現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

オープン掲示板 過去ログ

どなたでも書き込んでいただける掲示板です。現代川柳の話題、イベント情報など、ご自由に利用してください。雑談もOKです。インターネットに一般公開されている掲示板ですので、個人情報の取り扱いにはお気をつけ下さい。

  • 冬子  2018/07/08 07:13
    ★信号は守るゆびきりはほどける 怜

    漢字とひらがなの妙ですね。
    約束を破るという強い表現ではなくゆびきりがほどけるという表現に心が通います。

    ★波の音 敵も味方もなく平和 たんばらのぶえ

    人間同士の確執なんて小さなことと静かによせる波の音が聞こえそうです。
  • 坪井篤子  2018/07/08 08:56
    *波の音 敵も味方もなく平和  たんばらのぶえ

    のぶえさんにとっての平穏、平和、いつまでも続きますように。
    幸せで居て欲しいです。


    現在の日本列島異常気象に因る多大な被害、
    オームの死刑執行などなど、
    平和であることを祈るばかりです。
  • 野原 萌  2018/07/08 22:45
    ★波の音 敵も味方もなく平和  たんばらのぶえ
    繰り返す波のリズムが、快くて居眠りしそうです。
  • たんばらのぶえ  2018/07/09 00:38
    私の拙句に暖かいコメントを下さつた皆様、そして選をして下さいました方達にも感謝です。 励みになりました。

    普通なら仲良く並んで居れるはずのない猫と鳥が仲良く並んで波の音を聞いているような写真から「波の音」「敵も味方もなく」穏やかな波の音も・・・世の中にもこの景色のような平和な日が続いて欲しい・・・と思い浮かんだ句です。


    俊和さま
    暖かく優しくそしてロマンチックな俊和さんらしい素敵なコメントをありがとうございました。

    冬子さま
    心暖かいコメントをありがとうございました。優しさの中に逞しさも感じられる波の音には心も広くなりそうですね。

    篤子さま
    篤子さん暖かいコメントありがとうございました。篤子さんから私にとっての平穏、平和が続きそして「幸せでいて欲しい」には思わずうるうるしてしまいました。

    萌さま
    ほのぼのとしたコメントありがとうございました。
    平穏であればこそ波の音をも快く感じられ居眠り木出来ますよね。
  • 大西俊和  2018/07/09 06:45
    風よけになるが影にもなる隣家 まこと

    隣家が頑丈な豪邸であると、自然災害の時に心強いですが、豪邸の大きな影に包まれてしまって日当たり風通しに問題。良いこと悪いことは表裏の関係ですね。隣家という具象、説得力がありますね。
  • 冬子  2018/07/09 08:19
    ★風よけになるが影にもなる隣家 まこと

    すべては表裏一体ですね。プラスの面を見るか、マイナスの面を見るかは自分次第だと思います。隣家を持ってきたところはさすがです。
  •   2018/07/09 09:20
    ☆波の音 敵も味方もなく平和  たんばらのぶえ
     人類は些細なことで争ってばかりですが、動物の方が友好・平和を自然に実行してますね。視点が素晴らしい。そうありたいものです。

    ☆風よけになるが影にもなる隣家  まこと
    隣家とは長いお付き合い。いろいろあるが持ちつ持たれつ。
    川柳で表現するのもある種の融和剤では。
  • 田村ひろ子  2018/07/09 14:31
    ◆波の音 敵も味方もなく平和   たんばらのぶえ

    お忙しい日々をお過ごしののぶえさん、
    お店にいらっしゃるお客様方への心配り、
    経営者として采配など、
    多くのことをかかえながらも
    笑顔を保ち続けるのぶえさん。
    のぶえさんの祈りのような句ですね。
  • 田村ひろ子  2018/07/09 14:33
    ◆風よけになるが影にもなる隣家  まこと

    思わずにやにやしながら、両隣のお宅を見ています。
    まことにもって左様でございます。
    もちつもたれつ、仲良く暮らしております。
  • 坪井篤子  2018/07/09 16:34
    *風よけになるが影にもなる隣家  まこと

    上手いこと言われるなぁ。
    庭の芝かりをしながら花の手入れをしながら
    外国暮らしの長いまことさんならではのご近所さん付き合い。
    微笑ましく思います。
  • たんばらのぶえ  2018/07/09 23:55
    進さま

    私の拙句に素晴らしいコメントをありがとうございます。 我が家では3匹の猫も家族ですが動物に教えられたり考えさせられる事も多いです。 私は生来の、のん気とポジティブな性格のせいか(笑)人間関係で悩んだ事は殆どなくこの歳まで「平和」に過ごさせて頂いてる事に感謝です。


