現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

オープン掲示板 過去ログ

どなたでも書き込んでいただける掲示板です。現代川柳の話題、イベント情報など、ご自由に利用してください。雑談もOKです。インターネットに一般公開されている掲示板ですので、個人情報の取り扱いにはお気をつけ下さい。

  • 坪井篤子  2016/06/18 12:39
    *胸奥にナイフを隠す変声期  小林康浩
    子供から大人へと変化してゆく体と少年自身の心との葛藤。
    反抗的になりイライラ感も増す様子を上手く表現されておられると感心します。

    *青空書房さかもとけんいちさんのこと 冨上朝世
    けんいちさんの笑顔にまたお会いしたくなりました。
  • 田村ひろ子  2016/06/18 17:55
    ■胸奥にナイフを隠す変声期  小林康浩
    女の子も男の子も「ホルモンちゃんとの葛藤」もあって、大人になってゆくのですね。「ナイフ」トハ・・・・恐れ入りました。

    ■青空書房さかもとけんいちさんのこと   冨上朝世
    朝世さんはたくさんの良き出会いがあり、そのひとつひとつを大切にしていらっしゃいますね。けんいちさんもその中のお一人。けんいちさんは朝世さんを頼りにしていらっしゃるように感じます。長生きしていただきたいです。
    朝世さん、1週間のエッセイを楽しませていただきました。
    ありがとうございました。
  • 小林康浩  2016/06/18 20:39
    俊和さん、萌さん、篤子さん、ひろ子さん、私の句へコメントを有難うございます。

    冨上朝世さん、図書館で車屋長吉の「人生の救い」借りました。
    徹底的というのは素晴らしいことだと感じながら読んでいます。
  • 大西俊和  2016/06/19 03:25
    金運はないが落石にも遭わず 睦悟朗

    二つの運命、宝くじに当たるのを選ぶか、
    落石に当たるのを選ぶかですね(笑)。

    ☆笹井宏之歌集『えーえんとくちから』冨上朝世

    笹井宏之作品のご紹介、ありがとうございます。
    「二六歳の若さでこの世を去りました」・・・
    残念なことです。康浩さんと同じく、今日は、私も
    西宮図書館(歩いて5分)に行ってご紹介図書を
    読んで来ます。
  • 坪井篤子  2016/06/19 05:00
    *金運はないが落石にも遭わず   睦悟朗
    可もなく不可もなく平凡な日常である事への感謝ですね。
    時実新子先生の句で「空に雲この平凡をおそれずに」を思いださせていただきました。
    有難うございます。


    *笹井宏之歌集『えーえんとくちから』 冨上朝世
      えーえんとくちからえーえんとくちから永遠解く力を下さい
      切れやすい糸でむすんでおきましょう いつかくるさようならのために
      
    早世された笹井宏之さんの歌を想いながら雨の日曜日の始まりです。
    素敵な歌集紹介有難うございました。


    朝世さん、ご多忙中1週間のエッセイを有難うございました。
  • 海月  2016/06/19 06:01
    笹井広之歌集「えーえんとくちから」

    笹井さんの歌集のご紹介をありがとうございました。
    笹井さんのことをそんなに詳しく知っているわけではありませんが生前のころ地元の新聞に大きく取り上げられていて大変惹かれました。まもなく亡くなったことを知り当時は(今でも)かなりショックでした。「えーえんとくちから」と「てんとろり」を購入し夢中で読みましたが、あまりにも宝物過ぎて今はダンボールのどこかに眠っています。
    歌集のバイブルとしては杉崎恒夫さんの「パン屋のパンセ」もとてもお薦めです。杉崎さんが90歳のときの歌集です。時たまふら~っと手にとっては力をいただく歌集です。
    以前ラジオ番組で「夜はぷちぷちカータイ短歌」という、だいたひかるさん青木アナウンサー司会、歌人のお一人、タレントや業界で活躍しているお一人と言う方々が、送られてきた短歌を選び放送するという番組がありはまっていました。短歌の世界まるごとでした。今はそういう企画の公募がなく本当に残念です。
  • 田村ひろ子  2016/06/19 09:39
    ■金運はないが落石にも遭わず   睦悟朗
    そうですね。感謝しながら生きていきます。

    ■笹井宏之歌集『えーえんとくちから』   冨上朝世
    「えーえんとくちからえーえんとくちから永遠解く力を下さい」
    「切れやすい糸でむすんでおきましょう いつかくるさようならのために」
    「人類がティッシュの箱をおりたたむ そこには愛がありましたとさ」
    「あるときはまぶたのようにひっそりと私をとじてくれましたよね」
    「風という名前をつけてあげました それから彼を見ないのですが」
    「世界って貝殻ですか 海ですか それとも遠い三叉路ですか」
    「祝祭のしずかなおわり ひとはみな脆いうつわであるということ」
    朝世さんね素敵な短歌を残してくれた笹井宏之さんのご紹介をありがとうございました。
    さっそく、明日の講義で20代の生徒たちに紹介しながら、一緒に味わってみます。
  • 京都 大海幸生  2016/06/19 12:02
    冨上朝世さま、
     1週間のエッセイ楽しく読ませていただきました。
     てのひらの宇宙、いままでおおよそ信じない振り
    向きもしない朴念仁の私にとって手相を極めてみよ
    うとされる姿に感銘を覚えました。ニンゲン自体が
    不思議な存在ですから手相もそれなりの意味を持っ
    て生きているのでしょうね。
     みさ子さんの句には深くて重いものを感じました。
     長吉さんの悩み解消で救われるなら救われててみ
    たく思いました。
     猫ビル、先日テレビで見ました。そこへのご参画
    素敵ですね。私は大の猫好きですが猫を飼う環境に
    恵まれないままに過ぎてゆきそうです。
     中崎町の青空書房楽しい存在ですね。私は古本屋
    が好きでした。ただ貧乏で勉強の本を買いあさるだ
    けでした。
     笹井宏之歌集えーえんとくちからのご紹介ありが
    とうございました。これも深く楽しそうですね。
  • 芳賀博子  2016/06/19 12:17
    みなさま

    以前お知らせしました川柳コンテスト「第3回プラザde川柳」の入賞作品が決まりました。

    http://plazaru.com/senryu_result03/

    おかげさまでバラエティに富んだたくさんの力作をお寄せいただき、まことにありがとうございました。
  • 須川柊子  2016/06/19 21:20
    「プラザde川柳」応募しましたが、入賞を逃しました。
    残念です。
    入賞した句は、どれもワクワクするような楽しい句なので、
    仕方ないです。

    俊和さん、豪遊できなくてごめんなさい。
  • 大西俊和  2016/06/20 04:39
    柊子さん

    おお、残念でした。でも豪遊の夢、これからも果てしなく
    楽しみましょう(笑)。
  • 大西俊和  2016/06/20 04:51
    手に入れた自由だんだん憎くなる    小林康浩

    憧れた自由。手に入れた自由。不思議な自由。


    《川柳「しあわせシリーズ」 について》黒川利一

    「作品を発表し、鑑賞し、刺激を受ける場に身を置き、
    これをくり返すしか上達の道はない」「99の次の1
    が光ると信じている」・・・利一さんの川柳への熱い
    思い、良いなー!!!「しあわせシリーズ」、楽しみ
    にしています。
  • 海月  2016/06/20 08:25
    手に入れた自由だんだん憎くなる  小林康治

    独身時代超自由人だった私は逆にものすごく不自由に憧れ現在の結婚をしました。30年以上たっても何処へ旅行することもなくあいかわらずチャリで5分のスーパーが私のお城です。どちらかといえば男尊女卑の慣習がある場所の生活。不自由にも慣れてきて、けっこうラクチンに暮らしています。また不自由をお試しになられませんか?

    川柳しあわせシリーズ  黒川利一

    なんという充実の川柳お暮らしなのでしょう!素晴らしいです。何処へ行くことも出来ない私はもっぱらネットのみの川柳暮らし。以前は片っぱしからいろんな公募へチャレンジしていましたが今はのんびり身の丈クラスで楽しんでいます。黒川様の川柳楽しみですね!

