現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

オープン掲示板 過去ログ

どなたでも書き込んでいただける掲示板です。現代川柳の話題、イベント情報など、ご自由に利用してください。雑談もOKです。インターネットに一般公開されている掲示板ですので、個人情報の取り扱いにはお気をつけ下さい。

  • 森下綾子  2018/07/23 18:18
    篤子さん、俊和さん、ひろ子さん、のぶえさん、萌さん、

    いつも素敵なコメントを有難うございます。
    嬉しく拝読いたしました。

      疑わず風の便りを待ってます  森下綾子
  • たんばらのぶえ  2018/07/23 20:49
    ☆桃の肩優しく抱いて傷付る 松原房子

    今、岡山では桃の季節です。 そーっとそーっと優しく抱いても、ちょいと指が当たっても傷付きやすいデリケートな桃・・・。でも房子さんどんなに傷付いても桃の香りと美味しさは夏一番の果物の優しい女王です。大丈夫!
  • たんばらのぶえ  2018/07/23 21:06
    苑子さん お疲れ出ていらっしゃいませんか? 酷暑の倉敷へ遠くからお越し下さいましてありがとうございました。
    苑子さんとはお会いしたのは当日が初めて、篤子さんとは長いお付き合いですが7年目の再会でした。 でも倉敷駅でお二人のお顔を拝見した途端、お初めても7年ぶりと言うのも忘れていました。とても嬉しい気持と懐かしさでいっぱいでした。 季節の良い時ならゆっくりと倉敷の美観地区を散策して頂きたかったのですがあの厳しい猛暑! 冷たい物を頂き楽しいお喋りが一番でした。
    想像どうりの素敵な苑子さんとの初対面、7年振りにお変わりなく若々しい篤子さんとの再会・・・。「夢工房」「川柳」に感謝です。
    苑子さん飛行機、克服?出来て良かったですね! またの再会を楽しみにしています。
  • 野原 萌  2018/07/23 23:05
    ★桃の肩優しく抱いて傷つける   松原房子
    やさしさは 時に、相手側にとってはお節介なことも。
    知らず知らずのうちに傷つけているのですね・・
  • 野原 萌  2018/07/23 23:18
    苑子さん、篤子さん、のぶえさん
     ギンギンの熱気を跳ね返して 楽しいお喋りが聞こえてくる様です。
     柳友はホントにいいものですね。
     苑子さんも高所閉所を克服されたとか!良かったですね。
     次回がまたありますように。私も参加出来ますように。
  • 大西俊和  2018/07/24 07:33
    集まって皆んな孤独を抱いている 村井広子

    人類は言葉を手に入れ、厳しい地球上生物の生存競争を乗り越え、頂点に立ったのですが、同時に、深い孤独や淋しさを知ることになったのでしょうね。
  • 野原 萌  2018/07/24 10:56
    ★集まって皆んな孤独を抱いている   村井広子
    集まりの中で益々孤独をいだく現代。
    デモ せっかく出てきたのだから、袖触れる御縁か何か良いきっかけがあるといいなぁ~
  • 田村ひろ子  2018/07/24 12:08
    ■集まって皆んな孤独を抱いている   村井広子

    それぞれの孤独があっての個性だと思ってます。
    「それぞれの独りであるところ」には決して入り込まずに、
    ご縁を戴いた方々とご一緒できる時間を大切にしていきたいと思ってます。
  • 坪井篤子  2018/07/24 13:51
    *集まって皆んな孤独を抱いている 村井広子

    みんな同じではないそれぞれの孤独。
    そっとして欲しい孤独もある。
    「孤独を抱く」って素敵な言葉ですね。
  • たんばらのぶえ  2018/07/24 14:59
    ☆集まってみんな孤独を抱いている 村井広子

    笑顔で一緒に集まって楽しい時間を過ごせる仲間がいてもみんなそれぞれの孤独をそっと抱いているのですよね・・・。
  • 坪井篤子  2018/07/25 06:27
    *急停車別の時間が歩き出す じゅんいち

    予期せぬ急停車。
    「別の時間が歩き出す」面白い表現に成る程と納得。
  • じゅんいち  2018/07/25 08:37
    篤子さん

    お暑い中、コメント有り難う御座います。
    朝からうんざりの蝉時雨です
  • 大西俊和  2018/07/25 08:38
    急停車別の時間が歩き出す じゅんいち

