現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

オープン掲示板 過去ログ

どなたでも書き込んでいただける掲示板です。現代川柳の話題、イベント情報など、ご自由に利用してください。雑談もOKです。インターネットに一般公開されている掲示板ですので、個人情報の取り扱いにはお気をつけ下さい。

  • ゆうゆう夢工房  2012/01/31 23:27
    2012年1月句会の結果が出ました。

    月例句会兼題「握る」選者田岡弘さんの
    特選は丸山進さんです。

    三日月を握って闇の後を追う  進

    進さん、特選おめでとう
    ございます。弘さん、選をありがとうございました。

    互選句会兼題「春」の特選は田中苑子さんです。

    クレヨンの中から春がいなくなる  苑子

    苑子さん、おめでとうございます。選とコメントに
    ご参加下さったユーザーの皆様、ありがとうございました。
  • 坪井篤子  2012/02/01 00:13
    とことん掲示板にて、とことん句会投句一覧をアップしました。
    選に移行いたしますのでよろしくお願いいたします。
  • 坪井篤子  2012/02/01 00:24
    あっと言う間に1月も終わり2月になりました。
    1月の「おはようエッセイ」を担当して下さいました
    桐子さん、政二さん、穂實さん、帆波さん、凛さん、俊和さん、くららさん、
    ありがとうございました。
    コメントをお書き下さった皆さま、
    ありがとうございました。
                 おはようエッセイ担当
  • 野原 萌  2012/02/01 01:07
    1月の「日替わり川柳」

    石部明さん、街中悠さん、ええ一さん、中嶋安子さん、
    黒川利一さん、丹原伸枝さん、山口一雄さん、
    一か月間 本当に有難うございました。
    皆様の豊な感性に触れ、一日のスタートを切れたこと、嬉しく感謝申し上げます。
    そしてまた 素敵なコメントを書いて頂いた皆様、有難うございました。
             日替わり川柳担当 野原 萌
  • 善江  2012/02/01 08:29
    ▲ 泣きながらきつねうどんになっている  松田 俊彦

    寒いこの頃は、うどんの湯気を顔に受けて箸をすすめると幸せな気分になれますね。
    「きつねうどん」というところが川柳ですねぇ~。

    女の泣くのは人生の部品の取りかえ、あるいは分解掃除のようなものなので、ひとりで泣くのも、人生のなぐさめなんです・・。
    俊彦さん、寒さ厳しい折柄、ご自愛の程。


    ▲ 「ヒートテック」

    保温インナーを選ぶときは、保温力だけでなく、室内外の温度変化にも対応できるインナーが必要ですね。
    美輪さん、体の中もあまり冷やさないようになさってくださいね(笑)。
  • 石田 穗實  2012/02/01 08:30
    一月のエッセーのコメントありがとうございました。
    うれしかったです。
  • ええ一  2012/02/01 09:49
    俊和さん、おはようございます。
    間近で見た事は、私もありません。(笑)
    有難うございました。
  • 大西俊和  2012/02/01 17:43
    お知らせ

    政二さんの息子さん脚本による『相棒』ー「悪友」が本日2月1日午後9時から朝日テレビ系で放送されます。以前の「怪しい隣人」につながるストーリーのようです。いつも広く深く調べられて脚本を書かれているのに感心します。今晩の相棒、ぜひご覧下さい。
  • ゆうゆう夢工房  2012/02/01 18:24
    なんでも掲示板ですが、ユーザー限定でなく、ユーザーでない方も入って頂けることが判明しました。どうぞ、お時間がありましたら、ゆったり時間の流れる掲示板「なんでも掲示板」にもお遊びにお出で下さい。
  • 野原 萌  2012/02/01 23:39
    泣きながらきつねうどんになっている  松田 俊彦
    「夫婦善哉」の蝶々さんの笑顔をふっと想い浮かべた。熱いきつねうどんをフーフー食べる。・・それだけで辛いこともすっかり忘れてしまった。うどんだしの良い匂いは、関西人にとって、一種の魔法だ。


    美輪さん
    ヒートテック。すぐれものですよね。
    お風邪をひかれません様に。
  • 野原 萌  2012/02/02 06:49
    おはようございます。
    今日の 日替わり川柳ですが、
    何かの不具合がありトップページの「日替わり川柳」に表示されませんでした。海月さんには申し訳ございませんが、ここに発表させていただきます。
    大変申し訳ございません。
  • 野原 萌  2012/02/02 06:52
    核心は触れずにゆらり回遊魚  海月

    わかってはいても核心にズバリ触れるのは恐ろしい。すこし距離を置いてぐるぐる回っているだけ。
  • 善江  2012/02/02 06:54
    みなさま寒中お見舞い申し上げます

    このところ、寒い日が続きますので体調にお気をつけてお過ごしくださいますように・・。

    私も身内に病人がいてばたばたとしています。


    ▲NHKBSモニター(その1)

    タイムリーな番組ですね。
    モニターも楽しむことが大事ですね。

    人間は弱いところもあるけれど、それでもまた、まだまだ未開発の能力を秘めているように思えます。思うに足るさまざまな兆候をいくつか・・。
    愛もユーモアもその兆候のひとつですね。
  • 坪井篤子  2012/02/02 07:17
    今日の日替わり川柳
    海月さんは早くからご入力して下さっていたのに肝心な今日が反映されなくて残念です。
    コンピューターの不思議を実感します。

    海月さん、申し訳ないです。
    萌さん、担当者として慌てられたことと思います。
  • 海月  2012/02/02 07:24
    野原様
    坪井様
    お心遣い誠にありがとうございます
    何せ初めてのことでしたから、やっぱりまずい句だったのかな~~と反省しているところでした
    こちらで紹介していただき本当にありがとうございます
    川柳が大好きです
    これからもよろしくご指導お願いいたします
  • 坪井篤子  2012/02/02 08:03
    海月さん、
     トップページに反映されなくて残念ですが仕方ないことですものね。

