現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

オープン掲示板 過去ログ

どなたでも書き込んでいただける掲示板です。現代川柳の話題、イベント情報など、ご自由に利用してください。雑談もOKです。インターネットに一般公開されている掲示板ですので、個人情報の取り扱いにはお気をつけ下さい。

  • 京都 大海幸生  2020/01/31 06:13
    ★いい話だったと母さんに話す  怜
     
      講演会はいい話だったよと行けなかった
    ベッドの母にしっかりお話しされたのですね。
     やさしいお姿を感じます。

    ひろ子さん、お気づかいありがとうございます。
  • 西宮市 大西俊和  2020/01/31 09:21
    いい話だったと母さんに話す  怜

    母子は喜怒哀楽もひとつ。いい話に母子の軽やかな言葉のピンポンが続くことでしょう。
  • 石原てるみ  2020/01/31 17:39
    山口一雄さま
    そうでしたね。
    子供の頃を思い出します。
    いつもコメントを頂き本当に
    有難うございます。

    坪井篤子さま
    いつもお世話になっています。
    かかさずコメントを頂きまして
    有難うございます。
    現状の平安が続く事をただ
    祈るばかりですね。

    大西俊和さま
    ご体調は如何でしょうか。
    いつもコメントを頂戴し感謝です。
    他の人に「平安あれ」と祈る清しさの中に己れの平安が生じるのでしょうか。

    皆様いつも遅ればせながらの
    御礼の失礼をお詫び致します。
  • 坪井篤子  2020/01/31 17:57
    @いい話だったと母さんに話す  怜

    「いい話」とは敢えて心配をかけまいとする心情なのかも知れないなどと想像の膨らむ句です。
  • 石原てるみ  2020/01/31 18:15
    小林康浩さま
    お誉めのコメントを頂き恐縮です。
    有難うございます。
    日々「斯くありたし」と願いつつ
    今日もむなしく夕焼け空を
    見上げています。

    たんばらのぶえ様
    いつもコメントを頂きまして恐れいります。
    のぶえ様の素晴らしい
    ポジティブ思考には
    共感しております。
    でも何故か暗い句が主流なのです。
    たまたまの明るい?句でした。

    田村ひろ子さま
    私は何時もひろ子様の句にホット
    させて頂いていますのに
    ホットして頂けたなんて
    とても嬉しいです。
    いつもお優しいコメントを
    有難うございます。

    皆様いつもいつも有難いコメントを
    頂戴しながらも出遅れの御礼で
    大変に失礼をしています。
    どうかお許し下さいませ。
  • 田村ひろ子  2020/01/31 19:22
    ★いい話だったと母さんに話す  怜

    何気ない言葉の中にお母さまへの愛があふれています。
    日常の中野一コマを丁寧に切り取ると「句」になるのですね。
  • 野守  2020/01/31 20:53
    平安で神も仏もクリスマス   石原てるみ

     様々な神様仏様にかこまれた、多神教の国。
     日本人は、昔からお祭りが好きな国民ですね。
     寛容な心が、平安をもたらすのでしょうか。
  • 石原てるみ  2020/01/31 22:18
    野守さま
    コメントを頂き有難うございます。
    そうですね。
    数々の信仰の元に最終的には
    各々の持つ潜在意識力の活用に
    委ねられる平安なのでしょうか。
  • 大阪 小林康浩  2020/01/31 22:44
    @いい話だったと母さんに話す  怜

    読むほどにじんわりと、母さんへの思慕が広がる句ですね。
    亡母を想ってしみじみとしました。
  • 坪井篤子  2020/02/01 09:58
    @思い出の所々にあるほつれ  山口一雄

    ところどころ、ほつれが良いですね。
    選ばせて頂いた句です。

    雑詠の最多得点おめでとうございます。
  • 大西俊和  2020/02/01 12:17
    思い出の所々にあるほつれ 山口一雄

    私の場合、いたるところに破れすり切れ、大きな穴が開いています。そのままにしていると更に状況は悪化ということも。想い出は癒しにもなるし、深いキズにもなるし、やっかいです。
  • 京都 大海幸生  2020/02/01 16:41
    ★思い出の所々にあるほつれ   山口一雄
     
     ほつれどころかわたしは穴だらけの人生でした。
    繕えぬほつれが夜な夜な起きだして眠らせてくれ
    ません。
     痛いところを突かれた思いです。
  • 田村ひろ子  2020/02/01 17:06
    @思い出の所々にあるほつれ  山口一雄

    雑詠の最多得点おめでとうございます。

    色々な思いでに「ほつれ」があって、大切にしながら生きているように思います。
  • 大阪 小林康浩  2020/02/01 18:48
    @思い出の所々にあるほつれ  山口一雄

