現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

オープン掲示板 過去ログ

どなたでも書き込んでいただける掲示板です。現代川柳の話題、イベント情報など、ご自由に利用してください。雑談もOKです。インターネットに一般公開されている掲示板ですので、個人情報の取り扱いにはお気をつけ下さい。

  • 小林康浩  2018/09/06 07:18
    おさ虫さん、台風お見舞いありがとうございます。大阪の北摂に住む私は、まず職場が大きく損壊。昨日一日早朝から片付けに大わらわでした。我がボロ家は奇跡的に持ち堪えてくれましたが、一晩中停電。冷蔵庫の中身を気遣って眠れませんでした。早朝に復旧してくれて助かりました。この恐怖感は何十年振りでしょうか?記憶が定かでないくらい昔です。


    德永富彦氏のご活躍、すばらしい限りですね。脚本ってドラマにとってとても大切な骨格だと思います。
  • 大西俊和  2018/09/06 08:25
    愛犬と風になってた少女の日 石原てるみ

    幼い天使のような日日は、風のように動いていたように思います。
    あの爽やかな軽さ、もう一度欲しいです。
  • 田村ひろ子  2018/09/06 09:39
    ■愛犬と風になってた少女の日  石原てるみ

    てるみさん、ありがとうございます。
    そんな日があったことを思い出しました。

    今は・・・風に押してもらっております。
  • 野守  2018/09/06 14:30
    愛犬と風になってた少女の日  石原てるみ

    小さく可愛らしく、少しおてんばな少女の姿を思い浮かべております。 微笑ましくも遠くなった子供時代をなつかしんでおります。
  • 坪井篤子  2018/09/06 15:21
    *愛犬と風になってた少女の日  石原てるみ

    純真無垢な子供の頃を思い出します。
  • 政二  2018/09/06 17:41
    ひろ子さん
    ありがとうございました。

    模倣犯と思われたものが
    そうではなかったところがポイントですね。
    同じ事件になってしまう怖さもあります。
    無料配信で台詞を確かめてみました。


    康浩さん
    久し振りです。

    映画の世界では作品にするかどうかは
    脚本で判断すると書かれています。
    専門家にはそれがわかるようです。

    また、書く前の取材が大変なようで
    刑事ものは県警のOBも関わっているようです。
  • 海月  2018/09/06 20:20
    こんばんは
    大西様、図書カード届きました。ありがとうございます。
    切手が海月でしたね!!
    粋な計らいありがとうございます♪
  • 野原 萌  2018/09/06 22:40
    ★愛犬と風になってた少女の日  石原てるみ
    「風になってた」がステキ!天真爛漫。
    そしてその風は周りの人々をも温かく包んだ事でしょう!
  • たんばらのぶえ  2018/09/06 23:23
    ☆愛犬と風になってた少女の日 石原てるみ

    もう夢のようになってしまった遠い遠い日に私にもそんな時があったような事を懐かしく思い出されました。
  • 海月  2018/09/07 04:54
    ☆気の強いカサブランカになる自信 ちいこ

    カサブランカ、美しい花ですね。
    こういう言い切ったスカッと爽やかな作品に惹かれます。
  • 大西俊和  2018/09/07 06:45
    気の強いカサブランカになる自信 ちいこ

    ユリの女王のカサブランカ、その白さと香とで、すごい存在感。
    自信と意思の強さがびしびし伝わってきます。頑張って下さい。
  • 田村ひろ子  2018/09/07 09:02
    ■気の強いカサブランカになる自信   ちいこ

    パチパチパチパチパチ・・・・・・・・・・・。
    ちいこさん、もう貴女は「カサブランカ」です。
    芳醇な香りで、スックリ立っています。
    心意気が素敵です。
  • 坪井篤子  2018/09/07 09:49
    *気の強いカサブランカになる自信   ちいこ

    上手い表現に頷いております。
    ちいこさん、頑張って!
  • 丸山 進  2018/09/07 10:11
    ☆愛犬と風になってた少女の日  石原てるみ
     あの画像の少女のイメージにぴったりだと思いました。

    ☆気の強いカサブランカになる自信  ちいこ
     往年の名画「カサブランカ」H・ボガード、E・バーグマン主演のシーンを想い出してしまいます。ナチスに抵抗し、深く愛しながらも別れる二人のラスト。(年代のせいか)
  • 小林康浩  2018/09/07 19:25
    政二さん、こちらこそご無沙汰です。