    掲示板へのコメント削除は海月さんご本人でなければできないですので、
    お名前と日付の横にある編集・削除の削除クリックで消えます。お試しになってみて下さいね。
  • 街中 悠  2012/02/02 08:06
    おはようございます.
    海月さん、横から割り込んですみません。朝から慌てられたと思います。

    削除の件ですが、管理人さんがされると思いますが、もし海月さんが見ておられるようでしたら、この方法もあります。

    書かれたコメントのお名前、何時何分の右横に薄く編集、削除の文字がご覧になられますでしょうか。削除したい場合は削除をクリックすると全文が削除できます。

    また編集をクリックすると、誤字など一部分でも編集ができます。私はよく編集しています。この機能があるので何かと安心です。
  • 野原 萌  2012/02/02 08:08
    海月さん
    本当にごめんなさいね。一番早く入力して頂いたのに・・。

    ダブり分は、海月さんの所の 名前の後に時間表示、其の後の「編集 削除」がでていませんか?「削除」を押してみてください。お願い致します。

    篤子さん
    ありがとうございました。
  • 海月  2012/02/02 08:26
    朝から本当にお騒がせしてしまい申し訳ありません
    ペコリ。。。(頭を下げています)
    野原様坪井様そして街中さま
    お世話をおかけいたしました
    削除の件ですが、不思議なことにダブりの分にはどれにも編集削除の文字がありません(最後のお願い分にはついているのですが)よって私には削除できないようです
    大変お見苦しくお恥ずかしいですが、どうぞこちらを見ていらっしゃる皆様は目の錯覚だと思って見逃してやってくださいませ。

    今回のことに懲りずにどうぞよろしくお願いいたします(汗)
  • ゆうゆう夢工房  2012/02/02 09:03
    海月さん
    大変申し訳ありませんでした。コンピューターが海月さんの句を自分の宝箱に入れていました。今、彼の宝箱から取り戻し、日替わり川柳欄に戻しました。
    本当に御免なさいm(_ _)m
  • 野原 萌  2012/02/02 09:05
    日替わり川柳
    オープン掲示板に掲示されました。
    皆様 お騒がせいたしました。いろいろ有難うございました。

    核心は触れずにゆらり回遊魚  海月
    海遊館のジンベイザメの大きさで私を包んでくれる句となりました。海月さんありがとうございます。
  • 大西俊和  2012/02/02 10:03
    核心は触れずにゆらり回遊魚 海月

    海月さんは優しい人なんですね。萌さん同様にゆったりと何も知らないように泳ぐジンベイザメを想いました。

    NHKBSモニター(その1)

    「シリーズ 原子力発電を問う」、見たいと思います。TV番組、じっくりと見ると感動したり教えられること多いですね。必見の番組などまた教えて下さい。よろしく。
  • 苑子  2012/02/02 18:40
    弘さん
    はじめまして
    このたびは私のつたない句を準特選に選んでいただきありがとうございました。
    私は陸前高田と気仙沼に隣接する街に住んでおります。
    震災の夜から職場の駐車場で数え切れないほどおにぎりを握りました。
    このおにぎりを口にする人をこれ以上泣かせてはいけない、 握る私も泣いてはいけない。
    被災地を思うと握る手につい力が入り固いおにぎりに、自分が泣きそうになると力が入らず柔らかいおにぎりになってしまいました。
    ちょうどいい固さのおにぎりを握れるようになるまで2,3日かかったと思います。
    「握る」ではおにぎり以外の句が浮かびませんでした。
    まだまだ震災時の記憶が鮮明に残っています。
  • 丸山 進  2012/02/02 19:54
    弘さん
    私の「三日月」の句を特選に選んでいただきありがとうございました。俳句、川柳とも達者な弘さんに選んでいただき率直に嬉しいです。握るものが身近になかったので三日月を握ってみました。闇のない世の中になればと思います。
    ええ一さんの「さび抜き」も苑子さんの「おにぎり」もいい句だなと思いました。


    光さん
    BSモニターは貴重な体験ですね。いろいろな報告や体験談を楽しみにしています。
  •   2012/02/02 20:06
    苑子さん、進さん、こんばんは。
    コメントを、ありがとうございます。

    苑子さん
    はじめまして。そうなんですか。とてもお優しい句だとは思いましたが、この度の震災に関係があるとは分かりませんでした。
    ご苦労はお察しいたします。月並みですが頑張ってください。

    進さん
    私の読みが当たっていれば良いのですが。
    この句は私の心に響きました。一番に決めさせていただいた句です。
    どうもありがとうございました。
  • 海月  2012/02/02 20:23
    野原様大西様
    やさしいコメントをありがとうございます♪

    ゆうゆう夢工房さんの、コンピューターが自分の宝箱に入れていたというお話はとても素敵ですね。

    まだ慣れない場所ですが、こちらで入賞なさるかたがたの作品にはいつもとても魅力を感じております。
  • ええ一  2012/02/02 20:44
    弘さん
    遅ればせながら、ありがとうございました。
    題が消化しきれず、摩天楼の日本食堂くらいしか思い付きませんでした。準特選に選んでいただき、ホッとしております。摩天楼の最上階も、進さんの「三日月」には及びません。(笑)
  •   2012/02/02 21:27
    ええ一さん、こんばんは。
    流石にええ一さんですね。「サビ」の効いた句を読ませていただきました。(^_^)
  • 左岸  2012/02/03 07:59
    ■ 成長痛増しゆく夜を天球儀  飯島章友
      そして父は痛風である。


