現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

オープン掲示板 過去ログ

どなたでも書き込んでいただける掲示板です。現代川柳の話題、イベント情報など、ご自由に利用してください。雑談もOKです。インターネットに一般公開されている掲示板ですので、個人情報の取り扱いにはお気をつけ下さい。

  • 山口一雄  2016/10/28 14:54
    あかね雲わたしを影にしてしまう  幸生

    あかね雲と影との取り合わせ。俊和さんと篤子さんのコメントで納得です(^^)
  • 田村ひろ子  2016/10/28 16:09
    ■あかね雲わたしを影にしてしまう  幸生
    「影にしてしまう」の中に、幸生さんの寂しさが伝わってきました。美しい影が夕闇にかくれてゆく・・・・・儚いものがあります。
  • 野原 萌  2016/10/28 23:36
    ★あかね雲わたしを影にしてしまう  幸生
     黄昏どきの絵のようです。
     幸生さんでしたか?女性の作者かと・・・。
  • 京都 大海幸生  2016/10/29 04:51
    俊和さん、篤子さん、一雄さん、ひろ子さん、萌さん、
     あかね雲の句に温かい言葉をかけて頂き嬉しく思って
    います。
     明日への望みを抱きながらも何もできずに影になって
    ゆくわたしを想い切ない気持でした。
     美しく読んで頂いて感謝感謝です。
  • 大西俊和  2016/10/29 06:20
    落ちつかぬやさしい言葉かけられて 黒川利一

    「落ちつかぬ」に対人関係の妙がありますね。
    ヤジロベエのように揺れて私たちは生きている
    のでしょうね。
  • 坪井篤子  2016/10/29 07:28
    *落ちつかぬやさしい言葉かけられて  黒川利一

     微妙な距離感を上手く表現されていると思います。
  • 野原 萌  2016/10/29 10:42
    ★落ちつかぬやさしい言葉かけられて 黒川利一
    思わぬ人から、思いがけぬ優しい言葉を・・・
    当たり前の事をしているだけなのに・・・
    一瞬の???
    優しい言葉を掛けられ慣れていらっしゃる、利一さんの一瞬の戸惑いが見えるようです。

    ★気のみ気のまま「想像力の限界」  金子勝昭さんより抜粋
    >すべて芸術は想像力から生れる。とくに文芸は想像力を発揮することによって奥深い作品となるし、それを鑑賞する人にも想像力が要求される。
    人と人のつきあいにも、(略)他人の迷惑をはばかったり、他人の立場を思いやるのは想像力の働きである

    人間に備わっているはずの、美しい宝物を、改めて大切に磨いていかなくちゃ!!  
    と思います。
  • 田村ひろ子  2016/10/29 15:37
    ■落ちつかぬやさしい言葉かけられて  黒川利一
    あら、利一さんはそうなのですね。
    では、明日の句会で「優しい優しいことば」をかけさせていただきます。、
  • 山口一雄  2016/10/29 16:00
    落ちつかぬやさしい言葉かけられて  黒川利一

    うきうきして落ち着かないのか、警戒して落ち着かないのか、想像が広がります。
  • 海月  2016/10/30 04:27
    落ちつかぬやさしい言葉かけられて  黒川利一

    思いがけない人から思いがけない言葉をかけられると、素直に喜ぶ前にどんな魂胆があるのかしらといぶかることがあります。それほど想定外の人もいますが、疑り深くなっている自分に気づいて少し残念な気もしますね。

    コンビニかデパ地下行くか晩ごはん 一歩

    デパ地下のほうがお財布にやさしいかもしれませんね。スーパーの試食はほとんどしませんが(すると絶対買ってしまうので)知り合いになってしまった方からはいろいろ食べさせてもらってそれだけでお腹がいっぱいになることがあります(もちろん結果大量買うことになってしまいます)。笑
  • 海月  2016/10/30 04:32
    川柳大学再読41号から  朝礼

    大西さんの豊かな懐と、携わっている川柳の世界を出来るだけ大切にしたい真情が伝わってきます。私などの旅人はふらりと立ち寄っては気まぐれな足跡を残すだけですが、少なくてもこちらに川柳を寄せてくださっていらっしゃる方のほとんどが毎日の川柳に気持ちを寄せてくださったら書いている方には励みになるでしょうね。実践されていらっしゃる方はいつも素晴らしいな~と思っています。拍手。
  • 大西俊和  2016/10/30 06:30
    コンビニかデパ地下行くか晩ごはん 一歩

    現在、どのようなライフスタイルかを、この十七音字が巧みに
    語っていますね。ここにはこれがあり、あそこにはあれがある・・・熟知してゆく便利さと淋しさ。
  • 坪井篤子  2016/10/30 06:59
    *コンビニかデパ地下行くか晩ごはん   一歩

