現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

オープン掲示板 過去ログ

どなたでも書き込んでいただける掲示板です。現代川柳の話題、イベント情報など、ご自由に利用してください。雑談もOKです。インターネットに一般公開されている掲示板ですので、個人情報の取り扱いにはお気をつけ下さい。

  • 野原 萌  2017/05/01 01:18
    ★夕暮れのように離れてゆく指よ  大西俊和
    とっても詩的な表現で、去っていく恋人への想いが静かに伝わります。

    ★早春の海は早春の海は猫撫で声で凪ぐ   山路橙葉
    猫撫で声で凪ぐ が、ステキな表現ですね
  • 坪井篤子  2017/05/01 05:01
    ☆☆☆2016年度ゆうゆう夢工房WEB句会賞発表☆☆☆

    大賞の康浩さん、
    準賞のてるみさん、苑子さん、
    互選賞ののぶえさん、なみさん、怜さん、一雄さん、利一さん、

    皆様ご受賞おめでとうございます。
    素晴らしい作品に出会える夢工房のレベルの高さを思います。
    有難うございます。
  • 大西俊和  2017/05/01 06:28
    何回も洗い直して使う顔 須川柊子

    そう、毎朝、毎朝、毎朝・・・洗って
    喜怒哀楽も洗い落として使う顔。

    柊子さん、最多☆句、おめでとうございます。

    交流会IN名古屋、いよいよですね。名古屋の
    皆さんと一緒に、待ってま~す!
  • 坪井篤子  2017/05/01 06:58
    *何回も洗い直して使う顔  須川柊子

    最多得点おめでとうございます。
    いくら洗い流しても何度でも使えますね。
    発想が面白いです。

    5月の名古屋交流会でお目にかかれるのを楽しみにしております。
    昨年の東北交流会を思い出しております。
  • 田村ひろ子  2017/05/01 09:24
    2016年度ゆうゆう夢工房WEB句会賞
    大賞の康浩さん、
    準賞のてるみさん、苑子さん、
    互選賞ののぶえさん、なみさん、怜さん、一雄さん、利一さん、
    ご受賞おめでとうございます。
    どの句もさらりと詠まれながら、しっかりと現在地に立っていらっしゃいました。
    皆様の句に出会えた幸せに感謝しております。
    ありがとうございました。


    ◆早春の海は猫撫で声で凪ぐ   山路橙葉

    やわらかい春の光の中での穏やかな海に
    猫撫で声の優しさ・・・いい春ですね。

    ◆何回も洗い直して使う顔  須川柊子

    最多得点おめでとうございます。
    今朝も洗いなおした「貌」を使っております。
    洗いすぎないように・・・・そっとそっと洗いなおして・・・・ね。
  • 山口一雄  2017/05/01 11:13
    何回も洗い直して使う顔  須川柊子

    最多得点おめでとうございます。
    顔も使い捨てなら楽でいいですが、一生ものですから大事にしないといけませんね。
  • 善江  2017/05/01 15:03
    『 川柳びわこ 』2017.5より

    ▽いろいろなところでいろいろな人と出会う。
      懸命に川柳に関わっている人はやはりおもしろい。
       それはその人自身の味わいが伝わるからだろう。

      川柳のおもしろさは出会いのおもしろさでもある。

      この出会いに感謝しながら、それぞれのその人の味わい、
      大切にしたい人間の味わいに触れていけたらと思う。


               <編集後記:德永 政二>
  • 大西俊和  2017/05/01 17:04
    一雄さん

    そうですか、紙コップとそのようなことが・・・
    腎臓機能が改善してほっとされましたね。

    季節が良くなりましたので、ひょこっと福井に
    行くかもしれません(笑)。
  • 山口一雄  2017/05/01 20:24
    俊和さん

    本当なら私が交流会に出向かなければならないのですが、認知症の母の介護を私一人でしているのでなかなか家を空けることができません。
    また3年前亡父が初めて利用したショートステイで介護事故に遇い5ヶ月後に死去したことがありました、母もショートステイを嫌がり混乱すると思われるので無理にさせるつもりはありません。
    そんなこんなで残念でありますが交流会は欠席させていただきます。「ひょこっと」福井に来られましたら是非お声を掛けてください。お待ちしております(^^)。
  • 須川柊子  2017/05/01 20:37
    こんばんは。
    ☆☆☆2016年度ゆうゆう夢工房WEB句会賞発表☆☆☆
    受賞した皆さま、おめでとうございます。

    改めて読むと、心がキュ~っとなります。
    平明な言葉で深く・・・勉強になります。
  • 須川柊子  2017/05/01 20:52
    何回も洗い直して使う顔  須川柊子