    章友さま、うますぎる。爆笑しました。才能溢れるひと。

    川柳は死んだのかな、って感じて失望していた。こういう句に会うと、そうじゃない、生きてたんだと思える。自由に息をして自由にものを言う。それが川柳だったはず。

    文芸の世界で自由にものを言わずに、一体どこで言うのかしら。文芸の世界でまで空気を読むって何?文芸をやってるという自負があるのなら、言いたいことは言えばいいのに。
    ずれてたかな、と思えば訂正すればいいのに。少なくとも私はそうしてきた。まあ、かっこ悪いことではあるけれどね。それをしないと正しいフォルムの像にはならない。少なくとも美術の世界では、そう。変と思ったらぶち壊してまた一から作りなおす。陶芸家なんてもっと上。焼きあがったものでも気に入らないと、その場で壊す。

    狸を決めこむって手もあるよね。それって上級者。あはは~~。

    話は違いますが、最近、明さまのお姿が見えません。お風邪でも召したのでしょうか。
    さみしいですよね。

    ■ 空気とは吸って吐くもの忘れたか  左岸
  • 善江  2012/02/03 08:07
    強い寒気の影響による日本海側を中心とした記録的な大雪になっています。今日は節分ですが、鬼もぶるっぶるっぶるっ・・。

    ▲ 成長痛増しゆく夜を天球儀  飯島 章友

    お子さんの成長を見守るあたたかなシーンが浮かびます。
    知恵と知識の象徴として、ルネサンス期の科学者の肖像では、しばしば、天球儀を片手にした姿が描かれています。
    歌人でもある章友さんの「増しゆく夜」にロマンティシズムを感じます。


    ▲「イラチ」

    女里さんの句会での投句の早さにはいつもびっくりです(笑)。
    投句のあとは、何事もなかったかのように、煙草をくゆらせておられます。
    また、待ち合わせをすると、いつも時間より早く、約束の場所で佇んでおられます。
    多分、このエッセイもイッキに書き上げて早くから入力されたのではないかと想像してニヤニヤしています。


    「イラチやねん!」
  •   2012/02/03 13:14
    章友さん
    *成長痛増しゆく夜を天球儀  飯島章友
    「そして父は痛風である」は、絶妙ですね。思わず笑ってしまいました。(^_^)

    女里さん
    古希といい、イラチといい、私と一緒ですね。(^_^)
  • 飯島章友  2012/02/03 22:43
    左岸さん、善江さん、弘さんコメントありがとうございました。
  • 大西俊和  2012/02/03 23:32
    成長痛増しゆく夜を天球儀  飯島章友
    教育熱心な厳格なお父さんだったのでしょうか。

    「イラチ」
    タバコを一本吸う間にかなりの数の川柳が出来る女里さんですね。それも佳句を。女里さんのイラチは高級なイラチのようですね。
  • 野原 萌  2012/02/04 00:39
    成長痛増しゆく夜を天球儀  飯島章友
    伸びそこねた私などは成長痛なるものを知りません。
    「天球儀」・・・大きさとか、未来を感じさせていいですね。

    「イラチ」
    羨ましいです。
  • 善江  2012/02/04 08:38
    二十四節気の「立春」。
    暦の上では春の始まりですが、まだ凍り上がりそうな寒さ。
    春の訪れが待ち遠しい・・。

    ▲ 手帳買う行進曲が始まった   岩渕 比呂子

    期待とはずみごころ。人間の持っている、よきものふたつ・・は、年経ても、失せないはずですね。



    ▲「女のたのしみ」

    主婦ほど、いろんな楽しみを持たなければいけない種族はないのではと思います。
    家族をどっしりと包み込む安心感をもたらしながら、いきいきしていることは、むつかしいことですが、必要なことですね。
    「女のたしなみ」ではなく「女のたのしみ」と言い切る、みなさんは素敵ですね。
  • 松田俊彦  2012/02/04 09:07
    善江さん
    個人的事情でタイミングずれてごめんなさい。いつも丁寧なコメントありがとう。これもおくればせながら、
     うつくしく並ぶ彼岸の膝がしら  善江 
    おかじょうきの受賞おめでとう。私の好きな句のポケットに入れました。
  • 松田俊彦  2012/02/04 09:23
    萌さん ありがとう。
     押し切られて日替わり川柳受けましたが、みたらこの月は5週あるんですね。助走よろしくお願いします。
  • 松田俊彦  2012/02/04 09:42
    みなさん、入力ミスすみません。
  • 大西俊和  2012/02/04 11:20
    手帳買う行進曲が始まった   岩渕 比呂子
    行進曲で私もこの一年を歩くことにします。

    「女のたのしみ」
    NHKの「カーネンション」を見ていると、男の私も洋裁がしたくなっています。最近、料理にも関心があり、「女のたのしみ」の領域を侵犯したく思っています(笑)。
  • 椰子生  2012/02/04 17:20
    弘さん
    今朝の朝日川柳に掲載されていましたね。おめでとうございます。毎日、2000句の投稿があるので入選は難しいのに・・・。今日のは全て漢字で詠みましたね。
    「地震(ない)津波猛暑大雪慈悲何処(いずこ)」
    選者・西木空人氏は一を聞いて十を知る、全てに精通した人です。今日の18面「天声人語 今日も、朝日新聞に」の特集に彼(栗田旦)の天声人語執筆期間(6年)が載っています。
    私もなんとか毎月2句載るようになりましたが、今月はまだ載っていませんので頑張らねばと思っています。とりあえずお祝いまで。
  •   2012/02/04 18:35
    椰子生さん、こんばんは。
    お気づき頂き、またお祝を、ありがとうございます。m(_ _)m
    読売は大阪本社版で地域が限定されますので、比較的よく載るのですが、朝日は昨年の3月に投句し始めて、やっと10句目です。
    朝日のはコメントを読まないと分からないほどの捻りが必要なので難しいです。今日のは全て漢字だったのが良かったのでしょうね。
    椰子生さんのように毎月2句は至難の業です。とても敵いません。(^_^)
    椰子生さんがどなたか分かりませんで、お祝を申し上げられなくてすみません。m(_ _)m
  • 野原 萌  2012/02/05 00:21
    手帳買う行進曲が始まった  岩渕比呂子
    「行進曲が始まった」 に実行力のある作者がいます。年の初めの健康な心のスタートを清々しく感じます。