    ひろ子さま

    いつも暖かく思いやりのある私には勿体ないコメントを頂きありがとうございます。 私は根っからの、のん気な性格で(気も付かなくて・・・)ただ人が好き、仕事が好き・・・毎日暖かいお客様と色んなお話が出来るのが楽しくて仕事を続けて来れました。昨日で27年目に入りました。ぼーっとしながら平和に過ごさせて今日まで来れた事に感謝です。
  • たんばらのぶえ  2018/07/10 00:12
    ☆風よけにもなるが影にもなる隣家 おさむ

    思わず「なるほど・・・」なんて微笑んでしまいました。私が子供の頃は田舎だったせいもあり両隣さんだけでなく町内の方、大人も子供も親しくお付き合いをしていました。 隣とは挨拶するくらいのお付き合いしかしない所が多くなつた昨今はお隣はおさむさんの「風よけにも」「影にも」と思われるのがお隣との良い距離ですね。
  • 野原 萌  2018/07/10 06:30
    風よけになるが影にもなる隣家  まこと
    うふふふふ。
    風よけの方を沢山見て仲良く暮らして行きましょう!上手いなぁ。と一票投じました。
  • 大西俊和  2018/07/10 07:09
    同じ海見ていた僕らだったのに 中嶋安子

    「だったのに」の下五からやや不本意なその後のドラマを感じます。夢や気持は変わらなくても運命は私たちを予期せぬ方向へ押し流してゆくのでしょうか。
  • 須川柊子  2018/07/10 08:40
    おはようございます。
    お久しぶりです。
    大雨で被害に遭われた方々、お見舞い申し上げます。

    7日から8日に、青森の「おかじょうき」が主催する
    「ステーション2018」に参加してきました。
    そこで、沖縄の森山文切さんとお会いすることが出来ました。
    想像していたよりもお若い方でビックリしました。
    仙台にも何年か住んでいたことがあるそうです。

    川柳って、不思議ですね~。
  • 田村ひろ子  2018/07/10 09:10
    ◆同じ海見ていた僕らだったのに   中嶋安子

    先日、中学校のクラス会がありました。「卒業して、もうすぐ六十年になるのね」。前だけを見て、笑い転げていたあの頃から、それぞれが過ごした六十年の歳月の長さをふと感じました。
  • 坪井篤子  2018/07/10 10:47
    *同じ海見ていた僕らだったのに   中嶋安子

    下五の過去形が僕らの異なった人生を想像させてくれます。
  • まこと  2018/07/10 13:04
    豪雨災害のニュースがカナダにも伝わっています。被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。

    風よけになるが影にもなる隣家  まこと

    俊和さん、冬子さん、進さん、ひろ子さん、篤子さん、のぶえさん、萌さん、丁寧なコメントをありがとうございました。我が家の隣家はイタリア系の家族、反対隣りはマレーシアの家族で仲良くしていますが、夏は庭でバーベキューをすることが多く、ときには強烈な匂いに覆われます。特に魚を焼くとしばらく消えません。とは言え、我が家からも漬物や焼き魚の匂いを撒いていると思います。市内のマンションでは、魚をベランダで焼くことを禁止しているところが多くあります。
  • たんばらのぶえ  2018/07/10 14:03
    ☆同じ海見ていた僕らだったのに 中嶋安子
    広い海を眺めながら大きな夢を語り合った遠いあの日の若かった僕たち・・・。あれから歳月は?年も流れてしまった。今はそれぞれの違った人生を歩いている・・・。歳月の流れは時に少し?寂しく哀しい思いをする事もありますね。
  • 野原 萌  2018/07/10 23:21
    ★同じ海見ていた僕らだったのに   中嶋安子
    だったのに・・・ドラマですね。


    柊子さん、文切さん
     青森で 思いがけない出会い!
     良かったですね。夢工房仲間はいいでしょ!?
  • 大西俊和  2018/07/11 05:39
    ゆううつをぷちんぷちんとつぶす指 海月

    エアパッキン・エアクッションのプチプチをつぶすのは
    楽しいですね。同じ感じでゆううつもプチプチとおし潰したいです。みんな一緒にプチプチと・・・(笑)。
  • 海月  2018/07/11 06:58
    おはようございます
    今月も掲載していただきありがとうございます♪
    大西さん
    いつも早いコメントをありがとうございます!
    そうですね~~
    すごい形相でぷちぷちやるか
    ケセラセラでぷちぷちやるか
    人それぞれだと思いますが、あまり尾は引きたくないですね~~。時間がもったいないです。
    今日はこれから実家行きです。
    先日の大雨で堤防が決壊すれすれで川の近くに住んでいる九十歳の両親は近くの公民館に避難しました。
    被害がなかっただけでも本当にありがたいですが、被害の大きすぎたところはこれが本当に日本の姿だろうかと胸が痛みます。