    柊子様

    プラザDe川柳残念でしたね!でも次があります。どんまいです。私は4月に川柳でいただいた○万円。ちょうど娘の家族が来ていたこともあり近くの料亭でご飯を食べたらあっという間に消えてしまいました。
  • 田村ひろ子  2016/06/20 09:05
    ■手に入れた自由だんだん憎くなる  小林康治
    康浩さん、自由にもいろいろな意味合いがありますよね。
    不自由なぐらい忙しい時に憧れていた自由と、実際に手に入れた自由との違いに気づいた時の戸惑い。自由つて、


    ■川柳しあわせシリーズ   黒川利一
    利一さん、おはようございます。お健やかにお過ごしのご様子ですね。
    「しあわせ川柳を作り始めた・・・・・毎月15句を掲載し、今年3月で2年目である。明日からこのシリーズを紹介しよう。」
    2年間で360句・・・う~ん、すばらしいですね。
    明日からを楽しみにしております。
  • 冨上朝世  2016/06/20 09:21
    私のつたないエッセイを一週間お読みいただき、たくさんのコメントをいただきましてありがとうございました。すぐにお礼のコメントをと思ってトライしてみましたが、数年前からうまくログインが出来ず、今回も坪井篤子さんのお手を煩わせることになってしまいました。申し訳ありません。
     エッセイのお話をいただいたお蔭で、日頃こころの引き出しの中に放り込んだままになっていたものたちに光を当ててあげることが出来ました。ことばと関わることを仕事にしている者にとって、あらためてことばの大切さを考える良いきっかけをいただいて本当に有難いと思っています。
     最後に、このオープン掲示板について、ちょっと気づいたことがあります。ここは書き込みが新しいものが一番下に表示されるシステムになっているようですが、出来れば新しい書き込みが一番上に表示される方が便利かな?と思いました。一般に、ブログなども更新された投稿が一番上に表示されているものが多いような気がします。
     ともあれ、たくさんのあたたかいコメントに感謝いたします。ありがとうございました。
  • 坪井篤子  2016/06/20 09:32
    朝世さん、
     お忙しい中、丁寧なコメントを有難うございました。
     貴重なご意見も有難うございます。
     今後ともよろしくお願いいたします。
  • たんばらのぶえ  2016/06/20 15:58
    ☆金運はないが落石にも遭わず 睦悟朗
    宝くじに当たると不幸?も付いて来るなんて事も聞くので・・・。平凡が幸せに改めて感謝ですね。

    冨上朝世さま
    笹井宏之歌集 「えーえんとくちから」素敵な歌集をご紹介下さいましてありがとうございました。
    一週間のエッセイとても楽しく拝読させて頂き感謝です。ありがとうございました。

    ☆手に入れた自由だんだん憎くなる 小林康治

    ないものねだりかも知れませんね。仕事に追われている目まぐるしい毎日に追われていた日々は「この忙しさ煩わしさから解放したい!」と思っていたのに退職されて自由な毎日が続くと最初の頃は「うわー自由になったー!」と思っていたのにそ 自由な日々が続くとだんだん自由でなかった頃が懐かしくなる・・・そんな話をよく聞きます。 でも自由は何事も自分したい事を自由に出来る素晴らしい時間! 自由を思う存分、楽しんで下さいね!

    ☆川柳幸せシリーズ 黒川利一
    明日からの「幸せシリーズ」楽しみです。
  • 坪井篤子  2016/06/20 16:43
    *手に入れた自由だんだん憎くなる  小林康浩
    自由がなければ自由を欲し、自由が過ぎると憎くなる。厄介な自由。
    ほどほどがよろしいなあ!


    *川柳「しあわせシリーズ」 について  黒川利一
    <99の次の1が光る>有難うございます。心します。
    しあわせシリーズ楽しみにしています。
  • 小林康浩  2016/06/20 20:10
    俊和さん、海月さん、ひろ子さん、のぶえさん、篤子さん、拙句へのコメントを有難うございます。イメージ吟なので、あの、心のすさみを感じるような塀の落書きを見て、どうしても負へ傾いた句になりました。大きな不自由の中に、点々と小さな自由があって、それがしあわせなんだと思います。根源的な自由なんてそもそも存在しないのかもしれませんし、それでいいのだとも思います。

    利一さん、相変わらずの熱心な川柳活動へ頭が下がります。
  • 坪井篤子  2016/06/21 04:31
    *百歳の母が最後に蒔いた種 公子
    ご高齢のお母さまが蒔かれた種は幸せの種、
    心に残る御句です。

    *お届けします。川柳「しあわせシリーズ」 1 黒川利一
    <幸せという「明」を際立たせる不幸という「暗」、それを併せて幸せ。しあわせ川柳はまさに私の心の生活史。>
    考え方、捉え方一つで生活のリズムも変わるのですね。目から鱗です。
  • 大西俊和  2016/06/21 04:37
    百歳の母が最後に蒔いた種 公子

    お母様の蒔いた愛の種、どのような芽を出し、
    どのような蔓を伸ばし、どのような花を咲か
    せるのでしょう。楽しみですね。


    「お届けします。川柳「しあわせシリーズ」 1  黒川利一

    〈幸せはつるりと剥けるゆで卵〉から始まった
    しあわせシリーズ・・・素敵です。いっぱいある
    しあわせなのに忘れてしまうこと、もったいない
    です。私も小さな幸せに、もっと敏感に生きたいと
    思いました。
  • 海月  2016/06/21 06:20
    百歳の母が最後に蒔いた種  公子

    素晴らしいお母様だったのですね!反面教師の私には恥しか残せないな~~と残念な気持ちになりますが、がんばります。

    しあわせシリーズ  黒川利一

    3ヶ月で430句!!すごいですね。しあわせシリーズ楽しい作品がいっぱいです♪私自身もどちらかというと多作(もちろん駄作。私の場合)に入ると思いますが、先日ある公募の写真川柳に数の分だけ126句出しましたら本当に息切れしました。いつも脳内からっぽなのですが枯渇状態です。
  • 田村ひろ子  2016/06/21 09:31
    ◆百歳の母が最後に蒔いた種  公子
    お母様のステキな微笑みの種でお育ちになった公子さんの笑顔がいつも輝いてます。
    百年間もお母様とご一緒で、お母様のたくさんの種をご覧になってきた公子さんは幸せですね。あたたかな句をありがとうございました。


    ◆しあわせシリーズ  黒川利一

    幸せに寄りそうように存在する不幸だって捨てておけない。幸せという「明」を際立たせる不幸という「暗」、それを併せて幸せ。しあわせ川柳はまさに私の心の生活史。

    「利一のしあわせシリーズ」を読み、朝からあたたかな気持ちです。
  • 野原 萌  2016/06/21 16:33
    ★金運はないが落石にも遭わず   睦悟朗
    ええ、ええ。ありがたいことです。淡々とした句調がいいですね。

    ★手に入れた自由だんだん憎くなる  小林康治
    >根源的な自由なんてそもそも存在しないのかもしれませんし、それでいいのだとも思います。

    自由にあこがれ、やっと手に入れて初めて知る不自由もありますし・・
    康浩さんの言われるようにそれでいいのでしょう。

    ★百歳の母が最後に蒔いた種  公子
    しっかりと実をつけ花をさかせそうですね。公子さんご一家に。

    19日AM1時過ぎ電話が鳴り102歳の母の親友の危篤そして死亡通告。
    くしくもその日は私の柳友の102歳のお誕生日。
    お二人に、生きる元気の熱い種を一杯頂いてきました。
    公子さん、また「お母様の蒔かれた種」のお話を聞かせてくださいね。
  • 野原 萌  2016/06/21 16:41
    ★柊子さん
    お返事遅くなりごめんなさい。
    ケーキをたっぷり頂戴したのは福ちゃんです。 はい。
    あの得意げな顔を忘れられません。ふふふ・・