    「女のたのしみ」
    みなさんは、楽しむ事の名人。エッセーの隅づみに思いがけないエッセンスがた~ぷり。洋裁を長くやってますが磁石のアイディア、いっただきまーす。

    俊彦さま
    そーなんです。5回も私達楽しませていただきまーす。ンデスヨ。有難うございます。
  • 大西俊和  2012/02/05 11:08
    人間に声を与えたのはうかつ 岩根彰子
    神様はそう思っているでしょうね。そして、失敗ばかりしている人間。

    「さて人よ人生くに無意味(円周率)」
    円周率をどこまでも覚えるのは無意味なんでしょうか。でも憶えたいと思う人間。子供時代に日本の駅の名前をほぼ全部憶えたという知人がいます。今、東京の大学で画期的な研究をしていると聞いています。無意味だけれど無意味でないのかも知れませんね。
  • らき  2012/02/05 13:20
    人間に声を与えたのはうかつ 岩根彰子

     こういう句、好きです。何だかすごく楽しいです。
     思わず、「ほんと、ほんと、うかつ、うかつ」と妖怪の身になって賛同したい気分になりました。
  • 藤安みな  2012/02/05 17:11
    善江さん
    大西さん

     女の生きやすい時代になりました。
     
     男のたのしみも多いと思いますので、バラしてくださいませ。

     男の料理教室へ初参加された方が、台所の機器の名称が解らないと困惑されていたことを思い出しました。

     落とし蓋を始めて落とした話しには大笑いしました。
    挫折しないでいただきたかったのですが、、、。

    野原さん

     ポンチョのレシピは大切に保管して、いつかきっとチャレンジして、着物のリサイクルに挑戦します。
  • 野原 萌  2012/02/05 22:29
    人間に声を与えたのはうかつ  岩根彰子
    ドキッ!
    彰子さんのユニークな発想には、いつもびっくりさせられます。(私もひと言が多くて・・)
    話はそれますが昨日でしたか、由紀さおりさんの声はお寺の鐘の響きで、レディーガガは飛行機の発着の音?とか何とか。思い出し、声を与えた方の御顔を想像してほくそんでいます。

    「さて人よ人生くに無意味(円周率)」
    ♪ひとよひとよにひとみごろ富士山麓にオオム泣く
    おもわず「受験生ブルース」を歌ってしまいました。100桁も覚えようなんて事、考えてもみませんでした。高綱さんは凄く頭の良い少年だったのですね。コツがあるのでしょうね。きっと無意味ではなかったと思います。

    みなさん
    頑張って下さい。お役に立つことがあれば言ってくださいね。
  • 彰子  2012/02/06 03:00
    辰年初句会、「うかつ」の題で選者は久しぶりのご出席の小池
    正博様が秀句に抜いてくださいました。
    大西俊和さま、らきさま、、野原萌さまとてもうれしいコメントをありがとうございました。
  • 矢島高綱  2012/02/06 09:02
    大西さま
    野原さま

    コメントありがとうございます。
    無意味でなかったと言われると救われる思いです。
    円周率は私の人生の秘密の引き出し的存在なのです。
    「おはよーエッセイ」がまた開けさせてくれました
    感謝です。
  • 矢島高綱  2012/02/06 09:49
    追伸

    野原さまへ
    以前、夢工房の関連でメールを頂いた事がありました。
    その際、差出人のお名前だけで、中身を見ずに迷惑メールと判断してしまいました。
    出会い系メールが多いのです(笑)
    後で気付きましたが、その後ご連絡も差し上げず大変失礼を致しました。ここでお詫び申し上げます。
  • 左岸  2012/02/06 10:03
    ■ さよならも言わずに去った黄水仙  幸生

    幸生さまの句はいつも優しさに溢れていますね。羨ましいなあ。

    黄水仙とか口紅水仙とか、小さい花、大好きです。
    水仙って不思議なんですよ。とんでもないところから芽が出て花を咲かせるんです。今まで植えたことがないところから、です。もしかしたら、球根が地中を移動して、気に入ったところがあればそこを自分の居場所にするのかもしれません。
    自然は不思議に満ち満ちています ☻


    ■ 予想GUYです。    倉富洋子

    光ケーブルが切れたとき、さて、どこへ頼めばいいのかと、とりあえずNTTへ。
    電話は繋がらないから携帯が役に立ちました。
    繋がってからが大変で、似たようなやりとりがありました。新人さんであまりわかっていないひとが担当になったのかもしれない。やりとりは録音されますとのことで、後からNTTのサービスについてアンケートの電話が来ました。さすがに素晴らしい対応でした。
    仕事にはプロ意識が欲しいです ☻
  • 野原 萌  2012/02/06 17:41
    矢島高綱さま
    御丁寧なお言葉 ありがとうございます。
    以前日替わり川柳の依頼メールを送らせて頂きました。外国へお出かけで何ヵ月か後にお返事を頂く事がありますので高綱さんもそうかと思っておりました。
    「萌」は雅号ですが変な「もえ~」が流行して・・・。
    まさか、名前が御迷惑をお掛けしたとは思いも寄りませんでした。でもエッセーにご登場頂き、理系と文系を備えた方と知り、楽しいです。またよろしくお願い致します。
  • 野原 萌  2012/02/06 22:27
    さよならも言わずに去った黄水仙  幸生
    水仙のような初恋だったのでしょうか?
    さよならを言う間も、闘う時間もなく、突然逝ッてしまった人でしょうか?黄水仙は作者の心の秘めごと。