    たまにある一人の晩ご飯。
    さてどうするかと考えながら選ぶのも楽しみ。
    さみしさの中にもワクワク感が伝わります。
  • 大西俊和  2016/10/30 07:02
    海月さん

    温かいお言葉、ありがとうございます。夢工房は街外れの「居酒屋」だと思っています。常連さんや一見さん、どこのだれかだんだん分ってくる人、顔は知っているけれど何処の誰か分らない人、ふらっと立ち寄られた旅人・・・ただはっきりしているのは、どなたもお酒(川柳)やお酒を飲む雰囲気(文芸)がお好きな方ということだけ(笑)。いろいろの夜がただ過ぎてゆき、いろいろの思いが流れてゆく・・・海月さん、ありがとうございます。
  • 海月  2016/10/30 08:21
    大西さん
    「居酒屋」ではありませんが、CSチャンネルで「レモンハート」というバーテンダーさんとお客さんのお話があるのですがご存知ですか?私は夫が見せてくれる番組をただボンヤリ見ているだけですがかなり内容の深いドラマです。ジントニックのお話などはとても良かったです。機会があれば、ぜひごらんください。
    夫に聞いたら今はやっていないけどユーチューブで見られるかもしれないということです。古谷三敏さんの原作だそうです。
  • 山口一雄  2016/10/30 15:49
    コンビニかデパ地下行くか晩ごはん  一歩

    単純な二者択一。ですが時としてどちらにしようかとなかなか決まらないときがあります。結局どちらでもいいんだけど、誰か決めてもらえませんか。
  • 野原 萌  2016/10/30 17:00
    ★コンビニかデパ地下行くか晩ごはん  一歩
    選の折、時事吟と思いました。
    コンビニは簡単に安価で晩御飯が手に入る。またデパ地下はタダで「お味見してください」が本当に多く、お腹が一杯になりそうです。晩御飯代わりに・・・も実際アリカモ?
    キュウイなど二分の一サイズで、しかもりっぱなスプーン付き。これってゴミだし、結局買値に跳ね返ってくるんだよね。
    ・・・そういう時代を見ておられる詠みかと・・。
    でも朝礼を読みながら、しきりに反省しました。
    読みの素直さに欠けていたようです。
  • 大西俊和  2016/10/30 18:23
    海月さん

    「Barレモン・ハート」の一話を観ることが出来ました。マスターの中村梅雀、常連のメガネさん(川原和久)、松ちゃん(松尾諭)とゲストスターとのドラマですね。カクテルやお酒の説明・紹介もあり、仮想と現実の入り混じった面白さがありました。全編を観たいと思っています。教えて下さり、感謝です。
  • 一歩  2016/10/30 21:45
    海月さん、大西さん、坪井さん、山口さん、野原さん、温かいエールをありがとうございます。
    歳をとっても日日、迷える子羊です。迷う楽しさを味わっているのかも。ではまた。
  • たんばらのぶえ  2016/10/31 00:51
    ☆あかね雲わたしを影にしてしまう 幸生

    とても美しく切ない句なので女性の方の句かと思ったのてすが・・・。幸生さんの句でしたのね。 好きな句です。

    ☆落ち着かぬ優しい言葉をかけられて 黒川利一

    思いがけない方から予想外?の言葉をかけられて少し戸惑っていらっしゃる利一さんのお顔が浮かびます。


    ☆コンビニかデパ地下行くか晩ごはん 一歩

    今日は奥様がお留守でしたのかしら? 時にはコンビニかデパ地下の晩ごはん探し?も楽しめましたか?
  • 海月  2016/10/31 04:56
    大西さん、見てくださってうれしいです。
    夫の好きな番組ですが、きっと大西さんも気に入ってくださるのではないかと思いましたので。ゆっくりじっくり味わっていただけたらいいなと思います。私にはああいう大人な深い内容を理解する能力があまりありませんので。
  • 大西俊和  2016/10/31 06:59
    海月さん

    「Barレモン・ハート」、ゆっくりじっくり味わいたいと思います。実は、10年以上週に一回ほど利用しているショットバーがあり、いろいろのカクテルを楽しんでいます。この夏は、体調を崩して禁酒でしたが、そろそろ・・・(笑)。よく飲むカクテルはジーン・ライム、マルガリーター、マティーニです。ご主人もお酒がお好きなようですね。よろしくお伝え下さい!
  • 大西俊和  2016/10/31 07:17
    アホやなぁと私を見てるタバコの火    田中 女里

