現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

オープン掲示板 過去ログ

どなたでも書き込んでいただける掲示板です。現代川柳の話題、イベント情報など、ご自由に利用してください。雑談もOKです。インターネットに一般公開されている掲示板ですので、個人情報の取り扱いにはお気をつけ下さい。

  • 丸山 進  2018/12/30 22:22
    ☆母さんの答えはいつもみなみ風   野原 萌
     母さんは太陽のようにいつも暖かい思いでばかりです。


    ☆晒してる所は痛くない所   村井広子
     痛い所や弱い所はそっとしておきたいのが人情ですね。
    それを句にまとめたのは技ありと思います。
  • 海月  2018/12/31 05:49
    ☆嫌なこと続いた夜の丸い月 竹内美千代

    私も月を発見すると嫌なことがいっぺんで吹き飛んでいきます。月は素敵。やさしい磁力があります。

    のぶえさん、お久しぶりです。のぶえさんのお名前を見てとてもうれしかったです。12月のイメージ吟の私の句を選んでくださりありがとうございます!コメントがとてもうれしかったです♪
  • 坪井篤子  2018/12/31 06:26
    *嫌なこと続いた夜の丸い月  竹内美千代

    煌煌と輝く真ん丸い月は心を和ませ包み込んでくれます。
  • 丸山 進  2018/12/31 10:26
    ☆嫌なこと続いた夜の丸い月  竹内美千代
     大古から月の形ほど人の感情に様々な刺激を与えてきたものはない。丸い月の句が大晦日に紹介されのはラッキーなことだと思います。美千代さんにとって、よい新年になるでしょう。
  • 大西俊和  2018/12/31 11:08
    ☆嫌なこと続いた夜の丸い月  竹内美千代

    丸い月を見上げた時から、胸のもやもやから心は解放されます。そんなきっかけをくれる月はありがたいものです。進さんや篤子さんが書かれているように太古から今日まで月は沢山の心を癒してきたのでしょうね。月のような川柳を生み、月のような人間になりたいです。
  • 善江  2018/12/31 11:12
    『 川柳びわこ 』2019・1より


    ▽新潟の「柳都」にフォト川柳のコーナーがもうけられてもう五年になる。

    最初、川柳が新しく書かれる方法として、写真を見ながらの作句はどうだろうと、風柳さんからの提案があり、写真を藤田めぐみさんにお願いして現在も続いている。

    どこまでのひろがりを見せるかわからないが今のところうまくいっている。


                < 編集後記:德永 政二 >
  • 田村ひろ子  2019/01/01 01:03
    ■嫌なこと続いた夜の丸い月  竹内美千代

    まん丸なお月さまに何度も慰められながら歩いてきました。
    お月さまに抱かれていきているように感じます。
  • 海月  2019/01/01 05:23
    ☆透き通る人と話して透き通る  大西俊和

    12月にすごく久しぶりに安房直子さんの童話集を7巻読みました。透き通った安房さんの物語を読んでしばし私も透き通っていました。
    大西さんのこの作品を見たとき真っ先にそのことを思いました。
    たくさん書かれた安房さんでしたが50歳で亡くなられたそうです。もっと読みたかったという想いが透明な空を駆け巡ります。
  • 坪井篤子  2019/01/01 06:24
    あけましておめでとうございます。
    本年もよろしくお願い致します。


    ★透き通る人と話して透き通る  大西俊和

    平成30年12月の雑詠・最高得点おめでとうございます。
    縁起の良い新年となられましたね。
    益々のご活躍を期待いたします。
  • 大西俊和  2019/01/01 09:36
    篤子さん、海月さん

    新年あけましておめでとうございます。

    嬉しいスタートに背中を押して下さり、ありがとうございます。最多句は初めてか二回目ぐらいだと思います。これからも獲得できるように頑張ります。ありがとうございます。
  • 田村ひろ子  2019/01/01 11:39
    あけましておめでとうございます。
    本年もよろしくお願い致します。

    新年、明けましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願い申し上げます。

    ★透き通る人と話して透き通る  大西俊和

    平成30年12月の雑詠・最高得点おめでとうございます。
    美しいこころとこころの交流の大切さを教えていただきました。
    俊和さんありがとうございます。
  • 野原 萌  2019/01/01 15:29
    ★透き通る人と話して透き通る  大西俊和
    ピュァな人とお付き合いしていると、ホント いつの間にか心の物差しがどんどん澄んで来る様に思います。
    元旦に爽やかな句に逢えて、私も透き通り良いスタートが出来ました。有難うございました。

