんて応援してしまいますが
    大変な時、定位置を変えてみるなんて、なかなか出来ないことをやってのける海月さんなら大丈夫ですね。
    でもあまりご無理をなさらないでネ。
  • 野原 萌  2015/10/03 11:35
    文切さん
    今頃は大会の嵐のなかでしょうか?
    良い句に逢えるといいですね。
    爽やかな文切さんの風が今朝の西宮に残ってますよ。
    良い時間をありがとうございました。
  • 海月  2015/10/03 12:20
    こんにちは
    萌さん、励ましのエールをありがとうございます!
    はいっ!なんとかがんばります。

    三好さん
    先ほど「瀬戸市文芸祭」さんから入選のお知らせハガキが届きました(^^♪今年は詩部門のみでした。投稿は考えながらその場で書くので内容は全く覚えていません。なので作品集が楽しみです。
    昨年は三好さんや弘さんも参加なさっていらっしゃったのでなつかしいです。
  • 村井広子  2015/10/03 19:39
    俊和さん 萌さん 幸生さん 篤子さん
    コメントありがとうございました。
  • 丹原伸枝  2015/10/03 21:02
    ☆火を消され優しい味になるスープ 田村ひろこ
    時間をかけ心を込めて煮込んだスープ火を止めたらほーら優しいひろこさんのお味になりましたね。 美味しそう・・。

    ☆定位置を左に変えて見る景色 海月
    9月web句会で迷わす頂いた句です。定位置を時には左へ右へと変えて見ると本当に景色が違って見えるんですよね。景色だけでなく人の心も時には位置を変えて見るのもいいかも知れませんね!

    ☆寂しいと言えば積み木が崩れだす 村井広子
    積み木を崩さないために寂しいと言わない弘子さんが見える気がします。私もそうだから・・。

    萌さんありがとうー!先月からやっとpcデビュー?したばかりでウロウロマゴマゴの私に優しいエールを下さって嬉しいです。
  • 大西俊和  2015/10/04 06:01
    とりあえずビールを飲んでから泣くわ     怜

    可愛い方(笑)。

    昌善さんの「 涙なんかどんどんビールで補充する」の姉妹編のよう。
  • 海月  2015/10/04 06:46
    おはようございます
    丹原伸枝さま、素敵なコメントをありがとうございます。選もありがとうございます♪
    年々頭が固くなる一方ですが、心くらいは柔軟に方向を変えないとホントやってらんないな~~という日々ではあります。
    皆様と違ってまだまだ精神的にヒヨっ子のワタクシですが、がんばります。
  • 京都 大海幸生  2015/10/04 06:52
    妹尾凛さん、おはようエッセィありがとうございした。
     実の会150回を迎えらえたのですね。おめでたいことです。
     わたしも1度美津子さんの花ばさみの家を訪れたことが
    あります。
     実の会の歴史は美津子さんの歴史でもありますね。美津子
    さんのご健勝が何より嬉しく楽しく読ませていただきました。
  • 大西俊和  2015/10/04 07:03
    《星空》

    いとこのMさん、熱く生きられた方ですね。

    「もうすぐ実る田んぼの上にも、ぶどう畑にも、Mの家にも、ざーざーと音をたてて星が降ってきそうだった」

    佇む凛さんにも音をたてて星が降って・・・。
  • 坪井篤子  2015/10/04 07:38
    ☆とりあえずビールを飲んでから泣くわ     怜

     そうですとも。
     1杯目から2杯3杯へと飲む内に泣くことも忘れて楽しくさえなるビール。
     飲み過ぎは大泣きに繋がりそう(笑)


    ☆星空  妹尾凛

     切なくも美しくロマンチックなエッセイ。
     1週間のエッセイを有難うございました。
  • 坪井篤子  2015/10/04 08:21
    10月とことん句会の締め切りは本日深夜です。
    ユーザー登録されておられる方はどなたでも参加頂けます。
    投句先は「とことん会掲示板」をご覧ください。
  • 三好 光明  2015/10/04 09:07
    ☆火を消され優しい味になるスープ 田村ひろこ
    私は「火を消され」~深く沁みてきます。

