現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

オープン掲示板 過去ログ

どなたでも書き込んでいただける掲示板です。現代川柳の話題、イベント情報など、ご自由に利用してください。雑談もOKです。インターネットに一般公開されている掲示板ですので、個人情報の取り扱いにはお気をつけ下さい。

  • 須川柊子  2012/07/27 09:57
    丸山進さんのブログ「あほうどり」で、大西俊和さんを紹介しています。

    感動しました。
  • らき  2012/07/27 18:10
    善江さま  はい。うんと気を付けます。自分の体が一番の謎です。にゃはは。

    俊和さま  漢方薬、効いて欲しいです。というか効く漢方薬が見つかって欲しいです。まあ45年ほったらかしてきたので、45年かけて調べるという感じですかね。気は長いので、大丈夫だと思います。

    エッセー書かせていただきありがとうございました。週一の〆切というのも脳や体に発破がかかって、これも良薬の一つだなあと感じました。コメントは書けませんが、たくさんの方の川柳やエッセーは「ヘソの緒」のようにつなぎ止めてくれているようで、頑張る理由になっています。いつかどこかで皆様とお会いできる日を「夢」にしています。夢って確か叶えるもののことでしたよね?
  • 中川 千都子  2012/07/28 05:48
    海月さん、政二さん、俊和さん、日曜日の「おはようエッセイ」『藍色』をお読みくださいました皆さま、ありがとうございます。

    海月さん、このダイビングの時の体験は30歳を過ぎていたのですが、やはり命の危機を感じるとき、思うのは「お母さん」のことなんです。苦しさのなかで、自分の死よりも、母の悲しみを思ったことです。

    政二さん、ほんとうに。
    当たり前のことなど何ひとつない、そう思える旅路ですね、生きていくということは。

    俊和さん、海の底は美しい別世界。だけど、本来は人間が侵してはいけない場所なんだと思います。
  • 妹尾凛  2012/07/28 09:05
    おはようございます

    朝から暑いですね
    水で濡らしたクールバンダナを
    首に巻いてパソコンに向かっています

    水曜に句を掲載させていただきました
    ありがとうございました

    すてきなコメントを
    たくさんいただきまして
    ありがとうございました

    明さんの「ふたたび『読み』について」
    わくわくしながら拝読しました

    猛暑は愛と
    川柳で乗り切ります
  • ゆうゆう夢工房  2012/07/28 11:27
    ★★★WEB句会の選とコメント、締切は7月30日23時59分です。24時になりますと、結果発表になります。約120句の選句、大変ですが、大会選者の心境を味わえると思います。暑い時ですが、よろしくお願い致します★★★
  • 大西俊和  2012/07/28 22:34
    これ以上無理です箱は箱だから 森下綾子
    人間の心、脆い箱なんでしょうね。

    「ふたたび『読み』について」

    曳いてきた影はタイピストの時間   榊陽子
    両足を残して消えていくらせん     〃

    どちらの句も不思議な世界に導いてくれるよう。自分流にイメージを溶け合わせて楽しんでいます。

    明さん、病床からのエッセイ、ありがとうございました。
  • 善江  2012/07/29 07:24
    明さん

    エッセイありがとうございました
    どうぞ、お大切に・・
  • 善江  2012/07/29 07:33
    「ヘイ、ジュード、君ならできるさ、

       君に必要なことは君にしかできない」

        70歳のポール・マッカートニーさんの歌声

    ▼ ただいまと言ったところに母はいる  寺岡 祐輔

    「自作の中で一番大切な句」
    という作者のコメント

    これ以上なにもつけ足すことはない・・と思います
    猛暑の中 お大切に また来春お目にかかりましょう きっと


    ▼ 乳房

    さらりと書いてとてもいいエッセイですね
    このエッセイもなにもつけ足すことはない・・と思います
    素敵なエッセイをありがとうございました
  • 丸山 進  2012/07/29 11:03
    明さん
    読みの姿勢を再認識させいただいたエッセイありがとうございました。体調の回復を願っております。


    ▼ ただいまと言ったところに母はいる  寺岡 祐輔
    いつも心に沁みる句をありがとうございました。


    ▼ 乳房
    千都子さん、いつも無駄のない文で胸にじーんとくるエッセイありがとうございました。


    須川柊子さん
    私のブログを紹介してくださりありがとうございました。
  • 政二  2012/07/29 12:30
    祐輔さん
    川柳をはじめられてよかったですね。
    祐輔さんのために
    川柳があるように思います。


    千都子さん
    医師の「ご質問は?」
    お母さんの「格好なんてどうでもええ」
    だんなさんの「大きく手を上げて
           ほとんど駆けるようにこちらに向かってきた」
    読ませていただいて、
    医師の言葉に対する反省と
    大切な家族のこころ、力を思います。
  • 政二  2012/07/29 22:35
    明さんが
    28日退院、あとは自宅療養とありました。
    よかったですね。
  • 大西俊和  2012/07/29 22:56
    ただいまと言ったところに母はいる 寺岡祐輔

    「ただいま」と言えば、「おかえり」と声がする。そこは間違いなく家ですね。

    「乳房」

    運命がベルトコンベアーに乗ってしまったようで無力感に襲われることがあります。そんなとき家族や周囲の一途な支えほどありがたいものはありませんね。
  • 野原 萌  2012/07/29 23:25
    ただいまと言ったところに母はいる  寺岡祐輔
    祐輔さんの魂のルーツですね。

    「乳房」
    千都子さんの大きな目を思い出しております。

    明さん
    ありがとうございました。ご自愛下さいませ。
  • 善江  2012/07/30 08:16
    ▼ その夢の続きへもどってゆく昼寝  山下 和音

    夢はつづきを語りたがっている?