    森山さんが主催されていらっしゃる毎週web句会で句集参加者を募っていらっしゃいます。一度でも参加された方は応募可能ですのでぜひ参加なさってみられませんか?
  • 坪井篤子  2018/07/11 10:16
    *ゆううつをぷちんぷちんとつぶす指  海月

    海月さん、
    ご実家は大丈夫だったとの事、安堵しました。
    ご両親共々、海月さんもお疲れになられませんように。

    ぷちんぷちんとあの緩衝材のプチプチを潰している間は憂鬱も忘れますよね。
  • 田村ひろ子  2018/07/11 14:03
    ◆ゆううつをぷちんぷちんとつぶす指  海月

    海月さん
    ご両親様のお宅は川の近くでいらしたのてすね。
    どんなにか怖い思いで、避難されたことでしょう。
    公民館で、心細くお過ごしのことでしょう。
    海月さんの元気な声がなによりの支えになりますよ。
    1日も早く、ご自宅に戻ることが出来ますように。


     海月さんがエアパッキンを広げて丁寧にプチンプチンとしていらっしゃる姿を想像しております。
    「憂鬱」をつぶしていらっしゃるところが、なんだか楽しいです。
    我が家の10歳児が、エアパッキンを見つけると、まるで絞り上げるように「プチプチプチプチプチプチ・・・・」と潰して嬉しそうにニンマリしております。
    「憂鬱」が溜まっているのでしょうか?
  • たんばらのぶえ  2018/07/11 19:55
    ☆ゆううつをぷちんぷちんと潰す指 海月

    海月さんのご実家の辺りもこの度の豪雨の被害に遭われたのですね・・・。お母様も高齢での避難所への移動さぞ不安だった事と思います。でもご無事でよかったですね。私の住んでいる倉敷市、岡山県下にも大きな被害を受けた所が沢山ありこの暑さでの被害地の方達の事を思うと胸が痛みます。
    地震や台風、水害と天災が多い昨今の日本ですがこれ以上の被害が出ない事を超える祈るばかりです。


    すこーしゆううつな事があった日の海月さん・・・良いもの見つけましたね。プチプチプチとエアパッキンをもくもくと潰していたらほーらゆううつはいつの間にか何処かへ飛んで行きました。いつもどうりの海月さんのそ素敵な笑顔が見えて来ました。 海月さんありがとうー!私もほゆううつがひょっこり出てきたら「プチプチプチ」をする事にしました。(笑)
  • 海月  2018/07/11 20:37
    先ほど実家より戻ってきました。
    篤子さん、ひろ子さん、のぶえさん、そして冬子さん、(出かける前に読ませていただいたのですが帰ってきたら削除されてました)ご心配とコメントををありがとうございます。ペコリ。
    橋が川に少し埋もれたものの堤防が決壊することはなく両親とも翌日には家に戻って普通どおりの生活を過ごすことができました。本当に大きな被害がなかったことを感謝しなければいけませんが深刻な被害があったところには本当に胸が痛みます。今も尚被害は拡大しているわけですから本当に早く災害がおさまってくれることを祈るしかありません。

    ゆううつは指でつぶすに限ります。笑
  • 大西俊和  2018/07/12 05:55
    お互いにさぐり合ってる腹の内 柳谷益弘

    「人類5000年史」という本を読んでいます。人間の言葉と文字の獲得は今で言うIT革命のようなものとのこと。進化すれば進化するほど人間は複雑な光と影の世界を生きなければならないのでしょうね。
  • 冬子  2018/07/12 07:18
    海月さん。

    お帰りなさい。
    実際にご両親のお顔を見て、さぞほっとされたことでしょう。
    本当に良かったです。
    昨日のコメは国のことなど、この場にふさわしくないような気がしましたので削除させて頂きました。
    空気を読めないことがあるので(笑)。

    私もゆううつをぷちんぷちんと潰しておきます。
    ゆううつを漢字にしなかった海月さんのセンスが素晴らしい。
    深刻な「憂鬱」ではなくて、誰にでもある親近感のある「ゆううつ」ですね。
  • 海月  2018/07/12 08:09
    冬子さん、ありがとうございます♪
    空気読めないなんてこと全くありません~~
    (それなら私はどうすればというところです)
    冬子さんのシャープさ楽しいです。
  • 田村ひろ子  2018/07/12 09:24
    ◆お互いにさぐり合ってる腹の内   柳谷益弘

    さらりと話しているつもりでも、そうなのかもしれませんね。
  • 坪井篤子  2018/07/12 09:58
    *お互いにさぐり合ってる腹の内   柳谷益弘

    競技の世界での駆け引きでしょうか。
    ここでダッシュとかまだまだとかetc。
  • たんばらのぶえ  2018/07/12 15:50
    ☆お互いにさぐり合ってる腹の内 柳谷益弘