    ご自宅の窓から、静かに流れる宮川を見下ろしてタバコを吸っておられる女里さんが見えます。タバコの煙との対話から、ポンポンと生れる女里川柳(笑)。
  • 京都 大海幸生  2016/10/31 08:26
    たんばらのぶえ さま
     あかね雲の句に温かいコメントを頂き
    ありがとうございました。
     萌さんもおっしゃっておられましたが
    女性的に響いたのですね。わたしにもそ
    んなところがあったなんて大発見です。
  • 山口一雄  2016/10/31 09:23
    アホやなぁと私を見てるタバコの火    田中 女里

    人生を振り返り、自分を許している女里さんが目に浮かびます。
  • うらら  2016/10/31 11:27
    アホやなぁと私を見てるタバコの火    田中 女里

    大阪弁で「アホやなあ」と言うのはホメことばだと私は勝手に思います。長い付き合いのタバコの火と「お互いにようやるわ」と思いながらずっと付き合ってゆくのでしょう。
  • 善江  2016/10/31 12:35
    『 川柳びわこ 』2016.11より


    ▽川柳は出会いであると思う。人の出会い、場の出会いである。

     そして大切なことは、とにかく素直に受け入れてみること、理解できるよう努力してみることである。

     その人にとってのいい出会いは、そこから何かが変わり、新しい何かがはじまる。


        < 編集後記:德永 政二 >

    ▽本棚から古い「番傘」を見つけた。昭和45年、大阪万博の年の4月号。
     当時 私はまだ川柳に出会っていないので、後年 先輩のどなたかに頂いたのだろう。

     同人近詠 平賀紅寿選、誌友近詠 柴田午朗選。

      <雪片や急にかたむくおとことおんな   冬二>

      などあり、暫し読みふける。

              <編集後記:峯 裕見子>
  • 森山文切  2016/10/31 14:01
    川柳塔おきなわ準備室 毎週WEB句会は現在第30会記念句会の受付中です。
    ゆうゆう夢工房でご活躍の平井美智子さんとの共選です。
    皆様のご投句をお待ちしております。

    http://senryutou-okinawa.com
  • 坪井篤子  2016/10/31 14:18
    *アホやなぁと私を見てるタバコの火  田中 女里

    止めようとしてもなかなか止められないのがタバコ。
    女里さんの自虐でしょうか。


    *昨日の「クレオ川柳大会」ご出席の皆さまお疲れ様でした。
    お目にかかれて嬉しかったです。


    田村ひろ子さんのお孫ちゃんのk君(小2)が初参加で9句の大量入選でした。
    参加者が驚き感心しきりの句群でした。
    入選句8句までは覚えているのですが「へそ」の句だけ思い出せないので
    会報が楽しみです。
    きちんとアンケートも書かれて美津子さんが大喜びでした。
    私自身、自分の孫のことのように嬉しくて頼もしかったです。
    本当に良い会でした。
  • 田村ひろ子  2016/10/31 15:53
    ■アホやなぁと私を見てるタバコの火    田中 女里
    女里さんの「アホやなぁ」は大きな大きな優しさのように思いました。色々あっても、結局はどこかで赦してしまう女里さんをもうひとりの女里(タバコの火)が「しょうがないな~」と見守っているように感じました。

    ■昨日の「クレオ川柳大会」ご出席の皆さまお疲れ様でした。

    篤子さん、昨日はありがとうございました。
    晃平はたくさん甘やかしてくださる篤子さんが大好きです。
    入選句は8句でした。「へそ」の句も入ったと勘違いしておりました。
  • 野原 萌  2016/10/31 23:03
    ★アホやなぁと私を見てるタバコの火    田中 女里
    ため息が聞こえそうな。
    でもなんだかほこほこと。

    ★「クレオ川柳大会」大盛況とか。良かったですね。
    そうですか。晃平君もご参加で、8句も抜けたのですか!?
    凄いですね。会場に明るい爽やかな風が流れた事でしょう。
    「新の会」でも、みんな虜になってしまいます。
  • たんばらのぶえ  2016/11/01 05:00
    ☆アホやなぁと私を見てるタバコの火 田中女里

    哀しい時も嬉しい時もそっとタバコに火をつけて色んな事をきっと乗り越えて来られたのだと思います。そんな女里さんの優しさも強さも、脆さも知っているタバコの火はきっと女里さんの親友なのでしようね

    ☆まだ息をしている家を置いて行く 安藤なみ

    最近何処へ行って古民家だけでなくまだ新しいようなお家も住んでいる人もいない空き家を良く見かけます。 住んでいた家にはそれぞれ沢山の思い出が生きているような気がします。そんなお家を置いて行かなければならなかったのもそれぞれの事情があるのでしようがそんな家を見るのは何故か切ないです。
  • 大西俊和  2016/11/01 08:16
    まだ息をしている家を置いて行く    安藤なみ