    最高得点、おめでとうございます。
  • おさ虫  2019/01/01 16:29
    明けましておめでとうございます。
    昨年末は、夢工房にアクセスできない日が続いていたので、夢工房も、もう終わったのかと諦めかけていましたが、見事に復活しました。
    そして、輝かしい年の初めの句会で、何と、雑詠で俊和さんが優勝。ダブルでおめでとうございます。
    皆さま、また一年、よろしくお願いします。
  • たんばらのぶえ  2019/01/01 18:02
    あけましておめでとうございます。
    しばらく夢工房をお休みさせて頂いていましたが今年からまた皆様よろしく願い致します。


    ☆透き通る人と話して透き通る 大西俊和

    俊和さん雑詠最高得点おめでとうございます。
    雑詠の中で一番好きな句で迷わず頂いた句でしたので最高得点になった俊和さんの句だったのも嬉しいです。 ほんとうに透き通るような方と出会えてお話しているとこちらまで透き通つた気持になる・・・そんな気持を私も経験した事があります。
  • 小林康浩  2019/01/01 18:44
    本年もよろしくお願いいたします。

    @透き通る人と話して透き通る  大西俊和

    俊和さん、雑詠最高得点おめでとうございます!
    ご体調もよくなられて、川柳も快調で、喜ばしい限りです。
    俊和さんとお話していて、こちらが透き通るような感覚に
    なったことがあります。きっとお人柄でしょう。
    どうぞよい一年をお過ごしくださいませ。
  • 大西俊和  2019/01/01 23:56
    ひろ子さん、萌さん、おさ虫さん、のぶえさん、康浩さん、拙句への温かいコメントをありがとうございます。透き通るような人間になれるように、遅くなりましたが、これから努力致します。よろしくお願い致します。
  • 大西俊和  2019/01/02 07:56
    やがて森やがて命になるふたり 冬子

    イメージ吟最高得点おめでとうございます。「風の谷のナウシカ」の世界を思いました。自然や愛や命は美しいですね。
  • 坪井篤子  2019/01/02 08:18
    *やがて森やがて命になるふたり  冬子

    スケールの大きな句で2019年の幕開けです。
    冬子さん、イメージ吟の最高得点おめでとうございます。
  • 丸山 進  2019/01/02 10:05
    明けましておめでとうございます。
    本年もよろしくお願いいたします。

    ☆透き通る人と話して透き通る  大西俊和
     トップ賞おめでとうございます。
    新年のスタートを飾るにふさわし純な気持ちになれる句です。

    ☆やがて森やがて命になるふたり  冬子
     印象吟のトップ賞おめでとうございます。
    私も選びましたが、生命力を格調高く詠み希望を感じさせます。
  • 野原 萌  2019/01/02 11:55
    ★やがて森やがて命になるふたり  冬子
    壮大で素敵な一句。写真からやっぱり「ふたり」かな?と迷いましたが好きな句です。

    今年も良い年のスタート、おめでとうございます。
  • 野原 萌  2019/01/02 12:14
    ★嫌なこと続いた夜の丸い月  竹内美千代
    美千代さん、暮れはお月さまがとっても綺麗でしたね。
    丸い月には いつか心も洗われてしまいますね。
    良い新年をお迎えになられた事思います。

    ★進さん、コメント嬉しく拝読いたしました。
    ありがとうございました。
  • 平井美智子  2019/01/02 13:48
    透き通る人と話して透き通る 俊和
    トップ賞おめでとうございます。おめでたい幕開けですね。お目にかかった時には、いつも透き通るような笑顔をくださる俊和さんを思い出しました。
  • たんばらのぶえ  2019/01/02 18:09
    ☆やがて森やがて命になるふたり 冬子

    冬子さんイメージ吟 最高得点おめでとうございます。
    今回のイメージ吟の写真が私には少し重くて難しくてギリギリまで句が作れませんでした。 冬子さんの奥の深い素晴らしい句に感嘆しています。そして選の時に見逃していた後悔も・・・。冬子さん新年早々素晴らしい句をありがとうございました。
  • 小林康浩  2019/01/02 18:26
    @やがて森やがて命になるふたり  冬子