    ふふふ 色んな場面でこんな事があるでしようね・・・。でも「お互いに」という所にほっと救われます。
  • 大西俊和  2018/07/13 05:16
    黙秘する一本足りぬ鶴の足 松原房子

    不思議な発想の句ですね。黙秘すること、
    なかなか難しい。しっかり立っていますが、
    良く観ると小刻みに震えている鶴の一本足。
  • 坪井篤子  2018/07/13 07:39
    *黙秘する一本足りぬ鶴の足  松原房子

    鶴が身じろぎもせず一本足で立っている映像を見たことあります。
    鶴の足に準えて黙って堪えている房子さん。
  • 田村ひろ子  2018/07/13 20:55
    ◆黙秘する一本足りぬ鶴の足   松原房子

    屹然とした房子さんの立ち姿が浮かんでくるような句です。
    一本足で孤高を守る鶴の姿が美しいです。
  • 中嶋安子  2018/07/13 21:31
    同じ海見ていた僕らだったのに 中嶋安子

    俊和さん、ひろ子さん、篤子さん、のぶえさん、萌さん、
    コメントありがとうございます!
    あの写真を見た時に、彼らの目線が気になって、作った句でした。
    それにしても、ナイスショットですね!
  • 野原 萌  2018/07/14 06:29
    ★ゆううつをぷちんぷちんとつぶす指  海月
    ひらがなの中に指だけが漢字。指に入った力を思います。
    ぼんやりとゆううつ・・・
    気だるさと共存する意志の強さ!

    御両親が元の生活に御戻りになられ何よりでしたね。
    本当に、なによりでした。

    ★黙秘する一本足りぬ鶴の足   松原房子
    ふむ。ふむ。
    考えさせられますね。 「沈黙する」凄いです。
  • 大西俊和  2018/07/14 09:11
    セクハラも人種差別もない世界 ミチコ

    人間と異なり自然の秩序で生きる生き物たち。人間より美しい世界を知っているのかも知れません。
  • 野原 萌  2018/07/14 10:15
    ★お互いにさぐり合ってる腹の内   柳谷益弘
    一見クールな表情は、あぶないあぶない!
    要注意ですね。

    ★セクハラも人種差別もない世界   ミチコ
    人の心の中には、不幸な人が幸せになる様、願う心が確かにあるとか。そしてその人がうんと幸福になると、今度はもう一度その人がまた不幸・・・と願う心もあるとか。
    心に闇を持つのもまた人間かも知れません。
    ・・・
    猫と鷗と不思議なショットでした。ミチコさんの句の世界がありそうですね。
  • 坪井篤子  2018/07/14 10:20
    *セクハラも人種差別もない世界   ミチコ

    無意識の内に発する言葉、気をつけたいものです。
  • 海月  2018/07/14 13:49
    萌さま、コメントをありがとうございます。

    とりあえず被害は免れましたが年老いた両親、これからどうなるのかしらんとちょっと不安ではあります。
    あまりにもケセラセラなワタクシも真剣に考えなくてはいけない日が来るのでしょうね。ため息。
  • 苑子  2018/07/14 14:53
    こんにちは
    先週、青森で行われた川柳ステーションで
    森山文切さんと2日間ご一緒しました。
    2日目は丸一日観光も一緒。
    はるばる沖縄からいらした青年は
    世代の違うみなさんに優しい笑顔で接しておられ
    すっかり東北人の中に溶け込んでいらっしゃいました。
    台風が待っている沖縄へ帰られるときはなぜか嬉しそう。
    沖縄では台風のときは仕事がお休みになるのだそうです。
    どうだったのでしょう?
    さて、私は来週、岡山へ行く予定です。
  • 田村ひろ子  2018/07/14 20:27
    ◆セクハラも人種差別もない世界   ミチコ

    海を見ている猫と鴎には、それぞれの立場を尊重している穏やかさがあります。
    私たちの社会には「哀しいことば」「哀しいこと」があまりにも多いです。気をつけて生きていこうと思います。
  • たんばらのぶえ  2018/07/14 23:22
    ☆黙秘する一本足りぬ鶴の足 松原房子

    一本足で颯爽と立っている鶴の足を黙秘する・・・何か哀しい決意のような物を感じられます。


    ☆セクハラも人種差別もない世界 ミチコ

    あのイメージ写真の鳥とネコが仲良く並んだ穏やかで平和なように人間の世界にもセクハラと人種差別もなくなる日が来るといいですね。
  • 大西俊和  2018/07/15 05:58
    ぬか漬けを喜ぶ顔に嘘は無い       竹内美千代

    心も身体も喜ぶ・・・100パーセントの喜び。文句なしの「美味しい!!!ぬか漬け」なんですね。
  • 坪井篤子  2018/07/15 06:43
    苑子さん、