    思いもよらぬ☆の数に、ビックリしました。
    ありがとうございました。
    交流会に「ドヤ顔」で行けそうです。

    死ぬまで一緒の顔ですから、優しく優~しく洗ってくださいね。
    ☆をたくさんいただいたので、今晩は「薔薇の石鹸」で洗いました。

    一雄さん
    交流会で御会いできると思っていたのですが、残念です。
    お母様、お大事に。
    一雄さんも、御自愛下さい。
  • 石原てるみ  2017/05/01 21:08
    大西俊和 様
    いつもお世話になっております。
    この度は、夢工房準賞を頂戴いたしまして誠に有難うございます。
    思いがけない事で嬉しくて舞い上がっております。
    病体の励みになります。心より感謝申し上げます。

    また、4月23日にコメントを頂いておりましたのに
    お礼が大変遅くなり失礼致しました。
    有難うございました。
  • 石原てるみ  2017/05/01 21:34
    野原 萌 様
    夢工房準賞受賞のお知らせを頂き有難うございました。
    ビックリボン!(昨年、孫の三崎悟が大阪市消防局の放置ガスボンベ撲滅キャンペーンのイメージキャラクターに応募「りすボン」が採用されましたが・・その後、りすボンのプロフィールがりすボン語なるもので紹介されています。また局のHPを覗いて下さいね)正に孫の事、以来の喜びです。4月23日のコメントも有難うございました。お礼が遅くてごめんなさい。
  • 石原てるみ  2017/05/01 21:41
    坪井篤子 様
    いつもコメントを有難うございます。
    お礼が遅くて失礼をお許し下さい。
    この度も夢工房準賞の御祝福をありがとうございます。
    これからも、お世話になりますが宜しくお願い致します。
  • 石原てるみ  2017/05/01 22:01
    田村ひろ子 様
    いつもお優しいコメントを有難うございます。
    お礼が遅くてお許し下さい。
    本日は夢工房準賞の御祝辞を有難うございます。
    申し上げて良いものか否か躊躇しておりましたが、ひろ子様の
    時の川柳社第37回ときせん賞の準ときせん賞・佳作のダブル受賞を知りとても嬉しくて秘かに喜んでおりました。
    誠に誠におめでとうございます。
    時の川柳誌4月号に「無毒透明」と題され新子先生のお話を綴られ、お美しいお写真も掲載されています。表彰式には欠席との事お会いできなくて残念です。
  • おさ虫  2017/05/01 23:01
    ◆ 2016年度ゆうゆう夢工房WEB句会賞発表☆☆☆
    受賞されました皆さま、おめでとうございます。改めて読み返してみると、みんないい句ですね。

    ◆ 何回も洗い直して使う顔  須川柊子  
    柊子さん、最高の☆、おめでとうございます。
    ~使う服とか、~使う布だったら川柳にはなりませんが、たった一字変えるだけで、こんな面白い句になるなんて。川柳って不思議ですね(^.^)
    交流会のスピーチではメイキング・オブを聞きたいものです。
  • 石原てるみ  2017/05/01 23:16
    山口一雄 様
    この度は夢工房互選賞おめでとうございます。
    お礼が大変遅くなりましたが、いつも御丁寧にコメントを有難うございます。
    一雄 様は腎臓が完治されて本当に良かったですね。
    私は残念ながら、しっかりと腎臓病と仲良くしております。
    お母上様どうぞお大事に・・・そしてご自身もご自愛下さいませ。
  • 石原てるみ  2017/05/01 23:34
    丸山 進 様
    いつも深い詠みのコメントを有難うございます。
    お礼が大変おそくなりまして申し訳ありません。
    「あほうどり」を楽しませて頂きありがとうございます。
  • 苑子  2017/05/01 23:45
    夢工房準賞ありがとうございました。
    柊子さんからのメールで知り、頭に?が。
    以前にも書きましたが
    昨年夏から川柳に真正面から向き合えず
    投句もしたりしなかったり忘れたりがまだ現在進行形中の
    私の背中をポンとたたいて頂いた気がします。



    何回も洗い直して使う顔 須川柊子

    ダントツの特選おめでとう!
    (これには私が先に気付いて柊子さんにメールで知らせしました)
    停滞気味の私を温かく見守ってくれてありがとう
  • 大西俊和  2017/05/02 07:05
    「気を付け」のままで時代を生きた父 平井美智子

    今も天国で「気を付け」なさっているので
    しょうね。美智子さんにもお父さんと同じ
    「気を付け」が・・・。
  • 坪井篤子  2017/05/02 07:40
    *「気を付け」のままで時代を生きた父 平井美智子

    イメージ吟の最高得点句おめでとうございます。

    明治生まれの父は厳格で几帳面、寡黙でしたので子供の頃はピリピリしておりましたが
    優しさがたまらなく好きでした。
    美智子さんの句と私の父が重なりました。
    佳句を有難うございました。
  • 大西俊和  2017/05/02 08:51
    苑子さん