    ☆定位置を左に変えて見る景色 海月
    ときどきは「立ち位置」を変えることは大切ですよね、思い出させていただきました。

    ☆寂しいと言えば積み木が崩れだす 村井広子
    「積み木が崩れる」絶妙ですね!9月に続く快挙、おめでとうございます。

    ☆とりあえずビールを飲んでから泣くわ     怜
    困ったとき、悲しいときは「とりあえず~~~」他のことをですね!。

    ☆星空  妹尾凛

    凛さんの笑顔の奥には・・・一週間、エッセイ楽しませていただきました。

    海月さん~「瀬戸市文芸祭」入選おめでとうございます。作品集「窯火」はまだ、入手できませんが、拝見するのを楽しみにしています。
    <大切な場をお借りしたことをお許し願います。(低頭)>
  • 街中 悠  2015/10/04 09:25
    とりあえずビールを飲んでから泣くわ     怜
    すぐ泣くのではなく、泣くことをとりあえず我慢できる状態。気持ちの対処がわかっていてスカっとします。

    星空   妹尾 凛
    楽しくて最後は切ないエッセイでした。ありがとうございました。屋根裏部屋は私もあこがれです。想像すると何だかワクワクしますね。「あかぼし俳句帖」も読んでみたいです。
  • 坂井 隆  2015/10/04 12:17
    ☆星空      妹尾 凛

    私は昨年の暮れに、同じ年齢の従兄弟を亡くしました。まもなく1周忌です。彼は中学・高校と野球に打ち込んでいました。仕事引退を前にして、1年弱の闘病でした。いまだに信じることは出来ません。


    ☆とりあえずビールを飲んでから泣くわ   怜

    この句を思い出してから、泣くようにしたいと思います。誰よりも先に泣いて、子供に笑われてばかりいるんです。
  • 田村ひろ子  2015/10/04 13:47
    ■星空      妹尾 凛 

    凛さんの一週間のエッセイ、楽しませていただきました。
    締めくくりのエッセイ・・・・・
    「田んぼの上にも、ぶどう畑にも、Mの家にも、ざーざーと音をたてて星が降ってきそうだった」
    星の哀しみの音が聞こえてきました。


    ■定位置を左に変えて見る景色   海月

    座っていた椅子から、左の椅子に移ってみました。
    子ども用の椅子です。
    景色が変わって見えました。日常生活の中での大事なことに気づかせていただきました。
    「瀬戸市文芸祭」入選おめでとうございます。


    ■寂しいと言えば積み木が崩れだす   村井広子

    身近なものに視線を置いて、寂しさを表現できる広子さんの句
    に惹かれます。


    ■とりあえずビールを飲んでから泣くわ   怜

    歯切れのいい「泣くわ」に乾杯!!
    泣く前の一呼吸を大切にします。
  •   2015/10/04 15:16
    俊和さん
    篤子さん
    悠さん
    伸枝さん
    萌さん
    今頃ですが、9月20日のコメントありがとうございました。
    進さん 
    コメント、そして、その節(12日)はありがとうございました。

    書き込みが遅れて申し訳ありません。
  •   2015/10/04 15:35
    俊和さん
     嬉しいお姉さん句のご紹介ありがとうございます。
    篤子さん
     名古屋での篤子さんのコップの傾け方のかっこよかったこ  と!
    光明さん
     ですね!
    悠さん
     とりあえず を読みとってくださり嬉しいです。
    隆さん
     頂いたコメントが詩のようです。
    ひろ子さん
     ひろ子さんの細やかな書き込みの数々から学びます。