    ★笹井広之歌集「えーえんとくちから」
    朝世さん
    時間がしっとりと静かに流れます。涙の泉が澄んでくるようです。
    ありがとうございました。

    ★利一さん
    99の次の1が光る・・私も信じたいです。
    しあわせ川柳楽しい思いつきですね。楽しみです
  • たんばらのぶえ  2016/06/22 04:49
    ☆百歳の母が最後に蒔いた種 公子
    百歳のお母様が最後に蒔かれた種はきっと今まで以上に素晴らしい花が咲き実をつける事でしょう・・・楽しみですね。

    ☆幸せシリーズ 黒川利一

    3か月で450句とは素晴らしいですね!
    利一さんの素晴らしい「幸せ川柳」の一句一句に「こんな幸せ・・これを幸せ・・」と感動しながら読ませて頂きました。利一さんの句から沢山の幸せを頂きました。感謝です。また明日はどんな幸せに出会えますか楽しみにしています。
  • 大西俊和  2016/06/22 05:12
    ナビの指示無視して着いた誤字の街 日和

    私も誤字の街にしばしば(笑)。


    ☆お届けます。川柳「しあわせシリーズ」 2 黒川利一

    「ゆっくり呼吸をするように作ろう。フィクション、ノンフィクションなんでもあり。川柳韻文&格調だけは忘れずに。ジャジャジャジャーン!」・・・文頭の言葉、良いですね!

    〈しあわせは朝刊のインクの匂い〉
    〈しあわせは硝子の欠片陽にかざす〉
    〈しあわせはたわわ枇杷の実まだ青い〉
    〈しあわせは鼻歌まじりのスリッパ〉
    〈しあわせはちょっと疲れた宵の町〉

    しあわせがいっぱいですね。楽しい!!
  • 田村ひろ子  2016/06/22 09:09
    ◆ナビの指示無視して着いた誤字の街    日和
    「ナビよりは・・・」と、ついついナビを無視、自分で方向を決めてしまうこと、よくあります。とんでもない路に出て「あらららら」です。


    ◆お届けます。川柳「しあわせシリーズ」 2 黒川利一

    〈しあわせは古伊万里にさす山吹よ〉
    〈しあわせは命いただく鰆の目〉
    〈しあわせはこの世に生きている命〉

    利一さん、おはようございます。
    今日も「しあわせのリズム」が嬉しいです。
  • 坪井篤子  2016/06/22 10:32
    *ナビの指示無視して着いた誤字の街    日和
    ありますよね。何のためにナビが付いているのだか・・・。


    *お届けます。川柳「しあわせシリーズ」 2 黒川利一
    しあわせと思う幸せ、感じる幸せ、
    利一さんの「しあわせシリーズ」で朝から元気が出ました。
  • 野原 萌  2016/06/22 16:05
    ★ナビの指示無視して着いた誤字の街    日和
     ナビを無視して着いたのは誤字の街。
     心のままに着いたのはこのペーシ。
     昨月もお久しぶりで嬉しかったのですがPCの不調で
     コメント出来ませんでした。

    ★お届けます。川柳「しあわせシリーズ」 2 
    ・しあわせは朝刊のインクの匂い
    ・しあわせは硝子の欠片陽にかざす

     しあわせの匂いですね。
     心が明るく軽やかになります。
  • たんばらのぶえ  2016/06/23 02:51
    ☆ナビの指示無視して着いた誤字の街 日和
    あらあら・・・ナビを無視して着いたのは誤字の街?面白いですね。 こんなはずではなかったと!

    ☆お届けします。川柳「幸せシリーズ 2 黒川利一

    今日も1日幸せ気分で過ごせました。 ありがとうございました。
    明日はどんな幸せに出会えるでしょうか?
  • 大西俊和  2016/06/23 04:29
    イントロでおもいおもいの息を吐く 松原房子

    そして、おもいおもいの声が重なり合って、
    美しいハーモニーに。


    ☆お届けます。川柳「しあわせシリーズ」 3  黒川利一

    〈しあわせは連休明けの気怠さよ〉
    〈しあわせは今日という日を置いてゆく〉
    〈しあわせは指切りげんまんしたままで〉
    〈しあわせは河太郎さんにハガキを〉
    〈しあわせは庭のツツジの丸い影〉
    〈しあわせはボロ雑巾のほつれ糸〉

    しあわせは意外なところにもあるのですね。
  • 野原 萌  2016/06/23 22:43
    ★イントロでおもいおもいの息を吐く 松原房子
     なるほど。
     イントロの何秒間かにそれぞれの息。映像にしたら面白そうですね。


    ★お届けます。川柳「しあわせシリーズ」 3  

      ・しあわせはいつも母の日母の顔

      ・しあわせは手もみ手もみの新茶なり
     
    利一さんのお顔がほころんでいますね。
  • 田村ひろ子  2016/06/24 00:17
    ◆イントロでおもいおもいの息を吐く 松原房子
    おもいおもいの息がピッタリ合う不思議!!

    ◆☆お届けます。川柳「しあわせシリーズ」 3  黒川利一

    〈しあわせは庭のツツジの丸い影〉
    〈しあわせは青大将に背を向ける〉
    〈しあわせはボロ雑巾のほつれ糸〉
    〈しあわせは両手でくぐる縄暖簾〉
    〈しあわせは思い思われ初鰹〉
    川柳を通して、色色な方方との出会いの素晴らしさを感じます。
  • 大西俊和  2016/06/24 04:22
    芸術の金の卵に壁を貸す 光源氏

    貸した壁から金の卵が増殖しそうですね。

    ☆お届けます。川柳「しあわせシリーズ」 4  黒川利一


    〈しあわせは次から次と焼きあがる〉
    〈しあわせは吾を叩く蝿を叩く〉
    〈しあわせは蛍も僕も泣いている〉
    〈しあわせはあざみの嘆き知っている〉
    〈しあわせは幸せからは来てくれぬ〉

    しあわせ、どんどん進化しそうですね。
  • 田村ひろ子  2016/06/24 09:04
    ◆芸術の金の卵に壁を貸す   光源氏
    おおらかな気持ちで「落書き」を受け止めているレンガ塀。
    金の卵ちゃんたちに、その気持ちが伝わるといいですね。


    ◆☆お届けます。川柳「しあわせシリーズ」 4  黒川利一

    〈しあわせは幸せからは来てくれぬ〉
    〈しあわせはコロボックルに蕗の傘〉
    〈しあわせはちょっこり僕の横に座す〉

    コロボックル・・・大好きです。
  •   2016/06/24 22:45
    ☆ 指示無視して着いた誤字の街    日和
    誤字の街のシュールな響きがとてもいいですね。


    ☆お届けます。川柳「しあわせシリーズ」 黒川利一
     利一さん
    ・先日は某句会の帰路久々にいろいろ話せてよかったです。

    ・名古屋ゼミ15年はすごいなあ。立ち上げの時は一緒だった し懐かしいです。

    ・「川柳なごや」は私も初心の頃お世話になりました。

    ・河太郎さんは気さくで私も尊敬する人生の大先輩です。

    ・「しあわせシリーズ」は柳誌で毎回拝読してますが、この掲示板で読むとまた新鮮でじーんときます。

    ・月曜日,NHK朝ラジオで利一さんの俳句を歩きながら聞きました。多才だね。

    ・利一さんは青年の心のまんまだなあ

    ・また愛知県内のいろいろな大会で会いましょう。

    ・<しあわせはこの世に生きている命>

    ・いい句をありがとうございました。
  • 野原 萌  2016/06/25 00:12
    ★芸術の金の卵に壁を貸す   光源氏
     岡本太郎のようにバクハツ! 出来るといいのですが・・