    岡山駅で合流しましょう!
    暑いですから気を付けてお出かけ下さいね。
    苑子さんが選者をされている新聞の川柳欄のコピー(何日のでも良いですので)お願いできますか。
  • 坪井篤子  2018/07/15 06:51
    *ぬか漬けを喜ぶ顔に嘘は無い   竹内美千代

    日本食の原点と言っても過言ではないぬか漬け。
    美味しいと感じる平和・平凡が有難い事です。
  •   2018/07/15 09:58
    ☆お互いにさぐり合ってる腹の内   柳谷益弘
     まあ空気を読むということかと前向な人生訓と感じました。

    ☆セクハラも人種差別もない世界   ミチコ
     昔からイケナイこととと言われつつ現実は差別が残っていますが、確実に改善されつつある場が増えているのも事実ですね。

    ☆ぬか漬けを喜ぶ顔に嘘は無い   竹内美千代
     キャビア等だと演技っぽいが、ぬか漬けは真の喜び顔でしょう。視点がよいと思います。
  • たんばらのぶえ  2018/07/15 15:17
    ☆ぬか漬けを喜ぶ顔に嘘はない 竹内美千代

    「ぬか漬け」と言えば亡母の美味しかつた「ぬか漬け」を思い出します。お食事の最後に母のぬか漬けを頂くと「ごちそうさま〜」と笑顔がでたものです。
    美千代さんは美味しいぬか漬けを作っていらっしゃいのでしょうね。私はぬか漬けは亡母の物?なんて思って作っていません(笑)
  • たんばらのぶえ  2018/07/15 15:28
    苑子さん篤子さん20日は倉敷駅でお待ちしています。
    苑子さんには初めて篤子さんには7年ぶり?にお会いできるのでいますからドキドキしながら楽しみにお待ちしています。

    今、岡山、倉敷市は先日の豪雨の被災地や被災者の方達も大変かと思う厳しい暑さが続いています。 くれぐれもお身体に気をつけてお出かけ下さいね。
  • 田村ひろ子  2018/07/15 21:17
    ◆ぬか漬けを喜ぶ顔に嘘は無い       竹内美千代

    美千代さんのお手間いりのぬか漬けを喜んで召し上がるご家族、お互いの温かな気持ちが通いあう食卓ですね。
  • 野原 萌  2018/07/15 23:07
    ★ぬか漬けを喜ぶ顔に嘘は無い   竹内美千代
    はーい。美千代さ~ん、絶対です!
    手ぬきをすればたちまちバレてしまいますものね。
  • 大西俊和  2018/07/16 06:03
    穏やかに見える心のほつれ糸 公子

    ほつれ糸も時間が経つと静かに見ることが出来て、静かに対処することが出来るでしょうね。
  • 坪井篤子  2018/07/16 07:16
    *穏やかに見える心のほつれ糸  公子

    なかなか修復できない心のほつれ、
    平常心に見えてもまだまだほつれた糸の端っこがチクチクするのよね。公子さん!
  • 野原 萌  2018/07/16 10:15
    ★穏やかに見える心のほつれ糸  公子
    どうしょうもない心のほつれ糸・・・
    何とか繕うとすれば繕えるのですが無理やりはかえって駄目ですね。
    気だるさも伝わり同感句です。
  • 石原てるみ  2018/07/16 10:48
    野守さん
    夢工房でお会い出来るのも楽しみです。

    俊和先生、篤子さま、萌さま

    そして夢工房ご参加の皆々様、暑中御見舞い申しあげます。
    いつもお世話になっております。
    若い柳友の野守さんを私、同様にどうか宜しく
    お願い申します。
  • 田村ひろ子  2018/07/16 11:01
    ◆穏やかに見える心のほつれ糸  公子

    ほつれ糸のやわらかさは公子さんの優しさです。
    いつも穏やかな微笑みの公子さんの心の中にも、
    「よしよし」している「ほつれ」があるのですね。
    「ほつれ」にも優しい公子さんの眼差しに感服!!
  • たんばらのぶえ  2018/07/16 17:09
    ☆穏やかに見える心のほつれ糸 公子

    心の中にもいつの間にかできてしまったほつれ糸・・・。
    でも穏やかで優しい公子さんならいつの間にか気が付くと「あーら?ほつれ糸なくなってるわー!」自然に修復出来ていると思います。
  • 竹内美千代  2018/07/16 19:10
    俊和さま、篤子さま、進さま、
    のぶえさま、ひろ子さま、萌さま、
    注目してくださった皆さま

    お優しいコメントありがとうございます。

    或る噺家さん宅は、糠床を100年以上守っていらっしゃるとか。

    また、ある方は旅行で留守にされる時、ご近所に糠床容器を預け、
    ぬか漬け野菜はどうぞ食べて下さい、そして一日一回糠をかき混ぜて下さい、といった仲良しの交流をされているそうです。