    夢工房賞、おめでとうございます。

    ホスピスの話サクラを待つ話  苑子

    575でその場の雰囲気や、その場の心の
    在りようまでが伝わってくる・・・川柳、
    素晴らしいですね。
  • 田村ひろ子  2017/05/02 10:52
    石原てるみ さま

    お心のこもったコメントをありがとうごさせいます。
    また、どこかでお目にかかれますように!!
    季節の変わり目は身体もタイヘンですね。
    くれぐれもご自愛くださいませ。
  • 田村ひろ子  2017/05/02 10:57
    ◆「気を付け」のままで時代を生きた父  平井美智子

    時代の風のなかで、父たちはそのように育ったのでしょう。
    東海林太郎さんという歌手も直立不動で歌っていましたね。
  • 大西俊和  2017/05/02 13:29
    石原てるみさん

    夢工房準賞受賞、おめでとうございます。

    晩年の海は静かに光るだけ   石原てるみ

    シンプルなのに、深い時空間を漂う想い・・・素晴らしい
    作品をありがとうございます。春は寒暖の差の大きい季節
    です。どうぞ、体調管理に気をつけてお過ごし下さい。
  • 山口一雄  2017/05/02 15:39
    柊子さん

    2013年の交流会のときはニアミスでしたが、早いものであれから4年が経ちました。あれ以来神戸には行っていません。柊子さんのお母様もお元気でしょうか。お大事にしてあげてください。


    てるみ様

    闘病生活をされているのでしょうか。腎臓病とのことですがお大事にしてください。てるみさんとは以前交流会で何度かお会いしたように記憶しております。記憶違いでしたらお許しください。またお目にかかりたいです。
  • 山口一雄  2017/05/02 15:46
    ◆「気を付け」のままで時代を生きた父  平井美智子

    美智子姐さんの句にはよくお父様が出てきますね。父に対する畏敬の念を感じます。年二回の墓参りは続けておられるのでしょうか。また墓参りにお越しの際はお声を掛けてください。都合がつけば駅まで寄せていただきます。
  • 小林康浩  2017/05/02 19:19
    びっくりしました。いま、夢工房大賞を知りました。
    GWも関係なく、仕事、仕事で・・・。本当に信じられません。
    ありがとうございます、光栄です、としか言葉がありません。
    メロスは走り、串カツ屋がてっちり屋になった気分です。
    受賞者の皆様、おめでとうございます!俊和さんはじめ、
    夢工房運営に携わっておられる皆様へお礼申し上げます。
  • 小林康浩  2017/05/02 19:40
    あらためて受賞作品を見て、どの句も素晴らしく、よくまあ
    私が大賞をいただけたものだと感激しています。

    晩年の海は静かに光るだけ     石原てるみ
     ・しみじみとした悟りの境地、余情たなびきます。
    ホスピスの話サクラを待つ話    苑子
     ・本当にじんときます。闘病中の義姉を想いました。
    約束は水平線に置いたまま      たんばらのぶえ
     ・思わず遠い目になる、しみじみとした句ですね。
    まだ息をしている家を置いて行く   安藤なみ
     ・家の擬人化が見事でリアルです。
    影を売ったので月夜が恐ろしい    怜
     ・独特の描写に、思わず一票投じました。
    個性などあってたまるか紙コップ   山口一雄
     ・これぞ川柳、紙コップの矜持やよし!です。
    引き出しをあけるあの日の虹がある  黒川利一
     ・利一さんらしいロマンチシズムを感じます。
  • 大西俊和  2017/05/02 20:04
    康浩さん

    夢工房大賞、おめでとうございます。

    走らないメロスと語る串カツ屋  小林康浩

    「走らないメロス」と「串カツ屋」、どんな会話が
    交わされたのでしょう。ドラマがあり、ユーモアが
    あり、とても身近感があり・・・このような世界を
    創ることができる575の不思議に感動致しました。
    ありがとうございます。
  • 丸山 進  2017/05/02 23:06
    ☆何回も洗い直して使う顔  須川柊子
     よいタイミングでトップ賞おめでとうございます。
    上手い表現だと思いました。交流会でお会いするのを楽しみにしております。

    ☆「気を付け」のままで時代を生きた父 平井美智子 
     ダントツの賞おめでとうございます。私の父も戦争に5回も招集され、負傷はしたが帰還し、正に気を付けのままで生ききりました。今しみじみと思いだします。

    ☆夢工房大賞の康浩さんや他の受賞の皆さまおめでとうございます。どの句も激戦を突破しただけあってじんときて個性が出ていて素晴らしいですね。刺激をありがとうございました。
    私のブログ「あほうどり」でも受賞句を紹介させてもらいました。
  • 野原 萌  2017/05/03 00:58
    ★何回も洗い直して使う顔   須川柊子
    淡々と詠んでキリッと人間を掴んでいる。凄い目がステキ。
    柊子さんの個性がくっきり!