    ★お届けます。川柳「しあわせシリーズ」 4
    〈しあわせは雨の日心しずかなり〉
    〈しあわせは蛍も僕も泣いている〉
    〈しあわせはあざみの嘆き知っている〉
  • 大西俊和  2016/06/25 04:29
    背景にかけこみ寺がある葉書 進

    ほー、そのような葉書がありましたか。差出人は
    女性でしょうね。

    ところで進さんの川柳の背景は何なのでしょう。
    興味津々の私です(笑)。


    ☆お届けます。川柳「しあわせシリーズ」 5 黒川利一

    〈しあわせはバケツの水の美しさ〉
    〈しあわせはきびしさ夏の逃げ水よ〉
    〈しあわせは懐かしさだなブタ蚊遣り〉
    〈しあわせは鼻にツキンとかき氷〉
    〈しあわせは利一特製カレールー〉
    〈しあわせは自分にバツをつけました〉
    〈しあわせは自分の姿じっと見る〉

    しあわせに溢れている利一さんの日常ですね。
    こころを幼い幼いころに戻していくと、いっぱい
    しあわせが見つけられそうですね。
  • 坪井篤子  2016/06/25 08:59
    *イントロでおもいおもいの息を吐く  松原房子
    このイントロが歌に入り込む(情感を持たせる)時なのかも・・・。
    音痴の私には出来ない芸当ですが(笑)

    *芸術の金の卵に壁を貸す  光源氏
    なんておおらかな!百年千年後も残っていたらと想像します。

    *指示無視して着いた誤字の街    日和
    我が相方も何のためのナビなのかいつも無視して目的地まで遠回りしたりします。

    *背景にかけこみ寺がある葉書  進
    絵はがきではなく内容の事ですよね。
    視点がユニークでこの様な作品に憧れます。


    *お届けます。川柳「しあわせシリーズ」黒川利一
    何でも幸せにしてしまう利一マジック。
    良いですね~。


    ◆進さんの川柳と利一さんの「しあわせシリーズ」に勇気と元気を頂きました。
  • 田村ひろ子  2016/06/25 17:58
    ◆背景にかけこみ寺がある葉書   進
    かけこみ寺・東慶寺の絵葉書が届いたのかと、思いました。
    篤子さんのおっしゃるように「内容」だとしたら、進さんへSOSがあったのかしら。

    ◆お届けます。川柳「しあわせシリーズ」 5 黒川利一

    利一さんの「しあわせ」に通じるものが、私の中にもいっぱいあることに気づきました。
    今日の好きな一句
    しあわせはバケツの水の美しさ
  • 大西俊和  2016/06/26 04:27
    落書きのところどころにある叫び 平井美智子

    そうですね。先ず、落書きの叫びに気づくこと、
    気づいてあげることですね。


    ☆「お届けます。川柳「しあわせシリーズ」 6  黒川利一

    〈しあわせは八月の空抜ける青〉
    〈しあわせは裸足で歩く夏の雲〉
    〈しあわせは綿のハンカチ汗まみれ〉
    〈しあわせはそうめん鉢に色の麺〉
    〈しあわせは注ぐビールは五秒なり〉

    もうすぐ幸せな夏の到来ですね。利一さん、たくさんの
    「しあわせ」をありがとうございました。
  • 京都 大海幸生  2016/06/26 05:48
    利一さん、
    「しあわせ」の数々、すべて同感同感の1週間でした。
    ありがとうございました。
     
     人生はまさに幸せいっぱいの世界であることを改めて
    痛感しました。

     我が家は歳相応にふたりして病を抱え老老介護の世界
    を歩んでいます。ですから今あることが今日あることが
    唯一のしあわせです。そこで1句。

     しあわせは今さ今あることなのさ  幸生
  • 坪井篤子  2016/06/26 06:37
    *落書きのところどころにある叫び   平井美智子
    落書きって単なる落書きではないのかも知れませんね。
    書かざるを得ない叫びも混ざっていると言うやさしい気付きの美智子さん。


    *「お届けます。川柳「しあわせシリーズ」 6  黒川利一
    〈しあわせはそうめん鉢に色の麺〉
    利一さんの可愛い見つけ!
    1週間の幸せシリーズ有難うございました。
  • 田村ひろ子  2016/06/26 08:55
    ◆*落書きのところどころにある叫び   平井美智子
    「叫び」にこころをとめている、美智子お母さんのまなざし


    ◆「お届けます。川柳「しあわせシリーズ」 6  黒川利一
    利一さんの「しあわせのお福わけ」が嬉しい一週間でした。

    しあわせはいつもの朝がきてくれる  利一

    本当にその通りです。
    利一さんありがとうございました。
  • 野原 萌  2016/06/26 09:48
    ★背景にかけこみ寺がある葉書  進
     はがき一枚の裏表。
     たった一枚だからこそ 込められた思いがある葉書。
     そこをきちんと見ておられる目に感動致します

    ★落書きのところどころにある叫び   平井美智子
     「叫び」いいですね。ヒリヒリと伝わります
     
    ★「お届けます。川柳「しあわせシリーズ」 6 
      *しあわせはポーンと開く蓮の花
      *しあわせはいつもの朝がきてくれる
      *しあわせは生きる喜び知っている
    しあわせとは、ささやかな日常の中にふっと「幸せの目」とめること。
    ・・利一さんのしあわせシリーズから思いました。
  • 丸山 進  2016/06/26 11:55
    ☆落書きのところどころにある叫び   平井美智子
     落書きの中にこそ悲痛な本音があるように思います。

    ☆「お届けます。川柳「しあわせシリーズ」 6 
     〈しあわせはいつもの朝がきてくれる〉
    朝がいつものように来てくれるとほっとします。
    利一さん、「しあわせシリーズ」ありがとうございました。

    ☆背景にかけこみ寺がある葉書  進
    俊和さん、篤子さん、ひろ子さん、萌さん、暖かい感想やコメントありがとうございました。
    青年時代、横浜に住んで居たので鎌倉の東慶寺(俗称、駆け込み寺)は散策コースにあったのでよくいきました。あじさい寺としても有名です。ごく普通の暑中見舞いのよいな便りが駆け込み寺の絵ハガキで来たら、自分はどんな心理状態になり行動するか、しないかそんな妄想を詠んでみました。
  • 蓮子  2016/06/26 22:19
    ★落書きのところどころにある叫び  平井美智子
      そう、叫びがみえるのだ❗

    ★利一さんの「しあわせシリーズ」
      なんともすてき✴✴✴✴✴
     しあわせはいつもの朝がきてくれる
     
      いっぱいしあわせをもらいました。ありがとうございます。
  • 大西俊和  2016/06/27 04:39
    悪妻を宣言 伸びる万歩計 森下綾子

    そうそう。悪妻もまた良し。熟年夫婦には、お互いの
    自由が大事ですね。


    「すっぴん」 海月

    ほー、ご主人が化粧をすることを好まない・・・海月さんは
    すっぴん美人なんですね。近くに行くことがありましたら、
    そっと覗きたいです(笑)。
  • かぐや姫  2016/06/27 05:18
    すっぴん海月さんの潔さに拍手♡
    与えられたものに自信を持つことの大切さでを思います。
    お化粧の代わりに美しいお人柄が現れるのでしょう。