    想い出がいっぱいある家。少し古くなったけれど、大切に
    使えば、まだ十分生活できる家。でも、事情で出て行かね
    ばならない・・・悲しい別れですね。
  • 丸山 進  2016/11/01 10:40
    ☆あかね雲わたしを影にしてしまう 幸生
    あかね雲なら影にも淡い色を付けてくれそうに思えます。

    ☆落ち着かぬ優しい言葉をかけられて 黒川利一
    声をかけた人が気になります。同情かそれとも老いらくの恋か。

    ☆コンビニかデパ地下行くか晩ごはん  一歩
    分かります。家でカップ麺すするより夢がありセレブです。

    ☆アホやなぁと私を見てるタバコの火    田中 女里
    女里さんならではのワンシーン、タバコも句も上手いなあ。

    ☆まだ息をしている家を置いて行く  安藤なみ
    家を置いて行く事情はそれぞれ、深く切ないドラマが浮かびます。
  • 山口一雄  2016/11/01 10:44
    まだ息をしている家を置いて行く  安藤なみ

    人が生活していない家は老朽化が進むと聞きます。まだ息をしている家は、最近まで住まわれていた家なのでしょうね。
  • おさ虫  2016/11/01 17:13
    ◆ まだ息をしている家を置いて行く    安藤なみ

    「家」を他の言葉で置き換えて読んでみました。
    でも、どんな言葉を持ってきても、「まだ息を・・」がある限り悲しい響きは消えません。この言葉がこの句の決め手でしょう。
    時節柄、私は原発の被災地の家を想像しました。確かに家だけを残してみんな消えました。家たちは寂しさに日々、泣いていることでしょう。
  • 田中 女里  2016/11/01 18:47
    コメントをくださった皆さま、ありがとうございます。
    肺の持病をかかえながら、ずるずると情けない私です。
    ひろ子さん クレオの懇親会では、晃平君の話題で盛り上がり
    ました。本当にお行儀のいい坊っちゃんですね。
    新の会のアイドルです。
  • 田村ひろ子  2016/11/01 22:01
    ■ まだ息をしている家を置いて行く    安藤なみ

    福島に住んでいるクラスメートの気持ちを思いました。
    お連れ合いとの老後を心地よく過ごそうとリフォームをしたばかかりの家でした。


    ■女里さん、萌さん
    優しいメッセージをありがとうございました。
    いつも「新の会」の皆さまに優しくしていただいているものですから、晃平は川柳の会はどこも「優しい人」の集まりと思っております。幸せなことです。
    今後ともよろしくご指導くださいませ。
  • 大西俊和  2016/11/02 05:44
    なんだってあるけどなにもない世界 須川柊子

    心がゼロ状態でしたら、存在するすべてがゼロに
    なってしまうでしょうね。ゼロは絶対的ですが、
    無限の悲しみを秘めた数字。
  • 坪井篤子  2016/11/02 09:31
    *まだ息をしている家を置いて行く    安藤なみ

    ドラマを感じます。作者がなみさんと知って更に深いです。


    *なんだってあるけどなにもない世界   須川柊子

    物が溢れすぎている昨今、なにもない世界と言い切る柊子さんの心の隙間。
  • 山口一雄  2016/11/02 10:17
    なんだってあるけどなにもない世界  須川柊子

    私が子供の頃は何もない時代で、物一つ一つが貴重な時代でした。それが今では物が溢れ捨てられていく方が多くなりました。物に対する愛着心が違うような気がしています。
  • 田村ひろ子  2016/11/02 11:41
    ■なんだってあるけどなにもない世界   須川柊子

    柊子さん、こんなに物があふれているのに哀しいことです。
    でも、きっと、どこかで「ほんとうに大切にしたいもの」との出会いがありますよ・・・・きっと、きっと、きっと・・・・・。
  • たんばらのぶえ  2016/11/02 20:46
    ☆なんだってあるけどなにもない世界 須川柊子

    こんなにものが溢れて豊かな時代なのになにもない世界・・・は寂しいですね。なんだってあるけど・・・柊子さんの探しているものがないのかなー?
  • おさ虫  2016/11/02 21:01
    ◆ なんだってあるけどなにもない世界    須川柊子

    インターネットのことかなあと思いました。
    キーボードを叩けば世界中どこへでも飛んで行けるし、どんな情報も即座に手に入れることが出来ます。まさに何でもありのバラ色の世界です。でもそれはバーチャルな世界。ひとたび電源が失われたり、パソコンが故障すると即座に消えてしまいます。まさに何にもない世界です。
    柊子さんもそんな世界の到来を案じられたのでしょうか?
  • 安藤なみ  2016/11/02 22:00
    ☆まだ息をしている家を置いて行く  安藤なみ