    洋子さん
    帰る道道、10句位名句が生まれたのではないでしょうか?
    なんか、ロボットの店員さんみたい。お気の毒さまでしたね。
  • 大西俊和  2012/02/06 22:58
    さよならも言わずに去った黄水仙  幸生
    そして、黄水仙の香りだけがいつまでも残っているのでしょうね。

    「予想GUYです。」
    ソフトバンクショップで漫才のやりとりのような1時間が
    あったのですね。修理費はかなり高そう。お疲れ様でした。
  • 大西俊和  2012/02/07 21:59
    朝御飯食べていますか息子殿 村井広子
    息子と母親の離れていても至近の関係。
    「時の流れ」
    浦島太郎は昔のおとぎ話でなく、タイムマシーンの未来世界の話なのかも。
  • 野原 萌  2012/02/08 00:17
    朝御飯食べていますか息子殿  村井広子
    いくつになっても子供は子供。母は母なんですね。
    親とは、ありがたいものです。


    「時の流れ」
    素粒子の世界なんて、チンプンカンプンですが、SF小説のタイムトンネルみたいな、なんか訳が分からないドキドキ感がたまりません。
  • 善江  2012/02/08 07:53
    おはようございます。
    強い寒気が流れ、日本海側中心にあさってにかけて雪となっています。三寒四温を繰り返して春へ・・。

    ▲ そっと来て番号札を置いてった  松田 俊彦

    「番号札」に俊彦さんの宿題があるようです(笑)。
    何があるんだろうと、一枚一枚、皮をめくっていきたくなる俊彦川柳の魅力。

    こわーい「番号札」かも・・。

    「時代は下山のときである」五木寛之さんの話題の『下山の思想』。
    「下山こそ登山の醍醐味なんだ」と五木さん。
    「番号札」しっかり握り、下山へと・・。


    ▲「サボタージュ」

    どきどきの「小さな反乱」でしたね。
    オトナの女性になれば、ちっとは人とちがったことをして、そのちがいをたのしんだらいい、と思いますが、いかがなものでしょうか。
  • 野原 萌  2012/02/08 08:51
    そっと来て番号札を置いてった  松田俊彦
    ♪ ホームの影で泣いていたかわいいあの娘が忘られね
    でしたか?そんな歌、そんな時代がありました。
    黙ってそっと心寄せて下さる方を作者は心の中でそっと抱きしめている。


    「サボタージュ」
    美輪さんに、そんな反抗の日があったなんてちょっと面白いですね。でも帰りの空虚感がやっぱり性格の良い美輪さんでウルルです。

    善江さん
    お元気に帰られ(掲示板に)嬉しいです。
    五木寛之さんの言われるように、しっかりと自分の足で下山したいと思いました。
  •   2012/02/08 11:34
    そっときて番号札を置いてった  松田 俊彦

     「余韻」が優しく残っていますね、逢わなかったことが、逆に「存在感」を際立たせています。日本人の本来持っている「心」を感じました。観えない「物や事」がとても大切ですよネ。

    サボタージュ

    一度だけの「サボタージュ」、帰りのペダルの重さ・・・・・
    一度でも「サボタージュ」されて、本当に良かったですね!
    だから、美輪さんの大切な「思い出色」が生まれると思います。
  • 大西俊和  2012/02/08 12:00
    そっときて番号札を置いてった  松田 俊彦
    何の番号札だろう。置いたのは女性であるのは間違いないように思う。番号札に静かなふたりの想いが流れる。

    サボタージュ
    美輪さんにも可愛らしい冒険と反乱の一日があったのですね。同じ繰り返しの日々もありがたいものですが、ちょっと変化があるのも良いですね。
  • ゆうゆう夢工房  2012/02/08 14:11
    ☆☆☆ゆうゆう夢工房交流会のお知らせ☆☆☆

    今年も、恒例のゆうゆう夢工房交流会を下記のように開きます。参加をご予定下さる方はゆうゆう夢工房または篤子・萌・俊和までご連絡下さい。準備の都合上2月末日までにご連絡頂くとありがたいです。
    夢工房メールアドレス:yumekobo@ssksaloon.net

    *************

    日時:2012年3月31日(土曜)
      午後1時30分JRさくら夙川駅改札出口集合

    場所:夙水苑(さくら夙川から徒歩10分)
       句会と懇親会

    会費:3000円

    *************

    懇親会終了後は夙川の夜桜を見ながら二次会場に移動。
    詳細は決まり次第広報させて頂きます。よろしくお願い致します。
  • 苑子  2012/02/08 19:37
    交流会のお知らせ、心待ちにしていました
    夙川の美しい桜並木の下を歩けるんですね
    東組は準備万端です!
    夢工房のみなさまとの出会いと再会を楽しみにしています。
  • 松田俊彦  2012/02/08 21:26
    善江さん 萌さん 光さん 俊和さん
    忙しいのにコメントありがとうございました。
    読ませていただいた後、ある句会に出かけました。
    奈良もかなり雪が降っていました。
    くれぐれも風邪にはご注意を。
  • 善江  2012/02/08 22:26
    ▲「 BSおかやま句会ーField 」

    ◇巻頭言より抜粋

    石田柊馬が「川柳は読みの時代にはいった」と看破したのは、「BS」初期の段階であった。俳句においても『句会は俳句のレトリックを教わるところではなくて、むしろ「読み」を教わるところだと。レトリックや技巧は自分が句集を読んだりして身につければいいが、「読み」は句会に参加して、人の読みを聞いて、自分の読みと照らし合わせて、こういう読みもできるんだと知っていく。そういう場があるからこそ、一句の解釈のふくらみも捉えることができるようになる』(ユリイカ2011年10月号の川上弘美・千野帽子・堀本祐樹の三者による鼎談より)とあり、わが意を強くしている。(石部明)