    綾子さんのように
    私もしっかり歩きたいです!
  • 海月  2016/06/27 06:26
    おはようございます

    不肖ワタクシメのへたっぴエッセイの始まり始まり~~~。
    お見苦しいと思いますが一週間どうぞお付き合いくださいませ。

    大西様、かぐや姫さま、早速のコメントをありがとうございます。
    大西さん、不意打ちで現れたらひっくり返るかも!?実の母親でさえ何処かのおっさんを娘と間違えたことがあるほどです。(悲)
    かぐや姫様、いつもやさしい言葉かけをありがとうございます。(涙)気分が悪くなるので、私はほとんど鏡を見ることがありません。
  • 黒川利一  2016/06/27 06:57
    「川柳しあわせシリーズ」への身に余るコメント、康浩さん、海月さん、のぶえさん、俊和さん、萌さん、ひろ子さん、篤子さん、進さん、蓮子さん、まとめてありがとうございました。そして、一週間駄句、駄文にお付き合いいだだきました皆様ありがとうございました。
    幸生さん、奥様の看病お疲れのでませんよう。他のことは手抜きをしていいですよ。
    庭のあじさい、今年はしっかり花をつけてくれました。昔ながらの青いあじさいが好きで、若いそれを小さな花瓶にさして愛でています。青のグラディエーションがそれはそれは美しい。神の造形ですね。花瓶の花、だいたい3,4日毎に水を替えたり、ちょっと萎れると枝先を水切りしたりして、何と長いもので約3週間元気です。驚いています。あと何日元気でいてくれるかな。たのしみです。
    津島、今日は晴れ。これから菜園に行きます。昨日じゃが芋を収穫しました。スーパーの大きい袋に7個。「花が終わったら収穫」と言われていますから、かなり遅れ気味、心配でしたが、「大」は少ないがわりとちゃんとしたそれでした。ほっとしています。うれしかった。では、また。
  • 田村ひろ子  2016/06/27 09:00
    ◆悪妻を宣言 伸びる万歩計   森下綾子
    綾子さんは優しい方ですね。わざわざ「悪妻宣言」をなさるなんて・・・。なにも宣言しないで「わが道」を歩む妻も多いですよ。

    ◆「すっぴん」 海月
    海月さん、おはようございます。
    今週も海月さんの楽しいお喋りを伺えるのですね。よろしくお願い致します。

    「すっぴん」で過ごしていらっしゃる海月さん、きっとピカピカのお肌ですね。羨ましいです。

    私も朝食までと夕食後はすっぴんですが、その中間は肌をかくしてます。盛岡育ちのせいか「雪焼け」はしないのですが、関西の強い日差しには弱く、赤みと痒みがでてきます。月一回は皮膚科の検診を受けて、日差し避けの大きな帽子と日傘、そしてファンデーションで皮膚をカバーしてます。
    ・・・不便な肌ですが仕方がありません。
    海月さんは、いいな~。
  • 野原 萌  2016/06/27 11:54
    ★悪妻を宣言 伸びる万歩計   森下綾子
     伸びる万歩計 が巧み。
     よっしゃ!私も宣言しよぅ~っと。
     「宣言せんでも、しっかり・・してはりまっせ」と主はにんまり。

    ★「すっぴん」
    イェ~~イ! 海月さん「すっぴん、万歳!」
    ウチのダンナサンも化粧が嫌いで厭がります。それをいい事、に 洋裁の仕事の関係で生地を汚さないように、家ではノーメイクが当然です。でもこの頃紫外線がきつくて、外出の時は時々タヌキになっています。

    ひろ子さん、
    「雪焼け」はしないのに…(略)
    肌が白くていらっしゃいますもの。大変ですね。お大事に。

    ★利一さん
    じゃがいも 沢山収穫できて良かったですね。
    菜園は楽しいですね。頑張ってください。
  • 海月  2016/06/27 12:12
    ひろ子様、コメントありがとうございます。

    ピカピカの肌というより脂ぎって赤銅色というのがズバリな表現でしょうか。
    夫から、サイの皮膚、ワニの胃袋、トドの体形、と3種の称号をいただいているワタクシです。(悲)
    柔肌の夫からするとただひたすらに頑丈そうに見える私はうらやましいのかもしれません。
    ひろ子さまのイメージはモネの日傘の貴婦人、もしくは深窓の麗人といったところでしょうか。透き通るように白い肌とほっそりした優雅なお姿が見えます。こちらのほうこそ、うらやましい~~~~~いいな~~~~です。

    萌さま、コメントありがとうございます。
    昔々、ある結婚式に呼ばれ知り合いになったばかりのお化粧品屋さんの方に「お化粧は任せてください」と言われ一任したことがあります。「終わりました。どうですか?」目を開けたらそこに私はいませんでした。タヌキというよりお化け。完全なぬり絵でしたね~~~。怖かったです。

    利一さま
    じゃがいも、うらやましいです。
  • 坪井篤子  2016/06/27 14:06
    *悪妻を宣言 伸びる万歩計  森下綾子
    腹が立ったら歩きましょう
    プンプンプリプリだんだん落ち着いてきました
    さあお家に帰りましょう
    にっこり「ただいま~」


    *すっぴん  海月
    すっぴんで居られるとは羨ましいです。
    敏感肌でいつもヒリヒリピリピリし、塗りたくって壁をつくらなければならない情けない毎日です>ω<
    日焼け止め類がこれまた肌に合わないので・・・。
    海月さんはつるりんとした色白お肌ではないかとお名前から想像しております。
    数少ないすっぴん派、お大切になさいませ。
  • 海月  2016/06/27 16:38
    篤子様、コメントありがとうございます。
    う~~~ん。。。やはり「すっぴん」の持つイメージは新垣結衣さんのイメージだったかもしれませんね~~。
    何気なく書いた文から今はちょっと後ろめたい気分に陥っています。(笑)
    有体に申しますと毛穴が目立つ色黒と言うところですが、自分ではまぁ見えないので、ワタクシを見るすべての方にこの場をお借りして謝っておきます。
    先日息子の結婚式のとき、美容院の方に「とにかく目立たないようにお願いします」と注文をつけたら本人の顔色より黒く、口紅は茶色でした!弟から「やけにアンタ今日は色が黒いね」と言われてしまいました。うぇ~~ん。。。

    名前のイメージから篤子様が色白を想像してくださるなら、ウツボに変えようかなと思います。(海月も大好きですがウツボにも恋しているので)
  • 坪井篤子  2016/06/27 17:45
    お知らせ

    7月とことん句会のご投句受付中です。
    雑詠1句を6月30日(木)深夜までにお願いいたします。
    投句先は「とことん掲示板」をご覧ください。

    投句受付のお知らせが遅れた事、お詫び申し上げます。
    日にちがあまりありませんがご投句の程、
    よろしくお願いいたします。
  • たんばらのぶえ  2016/06/27 23:26
    ☆背景に駆け込み寺がある葉書 丸山 進

    サスペンスのような・・・何だか不思議な光景が浮かびました。何を伝えたくて送って来た?葉書でしょうか? 進さんならではの句のようで感服です。

    ☆落書きのところどころにある叫び 平井美智子

    心なき落書きは許せない気がしますが落書きをしないで居れなかった人の心の叫びに優しい美智子さんはそっと耳を傾けられたのでしょうね。

    ☆悪妻を宣言 伸びる万歩計 森下綾子

    綾子さん潔いね!悪妻を宣言してすっきり!(笑)あなたらしくて素敵!颯爽と前を向いて歩くあなたに親友として乾杯でーす。

    黒川利一さま
    利一さんには「川柳大学」時代の頃に何度かお目にかかりましたが「川柳しあわせシリーズ」の一句一句を暖かい思いで拝見しながら利一さんの笑顔を思い浮かべて居りました。素晴らしい句ばかりで折に触れ暖かい句を読み返させて頂きたいと思います。ありがとうございました。
  • たんばらのぶえ  2016/06/28 00:06
    ☆すっぴん 海月

    うわー!海月さん結婚されたご主人の好みに合わせてずっとすっぴんを通されているとか素晴らしいですね! 私の主人は海月さんのご主人さまとは反対派?で「僕が起きた時にはせめて口紅だけでもちゃんとつけていて欲しい」と結婚当初から言う人だったので主人が42才で亡くなるその日まで主人が目を覚ました時には(最後3カ月、病院の個室で一緒に生活していましたので)薄化粧と口紅は引いていました。 紫外線に弱い上に過敏症で冬以外は外出の時は日傘なしでは出かけられないしファンデーションは塗れませんが主人が居なくなった後もすっぴんではとてもとても・・・(笑)ずーっとすっぴんで通される海月さんが羨ましいです。ツルツルピカピカ健康的で素敵な笑顔の海月さんが浮かびます。 海月さんの楽しいエッセイ一週間、楽しみにしています。
  • 大西俊和  2016/06/28 04:44
    理不尽に耐えて立ってる壁もまた レイ子

    そうでした。どんな時も壁も柱も垂直に。
    美しい垂直!