    幸せな夢をみていたのに
    あと少しのところで
    目が覚めてしまった
    目が覚めた
    体勢のまま
    体を動かさず
    また目を閉じると
    夢にもどれることがあります

    わるい夢は脳内のリミッターによって
    抑制されて
    つづきはみられないのでしょうか・・

    和音さん、毎日暑いですね
       日替わり川柳お疲れさまでした


    ▼ 河野春三の『現代川柳への理解』と根岸川柳の『考える葦』

    知っているつもりの言葉でも個人によって認識が違ったりと言葉は難しいですね。
    春三・川柳のハッとするような作品のご紹介ありがとうございました。先達の言葉が新鮮に感じられます。
  • 善江  2012/07/30 09:05
    みなさま

         暑中お見舞い申し上げます

           体調に気をつけて

            今夏ものりきりましょう
               
              ご自愛ください


                    24年盛夏
  • 寺岡祐輔  2012/07/30 11:29
    あたたかいコメントをありがとうございました。

    政二さん
    川柳との出会い、その川柳を通じての仲間との出会い。川柳には生きる力をもらったと思っています。

    進さん
    大西俊和論を読ませていただきました。
    「喜びと悲しみの傘すれ違う」優し さと無常感が漂っていて、生の俊和像を表しているよ うに思うー。
    共感します。

    善江さん、萌さん、俊和さん
    また来春、花の下で。きっと。
  • 坪井篤子  2012/07/30 13:54
    とことん句会のご投句受付中です。
    投句先は「とことん会掲示板」にて。
  • 坪井篤子  2012/07/31 05:23
    連日の猛暑の中、オリンピックでさらに熱くなっておられるのではないでしょうか。

    7月の「おはようエッセイ」をご執筆下さいました(日曜日から順次)

    中川千都子さん、平宗星さん、鶴見佳子さん、北原おさむさん、らきさん、斎藤レイ子さん、石部明さん、
    ありがとうございました。

    オープン掲示板での皆さまの素敵なコメントともども「おはようエッセイ」の持つ力、川柳のエッセンスを想います。

    心よりお礼申し上げます。

                   おはようエッセイ担当 坪井篤子
  • 山下和音  2012/07/31 08:20
    日替わり川柳を読んでくださったみなさん、どうもありがとうございました。

    善江さん、俊和さん、萌さん
    コメントどうもありがとうございました。毎回のコメントに励まされながら、楽しく5回を終了することができました。


    猛暑の毎日、みなさん、川柳の木陰で休みながら夏を乗り切りましょう!
  • 大西俊和  2012/08/01 01:23
    見習おうスーパーマンのノーテンキ 晶子

    水戸黄門のノーテンキも見習いたいですね。

    座布団の上の「苦闘」

    一枚の座布団の上にいろいろの世界があるのですね。
  • ゆうゆう夢工房  2012/08/01 01:25
    ≪7月WEB句会特選句発表≫
    月例句会「雑詠」互選の特選は
    同点で下記の3句です。

    ためらいを真二つにして滝落ちる 村井広子
    糸電話トンボとまって盗み聞き 怜
    ひたすらに鶴折っている詫びている 石原てるみ

    広子さん、怜さん、てるみさん、おめでとうございます。

    互選句会兼題「星」の特選は
    同点で下記の2句です。

    流れ星 途中下車してみませんか 能津 健
    もう星の形に慣れた頃ですか 街中 悠

    健さん、悠さん、おめでとうございます。

    選とコメントにご参加下さった皆さん、
    ありがとうございます。
  • 幸生  2012/08/01 10:39
    朝顔市
     お江戸情緒あふれるいいエッセイでしたねぇ。私もすぐそばにいたような気になりました。スカイツリーの落ち、目に浮かぶようでした。
  • 大西俊和  2012/08/01 22:49
    端っこにそっと加わるもう一人  南野耕平

    端っこって良いですね。集合写真、後ろの端っこが好きです。

    「朝顔市」

    賑やかな朝顔市にいるような錯覚を起こしました。
    頑固一徹のおじさんと一対一。来年が楽しみですね。
  • 善江  2012/08/02 08:48
    ▼ 勝利者はひとり あたしかそれ以外  かづみ

    「夢みたい」そしてドヤスマイル

    体操男子個人総合決勝で内村航平が金メダルを獲得した
    胸のすくような演技だった


    ▼ 寮生活(その1)

    ついつい読ませてしまう進マジック(笑)
    とうとうストリップですね(笑)

    ラテンのスタンダード・ナンバー「タブー」を
         伴奏に
        「ちょっとだけよ、あんたも好きねえ~」
             ドリフの加トちゃんが
              ストリップをマネしてましたねえ~

              「つづく」が楽しみ
  • 善江  2012/08/02 19:07
    書きすぎぬように大事なひとに書く
    体臭になった傷ぐすりの匂い

    今折ったばかりの鶴が翔んでゆく
    第一ヴァイオリン弾く てっぺんの柿ひとつ

    自らを傷つけて鳴る楽器たち

    双子座も獅子座も天に咲く椿
    今 嘘を書けば昨日も嘘になる
    わたくしの中を通って咲く椿
    ありのまま流れる とてもいいきもち

      『椿抄』 八木千代 「川柳塔」同人
           88歳の作者です

                   『川柳びわこ』句集紹介より

    ∇二泊三日で「柳都全国川柳大会」に参加する。
    京都から新潟まで特急で6時間かかったが、日本海の水平線を眺めながらの作句に、そんなに長く感じなかった。
            徳永政二 『川柳びわこ』編集後記より
  • うらら  2012/08/02 20:32
    勝利者はひとり あたしかそれ以外   かづみ

     もちろん、勝利者はあたしですね。 


     寮生活(その1)
     まさに良き昭和でしたね。こういうやんちゃな生活にあこがれていました。女性では考えられない世界です。やんちゃな人は酸いも甘いもわかる大人になるとか?