    みなさま ありがとうございました。
  • 村井広子  2015/10/04 19:04
    伸枝さん 光明さん ひろ子さん
    コメントありがとうございました。
    私のまわりは、泣かないひとが多いですね。
  • 海月  2015/10/04 19:24
    こんばんは。またのぞきにやって来ました~♪
    光明さん、コメントをありがとうございます。お気を使わせてしまいすみません。皆様にもお邪魔して失礼いたしました。(ペコリ)光明さんや弘さんの作品を読ませていただくのも楽しみにしています。
    ひろ子さん、コメントをありがとうございます。コメントにさえ、ひろ子さんのポエムを感じてしまいます。いつもひろ子さんからは透き通ったやさしい風が吹いてくるようでどきどきしてしまいます。文芸祭へのお祝いもありがとうございます。
  • 野原 萌  2015/10/05 00:12
    ☆とりあえずビールを飲んでから泣くわ   怜
    ええ。とりあえず飲みましょう。
     しっかり聞くわ。

    ☆「星空」
     凄い従兄さんだったのね。悔しいね。
    >田んぼの上にも、ぶどう畑にも、Mの家にも、ざーざーと音をたてて星が降ってきそうだった
     
     云云。凛さんの想いに貰い泣きです。
  • 丹原伸枝  2015/10/05 00:52
    ☆取り合えずビールを飲んで泣くわ 怜子

    残念ながら私は下戸ですが24年も私の店で女性のお客様(男性のお客様も)から怜さんの句と同じ言葉を何人からも聞いて来ましたよ。私はお酒を飲めないくせに「そうよー!取りあえずお好きなビールを飲まれたらすっきりするかもよ・・。良ければ何でも聞かせてもらうよからね。」なんて・・その内、泣くのも忘れて帰られる頃には笑顔で帰って行かれます。怜さんもね。


    「星空」
    キラキラと素敵に生きた凛さんのいとこさん!星になってもいちだんと輝き凛さんや親しかったお友達を見守っておられる事でしょう。私の主人は42歳で星になりましたがあれからずっと「二番星わたしの星と決めている」二番星に守られているようです。
  • 坪井篤子  2015/10/05 04:30
    とことん句会の投句一覧を発表しました。
    投句された方もされなかった方も選や鑑賞にご参加いただければと思います。
  • 大西俊和  2015/10/05 05:54
    人を恋う季節の色を溶きながら 安藤なみ

    「季節の色を溶きながら」・・・ああ、なんて美しい言葉!
  • 大西俊和  2015/10/05 06:12
    《災害と現代川柳 (2-1)》

    隆さん、11年前と同じ豪雨による破堤と洪水、、びっくり
    されましたね。忘れかけた頃にやってくる天災。「まるごと地球には心配事ばかりです」・・・その通りですね。
  • 坪井篤子  2015/10/05 07:35
    ☆人を恋う季節の色を溶きながら 安藤なみ
     素敵な言葉を見つけられましたね。色彩豊かな映像と大人の人恋と。

    ☆災害と現代川柳 (2-1) 坂井 隆
     「人ごとではない」破堤による洪水、
     経験した者でしか分からない心理状態なのでしょうね。
     災害に遭われた皆々さま、一日も早い復興をお祈りします。
  • 愛知   おさ虫  2015/10/05 21:26
    ◆ 人を恋う季節の色を溶きながら     安藤なみ

    なみさん、先月に続いてロマンチックな句を作りましたね。
    「季節の色を溶く・・」いいですね。
    溶く、融く、解く・・みんな好きな言葉です。
    昔、加山雄三の歌に「君は そよかぜに 髪を梳かせて~」と言うのがありましたが、この「梳く」も好きな言葉です。
    でも投票しなかったんです。ゴメンネ(-_-)
  • 安藤なみ  2015/10/06 01:00
    大西さん
     「恋の蟻」表紙の花、淡いみどり色のまま季節を引き留めているのでしょうか。

    坪井さん
     時の流れが速すぎて、季節はついてゆけません。

    おさ虫さん
     ひと昔前でしたら、季節の帯を解きながら、でしょうか。これは色っぽ過ぎですね。
     加山雄三が歌うと平面的で奥のない恋になりそう。ゴメン。