    哲学的な雰囲気の句ですね。篤子さんが書かれているように「別の時間が歩き出す」の擬人法、いろいろの想像を呼び、面白いです。
  • じゅんいち  2018/07/25 09:15
    俊和さん
    酷暑お見舞い申し上げます。お久し振りです。
    御元気で戦っておられるとお聞きしております。
    コメント有り難う御座います。
  • 野原 萌  2018/07/25 11:30
    ★急停車別の時間が歩き出す じゅんいち
    もし動き出すならなんか怖いけど、「歩き出す」。
    なんだか希望の匂いがしてホッとします。
  • 田村ひろ子  2018/07/25 17:52
    ■急停車別の時間が歩き出す   じゅんいち

    恋の句と思いました。
    ふいの気づき・・・・・出逢い。
    別の時間が歩くという表現がステキでした。
  • じゅんいち  2018/07/25 19:28
    萌さん、ひろ子さん

    お暑い中、お褒めの言葉 嬉しいです。
    有り難う御座います。
    熱中症寸前です
  • たんばらのぶえ  2018/07/26 00:42
    ☆急停車別の時間が歩き出す じゆんいち

    目的に向かって走っていた車(物?)が急に止まってしまった・・・。その時立ち止まるでなくまた違う自分の目的に向かって「歩き出す」急停車に戸惑いもせずまた違ったご自分の目的へ歩き出す・・・。前向きな姿勢に拍手です。
  • 大西俊和  2018/07/26 08:30
    きっと来るきっと来るわと身を正す 森下綾子

    願えば叶う。それを信じるから自ずと「身を正す」ことに。
    願いは美しさにつながるものですね。
  • 田村ひろ子  2018/07/26 09:11
    ■きっと来るきっと来るわと身を正す   森下綾子

      「疑わず風の便りを待ってます  森下綾子」

    風の便りを待っている綾子さんに近づいてくる足音・・・
    もうすぐ逢えますよ。

    酷暑の夏も、
    疑わずに待っていた綾子さんの
    想いが叶ったのですね。
    良かった!!!!!!
  • 坪井篤子  2018/07/26 11:34
    *きっと来るきっと来るわと身を正す  森下綾子
    *疑わず風の便りを待ってます  森下綾子

    今日の句と22日の句は「疑わず信じ身を正して待つ」とセットで読めば綾子さんのひたむきな視線が見えてきます。
    女性らしい句ですね。
  • たんばらのぶえ  2018/07/27 00:16
    ☆きっと来るきっと来るわと身を正す 森下綾子

    新子先生から「怒の綾子」(褒め言葉)とおっしゃられた綾子さん・・・。ででもこの句も先日の
    ☆疑わず風の便りを待ってます 森下綾子
    二句とも「あれあれ・・・綾子さ〜ん」
    「怒の綾子」とは遠い切なくてひた向きな女性らしい句・・・。こんな綾子さんも素敵です。 新子先生がご存命でしたらこの句を何んとおっしゃったかな〜?なんてふと思いました。
  • 森下綾子  2018/07/27 05:14
    俊和さん、ひろ子さん、篤子さん、のぶえさん、

    またまた優しいコメントを有難うございます。
    選んで下さった皆さん、有難うございます。
  • 大西俊和  2018/07/27 08:00
    少年は仕掛け絵本のなかに住む 怜

    元気の良い少年は、いつも、どこでも明るく笑いじっとしていない。どきどきわくわくに満ちた、「仕掛け絵本」のようですね。
  • 坪井篤子  2018/07/27 16:49
    *少年は仕掛け絵本のなかに住む  怜

    仕掛け絵本って幾つになってもワクワクドキドキします。
    その絵本の中に住む少年と私だけの物語。
    何だか秘密めいていて素敵です。
  • 田村ひろ子  2018/07/27 18:20
    ■*少年は仕掛け絵本のなかに住む  怜

    わっと晴れ渡った空が明るく、爽やかな風が吹いている「仕掛け絵本」・・・・・あちらからも、こちらからもイタズラ好きの小人さんが覗き込んでいます。
    みんなみんな、そんな時を過ごしてきましたね。
  • 大西俊和  2018/07/28 08:41
    ふるさとは海 帰れないけれど海 小林康浩

    海に生まれ陸上に生活するようになった私たち。海は大いなるふるさとですね。でも、もう海というふるさとに戻れない私たち。記憶の奥の奥に懐かしさだけを残してゆったり波を打ち寄せる海を、私たちはただ眺めるだけ。
  • たんばらのぶえ  2018/07/28 14:11
    ☆少年は仕掛け絵本の中に住む 怜