    冬子さん、イメージ吟最高得点おめでとうございます!
    こんな壮大な句を詠まれるとは、本当に素晴らしいです。
    句碑映えのする作品でもあるように思います。何度も
    読んでゆくうちに、どんどん感動が深まってゆきます。
    それこそがまことの秀句なのでしょう。
  • 海月  2019/01/02 20:16
    ☆やがて森やがて命になるふたり  冬子

    とても力強い句だと思います。好きです。
  • 坪井篤子  2019/01/03 06:30
    *ニンゲンを見飽きぬうちに散る紅葉  圦山 繁

    紅葉の気持ちを詠まれたのが斬新です。
    ニンゲンとカタカナで表記されたのも皮肉っぽくて面白いですね。
  • 冬子  2019/01/03 07:13
    あけましておめでとうございます。
    みなさまにとって素敵な一年になることを心よりお祈りしております。本年もよろしくお願いいたします。

    俊和さん。坪井さん。丸山さん。野原さん。たんばらさん。小林さん。海月さん。
    お祝いと心のこもったコメントありがとうございます。
    おひとり、おひとりのコメントが私の宝です。

    私も今回のイメージ吟には悩みました。
    荒地にも希望があり、どんなに小さくてもその希望がある限り命を育むことが出来る。希望に「しがみつく」ことも時には大事だと思います。今、現在、荒地を彷徨っている方々もいらっしゃると思いますが、そんなみなさまにとって、また私自身にとっても、少しでも力になれたらいいなと思い作った句です。
  • 大西俊和  2019/01/03 11:35
    ニンゲンを見飽きぬうちに散る紅葉    圦山 繁

    そうでしたか。だからそよそよ風にも競争するように紅葉は散るのですね。
  • 田村ひろ子  2019/01/03 11:35
    ◇やがて森やがて命になるふたり  冬子

    冬子さんイメージ吟 最高得点おめでとうございます。
    『永遠の命』を木々に託した壮大さに感動!
    一番に頂いた句でした。
    心地よい広がりが年の初めにピツタリです。
    有難うございました。
  • 田村ひろ子  2019/01/03 11:42
    ◇ニンゲンを見飽きぬうちに散る紅葉  圦山 繁

    「見飽きぬうちに」の言葉で擬人化されたモミジ。
    「人間」ではなく「ニンゲン」と表現するなかに「全ての人間ではないですよ」という作者の優しさも感じました。
    そして紅葉の潔さもありました。
    物語ですね。
  • 野原 萌  2019/01/03 12:38
    ★ニンゲンを見飽きぬうちに散る紅葉  圦山 繁
    美しい紅葉に感動しているキラキラの笑顔をインプットして散るなんて。
    しあわせな紅葉さん。
    人の命の散り際のままならぬ事まで心が飛びました。
    そして生き方清しくと、想いが巡ります。
  • たんばらのぶえ  2019/01/03 15:09
    ☆ニンゲンを見飽きぬうちに散る紅葉 圦山繁

    美しく紅葉したモミジは見る人達に感動や安らぎを与えていると思ってたら・・・あらあら紅葉の方がニンゲンを見ていたのですね。見飽かれないうちに紅葉の方から美しい内に散っていく・・・。紅葉のプライドと美学でしょうか? 素晴らしい発想ですね。
  • 圦山 繁  2019/01/03 16:23
    篤子さん、俊和さん、ひろ子さん、萌さん、のぶえさん、
    優しいコメントありがとうございました。
    また、貴重な1票を投じて下さいました方々にもお礼申し上げます。
    皆様のコメントが、励みになります。
    今年もよろしくお願い致します。
  • 小林康浩  2019/01/03 18:36
    @ニンゲンを見飽きぬうちに散る紅葉  圦山 繁

    紅葉がニンゲンを見ている。この逆転の発想に思わず一票
    投じました。ニンゲンは紅葉〝狩り〟なんて穏やかならぬ
    言葉を使います。紅葉にしっかり見られていることを認識
    しないといけませんね。繁さん、勉強になりました。
  • 竹内美千代  2019/01/03 20:13
    嫌なこと続いた夜の丸い月      美千代