    ★「気を付け」のままで時代を生きた父  平井美智子
    本当に・・・。胸がつまります。
  • 大西俊和  2017/05/03 04:46
    いつもの椅子にいつもの人がいない 春 平井美智子

    淋しいままに、桜が咲いて、新緑が輝いて・・・
    優しいような残酷なような春の中に。
  • 平井美智子  2017/05/03 05:24
    2016年度ゆうゆう夢工房WEB句会賞受賞の皆さま、おめでとうございます。流石素晴らしい句がそろっていて17音字の凄さを実感させていただきました。ありがとうございました。
    康浩さん、大賞おめでとうございます。
    康浩さんらしい句、(人格B)は健在ですね。
  • 平井美智子  2017/05/03 05:34
    「気を付け」のままで時代を生きた父
    いつもの椅子にいつもの人がいない 春

    俊和さん、篤子さん、ひろ子さん、一雄さん、進さん、萌さん
    いつも優しいコメントをありがとうございます。

    一雄さん、お母さんの介護大変ですね。お墓参りは越前大野まで直通でいってしまいますが、一度福井で途中下車しますね。
    その時はよろしく!
  • 坪井篤子  2017/05/03 07:37
    ひろ子さん、
    <時の川柳社第37回ときせん賞の準ときせん賞・佳作のダブル受賞を知りとても嬉しくて秘かに喜んでおりました。
    誠に誠におめでとうございます。
    時の川柳誌4月号に「無毒透明」と題され新子先生のお話を綴られ、お美しいお写真も掲載されています。

    w受賞おめでとうございます。
    自分の事のように嬉しいです。

    てるみさん、
    お知らせ有難うございます。
  • 坪井篤子  2017/05/03 07:40
    *いつもの椅子にいつもの人がいない 春  平井美智子
    一字明けの後の「春」にドラマを想起させられ好きな句で入れさせて頂きました。
  • 田村ひろ子  2017/05/03 10:21
    ◆いつもの椅子にいつもの人がいない 春 平井美智子

    美智子さんの寂しさが「ドーン」と伝わってきます。
  • 大西俊和  2017/05/03 10:34
    ひろ子さん

    ときせん賞・佳作のダブル受賞、おめでとうございます。
    受賞作品のご紹介、よろしくお願い致します。

    てるみさん

    お知らせありがとうございます。
  • 山口一雄  2017/05/03 17:28
    いつもの椅子にいつもの人がいない 春  平井美智子

    春は移動の季節。いつもいた人がいなくなると心に穴が開いたような気持ちになりますね。一週間が経ち一ヶ月が経ち、いないことが当たり前になっていきます。
  • 野原 萌  2017/05/03 22:36
    いつもの椅子にいつもの人がいない 春 平井美智子
    春だと云うのに、寂しいですね。
    いえ春だからこそ余計にさみしい。
    ・・・散歩でいつも同じ所ですれ違うおじいちゃまがいらして、そのうち会釈から言葉を交わすようになり何年か経ちました。ある日からぱったり会えなくなりました。
    思いだしてしまいました。
  • 大西俊和  2017/05/04 04:14
    欲望を拡大鏡で見せられる 森山文切

    自分の欲望か、自分以外の欲望かで、句の解釈が
    変わりますね。多分、自分の欲望でないかと。
    ときどき、自分の欲望の微細を拡大鏡でじっくりと
    観察する、大事なことですね。
  • 坪井篤子  2017/05/04 09:16
    *欲望を拡大鏡で見せられる   森山文切

    見せられる相手に因っては可愛かったり困ったり。
    欲望はどんどん大きくなり、巨大拡大鏡で大写しでしょうか。
    ご自身の欲望は選り分け、見極めが要るようですね。
  • 田村ひろ子  2017/05/04 10:55
    ◆欲望を拡大鏡で見せられる   森山文切

    「まあ、たいへん!!!」
    見せられた時・・・・・
    文切さんは、どうなさったのかしら?
  • 山口一雄  2017/05/04 13:44
    欲望を拡大鏡で見せられる   森山文切

    欲望が拡大鏡で見ることができるとは大発見ですね。でも人にだけは見られたくないです(笑)。
  • 野原 萌  2017/05/04 22:49
    ★欲望を拡大鏡で見せられる   森山文切
    厭な奴!と目をそむけ様とした時だった。
    なんとまぁ・・・  私も同じではないか!!
  • 大西俊和  2017/05/05 04:32
    体調がいいので今日は家出する 松尾冬彦

