現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

オープン掲示板 過去ログ

どなたでも書き込んでいただける掲示板です。現代川柳の話題、イベント情報など、ご自由に利用してください。雑談もOKです。インターネットに一般公開されている掲示板ですので、個人情報の取り扱いにはお気をつけ下さい。

  • 大西俊和  2015/10/07 06:28
    《早くも、コーヒータイム(3-1)》

    一番こころに残る味・・・モンマルトルの丘の小さなコーヒー店、
    頑固にコーヒーにこだわった店のようですね。それも、本当の
    相当の頑固のよう(笑)。
  • 野原 萌  2015/10/07 10:48
    ワタクシという一幅の抽象画 ゆみ子
    尋ねても訪ねても摩訶不思議。人の心とは・・・
    でも しっかりと自分を掴んでの「一幅の抽象画」は美しい強さに満ちていますね。


    《早くも、コーヒータイム(3-1)》

    ★いつかはと夢で逢いたき椿姫   隆
     少し濃いめの珈琲をいただきながら、イタリアへ心遊ばす隆さん。素敵な秋の図です。
    「椿姫」私も大好きな女性像です。ぐしゃぐしゃに泣きながら何度も読み返し、儚さにあこがれた十代をふっと思い出しました。
    それにしてもお嬢様とご一緒の渡仏。いいですね。
  • 大西俊和  2015/10/07 12:12
    川柳の話で無いので申し訳ないです。

    隆さんのコーヒーのエッセイから、美味しいコーヒーを
    購入したくなりました。

    甘口から渋い苦い味の三種類ほどを取り揃えたいのですが、
    おすすめのコーヒーがありましたら教えて頂けないでしょうか。

    急ぎませんので、コーヒー党の皆さん、よろしくお願い致します。
  • 坪井篤子  2015/10/07 13:22
    ☆ワタクシという一幅の抽象画  ゆみ
     自分を他人視できる抽象画。ワタクシのカタカナ表記が効果的。


    ☆早くも、コーヒータイム(3-1)坂井 隆
     モンマルトルの丘のカフェ。コーヒーの香りがしてくるようです。
     ちょっとしたオープンカフェがそこここに。
  • 丹原伸枝  2015/10/07 22:14
    ☆ワタクシという一幅の自画像 ゆみ
    自分を抽象画に・・とは難しいですね。ゆみさんはご自分をどんな絵に描き上げているのでしようね。



    《早くも、コーヒータイム (3-1)》 坂井隆

    コーヒー大好き党です。外出しても旅先でも我が家でも必ず食後にはコーヒーを頂かないと落ち着きません。雰囲気の良いカフェや喫茶店で美味しいコーヒーを頂くとまず頭の中の血管?に沁み込むようで次にお酒を飲んだように顔がポカポカと紅潮してふわーと幸せ気分になります。(この状態と表現を長い付き合いの友人達には笑われますが・・)隆さんのようにモンマルトルの丘の素敵なカフェで頂くコーヒーはきっと頭の血管に沁みるような美味しいコーヒーだと思います。 やはり笑われるよでしようか?
  • 大西俊和  2015/10/08 06:05
    《早くも、コーヒータイム(3-2)》

    イタリア製エスプレッソ・マシーンが鍵を握っている
    ようですね(笑)。今も丸太小屋カフェ、利用なさって
    いるのでしょうか。
  • 坪井篤子  2015/10/08 06:42
    ☆沈黙と別れを連れて来た晩夏  大西俊和
     重苦しい沈黙は別れを意味する。恋の終わりを受け入れるしかない切ない晩夏。
     情景と心情が伝わります。


    ☆早くも、コーヒータイム(3-2)坂井 隆
     イタリア製エスプレッソマシーンに出合えた山間のショップ。
     コーヒー通の醍醐味ですね。

    エッセイに刺激されて今朝も目覚めのコーヒーを淹れました(笑)。
  • 三好 光明  2015/10/08 09:58
    ☆沈黙と別れを連れて来た晩夏  大西俊和

     晩夏は別れ、失恋の季節にピッタリなのでしょうか?ねぇ~教えて俊和さん。

    ☆早くも、コーヒータイム(3-2)坂井 隆

     イタリア製エスプレッソマシーン」そのコーヒーはどんなお味でしょうか?現地で飲まないと、そのお味は別物になるのでしょうね?。
  • 丹原伸枝  2015/10/08 15:15
    ☆沈黙と別れを連れて来た晩夏
    9月イメージ吟で一番好きな句で迷わず頂いた句です。
    あんなにキラキラと輝いていた恋もいつかは別れがやって来るのですね・・。季節が夏から秋へ変わる頃・・切ない別れと沈黙の光景が浮かびます。

    《早くも、コーヒータイム(3ー2)》 坂井隆
    モンマルトルから2年後に偶然に山間のショップで出会えた美味しいコーヒーがイタリア製エスプレッソマシーンだったとは感激ですね! やはり美味しいコーヒーはイタリアですか? 私も日本の何処かでそんなに美味しいコーヒーに出会いたいです。
  • 愛知   おさ虫  2015/10/08 20:48
    ◆ 沈黙と別れを連れて来た晩夏    大西俊和
    沈黙、別れ、晩夏。たいへん重苦しい言葉をが三つ並びました。その奥にある作者の重篤な思いを想像させる句です。
    俊和さんの句だとは意外でしたね。
    私は夏が好きですが、初夏、盛夏と比べて、たった2ヶ月しか違わないのに晩夏のこの寂しさ感は何故でしょうね。
  • 野原 萌  2015/10/08 22:35
    ☆沈黙と別れを連れて来た晩夏 大西俊和
     とっても整った句でスッーと入りました。でもあまりに綺麗すぎて・・。
     おさ虫さんの様に重苦しさを感じる事が出来ませんでした。