    脚本の出来が作品の良し悪しを決めるくらい大事なのですね。
    警察経験者が関わるのも納得です。書き手もなかなか大変
    ですね。富彦氏の益々のご活躍を祈ります。
  • 石原てるみ  2018/09/07 20:28
    大西俊和さま

    いつもお世話になっております。
    お加減は如何でしょうか?
    コメント有難う御座います。
    誰にもあった天使だった日日ですね。


    田村ひろ子さま

    こちらこそ、お優しいコメントを有難う御座います。
    ホントに、今は風が頼りの日日です。


    野守さま

    野守さんは今もヘアースタイルは少女!
    アッ!失礼・・・中身もでした。
    コメント有難う御座いました。


    坪井篤子さま

    お世話になっています。有難う御座います。
    本当にあの純真さは風と共に消えてしまいました。


    野原 萌さま

    いつもありがとう!萌ちゃんと話していると
    少女ぽさが伝わってくる時がありますよ。


    たんばらのぶえさま

    懐かしい夢まぼろしの様な日日でしたね。
    コメント有難うございます。

    丸山 進さま

    有難う御座います。
    時どき「あほうどり」を楽しませて頂いております。
    画像からスラリとおりて来た句なんです。

    皆様、本当に有難うございました。
    うれしかったです。感謝です。
  • 野原 萌  2018/09/07 22:17
    ★気の強いカサブランカになる自信   ちいこ
    流石ちいこさん。
    ”気の強い” が面白です。

    ★おさ虫さん
    台風お見舞い ありがとうございます。
    ウマノスズクサの生息する御前浜、海水にすっぽり浸かってしまいました。
    来年また芽を出してくれるのでしょうか?心配です。
  • 田村ひろ子  2018/09/07 22:49
    徳永政二さん
    ご子息・德永富彦氏が脚本担当の
    昨夜放送の「遺留捜査」第八話
    『歌う空き缶!?消えた夏休みの宿題と過去からの殺人者』
     先ほど録画で観ました。(昨夜は仕事だったので)

    事件現場の遺留品から事件の真相と被害者の思いを探し出している、他の刑事とは違う捜査を続けるマイペースの刑事が第一発見者となり、被害者の指紋が三十年前の犯人と一致した。
    刑事は現場にあった「穴の開いたみつ豆の空き缶」に注目。

    やがて、この被害者は借金のかわりに指紋を残すようにすることで、三十年前の犯人にされ、両親を殺害された息子に殺された。「罪には時効があるが被害者には時効がない」ということばも心に残った。
    空き缶は病気がちだった息子の夏休みの作品として「缶にアルミを巻き、ロウソクを使ったレコード」で、父と子が歌う「はにゅうの宿」が録音されていた。被害者はこの空き缶を大切に息子を遠くから見守っていた。息子は成長して医師になり、病気の子どもに「はにゅうの宿」を歌っていた。
    間違いからの仕返し殺人もあったが、空き缶レコードが優しい気持ちにさせてくれるドラマだった。
  • 大西俊和  2018/09/08 06:10
    追いかけて走ってみても帰らぬ日   たんばらのぶえ

    追いかけたい過去があること、とても幸せなこと。楽しい想い出は、いつもいつまでも咲く花のように私たちを支えてくれるように感じます。
  • 坪井篤子  2018/09/08 09:26
    *追いかけて走ってみても帰らぬ日   たんばらのぶえ

    句意としては切ないのですがカラッとした感じを受けるのはのぶえさんのお人柄か?
  • 田村ひろ子  2018/09/08 11:04
    ■追いかけて走ってみても帰らぬ日   たんばらのぶえ