    開けてみるまで何に出会うかわからないドキドキとする「仕掛け絵本」少年も(仕掛け絵本」の中に住み沢山の夢と希望を抱いていつの日か「仕掛け絵本」の中から飛び出していくのでしょうね。
  • 坪井篤子  2018/07/28 20:42
    *ふるさとは海 帰れないけれど海   小林康浩

    胎児が母の体内で羊水に浮いていた記憶と飛ばして読んでみました。
  • たんばらのぶえ  2018/07/28 20:52
    ☆ふるさとは海 帰れないけど海 小林康浩
    ふるさとを出て何年経ってもふるさとを思う時・・・海のように大きく広くて逞しい・・・。そしてほっと心を癒されるような気がします。
  • 田村ひろ子  2018/07/28 23:52
    ■ふるさとは海 帰れないけれど海   小林康浩

    帰れなくても、
    康浩さんの海はいつも心の中にあります。
    目をとじると、そっと包み込んでくれる
    変わることのない海。
    そんな海を持っている康浩さんはシ・ア・ワ・セ!!!!!
  • 大西俊和  2018/07/29 06:21
    ため息を消す七月のカレンダー みや

    本当にため息をつくことの多い7月でした。その7月ももうすぐ8月にバトンタッチ、8月は微笑みに支えられる日々になって欲しいですね。
  • 冬子  2018/07/29 10:05
    ★ふるさとは海 帰れないけれど海   小林康浩

    切ない中に凛としたものを感じます。
    帰れないけど海・・はいろいろな物語を想起させてくれます。
    古いですが(笑)集団就職で地方から出て来た若者がふるさとへの愛着とプライドを持って頑張って生きているような。
    小林さんの詩的ワールドですね。

    ★ため息を消す七月のカレンダー みや

    ため息をついた方々も多かったでしょうね。
  • 田村ひろ子  2018/07/29 11:08
    ■ため息を消す七月のカレンダー   みや

    私も珍しく溜息のつくことの多い7月でした。
    すこし、必要だった溜息のようにも思っております。
    7月も、あと3日間、
    ここからは溜息をつかずに過ごせそうです。
  • 坪井篤子  2018/07/29 11:23
    *ため息を消す七月のカレンダー  みや

    たくさんのため息を消し去る八月であって欲しいです。
  • 小林康浩  2018/07/29 18:23
    俊和さん、篤子さん、のぶえさん、ひろ子さん、冬子さん、私の句【ふるさとは海 帰れないけれど海】へあたたかいメッセージをありがとうございます。陸上動物として生まれて生きていますが、昔から海には惹かれるものがありました。遠いご先祖のDNAかもしれません。羊水の記憶かもしれません。心の中に海があると思います。集団就職の若者の原点という想い、共感できます。
  • 街中 悠  2018/07/29 20:06
    8月とことん句会のご投句受付中です。
    8月は街中 悠が担当いたします。
    雑詠1句を7月31日深夜までにご送付下さい。
    送り先は「とことん会掲示板」をご覧ください。

    ご投句をお待ちしております。
    よろしくお願いいたします。
  • 大西俊和  2018/07/30 06:26
    沈む陽へ今日の幸せ感謝する 光源氏

    幻想的な夕焼けという宇宙のドラマ、生きている生かされている
    不思議を感じますね。「今日の幸せの感謝」の瞳に、お名前のようなキラキラの大落暉。
  • 善江  2018/07/30 13:12
    『 川柳びわこ 』2018.8より


    ▽川柳を続けてきてありがたいなと思うのはいろいろな人との出会いである。

     それは地域的なことだけでなく、
      遠く離れて暮らしている人たちとの出会いであり、
       川柳をずっと続けてこなければ起こらない出会いである。

     そしてこれらの出会いは、生きることをとても豊かにしてくれる。


            < 編集後記:德永 政二 >
  • 田村ひろ子  2018/07/30 16:11
    ■沈む陽へ今日の幸せ感謝する   光源氏

    そのように思います。
    今日1日をあたたかく包み込み、静かな明日へと繋いでゆく夕陽に感謝いたします。
  •   2018/07/30 20:36
    日替わり川柳、先月10日、15日、今月4日、7日、27日に掲載いただいた句に感想をお寄せくださったみな様、ありがとうございました。あいかわらず遅い書き込みを、お詫びします。
  • 坪井篤子  2018/07/30 20:37
    *沈む陽へ今日の幸せ感謝する   光源氏

