現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

オープン掲示板 過去ログ

どなたでも書き込んでいただける掲示板です。現代川柳の話題、イベント情報など、ご自由に利用してください。雑談もOKです。インターネットに一般公開されている掲示板ですので、個人情報の取り扱いにはお気をつけ下さい。

  • 大西俊和  2019/08/24 09:35
    虎になる夢を見ている子猫たち おさ虫

    大きな遥かな夢は素晴らしいですが、夢までの階段の設定が重要ですね。自分に合った行動スケジュールを考えたいものです。子猫たち、虎になれると良いですね。
  • 坪井篤子  2019/08/24 09:55
    @虎になる夢を見ている子猫たち  おさ虫

    子猫たちは同じ猫科でも強い虎に憧れているのでしょうね。
    いつかは虎になれると信じて可愛いです。
  • 田村ひろ子  2019/08/24 12:35
    ◆虎になる夢を見ている子猫たち   おさ虫

    仔猫の夢は壮大であるほど、なるほどと思います。
    ある日、ひょいとカガミを見たら
    「三匹の虎」が映っていました。
    夢の叶った三匹はさてどうするでしょうね。
    ワクワクします。
  •   2019/08/24 17:08
    ◆虎になる夢を見ている子猫たち   おさ虫

    虎と猫を検索しました。
    2007年に遺伝子調査がアメリカの学者オブライエン氏達によって行われ、祖先が同じプセウダエルルスいう生物の可能性が高いと発表されたそうです。
    あのしなやかさ、一日16時間も寝ている猫、その間も先祖返りを夢見ていることでしょう。(^^)/
  • 丸山 進  2019/08/24 21:11
    ☆虎になる夢を見ている子猫たち   おさ虫

    虎もいいけどライオンの方が百獣の王でもあるし、
    句も迫力が増すように思いますけど。
  • 小林康浩  2019/08/24 23:08
    @虎になる夢を見ている子猫たち   おさ虫

    本当になれたらいいですね。逆に、猫になる夢を見ている虎なんて
    いるのでしょうか?なにやらいろいろと考えさせられる句です。
  • おさ虫  2019/08/24 23:18
    ◆ 虎になる夢を見ている子猫たち   おさ虫

    午後11時。瀬戸市の気温は24.5℃。ひと頃に比べるとずいぶん涼しくなりました。すっかり秋の気配ですが・・何か足りないなと思うのは、虫が鳴いていない事です。皆さんの所はどんな感じなのでしょうか。

    相変わらず毎日山に登っていますが、最近、気になっているのは野猫のことです。飼い猫が捨てられると野良猫になります。その野良猫が山に住みつき繁殖し、野生化したのが野猫です。
    私が登っている猿投山には野猫がたくさんいます。別に襲っては来ませんが、顔つきはもうイリオモテヤマネコみたいです。どうも餌をやっている人がいるらしいのですが、野鳥とかも食べていることでしょう。
    虎のいない里山では、野猫はオオタカの次ぐらいのランキングかも知れません。子猫はきっと自分の事を虎の子と思っているに違いありません。子猫はかわいいけれど、餌やりは止めてもらいたいものですね。
  • 一家 汀  2019/08/25 06:01
    ☆友情の誓いをそっと見てた海   一家 汀

    坪井篤子さん、田村ひろ子さん、大西俊和さん、小林康浩さん、たんばらのぶえさん、温かいお言葉をありがとうございました。とても嬉しいです。お礼申し上げるのが遅くなりまして申し訳ありません。この句を選びコメントを入れて下さった皆様にも、心から感謝いたします。
  • 大西俊和  2019/08/25 09:26
    何よりも無言が怖い通りゃんせ       公子

    無言で真意が解らないほど怖いことはないかも知れません。暗闇の中の明かりのような言葉、ありがたいですね。
  • 坪井篤子  2019/08/25 09:29
    9月とことん句会のご投句を受け付けております。

    ★雑詠1句
    ★締め切り8月31日深夜
    ★送付先は「とことん会」掲示板をご覧下さい

    お待ちしております。
    よろしくお願いします。
  • 坪井篤子  2019/08/25 17:03
    @何よりも無言が怖い通りゃんせ    公子

    通りゃんせ通りゃんせの童歌を思い出しました。
    無言でするゲームのような遊びは怖いです。
    公子さんの着眼はやはり優しさからでしょう。
  • 小林康浩  2019/08/25 22:50
    @何よりも無言が怖い通りゃんせ   公子