    どちらも素敵な話だと思いますし、その生き方に感動しています。
    私は冷蔵庫でこじんまりとやってます。
  • 大西俊和  2018/07/17 05:24
    梅雨空のように男が拗ねている おさ虫

    拗ねる男と梅雨空、ぴったしの比喩ですね。高気圧の重る
    記録的猛暑の日々はストーカー的ですね。
  • 坪井篤子  2018/07/17 06:21
    *梅雨空のように男が拗ねている  おさ虫

    どんよりと厚い雲に覆われてモヤモヤが出たり入ったり。
    でもね、おさ虫さん
    男が拗ねるってかわいいもんですよ。
  • 冬子  2018/07/17 08:56
    ★梅雨空のように男が拗ねている  おさ虫

    男が拗ねるのは梅雨空ですね。
    女が拗ねる時はゲリラ豪雨ですから(笑)。
    梅雨空=男が拗ねる お見事です。
  • たんばらのぶえ  2018/07/17 15:37
    ☆梅雨空のように男が拗ねる おさ虫

    うふふ・・・なあーるほど! 男が拗ねるのは「梅雨空」なんだか「かわいい」ですね。
  •   2018/07/17 15:56
    ☆梅雨空のように男が拗ねる おさ虫

    629mの猿投山登山が日課のおさ虫さんが拗ねる?
    想像できません。この句は時事吟と読みました。
    6月の国会で「あーでもないこーでもない」うじうじしていた
    議員さんを揶揄ってる句でしょう。
  • 田村ひろ子  2018/07/17 16:34
    ■梅雨空のように男が拗ねている   おさ虫

    おさ虫さんが拗ねているのもいいな~とも思いましたが、
    桂さんのコメントを拝読、
    「なるほど」と思いました。
    一歩さがって句を鑑賞することも大切ですね。
  • しょうこ  2018/07/17 19:43
    梅雨明けと共にこの暑さ菜園も夫も水枯れ私は水を求めてさまよい拗ねている夫見て見ぬ振りしてます。この見つけ大好きです。
  •   2018/07/17 21:09
    ☆梅雨空のように男が拗ねている   おさ虫
     昨今の男は拗ねるかこけるかで、女は居直るか怒鳴るの傾向かなと男子の私も思います。梅雨空の喩えは上手いです。
  • 野守  2018/07/17 23:01
    石原 てるみさま
    ご紹介ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
  • おさ虫  2018/07/17 23:12
    ◆ 梅雨空のように男が拗ねている   おさ虫
    みなさん、楽しい読み、ありがとうございます(^_^)v
    梅雨の時に作った句ですが、すっかり過去の句になってしまいました。それにしてもすごい猛暑ですね。こちらは今日37℃超、明日は39℃超の予報が出ています。
    さて本句、拗ねていたのは、もちろん私・・ではありません。
    私もよく拗ねますがジメジメ・シトシトしてません。空梅雨みたいな人間ですカラ(笑)
    俊和さん、そろそろ退院ではないですか。待ち遠しいですね。
    篤子さん、女性の拗ねた顔のほうが断然色っぽいと思いますよ。
    冬子さん、ゲリラ豪雨・・懐かしい言葉ですね(笑)
    のぶえさん、男の場合は、ゲジゲジみたいに嫌いますがねえ。
    桂さん、時事吟で詠んでみると面白いかもしれませんね。猿投山は暑いのでショートカットで帰っています。7合目ぐらいで。
    ひろ子さん、マガジンの文学賞、やっと句ができました。一晩寝かせて明日もう一度推敲です(^_^)v
    しょうこさん、水を求めて・・いいねえ。もちろん泡の出る(笑)
    進さん、実感籠ってますね。我が家も然り!です(^J^)
  • 大西俊和  2018/07/18 06:10
    それぞれの想いで同じもの見てる 坪井篤子

    イメージ吟、然り。同じ写真を見ていても
    浮かんでくる川柳はそれぞれ・・・人間は
    楽しく面白く哀しいものですね。
  • 冬子  2018/07/18 08:56
    ★ それぞれの想いで同じもの見てる 坪井篤子

    同じものを見ていても、想いは千差万別。
    それは人間だけでないでしょうね。

    おさ虫さん。
    古いヤツだとお思いでしょうが・・・・(笑)。
    未だに会話の中にゲリラ豪雨が出てきます。
    ちなみにパスタという言葉もすんなり出ません。
  • 坪井篤子  2018/07/18 10:39
    俊和さん、
    人それぞれですからね。
    <人間は楽しく面白く哀しいものですね。>
    同感です。有難うございます。


    冬子さん、
    生きとし生けるものの
    想いや感じ方は千差万別なのです。
    有難うございます。
  • 田村ひろ子  2018/07/18 11:43
    ■それぞれの想いで同じもの見てる   坪井篤子