    陽の沈む時って自然に祈りと感謝の気持ちになれます。
    穏やかな一日の終わりでありたいと思います。
  • たんばらのぶえ  2018/07/31 00:03
    ☆沈む陽へ今日の幸せ感謝する 光源氏


    美しい夕陽が沈む時・・・今日1日、元気で無事に幸せな日を過ごせた事に感謝・・・・そして辛くて哀しい事のあった日は「明日は良い日でありますように」と祈ると元気を貰えます。
  • 大西俊和  2018/07/31 09:09
    幸せをいっぱいくれる茄子南瓜能津  健

    猛暑の自宅菜園の野菜に水を遣っておられる健さんを想像。
    手を掛ければ、それに応えてくれる野菜たち。幸せと感謝の気持ちいっぱいになりますね。
  • 田村ひろ子  2018/07/31 10:27
    ■幸せをいっぱいくれる茄子南瓜  能津  健

    健さんに育てられている「茄子と南瓜」も幸せですね。
    酷暑のなか、ご無理をなさいませんように!
  • 坪井篤子  2018/07/31 15:51
    *幸せをいっぱいくれる茄子南瓜   能津 健

    自然の恵みの有難さ。
    健さんの愛情が感じられます。

    我が家のベランダはグリーンカーテン用のキュウリ、ミニトマト、ゴーヤ、ヘチマが育っております。
  • 光源氏  2018/07/31 16:40
    沈む陽へ今日の幸せ感謝する 光源氏

    大西俊和さん、田村ひろ子さん、坪井篤子さん、たんばらのぶえさん拙句へ素敵なコメントありがとうございました。
  • 坪井篤子  2018/08/01 06:51
    *ありふれたことばにひょいと救われる  田村ひろ子

    職業柄、言葉を大切になさっておられるひろ子さんの心に届いた「ありふれたことば」ひろ子さんのお人柄ゆえですね。

    WEB句会・雑詠最高得点おめでとうございます。
  • 大西俊和  2018/08/01 06:52
    ありふれたことばにひょいと救われる 田村ひろ子

    零れ落ちるような自然な言葉に心がほっとすること、ありますね。
    それは心の芯で熟成された芳しいものなのでないかと。
    7月WEB句会雑詠、最多得点、おめでとうございます。
  • 冬子  2018/08/01 07:51
    ★ありふれたことばにひょいと救われる  田村ひろ子

    雑詠最高得点おめでとうございます。
    使い古されたどこにでもある言葉だからこそ心に響くのかもしれません。
    何十万円もする豪華な衣装より、白いTシャツにホッとするような。ひょいと救われるの「ひょい」を持ってこられたのはさすがです。
  •   2018/08/01 10:19
    ☆ありふれたことばにひょいと救われる  田村ひろ子
     とりつくろったり構えたりの言葉でなく自然に出た言葉をもらうと心休まるものですね。それをひょいと表現できるのが上手いと思います。
    雑詠最高点おめでとうございます。
  • 小林康浩  2018/08/01 18:20
    @ありふれたことばにひょいと救われる  田村ひろ子

    雑詠最高得点、おめでとうございます。
    ひろ子さんの川柳には必ず〝救い〟があって、それをいつも
    平易な言葉で表現されます。言葉選びも、この句の「ひょい」の
    ようにとても優しく、見事だと思います。
  • ええ一  2018/08/01 19:10
    *ありふれたことばにひょいと救われる  田村ひろ子

    最高得点おめでとうございます。
    手近に転がっているコトバも、こちらが視点を変えるとまた違った表情を見せてくれる。・・・納得です。
    「ひょいと」がなんとも良いですネ・・・。
  • おさ虫  2018/08/01 21:42
    ◆ ありふれたことばにひょいと救われる  田村ひろ子