     進さん・・・ アチチチ。猛暑です。首筋に保冷袋を巻いてグラウンドで月月火水木金金1時間半、汗をかいています。60歳から88歳まで40人ばかり.元気で悪態をつきながらスティックを振っています。ときおりやさしい風が吹いてきて、室内より過ごしやすいですよー♡ ご幼少の砌、やんちゃが出来なかった分、只今、老春していまーす♡♡
  • 大西俊和  2012/08/03 00:40
    勝利者はひとり あたしかそれ以外   かづみ

    まさにオリンピックの世界。金メダルはひとりの勝利者の手の中で輝く。

    「寮生活(その1)」

    私も進さんと同時期に同じような環境にいました。幼児のハシカ現象、ありましたありました。感染力、強かったですね。積極推進派と消極様子見派も同じです。両派、表現形式は異なっても基本的には同じだったように思います(笑)。
  • 海月  2012/08/03 06:29
    おはようございます
    早朝より蝉時雨です

    朱色とはきっとあなたを赦す色 田岡 弘

    美しい作品ですね。映像も想像も広がるようです
    ご活躍はあちらこちらで拝見しています。こちらでの発見うれしいです

    ROUND1

    来週は2だと思いますが続きが気になります~~
    その声の大きい方とはその後どうなったのでしょう
  • 善江  2012/08/03 08:43
    ▼ 朱色とはきっとあなたを赦す色  田岡 弘

    弘さん
    暑中お見舞い申し上げます
       香川もかなり暑そうですね

    交流会初参加のときの弘さんはイキイキとされていましたね
    私もそばでうれしかったですよ


    ▼ 柊子さん
    頼もしいけれど、ちょっと恥ずかしい仲人さんでしたね(笑)
    こういうことは、仕事とはまた違う世界なんですね・・
  •   2012/08/03 11:40
    今月の「日替わり川柳」田岡先生でしたか。


      朱色とはきっとあなたを赦す色  田岡 弘

    夢工房の吟行が転機になって、病気が快方に向かったとの事。
    たぶん、その前に治っていたのではないかと・・・。(笑)

    当日の吟行の様子が、どの様な句になったのか楽しみです。

    吟行など、私は皆さんの推敲の邪魔になる。なにせ、会話か文章でも書かないと句が生まれてこないと言う、厄介な性格で・・・。www


    柊子さん

    「お見合い」話は、イイですねぇ~。人を引き付ける・・・。(単に、覗き趣味?)

    当然、続きがあるのでしょう。来週が待ちどうしい。(笑)
  • 苑子  2012/08/03 12:30
    ROUND1

    お見合い相手より先に濃いキャラのお仲人さん登場!
    この方が連れてきたお見合い相手も何となく想像がつくんですけど・・・・
  •   2012/08/03 13:17
    こんにちは。

    海月さん、善江さん、矩さん、ありがとうございます。
    柊子さん、西宮ではお世話になりました。続きを楽しみに読ませていただきます。

    海月さん
    こちらこそよろしくお願いします。
    先月は海月さんのずぶ濡れのジェラシーの佳句いだだきました。(^_^)

    善江さん
    高知はこちらよりも暑くて大変ですね。お見舞い申し上げます。

    また、交流会ではお世話になりました。
    行ってからの、動くのや喋るのは苦にならないのですが、出掛けるのに腰が重くて・・・。
    でも、この交流会は掲示板にお知らせがあった、確か翌日には俊和さんに参加させていただくようメールをお送りしました。(^_^)

    矩さん
    お目汚しでどうも・・・。(^_^;)

    次回の交流会ではお逢いできるのを楽しみにしています。m(_ _)m
  • 寺岡祐輔  2012/08/03 14:07
    ROUND 1

    柊子さんのことだから、まともな展開になるわけはないけど、初回から波乱含み。次回を楽しみに。
  • 須川柊子  2012/08/03 22:15
    皆さん、こんばんは。
    オリンピック観戦のお忙しい中、コメントをいただきありがとうございます。
    たったいま、水泳男子400mリレーで日本が3位で予選を通過し、ホッとしたところです。

    海月さん
    はじめまして。
    コメント、ありがとうございます。
    私の書き方が悪かったですね。
    「大きい声の人」は、仲人さんです。
    既定の文字数に四苦八苦して収めるのですが、説明不足になってしまいました。すみません。
    次週は・・どうなることやら・・秘密です。

    善江さん
    今思い出しても、恥ずかしいです。
    仲人さんは、体格は普通なのですが、声と体力には自信があると言っていました。

    矩さん
    はじめまして。
    コメント、ありがとうございます。
    NHKの梅ちゃん先生も、お見合いをしていましたね。
    私の続きは、来週の金曜日までお待ちください。

    苑子さん
    お見合い相手の方は、真面目な方でしたよ。たぶん。
    その方に申し訳ないのですが、あまりよく覚えていないんです。
  • 須川柊子  2012/08/03 22:25
    弘さん
    お久しぶりです。
    西宮神社でお話しした時の事を、はっきり覚えています。
    初めての吟行で、弘さんに選んでいただき感激しました。
    来年の交流会も楽しみですね。

    祐輔さん
    きっと来週は、ビックリするほどまともな展開になると思います。(フフフ)
  • 街中 悠  2012/08/04 17:06
    蓋ばかり褒めて触ってくれません  紺
    褒めてくれるなら全部をしっかり触って欲しいものです。

    「3・2・1」
    お酒はほとんどわかりませんが、以前埼玉に住んでいた時、何回か秩父に遊びに行きましたので、秩父生まれを懐かしく思いました。「イチローズモルト」名前も素敵です。
  • 大西俊和  2012/08/05 00:15
    蓋ばかり褒めて触ってくれません  紺

    視覚だけでは真価は解りません。五感で感じて欲しいものです。

    「3・2・1」

    「イチローズモルト」、まだ飲んでいません。楽しみです。
  • 野原 萌  2012/08/05 06:31
    「7月日替わり川柳」のお礼
    7月の日替わり川柳のコーナーを担当して下さった
    寺岡祐輔さん、山下和音さん、川瀬晶子さん、妹尾凛さん、泉 紅実さん、矢島高綱さん、森下綾子さん、ありがとうございました。
    7月の末から留守にしておりまして お礼が遅くなり大変失礼を致しました。お許し下さい。
                  日替わり川柳担当 野原 萌
  • 大西俊和  2012/08/05 22:50
    レモン真っ二つ修羅場は語らない   水たまり
    レモン真っ二つから鎮まっていく心。

    「美しくて好き? (1)」
    何気なく通り過ぎる街の風景の中にある「美しいもの」たち。
  • 大西俊和  2012/08/06 23:29
    週明けるたしかな日なり双乳房 松原房子