    たんばらさま、大西さま、進さま、山口さま、おさ虫さま、田村さま、坪井さま、コメントをありがとうございます。地震や噴火が止まらない日本です。避難所の方々が口々に、家へ帰りたいと訴えています。きっと私達は見えない我が家の一部をカタツムリのように背負っているのかも知れません。坪井さん、わたしは相変わらずバタバタして家を開けていますが、家とわたしのどちらが残るのかを考えると展覧会場のような気分になります。
  • 安藤なみ  2016/11/02 22:31
    ☆なんだってあるけどなにもない世界    須川柊子

     印象吟でこんなに広い世界を詠まれたことに驚きました。目を閉じて瞼に絵を放つと雑然とした煩わしさに一種の虚しさを感じました。
  • 野原 萌  2016/11/02 23:09
    ★まだ息をしている家を置いて行く  安藤なみ
     災害に遭われた方は、本当に後ろ髪ひかれてのお心持でしょう。
    私の実家がある村は、只今、91歳と85歳の御老人の住まいが2戸。村の存続も難しくなりました。今週また帰省して風を入れて来ます。切ない句でした。

    ★なんだってあるけどなにもない世界    須川柊子
    なんでもあるから、かえって感じる虚しさ。
  • 大西俊和  2016/11/03 08:37
    きっと留守だから電話を掛けてみる      ちいこ

    ちいこさん、青春していますね。
  • 山口一雄  2016/11/03 10:04
    きっと留守だから電話を掛けてみる  ちいこ

    最近は携帯電話が主流になっているので、こんなこともできなくなりつつありますね。固定電話でも番号がわかる場合もあるでお気をつけて(^^)。
  • 坪井篤子  2016/11/03 19:52
    *きっと留守だから電話を掛けてみる  ちいこ

    つながらない事を願ってかけてみる電話。
    恋の始まりですね。
  • 須川柊子  2016/11/03 20:55
    こんばんは。
    お久しぶりです。
    寒くなりましたね。
    蔵王山は、雪景色です。

    *なんだってあるけどなにもない世界
    久しぶりの特選、嬉しいです。

    コメントをくださった皆様、ありがとうございます。
    ニヤニヤしながら、コメントを読ませていただきました。
    お一人お一人、感じ方がこんなに違うんですね。
    人間ウォッチングをしているようです。
    だから、川柳が止められないのかもしれません。
    これからも、ガンバリまっす!
  • 田村ひろ子  2016/11/03 21:00
    ■きっと留守だから電話を掛けてみる  ちいこ
    電話はかけてみたいけど・・・・
    『もし、電話に出たら、どうしよう・・・なにを話していいかしら』
    今日はたしか・・・お留守だわ
    でも、ドキドキ!!

    ちいこさん、ガンバッテね!!
  • 安藤なみ  2016/11/03 23:06
    萌さま

     コメントありがとうございます。村って、高齢者2軒でも存続するのですね。びっくり。寂しすぎます、と、考えるのは違っていて、太陽と自然を二人占めして、縄文人のように生きられているのかも。プラス萌さんの笑顔も垣間見られるし。明るい風をとおしに行ってこられますように。
  • 安藤なみ  2016/11/03 23:21
    ☆きっと留守だから電話を掛けてみる  ちいこ

     留守電に無言。。。。、だったら、ストーカーと間違えられます。A:私を好き。B:ちょっと考えさせて。C:ごめんなさい。のどれかに丸をつけて返信封筒に入れて送って下さいと手紙を送ってみたら、と室井はコメントするでしょう。わたしは怖くてとてもできません、ちいこさんの同類です。
  • たんばらのぶえ  2016/11/03 23:45
    ☆きっと留守だから電話をかけてみる ちいこ

    恋の始まりかそれとも終わった恋にまだ未練なのか(ごめんなさいね)どちらにしてもきっと留守だからと思いながらそれでも、もし家にいて出たらどうしよう・・・?と迷いながらも電話をかけずにおれなかった・・ドキドキしながら切ないちいこさんの思いが伝わって来ました。遠い遠い昔に私も経験したよ
    うな・・・。
  • 野原 萌  2016/11/04 00:11
    ★きっと留守だから電話を掛けてみる  ちいこ
     ちいこさんの悪戯っぽい目が浮かびます。かわいい!