    一雄さん、雑詠最高得点おめでとうございます!
    思い出って大概ほつれていて、良いところと悪いところがパッケージ
    されているんですね。ほつれを感じなくなったら、思い出の鮮度が
    落ちるのかもしれません。
  • 善江  2020/02/01 19:37
    『 川柳びわこ 』2020.2より

    ▽明るく書きたいと思う。
     それは軽く書くのではなく、味わいのある明るさである。

     その味わいとは、やわらかく静かに光るものであり、
     ていねいな質感を持つ人のこころでもある。

         川柳に必要な大切にしたいこころである。


            < 編集後記:德永 政二 >
  • 福井市 山口一雄  2020/02/01 19:41
    篤子さん、俊和さん、幸生さん、ひろ子さん、康浩さん、コメントありがとうございます。最高得点ということでびっくりしています。
    いつものことながら、自分では句の評価はよくわかりません。開けてみて、予想外に良かったり悪かったりとばらばらです。でも高得点を得るのはやはり気持ちがいいですね。ありがとうございました。

    善江さん、政二さんの「明るく書きたいと思う・・・」という言葉、いつか私もそんな句が詠めるようになりたいと思います。
  • 京都 大海幸生  2020/02/02 06:23
    福井市の山口一雄さん、

     お名前に府県名を入れる案にご賛同頂いてありがとう
    ございます。今後ともよろしくお願いします。
     私は簡易な文字登録をしています、「き」を打つだけ
    で「京都 大海幸生」と出ます。夢工房に名前変更の再
    登録を試みたのですがうまく行きませんでした。

     そうですか、一雄さんは福井の方でしたか。福井は観
    光地が多いのでよく行きました。福井市の海辺の宿には
    45年前の夏に子連れで3年通いました。透き通った海
    に驚きたくさんの沢ガニ捕りに親子が夢中になりました。
     たくさんの沢ガニを持ち帰り息子が得意げに配ってい
    たこと懐かしい思い出です。
  • 京都 大海幸生  2020/02/02 06:29
    ◆荒波を小銭でかわす渡世術  海月
       
     ニンゲンはあさましいですから十円でも貰えば
    にんまりですね、このマグロは賢いですね。
     小銭をまきながら泳ぐ姿が見えて愉快です。
  • 海月  2020/02/02 06:31
    ☆荒波を小銭でかわす渡世術 海月

    おはようございます。
    超久々のトップ。振り返れば2018年9月以来でした。
    票を入れてくださった皆様、この場をお借りして御礼申し上げます。

    あ、お先に大海さんのコメントが来ていました。楽しいコメントをありがとうございます♪

    善江さま
    徳永先生の言葉をありがとうございます。
    何故か思い立って「おかじょうき句会」に参加してみました。徳永先生より貴重な1票をいただきました。
    以前もむさし先生より貴重な1票をいただいたことがあります。むさしさんのファンで「チャレンジ川柳」にも参加させていただいています。
  • 寿里庵  2020/02/02 08:37
    ☆荒波を小銭でかわす渡世術 海月

    トップおめでとうございます!
    「荒波」と「小銭」との対比に先ず目を引かれました。
    そして「渡世術」へと繋がる展開に、恐れ入りました。
    小銭と侮るなかれ。でも、諭吉さんに好かれたいなぁ。
  • 静岡 柳谷益弘  2020/02/02 09:19
    ・荒波を小銭でかわす渡世術 海月
    おめでとうございます!
    おっと渡世人でなくて、よかった~(笑)

    京都の大海幸生さん、兄は東寺が散歩コースのいいところに住んでます。
  • 京都 大海幸生  2020/02/02 10:30
    静岡 柳谷益弘さん、

      お名前に府県名を入れる案にご賛同頂いてありがとう
    ございます。今後ともよろしくお願いします。

     風光明美な静岡にお住まいとは羨ましい限りです。富士
    を眺め温泉に浸かれるいいところですね。伊豆は新婚旅行
    を含め多多、富士めぐりもしました。印象深かったのは沼
    津市の富士の伏流水でした。

     お兄さんが京都におられるとか世の中狭いですね、それ
    なら京都はお詳しそう、嬉しく思いました。
  • 海月  2020/02/02 10:40
    寿里庵さん、柳谷さん(このお名前で呼ぶのははじめてかも)、コメントありがとうございます♪

    寿里庵さん、お褒めいただき恐縮です。
    私も諭吉さんにいっぱいいて欲しいのですが、いつも駆け足で去ってしまわれます。つれないお方です~~。

    柳谷さん(舌も指ももつれそうです)、
    ありがとうございます。さすがのワタクシもいまでは渡世人を止め、片田舎に落ち着いております。
  • 福井 山口一雄  2020/02/02 10:45
    幸生さま