    生きていくって、そういうことなのでしょうね。
    同じものを見ていても、想いは千差万別。
    それぞれの「今」を作っているのは、
    これまでの経験、環境、家族関係・・・・など。
    「海」を見ながらの想いをたずねたら、きっと四つの「物語」が生まれることでしょう。
  •   2018/07/18 20:15
    ☆それぞれの想いで同じもの見てる   坪井篤子
     視点の先に相当インパクトのあるものが存在しているように思う。そうでないと視線があれほど揃わないから。篤子さんの視点もするどいなあと思います。
  • 坪井篤子  2018/07/18 21:08
    ひろ子さん、
    「海」を見ながらの想いから四つの「物語」が生まれる。
    有難うございます。


    進さん、
    実は大きな潜水艦のようなものを想像した句に挑んでみたのですが無理でした(笑)
    有難うございます。
  • たんばらのぶえ  2018/07/19 02:18
    ☆それぞれの想いで同じ物見てる 坪井篤子

    一緒に仲良く並んで同じ景色をそれぞれが違った想いで見ている・・・。暖かく見えても何だかすこーし寂しい想いもしますね。 でも同じ景色を同じ想いで一緒に見て居れるそんな人と出会った時は幸せに感じられるような時もありますね・・・。
  • 大西俊和  2018/07/19 04:25
    悲しみへ曲がれ右して生きてます      小林祥司

    夢と現実、人間はいつも曲がれ右して生きるのでしょうか。
    真っ直ぐに突き進みたいですね。
  • 田村ひろ子  2018/07/19 08:50
    ◆悲しみへ曲がれ右して生きてます      小林祥司

    悲しみへは
    なかなか曲がれ右できないのが現実。
    祥司さんは「そのことを承知」しながら
    悲しみを
    忘れないよう句にされたのでしょうか。

    哀しいことを忘れることはできません。、
    でも、
    悲しみも一つの思い出として大切にしながらも、
    悲しみの方に戻ることはないよう生きていきたいです。
  • 坪井篤子  2018/07/19 10:14
    *悲しみへ曲がれ右して生きてます    小林祥司

    敢えて「曲がれ右して」ですから忘れてはならない悲しみなのでしょうね。
    戦争へと突入していった時代を思いました。
  • たんばらのぶえ  2018/07/19 22:24
    ☆悲しみへ曲がれ右して生きてます 小林祥司

    無理にでも「曲がれ右」をしなければ前に歩いていけないような深い悲しみを私も抱えた事があります。 でも思い切って「曲がれ右」をした時はまた希望を抱きながら人は前に歩い歩いて行けるのでしょうね・・・。
  • 野原 萌  2018/07/19 23:45
    野守さま
     はじめまして。
    今月の印象吟に、やさしいお星さまを付けて下さって ありがとうございました。
    心が足りていると、自分ばかり主張せず、他を認め思いやる平穏がありますね。束の間であったとしても。 シャッターを押された方の温もりを感じました。
    これからもよろしくお願い致します。

    苑子さん
    明日は岡山ですね。
    一杯お世話になったのに参加出来なくてごめんなさい。ちょっと無理したら行けるかな?とも思ったんですが・・ やはり駄目でした。
    お気を付けておこし下さいね。
  • 大西俊和  2018/07/20 06:05
    ランク付けされていそうな位置にいる 松尾冬彦

    表彰台に上がり、メダルを貰う人、そうでない人。みんな一生懸命に走ったのに・・・。人間の世界にだけある、ランク付け。
  • 坪井篤子  2018/07/20 08:00
    *ランク付けされていそうな位置にいる  松尾冬彦

    何気なくそこに居てもランク付けされているように思える事ってありますよね。
    そうではなくてもそのように思える心のありどころを上手く表現され感心します。
  • 田村ひろ子  2018/07/20 09:03
    ■ランク付けされていそうな位置にいる   松尾冬彦

    冬彦さん、「~いそうな位置」は微妙な位置ですね。
    思い込みかもしれないし、事実かもしれない・・・・。

    先日テレビで
    猿山のボス猿の跡目を狙っている、
    数匹の若手の猿の日常の動きを見ながら
    「位置に対する意識」の凄さを感じました。
    「ランクづけされる位置」は魅力的なのでしょうね。
  •   2018/07/20 10:25
    ☆悲しみへ曲がれ右して生きてます    小林祥司
     避けて通れない運命を感じます。生きるということは辛い繰り返しかもしれませんが、時々よいこともあるから止められない。

    ☆ランク付けされていそうな位置にいる   松尾冬彦
    AKBの総選挙を連想しました。期待が膨らむ位置にいるのでしょう。
  • 坪井篤子  2018/07/21 06:25
    *丸結び忘れて糸が逃げていく  公子