    この句の醸す、なんとも不気味だけれど懐かしくもある独特な雰囲気に惹かれ、
    一票投じました。劇団「天井桟敷」の演目の一場面みたいでもあります。
  • 大西俊和  2019/08/26 09:48
    猫にまでブランド着せる小金持ち     ちいこ

    猫はブランドとは知らないですね。着心地が良ければ満足でしょう。
  • 田村ひろ子  2019/08/26 11:46
    @何よりも無言が怖い通りゃんせ    公子

    「通りゃんせ」と言われても、「おふだ」を持っていないと通れない・・・。
    「カゴメカゴメ」も「花いちもんめ」もなんだか怖い背景から生まれた歌ですよね。
    「無言」の怖さが際立っています。
  • 坪井篤子  2019/08/26 16:16
    @猫にまでブランド着せる小金持ち  ちいこ

    飼い主のステイタスシンボルにされている猫ちゃんはそんな事どこふく風ですね。
  • 田村ひろ子  2019/08/26 16:32
    @猫にまでブランド着せる小金持ち  ちいこ

    お洒落な日よけ付きのベビーカー(キャットカー?)でお出かけをしている猫ちゃん、犬ちゃんとよくすれ違います。
    初めてであった時は「可愛い赤ちゃん・・・・・」と覗き込み、ビックリしました。ブランド物の幅広い対応に驚くばかりです。
  • 小林康浩  2019/08/26 20:42
    @猫にまでブランド着せる小金持ち  ちいこ

    「小金持ち」というのが面白いですね。大金持ちは猫に秘書なんて付けて
    しまうのでしょうか(笑)
  • たんばらのぶえ  2019/08/26 23:38
    ☆虎になる夢を見ている仔猫たち おさ虫

    飼い主がいて幸せいっぱいの仔猫の寝顔は天使のようなのでどうも虎になる夢を見てはいないようですが(笑)捨て猫の仔猫は親と一緒の時は守られているのでまだ良いようなものの親から突き放された後の仔猫は途方に迷ったような顔をしています。(ある時期が来ると親猫は仔猫を突き放します)そんな時には仔猫はきっと「強い虎になりたい!」と夢を見るでしょうね・・・。 切ない句です。

    ☆何よりも無言が怖い通りゃんせ 公子

    そうですよね・・・。くどくど、ぐちぐち言われるより無言は取手によればどんなにでも受け取れますものね。 下5の「通りゃんせ」が怖〜いですー!


    ☆猫にまでブランドを着せる小金持ち ちいこ

    猫ちゃんの気持はどうなんだろう? ブランド嫌いかも? 小金持ちさん!着せる前に猫ちゃんに好みを聞いてあげて欲しいなー?
  • 大西俊和  2019/08/27 09:38
    近すぎていつも見えない探し物  中嶋安子

    メガネを頭に乗っけていて、メガネを探すことがあります。灯台下暗しではないですが、近すぎて見えないことありますね。
  • 坪井篤子  2019/08/27 10:33
    @近すぎていつも見えない探し物  中嶋安子

    目の前にあるのに気が付かなくて「ないないない」を連発してはいつも家人に笑われます。
    何気ない日常を上手く川柳に仕立てる安子さん!
  • 光明  2019/08/27 11:41
    @近すぎていつも見えない探し物  中嶋安子

    「想い」のとても深い作品だと感じました。
    勿論、俊和さんや、篤子さんのように<もの>ととらえても素敵ですが、私は<物体としては見えないもの>として受け取りました。
    例えば「平和・幸せ・感謝・お礼・好意・・・etc」です。
    目には見えない事柄の<深さ、広さ・大きさ・・・>を感じさせていただきました。
  • 田村ひろ子  2019/08/27 14:20
    @近すぎていつも見えない探し物  中嶋安子

    「近すぎていつも見えない」ものは沢山あります。
    俊和さん、篤子さの探し物の「もの」
    進さんの探し物「物体として見えないもの」・・・・。
    安子さんの句から、多くのことを感じました。

    「見えない」というより「見ていない」のかもしれません。
  • 大西俊和  2019/08/27 17:37
    篤子さんの「ないないない」の連発」
    光明さんの「物体として見えないもの」
    ひろ子さんの「見えない」というより「見ていない」のかも