    コメント恐れいります。2013年の月の子忌句会を最後に句会からは遠のいております。現在は福井に引き籠りの状態ですが今後ともよろしくお願い申し上げます。
  • 福井 山口一雄  2020/02/02 10:51
    荒波を小銭でかわす渡世術  海月

    イメージ吟、最高得点おめでとうございます。
    写真がなくてもよく理解できます。高値のマグロと小銭の対比をうまく詠まれていると思いました。
  • 大西俊和  2020/02/02 11:05
    ★いい話だったと母さんに話す  怜

    ひろ子さん、『日常の中の一コマを丁寧に切り取ると「句」になるのですね』のコメント、良いですね。確かに何気ないところに宝物が隠れていることありますね。一コマも大事にしなければとおもいました。
  • 大西俊和  2020/02/02 11:10
    荒波を小銭でかわす渡世術         海月

    あのイメージ写真からの予期しない発想にびっくり。また、渡世術、この句と見事に重なります。イメージ吟最多得点、おめでとうございます。
  • 京都 大海幸生  2020/02/02 11:12
    一雄さん、
     2013年の月の子忌句会懐かしいです。わたしは
    4句しか抜けませんでした。
     わたくし沢山の句会を巡り歩きましたが今は川柳
    びわこに席があるのみで細々と川柳しています。

     わたしの神戸の兄も「一雄」です、これも何かの
    ご縁ですね。
  • 海月  2020/02/02 12:20
    山口さん、大西さん、コメントありがとうございます。

    山口さん
    イメージ吟や折句が大好きなワタクシです。今回珍しく皆様からの温かい票。本当にうれしく思っております。

    大西さん
    B型のワタクシの発想はいつも飛びまくっており、理解しがたいとよく人さまから言われています。これに懲りずにお付き合いくださいね。

    大海さん、山口さん、
    関係ありませんけど、私の弟の名前も「一雄」です。
  • 田村ひろ子  2020/02/02 16:15
    ■荒波を小銭でかわす渡世術         海月

    海月さん
    イメージ吟、最高得点おめでとうございます。
    マグロが生き返って、大波と戦いながら春の海へ!!!
    「小銭」がいいです。
    大きな「小銭入れ」をもっているのでしょう。
    楽しい絵画のような句でした。
  • 海月  2020/02/02 17:06
    ひろ子さま、いつも素敵なコメントをありがとうございます。
    大きな「小銭入れ」想像すると楽しいです。
    テレビで見ているとものすごく巨大な魚が網にかかったりします。「こんなはずじゃない」って内心は思っているだろうな~~と思います。(魚の気持ち)「老人と海」海の男と海に棲む生き物はずっとそういう関係なのでしょうね。
  • 山口一雄  2020/02/02 19:24
    幸生さん、海月さん

    ご兄弟に「一雄」さんがいらっしゃるということでびっくりしております。皆さんの名前を汚さぬように自重したいと思います。
  • 大阪 小林康浩  2020/02/02 21:06
    @荒波を小銭でかわす渡世術   海月

    海月さん、イメージ吟最高得点おめでとうございます!
    正に自分の人生を想わせる一句に唸りました。大金など無い身の上。
    小銭を駆使して何とか荒波をかわしてきたなあと、しみじみ遠い目に
    なっております。これ以上の実感句があるでしょうか。
  • 海月  2020/02/03 05:37
    小林さん、熱いコメントをありがとうございます。
    実感句と言っていただきうれしいです。
    小市民はこうやって生きていくしか術がありません。
    お互い荒波に負けず、なんとか生き残りましょう!!
  • 京都 大海幸生  2020/02/03 05:46
    ★お日様がくすぐりに来る土踏まず  ゆみ子
      
      春が靴下を脱がせたのですね、
    「土踏まずをくすぐる」いい表現・感触です!
     春を優しくなさいました。
  • 大西俊和  2020/02/03 13:20
    お日様がくすぐりに来る土踏まず ゆみ子

    光の当たることの少ない土踏まずに、今はくすぐられているほどの感覚で強く太陽光線が当たっています。土踏まずと一緒に笑い転げたくなたくなる快感。良いことがいっぱいありますように!
  • 田村ひろ子  2020/02/03 15:36
    ■お日様がくすぐりに来る土踏まず   ゆみ子

    ゆみ子さんの幸せそうな表情が浮かびました。
    春ですね!
    くすぐりに来る・・・優しい擬人化です。
    明日、お日さまに会えたら、靴下を脱いでみます。
  • 寿里庵  2020/02/03 17:00
    ☆お日様がくすぐりに来る土踏まず ゆみ子