    《早くも、コーヒータイム(3ー2)》
    思いがけない、これは椿事ですね!
  • 伊藤 奈緒子  2015/10/09 01:02
    ☆沈黙と別れを連れて来た晩夏 大西俊和

    涙涙の一句です。
    一人歩きするのが句だそうですが、私の胸の奥
    にある思い出の情景が、走馬灯の様に蘇りました。
    残念ながら恋の思い出ではありませんが…
    絶句してしまいました。

    ところで先日宝塚で美味しい珈琲が頂けるお店を
    探していた所、花の道の入り口、音楽学校のお隣
    にある 伊万里 と言う喫茶店に出会うことができました。
    震災後にオープンされたと言う事で、とても
    気さくなご夫婦のお店でした。
    私の好きなブルーマウンテンは現在お勧め出来ない
    との事で、キリマンジャロとオリジナルブレンドを
    よばれました。
    サイフォンで頂く薫りたかき珈琲にしばしウットリ…
    隣にタカラジェンヌもお化粧も落とさず背筋を
    ピーンとしたまま座っておられました。
    リラックスも出来ないんだな〜なんて思ってましたがm(_ _)m
    私は珈琲通ではありませんが、お近くに寄られる
    機会がおありでしたら是非!
    珈琲コレクターのご夫婦が、色々と情報を提供
    してくださると思います。

    以上、大西先生の一句から珈琲レポートになっちゃいました。
  • 大西俊和  2015/10/09 07:30
    篤子さん、光明さん、伸枝さん
    おさ虫さん、萌さん、奈緒子さん

    コメントを頂き、ありがとうございます。

    何も変わらない・・・大きく変わったのは
    こころの中だけというイメージでした。

    奈緒子さん、「伊万里」情報ありがとうございます。
    数年前に、私も行ったことがあります。小さな店だ
    ったような記憶があります。
  • 大西俊和  2015/10/09 07:32
    猫舌で熱い言葉が喋れない    ええ一

    ええ一さん、私も猫舌で・・・(笑)。
  • 大西俊和  2015/10/09 07:38
    《早くも、コーヒータイム (3-3)》

    丸太小屋のコーヒー、残念でした。
    N・Mさんの店が近くにオープンすると良いですね。
  • 坪井篤子  2015/10/09 09:47
    ☆猫舌で熱い言葉が喋れない    ええ一
     面白いですね。
     お口チャックの時「猫舌ですから・・・」と言ってみます(笑)有難うございます。


    ☆早くも、コーヒータイム (3-3) 坂井 隆
     丸太小屋のコーヒー残念ですが、また訪ねてみて下さい美味しいコーヒーに会えるかも?
     N・Mさんのコーヒー店オープン出来ますように。
  • 田村ひろ子  2015/10/09 20:53
    ■ワタクシという一幅の抽象画   ゆみ子

    ゆみ子さんの抽象画は日日変化をしているのでしょうね。

    ■沈黙と別れを連れて来た晩夏   大西俊和

    なんとなく、ざわざわしていた「ざわめきの夏」に別れをつげ、やがて虫の音も消えてゆく・・・・・季節のうつろいを感じますね。

    ■猫舌で熱い言葉が喋れない    ええ一

    あら、恋の告白かしら・・・。ええ一さん、お上手におっしゃいますこと! 「熱い
  • 田村ひろ子  2015/10/09 21:03
    ■猫舌で熱い言葉が喋れない    ええ一

    あら、恋の告白かしら・・・。ええ一さん、お上手におっしゃいますこと! 伝えたかったのは「どんな熱い言葉」なのかしら、ぜひウカガイタイワ。


    ■ 早くも、コーヒータイム   坂井 隆
     
    毎日、「美味しいコーヒー」を楽しませていただきました。
    どのエッセイからも、よい香りが流れてきました。
    ありがとうございました。
  • 野原 萌  2015/10/09 22:41
    ☆猫舌で熱い言葉が喋れない    ええ一
    とっても洒落っ気があって、今月一番のときめき句。


    ☆早くも、コーヒータイム(3-3)
     美味しいコーヒー店。開店され、時々コーヒー談義できるといいですね。

    ☆奈緒子さん
     コーヒーレポート有難うございました。インプットしておきますね。
  • 大西俊和  2015/10/10 04:50
    今日の荷をそっとおろした一人膳 田村ひろ子

    今日もいろいろとあった一日。やっと静かな
    自分の時間に。ミレーの晩鐘のような時間に。
  • 大西俊和  2015/10/10 05:18
    《我が師 ”時実新子”さんとの出会い (2-1)》

    アサヒグラフ新子座は新子先生の選句とコメント、そして、白谷達也さんの写真。素晴らしいコラボレーションの2頁、みんなの憧れの川柳欄でした。隆さんの句、よく掲載されてましたね
  • 坂井 隆  2015/10/10 10:05
    大西俊和さん
    坪井篤子さん
    田村ひろ子さん
    野原萌さん
    丹原伸枝さん
    三好光明さん
    コメント有り難く、読ませて頂きました。