    お三人のコメントを新鮮に読ませて頂きました。
  • 小林康浩  2019/08/27 20:16
    @近すぎていつも見えない探し物  中嶋安子

    あれこれ考えさせてくれる句ですね。メーテルリンクの「青い鳥」とか、更には
    自分自身とか。皆さんそれぞれの〝解答〟に首肯しております。
  • たんばらのぶえ  2019/08/27 23:39
    ☆近すぎていつも見えない探し物 中嶋安子

    物も人の心も出来事も近すぎると不思議に見えない事が多いですよね・・・。探し物がいっぱいある気がします。
  • 大西俊和  2019/08/28 09:16
    夏の風邪治り友より背が伸びる 月波与生

    何が良いのか悪いのか判らないこの世。風邪で寝込んだのは辛いですが、背が伸びるのならナイス。どんどん成長したいですね。
  • 田村ひろ子  2019/08/28 16:34
    ◆夏の風邪治り友より背が伸びる  月波与生

    あら、良かったですね。
    ゆっくりと休むことで、縮んでいたところものびのびとしたことでしょう。
  • 坪井篤子  2019/08/28 20:34
    @夏の風邪治り友より背が伸びる  月波与生

    わ~背が伸びるなんて羨ましいです。
    でもね実際は夏風邪ってなかなか治らないので痩せて背が伸びたように感じたのかなって思うのです。
    与生さんの比喩のセンス、勉強になります。
  • 小林康浩  2019/08/28 21:06
    @夏の風邪治り友より背が伸びる  月波与生

    相変わらず目の付け所がいいですね。いつも感心します。
  • 大西俊和  2019/08/28 22:02
    九州の皆さん、記録的な大雨の被害は大丈夫でしょうか。お見舞い申し上げます。
  • 大西俊和  2019/08/29 07:17
    ご機嫌が大福1つで直る妻 キコ

    こんな素直で素朴な奥さん、良いですね。大福餅をいつも幾つか家に置いておかねばなりませんね。
  • 田村ひろ子  2019/08/29 09:19
    ◆ご機嫌が大福1つで直る妻   キコ

    ハハハハハ・・・・(笑)。
    私は「大福二つ」です。
  • 坪井篤子  2019/08/29 09:39
    ◆ご機嫌が大福1つで直る妻   キコ

    私も大福2~3個は要ります。
    特に豆大福が良いです。
  • 坪井篤子  2019/08/29 09:44
    芳賀博子さんからのお知らせです。

    みなさま
     いつもいろいろありがとうございます。ぐっと秋めいてきましたね。さてちょっとご案内です。

    ◆梅田蔦屋書店(ルクアイーレ9階)で今週からこんなフェアが始まりました。
     芳賀も参加しています。
     https://store.tsite.jp/umeda/event/humanities/9168-1043590826.html

    続きます
  • 坪井篤子  2019/08/29 09:45
    続きです

    ◆「田辺聖子さん追悼 ことばの花火大会
       ‐川柳・俳句・短歌の交響を楽しむ-」

     日時/9月7日(土)14:00~
     会場/伊丹市立図書館 ことば蔵
     
     ことば蔵の名誉館長でいらした田辺聖子さんを追悼する企画です。
     当日はご来場の方全員参加による席題もあり
     短歌は尾崎まゆみさん、俳句は内橋可奈子さん、わたなべじゅんこさん、
     川柳は木本朱夏さんと芳賀が選者をつとめます。
     http://www.city.itami.lg.jp/SOSIKI/EDSHOGAI/EDLIB/event/eventlist/1565346170261.html

    以上、連日ご多忙とは存じますが、
    もしご都合よろしかったらのぞいていただけますと幸いです。

    季節の変わり目、くれぐれもお体大切になさってください。

          芳賀博子
  • 小林康浩  2019/08/29 18:41
    @ご機嫌が大福1つで直る妻   キコ

    なんと微笑ましい句でしょう。大福1つながら、銘柄ご指定なのでしょうか?
    京都「出町ふたば」の大福とか(笑)

    篤子さん、芳賀博子さんからの情報お知らせありがとうございます。
    楽しそうなイベントですね。
  • 丸山 進  2019/08/29 20:44
    ☆夏の風邪治り友より背が伸びる  月波与生
     与生さんは若いけど身長が伸びるのは無理なので
    精神的な分野の伸びだと思います。発想が飛んでます。


    ☆ご機嫌が大福1つで直る妻   キコ
     大福一つで直るなら安いもんです。羨ましい。
    こちらはダイヤ3つでも直りません。(タイヤキ3つではないですよ)
  • 坪井篤子  2019/08/30 08:41
    @犬よりも俺たち自由勝ち取った しょうこ