    不安なままに過ぎていく希薄な月日。
    確かなものをしっかりと握って生きたいですね。

    「団塊の私」

    1996年川柳大学東京夏句会で初めて出会った浩葉さんは
    一生懸命に懇親会のBGM係をされていました。なんと爽やかな青年なんだろうというのがファーストインプレッションでした。その浩葉さんももう64歳になられたのですね。高齢になられたご両親に「元気を届ける」・・・心は今も爽やかな青年なんだと嬉しくなりました。
  •   2012/08/07 08:38
    おはようございます。

    満月に気圧され凧の糸が切れ  帆波

    帆波さん
    実は満月を目指しているのかも。


    絵金と呼ばれたおとこ

    善江さん
    絵金の絵の実物はまだ見たことがありませんが、強烈で魅力的ですね。
  • 野原 萌  2012/08/07 16:54
    満月に気圧され凧の糸が切れ  帆波
    う~ん。考えさせられました。頭でっかちでない方がいいと思う方なので、 「糸が切れ」にホッとします。ちなみに今月31日はブルームーン。きっと見ましょう!


    絵金さん
    一度見たいと前々から思っていましたが、機会がなくて・・。魅力ありますよね。
  •   2012/08/07 18:34
    おはようございます。
    五輪サッカーのため、夜昼が逆転してます。(笑)

    満月に気圧され凧の糸が切れ  帆波

    帆波さんは、我が家のことをよくご存じだ。
    私は、家内に「糸の切れた凧」と思われているようです。してみると、嫁は「満月?」。ウ~ン、考え込んでしまう。(笑)

    エッ!そんな意味の句ではない・・・。失礼しました。


    篤子さん

    高知より兵庫の内陸部の方が暑いようです。

    『絵金』は、有名な歌舞伎絵よりも「墨絵」の方が好きです。偽絵騒ぎで、ずいぶんの作品が処分されたと聞いています。そのほとんどが「墨絵」だったとか。残存しているのを見ても、筆使いとか墨の濃淡とか技量と画才のほどが偲ばれ、もったいと思わざるをえません。

    「鬼才」に分類されてますが、正統派だったと思いますよ。
    どこかで、纏って見れるのかな?
  • 坪井篤子  2012/08/07 21:26
    矩さん、

    そうですか。高知より暑いですか・・・。
    『絵師金蔵』の絵は数少ない墨絵に個人的には興味があります。
    ネット検索で150枚位の絵を観ることが出来ましたが墨絵はほんの少しです。実物は迫力があるでしょうね。

    善江さんの言われる「赤」確かに強烈です。
  • 善江  2012/08/08 07:15
    暑く、熱い日が続きます。
     みなさま、体調にはお気をつけくださいね。

    絵金のエッセイにコメントをいただきありがとうございます。
    赤岡町の「絵金蔵(えきんぐら)」では町内に残された屏風絵を収蔵、保存しています。
    資料室では、屏風絵とはまったく違った白描画の魅力、泥絵と呼ばれる手法、残された品々をひも解きます。

     開館:午前9時~午後5時
     休館:毎週月曜日
  • 帆波  2012/08/08 12:39
    弘さん、萌さん、矩さん、コメントありがとうございます。
    そして皆様、ご無沙汰いたしております。

    具体性を持たせると官能的になるし・・

    そんなことで悩んだ作でございます。
  • 大西俊和  2012/08/08 23:01
    ここんとこ他人行儀の下半身 南野耕平

    上半身と下半身、気がつきませんでしたが、距離感に違いがありますね。

    「豆腐」

    お父さんの豆腐好きは相当ですね。
    喜代さんを豆腐嫌いにするほど叱られたのですから。
  • 野原 萌  2012/08/09 00:19
    ここんとこ他人行儀の下半身  南野耕平
    サラリとふふふ。面白いです。

    「豆腐」
    豆腐にも切る事の出来ない思い出もあるのですね。
    ・・なんだか「三丁目の夕日」の風景。
    思春期ですね。
  • 善江  2012/08/09 08:11
    寮生活(その2)

       大部屋の楽しい脱線生活
       Y先輩・N先輩との出逢い

      今回も楽しませていただきました。
      全部、進さんの財産になっていますね。


    ★ 先輩と呼べば出てくるきびだんご  進
  • 丸山 進  2012/08/09 17:58
    善江さん
    拙文へのコメントいつもありがとうございます。
    エッセイもネタがなくなってくると品のない話に逃げてしまってすみません。
    高知の絵金のこと初めてしりました。迫力ある絵を祭りで見てみたいです。


    うららさん
    コメントありがとうございました。反応が遅れてすみません。炎天下でのグランドゴルフ、相変わらずエネルギッシュで何よりです。こちらは部屋の中でバテバテ気味です。熟年のやんちゃ大いにけっこうじゃあないですか。


    俊和さん
    コメントありがとうございました。同年代の青春、怖いもの知らずのいけいけどんどんの時代でしたね。今思えば懐かしいです。
  • うらら  2012/08/09 21:09
    炎天下涙を汗と言い張って   かづみ

    神戸では凛々しくてシャイなかづみさんにお会いできて光栄でした。ぶっちぎりでしたね。
     汗腺も涙腺の溢れも若さの象徴かも!


    寮生活(その2)

     いい先輩に恵まれてよかったですね。そうでない先輩も?
    みーんなちがってみーんなに教えられますね!
  • 善江  2012/08/10 07:44
    ▼ 春連れてそこに立つのは山桜  田岡 弘

    弘さん、山桜の風情というのもいいものですね

    オリンピックのなでしこのガンバリ、レスリング女子の吉田沙保里の高速タックル!素晴らしいですね
    高知ではよさこい祭りがギンギラギン・・(笑)


    ▼ ROUND2

    ダイビングしたミルフィーユ(笑)