    ひろ子さん、雑詠の最高点、おめでとうございます。
    孫娘ともだんだん疎遠になってきて、さみしい思いをしていましたが、最近「ありがとう」を実に上手に言うようになったので驚いています。ありふれた言葉ですが、嬉しいもんですね(^.^)
    この句、「ひょいと」に引き付けられました。
    決してありふれた言葉ではないですね。ひょいひょいと持ち上げる・・・と言う時以外、私は使った記憶がありません。広辞苑で調べてみますと①不意に、突然に  ②身軽なさま、気軽に事を行うさま
    確かに、ありふれたことばに心が救われる感じがよく出てますね(^_^)v
    私が孫娘の「ありがとう」に嬉しくなったのも、こんな感じなのかもしれませんね。
  • 野原 萌  2018/08/01 21:59
    ★ありふれたことばにひょいと救われる  田村ひろ子
    <ありふれた>と<ひょい>の組み合わせが絶妙でした。
    ホント、ひょいと救われたりします。
  • 田村ひろ子  2018/08/01 23:37
    篤子さん、俊和さん、冬子さん、進さん、康浩さん、ええ一さん、おさ虫さん、萌さん

    やさしいコメントを戴き嬉しいです。
    ありがとうございました。
  • 大西俊和  2018/08/02 06:24
    同じ水飲んで違った色に咲く 怜

    イメージ吟最多得点、おめでとうございます。さらっと詠まれて哲学的な世界にも誘う深い句ですね。川柳の花の色もいろいろ、同じも違うも不思議です。
  • 小林康浩  2018/08/02 20:39
    @同じ水飲んで違った色に咲く   怜

    イメージ吟最多得点おめでとうございます。
    「吸って」ではなく「飲んで」と詠むことで、人間にまで思いを広げる
    ことができて成功していると思います。
  • たんばらのぶえ  2018/08/02 22:52
    ☆ありふれた言葉にひょいと救われる 田村ひろ子

    雑詠最多得点おめでとうございます。
    雑詠のなかでいちばん好きだった句で頂いた句です。やはりひろ子さんの句でしたのね・・・。「ありふれた」「ひょいと」ひろ子さんらしい何気ない中にほっとした暖かさと優しさが感じられ読み手にも伝わってくるようです。



    ☆同じ水飲んで違った色に咲く 怜

    イメージ吟最多得点おめでとうございます。
    またまた詩人、怜さんらしい素敵な句に「ホーツ!」とため息をつかせて頂いて居ります。
  • 苑子  2018/08/03 06:08
    二番線ホームに夏が入ります 須川柊子

    洒落てますね
    爽やかな夏ですね
    井上陽水にこの句をアナウンスしてもらいたいです
  • 大西俊和っっ  2018/08/03 07:08
    二番線ホームに夏が入ります 須川柊子

    何かゆとりを感じほっとします。
    「二番線ホーム」の具省力でしょうか。涼しい風が
    吹いています。これから厳しい暑さも和らぐことでしょう。
  • 坪井篤子  2018/08/03 07:35
    *同じ水飲んで違った色に咲く 怜

    同じようでも同じではない。
    環境や個体の持ちようで違ってくる。
    納得の深い句。
    イメージ吟の最多得点おめでとうございます。


    *二番線ホームに夏が入ります  須川柊子

    今回の雑詠で一番好きな句でした。
    二番線ホームがGood!
    爽やかな風を感じます。
  • 冬子  2018/08/03 08:36
    ★同じ水飲んで違った色に咲く 怜

    イメージ吟最多得点おめでとうございます。

    同じ母親から生まれた兄弟姉妹でも個性はそれぞれですね。
    深い意味合いをサラリと詠まれた素敵な句です。

    ★二番線ホームに夏が入ります  須川柊子

    須川さんの作品を拝見することも多々ありますが、独自の世界観を持っていらっしゃいますね。スッと入って来て気分が爽やかになる句です。

    ちなみに苑子さん。井上陽水のアナウンスはドンピシャです。
    ちょっと想像して笑ってしまいました。
  • 苑子  2018/08/03 10:41
    冬子さん

    はじめまして!
    井上陽水に同感してもらえて嬉しいです
    今月は日にちを勘違いして投句を逃してしまいました。
    暑さのせいにします
  • 田村ひろ子  2018/08/03 14:12
    ■同じ水飲んで違った色に咲く   怜

    イメージ吟最多得点おめでとうございます。
    怜さんがあの三本の花それぞれの個性をそっと見守っているように感じました。
    同じことばを聴いても、それぞれの取り方があります。
    家族、学校、会社、地域・・・・・それぞれの場で違った色が咲いてます。