    「追いかけて走る」にのぶえさんのストレートなところを感じました。
    分かっているけど
    「そうしたい!!」しいう気持ちが伝わってきます。
  • 野原 萌  2018/09/08 14:29
    ★追いかけて走ってみても帰らぬ日   たんばらのぶえ
    追いかけてもその時は帰りませんが、俊和さんの言われるように 
    <楽しい想い出は、いつもいつまでも咲く花のように私たちを支えて・・>  ですね。
    お母様に手を曳かれた可愛いのぶえさんの、飛びっきりの笑顔が見えます。
  • 丸山 進  2018/09/08 20:52
    ☆追いかけて走ってみても帰らぬ日   たんばらのぶえ
     過去を追いかけ、自分も過去を作りながら走っている。
    郷愁とは自分の過去を作るエンジンではないでしょうか。
    のぶえさん走りましょう。
  • たんばらのぶえ  2018/09/08 21:17
    追いかけて走ってみても帰らぬ日 たんばらのぶえ

    私の拙句に選を下さった方そしてまた暖かいコメントを下さいました皆様ありがとうございます。とても嬉しく励みになりました。


    俊和様
    ほんとうに・・・!追いかけても帰って来ない日は切ないですがバラ色の大切な思い出があるのは幸せですよね・・・。


    篤子さま
    篤子さ〜ん! 切なくっても・・・いくらしおらしく?しても篤子さんにはカラッとした私?はお見通しですね(笑)


    ひろ子さま
    そうなんですー。 遠い遠い日の事なんて 追いかけて走ってみても帰らない事はわかっていても・・・。ストレートに切なくなる事があります。


    萌さま

    あのイメージ写真を見た時に私にも遠い遠い日にあんな時があったようなとても切なくて懐かしいような思いがこみ上げて来ました。そして萌さんのおっしゃって下さるように何故か若かった頃の母の姿も浮かんでまいりました。
  • たんばらのぶえ  2018/09/08 21:26
    ☆気の強いカサブランカになる自信 ちいこ

    華やかな香りと真っ白な美しい姿で女王の品格を持って咲いているカサブランカ・・・そんなカサブランカになる自信とさらりおっしゃる・・・うわー!素敵です。
  • ええ一  2018/09/08 21:26
    *追いかけて走ってみても帰らぬ日   たんばらのぶえ

    未来は努力次第で変えてゆける可能性がありますが、過去は
    くり返さない為の標識でしかないのでしょうか?。
    この句、「追いかけて」と「走って」の重複が、もったいないように感じました。
  • たんばらのぶえ  2018/09/08 23:03
    ええーさま 暖かく貴重コメントをありがとうございます。「追いかけて」と「走って」は確かに重複の感もいたしますね。私としては「追いかけて」だけでなく「追いかけて」はにもうひとつ思いの強いものがあり「走って追いかける」 にしましたがとても勉強になりました。



    進さま

    暖かく優しいコメントをありがとうございます。
    過去の色々な思い出を暖めたりそこからエールを貰ったりしながら歩くのはいつも前を向いて歩いて行くようにしています。 進さんのアドバイスどうり今日からは走ってみましょうか? 息切れのしない程度にね(笑)
  • 大西俊和  2018/09/09 06:53
    四十度ぐったりしてる心太 おさ虫

    99パーセントが水で出来ている心太も、熱中症には強いと
    思いますがぐったり・・・今年の名古屋の暑さは大変でした。
    これから涼しくなりそうですが、お大事に。
  • 田村ひろ子  2018/09/09 09:46
    ■四十度ぐったりしてる心太   おさ虫

    おさ虫さんもこの夏の暑さにはグッタリされたのですね。
    ワタクシモ「トコロテン」デス。
  • 坪井篤子  2018/09/09 12:55
    *四十度ぐったりしてる心太   おさ虫

    ひんやりと口当たり喉越しの良いトコロテンも今年の酷暑には参った参ったですね。
    私もぐにゃぐにゃのトコロテンです。
  • たんばらのぶえ  2018/09/09 16:04
    ☆四十度ぐったりしてる心太 おさ虫

    ほんとうにほんとに!今年の酷暑は堪えましたね・・・トコロテンも参ったでしょうね・・・。 やっと風も涼しくなって来たようでホッとします。
  •   2018/09/09 18:19
    ☆四十度ぐったりしてる心太 おさ虫

    日本一暑い多治見に近い瀬戸は今年の暑さは格別でしたね。
    若い頃心太が好きで、心太つきも買いました。さらに寒天で手作りし、子供たちと音を立ててすすって涼をとったものです。今はアイスクリームです。孫もアイスクリームが良いと言います。
  • 野原 萌  2018/09/09 22:49
    ★四十度ぐったりしてる心太   おさ虫
    この夏の暑さが一気に蘇って来ました!
    そんな勢いがある句ですね。
  • おさ虫  2018/09/09 23:20
    俊和さん、ひろ子さん、篤子さん、のぶえさん、桂さん、萌さん