    こんなにご自分の体験を語れるってすごいです
  • 苑子  2012/08/10 08:44
    ROUND2
    電力ビルの次は仙台ホテルですか
    記憶って人物よりその時の場所とか流行っていた音楽の方が鮮明ですよね
    次は何処なんだろう?
  • 寺岡祐輔  2012/08/10 13:34
    ROUND 2
    帝国ホテルにもでかい、うまい、高いの三拍子そろったミルフィーユがあるそうです。ぜひ一度ご一緒に。着地も上手だそうです。
  •   2012/08/10 17:17
    善江さん
    コメントをありがとうございます。
    この山桜の横には説明の立て札があったと思うのですが、よく覚えていないのです。歳のせいですね。
    また、吉田選手素晴らしいですね。それにしてもロンドンでは、女性陣の活躍が素晴らしいです。
    そして、よさこい。今日テレビで帯屋町の光景を見ました。活気に溢れていますね。(^_^)


    柊子さん
    吟行でお話して、雰囲気からキャリアウーマンだったのでは、ということは感じました。
    それだけに?結婚はお見合いだとは思いもしませんでしたが、間違いでしょうか。(^_^;)
  • 街中 悠  2012/08/10 19:10
    春連れてそこに立つのは山桜  田岡 弘
    山桜の気持ちの良い立ち姿が目に浮かびます。「春連れて」がとても新鮮です。「立つ」はやはり「山桜」だと思います。

    ROUND 2
    人柄の良い仲人さんなのでしょうが、お見合いの席でミルフィーユは困りました。私も女性3人でケーキを食べた時、私だけがミルフィーユで苦戦しました。あとの2人はミルフィーユは食べ方が難しいので我慢したそうです。神戸でも一緒に食べましょうね。
  •   2012/08/10 19:40
    悠さん、こんばんは。
    コメントをありがとうございます。
    吟行では大変お世話になり、ありがとうございました。

    前のコメントにも書きましたが、句はエクセルに保存しているのに、現場の記憶の大半は私の脳から消えています。もちろん、歳のせいですが・・・。確か山桜でその説明が書いてあったと思うのです。(^_^;)
  • 須川柊子  2012/08/10 21:55
    暑さとオリンピックの応援でバテバテのみなさん、こんばんは。
    コメント、ありがとうございます。

    善江さん
    朝一番のコメント、とてもうれしいです。
    人に語れるような、大きな事は何もしていませんが、
    人に言えないような、小さなミスは一杯しています。
    川柳を初めて呪縛が解けたようで、堂々と言えるようになりました。

    苑子さん
    確かに、音楽や食べ物のほうがハッキリ覚えています。
    お弁当の「ピーナッツみそ」に凝った時代がありましたね。
    覚えていますか?

    祐輔さん
    帝国ホテルのミルフィーユ、是非ご一緒に。
    きっと、ひねりや回転が入った着地ができると思います。
  • 須川柊子  2012/08/10 22:05
    弘さん
    残念ながら、キャリアウーマンではありませんでした。
    ただ、仕事は好きでしたので頑張っていました。
    お見合い結婚?恋愛結婚?結果は、31日までお待ちください。

    悠さん
    きっと、神戸のミルフィーユは仙台ホテルの比じゃないと思います。
    必ず行きましょう。ただし、人目の付かないところで食べましょうね。
  • 田村ひろ子  2012/08/11 00:17
    訃報
    桐子さんのブログに松田俊彦さんの訃報がありました。
    俊彦さんは夢工房の6月のエッセイを担当されていらっしゃいました。
    突然の訃報に驚いております。
    ご冥福をお祈りいたします。
  • ゆうゆう夢工房  2012/08/11 04:59
    悲しいお知らせです。
    松田俊彦さんが昨日急逝されました。
    通夜、告別式は下記のように執り行われます。
    とりあえずお知らせ致します。

    通夜  11日(土)  午後6時から
    告別式 12日(日)  午前11時から12時 (仏式)
               喪主  松田英世(奥様)
    場所  セレミューズ秋篠(奈良市)
        〒631-0811奈良市秋篠町1180-43
        TEL0742-47-4444
  • ゆうゆう夢工房  2012/08/11 07:59
    松田俊彦さんの通夜・告別式追加お知らせ

    ※送迎バス 2箇所から出ます

    1) 御自宅前 

    2) 近鉄大和西大寺駅南出口階段下東側

      バスの時刻は11日(土)午後5時30分発

           12日(日)午前10時30分発

    ※タクシーか路線バスの場合は北口より押熊行きをご利用いただき「奈良工業高校前」でご降車ください。徒歩5分。
    ※お香典、個人のお供はご辞退申されています。
  • 坪井篤子  2012/08/11 08:21
    松田俊彦さんの急なご訃報にただ驚いております。

    夢工房では最初から参加していただき、撰者、日替わり川柳、おはようエッセイを時折々にお願いして参りました。

    「篤子さんに言われれば断れないなぁ」とはにかみながらお引き受け下さり、6月のエッセイが最後となりました。
    俊彦さん、ありがとうございました。

    お礼を申し上げるとともにご冥福をお祈りいたします。

                           合掌
  • 野原 萌  2012/08/11 08:55
    俊彦さま
    あのお優しいものいい。暖かい目の色・・。
    「断れん雰囲気はあるよな。一度もゆっくり話したこともないのに・・」つて。いつも夢工房を大切にして頂きました。
    心から、ご冥福をお祈りいたします。
    ありがとうございました。
                      合掌
  • 善江  2012/08/11 09:00
    松田俊彦さんの突然の悲報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈り申し上げます

    高知まで木馬大会にはご参加いただきました
    僕に足りないものを見つけに参加したけれど、それが見つかりました、と掲示板に書き込みしてくださいました
    いつか「それ」をお聞きしたいと思っていました・・
    残念です
    すばらしい川柳と心あたたまるエッセイをありがとうございました
  • 大西俊和  2012/08/11 23:08
    背伸びしてあなたの分の星を見る   紺
    屋根の上の猫の背伸びを連想しました。

    「鬼平犯科帳」
    いろいろのことがありますね。
    今の世に鬼平がいたら、超多忙になることでしょう。
  • 野原 萌  2012/08/12 15:49
    誰ひとり殺さぬ顔で夜が明ける  水たまり
    しらじらと美しく夜が明ける。
    みんな幸せを感じれるはずの月の白さ、空気の藍さなのに・・。
    世界のどこかで絶えない殺し合い。
    せめて八月、反戦を心に掲げていたい。
     