    お日様が土踏まずを、こちょこちょ。何て心ほのぼのとする優しい作品でしょう(^^♪
    私には、詠めません。(性格に問題があるかも?)
    皆様の作品を拝見させて頂いていると、十七文字という限られた文字数のなかで、表現は無限にあると感じさせられます。
    表現力豊かな皆様とは比べものにならない私ですが、私は私なりの個性でと、思っております。

    山口一雄様へ。
    身近に「一雄」様と同名とは違いますが、叔父が「一郎」という名です。長男なので、そう名付けられたようです。
  • 福井 山口一雄  2020/02/03 19:24
    寿里庵さま

    叔父様が「一郎」というお名前ということですが、ご多分に漏れず私も長男です。昔は単純な名前が多かったです。
  • 福井 山口一雄  2020/02/03 19:31
    お日様がくすぐりに来る土踏まず   ゆみ子

    なんて優しく軽やかな句なんでしょうか。私もこんな句を詠んでみたいです(^^)
  • 大阪 小林康浩  2020/02/03 20:52
    @お日様がくすぐりに来る土踏まず   ゆみ子

    土踏まずにスポットを当てているところがいいですね。お日様に
    くすぐられて思わず笑い出す土踏まずのかわいいこと。
  • 西宮市  大西俊和  2020/02/04 10:41
    この運を使われますか?貯めますか? ミチコ

    何でも貯める方ですので、運も非常時のために貯めると思います。現在を未来のために犠牲にするタイプ。でも、最近は人生はアニメのようなものと考え「今此処」の連続運動で時間が流れていると思っています。未来より、「今此処」に全力投球ですね。
  • 京都 大海幸生  2020/02/04 13:35
    ◆この運を使われますか?貯めますか? ミチコ

      運だらけの人生、運を使いこなすのは生きる技ですが
    貯めることは出来るのでしょうか、難しい問いかけです。
     ?は不要かな、「か」に含まれますし無い方が綺麗です。
  • 田村ひろ子  2020/02/04 14:51
    ◆この運を使われますか?貯めますか? ミチコ

    貯めていても消えそうなので、「今すぐ使いたいです」
    おもしろい「問いかけ」の句ですが「?}はないほうがスッキリするように思います。
  • 小林康浩  2020/02/04 19:30
    @この運を使われますか?貯めますか?  ミチコ

    そもそも運というモノは貯めることが出来るのかどうか、
    この句から考えさせられました。おもしろい句です。
  • 坪井篤子  2020/02/04 20:44
    @荒波を小銭でかわす渡世術  海月

    イメージ吟最多得点おめでとうございます。
    渡世術、身につけたいです。それも小銭でかわすって最高です。

    @お日様がくすぐりに来る土踏まず  ゆみ子

    柔らかい日差しに土踏まずがくすぐられる感覚、素敵な表現ですね。
    ゆみ子さんのお人柄そのもののような句にほっとさせていただいております。

    @この運を使われますか?貯めますか? ミチコ

    即刻使います。運を貯める事が出来たとしてもまだまだと思っている内に零になってはつまらないですから。
    私も?は無い方が良いと思いました。
  • たんばらのぶえ  2020/02/04 23:33
    ☆思い出の所々にあるほつれ 山口一雄

    雑詠の中の1番好きで迷わず頂いた句です。
    今まで生きて来てふと振り返ると喜怒哀楽、数え切れない沢山の思い出がありますよね。 そして遠い思い出の中には所々にほつれも・・・でもそっとそのほつれを繕いながらも思い出を大切にしまっておくのですね。
    一雄さんの優しさと少し?切ない想いが伝わって来ました。

    一雄さん
    雑詠最多得点おめでとうございます。



    ☆荒波を小銭でかわす渡世術 海月


    大きなマグロが沢山の小銭にを抱え見事に荒波を越える処世術!
    何だかとても楽しい・・・! 大マグロのように処世術が上手い人もいらっしゃるかも知れませんね!

    海月さんイメージ吟最多得点おめでとうございます。


    ☆お日様がくすぐりに来る土踏まず ゆみ子

    春の訪れと共にお日様は土踏まずをくすぐりにいらっしゃるのですね。
    何だか心がほんわり暖かくなりました。うふふ!
  • たんばらのぶえ  2020/02/04 23:44
    ☆この運を使われますか?貯めますか? ミチコ

    運を貯めれるとしても私ならせっかくの運がやって来たなら今すぐに使いたいな! 一生の内に運って何度?幾つ来るのでしようね。
  • 海月  2020/02/05 05:15
    篤子さん、のぶえさん、コメントをありがとうございます。

    篤子さん
    貧乏なワタクシはだんだん小銭を扱うのが上手くなった気がします。でも元来ボ~~ッとしていますので気がつけばけっこう無駄遣いもして憂さを晴らしております。

    のぶえさん
    お元気ですか~~?
    のぶえさんのお声を聞くと、いつものぶえさんのお店に行って美味しいお酒を飲みたいな~~と思ってしまうワタクシです。もうパブロフの犬かもしれません。笑