    「体調がいい」、いずれにしても素晴らしいこと
    ですが・・・(笑)。
  • 坪井篤子  2017/05/05 06:19
    *体調がいいので今日は家出する  松尾冬彦

    家出するはプチ家出、お出かけ、それとも・・・。
    空想が広がります。
  • 田村ひろ子  2017/05/05 09:59
    ◆体調がいいので今日は家出する  松尾冬彦

    冬彦さん・・・今日は自然豊かな畑におでかけですか?
    あっ、でも畑では、家出になりませんね・・・さて、どちらに??
  • 田村ひろ子  2017/05/05 10:04
    篤子さん・俊和さん

    第37回ときせん賞へのお祝いメールをありがとうございました。
    時の川柳創立60周年記念、347人参加。
    選者は、大野風柳さん、森中恵美子さん、小島蘭幸さん、徳永政二さん、矢沢和女さんです。
    ときせん賞1句、準賞2句、佳作7句。


    準ときせん賞
     やわらかなところを探す旅でした   ひろ子
    佳 作
     ほどけゆくものはそのままそのままに ひろ子

    とても、嬉しいです。
  • 大西俊和  2017/05/05 10:29
    ひろ子さん

    おめでとうございます。

    句のご紹介、ありがとうございます。

    どちらも、やさしい言葉で広がりのある
    しずかなしずかな風のような句ですね。

    最近のひろ子さんの句、立ち向かうより
    流れにまかせる、今を味わうというような
    ・・・うまく説明できませんが、静寂感が
    ありますね。さらなるご健吟を楽しみに
    しております。
  • 山口一雄  2017/05/05 14:29
    ひろ子さん

    ときせん賞の準ときせん賞・佳作のダブル受賞おめでとうございます。ひろ子さんの句は、いつも優しく柔らかい句で心が安らぎますが、今回もひろ子さんらしい雰囲気が醸し出されているように感じました。
  • 山口一雄  2017/05/05 14:33
    体調がいいので今日は家出する  松尾冬彦

    家出をするのもなかなか大変なことです。体調管理は勿論、天候も考慮しなければなりません。真冬は凍死してしまいますし、真夏は熱中症で倒れてしまいかねません。くれぐれもお気をつけて家出なさってください(^^)/。
  • 坪井篤子  2017/05/05 20:23
    ひろ子さん、

    第37回ときせん賞の入選句のご紹介有難うございます。

     準ときせん賞
     やわらかなところを探す旅でした   ひろ子
     佳 作
     ほどけゆくものはそのままそのままに ひろ子

    やさしい言葉で深く、ひろ子川柳の確立ですね。
    新子先生に「ひろ子さんはこのままで」と言われて貫いて来られた川柳スタイル。
    誰にでも真似のできる事ではありません。
    心よりおめでとうございます。
  • 野原 萌  2017/05/05 23:58
    ひろ子さん
      ひろ子さんの、ありのままをそっと掬う柔らかな風を思います。
      心から、おめでとうございます。
  • 野原 萌  2017/05/06 00:02
    ★体調がいいので今日は家出する  松尾冬彦
     冬彦さん、お久しぶりでございます。
     体調が良くて良かったです!
     張り切って家出、なさってくださいまし。
  • 坪井篤子  2017/05/06 07:51
    *わたしだけ揺れが違ってしまう風  月波与生

    大真面目なのですがねぇ。何故なのかなぁと作者は考える。
  • 大西俊和  2017/05/06 07:55
    わたしだけ揺れが違ってしまう風 月波与生

    まさに川柳人!同じようには揺れない反骨。
  • 山口一雄  2017/05/06 10:35
    わたしだけ揺れが違ってしまう風  月波与生

    みんなと合わせるのは難しいのだ。バカボンのパパなのだ(^^)。
  • 丸山 進  2017/05/06 10:53
    ☆いつもの椅子にいつもの人がいない 春  平井美智子
     人生のいろいろな節目が想像できる句ですね。家庭でも職場でも公園でも・・。
    一字空けの「春」が効いています。

    ☆欲望を拡大鏡で見せられる   森山文切
     日常何とも思わないものも拡大鏡で見ると欲望がリアルで驚きます。
    蟻の顔なんかも凄い。人の鼻の穴なんかも吸い込まれそう(笑)

    ☆体調がいいので今日は家出する  松尾冬彦
     タンカ切って家出したが、お腹痛いと20分で戻ってきたのではサマになりませんね。
    万全の体調とそれなりの軍資金や正露丸を持って決行しましょう。

    ☆わたしだけ揺れが違ってしまう風  月波与生
    他の人は気にならなくても、自分の揺れの違いは気になるものですね。
    繊細な感性の与生さんならではの句です。