    皆さま明けましておめでとうございます。
    平成最後の記念すべき大晦日に
    拙い句を載せて頂けました。
    ありがとうございます。

    海月さん、篤子さん、進さん、
    俊和さん、ひろ子さん、萌さん。
    慌ただしく、貴重な夜に
    本人の知らない内に
    心の籠ったコメントを書いていてくださったのですね。

    三が日も暮れようとする今
    やっとパソコンを開く時間ができました。
    嬉しく、もったいなく読ませていただきました。
    皆さま本当にありがとうございました。
    本年もどうぞよろしくお願いいたします。
  • 圦山 繁  2019/01/03 21:18
    康浩さま、貴重な1票を戴いたうえ、コメントまで。
    ありがとうございます。
    勉強なんてとんでもない。小生こそ、皆様の句で勉強させていただいています。
    これからも宜しくお願い致します。
  • 坪井篤子  2019/01/04 06:56
    *ふたりなら翔べると風を待っている  怜

    片翼も二人くっついていれば翔べると信じて風を待つ。
    写真の荒れた雰囲気の中、ロマンチックでいいなあ。
  • 冬子  2019/01/04 07:17
    田村さん。

    私の句へのコメントありがとうございました。
    とても励みになります。
  • 田村ひろ子  2019/01/04 08:55
    ■ふたりなら翔べると風を待っている  怜

    なんと、優しい句なのでしょう。
    信じるということの穏やかさが伝わってきます。
    良き年の始まりですね。
  • 野原 萌  2019/01/04 14:37
    ★ふたりなら翔べると風を待っている  怜
    信じあっていたのですね。
    同じ枝葉の翅が生えました。
    さぁ~、今年も良い風がふきそうですね。
  • 大西俊和  2019/01/04 16:43
    *ふたりなら翔べると風を待っている  怜

    如何にも飛び立つ瞬間を待っているような二人でした。しかし、
    枝があり根っ子もありそう。悲しい物語に続く予感もします。
  • たんばらのぶえ  2019/01/04 21:28
    ☆ふたりなら翔べると風を待っている 怜

    イメージ吟の中でいちばん好きで頂いた句です。私の個人的な感情ですがあのイメージ写真が私には何故か重く哀し句でギリギリまで句が作れませんでした(勿論?2句とも没でした・・・笑)でも怜さんのこの句を拝見した時、ふたりならきっと翔べると言う希望とお互いの信頼・・・そしてその日の風を待っている・・・。 私にはとても難しかったあの写真からこんな素敵な句を作られる怜さんに憧れます。
  • 小林康浩  2019/01/04 22:14
    @ふたりなら翔べると風を待っている  怜

    ふたりで一対の翼を持つ。その翼は木の枝で出来ている。
    映像のすごさにどんどん見入ってしまい、遂に納得する句が
    詠めませんでした。この点、のぶえさんと同様です。
    「風を待つ」という言葉で詩に昇華されたのは、
    怜さんの上手さでしょう。
  • 丸山 進  2019/01/05 11:08
    ☆ニンゲンを見飽きぬうちに散る紅葉 圦山繁
     一葉毎の紅葉が散るきっかけに興味をもっていましたが、
    自然(力学的)以外の理由に届かなかったです。
    繁さんの紅葉に意志や感情を与えた発想が素晴らしいと思いました。


    ☆ふたりなら翔べると風を待っている  怜
     貧しい恋人同士に、ひとりでは食っていけないが、ふたり一緒ならなんとか
    暮らしていけると言っていた貧しい親を思い出しました。希望を感じます。
  • 野原 萌  2019/01/05 11:36
    ★人間に味が出てくる下り坂   ちゃくし
    作者の深い心の襞が浮かぶ一句ですね。
    哀しみや困難を乗り越えての、積み重ねたものの美しさ。
    下り坂は短そうです。
    ”自分らしい味を心して生きなきゃ!”と誘われました。
  • 圦山 繁  2019/01/05 14:37
    進さん、コメント&お褒めの言葉をありがとうございます。
    貴重な1票も投じていただき、喜んでいます。
    今年はいいことがありそうです。
  • 田村ひろ子  2019/01/05 17:50
    ★人間に味が出てくる下り坂   ちゃくし