    ☆逃げている月と出会ってしまう路地 小林康浩

    何故月は逃げているのでしょう。月に恋している私はいつも月を追いかけています。最近逢っていないのでさびしくてたまりません。
  • 京都 大海幸生  2020/02/05 06:25
    ★逃げている月と出会ってしまう路地  小林康浩
      
      午前さまで逃げたい気持ちで路地を曲がれば
    沈みゆく月とバッタリ、酔いも覚めて月に乗って
    逃げたい気持ち,京の路地はドラマチックです。
  • 坪井篤子  2020/02/05 08:05
    ★逃げている月と出会ってしまう路地   小林康浩

    逃げているのは月かわたくしか。
    路地でばったり出会う発想に映像が浮かび愉快です。

    子供の頃「お月様がずっとおっかけてくるので怖い」と言って親戚中に笑われた経験があります。
    同じことを息子が言ったので説明はしておきました。
    康浩さんは何に逃げておられるのでしょう!
  • 大西俊和  2020/02/05 09:29
    逃げている月と出会ってしまう路地 小林康浩


    舞台の一場面のよう。逃げている好意を持っている女性と露地でばったり。声をかけなければいけない状況ですが、声を掛けるべきかどうか迷っている間に、路地は尽きて喧騒の道に。男の短時間の心の動きが面白い。
  • 福井 山口一雄  2020/02/05 16:51
    のぶえさん

    コメント恐れ入ります。私の句を選んでくださったのぶえさんからも優しさと切なさが伝わってきます。ありがとうございました。
  • 田村ひろ子  2020/02/05 16:55
    ☆逃げている月と出会ってしまう路地 小林康浩

    私も篤子さんと同じで「逃げている」のは「月」か「作者」かと立ち止まり、迷った句です。

    お月さまの動きはゆっくりなので、
    逃げているのは作者と思って読みました。

    一人でゆっくりと考え事をしたい夜の「路地」・・・ここもお月さまの光の中でした。
  • 山口一雄  2020/02/05 17:12
    ● この運を使われますか?貯めますか?  ミチコ

    子供の頃は貯めておくほうでしたが、最近は使ってしまうほうです。先が見え始めているので(笑)


    ● 逃げている月と出会ってしまう路地  小林康浩

    配達のパートをしていた頃、何度も月と遭遇するときがありました。懐かしく思い出しました。
  • 大阪 小林康浩  2020/02/05 19:31
    海月さん、幸生さん、篤子さん、俊和さん、ひろ子さん、一雄さん。
    私の【逃げている月と出会ってしまう路地】へコメントをありがとうございます。
    学生の頃、稲垣足穂の小説『一千一秒物語』を読みました。そこではお月様が縦横無尽に動き回っていました。月の句を詠む時、私はよくこの小説を意識します。
  • 田村ひろ子  2020/02/06 10:04
    徳永 政二さん

    ご子息・徳永富彦さん脚本のドラマ
    「相棒・二週連続スペシャル」
    【善悪の彼岸~ピエタ】を楽しませていただきました。

    主役右京のロンドン研修時代の相棒・南井を連続殺人事件の黒幕として追跡してゆくという、哀しい展開でした。
    「贖罪のこころを持てない犯罪者は、自らの死で罪を償うことがふさわしい」という考え方の南井が、その正義論をつらぬき最後は自死するという結末でした。
    「妄想という」老いとのたたかいも含まれ、考えさせられることの多いドラマでした。
    次回作も楽しみにしていますと、富彦さんにお伝えください。
  • 坪井篤子  2020/02/06 12:08
    @手の出ないマグロに庶民手を合わす  圦山 繁

    手を合わせられるものならば何でも手を合わせてしまう人間のエゴですね。
  • 京都 大海幸生  2020/02/06 12:36
    ★手の出ないマグロに庶民手を合わす  圦山 繁
     
    西宮神社のマグロは賽銭代わりの奉納品、賽銭箱の
    上に置いたので賽銭がついたとか他人の賽銭を拝ん
    でいるようで愉快ですね。
  • 田村ひろ子  2020/02/06 14:47
    @手の出ないマグロに庶民手を合わす  圦山 繁

    マクロも大変ですよね。裸のままで五日間位横たわっているのです。
    手を合わせられ、お賽銭を衣にした「あのマグロ」の行く末は・・・・?
  • 大西俊和  2020/02/06 14:56
    ★手の出ないマグロに庶民手を合わす  圦山 繁

    奉納された大マグロをこのように利用する商売の神様の抜け目なさにただただ感心します。マグロもびっくりですね。
  • 山口一雄  2020/02/06 17:08
    手の出ないマグロに庶民手を合わす  圦山 繁