    ☆ひろ子さん、ときせん賞のビッグな受賞おめでとうございます。
    受賞句の紹介もありがとうございます。
    ひろ子さんのありのままの川柳スタイルを貫く精神は見事だと思います。
  • 田村ひろ子  2017/05/06 18:12
    ◆*わたしだけ揺れが違ってしまう風  月波与生

    与生さんだけではなく、「それぞれ」がそのように感じて生きているように思います。
  • 田村ひろ子  2017/05/06 18:14
    一雄さん、萌さん、進さん
    コメントをありがとうございました。
    とても、嬉しいです。
  • 野原 萌  2017/05/06 23:35
    ★わたしだけ揺れが違ってしまう風  月波与生
    案外 自分の揺れには気が付かないものなんですね。折れないように、只そこに集中しているかのような麦の穂でした。
    与生さんはどんな風だったのかしら?どんな穂でいたかったのかしら?
  • 大西俊和  2017/05/07 04:19
    「またあした」切れた電話が温かい公子

    明日へと続く温かい今日。電話の相手と通じ合う心、
    嬉しいですね。
  • 田村ひろ子  2017/05/07 10:31
    ◆「またあした」切れた電話が温かい  公子

    お相手にも、公子さんの温かな声がずっと続いていくのですね。
  • 坪井篤子  2017/05/07 14:22
    *「またあした」切れた電話が温かい  公子

    お互いの響きあう心。
    電話を切った後の心地よい余韻。
    穏やかな日常です。
  • 山口一雄  2017/05/07 18:33
    「またあした」切れた電話が温かい  公子

    「またあした」「see you again」「再見」、それくらいしか知りませんが、どこの言葉も温かいですね(^^)。
  • 野原 萌  2017/05/07 23:08
    ★「またあした」切れた電話が温かい  公子
    電話が切れたあとに残る、ほっこり感。
    なんだか、とっても幸せな良い気持ちで、ハミングなどしてしまいそう。お相手の方も、きっと同じでしょうね。
  • 坪井篤子  2017/05/08 05:50
    *保護色に紛れ安易に生きている  柳谷益弘

    麦の穂群からのイメージ吟。
    決して安易ではないのでしょうけれど「安易に生きている」と言い切る作者に群れの中での生き方まで教えられるようです。
  • 公子  2017/05/08 09:15
    俊和先生、ひろ子さん、篤子さん、一雄さん、萌さん、優しいコメントありがとうございます。
    とっても嬉しくなりました。
  • 山口一雄  2017/05/08 11:18
    保護色に紛れ安易に生きている  柳谷益弘

    最近の車の色はカラフルです。青、赤、ピンク、緑に黄色と、自己主張が際立っています。ちなみに私の車の色はグレー。道路の色に紛れて目立ちません(笑)。
  • 山口一雄  2017/05/08 13:12
    俊和さん

    4年ぶりにお会いできて嬉しかったです。短い時間でしたが、愚痴ばかり零させていただきました。お蔭さまで元気が出ました。またいつか交流会にも参加させていただきます。今日は本当にありがとうございました。
  • 田村ひろ子  2017/05/08 14:59
    ◆保護色に紛れ安易に生きている  柳谷益弘

    それぞれが違う保護色に護られて生きているのでしょうね。
    そして、他人の保護色にも紛れて・・・・・。
  • 大西俊和  2017/05/08 22:09
    保護色に紛れ安易に生きている 柳谷益弘

    日本人は特に保護色が好きですね。
    私も、保護色派です(笑)。
  • 大西俊和  2017/05/08 22:16
    一雄さん

    今日は何の連絡もせず、いきなり訪問して失礼しました。
    短時間ですが、お会いでき、近況報告ができ、嬉しかった
    です。福井の街、どんどん発展して綺麗になっているので
    びっくりしました。あれからレンタサイクルで駅まで走り、
    予定の電車にも間にあいました。お時間を頂き、ありがとう
    ございました。また、ゆっくりと会える日が来るのを楽しみに
    しています。
  • 野原 萌  2017/05/08 23:00
    ★保護色に紛れ安易に生きている  柳谷益弘
    弱きものには、保護色は強い味方です。
    野のバッタ、尺取り虫に木の葉蟻、海の底では平目に蛸等々、擬態の名人達も。みんな命掛けです。
    この句は「紛れ安易に」とあるので、作者自身への真摯なる自嘲でしょうか?安易に生きている私を振り返ってドッキリでした。
  • 大西俊和  2017/05/09 06:15
    B級を生きてキャベツの芯が好き   ええ一

    私、ブロッコリーの芯も好きです。
  • 坪井篤子  2017/05/09 08:26
    *B級を生きてキャベツの芯が好き  ええ一

    侮れないB級グルメブーム。
    おまけに野菜の芯には栄養が凝縮されています。
    芯が好きとおっしゃるええ一さんはお元気。
  • 山口一雄  2017/05/09 11:18
    B級を生きてキャベツの芯が好き   ええ一