    以外に歩きにくいのが下り坂です。
    そこを一歩一歩、歩いてゆくことが『人間味』を作り出すのでしょうね。
    丁寧に歩いて行こうと思います。
    『人間味』が、でてきますように。
  • たんばらのぶえ  2019/01/05 20:53
    ☆人間に味が出てくる下り坂 ちやくし

    登るどこまで一生懸命に登りつめた・・・これからは下り坂・・・。登る時ほど元気は要らないものの下り坂はゆっくりゆっくり楽しみながら踏みしめて行かれようとして居られるちやくしさんの暖かいお人柄が伺えます。
  • 坪井篤子  2019/01/05 21:27
    *人間に味が出てくる下り坂   ちゃくし

    ‌自身で下り坂と感じた時のわびしさ。
    けれども人間味も人となりも出てくると感じるゆとり。
    私も残された人生を大切に生き抜きたいと思いました。
  • 小林康浩  2019/01/05 21:52
    @人間に味が出てくる下り坂   ちゃくし

    人生の「下り坂」は、盛りを過ぎたさびしさもありますが、
    青息吐息の上り坂では見えなかった景色が見えてきます。
    だから人間に滋味が出てきます。これからに希望が持てる
    一句ですね。
  • 丸山 進  2019/01/05 22:48
    ☆人間に味が出てくる下り坂   ちやくし
     人生下り坂になると淋しく落ち込む感じですが、
    登りから峠を過ぎた後はゆっくり下ると思えば楽しみが味わえる。心の持ちよう晩年が充実するという元気をもらえる句です。
  • 野原 萌  2019/01/06 10:46
    ★一人では飛べなくなった君と僕   公子
    年を重ね、二人でやっと一人前。
    今 そんな自分に重ねて改めて補い合い仲良く暮らそうと頷いています。
  • 坪井篤子  2019/01/06 15:53
    *一人では飛べなくなった君と僕   公子

    揚句でずっと以前ですが生島治郎著『片翼だけの天使』という実話本、映画があったのを思い出しました。
    一人ではできなくても二人でなら乗り越えられる。
    愛ですね。
  • たんばらのぶえ  2019/01/06 16:27
    ☆一人では飛べなくなった君と僕 公子

    若かった頃は「ひとりでも大丈夫!何だって出来るわー!」なんて思っていたのに歳月が流れ今お互いが居なくてはならない大切な存在に・・・。愛ですね・・・。一緒に翔べる人が居るのは幸せだと思います。
  • 田村ひろ子  2019/01/06 16:42
    ★一人では飛べなくなった君と僕   公子

    公子さん・・・お幸せですよ!
  • 海月  2019/01/07 05:08
    ☆古書店を西日ばかりがのぞきをり 怜

    映像が浮かぶ素敵な作品ですね。
    古書のにおいさえしてくるようです。
    一人で気のすむまで時間を忘れて古書と会話していたいです。
  • ちゃくし  2019/01/07 10:08
    コメント戴いた皆さん、誠にありがとうございました。この句は、自分がそうありたい、なりたいという願望なんです。子らもみな巣立って、自分なりにいかに生きるかを模索中です。正月早々、嬉しくてニヤニヤしています。皆さんにとって良い年でありますように!ありがとうございました。
  • 野原 萌  2019/01/07 11:00
    ★古書店を西日ばかりがのぞきをり   怜
    ことばのリズムが好きです。
    古書店と西日とをり。巧みな一句にうっとり。
  • 坪井篤子  2019/01/07 11:21
    *古書店を西日ばかりがのぞきをり   怜

    物静かな店内、差し込む西日。映像が浮かびます。
    飛躍して読めば、西方浄土から自分の作品は?などとこっそり様子見している面々を想像してみました。
    優しく温かく感じました。
  • 田村ひろ子  2019/01/07 17:58
    ★古書店を西日ばかりがのぞきをり   怜

    古書店を流れる、懐かしくも穏やかな空気と西日のやわらかさがピッタリの句ですね。
  • 小林康浩  2019/01/07 18:19
    @一人では飛べなくなった君と僕  公子

    なんかウチの夫婦を想ってしまい、ちょっとさみしくも微笑んで
    しまいました。尤も私共は、二人しても飛べませんが(笑)