    イメージ写真からおっさんずラブの猫バージョン想起で面白い!
  • 大西俊和  2019/08/30 09:59
    犬よりも俺たち自由勝ち取った しょうこ

    犬と猫、微妙に生き方のイメージが違いますね。どちらの生き方が良いか悪いかは人間が考えることでしょうか。
  •   2019/08/30 17:24
    ◇犬よりも俺たち自由勝ち取った   しょうこ

    そういえば野良猫はいても野良犬はいませんね。
    そういうところが着眼点でしょうか。
    私は犬派ですが岩合光昭氏の世界ネコ歩きは好きな番組です。
  • 中嶋安子  2019/08/30 17:32
    手のひらに掬える程の愛がいい

    俊和さん、ひろ子さん、康浩さん、のぶえさんコメントありがとうございました。

    近すぎていつも見えない探し物

    俊和さん、篤子さん、光明さん、ひろ子さん、康浩さん、のぶえさん
    コメントありがとうございました。

    最近、パソコンの調子が悪く、なかなか書込みが出来ず、遅い御礼となりました。すみませんでした。m(__)m
  • 田村ひろ子  2019/08/30 17:44
    ◆犬よりも俺たち自由勝ち取った   しょうこ

    三匹の猫ちゃんたちの「勝ち誇った」お顔が見れず残念!!!
  • 小林康浩  2019/08/30 21:02
    @犬よりも俺たち自由勝ち取った   しょうこ

    桂さんと同じく「世界ネコ歩き」が好きです。ほんと、猫って自由ですね。
    犬は猫ほどの自由を望んでいないのかもしれません。
    今度犬と猫に訊いてみます(笑)
  • キコ  2019/08/30 21:11
    大西さま 田村さま 坪井さま 小林さま

    拙句にコメント頂き有難うございました。 大福は好きな物の1つです。後のことは考えず1度に2個は食べてしまいちょっぴり。。。。。機会があれば京都 「出町ふたば」の大福を食べたいですね。
  • しょうこ  2019/08/30 22:01
    犬よりも俺たち自由勝ち取った。説明ぽい拙い句にたくさんのコメント有り難うございます。選びました3句以外コメントしませんでしたがこうして先輩諸氏に励ましのコメントいただくとめちゃ嬉しいです。此れから私も取りたかった句にコメントさせていただきます。有り難うございました。そ
  • 丸山 進  2019/08/30 22:11
    ☆犬よりも俺たち自由勝ち取った   しょうこ

    犬と猫は行動が全く違いますね。猫は紐付きでなく自由に闊歩しているし。日常の行動の積み重ねで現在の自由を勝ち取ったのでしょう。そこに焦点を当てたのは上手い。
    やっぱり犬は男性的、猫は女性的かな(化けるし)と思います。
  • 大西俊和  2019/08/31 09:33
    あなたとの見えない線を引き直す 公子

    見えない線が沢山私たちの生活にはあるのでしょうね。複雑な人間関係設計図を思い浮かべています。
  • 田村ひろ子  2019/08/31 14:31
    ◆あなたとの見えない線を引き直す   公子

    「見えない線」を引き直すのは公子さんならではの優しさですね。
  • 坪井篤子  2019/08/31 15:41
    @あなたとの見えない線を引き直す   公子

    上手く修正できましたか?
    公子さんなら見えない線も見えているのだと思います。
    ただお相手に「ほらね」と見せる為にね。
  • 小林康浩  2019/08/31 21:06
    @あなたとの見えない線を引き直す   公子

    「見えない線を引き直す」という描写がうまいですね。リセットとは違う
    温かみを感じました。
  • 大西俊和  2019/09/01 10:11
    拾ってはいけないものが落ちている 山口一雄

    落ちているものが具体的に書かれていないので、どのようなものか想像が膨らみます。雑詠、最多得点、おめでとうございます。7月分と今月分のささやかな記念品、一緒にお届け致しますので、よろしくお願い致します。遅くなり、ごめんなさい。
  • 田村ひろ子  2019/09/01 14:04
    ◆拾ってはいけないものが落ちている  山口一雄

    一雄さん、雑詠、最多得点、おめでとうございます。
    「拾ってしまったら、大変!!」
    というようなものが、あちらこちらにありますね。
    つい、「拾って」しまいそうになります。
    注意して歩こうという、自分への自戒の句でしょうか。
  • 善江  2019/09/01 15:57
    『 びわこ川柳 』2019.9より