    目一杯のエッセイでしたので、読み辛かったのでは
    なかったかと思っています。大変ありがとうございました。
  • 坂井 隆  2015/10/10 10:40
    大西俊和さん、坪井篤子さん、三好光明さん、丹原伸枝さん、そしてコーヒー大好きなみなさんへ。
    あくまで個人の感想ですのでひとつでも参考になればとの立場です。エッセイの期間に調べたのですが、エスプレッソ・マシーンはどうもイタリアが発祥の地らしいのです。バリスタと言う言語もイタリア語。マシーンを相手に美味しいコーヒーを抽出し、店全体のマネージメント・教育・経営までがバリスタの仕事のようです。エッセイのN・Mさんはバリスタさんでした。ですからイタリアの文字が何回も出てきたんです。ついでに、〇〇県バリスタ協会で検索すると、いろいろなフェアーや催事を行っているようです。辿っていくとカフェ(素敵なお店)に当たるのではないでしょうか。お好みですが、落ちついていて、内装までお気に入りなら、大当たりでしょう。
  • 坂井 隆  2015/10/10 13:51
    コーヒーについて、これも個人の感想です。ひとつでも参考になれば幸いです。

    ★毎日1杯、マグカップ 250cc飲んでおります。
    ★マシーンはT社(虎のブランド)でサーバーは割れない魔 法瓶・ステンレス製です。2カップでいつも出します。ズ ボラですので夕方までOKですので、その際は牛乳でカフ ェオレ風で飲んでます。ガラスサーバーのセットは何回か 割っていますので懲りました。
    ★コーヒー豆は、822gの缶詰・外観は薄い黄色・オレン ジ色のアラビア風の長老が腕を上げてコーヒーを飲んでい ます。HI〇〇〇兄弟が1878年創業がお勧めです
    ★味は苦味⇔酸味 は中心より苦味寄り
     マイルド⇔ストロング は中心よりマイルド寄り
    ★価格はレート次第ですが、マグカップ一杯250ccで  20g(きっちり使っています)。一杯当たり換算で25 円程度。毎日OKな価格です。
    ★若干、疲れた時甘いのを飲みたい方は、沖縄の黒糖、サト ウキビがお勧めです。すごくマッチします。但し、入れ過 ぎ、健康に注意です(余計ですね・笑)。
  • 坂井 隆  2015/10/10 14:11
    ★(続きです)コーヒー缶詰は、ショッピングモールの輸入 食品専門店にあると思います。一缶千円前後で、3缶ほど 買います。こちらは田舎ですから。切らしたら、生協さん のカタログで各社いろいろ試飲しています。
    ★蛇足ですが先日、ショッピングモールでアイスコーヒー用
     (HOTもOK)が特売で半額でしたので7袋カゴに入れ ました。(笑)
    ★コーヒーもいいですが、紅茶、煎茶、ハーブも美味しいで すよね!
  • 坂井 隆  2015/10/10 14:33
    大西俊和さん。10・6の川柳コメントありがとうございました。あまりこの句についてこのようなコメントを頂いていなかったので嬉しいです。新子座については大西さんのお名前を随分拝見させて頂いていました。新子座以来、文芸・文学・芸術の全分野まで視界を拡げることが出来たと思います。新子先生に握手を求められ、その感触はとても柔らかくびっくりしました。握手のときペンダコには当ってなかったかなあと今も思いだしているんです。
  • 坂井 隆  2015/10/10 15:12
    野原萌さん。
    椿姫のコメントありがとうございました。私はその年頃は「ブンガク」のブの字もありませんでした。おせっかいで済みませんが、椿姫のオペラDVD(日本語・字幕付き・アマゾンで)を是非ご覧ください。指揮者は確か、ショルティ、マルグリットはアンジェラ・ゲオルギーです。声良し、演技良し、当たり役とのことです。
    ビックリは、「アンジェラ・ゲオルギー」の表記ミスしないためヤフーで検索したら、当ブログ投稿の僕のコメントが9番目に出てました。木元忍さんの句です。オペラ歌手でなかなか声の好き嫌いとか難しいですが。
  • 坂井 隆  2015/10/10 18:11
    すみません。筆が止まらなくなりました。nhk・FMでオペラファン投票で、楽曲別のベストテン放送がありました。
    10曲中プッチーニが3,4曲入って、日本では圧倒的との解説がありました。日本人の心情に訴えるものがあるようですとのコメントを聞きました。確か2,3、4位を占めていました。しかし、1位はモーツァルトの魔笛の夜の女王のアリアより「復讐の炎は地獄のように我が心に燃え」でした。解説者はファンの方は日本語訳をご存じの上の結果でしょうか?と疑問を述べておられました。・・・プチーニに関しては有名かつよく耳にする曲ばかりでした。三大テノールが歌っています。解説者のお勧めはサン・サーンス「サムソンとデリラ」より「あなたの声に心は開く」でした。いい歌曲です。
  • 坪井篤子  2015/10/10 19:17
    ☆今日の荷をそっとおろした一人膳  田村ひろ子

     大切な行事でしょうか。
     無事に終えてホッとしながら、お茶づけをさらさらっと掻き込むひろ子さんが見えます。

    ☆我が師 ”時実新子”さんとの出会い (2-1)坂井 隆

     新子座との出会いがあって
    <文芸・文学・芸術の全分野まで視界を拡げることが出来た>
     新子先生の墓前でご報告させて頂きます。
  • 田村ひろ子  2015/10/10 21:10
    ■ 我が師 ”時実新子”さんとの出会い (2-1)坂井 隆

    アサヒグラフ新子座は新子先生の選句とコメント、そして、白谷達也さんの写真も、わくわくしました。
    新子先生の優しくやわらかな手の感触を思い出しました。よき師に出会ったことに感謝しております。



    ■今日の荷をそっとおろした一人膳  田村ひろ子

    俊和さん、篤子さん、いつもあたたかいコメントをありがとうございます。
  • 野原 萌  2015/10/11 00:43
    ☆今日の荷をそっとおろした一人膳  田村ひろ子
     しっとりと柔らかく心に入ってきた句でした。
      大役か何かを無事終えた安堵感が伝わります(麦酒ではなかったようですが・・)