    @古書店を西日ばかりがのぞきをり  怜

    ノスタルジックな舞台設定。なにか「大分麦焼酎二階堂」の
    CMを思い出しました。最後は「をり」で締めてうまい!
  • 大西俊和  2019/01/08 10:29
    病める身のふと対岸の美しき 森下綾子

    健康な時は何に感慨も無く観ていた対岸の景色が病気になって自由を失った時、とても愛しい風景になることがあるのではないでしょうか。同じ景色でも、観るものの心理的な変化で、違ったものになるのでしょうね。
  • 野原 萌  2019/01/08 11:47
    ★病める身のふと対岸の美しき   森下綾子
    ふと が柔らかくて、無心でいいですね。
  • 田村ひろ子  2019/01/08 14:12
    ★病める身のふと対岸の美しき   森下綾子

    辛いことを抱えていると、見慣れているはずの対岸も光り輝いているように見えてしまいますね。
  • 坪井篤子  2019/01/08 17:14
    *病める身のふと対岸の美しき   森下綾子

    抱えている病で見える景色も変わって見える。
    ふと気付いた美しい景色に我に返った綾子さん。
    もう大丈夫、無理をなさらずゆっくりとお大事にね。
  • 小林康浩  2019/01/08 21:44
    @病める身のふと対岸の美しき   森下綾子

    「対岸」とはもしかして、この世ではない向こう側の岸
    ではないでしょうか。対岸に希望を託してしまう複雑な
    思いを詠んでおられるのでは、と私は受け止めました。
  • たんばらのぶえ  2019/01/09 00:34
    ☆古書店を夕日ばかりがのぞきをり 怜

    古書店に夕日・・・遠い遠い日の懐かしい映像が浮かんで来ました。
    康浩さんの感じられたと同様に最後の「をり」がこの句をより深くしている感じがします。詩人、怜さんならではの巧さにうっとりです。


    ☆病める身のふと対岸の美しき 森下綾子

    元気な時には気がつかなかった対岸の美しさに心身ともに病んだ時にふと気づく・・・。 病んだ時こそ心のゆとりを持つ前向きな綾子さん素晴らしいですね・・・。 もうすっかりお元気になられた綾子さんの笑顔が浮かびます。
  • 森下綾子  2019/01/09 05:47
    *病める身のふと対岸の美しき   森下綾子

    俊和さん、萌さん、ひろ子さん、篤子さん、康浩さん、のぶえさん、
    拙句に暖かいコメントを下さり有難うございます。
    術後の経過もよく日常生活に戻れました。
  • 坪井篤子  2019/01/09 05:53
    *トリセツの迷路で倒れそのまんま  小林康浩

    あるある。よ~く分かります。
    取扱い説明書の類は解り難い。
    そりゃあ迷路にも入り込みますよ。
    それでも頑張っていたけれど諦めムードでそのまんま。
    な~んて私はいつもトリセツ読まないので購入したその日に壊した事があります。
  • 田村ひろ子  2019/01/09 08:56
    *トリセツの迷路で倒れそのまんま  小林康浩

    篤子さんのコメントに頷いております。

    「倒れそのまんま」・・・・・理解できる家族にSOS!!!!!
  • 野原 萌  2019/01/09 22:36
    ★トリセツの迷路で倒れそのまんま  小林康浩
    しょぼくれもしないで、なんだかあっけらかんムード。
    ま、いいか!?
    ・・・私モデス。
  • 大西俊和  2019/01/09 23:05
    トリセツの迷路で倒れそのまんま 小林康浩

    トリセツを解読出来ないままにいろいろといじくっていると
    商品の中枢部まで駄目にしてしまい、使用しないままに廃棄ということがあります。トリセツの迷路から出られない・・どうしょうもないストレスです。
  • たんばらのぶえ  2019/01/09 23:10
    ☆トリセツの迷路で倒れそのまんま 小林康浩