    「美しくて好き?(2)」
    自然の造形美。
    中州のユートピア。
    廣子さんのピュァな心に映る優しい風景ですね。
    昨日墓参で帰省した故郷は、先の佐用町千種川 大水害の下流にあるため、
    なじみ深い中州は消えていました。
    思わず目を伏せてしまいました。
  • 海月  2012/08/13 06:06
    おはようございます
    今日からお盆ですね
    曇り空です。蝉時雨がまだ聞こえてきません

    長い坂あの日あの時あの別れ 松原房子さん

    今年も知人が六十代七十代でなくなりました。50代でなくなった女性の知人も何人かいます。もちろん人事ではありません
    大好きな人との別れは心にぽっかり穴があきますが、自分もそう遠くないうち大好きな人たちとの別れが来るのだろうな。。といつも漠然と思っています

    片山浩葉さんのエッセイ

    タップですか!?すごいですね。夢の実現ですね。
    タップはものすごい運動量と音感だと思います
    年を重ねてわたしもやってみたい運動があります。ボーリングです。これなら昔取った杵柄でなんとかやれそう。
    でも自営で零細なのでまだなかなか自分の時間が作れないのが少々悩みです
  • 野原 萌  2012/08/13 22:57
    長い坂あの日あの時あの別れ  松原房子
    「長い坂」に しみじみと人生を思います。
    逢えたことを寿ぐ事ことのできるお別れだったのでしょう。

    「それでもタップ」
    ジーン・ケリーの楽しいミュージカル「雨に唄えば」の名場面は沢山の人の心を魅了したでしょうが、
    浩葉さん、素晴らしいチャレンジャーですね。「その一部でもステップを踏みたい」なんて。発想も凄いけど そのご努力に脱帽致しました。強靱的回復力は絶対タップのレッスンのたまものだと思います。
    (腰痛の手術をなさると聞き、とても心配でしたが、これからは心配致しません。笑)
  • 一雄  2012/08/14 21:33
    納税の拒否を禁煙から始め  帆波

    もう十年ぐらい前になるでしょうか禁煙しました。納税の拒否を謳いたかったのですが、単なる節約でした(笑)。


    へんぴな「かっぱ館」

    面白い施設が誕生しましたね。趣味、思想、信念などなど、いろいろな思いが見えてくるようです。でも私が興味があったのは美少女フィギュア。もう少し若かったら集めていたのですが・・・(またしても顰蹙を買う発言、笑)。
  • 片山浩葉  2012/08/14 22:53
    コモントをありがとうございます。
    俊和さん、出会ったときから俊和さんの優しさを忘れていません。BGMの場所から離れられない私に飲み物や,食べ物を運んで頂いたこと今でも感謝を忘れていませんよ。海月さん、私も零細の自営いつか昔とった杵柄同士ボーリングをやりましょう。
    萌さん、ご心配をお掛け致しました。少々じゃへこたれません。 ありがとうございます。
     松田俊彦様の突然の訃報に唖然としています。
    福耳コーヨーで取材させて頂いたときも明るく福岡の紅乙女のお湯割りが一番好き、と言われていた。ご本人も野球をやっていたそうで大のトラ狂。朝は一時間から一時間半歩いていて、そのときに川柳を作っているとおっしゃっていた。お元気だとばかり思っていた。心からご冥福をお祈り申し上げます。
  • 善江  2012/08/15 07:13
    一雄さん
    コメントありがとうございました
    お盆は忙しいこともありますが、不思議な感覚で過ごしています もう自分も彼岸にいるような・・この光景を彼岸から見ているような・・

    高知は雨の朝ですが、今年も終戦記念日を迎えました
    67年前、日本国が決断した戦争終結の上に、今の私たちは生きています
  • 野原 萌  2012/08/15 10:14
    平熱の君が微熱の僕を抱く  南野耕平
    冷静な誰かに抱かれている安堵。それだからこそ、愛されるより愛する側に居られるのかもしれません。

    「出会い」
    人は時を得て、出逢うべきのもに出逢うのだと思います。先日、エッシャー展に行き、「出会い」のポストカードを沢山買って来ました。
  • ゆうゆう夢工房  2012/08/15 13:59
    「あざみ」「新(しん)の会」「子(ね)の会」「水脈(みお)」「実(み)の会」
    合同川柳句会のお知らせ

    と き:平成24年9月30日(日)
    受  付   11時   投句締切  12時半
    披講開始 午後2時
    ところ:兵庫県私学会館  3階 302・303号室
    (JR元町駅東口/阪神電鉄元町駅東口から徒歩3分)
    参加費:1000円 (句会報送付・特選句には賞品進呈)
    ※ 事前申し込み不要
    兼 題     選 者
    1. がんこ   黒川 利一 
    2. 昇る    小林 康浩
    3. 極める   島村美津子 
    4. ドライ   坪井 篤子
    5. あっ    中野 文擴
    6. 気配    芳賀 博子
    7. 無     八上 桐子
    8. すすき   夕  凪子

    兼題8題・各題2句投句 
    席題なし・欠席投句拝辞

    ※句会後ささやかな懇親会を予定しています。当日、参加希望をお聞きします。
    ●お問い合わせ●秀川純(実の会)
    主催:川柳グループ「あざみ(名古屋ゼミ)」「新の会」「子の会」
    「水脈(豊中ゼミ)」「実の会」
  • 大西俊和  2012/08/15 23:50
    平熱の君が微熱の僕を抱く  南野耕平
    それぞれが感じるかすかな温度差。それぞれにある淋しさ。

    「出会い」
    えんどうの花に見られて子連れかな  浄子
    俳句のようでもあり、川柳のようでもありますね。
    「見られて」が川柳を感じさせますね。
    美しい出会いに乾杯!
  • 善江  2012/08/16 07:39
    ▼平和とや 平成二十四年 夏   かづみ

    終戦から67年の年月が流れた
    膨大な犠牲者と無数の悲劇のうえに
    今の日常の平和がある

    ▼ 寮生活(その3)

    そうでしたか・・入院されたのですね
    でも、なんだか、のどかさを感じます
    よき時代でした
    「人生の穴場だか墓場に落ちて」のくだりには
    うふっふっふと笑っています
  • 野原 萌  2012/08/17 00:22
    平和とや 平成二十四年 夏    かづみ
    八月、八月、いのり

    「寮生活(その3)」
    骨折は大変だったでしょうけど、いいタイミングで いい時間を神様に戴いたんですね。
  • 海月  2012/08/17 06:42
    亀落ちて空の青さを確と聴く 田岡 弘

    落ちていくときは上を向いて落ちていくのでしょうか
    下を向いて落ちていく姿はあまり見たことがありません
    速い速度なのにゆっくり落ちていくような感じ。空の青さが目にしみるでしょうね。どこまで落ちていくのだろう。奈落の底。。。?