    ■二番線ホームに夏が入ります   須川柊子

    なんと、爽やかな風でしょう。
    柊子さんの声がかろやかに響いてます。
  • 田村ひろ子  2018/08/03 14:14
    のぶえさん
    優しいコメントをありがとうございました。
    暑さが続いてます。
    お体を大切になさってくださいね。
  • 野原 萌  2018/08/03 19:00
    ★同じ水飲んで違った色に咲く   怜
    同じ紫陽花の根っこから薄紫や象牙色の花が咲いていました。
    同じ親から生まれて三人三様の自分達姉妹を思いました。

    ★二番線ホームに夏が入ります   須川柊子
    爽やかな夏が感じられま~す!
  • おさ虫  2018/08/03 19:49
    ◆ 二番線ホームに夏が入ります   須川柊子

    柊子さん、北の都、仙台は涼しいでしょうね。こちらは39℃。地獄です
    さてさて、爽やかな句に一票入れました。
    東北のとある田舎の駅、もちろん単線です。
    先に入った列車が待機しています。やがて「二番ホームに列車が到着いたしま~す。白線の内側でお待ちください」の放送。
    で、やってきたのが夏・・と言う設定ですね。すばらしい!
    と云うことは、すれ違った列車は、桜色の・・春だったんですね(^O^)
  • 須川柊子  2018/08/03 20:51
    みなさん、おばんです。お暑うござりす。
    (みなさん、こんばんは。お暑うございます)
    仙台も、毎日暑いです。
    昨日は、観測史上最高の37度4分を記録しました。

    沢山のコメントありがとうございます。
    私の拙い句で、涼しさを感じていただけたら幸いです。

    まだまだ暑さ続きそうです。
    御自愛下さい。
  • ええ一  2018/08/03 20:52
    *二番線ホームに夏が入ります   須川柊子

    この軽さを選ばせて頂きましたが、いつものアナウンスで
    やって来たのが、特別製の夏だったとは誰が想像できたでしょうか?・・・。
  • 須川柊子  2018/08/03 21:17
    真面目にコメントしましたが、実は・・・。

    7月の初めに、青森の「おかじょうき」が主催する大会に参加いたしました。
    田中苑子さん、迫好子さんの最強メンバー(?)で臨みました。
    新幹線で、新青森駅から乗り換えて青森駅に行くはずだったのですが、おしゃべりに夢中でホームを間違え、反対の弘前方面の電車に乗ってしまいました。
    気付いたのは発車してから。それも運悪く快速だったので、弘前の少し手前の「浪岡」までノンストップ!
    地元の方と駅員さんに助けられて、大会の受付時間には間に合いましたが、ドキドキでした。

    そのおかげで、涼しい青森に夏の始まりを感じました。
    弘前に向かう電車の中から見た緑は、山に入るほど濃くなり、林檎で有名な浪岡駅では草いきれ、駅の構内には大きなねぶたのポスターが何枚も貼ってありました。

    そして、この句が出来ました。
    みなさんに、☆をたくさんいただいて嬉しいです。
    川柳の「種」は、どこにでもあるもんだな~と改めて感じた次第でございます。
  • 須川柊子  2018/08/03 21:25
    あ・・・
    大会の結果ですが、2位でホタテを頂きました。
    浮かれて飲み過ぎ、次の日は二日酔い。
    苑子さん・好子さんは、青森の方の案内で五所川原方面まで観光に行ったのですが、私は体調不良のため美術館や棟方志功館をヨロヨロと見学いたしました。トホホ
      =おわり=
  • 大西俊和  2018/08/04 06:29
    花だけを飾って妻が帰らない 平井美智子

    猛暑ですのに鳥肌の立つようなドラマ。女性の冷静な恐い強さをこの句から教えられました。
  • 冬子  2018/08/04 07:22
    ★花だけを飾って妻が帰らない 平井美智子

    ミステリーです!!創造力が刺激されます!
    花は妻の何らかのメッセージなのでしょうか・・・。
    こういう事もあるので、世の中の男性は要注意ですね。

    苑子さん。
    わざわざのご挨拶感謝です。
    投句は残念でした。苑子さんの句を拝見したかったのですが。
    私も時々忘れてしまうので、暑さのせいにします。
  • 坪井篤子  2018/08/04 09:45
    *花だけを飾って妻が帰らない  平井美智子

    ドラマですね。
    想像がふくらみます。
  • 田村ひろ子  2018/08/04 21:18
    ■花だけを飾って妻が帰らない  平井美智子

    花だけを飾って美智子帰らない
    美智子さんはどちらへ・・・・・・・・・・・・。
    美智子さんは屋上で冷たい飲み物をかかえて、お月さまとおしゃべりをしています。
  • 大西俊和  2018/08/05 06:14
    じりじりと列島芋が焼き上がる おさ虫