     「心太」の句にコメント、ありがとうございます。
    昔から「心太」を詠んだ句はいっぱいあります。あのユーモラスな形状が擬人化や比喩の格好の具材になる為でしょう。この句も心太=私と云うことになります。
    今年の夏は殊更に暑く、隣町の多治見市は41度を記録。当然我が瀬戸市も40度。初めての体験でした。台風一過でやっと涼しくなって本来の心太に戻りました(笑)
     ところで、「ところてん」が何故「心太」と書くのか私には理解できません。ネットで調べてみましたが、解ったような解らないような・・
     雑学ですが、何故この字を使うのか不思議第1位がこの心太らしいです。
    ちなみに第2位は案山子(かかし)、以下、玉蜀黍(とうもろこし)、求肥(ぎゅうひ)、雲丹(うに)・・と続きます。
  • 大西俊和  2018/09/10 06:51
    生き様がちょっと逆光気味だった 柳谷益弘

    逆光気味の生き様とはどのようなものでしょう。言語化は難しいですが、とても詩的な不思議なイメージを呼び起こされました。
  • 田村ひろ子  2018/09/10 09:32
    ◆生き様がちょっと逆光気味だった   柳谷益弘

    益弘さん「逆光気味」ということは、光に脊を向けていたということなのでしょうか。
    「ちょっと」のことばが救いなのかもしれません。
  • 野原 萌  2018/09/10 12:43
    ★生き様がちょっと逆光気味だった   柳谷益弘
    「逆光気味」の捉え方で句意が違ってきますね。
    スターの様にいつも真正面から脚光をあびて・・・というのとは違い、(不服そうにも聞こえます)  がしかし、思わぬ方向からいつも何かに、誰かに助けられ、見守られて来られた方なのかなぁ~と思いました。
  • 政二  2018/09/10 15:56
    ひろ子さん
    ありがとうぼざいました。

    「刑事7人」が、はじまって以来の高視聴率だと
    発表されました。

    「遺留捜査」
    とにかく空き缶の登場に感心しました。
    また、なぜ「埴生の宿」なのかが気になり
    調べてみました、
    イングランドの民謡で
    映画「ビルマの竪琴」アニメの「火垂るの墓」の
    挿入歌でもありました。

    この秋から、「相棒」がはじまりますね。
    また連絡させていただきます。
  • 坪井篤子  2018/09/10 16:16
    *生き様がちょっと逆光気味だった   柳谷益弘

    真正面から光を浴びるのではなく「ちょっと逆光気味」に親近感を覚えます。
  • たんばらのぶえ  2018/09/10 20:48
    ☆生き様がちょっと逆光気味だった 柳谷益弘

    今まで生きて来られた人生をふと振り返られた時に「ちょっと逆光気味だったなあー・・・」なんて後悔のような納得のような益弘さんのご様子が伺われます。でも「ちょっと」には救われます。今からでも光に向かって歩かれる事も出来ますもの・・・。
  • 大西俊和  2018/09/11 07:06
    沈黙の視線の先に在るふわり 野原 萌

    「ふわり」、それは観音様の視線ですね。何もかもつつむ「ふわり」、ありがたいです。
  • 丸山 進  2018/09/11 10:02
    ☆四十度ぐったりしてる心太 おさ虫
    トコロテンもこの夏は参ったことでしょう。北海道にでも移りたいでしょうが、それはそれでまた大変。「心太」との名前には満足でしょう。

    ☆生き様がちょっと逆光気味だった   柳谷益弘
     上州、国定忠治の「弱気を助け強きを挫く」の反骨精神ではないでしょうか。

    ☆沈黙の視線の先に在るふわり   野原 萌
     ふと目を瞑ればうっすらと心穏やかになれる情景がある。
  • 坪井篤子  2018/09/11 13:55
    *沈黙の視線の先に在るふわり  野原 萌

    何も言わずともあったかいものが伝わってくる「ふわり」が良いですね。
  • 田村ひろ子  2018/09/11 15:16
    ◆沈黙の視線の先に在るふわり   野原 萌