    「5月の鬱」

    今年は5月を乗り越えられて、大きなイベントにも
    参加されたとのこと、良かったですね。

    苦手な月、私にもあります。3月です。花粉症に
    悩まされますし、体調を崩すことが多いです。
  • 坪井篤子  2016/06/28 04:49
    *理不尽に耐えて立ってる壁もまた  レイ子
    落書きされての物を投げつけられても立っている壁。
    「壁もまた」で人生が重なりますね。

    *5月の鬱 海月
    毎年恒例の国際センターでの大イベントも今年で62回目だったのですね。
    2年続けてのご病気、お辛かった事でしょう。
    今年は大きな行事の後、無事乗り切られたとの事、良かったです。
    前向きに頑張っておられる海月さんは素敵です。
  • かぐや姫  2016/06/28 05:05
    海月さんの5月は試練の月だったのですね。今年は無事に乗り越えられてよかったです。この調子で恙無く今年を送ることができますように!

    レイ子さんの作品を拝見して自分も壁のようなものかもしれないと思ったことでした。今日もがんばって立つぞ〜?
  • 海月  2016/06/28 05:33
    おはようございます

    のぶえさま、コメントをありがとうございます。以前も書きましたがご主人を早く亡くされてがんばっていらっしゃるのぶえさんには本当に頭が下がります。そしてご主人様の意を汲んで妻へのあこがれのままこの世を旅立たれたご主人様。今でもきっとのぶえさんのお美しい姿を心に焼き付けていらっしゃることでしょうね。お話のイメージからのぶえさんが竹下夢二の描く女性とかぶりました。にしてもこの時間に起きていらっしゃるとは夜がお強いのですね。私は9時が限界で、どうかすると8時には寝てしまいます。
  • 海月  2016/06/28 05:43
    皆様、朝がお早いのですね!
    私はだいたい9時には寝ますので5時には起きますが(最近またとみに眠くてよく寝ますね~~)皆様からの早いコメントにびっくり!&うれしいです♪

    大西様、篤子様、かぐや姫様、コメントをありがとうございます。

    大西さんの苦手な月は3月ですか。でももう過ぎましたね!これからはきっといいことばかりです♪

    篤子様、お詳しい~~(笑)次は9月で役員をしている主人は1年中ふりまわされています。回数も増え、けっこういろいろなことがありました。このご時勢先行き不透明ですがなんとかがんばれたらなあと思っています。

    かぐや姫さま、いつもありがとうございます♪
    1年のスケジュールが決まっているとそれに追っかけられている気もしますが、できるだけ自分を見失わないで過ごせていけたらうれしいですね。

    皆様も想いは多々あると思いますが、がんばってください。応援しています。
  • 田村ひろ子  2016/06/28 12:46
    ◆理不尽に耐えて立ってる壁もまた  レイ子
    いつも優しい微笑みのレイ子さんの「壁」へのいたわりを感じました。

    ◆5月の鬱  海月

    その時その時の不思議ないい出会いにめぐり合うことも出来ます。小さな町の小さな店でじっとしてたらやはり出会えない出会い。

    本当に、その通りですね。これからも「不思議ないい出会い」が、つづきますように!!
    この「ゆうゆう夢工房」の出会いも「不思議ないい出会い」だと思っております。
    いつの日かお目にかかれたら嬉しいです。
  • たんばらのぶえ  2016/06/28 14:25
    ☆理不尽に耐えて立ってる壁もまた レイ子

    落書きをされても汚されても理不尽に対してじっと黙って耐えている壁を優しく思いやられるレイ子さん! 壁もまた・・・人もまたそして優しいレイ子さんもでしょうか?


    ☆5月の鬱 海月

    私は海月さんのお仕事の内容は知らないのですが2年も体調を崩されいた中をご主人とご主人ご一緒に頑張られて来られたのですね・・・。大変でしたね!頭が下がります。でも、もう鬱の5月は過ぎました。これからは海月さんの季節ですよ。 すっぴん美人で頑張って下さいね! これからも沢山の素敵な出会いがありますように・・・。いつの日か私も海月さんにお会い出来る日が来ますように!

    海月さんありがとうございます。「竹久夢二」のイメージなんて・・・うわあ!勿体なくて怖れ多いですが「嬉しい〜!」が本音?(笑)私は仕事は毎日和服ですが「竹久夢二」の女性は憧れなので・・・。海月さんにお会いするのが怖くなりましたが・・・(笑)
  • 海月  2016/06/28 14:32
    ひろ子様、コメントをありがとうございます。

    仕事がらどちらかと言えば社交的で聞き上手なほうだと思いますが、一人の時はあまりしゃべらなくてもすむワタクシです。忙しいのは嫌いじゃないのですが、現在の生活がちょっといっぱいいっぱいな感じもあり新しい境遇に昔ほど関心がありません。「夢工房」にお集りの方々は句会なども通してたくさんの親しい知人がおありだとお察しいたします。

    私も鳥かごの扉を少し開けてみようかな~~と思わないでもない昨今ですが、やはり臆病者でめんどくさがり屋なので半径500メートルくらいをウロウロしているほうが性に合っているのかもしれません。

    ひろ子様は、あこがれの存在です。あこがれの存在の方が多すぎますね。ため息です。
  • 海月  2016/06/28 14:50
    のぶえさま、コメントをありがとうございます。
    皆さんがお優しいコメントをくださるので、ついつい調子に乗っておしゃべりしすぎるワタクシですがお許しくださいませ。
    ネット句会などにかかわるようになって10年の月日が流れましたが本当にいろいろたくさんの体験をしたな~と思います。10年間すべてネットの中だけの世界です。実際の句会などに出かけたことは一度もありません。表彰式だけは地元であったときに一度だけ参加したことがあります。生というのはなんだか照れくさいです~~。(シャイなの、私)

    ビジュアルとイメージって、なんかすごいですよね!
    イメージはイメージのままで。。。というところがあります。
  • おさ虫  2016/06/28 20:57
    ◆ 5月の鬱    海月
    謎の女「海月」さんも、これまでのエッセイやコメントでだいぶ分ってきました。
    九州に住んでる籠の鳥・・年は60代・・すっぴん美人・・文才があって般若心経を唱える才女?・・
    まだ分らないのは、真顔、本名(以前にちらっと出たかも?)、そして川柳のホントの雅号。
    棲んでいる処が籠なので、句会ではまずお目にかかれない珍鳥みたいですが、明日からまた楽しいお話を聞かせてください(^.^)
  • 野原 萌  2016/06/29 00:43
    ★理不尽に耐えて立ってる壁もまた  レイ子
     理不尽に耐えて・・・云云。無言のまま凛とまっすぐに!
     壁もまた・・・云 強い決断秘めている作者。

    ★5月の鬱
     体調の不調は思いの外つらい物ですね。
     周りも並行して加齢していきますしネ。今まで頼りにしていたのに・・・。
     時々それも成らなくなる
     でも根っからの明るい海月さんの事。益々、良い出会いを一杯広げて行かれそうです。
     頑張って!
  • かぐや姫  2016/06/29 04:05
    海月さん、頼もしい末っ子さんはこれからもご活躍が楽しみですね。暖かい家族の後押しがあってこその今でしょう。お父さまお母さまも元気でいなくてはね。応援しています♪

    なみさんの一句、万感の思いがあふれていますね。よ〜く分かります。人生の一大事も、こんなふうにやさしく読めるんだなぁと思いました。
  • 大西俊和  2016/06/29 04:31
    おとうさんがおじいさんになる今夜 安藤なみ