    ROUND3 須川柊子

    毎回楽しく読ませていただいています。エッセイお上手ですね♪
    今回のお見合いの方はいわゆるマザコン?母との絆がおそらく一生切れない仲なのかもしれませんね
    実は私も結構お見合いをしたほうです
    やはり一番初めのお見合いで地を出しすぎて断られたので学習しそれからのお見合いはたいてい相手の方から所望されました(笑)夫には一目ぼれでしたので猛烈にアタック!
    はじめその気がなかった夫も可哀想になって折れてくれたそうです(ラッキー♪)
    問題は山積みの嫁でしたが何とかかんとか今年で真珠婚を迎えます
  • 善江  2012/08/17 07:43
    残暑厳しい日本列島・・みなさま、お気をつけて

    ▼ 亀落ちて空の青さを確と聴く   田岡 弘

    亀は人のようでもありますね
    空の青さがしみる・・
    ああ、こういうの、以前にもあった、
    と思うのは何だか
    手馴れた温みに漬かっているようで心地よい
    人生そのものが、ようく使いこんで身に合ってきた
    という風情


    ▼柊子さん、だんだんおもしろくなってきましたね(笑)
    出逢いというのも難しくロマンあふれるものですね
  • 苑子  2012/08/17 08:39
    ROUND3

    ダメダメ!マザコン男は最悪
    箸でバッサリ斬ってやれ!

    ―後部座席に一人取り残された生協の駐車場―
    コメディ映画のワンシーンみたい
  •   2012/08/17 11:17
    弘 先生

     亀落ちて空の青さを確と聴く   田岡 弘

    川柳というより「俳句」?
    こういう句は、楽しい句です。「なんでも掲示板」のほうで昼まで遊んでみようゥ~っと。(笑)


    柊子さん、

    大丈夫ですか?あと二回で「結婚」までたどり着ける・・・。

    マサッカ~、いまだ独身なんてことは・・・、ないかァ~。(笑)

    先週は、パソコンが「グレ」てェ~。失礼しました。
  • 北原おさむ  2012/08/17 17:51
    ◆ ROUND3 須川柊子
    面白い(と云っては失礼かな)話ですねぇ。丁度旅行中のため、ROUND1~2を読んでいなかったので遡って読み返しました。サスペンス映画を見ているような話の展開は人を引き付ける魅力があります。次週が楽しみです。
  •   2012/08/17 18:36
    こんばんは。

    海月さん
    奈落の底なんてことはないでしょう。(^_^)天上の神・仏を聴いているのかも。

    それに、海月さん、クラゲなんて、とんでもありませんね。
    ふにゃふにゃどころか、しっかりした芯が一本通っていますよ。(^_^)

    善江さん
    青空はどんな時でも気分がいいですね。
    桂浜の龍馬の眼にも、海と空があるようです。(^_^)

    矩さん
    料理とレシピ、なんでも掲示板、クラブとお忙しいですね。(^_^)

    柊子さん
    御縁が無くて良かったですね。そう思います。d(゜-゜)キッパリ!
  • 善江  2012/08/18 07:31
    ▼ 生えてきてまた約束をする小指  紺

    「生えてきて」がいいですね
    日常次元のことばが
    ある魔法によって
    とたんに色かわり
    するどく、いきいきしたものに
    よみがえる


    ▼ 宇宙の英雄

    「宇宙の英雄ペリー・ローダンシリーズ」
    なんとも壮大な世界最長の小説シリーズです
    日本版で読むのには、また時間が必要なのですね
    残暑の中、もう、気を失いそうになりかけました(笑)
  • 野原 萌  2012/08/18 08:43
    亀落ちて空の青さを確と聴く  田岡 弘
    亀は弘さんでしょうか。心の中の静かさを感じます。

    「ROUND 3 」
    人の出会いの面白さ。行き過ぎていく事にも何か意味があるのですね。そんな事を考えさせられました。絶好調の柊子さんの筆走り、楽しいです。次回が楽しみです。
  • 野原 萌  2012/08/18 08:57
    生えてきてまた約束をする小指  紺
    性懲りもなくまた生えてきて約束すんのんン・・?
    と言いつつ、いやいや、感謝の眼差しと、指のぬくもりまで感じてしまう。

    「宇宙の英雄」
    そんな時代を越えたロングシリーズがあるのですか?良樹さんならではのエッセー、いつも世界を広げられています。それにしても長生きしなくちゃなりませんね!
  • 須川柊子  2012/08/18 10:16
    おはようございます。
    海月さん、善江さん、苑子さん、矩さん、おさむさん、弘さん、萌さん
    コメント、ありがとうございます。

    テレビに「冬彦さん」が登場する前の話でしたので、マザコンという言葉を知らなかった純情なワタクシでした。
    お母様のおっしゃったように、箸の持ち方は未だに下手くそです。
    あと2週、皆さんのご期待に沿えるよう青息吐息で頑張りまっす。
  • 善江  2012/08/19 08:10
    ▼ 刻んで刻んでオクラの天の川  水たまり

    夏野菜は一度実がつきはじめると、毎日収穫できますね
    オクラの花はクリーム色で実はとがった方を上ににょきにょき生えてきます
    レディスフィンガーとも呼ばれるようです
    朱赤色の花のオクラもあって実も朱赤色らしいですが、
    まだ見たことはありません
    輪切りにすると☆ですね