    ☆コメント、ありがとうございます。
  • 丹原伸枝  2015/10/06 03:46
    ☆人を恋う季節の色を溶きながら 安藤なみ
    うわー!なんて美しい・・迷わす頂いた句でした。切なくて透き通るような恋でしょうか?素敵な句ですね。
  • 大西俊和  2015/10/06 07:23
    たいくつな泡です すぐに消えましょう 須川柊子

    泡を退屈させてはいけませんね。賑やかにカンパイ!
    そして、泡と一緒に抱腹絶倒タイムですね(笑)。
  • 坪井篤子  2015/10/06 07:56
    ☆たいくつな泡です すぐに消えましょう 須川柊子
     ハイ了解です。

    ☆災害と現代川柳(2-2) 坂井隆
     <後世代に何事においてもツケは絶対回せない、回さないことです。>
     同感です。
  • 三好 光明  2015/10/06 09:08
    ☆たいくつな泡です すぐに消えましょう 須川柊子

    ☆ぶら下がっていればそのうち赤くなる  須川柊子
      (杜人 247号より)
     平易な表現で、凄く深い句ですよね!、こんな心境にどうしたらなれるのでしょうか?大好きな作品です。
  • 大西俊和  2015/10/06 12:14
    《災害と現代川柳(2-2)》

    ☆洪水や運と命を試される
    ☆波荒れて人間などはいらぬのだ

    想像を越える自然の破壊力。
    人間、弱くて強い生き物なんでしょうね。
  • 田村ひろ子  2015/10/06 14:01
    ■人を恋う季節の色を溶きながら     安藤なみ

    人を恋う・・・十月の色は溶かれて、どんな色になってゆくのでしょう。なみさんが溶いているのは、友禅染のようなの秋色なのでしょうか。


    ■たいくつな泡です すぐに消えましょう   須川柊子

    柊子さんが退屈している・・・・そんなことはないわよね。
    泡になって「ヒョイ」と出てきた柊子さんは回りをくるりと映しながら、また「ヒョイ」と消えてしまう。
     柊子さ~~ん!!!!!!! おしゃべりしましょうよ。

    ■災害と現代川柳洪水 (2-1)(2-2)  坂井隆

    エッセイのなかの一言一言に隆さんの「伝えておきたい」のこころを強く感じました。幼い頃、天災の恐ろしさを祖母繰り返し聞かされていました。そのことばを阪神淡路大震災の朝に思い出し、祖母のことばどおりの行動ができました。感じたことを伝えていくことは大事なことですね。
    災害に遭われた皆々さま、一日も早い復興をお祈りいたします。
  • 野原 萌  2015/10/06 22:20
    ☆人を恋う季節の色を溶きながら     安藤なみ
    人のぬくもりを恋い想う。
    丁寧に指で絵の具を溶きながら・・。
    季節の色を溶く・・何てステキな透明感!

    ☆たいくつな泡です すぐに消えましょう 須川柊子
    いえいえ素敵な泡さん、一瞬の夢を見せて下さいな。

    ☆災害と現代川柳洪水 
    災害は本当に人ごとではありません。
    磨いて磨いて築き上げた物が、一瞬に泥にのまれ 水に流されて・・・・
    隆さんの叫びひしひしと伝わります。言葉がありません。
  • 安藤なみ  2015/10/06 22:40
    丹原伸枝さん
     恋は非日常の世界にあって、また、別の雑念をもたらします。やっかいごとをきれいに  すると自己陶酔の罠にはまってしまいます。その結果は混沌、私の意見です。
    田村ひろ子さん
     恋してますね! 友禅染めはきっと田村さんの色。私は透明を基本にして淡い色合い、  消えそうな色を入れています。
     
    ☆ コメントありがとうございます。
  • 大西俊和  2015/10/07 06:00
    ワタクシという一幅の抽象画 ゆみ子

    人間の心は説明のつかないままに
    ここにあるのでしょうか。