    おめでとうございます。初孫さんの誕生ですね。
    そして、おとうさんはおじいさんに昇格(笑)。


    「就職」 海月さん

    「よかったねぇ。挫折は大事だよ。挫折するたびに強くなれるはずだよ」・・・息子さんも海月さんも偉いですが、お父さんも偉い!素敵な遺伝子が親から子へ、親から子へですね。
  • 海月  2016/06/29 05:03
    おはようございます
    今週は皆様からのコメントが本当に楽しみな1週間になりそうです。本当にありがとうございます。

     おとうさんがおじいさんになる今夜  安藤なみ

    共感です!なんてやさしい表現でしょう。わが家の夫も寄る年波ですっかり外見はおじいさんになってしまいましたが、本当におじいさんに昇格する(大西様のことばをお借りして)ことが出来ました。感謝感謝です。

    おさ虫さま、コメントをありがとうございます。
    お体の方はもう大丈夫ですか?おさ虫さんといえばせんまがの特選コーナーで拝ませていただいた超イケメンの顔が浮かびます。(笑)せんまがでは投稿していた5年間の間に2回だけ特選に選んでいただき、万が一その中の特選に選んでいただいたりしたら出す写真がないからと本気で悩んでいたことがあります。幸せものですね~~。
    さすがのコメントをありがとうございます。残念ながら正解は九州に住む60代と言うところだけですね。真顔は永遠に知らない方がおさ虫さんのためです。本名はたま~~に入選したときなんかに出てることもありますがほとんどはその時思いついた適当なPNです。
  • かぐや姫  2016/06/29 05:15
    海月さん、頼もしい末っ子さんはこれからもご活躍が楽しみですね。暖かい家族の後押しがあってこその今でしょう。お父さまお母さまも元気でいなくてはね。応援しています♪

    なみさんの一句、万感の思いがあふれていますね。よ〜く分かります。人生の一大事も、こんなふうにやさしく読めるんだなぁと思いました。
  • 海月  2016/06/29 05:24
    萌さま、コメントをありがとうございます。

    はい。頑丈だけがとりえだったワタクシも夫の言う「鬼の霍乱」だけではすまないようになりました。みんな年と上手く相談しながら棺桶に入る日までがんばらなくてはいけませんね。
    萌さんは洋裁をなさるのですね。ウチの母も台湾から引き上げ手に職をつけるため洋裁学校へ通いいまだ現役。(65年くらい?)たぶん倒れる日まで現役だと思います。何せ回遊魚ですから止まったら死ぬと言っています。

    かぐや姫さま、コメントをありがとうございます。
    やはり末っ子はちょっと甘い気がします。でも家に若い人がいるだけでなんとなく活気付く感じが気持ちいいです。彼が結婚するまでは家にいそうなのでそれまで楽しみたいと思います。

    大西様、コメントをありがとうございます。
    父は静かな人でいつも的確なアドバイスをしてくれます。以前「何も親孝行が出来なくてごめんね」と言ったら「親に愛情を返すのではなくて子供を一生懸命育てることが一番の親孝行になる」と言ってもらったことがあり肩の荷が降りるような気がしました。ありがたい存在です。
  • 坪井篤子  2016/06/29 11:35
    *おとうさんがおじいさんになる今夜  安藤なみ
    お産は男親にとってどうする事もできなくてウロウロするばかり。
    「今夜」に期待とドキドキ感が伝わります。

    *就職   海月
    末っ子さんのご就職おめでとうございます。
    内定を4つももらい、一番行きたい所に入社されたとの事、
    親としては何より嬉しいですね。
    息子の就職にハラハラドキドキした事を思い出しました(笑)。
  • 田村ひろ子  2016/06/29 11:55
    ◆おとうさんがおじいさんになる今夜  安藤なみ
    おかあさんがおばあちゃんになる、素晴らしい誕生の「今夜」サラリと詠まれていますが、ドキドキします。

    ◆就職   海月
    産婦人科のお医者様、お父様・・・ご相談していた海月さん、悩まれた様子がよく伝わってきました。
    静かに、しっかり海月さんを受け止めてくださるお父様のことば「親に愛情を返すのではなくて子供を一生懸命育てることが一番の親孝行になる」素晴らしいですね。
    両親も兄もつれあいも亡くした私にとって、お父様は羨ましい存在です。
    内定を4つももらった末っ子ちゃんも海月さんの心を受け止めて前向きに歩まれていらっしゃる、ご様子・・・良かったですね。
    ほっとするエッセイをありがとうございました。
  • 海月  2016/06/29 20:18
    篤子様、コメントをありがとうございます。
    一件落着と思ってもまた次の問題が。。。そうやって日々追われて過ごすのが人生なのでしょうね。ため息。

    ひろ子様、コメントをありがとうございます。
    今このありがたい境遇に心から感謝しています。
  • たんばらのぶえ  2016/06/29 21:33
    おとうさんがおじいさんになる今夜 安藤なみ

    ひろ子さんがおっしゃっている「おかあさんからおばあさんになる今夜」
    さりげなく初孫ちゃん誕生のドキドキとする喜びと幸せを感じられる句ですね。おかあさんからおばあさんになる経験をしていない私には実感がありませんが姪のお産にずっとついていたので赤ちゃん誕生を待つドキドキ感と幸せ感は伝わってきました。心がホッと暖かくなりました。


    ☆就職 海月

    末っ子さんのご就職おめでとうございます。4箇所も内定が決まりその中で一番希望の所へ決まられたそうでほんとうに良かったですね!素晴らしいスタート海月さんの母親としての喜びが伝わってきました。
  • 森下綾子  2016/06/29 21:58
    拙句に素敵なコメントを下さいました
    俊和さん、かぐや姫さん、ひろ子さん、萌さん、篤子さん、のぶえさん、
    有難うございました。
    お礼の言葉が遅れました事、お詫び申し上げます。

       悪妻を宣言 伸びる万歩計   森下綾子
  • 野原 萌  2016/06/29 22:50
    ★おとうさんがおじいさんになる今夜  安藤なみ
    嬉しいお父さんのドキドキが。そしておばあさんになる喜びが伝わります。夫への思いやりが良いですね。あったかい。

    ★就職
    末の息子さん、ご機嫌よくお仕事に励んでいらっしゃる事でしょう。
    素敵なお父様ですね。お母様は、今も現役でお仕事されておられるとか!?
    ”目指せ先輩” 声挙げて頑張ります。
  • 丸山 進  2016/06/29 23:22
    ☆おとうさんがおじいさんになる今夜  安藤なみ
     こういう表現があったかとうなるばかりで、言葉になりません。グーです。

    ☆就職   海月
    海月さん、親子で頑張っている姿にとても感動しました。こうして一歩ずつ階段を上がって歳を重ねていくのですね。元気をもらえるエッセイありがとうございます。
  • かぐや姫  2016/06/30 04:20
    海月さん、お元気なお父さまとお母さまは海月さんの存在があってこそですね。私も親孝行しなくちゃ…。みなさまで健やかに穏やかに良い時間を重ねられますように。

    蓮子さんの一句は私自身のことのようです。今日はもう少し優しくなろうと思いました。
  • 大西俊和  2016/06/30 04:52
    もう少し優しくなればいいのです 蓮子

    ほんの少しの優しさと優しさがあれば
    人間関係もピンクの蕾になりますね。


    「米寿の会」 海月さん

    「米寿の会・結婚式と続くハードな日程に高齢の両親が心配でしたが、食事も完食。楽しいひと時を過ごすことが出来ました」

    嬉しいことのダブルのお祝い会、良いですね。なかなか全員集合の難しいご親族が集まっての賑やかな楽しい会だったことと思います。6時間かけての海月さんが訪問される水曜、ご両親の大きな支えになっているように思います。
  • 海月  2016/06/30 06:10
    おはようございます

     もう少し優しくなればいいのです  蓮子

    これがなかなか難しくて。。。「私ってかなり意地悪」と思うことしょっちゅうです。。。。。

    のぶえさま、コメントをありがとうございます。
    前半は全ボツだったので本当にどうなるのかな~~と気が気ではありませんでした。でもどうやらこの全ボツが呑気な彼のお尻に火をつけたようです。