    ★なみさま
    「太陽と自然を二人占めして、縄文人のように生きられているのかも 」
       その通りの様です。
       山に囲まれた丸い空にはお星さまが一杯です。
       毎年四月にはここに生まれた人が40人ほど集まり
       お弁当を食べ語らって一日を過ごします。
    なみさんの句の通りの我が家も、その日は生き生きと息を吹き返すんですよ。 
    元気を下さって有難うございました。
  • 大西俊和  2016/11/04 08:45
    やっかいな光の中で吊るされる 日和

    やさしい言葉の句ですが、どのような心を
    詠まれたのかを掴めませんでした。

    イメージ写真でなく、干し柿を思い浮かべて
    、ある人間関係の中の作者を連想しました。
  • 田村ひろ子  2016/11/04 10:57
    ■やっかいな光の中で吊るされる   日和
    日和さが思いがけないところで、中心にされ、色々取り組まなければならなかったのかしら・・・・。
    日和さんはきっと、乗り越えられたことでしょうね。
    お疲れ様でございます。
  • 山口一雄  2016/11/04 11:03
    やっかいな光の中で吊るされる  日和

    直射日光に晒されたショーウインドウ。紫外線対策をしてほしいとお肌を気にする女性を思いました。
  • 坪井篤子  2016/11/04 21:47
    *やっかいな光の中で吊るされる  日和

    あれもこれもいっぱい吊るされ、照明を当てられ、厄介なことです。
  • 日和  2016/11/04 23:23
    大西さん 田村さん 山口さん 坪井さん コメントありがとうございました。イメージ吟というのは得意ではありませんが見て感じたままを詠みました。雑多につりさげられて 光を当てられて 何がメインだか マネキンはどこにいるのかわからない状態。写真を写された方はそんな混沌を表現したかったのでしょうか。おもしろい写真だと思いました。
    柊子さんのコメントではありませんが 皆様の感性にさらに刺激をうけています。ありがとうございました。
  • 野原 萌  2016/11/05 00:28
    ★やっかいな光の中で吊るされる  日和
    そうですか。そう言えば迷惑そうなマネキンも居たような・・・
    でも、印象吟でなくても、一句として立っていて、困惑が伝わります。
  • 大西俊和  2016/11/05 06:05
    火を焚いておこう家族でいるために 平井美智子

    体が冷えたとき、ほんわかと燃える炎に
    手をかざすだけで、ほっとします。
    いつもそのような炎を家族のために用意
    している美智子さん。そして、ご家族の
    柔らかな微笑み。
  • 森山文切  2016/11/05 09:24
    http://senryutou-okinawa.com/talk160909/

    俊和さん、篤子さん、萌さんとの座談会を上記に掲載しました。
    ご覧いただけたら幸いです。
  • 坪井篤子  2016/11/05 09:27
    *火を焚いておこう家族でいるために  平井美智子

    色んな火がありますが、揚句の火は温もり。
    ほっこり家族のゴッドマザーの美智子さん!
  • 山口一雄  2016/11/05 10:16
    火を焚いておこう家族でいるために  平井美智子

    いつも暖かい暖炉のある家庭はいいですね。暖炉の周りに家族が集まります(^^)。
  • 山口一雄  2016/11/05 10:50
    座談会:川柳とインターネット3

    森山文切様、初めまして。川柳塔おきなわ準備室覗かせていただきました。精力的に活動されているのですね。川柳に対する真摯な姿勢に敬服しております。
    私は夢考房発足当時からスタッフの役を頂いている者ですが、金魚の糞のように俊和さんにくっ付いているだけで、長年夢考房にお邪魔しております。今後ともよろしくお願いいたします。

    俊和さん、篤子さん、萌さん、久しぶりにお顔を拝見しました。お元気そうで何よりです。俊和さん、帽子がお似合いですね。最近は投句も少なくなっていますが、ぼちぼちやりますのよろしくお願いいたします。
  • 坪井篤子  2016/11/05 11:18
    一雄さん、
    早速覗いて下さったのですね。有難うございます。
    俊和さんは退院直後?だったかな?私はロシア一人旅行から帰って間なしで鬼のような顔していますね(笑)←いつもですけれどね。
    一雄さん夢工房、今後ともよろしくお願いいたします。

    文切さん、
    有難うございます。
  • 大西俊和  2016/11/05 16:01
    文切さん

    座談会のUPありがとうございます。

    一雄さん

    早速に、ありがとうございます。私は退院後3日目の座談会で頭はつるつる、右目は座頭市状態で、帽子とサングラスです。

    ぼちぼちでよろしくお願い致します。
  • 田村ひろ子  2016/11/05 18:28
    ■火を焚いておこう家族でいるために   平井美智子
    美智子さんが楽しそうに作ってくださった「お好み焼き」を思い出してます。
    近くにお住まいのご子息ご一家にとっても、イギリスのお嬢さんのご家族にとっても、美智子さんのお家は、いつも「あったかい」実家ですね。
  • たんばらのぶえ  2016/11/05 22:41
    ☆火を焚いておこう家族でいるために 平井美智子