    お母様の介護をつづけていらっしゃる萌さんの
    お母様に対するこころが伝わってきます。
    なんにも話さなくても、優しさが通い合う「ふわり」。
  • 坪井篤子  2018/09/11 15:34
    川柳仲間の杉山昌善さんからのお知らせです。

    TBSテレビ系列全国ネット
    「この差って何ですか?」

    川柳と俳句の差

    2018年 9月18日(火曜日) 午後7時~8時

    出演 川柳 杉山昌善  俳句 星野高士(高浜虚子のひ孫)

    MC・加藤浩次 川田裕美

    1時間番組の中、川柳と俳句のコーナーは15分くらいです。

    教養番組ではありません。バラエティ番組です。

    肩の力を抜いて、お楽しみください。

               杉山昌善
  • 柳谷益弘  2018/09/11 16:17
    拙句にいろいろありがとうございました!
    流石に沼田出の進さんと高崎出のわたし・・
    二人にしか解らない阿吽の呼吸、恐れ入りました(笑)。
    半逆光ですとポートレートも髪にリングライトが入り、料理写真なども質感がでます。
    影部分をホワイトでの起こしが必要ですが・・
    そんなこんなで順光での生き方よりちょっと斜に構えた老人になっています。
  • 野原 萌  2018/09/11 22:41
    益弘さん
    <順光での生き方よりちょっと斜に構えた老人になっています>
    味な生き方を楽しんでおられるのですね。
    益々 良いお時間を!!
  • 野原 萌  2018/09/11 23:23
    沈黙の視線の先に在るふわり   野原 萌
    皆さまのコメント、嬉しく拝見させて頂きました。
    ありがとうございます。
     
    沈黙は、何となく冷やかな感じがしますが、その根底に温かい想いを信じられる時、人は救われます。
  • たんばらのぶえ  2018/09/12 01:14
    ☆沈黙の視線の先に在るふわり 野原 萌

    ほんとうに苦しい時はどんな言葉をかけられなくても黙って見守ってくれる優しさ「ふわり」が心に沁みる時がありますね・・・。
    萌さんお母様の介護、大変かと思いますが頑張って下さいね。
  • 大西俊和  2018/09/12 07:16
    逆光が背中を押してくれました みや

    何が背中を押してくれるか解りませんね。いずれにしても「前に前に」ですね。
  • 善江  2018/09/12 08:01
    篤子さん

     杉山昌善さんからのお知らせをありがとうございました

     私にとって、まさにタイムリーです

     11月に地元の俳句大会で、テーマ「俳句と川柳」オムニバス講演3人のひとりとして参加予定です
      是非、参考にさせていただきたいと楽しみにしています
  • 坪井篤子  2018/09/12 15:30
    善江さん、

    いろいろご活躍のご様子おめでとうございます。
    昌善さんのお話が楽しみですね。
    よろしくお願いいたします。
  • 坪井篤子  2018/09/12 15:36
    *逆光が背中を押してくれました  みや

    イメージ吟のあの写真は確かに逆光でしたね。
    上手く川柳になさったと感心いたします。
    勉強になりました。
  • 田村ひろ子  2018/09/12 17:37
    ◆逆光が背中を押してくれました  みや

    みやさん
    日差しのやさしい温もりが背中をそっと押している・・・・
    子どもの頃はなにも考えずに、日差しに甘えていたように思います。
  • たんばらのぶえ  2018/09/12 20:23
    ☆逆光が背中を押してくれました みや

    前に出る事を迷い迷っている時にそっと背中を押してくれた・・・それは優しい逆光だったのですね。
  • 野原 萌  2018/09/12 23:32
    ★逆光が背中を押してくれました  みや
    静かでシンプルな表現が、いかにも!って感じですね。

    ★のぶえさん
    有難うございます。表立って見方をしなくても、見えないふわりを、のぶえさんはお仕事柄お持ちだと思いますね。
    母はお陰さまで穏やかな時間を生かされています。
  • 大西俊和  2018/09/13 06:41
    思いっきり転んだことのないメダカ       みや

    そうでしょうね。メダカになって優しく感じられたみやさんの
    柔らかなこころを思います。思いやりや愛に包まれたメダカさん
    なんですね。
  • 田村ひろ子  2018/09/13 11:54
    ◆思いっきり転んだことのないメダカ   みや