    ☆我が師 ”時実新子”さんとの出会い(2-1)
     アサヒグラフの新子座からのご出発でしたか。
     圧倒されています。
  • 大西俊和  2015/10/11 07:27
    金婚のわずか二合の栗ご飯       森下綾子

    夫婦だけのささやかな、限りなく日常に近い
    金婚式。良いですね。
  • 大西俊和  2015/10/11 07:56
    《我が師 ”時実新子”さんとの出会い (2-2)》

    隆さんの1990年新子座大賞準賞の句

    百合三本包んで下さい急ぎます  坂井隆

    新子先生のコメント

    一体どこへ?そんなに急いで百合を贈る相手は誰なのだろう?
    いくら推測してもわからないところがこの句の手柄である。わからないということは想像の楽しみを与えてくれる。百合が好きだった娘が危篤になったその枕辺へ届けたいのだろうか。発車ベルに間に合うように車窓から手渡すやさしさなのだろうか。「三本」というところが妙にリアルで男っぽくて、好きな句である。

    授賞式の写真、宝物ですね。懐かしいお名前ばかりです。

    一週間のエッセイ、ありがとうございました。
  • 田村ひろ子  2015/10/11 10:33
    ■金婚のわずか二合の栗ご飯       森下綾子
     
    綾子さん、おめでとうございます。ポカポカの栗ご飯に向き合うお二人の笑顔・・・・羨ましいことです。ごちそうさま!!!!!


    ■《我が師 ”時実新子”さんとの出会い (2-2)》

    隆さんの1990年新子座大賞準賞の句
    「百合三本包んで下さい急ぎます    坂井隆

    その日の喜びが伝わってきました。
    新子先生から戴いたコメントは宝物ですね。
    一週間の色々な角度からのエッセイをありがとうございました。
  • 田村ひろ子  2015/10/11 10:35
    萌さん

    コメントをありがとうございます。
    そうなのよ。麦酒ではありませんでした。
  • 大西俊和  2015/10/11 11:43
    隆さん

    兵庫県バリスタ協会で検索して、大阪のデパートの10階に美味しいコーヒー店があることが解りました。今月中に一度行ってみようと思っています。また、ご報告致します(笑)。
  • 坪井篤子  2015/10/11 12:22
    ☆金婚のわずか二合の栗ご飯   森下綾子
     金婚ともなればお互いに食事量は減りますよね。
     まして夫婦二人きりの生活。
     栗ご飯を食べられる健康に感謝ですね。
     おめでとう!綾子さん。
  • 坪井篤子  2015/10/11 12:36
    ☆我が師 ”時実新子”さんとの出会い (2-2)坂井隆
     
     1990年新子座大賞準賞句のご紹介有難うございます。
     改めて「川柳新子座’90」を引っ張り出して読んでいます。
     「佳句多し」のタイトルで田辺聖子さんの選評、
     「指切りのかたち」の時実新子さんの選評「坂井隆さんの百合三本の句のふしぎな魅力。
     これからの川柳を新しい方向へ引っ張ってくれることを期待しながらの決定であった。」
    とあります。
     懐かしいお名前もずらりと勢揃いでした。


    ☆1週間のエッセイ有難うございました。
  • 森下綾子  2015/10/11 14:42
    俊和さん、ひろ子さん、篤子さん、有難うございます。

    田舎者が結婚式の後すぐ東京にでて50年の人生の中、語れば尽きない出来事もありましたが、人並みの苦労は今の私の財産になってると思います。定命の最期を迎える時、幸せを認められるようにこれからの日々を自覚しながら過ごしたいと考えています。ありがとうございました。
  • 丹原伸枝  2015/10/11 15:52
    ☆猫舌で熱い言葉が喋れない ええー
    私も大変な猫舌です。 熱い言葉を喋れないのはやっぱり猫舌のせいなんだー! ええさん納得です。(笑)

    ☆今日の荷をそっとおろしたひとり膳 田村ひろ子

    どんな時も笑顔で忙しく活躍しておられるひろこさん! ご自宅に帰られほっとくつろぎひとり膳・・様子が浮かびます。

    ☆金婚のわずか二合の栗御飯 森下綾子

    50年.喜怒哀楽を乗り越えてつつがなく迎えた金婚!ささやかな栗ごはんには特別な思いがあったかも知れませんね・・・。


    我が師 “時実新子“さんとの出会い(2-2) 坂井 隆
    新子先生との出会い、隆さんの宝物の記念写真を大切にこれからも川柳を歩まれる道の大きな励みになりますね。新子先生の暖かい眼差しと柔らかい手を懐しく思い出し胸を熱くして居ります。
  • 野原 萌  2015/10/11 16:19
    ☆金婚のわずか二合の栗ご飯   森下綾子
    御子様達がいらした頃は 沢山に季節の御馳走を作られたのでしょうね。
    また二人になって 少量になった御膳に50年のぬくもりが美味しく香ります。
     金婚、おめでとうございます!
     

    ☆我が師 ”時実新子”さんとの出会い 
     素敵な出逢い、本当に良かったですね。
     隆さんの様なドラマチックな想い出を持つ方は多くはないですよね。
     ステキなお話有難うございました。
     新子座の時代を知らない私ですが、新子先生に巡り合えただけで、心からの感謝です。
  • 坪井篤子  2015/10/12 08:50
    ☆新米を食べに田舎に帰ろうか  村井広子
     いいですね。美味しい空気と新米をお腹一杯に是非!