    ▽明るく書けば軽く、暗く書けば深いと思われがちだが、
    実はそうではなく、本当の明るさにはとても大切なものが含まれている。

      ほどかれた心が伝わる明るさ。
      人との関りをやわらくしてくれる明るさ。

    そしてまた、この明るさを求めてもなかなか手に入らない人もいる。

      川柳を通してこの明るさを鍛えたい。



         < 編集後記:德永 政二 >
  • 小林康浩  2019/09/01 19:20
    @拾ってはいけないものが落ちている   山口一雄

    一雄さん、雑詠最高得点おめでとうございます!
    先月もでしたか。連続最高得点とは凄いです。
    この句、読み手に思いっきり委ねていて、だから想像が膨らんで
    成功していると思います。ここまで読み手を信じる勇気に快哉です。
  • 小林康浩  2019/09/01 19:23
    善江さん、いつも政二さんの言葉をありがとうございます。
    「明るさの質」をいろいろ考えさせられます。
  • 山口一雄  2019/09/01 20:17
    俊和さん、ひろ子さん、康浩さん、コメントありがとうございます。
    最近の調子の善し悪しは自分ではよくわかりません。皆さんから選んでもらってびっくりしています。私の作句は行き当たりばったりで、作数も少なく、その内容については康浩さんのコメントに赤面しております。
  • 坪井篤子  2019/09/01 20:18
    @拾ってはいけないものが落ちている 山口一雄

    一雄さん、最多得点おめでとうございます。
    想像がどんどん膨らみます。
    ユーモアもあり怖さもある一雄ワールドですね。
  • 野原 萌  2019/09/01 22:29
    ★拾ってはいけないものが落ちている   山口一雄
    実は私は大切な品物をよく落とす人なのです。そしてほぼそれは誰かに拾って頂き私の元に不思議と帰って来てくれます。
    そのせいで、落し物はついつい拾ってしまうので、この句にハッと立ち留まりました。
    もち、品物ではないモノ。
    想像が膨らんで行きました。負の付く怖い物かも知れません。
    ・・・拾いそうです。クワバラクワバラ(笑)

    最高得点 おめでとうございます!
  • 山口一雄  2019/09/02 04:35
    篤子さん、萌さん、コメントありがとうございます。

    以前、家の前で財布を拾ったことがありました。派手な女性用の財布で、一瞬躊躇いましたが拾いました。家は夜の繁華街の近くにあり、トラブルもよくある地区です。財布を拾ってトラブルに巻き込まれたという話も聞いたことがありました。
    いろいろと想像を膨らませていただき恐縮しております。
  • 山口一雄  2019/09/02 09:10
    ちょうどいい距離を保っている家族 田村ひろ子

    ひろ子さん、イメージ吟最高得点おめでとうございます。
    「ちょうどいい距離」と「家族」の関係、なるほどと頷きました。この「ちょうどいい距離」が難しいですね。
  • 大西俊和  2019/09/02 09:15
    ちょうどいい距離を保っている家族 田村ひろ子


    良い距離ということ、人間関係では大事ですが、短くて太い絆で繋がっている家族の場合、良い距離を保つのは至難ですね。
  • 小林康浩  2019/09/02 12:02
    @ちょうどいい距離を保っている家族   田村ひろ子

    ひろ子さん、イメージ吟最高得点おめでとうございます。
    兼題の写真のような大家族だと、ちょうどいい距離をそれぞれに・・・
    というのは難しいでしょうね。現代は家族が少ないですが、それはそれなりの
    難しさがあるのでしょう。結局どちらも難しい?
  • 坪井篤子  2019/09/02 21:19
    @ちょうどいい距離を保っている家族  田村ひろ子

    ちょうどいい距離を保つと言う事は何事にも気をつけなければならないですね。
    ひろ子さんは家族にも程よい距離を保って幸せを謳歌されておられるようです。
    イメージ吟最多得点おめでとうございます。
  • 丸山 進  2019/09/02 22:01
    ☆拾ってはいけないものが落ちている  山口一雄
     具体的に何かを言ってないので読み手の想像が膨らむのが上手いですね。経験としてはサイフ等浮かびますが、もっといけない物がありそうです。
    雑詠最高点おめでとうございます。 