    本当にじりじりの上に生活ような本列島です。暑に負けない身体作りに専念しないといけないですね。
  • 丸山 進  2018/08/05 11:59
    ☆同じ水飲んで違った色に咲く   怜
     言われてみればなるほどですが、やっぱり視点と着想があっぱれですね。

    ☆二番線ホームに夏が入ります  須川柊子
     これは一番線でも三番線以降でもダメで「二番線」がばっちりです。何故かという屁理屈は言えるが言わぬが花でしょう。
    感性の問題ですから。

    ☆花だけを飾って妻が帰らない  平井美智子
     この句に恐怖を覚えない男は感性とは無縁で幸せです。

    ☆じりじりと列島芋が焼き上がる おさ虫
     「列島芋」と命名し売り出せばバカ売れの予感。おさ虫さん、これで一儲けしたら。
  •   2018/08/05 17:11
    ☆じりじりと列島芋が焼き上がる  おさ虫

    ここ数日前からMSNJapanニュースは「列島の猛暑つづく、熱中症の警戒を!」警告しています。
    瀬戸市は昨日も、その前も、今日も39度です!明日もですって!!
    まさに真夏の焼芋は「列島芋」です。私も商標登録をお勧めします。凄い見つけに拍手!!
  • たんばらのぶえ  2018/08/05 18:09
    ☆二番線ホームに夏がが入ります 須川柊子

    柊子さんからこの句が出来た時の様子を伺い爽やか景色が浮かんで暫し酷暑を忘れさせて頂きました。一番でもなく三番でもなくなくてやはり「二番線ホーム」がいいですね〜!


    ☆花だけを飾って妻は帰らない 平井美智子

    あのイメージ写真から何故かわからないいけど暗い不吉?なものを感じました。でも私はそのイメージの句を作れませんでしたがさすが美智子さん! 色んなドラマを想像させて頂きました。


    ☆じりじりと列島芋が出来上がる おさ虫

    ほんとにほんとにこの厳しい暑さには参つています。「列島芋」とは・・・。おさ虫がさんの素晴らしい川柳の目ですね!
  • 坪井篤子  2018/08/05 21:05
    *じりじりと列島芋が焼き上がる おさ虫

    列島のどこに居てもまるで焼き芋のように焼けます。
    おさ虫さんの愉快な発想に脱帽です。
    進さんの仰るように売り出しましょう!
    商標登録も忘れずにね。
  • 田村ひろ子  2018/08/05 22:54
    ■じりじりと列島芋が焼き上がる   おさ虫

    おさ虫さん・・・・・わたくしも焼き芋になりました。
  • おさ虫  2018/08/05 23:28
    ☆ じりじりと列島芋が焼き上がる おさ虫

    俊和さん、進さん、のぶえさん、桂さん、篤子さん、ひろ子さん
    「列島芋」に共感していただき、ありがとうございます^ - ^
    日本列島はサツマイモに似てません?特に本州は。でも絶対に売れませんね。だって、焼芋は冬の食べ物でしょ。このクソ暑い時に…見るのもイヤです(笑)
    39度の異常気象に昆虫も狂ったみたいです。クワガタムシが異常発生しています。と言うか、発生はいつもと同じだと思うんですが、暑いので木の幹から外へ飛び出したのだと思います。1本のアベマキの木に何十匹といます。地面にも落ちています。
    昨日30匹ほど獲って帰った親子が今日も来て、またたくさん捕まえていました。こんな光景は初めて見ます。やっぱり異常ですね。
  • 大西俊和  2018/08/06 06:31
    友情が気まずくなったルームシェア 光源氏

    人と人の繋がりにはその時その時の距離感があるようですね。良く絆の長さを比喩にする事がありますが・・・長すぎると縺れますし、短か過ぎるとお互いの自由が無くなってしまいます。
  • 冬子  2018/08/06 07:27
    ★ じりじりと列島芋が焼き上がる おさ虫

    じりじり・・焼き上がって燃え上がりそうですね。
    私は中国地方がサツマイモに見えます(笑)。
    でも、日本列島がサツマイモで、暑さのためにヒビが入って来た感じにも見えますね。納得。
    人にも小さな生き物にも試練の夏です。