    ☆クラス会 その1  ゆみ子
     <玉手箱を開けた瞬間だった。>さあ、ワクワクドキドキお楽しみお楽しみ。

     ゆみ子さん今日からのエッセイよろしくお願いいたします。
  • 大西俊和  2015/10/12 09:54
    新米を食べに田舎に帰ろうか 村井広子

    田舎で食べる新米、美味しいでしょうね。
  • 大西俊和  2015/10/12 09:56
    「クラス会 その1」

    ドラマを観ている様な展開。

    明日が楽しみです(笑)。
  • 坂井 隆  2015/10/12 15:56
    坪井篤子さん
    「新子先生の墓前で・・・」

    ありがとうございます。このようなことまで言って頂けるなんて、大変嬉しいです。
  • 坂井 隆  2015/10/12 16:20
    田村ひろ子さん
    新子先生の手を握ったのは、ただ一度だけですが柔らかったですね。眼差しもそうでした。心の温かさもそうでした。先生は手を握っただけでも、句を読んだだけでも詠んだ人の心を見通されてました。男性にとっては”マリヤさま”のようだと思います。しかし、ご自分には厳しくスジを通された。僕にとっては精神的な”椿姫”のお一人です。数多い著作から伝わって来ます。


    ☆今日の荷をそっとおろした一人膳   ひろ子

    ひろ子さんの句でしたんですね。投票させて頂きました。何か句の内側に”優しさ”が溢れているように読みました。
  • 坂井 隆  2015/10/12 16:53
    野原萌さん
    やわらかな、暖かいコメントありがとうございました。
    ある季刊誌に載った句は、いろいろな感情を湧き立たせる句群でした。柔らかい自然な素敵な、またそれ以上の芯の強さが伝わって来て参りました(降参の意)。宇宙的のようなものも感じさせて頂きました。
  • 坂井 隆  2015/10/12 17:05
    大西俊和さん
    新子先生のコメントまで恐れ入ります。新子先生の凄いところは、表彰式の当日、そのコメントと同じことを聞かれました。特にその句の背景をです。私は不意を突かれて、緊張もしていましたので、シドロモドロの答えをして恥ずかしい思いをしたのを強烈に覚えています。


    ※早速お手をとらせてすみませんでした。
     『美味しい一杯』でありますよう。
  • 坂井 隆  2015/10/12 17:47
    坪井篤子さん
    私の”恥ずかしい”小さな”決意”で、今回のエッセイを載せさせて頂きました。新子先生をはじめ、スタッフ皆さまの足元まで全然及びませんが、現代川柳の素晴らしさ、また遣り甲斐のある文芸・文学としての評価を追及出来たらという思いで書かせて頂きました。「ドンキ・ホーテ」的な気持ちでもあります。笑ってもらったり、フームと時々思ってもらったり、最後にはあきれてもらっても、との決意です。gendai・s e n r y u は深いし包容力があります。コメントありがとうございました。
  • 坂井 隆  2015/10/12 18:14
    丹原伸枝さん
    コメントありがとうございました。
    同じ新子先生の眼差しのの温かさ、手の柔らかさを感じていらしゃったのですね。お互いに忘れられないですね。いまでもあのようになるには?などと考えていますが、私の場合は無理なような気がしています。伸枝さんの胸を熱くして・・に私も熱くなってしまいました。
  • 坂井 隆  2015/10/12 18:33
    野原萌さん
    たった1回の出逢いでしたが、人間としても、川柳作家としても素晴らしい方と思いました。萌さんの、巡り合いには、早い遅いは、きっと、ありませんよ。コメントありがとうございました。
  • 坪井篤子  2015/10/13 04:44
    ☆最高の演技は棺の中でする  おさ虫
     ポーカーフェイス?それとも・・・
     おさ虫さんのデスマスク、想像出来ません。


    ☆クラス会 その2  ゆみ子
     瞬時に15歳へタイムスリップできるクラス会、素の自分に戻れて一番変わらない父親のような存在の先生にお目にかかれるのも嬉しいですよね。
  • 大西俊和  2015/10/13 07:11
    最高の演技は棺の中でする おさ虫

    フェミニストで優しいおさ虫さんですので、優しい
    甘い微笑を浮かべて・・・。
  • 大西俊和  2015/10/13 07:33
    「クラス会 その2」

    「一番変わっていないのは、父親のような存在の先生だった」

    確かに先生は変わらないですね。記念撮影、誰が先生か生徒か判らなくなります(笑)。
  • 三好 光明  2015/10/13 08:39
    最高の演技は棺の中でする おさ虫

    この世とあの世の狭間の微妙な空間・・・おさ虫さんらしい見付ですね。(笑い)

    ☆クラス会 その2  ゆみ子

    誰が先生か生徒か (^^♪)~メダカの学校~瞬時にタイムスリップできますね。
  •   2015/10/13 18:00
    ◇最高の演技は棺の中でする   おさ虫

    趣味の域を超えた手品であっと驚かされるおさ虫さん。
    お棺から鳩なんぞ飛ばされるのではないかしら(#^.^#)
                    
                         桂子
  • 野原 萌  2015/10/14 00:12
    ☆ 新米を食べに田舎に帰ろうか 村井広子
     田舎がある。それだけで何だか潤んできますね。
     美味しい新米。柿もたわわに実っている事でしょう。

    ☆ 最高の演技は棺の中でする  おさ虫
     死に方は生き方とも。
     真面目に練習などしてみるおさ虫さんが浮かび、私もいい女優になれるかしら?ふふ。 なんて、思ってしまいました。

    ☆ 「クラス会」
     一気に時間を戻す顔、顔、顔・・・
     目に浮かぶ様です。
     父親の様な存在だった先生が お元気でご参加下さり、良かったですね。
     本当にありがたいことですね。
  • 丹原伸枝  2015/10/14 04:28
    ☆ドタキャンのメール ビール三杯目 森下綾子
    せっかく楽しみに待っていた約束なのにドタキャンのメールだなんてねー!
    ビール三杯目で治まるかなー?