    ご子息やお嬢さんがいつ来られても暖かく居心地の良い実家にと努めて居られる美智子さんの優しい笑顔が浮かびます。
  • 野原 萌  2016/11/05 23:35
    ★火を焚いておこう家族でいるために 平井美智子
     この上ない、かあさんの温もりですね。
     どんな冷たい風雪にあっても、帰る処のある人は本当にしあわせです。
  • 野原 萌  2016/11/05 23:48
    文切さん
     ゆうゆう夢工房
        座談会のUP ありがとうございました。

    一雄さん、
    本当に最初からご参加頂き、お世話になっております。
    イベントの度に、いつも にこやかに遠くからお出かけ下さいましたね。
    なんか一度に想い出がぐるぐる回っています。
  • 平井美智子  2016/11/06 04:47
    俊和さん、篤子さん、一雄さん、ひろ子さん、のぶえさん、萌さん、いつも暖かいコメントをありがとうございます。なかなか火を焚くまではいかないで実際には埋み火を抱くくらいですが(笑)
    文切さん、とても読みやすくてためになる座談会でしたよ。
  • 森山文切  2016/11/06 07:51
    みなさま

    ゆうゆう夢工房の記事にコメントいただきありがとうございました。みなさまのコメントが励みになります。今後もよろしくお願いいたします。
  • 大西俊和  2016/11/06 07:59
    まだ夢の続きを追っている瞳 ちゃくし

    フロイドは夢は私たちの無意識の世界に
    通じるものと考えていたようです。

    ちゃくしさんの瞳も、心の奥の、無意識
    の世界へ導かれていたのかも知れませんね。
  • 坪井篤子  2016/11/06 08:35
    *まだ夢の続きを追っている瞳   ちゃくし

    うっとりとした幸せな感じが伝わります。
    夢を追い続けられる事は素敵な事、若いって事。
  • 大西俊和  2016/11/06 09:19
    「人生は宝探し」 林和俊さん

    「夢・元気・遊び」と「好奇心・肯定思考・足るを知る心」をモットーですね。人とのつながりー感動する心ー遊び・・・老いても失いたくないですね。

    昨日、フランスに住んでいる移民の人が「誠実に生きていると、社会は受け入れてくれる」と言っていましたが、人とのつながりの基本は誠実さかなとも思いました。
  • 山口一雄  2016/11/06 11:33
    まだ夢の続きを追っている瞳   ちゃくし

    綺麗なドレスに囲まれ、どんな夢を見ているのでしょうか。
  • 田村ひろ子  2016/11/06 15:57
    ■まだ夢の続きを追っている瞳   ちゃくし
    ちゃくしさんの瞳も、きっとキラキラしていらっしゃるのでしょうね。素敵なことです。
  • 海月  2016/11/07 05:08
    珍しい切手で届く果たし状 月波与生

    どんな切手でどんな果たし状なのか想像が膨らみます。おそらくそれぞれの人の胸の奥にしまわれている記憶なのかなと思います。
  • 大西俊和  2016/11/07 09:14
    珍しい切手で届く果たし状 月波与生

    相手の真剣度が窺われますね。こちらもフンドシを
    締めなおして・・・。
  • ちゃくし  2016/11/07 09:17
    俊和さん、篤子さん、一雄さん、ひろ子さん、暖かいコメントをありがとうございます。私の子供四人みんな片付きまして、また新しい夢を追いかけているようです。今後もよろしくお願いいたします。まだ夢を追って草臥れだした爺!
  • 山口一雄  2016/11/07 11:41
    珍しい切手で届く果たし状  月波与生

    昔趣味で集めた切手が残っていますが、果たし状に張る切手ですからそれなりのものでしょうね。こちらもそれなりの切手で返信しないといけないのかも…。
  • 坪井篤子  2016/11/07 16:26
    *珍しい切手で届く果たし状  月波与生

    珍しい切手が貼ってあると言う事は関心を持つようにの意味も込められているのか。
    果たし状と言いつつ善意のあるもののように感じます。
  • おさ虫  2016/11/07 19:36
    ◆ 珍しい切手で届く果たし状 月波与生

    与生さんの句はホント難解ですね。
    何のヒントもない雑詠ですからね。うーん、難しい。ギブアップです( ´ ▽ ` )
    ふと、オードリーヘプバーン主演のシャレードという映画を思い浮かべました。
    珍しい超高価な切手が届いたことからドラマが展開しました。
    あれも一種の果たし状だったのかも?
    もう50年以上も前の映画です。
  • 田村ひろ子  2016/11/07 20:37
    ■ 珍しい切手で届く果たし状   月波与生
    珍しい切手に見とれてしまい、果たし状を読まないでしまいしょう・・・・どうしましょう。