    ☆ちょうどいい距離を保っている家族  田村ひろ子
     確かにそれぞれがいい距離を保っていますね。家族に展開したのが上手い視点だと思います。家族も年代により距離間が変わってくるようです。
    イメージの最高点おめでとうございます。
  • 野原 萌  2019/09/02 23:34
    ★ちょうどいい距離を保っている家族  田村ひろ子
    家族間の距離。難しいものですね。写真から「ちょうどいい距離」はステキな目ですね。
    最高得点、おめでとうございます。
  • たんばらのぶえ  2019/09/03 00:48
    ☆拾ってはいけないものが落ちている 山口一雄

    一雄さんの見つけられた拾ってはいけない落し物は何だったのかしら?
    色々と想像を膨らまさせて頂きました。 私は横断歩道を渡っている時にヒラヒラと3枚の木の葉が舞って足元に落ちて来ました。と思ったら千円札か3枚・・・。周囲には全く人気はいませんでした。不思議でしたが拾ってしまいました(笑)


    一雄さん雑詠最多得点おめでとうございます。
  • たんばらのぶえ  2019/09/03 00:59
    ☆ちょうどいい距離を保っている家族 田村ひろ子

    家族も夫婦も恋人も友達もそしてあらゆる間に[ちょうどいい距離」がいかに大切なのかと思います。 いつも凛とされながらも穏やかなひろ子さんは何事にも「ちょうどいい距離」を保たれる事を心がけていらっしゃる事と思います


    ひろ子さん イメージ吟 最多得点おめでとうございます。
  • 山口一雄  2019/09/03 09:02
    進さん、のぶえさん、コメントありがとうございます。

    のぶえさんの体験はミステリーですね。きっと打ち出の小槌をお持ちなのではないでしょうか(^^)。


    ☆ いつまでも痒い背中の羽の跡  おさ虫

    退職したり時代が変わったりで、昔取った杵柄が役に立たなくなったものがありますね。それが時々疼きだすことがあるようです。
  • 田村ひろ子  2019/09/03 09:03
    一雄さん、俊和さん、篤子さん、康浩さん、進さん、のぶえさん、萌さん

    コメントをありがとうございました。
    なにごとにも「ちょうどいい」向き合い方が大切ですね。
  • 大西俊和  2019/09/03 09:04
    いつまでも痒い背中の羽の跡 おさ虫

    さんざん華麗な夢を舞った羽ですね。一生痒みは取れないと思います。
  •   2019/09/03 16:22
    ◇いつまでも痒い背中の羽の跡 おさ虫

    おさ虫さんの背中は毎日の山歩きで出来た羽の跡のような筋肉
    の盛り上がりがあって、100歳まで歩ける、きっと歩けると
    筋肉も後押しするのでしょうか?
    あるいは若き日の大志が夢をもう一度!チャレンジ!
    痒みの信号を送っているのでしょうか?
  • 小林康浩  2019/09/03 19:26
    @いつまでも痒い背中の羽の跡   おさ虫

    飛べた頃の記憶が背中の痒みとなって残っているのですね。痒くて消えて欲しいと
    思っているのか、痒みを過去の栄光の証として愛おしんでいるのか、微妙なところを
    詠んで、うまいですね。
  • 田村ひろ子  2019/09/03 20:18
    ◆いつまでも痒い背中の羽の跡   おさ虫

    幼いころ背中の肩甲骨を
    「これは何をする骨なの?}」と
    祖母に訊ねたら、小さな声で
    「昔、天使様だったころの羽のあとよ」と教えてくれました。
    ず~っと信じています・・・・・もちろん、今も!!!!
  • おさ虫  2019/09/03 23:18
    ◆いつまでも痒い背中の羽の跡   おさ虫
    皆さん、素敵な読みを有難うございます。やっぱり川柳は人に読まれてナンボですね。自分では、ただ締め切りに追われて苦しんで作ってるだけですもの(笑)
    さてこの句、昆虫って羽が2対ありますよね。でも最初は3対だったと考えられています。何故なら、昆虫の胸は3個の節が集まって出来ていますが、足が3対あるという事は、羽も3対あったはずなんです。それが進化して、2対になったと考えられています。2対になれるのなら1対にもなれますよね。それが、アブやハエです。
    ハエの羽の付け根の辺りに平均棍という小さな突起がありますが、これが後羽の跡です。ハエがあんなにも自由自在に飛び回れるのはこの平均棍を手に入れた為です。
    話が長くなりましたが、私も羽はもう無くなってしまいましたが、平均棍が残っているのではと思っています。なぜなら、背中がムズムズしていますもん。えっ!単なる老人性搔痒症じゃないかって…かもしれません(笑)
  • 野原 萌  2019/09/04 06:22
    ★いつまでも痒い背中の羽の跡   おさ虫
    そうなんだ。まだ痒みをお持ちなんだ!と立ち止まりました。
    「歳月とささくれてゆく背なの羽」と『川柳の森』に発表した頃は確かに痛みを感じていましたのに、今では・・・。恥ずかしいです。
    流石虫博士、おさ虫さん!!
    羽のお話、楽しかったです。ありがとうございました。