    本当に神様に奉納するんですね。びっくりです。でもいつまで日持ちするのかが心配です。
  • 坪井篤子  2020/02/06 19:06
    一雄さん、

    奉納マグロはカチカチに凍っていますのでえべっさんが終われば(11日の残り福)解体して神社の関係者・アルバイトの巫女さんたちにも分けられるそうですよ。
    知り合いの娘さんが巫女のアルバイトをして塊を貰って帰った後、お刺身にしたらとても美味しかったと言っておりました。
    貼り付けられたコインは神社のお賽銭になるのでしょうね。
  • 小林康浩  2020/02/06 20:35
    @手の出ないマグロに庶民手を合わす  圦山 繁

    お天道様にもお月様にも、そしてマグロにも手を合わす庶民、
    憎めませんね。ところで私も奉納マグロの塊、いただきたいです!
  •   2020/02/06 20:46
    篤子さん、幸生さん、ひろ子さん、俊和さん、一雄さん、康浩さん
    コメントありがとうございました。
    一雄さんと同じく、私も神様にマグロを奉納するなんて知りませんでした。
    なお、貴重な一票を投じて下さった皆様方に感謝いたします。
    お陰様で、久々に拙句を掲載していただくことができました。
  • 山口一雄  2020/02/06 22:00
    篤子さん

    コメントありがとうございます。えべっさんは三日間で、この季節ですから冷凍マグロなら大丈夫そうですね。私もお裾分けにあずかりたいものです。
  • 大西俊和  2020/02/07 08:41
    再生へまた塊になる粘土 怜

    NHK朝ドラのスカーレットのオープニング映像を思い浮かべました。もし、人間が粘土だったら・・・。
  • 京都 大海幸生  2020/02/07 09:48
    ★再生へまた塊になる粘土  怜
       
    再生できる粘土はいいな、ああやり直したい人生。
  • 坪井篤子  2020/02/07 11:10
    @再生へまた塊になる粘土  怜

    崩したり形成したり何度でも再生できる粘土。
    自分だけの芸術品が生まれますもの。
  • 徳永政二  2020/02/07 18:16
    ひろ子さん
    ありがとうございました。

    相棒ファンには、「神回」と言われ
    評判はよかったです。
  • 福井 山口一雄  2020/02/07 19:18
    再生へまた塊になる粘土  怜

    陶芸教室で何度か皿とか湯飲みを作ったことがあります。どれも分厚くて重い作品になってしまいました。
  • 小林康浩  2020/02/07 22:05
    @再生へまた塊になる粘土   怜

    塊の粘土から再生されるのはなんでしょう。新しい〝私〟でしょうか。
    着目がとても素晴らしいと思いました。
  • 丸山 進  2020/02/07 22:58
    ☆逃げている月と出会ってしまう路地  小林康浩
     車で夜道を帰る時、月が一瞬逃げたように思い、またしばらくしてひょいと顔を出したのを思い出しました。こちらの錯覚ですがシーンがぴったりでした。


    ☆手の出ないマグロに庶民手を合わす  圦山 繁
     とても高価なマグロは買えないという思いと、哀れなマグロの最後への
    祈りとも思えます。


    ☆再生へまた塊になる粘土  怜
     瀬戸は「せともの」としてよい粘土があり陶芸も盛んですが、なんだかエールをもらっているようでサンキューです。
  • 田村ひろ子  2020/02/08 07:58
    ☆再生へまた塊になる粘土  怜

    塊の粘土と何度も何度も向き合っている作者の目に感動しました。「モノづくり」の基本なのでしょうね。
    自分自身のこれからの道も考えさせられました。
    ありがとうございました。
  • 山口一雄  2020/02/08 17:36
    マグロ漁千両箱を釣り上げる  おさ虫

    今年も大間のマグロの初競りは「すしざんまい」の社長で、2億円近い価格だったそうです。釣り上げた漁師さんには1億7千万円入るそうです。ご利益にあやかりたいものです。
  • たんばらのぶえ  2020/02/08 20:53
    ☆逃げている月と出会ってしまう路地 小林康浩
    私は仕事から帰る時間には雨天か闇夜でない限りお月さまに出会っています。なのでお月さまには特別な思い?がありかもしれません。嬉しい時は月も笑ってるようで寂しい時や哀しいときは月も優しく慰めていてくれるような・・・その時の自分ので気分で月も違って見えるようです。康浩さんは逃げてる月と路地で出会ってしまわれたのですね。お互いには慌てましたね。私もそんな事があったような気がします。愛すべきお月さまです。