    可愛らしいメダカに対する、みやさんの祈りのような句ですね。転ばないで歩んでほしい・・・・という。

    昨日のみやさんの句 
     逆光が背中を押してくれました  みや

    も、今日の句もおだやかな気持ちにさせてくれました。
  • 野原 萌  2018/09/13 21:48
    ★思いっきり転んだことのないメダカ   みや
    群れる事で生きているメダカ。
    静かな日常の中で、第三者的に私をみてる私はメダカ。
    さてさて・・・
  • 坪井篤子  2018/09/14 03:51
    *思いっきり転んだことのないメダカ   みや

    懸命に泳ぎ生きるメダカへの思い。
    ご自身を重ねておられるのでしょうか。
  • 坪井篤子  2018/09/14 04:01
    *追いかける言葉も走る里の朝  まこと

    同郷の方とおぼしき訛りに出会われたのでしょう。
    外国暮らしの長いまことさんならではの景。
  • 大西俊和  2018/09/14 06:03
    追いかける言葉も走る里の朝 まこと

    「言葉も走る」には気がつきまんでした。イメージは五感全開で捉えないといけないと教えて頂きました。
  • 野原 萌  2018/09/14 06:08
    ★追いかける言葉も走る里の朝  まこと
    女の子のかん高な弾んだ声が聞こえて来るようです。
    里の朝が、なんだか懐かしい響きです。
  • 田村ひろ子  2018/09/14 09:18
    ◆追いかける言葉も走る里の朝  まこと

    久しぶりの故郷・日本で過ごされた「まことさんの喜び」がいっぱいの句ですね。
    あれも、これも「見たい、会いたい、話したい」が走り出す
    里の朝。ワクワクします。
  • みや  2018/09/14 10:39
    お久しぶりです。
    毎日、何かに追われながら気ぜわしくしています。
    逆光・メダカ に皆様からの温かいコメント。
    ありがあとうございました。
    木陰のベンチで、ちょっとふわっとした気持ちになれたような・・
    切れそうな糸ですが、繋がっていたいなぁと・・
  • まこと  2018/09/15 01:37
    ◆追いかける言葉も走る里の朝  まこと

    コメントをいただいた、篤子さん、俊和さん、萌さん、ひろ子さん、ありがとうございました。嬉しかったです。
    今年で在カナダ46年になりますが、帰国するたびに空気の違いを感じます。やはり、育った郷では全てが抵抗なく肌に沁み込むように思います。秋になると、こちらに居る日本人は一時帰国したくなるようで、毎年JALもANNも秋の帰国シートセールと称し、格安切符を発売します。
  • たんばらのぶえ  2018/09/15 02:50
    ☆思い切り転んだことのないメダカ みや

    まだ幼かった学校の帰り道のふるさとの年もメダカを小川ですいーすいと泳いでい可愛らしいたメダカを思い出しました。(?10年もメダカを見ていない気がします)メダカの転んだ所を見たことがなかったのが残念でした。


    ☆追いかける言葉も走る里の朝 まこと

    カナダに住まわれて46年にもなられるまことさん・・・ふるさとへの想いをいつまでも心の中で温めていらっしゃるご様子が伺われます。

    「追いかける言葉」が身に沁みてくるよです。
  • 坪井篤子  2018/09/15 06:02
    *柿ピーを食べる昨日と同じ音 みや

    パリポリパリポリ
    何事もなく元気で居られる日常のひとコマを切り取られて好感の持たれる御句。
  • 大西俊和  2018/09/15 06:37
    柿ピーを食べる昨日と同じ音 みや

    何も変わらない日常と呼ばれる少し退屈に思う静かな時間の
    流れが一番幸せなのでしょうね。そして、ときどき退屈を吹き飛ばしてくれる「ハレ」の日があれば、最高でしょうね。
  • 野原 萌  2018/09/15 13:24
    ★柿ピーを食べる昨日と同じ音 みや
    日々の平穏・・。何よりです。
    三句つづけてのご登場で、みやさんの穏やかで静かな日常ががお伺い出来てホッコリでした。
  • 田村ひろ子  2018/09/15 20:26
    ◆柿ピーを食べる昨日と同じ音   みや