    気取らず手軽に食べられるB級グルメ。あれも食べたいこれも食べたいと涎が零れそうです。
    ちなみに私は白菜派。一口サイズに刻んで電子レンジでチンすると、甘くていくらでも食べれます。でも最近価格が高騰していて嘆いています。
  • 田村ひろ子  2017/05/09 15:59
    ◆B級を生きてキャベツの芯が好き   ええ一

    ええ一さんがお好きなキャベツの芯も、俊和さんが好きなブロッコリーの芯も甘くて美味しいですね。
    一雄さん、私も「手軽に食べられるB級グルメ」が大好きです。
  • 安藤なみ  2017/05/09 20:19
    大西俊和さま
    ゆめ工房の皆さま
    ゆめ工房に参加されています皆さま

    2016年の互選賞を頂くという栄誉を賜りどうもあとうございます。
    それに加えて、小林康浩さまのコメント、ありがとうございます。多忙で、しばらく掲示板をご無沙汰していました。
    賞に選ばれた句を拝見していますと、素晴らしい句ばかり。
    小林様のコメント:
    晩年の海は静かに光るだけ     石原てるみ
     ・しみじみとした悟りの境地、余情たなびきます。
    ホスピスの話サクラを待つ話    苑子
     ・本当にじんときます。闘病中の義姉を想いました。
    約束は水平線に置いたまま      たんばらのぶえ
     ・思わず遠い目になる、しみじみとした句ですね。
    まだ息をしている家を置いて行く   安藤なみ
     ・家の擬人化が見事でリアルです。
    影を売ったので月夜が恐ろしい    怜
     ・独特の描写に、思わず一票投じました。
    個性などあってたまるか紙コップ   山口一雄
     ・これぞ川柳、紙コップの矜持やよし!です。
    引出しをあけるあの日の虹がある  黒川利一
     ・利一さんらしいロマンチシズムを感じます。続
  • 安藤なみ  2017/05/09 21:13

    今週末にゆめ工房の句会と懇親会でお会いできますこと、大変へ楽しみにしています。名古屋城には安藤・安井・稲垣の三羽ガラスで何度も下見に行きましたが、初めて本丸御殿を見学したり、満開の桜に感動したりと大いに楽しみました。

    お迎えする準備を度々打ち合わせしてまいりました。丸山進さんに報告も兼ねて最終の打ち合わせは8人の役員で、意見をぶつけ合いながら行って、それぞれの担当を再確認。
    私は、北原さんからの最終リストを待って、会計の資料や脇取などの表をパソコンで加工するため待機しています。

    大西さま
    本日、手紙と互選賞を受け取りました。

    大西さまはじめ、皆さまのお越しを嬉しくお待ちいたしております。
  • 丸山 進  2017/05/09 22:49
    ☆「またあした」切れた電話が温かい  公子
     こんな感じで明日に繋がっていく関係がなんともほんわかでいいですね。

    ☆保護色に紛れ安易に生きている  柳谷益弘
     これはまあ生活の知恵のようで心安らかでいいんじゃないでしょうか。そういう習慣が時々遭遇するイザという時にも冷静に対処できるように思います。

    ☆なみさんはじめスタッフの皆さんが交流会の準備を精力的に
    してくださっておられ助かります。私は名前だけで、おろおろしているだけですが、楽しい会になると思います。よろしくお願いします。
  • 大西俊和  2017/05/10 05:39
    わたしたちライトアップに慣れてない 竹内美千代

    「わたしたち」の中に、私も紛れ込ませて
    下さいね。ライトアップ、慣れると快感でしょうね。
  • 大西俊和  2017/05/10 05:46
    進さん

    今週末、お世話になります。川柳三昧、観光三昧、
    カラオケ三昧・・・楽しみです。いろいろとありがとう
    ございます。よろしくお願い致します。
  • ええ一  2017/05/10 07:57
    *B級を生きてキャベツの芯が好き   ええ一
    俊和さん、篤子さん、一雄さん、ひろ子さん、コメント有難うございます。ブロッコリーの芯も、キャベツの芯も美味いですよねぇ~。「B級を生きると気が楽だよ」と自分に言い聞かせるこの頃です。二病息災で、まあまあ元気ですがよく忘れ物をします。
  • 山口一雄  2017/05/10 12:39
    わたしたちライトアップに慣れてない  竹内美千代

    映画の中のその他大勢でしょうか。でもそれぞれに役割がありそうです。
  • 田村ひろ子  2017/05/10 14:25
    ◆わたしたちライトアップに慣れてない  竹内美千代

    そうなのよね。
    眩しいだけのライトアップの中に立ったら・・・・疲れてしまいますよ。
  • 大西俊和  2017/05/10 15:46
    ええ一さん