    ☆手の出ないマグロに庶民手を合わす 圦山繁
    庶民には手のでない高価なマグロだけど人間に神様にされてしまったマグロの心中を思うと切ない思いもします。

    ☆再生へまた塊になる粘土 怜
    私も何年か陶芸をしていた事がありましたが不器用で下手くそな私は作品になるまでは何度も何やり直し作品の再生でした(笑)
    その時にふと人間も粘土のように何度も何再生出来るといいな!なんて
    思った事を怜さんの句で思い出しました。
  •   2020/02/08 21:04
    マグロ漁千両箱を釣り上げる  おさ虫

    千両箱の見つけが縁起良く楽しいです。
    マグロ漁師さんは常に危険と背中合わせと言いますが
    釣り上げれば御殿が建つとは、山口一雄さんのコメントで
    さらに納得しました。
  • 坪井篤子  2020/02/08 21:29
    @マグロ漁千両箱を釣り上げる  おさ虫

    大マグロは値千金。命をかける漁師さんの報われる時でもありますね。
    千両箱を釣り上げるとは面白い表現だと思います。
  • 小林康浩  2020/02/08 21:40
    @マグロ漁千両箱を釣り上げる  おさ虫

    マグロ漁は大変な仕事だと思いますが、釣果によってはサラリーマンでは得られないようなお金を稼げるそうな。凄い世界ですね。

    進さん、のぶえさん、拙句へコメントをありがとうございます。月は川柳でよく詠まれる題材ですが、それだけ思いを投影しやすい、良き相手なのでしょうね。
  • 坪井篤子  2020/02/09 09:12
    @すこしだけズレて笑いを手に入れる  光明

    国によって笑いのタイミングが異なる時があります。
    エッなんでここで?と。
    ずれても良いのです笑えれば。
    手に入れればこちらのものですネ光明さん!
  • 田村ひろ子  2020/02/09 10:41
    @マグロ漁千両箱を釣り上げる  おさ虫

    おさ虫さん・・・「千両箱」がいいですね。


    @すこしだけズレて笑いを手に入れる  光明

    「みんなが笑っているけど、何故だろう・・・・」
    説明をしてもらって「ああ、そうなの!」ということもあります。

    すること、なすこと「皆さんよりずれていて」笑われることも!

    「ずれている」=「笑い」と「軽やかな句」にウフフフフ。
  • 京都 大海幸生  2020/02/09 11:36
    ★すこしだけズレて笑いを手に入れる  光明
     
     吉本芸人の極意を手に入れられたようですね、
    笑わせて下さい。
  • 丸山 進  2020/02/09 11:38
    ☆マグロ漁千両箱を釣り上げる  おさ虫
     危険を冒してのマグロ魚はロマンと意地と千金ゲットの壮絶なドラマでですね。マグロにとっては悲劇ですが。



    ☆すこしだけズレて笑いを手に入れる  光明
     ずれ具合が微妙で努力より天然がモノを言うようで笑いゲットは中々難しそうです。
  • 山口一雄  2020/02/09 13:11
    すこしだけズレて笑いを手に入れる  光明

    またお笑いブームがやってきたようです。テレビではいろいろなお笑い番組を見かけます。でも最近のお笑いには付いていけないことも多いです。若い人たちとはやはり感覚がずれているようです。
  • 愛知 おさ虫  2020/02/09 16:26
    「マグロ漁千両箱を釣り上げる」の句にコメントありがとうございます。正月に民放で大間のマグロ漁をやっていました。
    すごい迫力でしたね。
    マグロ漁はギャンブルの要素があります。その日最高の大物を、東京の初セリに出せば、例のすし三昧の社長さんがご祝儀相場で買ってくれることがわかっているので、漁師さんは競って荒海に繰り出していきます。大物を釣り上げるのは運しだい。でも宝くじよりは、はるかに高い確率で億万長者です。命がけの危険を冒してでも求める男のロマンでしょうか。(バックで流れていた北島三郎の「北の漁場」がどんぴしゃりでした)
  • 大西俊和  2020/02/09 19:36
    すこしだけズレて笑いを手に入れる 光明
     
    日常にあり見過ごしそうな体験を見つけられる光明さんの目に感心しました。少しズレても笑いを手に入れられことは幸せなことですね。笑いをいっぱいに心に貯めたいです。
  • 光明  2020/02/09 19:59
    篤子さん、ひろ子さん、進さん、一雄さん、俊和さん、そして貴重な1票をくださったみなさま、ありがとうございます!感謝です!