    「同じ音」の中に、みやさんのおだやかな日々を感じます。
    「柿ピー」・・・わたくしも大好き!!!!!!
    昨日も「柿ピー小袋」をバックに忍ばせているおりました。
  • 海月  2018/09/16 06:37
    web句会がなかなか9月に更新になりません。
    うちのパソコン居眠りしているのでしょうか。
  • 坪井篤子  2018/09/16 07:56
    海月さま、皆さま

    WEB句会の更新の件ですが、
    申し訳ございません当方側の都合ですので悪しからずです。
  • 坪井篤子  2018/09/16 08:00
    *自由っていいな影までのびてゆく  けんじ

    のびのびとした様子に影までのびるって素敵ですね。
  • 大西俊和  2018/09/16 08:24
    自由っていいな影までのびてゆく   けんじ

    影は正直。元気な時は影も元気。自由な時は影も自由。
    素敵な影と行動したいですね。
  • 田村ひろ子  2018/09/16 13:25
    ◆自由っていいな影までのびてゆく  けんじ

    この句を詠まれた日の
    けんじさんと
    けんじさんの影が
    ノビノビト踊っていたことでしょうね
  • 野原 萌  2018/09/17 00:12
    ★自由っていいな影までのびてゆく   けんじ
    のびのびとおおらかでいいなぁ~
  • たんばらのぶえ  2018/09/17 01:06
    ☆柿ピーを食べる昨日と同じ音がする みや

    昨日と同じ音・・・昨日も今日も柿ピーを召し上がるとは柿ピーがお好きなのですね。今日も昨日と同じ音だった事にホッとすると同時に少し寂しい思いもなさったのかしら?


    ☆自由っていいな影までのびてゆく けんじ

    影ってほんとに正直だし不思議ですね・・・。自分しかわからないと思うけどその時々の心を写してくれますね。
  • 大西俊和  2018/09/17 06:32
    手のひらに約束ひとつ置いたまま たんばらのぶえ

    手のひらは知覚神経がいっぱい。約束は毎朝、いろいろの知覚を
    呼び起すことでしょう。嬉しかったり辛かったり・・・感情も揺れ動きますね。
  • 坪井篤子  2018/09/17 07:31
    *手のひらに約束ひとつ置いたまま  たんばらのぶえ

    次の約束をして握手して別れ、それっきりになってしまった。
    永遠の別れか互いの事情か・・・。
    手のひらの約束が切ない。
  • 田村ひろ子  2018/09/17 10:30
    ◆手のひらに約束ひとつ置いたまま   たんばらのぶえ

    置いたままの約束は
    小さくふわふわとした繭玉のようなものかしら?
    のぶえさんが相手の方に渡すことのできなかった約束のように思いました。
  • 坪井篤子  2018/09/18 07:53
    *首輪などいらぬ信じて付いていく  能津 健

    強い信頼関係、愛と思いやりですね。
  • 大西俊和  2018/09/18 07:57
    首輪などいらぬ信じて付いていく 能津 健

    信じるは最強の生き方ですね。自分自身の自分の居場所をつくる一番大きな力だと思います。
  • 田村ひろ子  2018/09/18 14:47
    ◆首輪などいらぬ信じて付いていく  能津 健

    人生のなかで「付いていこう」と思う方に出会えることって、何よりのことだと思います。
  • 坪井篤子  2018/09/18 21:51
    皆さま
    お待たせしました。
    WEB句会のイメージ吟の写真が更新されました。
  • 野原 萌  2018/09/18 22:28
    ★手のひらに約束ひとつ置いたまま  たんばらのぶえ
    果たすことは叶わなかった想いでしょうか。
    切なくもあり、またいつも立ち止まらせてくれる見えない力であったかも知れませんね。

    ★首輪などいらぬ信じて付いていく  能津 健
    首輪とはホント、哀しい名詞ですね。
  • 野原 萌  2018/09/18 22:39
    昌善さん
       見ましたぁ~!
       「俳句と川柳の違い}

      洗いざらしの木綿を粋にこなして御出演かと思いきや
      なななんと 生成のお着物姿!!
      襦袢のお襟元、淡い鼠いろもとっても素敵でした。
      多くの方々が 川柳をグググッと身近に感じられた事と思います。
  • 海月  2018/09/19 05:46
    篤子さま
    WEB句会アップのお知らせありがとうございます。
    今月はもうないのかなと思っていましたのでうれしいです。
    またゼロの脳から搾り出します。笑
  • 大西俊和  2018/09/19 06:22
    縦書きがしっくりしてる母の過去 キコ