    クラス会 その3 ゆみこ
    楽しく読ませて頂きました。何年ぶりに会っても同窓会の場面ではたちまち時がタイムスリップして皆んな学生時代の顔に戻りますよね。それぞれの思い出を胸にまた次のクラス会が楽しみですね!
  • 大西俊和  2015/10/14 05:50
    ドタキャンのメール ビールは三杯目 森下綾子

    伸枝さんが書かれているように、3杯では治まらないでしょうね(笑)。
  • 大西俊和  2015/10/14 06:07
    「クラス会 その3」

    どのように変貌していても、話していると昔の顔になる
    クラス会は不思議なものですね。会が進むにつれて、
    酒の力も加わり、昔の放課後状態に。
  • 愛知  おさ虫  2015/10/14 09:34
    篤子さん、俊和さん、光明さん、桂さん、萌さん

    コメント、ありがとうございました。
    この句は7月句会の俊和さんの句「棺でもポーカーフェイスだったなあ」からヒントをもらい、自分が棺に入る時はどうなんだろうと空想ししてみました。私の人生はいつも脇役で目立たない存在でしたから、最後ぐらいは主役の顔をしてみたいものですから。
    でもこの句、川島なお美の葬儀とそっくりになっているのには驚きました。
    桂さん、棺の中からマジックで蜘蛛巣テープを投げる・・面白い! ぜひ挑戦してみます(^_^)v
  • 坪井篤子  2015/10/14 13:52
    ☆ドタキャンのメール ビールは三杯目  森下綾子
     三杯目がいいですね。


    ☆クラス会 その3 ゆみ子
     クラス会がスクランブル交差点めくと言う句、言い得ていて良いですね。
  • 田村ひろ子  2015/10/14 20:23
    ■新米を食べに田舎に帰ろうか   村井広子

    あれ、広子さんのご実家はどちらでしたかしら・・・。
    「新米を食べに実家にかえろうか」と、お嬢さんご一家、ご子息ご夫妻が広子さん宅に帰ってこられますよ。

    ■最高の演技は棺の中でする   おさ虫

    ということは・・・現在地でも「たくさんの演技」をされていらっしゃるのですね。ぜひ「手品」も拝見したいです。
    棺の演技は風になって、観にいきます。
     
    ■ドタキャンのメール ビールは三杯目  森下綾子

    ドタキャンでも、メールをくださるだけ上等です。何の連絡もないドタキャンもあるのですよ。
    それにしても綾子さんはお酒にお強いのですね。羨ましいことです。

    ■クラス会  (その1~3)  ゆみ子

    初めは久しぶりでドキドキだったのゆみ子さんが、だんだん冷静になって、色々と周りの様子をレポートしていらっしゃるようなエッセイ・・・「そうなのよね」と頷きながら楽しく拝読してます。
  • 大西俊和  2015/10/15 07:07
    かさぶたが取れても痒い仲違い 睦悟朗

    微妙なふたりの心理が・・・(笑)。
  • 大西俊和  2015/10/15 07:35
    「錦繍」

    今年、趣味の拘束から自由になって蔵王の錦繍を
    見ることができると良いですね。

    宮本輝は神戸出身で、阪神間とも縁が深いです。
    私の住んでいる夙川・香櫨園が舞台になった小説も
    数編あります。近くの喫茶店のご婦人も小説中に
    登場したとか(笑)。
  • 須川柊子  2015/10/15 20:45
    こんばんは。
    ゆみ子さん、エッセイを拝読して気になっていました。
    ゆみ子さんは、宮城県のご出身ですか?
    私は、仙台市に住んでいます。
    蔵王の紅葉は本当にきれいですよね。
    現在、お釜には噴火注意報(?)が出ていて近づけませんが、エコーラインはOKです。
    冬季の閉鎖期間ももうすぐです。
  • 坪井篤子  2015/10/15 21:28
    ☆かさぶたが取れても痒い仲違い  睦悟朗
     微妙ですね。ちょっと照れもあったりして・・・。
    今日の絵手紙、水引の花が可愛いです。

    ☆「錦繍」ゆみ子
     蔵王の紅葉、想像するだけでウキウキします。
  • ゆみ子  2015/10/15 21:37
    「おはよう広場」のエッセイにコメントをくださった皆様、ありがとうございました。なかなか書き込みができなくて失礼しています。

    ☆篤子さん、俊和さん、萌さん
    いつも温かく見守って下さってありがとうございます。夙川と香櫨園、宮本輝ファンとしては胸キュンの街です。訪れたことはないのですが、懐かしい気がします。いつかお邪魔してみたいです。

    ☆光明さん、伸枝さん
    初めまして。一方的に存じ上げている方にコメントをいただいて、本当に嬉しいです。どうぞよろしくお願い致します。

    ☆ひろ子さん
    お久しぶりです。2年前の新横浜ではお世話になりました。時間を追っての心情の変化、自分では気づきませんでした。なるほど・・です。

    ☆柊子さん
    仙台市と旧栗駒町で計6年を過ごしましたが、山形市の出身です。柊子さんがご覧になっているのと反対側の蔵王を見て育ちました。注意報?がすっきり解除されて、早く美しいお釜が見られますように。
  • 大西俊和  2015/10/16 06:09
    誘い方知らぬ男の一気飲み   石原てるみ