    萌様、コメントをありがとうございます。
    社会人として何もかもが新しく家に帰ってきてからもわりによく話をします。少し甘ちゃんなところもありますのでやんわり叱咤激励しています。

    丸山進さま、コメントをありがとうございます。
    読んでいただき大変うれしく思います。日々小さなできごとの積み重ねですが丁寧に積木を積んでいけたらいいなと思います。

    かぐや姫様、コメントをありがとうございます。
    最早ルーティーンとなった毎週の実家。楽しみにしているのは本当は私自身なんだな~~と気づいています。
  • 海月  2016/06/30 06:15
    大西様、コメントをありがとうございます。
    はい。もうこのようなハードな日程は今後ないと思います。ふりかえれば夢のような時間でした。次男が結婚するのはいつかな~。(まだ彼女もいません)その頃みんな元気にしているでしょうか。

    ひろ子様、web句会トップおめでとうございます!!
  • 坪井篤子  2016/06/30 08:41
    *もう少し優しくなればいいのです  蓮子
    優しさの押し売りは迷惑がられますし、そっとして居れば冷たいと。
    もう少しが曲者なのです。ね、蓮子さん。


    *米寿の会  海月
    ご両親揃っての米寿の会、おめでとうございます。
    お元気で現役中のお母さま、
    穏やかなおとうさま、
    次の記念日が待たれますね。
  • 田村ひろ子  2016/06/30 09:36
    ◆もう少し優しくなればいいのです  蓮子
    分かっているのですが・・・そうできない日があります。
    これから気をつけます。
    蓮子さんのアドバイスをこころに・・・。

    ◆米寿の会  海月
    米寿の会・結婚式と続くハードな日程を楽しく過ごされたご高齢のご両親、海月さんの優しい心配りにつつまれて、幸せいっぱいの笑顔だったことでしょうね。
    10月には、ぜひ「ともに88歳!!」のお祝いを!!!!!

    海月さんのメッセージで句会の結果を知りました。ありがとうございます。
  • 野原 萌  2016/06/30 09:59
    ★もう少し優しくなればいいのです  蓮子
     そうよ。こんなにたやすい事なのに。
     それが・・・たやすくない日が多くて困ります。
     でも、ほんの少し、もう少しを思う事に致しますね。

    ★米寿の会  海月
    遠い所にお住まいのご家族が集うのは大変ですけどその分、楽しみも喜びも大っきくていいですね。
    それにしても、
    「活火山の母、休耕田の父」のご表現。すっと目に浮かびほっこりしました。ほほえましい名コンビでいらっしゃいますね。きっと。
  • 海月  2016/06/30 12:13
    篤子様、コメントをありがとうございます。
    二人暮らしの両親なのですが、あまりおさんどんをしない母が「お父さんは食べない食べない」とよくこぼすのですが、おいしい食事はほっておいても全部食べるということを証明してしまいました。環境が少しくらい変わったほうが食欲も出るのでしょうね。

    ひろ子様、コメントをありがとうございます。
    昨日も実家へ行ってきましたが、母は相変わらずものすごいパワーで動き回っています。父の分のパワーも絶対盗んでいますね!

    萌さま、コメントをありがとうございます。
    実は、女帝のような母、腹心のような父と書いていたのですが、帰りのバスの中でふとひらめき、帰宅してから「活火山」と「休耕田」に書き換えたのでした。言いえて妙とわれながら感心しましたので(笑)。ほっこりしていただけてうれしいです(^^♪
  • たんばらのぶえ  2016/06/30 22:59
    ☆もう少し優しくなればいいのです 蓮子

    もう少しもう少し?・・・ですね。厳しさがあってこそほんとうの優しさのような気がします。ふわ〜っと優しくなりたいですね。


    ☆米寿の会 海月

    「活火山」のようなお母様そして「休耕田」のようなお父様(海月さんの上手い表現に思わずにっこりしてしまいました。)お二人お元気で仲良く揃われて「米寿」のお祝いを迎えられお幸せですね!毎週6時間もかけてご両親に会いに行かれる海月さん!ご両親の何よりの励みになって居られると思います。
    10月にはまた仲良く88才のお祝いを!
  • 安藤なみ  2016/06/30 23:00
    かぐや姫さん, 海月さん、田村ひろこさん、たんばらのぶえさん

     コメントありがとうございます。おかあさんはすっごくあとから、おばあさんになると思っています。出産する娘に付き添っていたとき、私は変わってやりたいと神様にお願いしました。
  • 安藤なみ  2016/06/30 23:15
    坪井篤子さん

     私の父は、もの静かで黙って見守るタイプでした。男性になったことがないので、その心は全くわかりません。初孫を産む私をどう思っていたのでしょう。
  • 安藤なみ  2016/06/30 23:24
    野原 萌さん

     夫へのおもいやり、萌さんらしいです。うらやましい!!
  • 安藤なみ  2016/06/30 23:33
    大西さん、丸山さん

     コメントをありがとうございます。

     大西さんのユーモアには脱帽、はるか昔のおはなしです。
     
     大西さんも丸山さんも、そのときの気持ちは、おじいさんになるとは考えてなくて、
     不安だったのでは、とおもいます。
  • かぐや姫  2016/07/01 04:16
    海月さんの「創作は欠かせない日々の清涼飲料水」という気持ちがいいなぁと思いました。私も似たような気持ちで投稿を始めたのでした。楽しみながらマイペースでゆったりと長くつき合っていきたいですね。今日もワクワクライフになりますように♪

    ひろ子さん、毎日ミニトマトと向き合っているので青いままのトマトの声が聞こえるような気がしました。今日一日ずっと頭の中でリフレインされそうです^^
  • 大西俊和  2016/07/01 04:39
    納得のできぬトマトは青いまま 田村ひろ子

    トマトの具象がとても効果的な句ですね。
    青いけれど、少し赤いところもあるトマト
    を思い浮かべています。


    「川柳歴」海月さん

    「昔から書くことは嫌いじゃなかったので、30年ぶりくらいに書きたい情熱が戻ってきた感じ?」・・・お母さんが活火山とのこと。海月さんも眠れる休火山から活火山になられた感じですね(笑)。これからもずっとあっちこっちでマグマを噴出して下さいね!
  • 海月  2016/07/01 06:09
    おはようございます

    納得のできぬトマトは青いまま  田村ひろ子

    改めて句会トップおめでとうございます。ひろ子さんの作品は本当にあちらこちらで目にいたしますが、どの作品も深いです。表面をさらっとしか生きていない私にはなかなか読みこめない作品も多々ありますが。。。。。

    のぶえさま、コメントをありがとうございます。
    87歳の現在も何とか二人で「膝栗毛」のように暮らしています。ありがたいです。何とかこのまま100歳くらいまで。。。。。贅沢な希望です。

    かぐや姫様、コメントをありがとうございます。
    私よりたぶん10年は早く川柳世界に目覚めたかぐや姫様。思えば私はかぐや姫様の背中を追って川柳を書いていたのかもしれません。

    大西様、楽しいコメントをありがとうございます。
    始めたころの熱い情熱はもうだいぶ枯れてきました(笑)。でも言葉は一生遊んでくれますよね。これからも細々とずっと続けて楽しみたいと思っています。
  • 一歩  2016/07/01 10:37
    ◎納得のできぬトマトは青いまま  田村ひろ子
    納得できない苛立ち、頑固さを通すのもいい、男らしい。が、時が経てばおさまる、変わるかも。(先ほど、鉢植えの赤くなったミニトマト食べました)

    ◎「川柳歴」海月さん
    ・コメントへの反応、とにかく速い。すごい。
    ・お子さん、父母への献身ぶり、本当にお疲れ様です。
    ・センマガ五年購読と活躍ぶり ただ脱帽です。