    ★友情が気まずくなったルームシェア 光源氏

    あるあるです。何事も良い面と悪い面がありますね。
    人間関係はちょっとしたきっかけで気まずくなるものです。程よい距離感を保つのが大事かもしれません。
  •   2018/08/06 09:02
    ☆友情が気まずくなったルームシェア 光源氏
     あの花のイメージからルームシェア(多分女子の)の見つけは素晴らしいと思いました。気まずさとその後のドラマの展開に興味が湧きます。
  • 坪井篤子  2018/08/06 09:59
    *友情が気まずくなったルームシェア  光源氏

    それは大変!難しい問題です。
    自然体で笑い合える日の来ますように。
  • 大西俊和  2018/08/07 08:06
    助手席に不調和音が座ってる 冬子

    せっかくの楽しいドライブですから快適な和音に助手席に座って欲しかったですね。でもドライブコースの風景の変化と共に助手席と運転席が心地よい和音になる可能性も高そう。
  • 冬子  2018/08/07 09:31
    俊和さん。

    コメントありがとうございます。
    何をしてもバッド・チューニングの時ってありますが、狭い車内ですから、心地よい和音にしたいですね。
  • 坪井篤子  2018/08/07 16:02
    *助手席に不調和音が座ってる  冬子

    上手く響きあわないこともあります。
    いつも打てば響くからこその不調和音。
    冬子さんの素晴しい感性!
  • 田村ひろ子  2018/08/07 16:28
    ■友情が気まずくなったルームシェア   光源氏

    一緒に暮らして、初めて気がつくこともあるでしょうね。
    別別の暮らしのほうが友情も長続きするのかもしれませんね。
  • 田村ひろ子  2018/08/07 17:04
    ■助手席に不調和音が座ってる  冬子

    いつもは気にしない、助手席の言動が妙に気になることって・・・・・あります、ありますね。冬子さ~ん!!

    そんな日の運転席の無口に、助手席の方に気づいてほしいですね。
  • おさ虫  2018/08/07 23:30
    ◆ 助手席に不調和音が座ってる  冬子

    あるある。核家族になってしまった我が家では毎度の事ですね(笑)
    共感できてるのに清き一票・・入れてませ~ん(-_-;)
    多分、「不調和音」で詰まったかも。
    不協和音とするところを、一ひねりしましたね。
    不協と不調、微妙に違うような気がします。我が家の場合は「不協」の方がぴったりしているような感じですが・・。
  • 大西俊和  2018/08/08 06:55
    それぞれの思いにふける三姉妹 冬子

    同じような環境に生まれ育っても、咲かせる花はそれぞれ。不思議で、哀しい。
  • 冬子  2018/08/08 07:37
    坪井さん、田村さん、おさ虫さん。
    コメントありがとうございます。嬉しいです。

    坪井さんも田村さんも穏やかで朗らかな方ですので、お二人を助手席に乗せる運転手さんはお幸せだと思います。
    他者との感性のバランスは難しいですね。

    おさ虫さん。
    普通は不協ですものね(笑)。スンナリ入ってこない方がいても当然です。
    私の感覚では協ではなく調の方がしっくりする感じだったので・・・・。
    奏でる和音自体が不調と申しましょうか。
    たまに、不況和音というのもあります(笑)。

    俊和さん。
    コメントありがとうございます。
    あの写真からの第一連想がこの句でした。歳が離れていない三姉妹のそれぞれの生き様を垣間見た感じです。
  • 坪井篤子  2018/08/08 10:41
    *それぞれの思いにふける三姉妹 冬子

    さりげない表記ですのに三姉妹を想像させて頂けました。
  • 光源氏  2018/08/08 11:18
    友情が気まずくなったルームシェア  光源氏

    俊和さん、冬子さん、進さん、篤子さん、ひろ子さんコメントありがとうございました。
  • 田村ひろ子  2018/08/08 20:47
    ■それぞれの思いにふける三姉妹 冬子

    あの三本の花からのなにげない発想がステキですね。
  • 坪井篤子  2018/08/09 06:09
    *老人の似顔絵紙を揉んで描く ええ一

    描く前に先に皺をつけておく、
    ナイスアイディアですね。
  • 冬子  2018/08/09 07:09
    坪井さん、田村さん。
    コメントありがとうございます!!

    ★老人の似顔絵紙を揉んで描く ええ一

    質感もドンピシャですね。
    リアルなおじいちゃん、おばあちゃんの絵が出来そうです。
    私の似顔絵は少しだけ容赦願いたいものです(笑)。