    ◇編集後記より抜粋

    常識を脱ぎ棄て、男として、女として、人間として何を書くべきか。
    目を閉じると見えてくる「私の本質」をどう言葉にしてゆくか。そんな川柳が残したいものだ。(明)

    ★ 4月14日は第5回BSおかやま川柳大会も催される。
  • 大西俊和  2012/02/08 23:45
    苑子さん

    夙川の桜と東組の皆さんのお出でをお待ちしています。

    三宮からさくら夙川駅は乗車しますと15分ほどです。芦屋まで快速、または新快速で10分ほど、芦屋から普通に乗り換えて大阪方面1駅5分ほどです。新大阪からですと、快速で西宮まで15分、西宮で普通に乗り換え1駅神戸方面数分です。

    今回は夙川西宮を中心に予定を組む予定です。皆さんの余力が残っているようであれば、翌日は、神戸、NHKテレビの平清盛ゆかりの地探訪も考えています。
  • 杉山昌善  2012/02/09 08:15
    投句、お待ちしています。
    住所・氏名・電話番号をお忘れなく。

    月刊・家庭画報「家族川柳」世界文化社
    2012年 5月号(4月1日発売) お題「春」
    締め切り 2月15日
    投句 家庭画報のホームページ読者の広場・返信フォーム
    https://www3.sekaibunka.com/kg/  
    ハガキ 〒102-8187 東京都千代田区九段北4-2-29
    世界文化社 家庭画報編集部 読者の広場係
    ファックス 03-3262-1722
            

    月刊・新幹線車内誌 ひととき
    2012年 4月号(3月20日発売) お題「行路」
    締め切り 2月20日
    ハガキ 〒101-0052 東京都千代田区神田小川町1-3-1
    小川町ビルディング3階 ウエッジ「ひととき」編集部
    pcメール hitotoki@wedge.co.jp

    ※「行路」の題が難しく(笑い)、集まりずらくなっています。よろしくお願いいたします。
  • 善江  2012/02/09 08:21
    ▲ 同情をねだる夫がうなだれる  海月

    風船玉のような自尊心をそっとしてあげてください(笑)。
    男の人間性を把握して、それを楽しみ、一緒に暮らす面白さを味わいたいものですが・・。


    ▲「NHK BSモニター(その2)」

    植物が長生きできるには、それなりの体の構造や成長の仕組みがありますね。
    でも、植物は生まれたところから一歩も動くことができませんね。人間は植物から癒しやパワーをたくさんもらってます。
  • 大西俊和  2012/02/09 10:29
    昌善さん

    家庭画報、ただいま投稿。
    「ひととき」の行路の兼題、確かに難しいですね。日常に余り使わなくなっていますね。暗夜行路しか浮かびません(笑)。
  • 大西俊和  2012/02/09 11:00
    同情をねだる夫がうなだれる  海月

    男にはいつまでもマザーコンプレックスの欠片が心の奥に残っているのでしょう。

    ▲「NHK BSモニター(その2)」
    植物は本当に偉大です。私たちを見えないところで支えてくれているのでしょうね。植物に教えられること一杯です。
  • 寺岡祐輔  2012/02/09 17:47
    俊和さん
    交流会をありがとうございます。
    今年も参加させていただけそうです。
    有り難くも嬉しいことです。
    ご配慮感謝しております。
  • 苑子  2012/02/09 18:39
    俊和さん
    夙川西宮が中心の交流会、大満足です。
    会場の名称も「夙水苑」いいですね
    初めての交流会のときは地理感覚が全くなくて
    大阪市内のホテルまでタクシーで帰って料金に目が飛び出ましたっけ(^^;)
    3回目ともなると懐かしささえ感じます。
    交流会でお会いした方の句を目にするとき、その方のお顔がはっきりと浮かんで素通りできません。
    またお会いしたいと思う方々に会えるのならどんなに遠くたって行っちゃいます!
    願わくば、新幹線の車窓から今度こそ富士山が見えますように。
    スタッフの皆さま、お世話になります。
  • 坪井篤子  2012/02/09 20:21
    祐輔さん、苑子さん、柊子さん、安子さん、遠来、近場の皆さん、
     交流会でお目にかかれるのを楽しみにしております。
  • 田村ひろ子  2012/02/09 21:33
    俊和さん、篤子さん、萌さん「3月31日(土曜)の
    交流会」の企画・下調べ等等ありがとうございます。
    祐輔さん、苑子さん、柊子さん、安子さん・・・・・また、お目にかかれるのですね。
    楽しみにしております。
  • 須川柊子  2012/02/09 22:09
    こんばんは。

    みなさ~ん、
    交流会、楽しみにしています。
    よろしくお願いします。

    準備は万端、今回も苑子さんにおんぶにだっこです。
    昨年、異人館の前で撮った写真を眺めています。
    フフフフ・・。
  • 野原 萌  2012/02/09 22:25
    東組の皆様
    祐輔さんがお元気になられ、本当に良かったですね。皆さまお気をつけてお越しくださいね。
    昨年ご参加下さった皆皆さまのお顔がうかび、知らず知らず顔がほころんできます。初参加の方もお待ち致しております。
  • 野原 萌  2012/02/09 22:54
    同情をねだる夫がうなだれる  海月
    母性を与えて下さった神様に感謝いたします。
    海月さんは肝っ玉母さん。