    トリセツは皆さんのコメント同様、苦手です。康浩さんの「迷路」とは上手いなー!と思いながら頷いています。読めば読むほどわからなくなるので近頃は殆どトリセツははじめから読まない事にしています。(笑)
  • 小林康浩  2019/01/09 23:59
    篤子さん、ひろ子さん、萌さん、俊和さん、のぶえさん、
    拙句へご共感をありがとうございます。また選んでくださった
    方々へお礼申しあげます。
    ガラケーからスマホに替えて半年ほど経ちましたが、未だ
    出来る事の一部しか活用していない有り様です。そうです。
    説明書が分厚すぎて読みかけた途端、倒れてしまいました。
    多分、一部の機能のみ使ってそのまんまでしょう。
    そのまんまの句で申し訳ありません。
  • 野原 萌  2019/01/10 12:33
    ★芽を出してやがて花咲く樹木葬   光源氏
    花を付け、やがて木も枯れる頃には魂も宇宙の一部になってるんだろうなぁ。
  • 田村ひろ子  2019/01/10 15:21
    ★芽を出してやがて花咲く樹木葬   光源氏

    あちらこちらで樹木葬が話題になっていますね。
    桜の樹を中心にして、囲むように並んでいる記名プレートのついたおしゃれなされた小さなBOX。
    お花見の頃は賑やかになることでしょう。
  • 坪井篤子  2019/01/10 17:12
    *芽を出してやがて花咲く樹木葬   光源氏

    樹木葬の映像を見ると憧れます。
    満開の花の下で・・・なんて良いですよね。
  • 大西俊和  2019/01/10 19:30
    *芽を出してやがて花咲く樹木葬   光源氏

    人間の命から樹木の命へ繫がりたい。美しい花を咲かせたい。人の夢は果てしなく美しいものですね。
  • 小林康浩  2019/01/10 21:30
    @芽を出してやがて花咲く樹木葬   光源氏

    樹木葬という下五に驚きと感動を覚えました。
    自然と人間を同時に詠めることも、川柳の強みだと
    実感します。すばらしい句だと思います。
  • 大西俊和  2019/01/11 11:18
    うなずいてからの一歩の重いこと     田村ひろ子

    微妙な心理を詠む天才のひろ子さん。うなずく容易さ、一歩を踏み出す難しさ。うなずいてから一歩への作者の重い逡巡を思います
  • 野原 萌  2019/01/11 11:49
    ★うなずいてからの一歩の重いこと  田村ひろ子
    いざ実践することの難しさ。
    素直に一歩。踏み出せますよう様にと、自分に重ね手を合わせてしまいました
  • 坪井篤子  2019/01/11 12:05
    *うなずいてからの一歩の重いこと  田村ひろ子

    「いいわよ」とひろ子さんの美しい声が聞こえてくるようです。
    踏みだす一歩の重大さに「ハッ」としながらも何事もなかったように
    いつものニコニコ笑顔のひろ子さんに戻るのでした。
  • 小林康浩  2019/01/11 20:05
    @うなずいてからの一歩の重いこと  田村ひろ子

    かつて営業職だった頃、高い売り上げ目標にうなずいたものの、
    その大変さをわかりつつの第一歩が重かったのを思い出しました。
    まさに実感句です。
  • 田村ひろ子  2019/01/11 20:22
    俊和さん、萌さん、篤子さん、康浩さん

    優しいコメントをありがとうこざいました。
    たとえ、どのような状況でも、
    頷いてしまったことには責任があります。

    句を受け止めてくださてありがとうごさいました。
  • 光源氏  2019/01/12 10:22
    萌さん、ひろ子さん、篤子さん、俊和さん、康浩さん

    すばらしいコメントありがとうございました。また選んでくださった皆様に感謝いたします。 

    樹木葬は経験ありませんが、少し憧れるところがあります。
  • 月波与生  2019/01/12 14:14
    しばらく接続できなかったので訪問していませんでしたが、本日何気なく押してみたら接続できました。
    よかった。投句再開できます。
  • 坪井篤子  2019/01/12 17:13
    与生さん、

    夢工房へお久し振りにようこそ!
    Web句会のみならずなんでも掲示板、とことん会掲示板、ユーザー掲示板など
    お楽しみもありますので覗いてみて下さい。
    ご参加お待ちしております。
  • 坪井篤子  2019/01/12 17:16
    *寄り添えば空も飛べるよ私たち  中嶋安子

    あの写真から不可能を可能にする希望と勇気ですね。
    愛は勝つ!
  • 田村ひろ子  2019/01/12 17:31
    *寄り添えば空も飛べるよ私たち  中嶋安子

    安子さん・・・いいパートナーがいらっしゃるのですね。
    きっと
    空をとべますね!!
  • 大西俊和  2019/01/12 17:36
    寄り添えば空も飛べるよ私たち 中嶋安子