    みなさんのコメントもお優しい!素敵な贈り物を頂戴しました。

    笑うことが出来れば、大概の事は上手くいくような気がします!これからも、笑いの種を蒔いて、自分も回りも笑いでにぎやかになることを・・・見つけていきたいと思います。

    ありがとうございました。
  • 小林康浩  2020/02/09 21:35
    @すこしだけズレて笑いを手に入れる  光明

    「手に入れる」という表現が独特でいいですね。笑ってもらう、笑われる
    よりも能動的な感じで・・・。でも、〝天然〟の妙味も捨て難いですね。
  • 光明  2020/02/10 10:37
    康浩さん、素敵なコメントをありがとうございます。

    「手に入れる」・・・能動的、積極的に自ら「笑いを見つけたり、
    ばらまいたり!笑って頂いたり!」そんな想いを込めました。
  • 大西俊和  2020/02/10 11:01
    神さまにされてしまった大マグロ たんばらのぶえ

    神さまになるよりも青い海で気ままに生活する方をマグロは切望しているでしょうね、イメージ写真、篤子さんからご提供いただきました、
  • 京都 大海幸生  2020/02/10 12:03
    ★神さまにされてしまった大マグロ   たんばらのぶえ

     ほんと大マグロくんはどう思っているのでしょう、
    しゃちごばってる新米の神さまのようで愉快です。
  • 田村ひろ子  2020/02/10 16:24
    ★神さまにされてしまった大マグロ   たんばらのぶえ

    「神さま」はお目にかかることが出来ないお方なので、マグロさんは代理にされて、戸惑っていることでしょう。
  • 坪井篤子  2020/02/10 16:38
    @神さまにされてしまった大マグロ   たんばらのぶえ

    マグロもびっくりでしょう!
    人々の役に立てて良かったと思いながら横になっているのかな?
  • 福井 山口一雄  2020/02/10 17:03
    神さまにされてしまった大マグロ   たんばらのぶえ

    小銭の鱗に覆われてマグロも大変ですね。神にされるより気ままに生きたと思っているのではないでしょうか。
  • 大阪 小林康浩  2020/02/10 18:06
    @神さまにされてしまった大マグロ   たんばらのぶえ

    大マグロの気持になれば、神様になるより、生きて自由に泳いで
    いたかったでしょうね。神様って窮屈でしょうから。
  • 丸山 進  2020/02/10 22:40
    @神さまにされてしまった大マグロ   たんばらのぶえ

    大マグロとしてはそう遠くない天寿を全うし海の藻屑になりたかったであろうし、
    作者の思いもそうだと思います。
  • たんばらのぶえ  2020/02/11 05:52
    ☆まぐろ漁千両箱を釣り上げる おさ虫

    テレビでまぐろ漁船の漁師さん達の大変なご苦労を見た事がありますが今はマグロ随分と高値になっていて漁師さんにとってはまさに千両箱ですね。
    千両箱とは上手い表現ですね。


    ☆少しだけズレて笑いを手に入れる 光明

    光明さんは周りを和やかにされる為わざと少しだけズレて笑いを手になさったのだろうと思いますが私は天然と言われ普通にしている方が周りからみると笑える事が多いようで意識してに笑いを手にしもうものなら白けてしまうようです(笑)
  • たんばらのぶえ  2020/02/11 06:22
    俊和さん
    優しいコメントをありがとうこざいました。
    景気を願う縁起の良いお祭りでしょうが人間に見世物のようにされ景気を願う神様にされたマグロは大きな海に帰りたいのではなんて思ってしまいました。


    幸生さん
    暖かいコメントをありがとうこざいました。幸生さんの「愉快です」の一言に救われた思いが致しました。マグロを食べない(食べれない?)私はついマグロが可哀想なんて思ってしまいましたので・・・。


    ひろ子さん
    優しいコメントをありがとうこざいました。見世物のように神様にされたマグロが可哀想なんて思ってしまいましたがひろ子さんがおっしゃるようにマグロは戸惑っているくらいでしたら神様にされて喜んでいたかも知れないのですね?ほっとしました。


    篤子さん
    暖かいコメントをありがとうこざいました。
    私はマグロは見世物のような神様にされ辛い?のではなんて思ってしまったので篤子さんのコメントにもしかしたらマグロは喜んでいるのかも?なんてほっとしました。


    一雄さん
    暖かいコメントをありがとうこざいます。私も一雄さんと同じ様な気がしました。
  • たんばらのぶえ  2020/02/11 06:30
    康浩さん
    暖かいコメントをありがとうこざいます。
    縁起の良い商売繁昌の願いのお祭り?でしょうが人間に神様のようにされてしまったマグロを可哀想に思ってしまいました。海に帰りたいだろうなんて・・・。


    進さん
    暖かいコメントをありがとうこざいました。
    ほんとうにマグロは人間の手で神様のようにされたくなかったでしょうね。
    せめてマグロに大海原で自由にしていた頃の夢を見させてあげたい気がします。
  • 坪井篤子  2020/02/11 10:27
    @またすこし影が小さくなって春   田村ひろ子

    穏やかな小春日和の何気ない空気感が漂っているようです。

    今日はひねもすのたりのたりで過ごします。