    光さん
    マリーゴールドにそんな力があるなんて、驚きと感動でテレビを見ました。モエジマシダの実験には身を乗り出してしまいました。できるだけ農薬に頼らず土壌の浄化、藻や、魚による水の浄化。人は今、帰らなければならない処へ帰るべきを考えなければいけない時期かも知れませんね。
    たまたま今「地球イチバン 浮く?」を見ました。メコン川の水上に生きる人々の、ゆったりと心豊なくらし。みんないい笑顔でした。
  • 海月  2012/02/10 05:36
    善江さま大西様野原様
    コメントありがとうございます♪

    男性はいつもたてなくてはいけないのでちょっと面倒くさいところもあります(苦笑)
  • 善江  2012/02/10 07:48
    ▲ 地下鉄の路線図からはグレン・ミラー  飯島 章友

    朝から軽快なミラーサウンドが流れてきました。
    スウィングジャズと言えば、やはりグレン・ミラーでしょうか・・。
    トロンボーンが耳に残ります。


    ▲「ペンネーム」

    女里さん、おはようございます。
    そうでしたか・・「おんなさとさん」と呼ばれたこともあったのですね(大笑)。

    「めりさん、めりさん」と憶えやすく、今では本名のようですね。「たなかめりです」と名乗られる女里さんは、ちょっぴり、誇らしげでもあります。素敵です。


    余談ですが、徳島県の渓谷美で知られる大歩危・祖谷エリアの観光キャッチコピーが「千年のかくれんば」と名付けられたようです。
    「千年」は山村の原風景が醸し出す悠久の時の流れを、「かくれんぼ」は妖怪伝説・平家伝説が残る秘境の魅力を表していて素敵だと思いました。
  •   2012/02/10 09:12
    善江さん、大西さん、萌さん

    おはようございます、
    いつも、温かいコメントをありがとうございます、
    コメントを拝読させていただくと、
    さぁー今日も良い一日が始まった、きっと良い日になる!
    と、元気が湧いてきます。
  • 大西俊和  2012/02/10 10:03
    地下鉄の路線図からはグレン・ミラー  飯島 章友
    何か明るい気分になってきました。頑張ろう。

    「ペンネーム」
    女里さんというペンネーム、もうこれが川柳的ですね。どんな人だろうという想像をかき立てます。「おんなさと」と読まれると、ちょっと困りますが・・・(笑)。

    善江さん、いつも魅力的なコメントありがとうございます。善江さんの日替わりコメントも楽しみにしています。光さんと同じく、「さぁー今日も良い一日が始まった、きっと良い日になる!と、元気が湧いてきます」です。
  • 左岸  2012/02/10 22:41
    ■ 地下鉄の路線図からはグレン・ミラー  飯島 章友

    憎らしいほどスタイリッシュな句。
    いいですね。こういう句が作れたら。ちょっとため息 ☻
  • 野原 萌  2012/02/10 23:26
    地下鉄の路線図からはグレン・ミラー  飯島 章友
    目がチラチラする様な路線図もスゥイングジャズでたどれば楽しそう。凄いみつけ。
    ジェイムス・スチュワート主演だったかな?グレン・ミラー物語のなかで、奥様に贈った「茶色の小瓶」・・・ああ 想い出してしまいました。贅沢な映画でした。

    「田中女里」
    ほんとにいいお名前、雅号ですね。一度で覚えましたよ。

    善江さん
    大歩危,小歩危一度行きたいと思っています。
    「千年のかくれんぼ」素敵なキャッチコピーですね。
    おどろおどろした妖怪図、でも何か魅力的な漫画絵が残されているそうですね。物忘れが多く、作者名は忘れましたが。
  • 飯島章友  2012/02/11 07:00
    善江さん、俊和さん、左岸さん、萌さん
    コメントありがとうございました。
  • 善江  2012/02/11 09:27
    ▲ 雪像の競演まつりこそ狂え  岩渕 比呂子

    「感嘆詞の花火」!
    冬の風物詩として開催されますが、展示していた「初音ミク」の雪像が崩れたというニュースを聞きました。
    もう、復元されたのでしょうか・・。
    一度は行ってみたいです。


    ▲「ヨガ」

    「歯を食いしばりません」
    「ガンバリません」
    「気にしません」

    スピりチュアルな面が効いてきますね。
    ちなみに私は自力整体を続けています・
  • 大西俊和  2012/02/11 09:46
    雪像の競演まつりこそ狂え  岩渕 比呂子
    ときには狂いたい。

    「ヨガ」
    心のバランスの大切さを教えて下さる素敵な先生ですね。
  • 野原 萌  2012/02/11 19:35
    雪像の競演まつりこそ狂え  岩渕 比呂子
    まつりこそ狂え が良いですね。
    「オォー」と、勝鬨を上げたくなります。それにしても凄い芸術ですね。

    「ヨガ」
    あっかる~いみなさん調、大好きです。
    ええ加減でなく、「気にしない」ですね。
  • 丸山 進  2012/02/11 20:49
    ▲ 雪像の競演まつりこそ狂え  岩渕 比呂子

    粉雪が舞い散る中の雪像群にぴったりの句ですね。
    札幌にはよく出張で行きましたが、雪まつりの時は
    なぜか出張希望者が多くなり行けずでした。雪像の制作中と
    残骸は見ましたが。一度ゆっくり見たいです。


    ▲「ヨガ」
    いい先生ですね。それにしても20年続けているのは大したものです。ヨガのあとのビールは美味しいことでしょう。
  • 善江  2012/02/12 09:08
    ▲ あぶらあげあるとあんしんしてしまう  彰子

    冷蔵庫に「あぶらあげ」があると安心しますね。
    ホント。


    きつねうどん・みそ汁・稲荷寿司・おでん・煮浸し・巾着煮・ひじきの煮物・切干大根の煮物・・。
    人をとりまく状況はいつも変化しつづけますが、ことに幸福や楽しいこと、嬉しいことは変質しやすいように思います。「あぶらあげ」は変質しないもののひとつかも。