    ふたりの力は一人の力の何倍になるのでしょう。不可能も可能にする不思議な力。
  • たんばらのぶえ  2019/01/12 18:29
    ☆芽を出してやがて花咲く樹木葬 光源氏

    命は天国に召されても樹木葬は歳月が流れまた新しい命となって樹木に美しい花を咲かすのですね・・・。 もう何年も前に親戚には樹木葬をした人がいました。その当時は珍しかつたのですが今、樹木葬って憧れます。


    ☆うなずいてからの一歩の重いこと 田村ひろ子


    優しくて面倒見の良いひろ子さんは頼みごとをされと「いいわよー!」なんて笑顔できっと頼まれごとを引き受けられたのだと思います。
    その後「あらー!これは大変・・・!」なんて思いながらも、もう一歩前にテキパキと進まれておられる様子が浮かびます。


    ☆寄り添えば空も飛べるよ私たち 中嶋安子

    この句を拝見させて頂いた時「うわー!いいな・・・素敵!」と思って頂いた句でしたが作者が安子さんだったと知り一昨年、安子さんご夫妻で私の店にお越し下さった時のとても仲の良いご様子が思い出されました。
    「お二人ご一緒なら空を飛べるのも夢ではないなー!」と思います。
  • 田村ひろ子  2019/01/13 07:53
    のぶえさん

    温かなコメントをありがとうございます。
    お声を聞くことができて嬉しいです。
    今年も宜しくお願いいたします。
  • 坪井篤子  2019/01/13 08:44
    *断れぬフリルのようなお気遣い  竹内美千代

    「フリルのようなお気遣い」とは発見ですね。
    ふりふりのフリル、嫌いな人は稀ですから、
    お気遣いされればそれはもう断れませんよね。
  • 大西俊和  2019/01/13 10:16
    *断れぬフリルのようなお気遣い  竹内美千代

    気遣いして頂くのはこそばいようで嬉しいですね。フリルのような気遣いならなおさら。
  • 野原 萌  2019/01/13 10:24
    ★寄り添えば空も飛べるよ私たち  中嶋安子
    上五を受ける下五があったかくて、勇気が出ます。

    ★断れぬフリルのようなお気遣い  竹内美千代
    フリルのような とは素敵なみつけですね!
  • たんばらのぶえ  2019/01/13 16:55
    ☆断れぬフリルのようなお気遣い 竹内美千代

    優しくて可愛らしいフリル・・・フリルのようなお気遣いとは・・・美千代さん素敵な見つけですね。思わず拍手してしまいました。
  • 光源氏  2019/01/13 17:02
    のぶえさん

    温かなコメントをありがとうございました。
  • 田村ひろ子  2019/01/13 21:09
    ☆断れぬフリルのようなお気遣い 竹内美千代

    「フリルのような」がいいですね。
    フリルは柔らかくて、なんだか包み込まれるようで、それなのにフワフワ逃げ上手。
    捉えどころのない「お気遣い」に完敗!
  • 小林康浩  2019/01/13 21:18
    @断れぬフリルのようなお気遣い  竹内美千代

    フリル、なんとも面白い喩えです。ひらひらと嬉しく、
    ちょっと有難迷惑っぽさも混じって、それでもやっぱり
    受け入れたい。そんな微妙なところを詠んで、上手いです。
  • 竹内美千代  2019/01/14 11:44
    断れぬフリルのようなお気遣い      美千代

    女里さん、みやさん、良子さん、篤子さん
      幼稚な表現で、きっと見向きもされないだろうなとの思いで
      投句いたしました。気持ちを分かっていただけて、拾い上げて
      下さりびっくり嬉しでした。励みになりました。ありがとうご  ざいました。

    篤子さん、俊和さん、萌さん
    のぶえさん、ひろ子さん、康浩さん、
      私自身の意識をきちんと言葉で摑まえて頂けとても勉強になり  ます。本当にありがとうございます。

      実は私はフリルやレースの服は殆ど着ませんし、そういう気遣  いもしないタイプなんです。女のくせにかなりの照れ屋でし   て。でもかわいいおばあちゃんになりたいので、舵をそちらに
      切ろうと思っている昨今です。
      ありがとうございました。