    結び玉を忘れたらせっかく縫った糸がスーっと抜けてしまいます。
    女性ならではの日常が切り取られていて見事!
  • 大西俊和  2018/07/21 08:51
    丸結び忘れて糸が逃げていく 公子

    結び忘れると逃げてゆく糸。男の指は不器用、悔しい思いをしたこっと何度もあります。
  • 田村ひろ子  2018/07/21 15:11
    ■丸結び忘れて糸が逃げていく   公子

    何気ない日常の「あらららら」でもありますが、
    公子さんがそっと逃がしたやった「想い出」のようにも感じました。
  • 野守  2018/07/21 22:06
    野原 萌さま
    こちらこそ、よろしくお願いいたします。
    お人柄が、滲み出ているのではないのかしらと想像を膨らませております。多少妄想癖がありますもので、勝手なことを書いてしまいました。
    句会に参加させていただき、楽しみが増えましたこと、うれしく思っております。ありがとうございます
  • 坪井篤子  2018/07/22 05:50
    *疑わず風の便りを待ってます  森下綾子

    何事も疑わず待っていればきっと爽やかな風がいい便りを運んでくれます。
    ね、綾子さん。
  • 大西俊和  2018/07/22 06:36
    疑わず風の便りを待ってます 森下綾子

    「疑わず」が一番大事なようですね。ある日、素敵な風の便りが吹いてくることでしょう。
  • 田村ひろ子  2018/07/22 10:23
    ■疑わず風の便りを待ってます  森下綾子

    綾子さんの生きる姿勢なのでしょうね。
    背すじをしっかりのばし、
    微笑みを浮かべて待っている風・・・・
    その風は穏やかな優しさで綾子さんを包み込むことでしょう。
  • たんばらのぶえ  2018/07/22 22:21
    ☆丸結び忘れて糸が逃げていく 公子

    「丸結び」女性ならではの言葉・・・。
    大切な結び目をうっかり忘れて逃がしてしまった糸・・・人生にもそんな事もありますね。


    ☆疑わず風の便りを待ってます 森下綾子

    約束をずっと信じて風の便りを待っている・・・。綾子さん切ないですね。
    でも信じれると言う事は幸せな事・・・。きっときつと嬉しい風の便りがやって来ますよ。
  • 野原 萌  2018/07/22 22:56
    ★ランク付けされていそうな位置にいる   松尾冬彦
    フームフムフム・・。非常に微妙デスネ。

    ★丸結び忘れて糸が逃げていく  公子
    ついうっかりが、逃がしてしまったものを思い出し苦笑しています。
    女性的な目がステキ!

    ★疑わず風の便りを待ってます  森下綾子
    待つ日々のワクワク。こころ楽しい時間ですね。上五にほっこり。
  • 大西俊和  2018/07/23 08:03
    桃の肩優しく抱いて傷つける 松原房子

    優しく優しく抱いても傷つけてしまう桃。傷つき易い桃をあなたも私も持っているのでしょうか。
  • 田村ひろ子  2018/07/23 09:47
    ◆桃の肩優しく抱いて傷つける   松原房子

    果物屋さんの店先で
    「夏でございます」とふわふわのクッションで微笑む桃姫。
    姫の横には草書の短冊が・・・
    「ふれないでください」
    「撫でないでください」
    「だきしめないでください」と。

    それでも、優しく抱いてしまった房子さん
    分かっているのに・・・
    想いのほうが強かったのかしら。
  • 坪井篤子  2018/07/23 11:20
    *桃の肩優しく抱いて傷つける 松原房子

    どんなに優しく触れても桃は傷つきます。
    桃を具象の恋句かと・・・。
  • 苑子  2018/07/23 12:38
    篤子さんと伸枝さんにお付き合いしていただき、酷暑の倉敷でお茶しました。私は生ビール、お二人はカキ氷を注文。美観地区はサラッとすり抜け涼しい店内でおしゃべり。暑くて観光はムリ!
    夢工房はWEB句会のみならず、人と人を繋いでくれる素晴らしい場所です。
    感謝しかありません。
    篤子さん、伸枝さん、暑い中お出かけして下さり本当にありがとうございました。
    帰りは20数年ぶりで飛行機に乗りました。
    閉所と高所がダメになってから避けていましたが
    何とか大丈夫でした。
    萌さん、次回は関西には飛行機のパックで行きますね!
  • 小林祥司  2018/07/23 14:20
    ★悲しみへ曲がれ右して生きてます 
    俊和、ひろ子、篤子、のぶえ、進さんコメントありがとうございました。
    希望を持て生きていきます。楽しいこと一杯あるように願いながら。
  • 坪井篤子  2018/07/23 18:14
    苑子さん、

    酷暑の中、お疲れ様でした。
    苑子さんの変わらぬ笑顔に癒されました。
    気候の良い時にまたゆっくりお越し下さいね。

    飛行機、克服できましたね。良かった!