    ★廃線の駅には鳥の時刻表   小林康浩
    朝はさやけき雀のチュンチュクチュンチュンをスタートに、四季折々の小鳥達が、入れ替わり立ち替わり・・。そして刻を、季を共にして・・・。
    長閑な夢絵が浮かびました。
    素敵な1句をありがとうございます!
  • 坪井篤子  2019/09/04 08:00
    @廃線の駅には鳥の時刻表  小林康浩

    一番に選ばせていただいた句。
    廃線の駅と鳥の時刻表の取り合わせが絶妙!
  • 丸山 進  2019/09/04 08:24
    ☆いつまでも痒い背中の羽の跡   おさ虫
     そうですか。昔の羽の跡だったのですね。
    虫博士のウンチクは流石です。蠅は素晴らしい羽根を得たので
    悪役になる運命だったのでしょう。

    ☆廃線の駅には鳥の時刻表  小林康浩
     廃線の駅が鳥たちに有効活用されていて希望を感じます。
    「鳥の時刻表」が上手い。
  • 大西俊和  2019/09/04 09:13
    廃線の駅には鳥の時刻表 小林康浩

    「廃線」と「鳥の時刻表」の取り合わせが快感です。アイデアもイメージ力も兼ね備えられた康浩さんが羨ましいです。
  • 田村ひろ子  2019/09/04 12:48
    @廃線の駅には鳥の時刻表  小林康浩

    童話の世界のような句ですね。
  • 山口一雄  2019/09/04 21:28
    廃線の駅には鳥の時刻表  小林康浩

    「鳥の時刻表」という表現に脱帽しております。

    松江川柳会【第3回全国誌上川柳大会】上位入賞おめでとうございます。
    https://y542067.hatenablog.jp/entry/2019/08/29/202404
  • 小林康浩  2019/09/04 22:49
    萌さん、篤子さん、進さん、俊和さん、ひろ子さん、一雄さん、私の句【廃線の駅には鳥の時刻表】へ身に余るあたたかいコメントをありがとうございます。また票を投じてくださった方へお礼申しあげます。〝既視感〟が懸念されましたが、どうやら杞憂だったようで安心しました。
    一雄さん、松江川柳会誌上川柳大会のことにまで触れてくださり、恐縮です。これはまさに嬉しい交通事故(変な表現?)でした。
  • たんばらのぶえ  2019/09/04 23:28
    ☆いつまでも痒い背中の羽の跡 おさ虫

    いつの日までだったか羽を広げてあちらこちらと飛び回っていたのにふと気が付くといつの間にか背中の羽はなくなっていたのですね・・・。でも時々、羽の跡が痒い・・・。もう羽はなくなっても羽の跡はちゃんとあの頃を覚えているのですね・・・。少し切ないけど後悔はないですね。



    ☆廃線の駅には鳥の時刻表 小林康浩

    廃線の駅は何となく寂しいものですが「鳥の時刻表」(上手いなー!)で心がほっと和む思いがします。 素晴らしいですね!
  • 野原 萌  2019/09/05 06:26
    ★希望とか夢とか試着してばかり   山路橙葉
    希望まで試着出来るんだ!いいな~!
    「ばかり」とがっかりなさっておられますが、その発想さえもなく羨ましく思いました。
  • 大西俊和  2019/09/05 09:47
    希望とか夢とか試着してばかり   山路橙葉

    南こうせつの「夢一夜」を思い出しました。「着てゆく服が決まらない・・・絹の海・・・♪♪♪・・・」。夢の試着は疲れますが、楽しみでもありますね。脱ぎ捨てた服で絹の海になるまで試着して下さいね。
  • 坪井篤子  2019/09/05 10:12
    @希望とか夢とか試着してばかり   山路橙葉