    心の熱いもやもやをビールで洗い流すのでしょうか。
  • 大西俊和  2015/10/16 06:21
    「ガッツポーズのゴミ箱」

    こちらでは不燃ごみ、可燃ごみ、リサイクルごみ(ペットボトル・アルミ缶・古新聞など)と分別しているようです。ペットボトルの包装は外しています。行政の違いによっていろいろですね(笑)。
  • 坪井篤子  2015/10/16 07:28
    ☆誘い方知らぬ男の一気飲み   石原てるみ
     大人の女性がそこここに。

    ☆ガッツポーズのゴミ箱  ゆみ子
     所変わればゴミの出し方、名称も違うものですね。
     京都の娘宅へ時々家政婦に行くのですがゴミの分別が大変!
     面倒なのでカートに詰めて持ち帰り我が家で処分しています。
  • 坪井篤子  2015/10/17 05:09
    ☆この辺でホントのアタシ見せようか 中嶋安子
     安子さんが「ホントのアタシ」なんて言うから面白い!裏表のない安子さんが大好きです。

    ☆消えたゴミ箱  ゆみ子
     学校に外から持ち込まれるゴミ。不埒な人が居るものですね。
     この頃、駅でも公園でもゴミ箱(籠)がなくなりましたものね。
     
     廊下に追いやられたゴミ箱、どのように展開するのでしょう。ワクワクします。
  • 大西俊和  2015/10/17 06:28
    この辺でホントのアタシ見せようか 中嶋安子

    見たい見たい!
  • 大西俊和  2015/10/17 06:41
    「消えたゴミ箱」

    教室から消えたゴミ箱。その結果は・・・どのように。
  • 椰子生  2015/10/17 11:49
    この辺でホントのアタシ見せようか   中島安子

     ワタシでなく「アタシ」が良い! 是非見たい(^O^)
  • 愛知  おさ虫  2015/10/17 14:03
    ◆ この辺でホントのアタシ見せようか   中島安子

    迷わず一票投じました(^_^)v
    アタシ好みの句ですから。
  • 田村ひろ子  2015/10/17 18:40
    ■ かさぶたが取れても痒い仲違い    睦悟朗

    ちょつとした心のずれとほんのりとした関係が上手にあらわされていらっしゃいますね。

    ■ 誘い方知らぬ男の一気飲み   石原てるみ

    てるみさんの上から目線が楽しいです。

    ■ この辺でホントのアタシ見せようか   中島安子

    わ~い、どんな安子さんに出会えるのかしら・・・・楽しみです。


    ■ 消えたゴミ箱  ゆみ子

    どのような展開になってゆくのかしら・・・明日のエッセイが楽しみです。
  • 大西俊和  2015/10/18 05:03
    庭仕事終えて我が家のレストラン 坪井篤子

    汗をかいた後のビールは最高。そして、ゆったり
    体を休める食事タイム。充実の一日ですね。
  • 大西俊和  2015/10/18 05:12
    「変化」

    理想はゆっくりと焦らず温めて現実化するのが
    良いように思います。でも、多くの場合、性急
    さにより歪められてしまいます。残念なことです。
  • 椰子生  2015/10/18 08:15
    庭仕事終えて我が家のレストラン   坪井篤子

     ホッとする一瞬ですね。先ずビール一杯!でも主婦は通しを自分で作らなければならないのが男性と違い、ちょっと億劫ですね~ 流れの良い佳句です!
  • 三好 光明  2015/10/18 08:49
    庭仕事終えて我が家のレストラン   坪井篤子

     気になっていたことが・・・スッキリとして、温かい家庭の景が浮かびます。・・・今日は吟行には、うってつけの好天気ですね!いつの日か、土産話を期待しています。

    「変化」

     良い面をないがしろにして、口のうるさい、一方的な批判?に抵抗する労力は強靭さを必要とします、世の中、短絡的に動いていくことが多いように感じます。
  • 善江  2015/10/18 10:10
    高知県こども詩集
              『 やまもも 』より

               おかみの修業


       私の家は、旅館をしている
       休みの日は手伝いをする

       一番大変なのは、ふとんしき
       何枚もあると大変

       今日は四万十ウルトラマラソンの日
       ランナーで客室はいっぱい

       だから朝食の準備の手伝いをした

       ランナーは朝三時に起きて朝食を食べる

       ねむかったけど、
       しゃけを三十人分全部もりつけした

       次にサラダももりつけた

       みんなでやって、やっと完成した
       どたっとたおれそうやった

       お母さんたちは、
       いつもこんなことをしているんだな

       私の将来の夢は、旅館のおかみ

       これからもっと修業して、
       たくましくなるけんね

       お母さん、任せちょって

       旅館、つぐけんね


           < 中村小(四万十市)5年 尾崎しずく >
  • 中嶋安子  2015/10/18 20:13
    篤子さん、俊和さん、椰子生さん、おさ虫さん、ひろ子さん
    コメントありがとうございます!
    自分でも、最近、ホントの自分が分からなくなることがあります。
    一皮むいて、ホントの自分を出してみましょうか~(笑)
  • 坪井篤子  2015/10/18 21:32
    ☆変化 ゆみ子

    開校当時のうたい文句も時と共に変化。
    なんだか残念に思いますよね。

    ゆみ子さん、お忙しい中1週間のエッセイ有難うございました。
    11月1日新横浜でお目にかかれるでしょうか・・・。


    ☆庭仕事終えて我が家のレストラン 坪井篤子

    椰子生さん、俊和さん、光明さん、
    素敵なコメント有難うございます。
    今日は滋賀県の坂本で吟行でした。好天に恵まれ雰囲気の良い落ち着いた街並みで参加者の佳句に出会いました。
  • 野原 萌  2015/10/19 00:04
    ☆庭仕事終えて我が家のレストラン 坪井篤子
    庭仕事の後は外食がラクチンと言う方もおいででしょうが
    けっこう、これが億劫なもの。
    我が家のレストランが最高。疲れが取れる不思議。