    「オードリーヘプバーン主演のシャレードという映画を思い浮かべました。珍しい超高価な切手が届いたことからドラマが展開」
    おさ虫さん、シャレードをドキドキしながら観た火のことを思い出しました。三回ぐらい観ました。
  • 山口一雄  2016/11/08 08:48
    妻に合う服がないのでほっとする  光源氏

    ご夫婦でショッピングでしょうか。仲睦まじい光景が浮かびます。
  • 大西俊和  2016/11/08 09:33
    妻に合う服がないのでほっとする 光源氏

    高級ブティクの値札のゼロの数にびっくりすること
    ありますね。ドキドキしながら奥様のショッピング
    につき合われている光源氏さん(笑)。
  • 一歩  2016/11/08 11:19
    川柳大学誌再読48号から

    拝復 「福島義夫様」 時実新子 より抜粋
    (「説明と表現のちがい」という質問に対し)

    今日もイイことが書いてありますね。
  • うらら  2016/11/08 13:50
    妻に合う服がないのでほっとする 光源氏

    ある新聞に 「よく似合うと妻に言われる安い服」
     のような川柳が載っていましたよ。 フフフ  敵もさるものですね。でも源氏の君の「ほっとする」がかわいいですね☆☆
  • 坪井篤子  2016/11/08 15:42
    妻に合う服がないのでほっとする  光源氏

    世の夫は若い恋人ならいざ知らず、妻にはおおむねそうでしょうね。
    ご夫婦で奥様の洋服をショッピングとは羨ましい。

    光源氏さまとくれば若紫かはたまた葵の上か・・・と飛躍した想像も楽しいです(笑)。
  • 田村ひろ子  2016/11/08 18:41
    ■妻に合う服がないのでほっとする  光源氏

    光源氏様は「ほっと」なさっては「甘い甘い」です。
    アナタ様とご一緒でないときに「合う服」を買ってまいりますので、ご心配なく。
  • たんばらのぶえ  2016/11/08 22:37
    ☆まだ夢の続きを追っている瞳 ちゃくし
    いくつになっても夢の続きを見れるって事は素晴らしいですね! ちゃくしさんの瞳もキラキラと輝いている事でしょう・・・。

    ☆珍しい切手で届く果たし状 月波与生
    珍しい切手に心奪われていると何と中身は果たし状? 送り主の真意は何処にあるのでしょう・・・?

    ☆妻に合う服がないのでほつとする 光源氏

    奥様にお洋服をおねだりされて一緒に買いに行かれたものの奥様のお気に召した物がなかなかない・・・「買わなくてすみそうかなー?」と少しほつと?されて居られる光源氏さんのお顔が浮かびます(笑)
  • 野原 萌  2016/11/09 00:27
    ★まだ夢の続きを追っている瞳 ちゃくし
    澄んだ瞳だといいですね。叶いますように!

    ★珍しい切手で届く果たし状   月波与生
    親しい旧友からの「喝!」でしょうか。
    珍しい切手とはどんな切手だろうか?想い出に繋がる切手かもしれない・・と。 かまやつひろしの顔を薄ぼんやり浮かべながら、想像が膨らみました。

    ★妻に合う服がないのでほっとする  光源氏
    「ほっとする」に、にんまりしてしまいます。
  • 坪井篤子  2016/11/09 05:32
    *昨日まで確かに跳べた水たまり  ええ一

     階段を走って上下していたのが急に出来ないとか。
     ある日突然って怖いですし切ないです。
  • 大西俊和  2016/11/09 08:50
    昨日まで確かに跳べた水たまり   ええ一

    気力体力知力・・・維持するのは大変なことですね。
    若い時は考えもしなかった不安が過ぎります。
  • 山口一雄  2016/11/09 09:57
    昨日まで確かに跳べた水たまり   ええ一

    当たり前にできていたことがある日突然できなくなる。えっ、なんでっ、聞いてはいたけど実際自分がなってみると、もう他人ごとではありません(-_-;)
  • 光源氏  2016/11/09 15:27
    一雄さん、俊和さん、うららさん、篤子さん、ひろ子さん、のぶえさん、萌さん、暖かいコメントをありがとうございました。
  • ええ一  2016/11/09 21:57
    篤子さん、俊和さん、一雄さん、
    コメント有難うございます。
    いろんな場面で「あれあれっ」と思う事が
    増えて行きます。これが生きているという事なんだと
    実感します。