    ▲ 「天国に一番近い場所の検証」

    高綱さんは独自の視点で世界旅行の気分を味わっておられるようですね。
    森村桂さんの「天国に一番近い島」という旅行記もありましたね。
    うちの近くに、「地球33番地」という
    旧日本測地系による

    東経133度33分33.333秒
    北緯33度33分33.333秒の地点を指す愛称がついているところがありますよ。
  • 大西俊和  2012/02/12 10:48
    あぶらあげあるとあんしんしてしまう  彰子
    私は豆乳があると安心。やはりお豆腐と関係がありますね。

     「天国に一番近い場所の検証」
    地球は楕円。富士山も健闘。地球のイメージが変わりました。
  • 政二  2012/02/12 12:38
    彰子さん
    新しい表現、書き方だと思います。
    それは「あんしん」という言葉のニュアンスを
    「あ」音をくり返すことで伝える方法です。
    また「あんしん」という言葉の捉え方も
    それぞれであることを「あぶらあげ」が伝えています。
  • 岩渕 比呂子  2012/02/12 14:35
    コメントの皆さんお久しぶりです。善江さんへ、雪像は重症のため天国へ、大西さんへ、祭りになると眼の色が変わる癖をもっているわたしです。進さま、「あほうどり」お世話になっています。観光の雪はロマンチックだけど、シバレルだけが残る祭りあとです。
       ありがとうございました。
  • 矢島高綱  2012/02/12 20:45
    善江さま

    コメントありがとうございます。
    今度、地図で「地球33番地」探してみます。

    大西さま
    コメントありがとうございます。
    チョモランマと富士山ですが…
    世界一と日本一の山を参考に掲示しただけで
    3位4位ではありません。
    私の説明が足りませんでした。
    できれば宇宙船に乗って地球を見たいです。
  • イクロウ  2012/02/12 21:43
    *あぶらあげあるとあんしんしてしまう  彰子
    「してしまう」がいいと思いました。
    私は「もやし」です。
    これが無いと味噌ラーメンにならないのです。

    *天国に一番近い場所の検証
    ちなみに、今一番地震の被害を受けにくいところに住んでおります(笑)。
  • 彰子  2012/02/12 21:50
    善江さま、俊和さま、政二さま、イクロウさまコメントをありがとうございました。
    韻を踏んだ作品はうんうん唸って出来上がるときと、するりと安産の時がありますが、この作品は安産で生まれました。
    好い子供です。大切にします。
  • 大西俊和  2012/02/13 12:25
    エーデルワイス抱いて産まれて来たらしい  大海幸生
    高山植物のEdelweiß(ドイツ語)直訳すると「高貴な(気高い)白」。花言葉は「尊い思い出」「大切な思い出」「純愛」「勇気」「忍耐」。

    人気者でいこう。

    「夢の国」を守るプロと洋子さんの会話、ユーモアに満ちていて
    ほわっと微笑が浮かんできます。
  • 街中 悠  2012/02/13 15:52
    エーデルワイス抱いて産まれて来たらしい  大海幸生
     赤ちゃんはエーデルワイス抱いているように見えますね。年を重ねてもエーデルワイス大事に育てていきたいです。

     
    「人気者でいこう。」
    洋子さんの鋭い質問にもよどみなく答えて流石プロですね。まだ行ったことがないのですが想像するだけでわくわくしてきました。
  • 大西俊和  2012/02/14 10:33
    バレンタイン義理をいっぱい持ち帰る    村井広子
    良いことと悪いことは表裏になっていると言いますが、チョコが多いのも少ないのも良いようで悪いようで・・・。

    「運命」
    そうですか。運命は確率の問題なんですね。とにかく受け入れるより仕方がないですね。
  • イクロウ  2012/02/14 21:41
    *バレンタイン義理をいっぱい持ち帰る    村井広子
    義理でもなんでも、貰える人はいいですね、私なんか毎年ゼロですよ(涙)。
    もし、くれる人がいたら、ホワイトデーに素敵な・・・なんて考えているんですけどね~
    えっ、かみさん?・・・財布がいっしょですから・・。

    *運命
    何にも考えたくありません(笑)。
  • 野原 萌  2012/02/14 22:31
    バレンタイン義理をいっぱい持ち帰る  村井広子
    義理は重いですね。でもチョコレートの義理は平和の象徴?


    「運命」
    出逢うべきして出逢うのでしょうね。
  • 海月  2012/02/15 06:30
    「文系人間」 渡辺美輪

    渡辺さんは強力な運と能力をお持ちの方なのですね
    運だけでたとえば二十歳ころまで来た人って今後どうなるでしょう
    末っ子のことですが、きわどいところを潜り抜けなんとか大学生になっています
    この甘ちゃんがちゃんと就職できるのかなというのが目下一番の心配ではあります

    渡辺さまには震災の本の時に大変お世話になりました
    ありがとうございます

    こちらのサイトを見つけて投稿させていただくようになってから約1年になります
    まだまったく見えない状況ではありますが、少しずつ過去の「日替わり川柳」や「エッセイ」を読ませていただいております
    始めから厚い壁高い壁ではありましたが、そうそうたるお方の集まりなのですね!
    今さらながらぺーぺーの私に白羽の矢をあててくださった野原様に感謝するしだいです
    今回は誠にお世話になりありがとうございました。
  • 善江  2012/02/15 08:31
    ▲ けものみちにんげん捨てに行くところ  松田 俊彦

    「どちらも大変だ・・」

    不道徳で面白い人生と、道徳的で面白くない人生なら、
    前者のほうをとるかもしれない・・?