    お試しは大いに利用し楽しみましょう!
  • 田村ひろ子  2019/09/05 14:07
    ◆希望とか夢とか試着してばかり   山路橙葉

    橙葉さんは「希望」や「夢」を
    「試着」できる距離に立っていらっしゃるのですね>

    「試着」できるだけでも「しあわせ」です!!
  • しょうこ  2019/09/05 14:22
    洋服作るの趣味で試着みじかな言葉です。川柳で使うとこんないい句になるんですね?勉強にななりました。お手本にします。
  • しょうこ  2019/09/05 19:26
    希望とか夢とか試着してばかり 山城様入れ忘れ失礼しました。
  • 小林康浩  2019/09/05 20:25
    @希望とか夢とか試着してばかり   山路橙葉

    試着して、合わなければ返せる希望や夢。それが叶うなら、とことん
    追いかけて失敗なんてことが無くていいですね。
  • 小林康浩  2019/09/05 20:35
    のぶえさん、私の句へあたたかいコメントをありがとうございます。自分の句の原点みたいなものを忘れない為に詠む句ってありますね。【今日もまた新子が生んだ句を抱いて・伸枝】・・・師・時実新子へ向けて句を投じていた頃の気持ちを忘れたくないです。
  • 大西俊和  2019/09/06 09:43
    大空にファスナーつけた飛行雲 光源氏

    おお、なんという発想。飛行機は仕立て屋さんなんですね。今、
    大谷美術館でイタリヤボローニャ絵本原画展をしていますが、光源氏さんんの句で自宅でメルヘンの世界に導かれました。
  • 田村ひろ子  2019/09/06 17:41
    ◆大空にファスナーつけた飛行雲   光源氏

    飛行機雲は重なっている時は二つのファスナーを開けましょう。
    ほうら、宇宙の旅の始まりです。
  • 坪井篤子  2019/09/06 19:39
    @大空にファスナーつけた飛行雲   光源氏

    一直線の飛行機雲はファスナーだったのですね。
    開ければ星雲の旅へGoですね。
  • たんばらのぶえ  2019/09/06 21:26
    康浩さん暖かいメッセージを下さいました上に私の拙句「今日もまた新子が生んだ句を抱いて」を載せて頂きましてありがとうございます。感謝です。いつまで経っても何処まで歩いても私の川柳の原点は新子先生です・・・。


    ☆希望とか夢とか試着してばかり 山路橙葉

    好きで頂いた一句です。 自分にぴったりの夢も希望も何度か試着しているうちに(試着できる事も幸せだと思います)必ずご自分にぴったりの希望も夢も見つかる事と思います。橙葉さん諦めないで試着をなさってね!



    ☆大空にフアースナーつけた飛行雲 光源氏

    うわー凄い見つけーですね。 大切に フアースナーをつけた飛行雲・・・何処まで誰のために飛んで行くのかなー?
  • 小林康浩  2019/09/06 23:15
    @大空にファスナーつけた飛行雲   光源氏

    視覚に訴える句ですね。壮大で愉快で、ちょっと谷内六郎画伯の絵を想いました。
  • 大西俊和  2019/09/07 09:19
    廃線の駅には鳥の時刻表  小林康浩

    しずかな素朴な駅にたっているような気持ち。自宅に居てローカルな旅を楽しませて頂きました。夜は舟歌を歌えたら最高ですね。
  • 坪井篤子  2019/09/07 19:59
    お知らせです。

    9月11日(水)よる9:00〜
    テレビ朝日
    「刑事7人」第9話
    徳永富彦氏(徳永政二さんのご子息)脚本です。

    心理描写の巧い書き手さんです。
    御覧になってみて下さいませ。
  • たんばらのぶえ  2019/09/07 22:50
    篤子さん「刑事7人」のお知らせありがとうございます。

    徳永政二さんのご子息の脚本なのですね。 「刑事7人」は毎週見てる好きな番組です。 11日の第9話、拝見出来るのを楽しみにしています。
  • 坪井篤子  2019/09/08 06:07
    @コーラスは中断ばかり基地の町 丸山 進

    美しい調もチャイムも聞こえなくなるほどの轟音
    基地の町で体験されたのでしょうか訴求力がありますよね。
  • 野原 萌  2019/09/08 07:00
    ★大空にファスナーつけた飛行雲   光源氏
    わぁー ホント。ファスナーみたいですね!

    ★曲がってる胡瓜に何故かホッとする   公子
    何故かホッとする がいいですね。
    先日、曲がりきゅうりで「キュウリのきゅうちゃん」を作りました。

    ★コーラスは中断ばかり基地の町  丸山 進
    其処に住まないと気付かずにいる悲しみや苦痛に振り返らされました。
    コーラスというささやで楽しい日常さえも・・という苛立ちが伝わります。