    縦書きと横書き、微妙な差がありますね。母から貰った
    葉書も手紙も縦書きでした。母の微かな気持ち、縦書きの方が
    伝わって来るように思いました。私はワープロ・パソコンを使い始めてから横書きが多くなっています。
  • 坪井篤子  2018/09/19 07:51
    *縦書きがしっくりしてる母の過去  キコ

    流れるような縦書きの美文字。
    お母さまらしさに見入り納得のキコさん。
  • 丸山 進  2018/09/19 10:35
    篤子さん
    WEB句会アップのお知らせありがとうございます。

    ☆縦書きがしっくりしてる母の過去  キコ
     お母さんの凛とした姿が浮かびます。私の母も縦書きでした。貧乏暇なし子だくさんでメモも手紙も乱筆でしたが、横はなかったです、時代ですかね。
  • 田村ひろ子  2018/09/19 13:58
    ◆縦書きがしっくりしてる母の過去  キコ

    キコさんのお母様は、背すじをシャンと伸ばして、丁寧に人生を歩んでいらっしゃったことでしょう。
    「しっくりしてる」と感じるキコさんの優しいまなざしがステキです。
  • 大西俊和  2018/09/20 07:40
    私にもあったハイジのような時 進

    三丁目の夕日の日本はハイジの愛したスイスの故郷アルムと似ているように感じます。ハイジと同じようにアルムに戻りたいと思う進さん。
  • 海月  2018/09/20 08:38
    ☆ 私にもあったハイジのような時 進

    ちょっと丸山さん=ハイジというのが想像できません。
    お姿は存じ上げないながら。。。。。
  • 圦山 繁  2018/09/20 11:24
    篤子さまへ
    WEB句会のお知らせありがとうございました。
    早速、参加させていただきました。

    さて、本ブログのトップ「お知らせ」
     詳細は近日更新WEB句会をご覧下さい。沢山の皆さんのご投句をお待ちしています。とあります。

    近日更新WEB句会との表記、まだ今月のWEB句会が実施されて無いように誤解されるのでは?
    表記を変えられた方が誤解がないと思います。お節介で恐縮ですがご検討願います。
  • キコ  2018/09/20 20:18
    大西さま、坪井さま、丸山さま、田村さま

    心温まるコメントを有難うこざいました。学校を卒業し会社の新人研修で初めて家を離れ東京に居た時 鉛筆で書いた縦書きの手紙をもらい号泣した懐かしい思い出があります。決して坪井さまの言われるような美文字では有りませんでしたが母親らしい文字でした。
  • ええ一  2018/09/20 21:58
    * 私にもあったハイジのような時 進

    その頃の進さんにお会いしたかった気もします。
    私は、どこかハックルベリーフィンにでも似ててくれるといいなぁ~。
  • 野原 萌  2018/09/20 23:15
    ★縦書きがしっくりしてる母の過去  キコ
    縦書きは漢字と仮名文字の繋がりがしなやかで、日本独得の文化の匂いがします。
    母の過去という下五に、自分はさて置き、ひたすら子供達を愛し、家族を思う 縁の下の力持ち的お母様が伺えます。
    キコさん、かあさんの手紙・・・云云、分かります。

    ★私にもあったハイジのような時   進
    あったあった!
    心は弾んでスキップしていま~す。
  • 大西俊和  2018/09/21 14:13
    飛べますか肩甲骨を回したら 須川柊子

    幼い頃に傘や風呂敷を落下傘のようにして高いところから飛び降りたことがあります(笑)。飛びたいという私の願いは叶わなかったですが、柊子さんなら肩甲骨を回したら、飛べるのでないでしょうか。私の叶わなかった願いを柊子さんに託したく思います。よろしくお願い致します。
  • 田村ひろ子  2018/09/21 15:23
    ◆私にもあったハイジのような時   進

    作者のお名前が分かってから、
    アルプスの山を駆け巡る進ちゃんの姿を想像しました。
    世の中の仕組みを知らなかった頃の赤い頬・・・幸せだったことでしょう。