    ☆変化 
    公園にゴミ箱がなくなり、コンビニの前に食べ残しのゴミとペットボトルが輪に残されている・・・
    もう何年かそんな世の移ろいに心寒を感じていました。
    教室にもゴミ箱が 思いがけない形を変えているのを知り驚きました。そしてその根本にある「変化」に子供のいない私は浦島太郎ですが、現場のご心痛を思います。
  • 丹原伸枝  2015/10/19 01:39
    ☆庭仕事終えて我が家のレストラン 坪井篤子
    いつも忙しくして居られる篤子さん!庭仕事も終えほっとくつろぎ我が家でお食事タイム!お料理上手な篤子さん宅で目が醒めるとレストラン並のモーニングを作って下さってて感激した事を思い出しました。美味しかつた!
  • 坪井篤子  2015/10/19 04:23
    萌さん、伸枝さん、
     拙句へのコメント有難うございました。
  • 大西俊和  2015/10/19 06:04
    幸せを老後のために蓄える 山口一雄

    うーん、考えさせられます。今使うか
    老後に使うか。可能ならきっちり使い
    切りたいですね。
  • 大西俊和  2015/10/19 06:25
    「柔軟性に欠ける一人の東京人」

    最近の芸人さんたちの「笑い」、生存競争のかかった
    命がけの磨き努力を感じます。
  • 坪井篤子  2015/10/19 07:09
    ☆幸せを老後のために蓄える  山口一雄

     幸せの貯蓄、豊かな老後ですね。


    ☆柔軟性に欠ける一人の東京人  飯島章友

     関東と関西の芸人気質の違いは確かにありましたよね。
     根強い人気の方々は何かを持っているようです。
  • 田村ひろ子  2015/10/19 09:50
    ■ 庭仕事終えて我が家のレストラン   坪井篤子

    ニコニコとしながら篤子さんは手際よくお料理を仕上げてゆかれますよね。
    新子先生とご一緒に篤子さんの手料理を戴いた日日を懐かしく思い出しました。

    ■ 「変化」   ゆみ子

    ゆみ子さんの切ない気持ちが伝わってきました。一人の思いでは乗り切ることのできないことが多いですね。
    なんだか、悲しくなりました。
    ゆみ子さんの一週間のエッセイで色々考えさせられました。
    ありがとうございました。
    11月1日に新横浜でお目にかかれたら、嬉しいです。
  • 椰子生  2015/10/19 18:48
    幸せを老後のために蓄える   山口一雄

     金さん、銀さんも亡くなる前、100歳過ぎてからも句のようなことを言ってましたね(笑)。
  • 山口一雄  2015/10/19 20:00
    俊和さん、篤子さん、椰子生さん、コメントありがとうございます。
    幸せって、お金、健康、家族、趣味などいろいろありますが、どれも大切ですね。
    金さん、銀さんは、どのような気持ちで言われていたのでしょうか。私も百歳になったらわかるかもしれません(笑)。
  • 村井広子  2015/10/19 20:41
    ずいぶんと間が抜けてしまいましたが
    新米を食べに田舎へ帰ろうか
    にコメントをいただきましてありがとうございました。
    母の生まれは、東播州もう私が帰るところは、なくなりましたが、刈り入れの風景はいつまでも心に残っています。
  • 丹原伸枝  2015/10/19 21:38
    ☆幸せを老後のために貯蓄する 山口一雄
    ほんとうですね。幸せを老後の為に貯蓄するのもいいけど元気で居れる今の為にも幸せを使いたいとも思ってしまいます。

    ☆柔軟性にかける一人の東京人 飯島章友
    今は芸人ブーム、関東と関西の笑いの表現も受けの違いはあると思いますが生存競争の激しい中、それぞれの芸人さんの天性の上に並ならぬ勉強と努力があるのではと思います。
  • 山口一雄  2015/10/19 23:17
    伸枝さん、恐れ入ります。
    いつまでも元気なのが何よりですね。
  • 野原 萌  2015/10/20 01:09
    ☆幸せを老後のために蓄える   山口一雄
     幸せな老後というものは、やはり周りの温かい言葉や触れあいだろうと、
    母を見ていて思います。
    さぁー、今のうちに少しでも、出来る時に出来るお手伝を!と。
    介護をなさっておられる一雄さんならではの 実感句だと感じました。


    ☆柔軟性にかける一人の東京人
    関西のノリには、なかなか付いて行けなかった方も多かった事でしょうが、いつの間にか押しまくられた?かも知れませんネ。
    ブームの前 大阪に越して来て、角座や吉本によく通いました。
    アドリブでポンポンと客席とのやり取りに「お笑い」の楽しさに魅了された事など、章友さんのエッセイから懐かしく甦りました。
  • 伊藤 奈緒子  2015/10/20 04:32
    ☆幸せを老後のために蓄える   山口一雄
    サァ幸せ定期しなくっちゃ。
    定期の名前は 笑顔 かな?
    コツコツ笑顔を貯蓄して、究極やっぱり老後は、
    周りの方達に可愛いがって頂き、ふれあう事が
    一番だと母を見送り感じました。

    定期解約時の残高は笑顔だけ残してオサラバ!
  • 坪井篤子  2015/10/20 05:46
    ひろ子さん、

     新子先生との思い出、沢山共有しましたね。
     懐かしいです。
     
     いつも優しい微笑みを有難うございます。
  • 大西俊和  2015/10/20 06:15
    味噌汁が美味い場所まで戻りたい 月波与生

    味噌汁、お茶漬け、握り飯・・・おふくろに逢いたい。