    神戸で義兄弟の盃を交わして頂いてから、お会いしていませんね。二病息災でお過ごしとのこと、安堵致しました。私も時限爆弾の一病を抱えながら元気に過ごしています(笑)。離れていても義兄弟です。これからもよろーしくお願い申し上げます。
  • ええ一  2017/05/10 16:21
    俊和さん、嬉しいコメント有難うございます。
    2009年に、善江さんから紹介し頂いて、2回程オフ会に参加させていただいたのを、昨日の事のように思い出します。
    出来れば名古屋の交流会にも行きたいのですが、体調が協力してくれなくて残念です。皆さんにヨロシクおっ伝えください。
    今後ともよろしくお願いします。
  • 坪井篤子  2017/05/10 16:58
    *わたしたちライトアップに慣れてない  竹内美千代

    若い頃は憧れていたスポットライトですが、やはりライトアップはご遠慮いたします。
  • 野原 萌  2017/05/10 17:06
    ★B級を生きてキャベツの芯が好き   ええ一
    B級料理、大得意で~す!料理もお付き合いも、気さくなのが一番星!

    ★わたしたちライトアップに慣れてない  竹内美千代
    世は猫ちゃんブーム。ライトアップに慣れたスターネコがわんさです。それはそれでカワユイけど、慣れてない派も、なんとも良い個性ですね。

    ★なみ様
    いろいろと大変でしたでしょう。とっても楽しみにしていますので、よろしくお願い致します。
  • 大西俊和  2017/05/10 20:16
    なみさん

    ご丁寧な書き込み、ありがとうございます。三羽ガラスさんで、何度も何度も名古屋城の下調べをして下さったのですね。お忙しい時間を割いてご準備下さり、ただただ感謝です。東北、東京、長野、鳥取、関西から馳せ参じます。名古屋の二日間、よろしくお願い致します。
  • 丸山 進  2017/05/10 21:06
    ☆B級を生きてキャベツの芯が好き   ええ一
     B級とキャベツの芯、どちらも飾らず身となり肉となるで
    美味しいですね。句も上手い。
    今日の川柳講座でええ一さんの「雷蔵をTSUTAYAへ返す菜種梅雨」
    の句を紹介させてもらいました。交流会はお会いできず残念ですが、またのチャンスを待っております。どうぞお身体に気をつけてください。

    ☆わたしたちライトアップに慣れてない  竹内美千代
     ライトアップは眩しいし心身疲れそうですね。本日の講座お疲れ様でした。
    交流会(名古屋)は都合がつかずで残念ですね。
  • 竹内美千代  2017/05/10 23:37
    この麦の写真を一目見た瞬間、ムンクの叫びと重なりました。
    ビールなど明るいイメージの句が多かったことに少なからず驚いたほどです。

    光明さま、なみさま、与生さま、康江さま
     共感と票を戴きありがとうございました。

    俊和さま、一雄さま、ひろ子さま、篤子さま、萌さま、進さま
     コメントありがとうございました。

    名古屋での交流会、折角の機会、皆々様に十数年以上振りにお目に掛かれるというのに、参加できず、残念、且つ愛知在住の者として申し訳ない気持ちで一杯です。ごめんなさい。
    参加される皆様にとって楽しいひと時でありますよう、せめて祈らせて頂きますね。
  • 大西俊和  2017/05/11 05:02
    美千代さん

    名古屋ー大阪、新幹線で1時間。交通機関の発達で、これから
    ますます近くなることでしょう。またの機会に、是非お会いしましょう。楽しみにしています。
  • 大西俊和  2017/05/11 05:07
    分母には納まりきれぬ愛がある     松尾冬彦

    「分母」のこと、余り考えませんでした。母がつくので
    深い愛があるのでしょうね。そう、それにロマンもあり
    そう。もう少し「分母」のことを考えるように致します。
  • 坪井篤子  2017/05/11 05:26
    *分母には納まりきれぬ愛がある 松尾冬彦

    分母は母、分子は子供。私は四人姉妹なので母の愛は四分の一?
    いえいえ四人共それ以上の愛を貰ったはずです。
    一人っ子の想像も膨らみますね。
    分母には参りました。
  • ええ一  2017/05/11 09:01
    萌さん、コメント有難うございます。
    進さん、コメントと、拙句の紹介有難うございます。
    「たまの」の大会も無くなり、淋しくなりました・・・。
    また、どこかでお逢いできるといいですね。
  • 田村ひろ子  2017/05/11 11:16
    ◆分母には納まりきれぬ愛がある  松尾冬彦

    冬彦さんの分母の大きさ、温かさがふくらんでます。
    あふれるほどの愛の安心感が伝わってきました。


    ◆美千代さん

    きっと、どこかでお目にかかれますね!!
    きっと、きっと