    ▼ 廣子さん
    ひもじい思いを経験された夏から
    飽食の日本へと移り変わる夏を
    どんなにか感慨深く見守ってこられたことでしょう
  • 善江  2012/08/19 09:07
    残暑疲れのなか、ふと 室生犀星の「年輪」という詩をおぼろに思いだしました


    人は木を植ゑ
    それに年号は入れない
    植ゑた人は死に果てて
    木は成長したままのこる。
    遠く距(へだた)つた世で誰かが
    跼(せぐく)んで或る日にはその年輪をかぞへ
    古い世を考へようとするのだ。
    それまで人はどれくらゐ死に変り
    また生まれてゐるかも分からない
    かれらはその年輪をかぞへ
    やつと先祖の手に触れようとするのだ。
    木を植ゑた日
    木を植ゑた心
    その心をつたへようとした
    愛らしい伝統を知らうとするのである。
    そこに永遠のおろかさはない。
    永い物語をつくすのに倦むことを知らない。
  • 海月  2012/08/19 12:30
    室生犀星の詩素晴らしいですね
    読みたくなりました
    暗誦されていらっしゃる善江さんもすごいです

    暗誦力や暗記力と言うのはやはり若いころに鍛えないとだめなものでしょうか
    主人はよく本を読む人で暗誦できる名文もかなりあるようです
    次男はあまり成績がふるいませんでしたので力を貸して欲しいと頼んだら国語力が強いと助かるからと何度も暗誦をさせていました(次男が15歳のとき)短文ですが文語体の文章も多く朝10分ほどの訓練でしたが次男はすべて暗誦し、おまけにそれを一句一語間違えないように書くことができるようになりました。
    私には一行だってできない芸当です
    本当に恐れ入りました
    私は2年前から般若心経を一日4回仏前であげているのにもかかわらずまったく記憶できません
    やはりこれは単に私が馬鹿と言うだけのことなのでしょうね(ため息)
  • 善江  2012/08/19 14:55
    海月さん

    恐れ入ります
    私のことですから
    全部暗記していたわけではありませんので・・
    悪しからず・・(^_^;)
  • 善江  2012/08/20 07:40
    ▼ 鼻に汗がんばらなくていいんだよ  松原 房子

    完全主義というのは、ことに女の心を狭量に・・
    中途半端までしか追いつかないものが多いのでは・・(^_^;)

    ▼ 出会い

    日本一の脇取りという発想もありなのですね
  • うらら  2012/08/20 16:03
    出会い
     浩葉さん、突然ですが、奥様の和代さんはますますチャーミングでしょうか?東京の川柳大学全国大会のあと、同じテーブル仲間でカラオケに行き、和代さんの素晴らしいソプラノにナックアウトされました。
     
     浩葉さんのチョーラッキーな出会いは和代さんから始まったのですね。それにしても、私も浩葉さんと同じく、懇親会や宴会になると俄然元気が出るのですが、カンツォーネをイタリア語で朗々と歌われるところは似ても似つきません。

     やはり和代さんの感化と素直で誠実で向学心のある浩葉さんのキャラでしょう!ゴリラやオットセイの声色うらやましいです。私はゴリラのものまねはできるのですが・・・。

     もう日本一の関取り・・?いやいや脇取りだと思います。何回か見せていただきました。明るくて物腰柔らかく、はっきりした名脇取り振りぶりでした!  カンツォーネマスター後の浩葉さんの名脇取に「出会い」たいです!!
  •   2012/08/20 21:26
    萌さん、こんばんは。

    ちょっと3日間ほど出掛けていましてお礼が遅くなりすみませんでした。
    いつも私の句へのコメントをありがとうございます。

    この亀が私かどうかは萌さんの読みにお任せするとして、この亀の光景は、あの日の実景でもあります。(^_^)
  • 野原 萌  2012/08/21 00:31
    弘さん、こんばんは。
    亀はゆったりと確かな何かを掴んで「しずか」へ落ちたんだと思いましたが そうでしたか、亀がいたのですか?あの日私は何も見えませんでした。聞こえませんでした。兎に角嬉しくて浮き浮きふわふわ。名誉の全ボツ(?)でした。また集いましょう。


    鼻に汗がんばらなくていいんだよ  松原 房子
    そうか。そうだね。ついつい頑張れ!って旗を振ってきたナ。ゴメン。

    「出会い」
    来春に日本一の脇取りさんにお目にかかれるのを楽しみにしています。
    余談ですが、五十嵐さんのお母様が我が家の向かいのマンションにお住まいでしたので、時々バス亭で御見かけ致しましたよ。姿勢の良い礼儀正しい方でした。
  •   2012/08/21 08:34
    おはようございます。

    *井の中に東シナ海日本海  帆波

    いっそ、「丼に東シナ海日本海」と、呑み込みたいですね。(^_^)

    *女郎ぐもの熱戦

    善江さん、私が子供の頃高知県に居た時も、女郎蜘蛛を飼って闘わせていました。
    書かれているような、きちんとしたルールまではありませんでしたが・・・。
    また、よくメジロをとりもち?で、捕まえに行きました。
    懐かしいです。(^_^)

    萌さん
    全ボツ?とは・・・。きっと私を含め、選者が悪いのでしょう。m(_ _)m
  • 街中 悠  2012/08/21 11:48
    井の中に東シナ海日本海   帆波
    井の中では窮屈と嘆く海の音がします。

    「女郎ぐもの熱戦」
    楽しそうな大会ですね。判定のつかないときはじゃんけんで決めるのも和やかです。みんなの声援の中、女郎ぐもの必死が目に浮かびます。オリンピックを思い出しました。
  • 片山 浩葉  2012/08/21 23:55
    善江さん、うららさん、萌さんコメントありがとうございます。女郎ぐもの相撲大会、おもしろそうですね。大会前に山から取ってくるんですか?それとも自宅で飼っているんですか?子供の頃を想い出しました。
    うららさん、久しぶりです。和代が横から「口だけは元気よ」と言っています。同郷ですもんね。
    萌さん、世の中狭いなあと思います。脇取りのお役が回ってくれば頑張ります。ただ方言は直りませんが・・・
  • 善江  2012/08/22 08:09
    コメントをいただきありがとうございます

    高知城の天守閣に七色のアーチ・・

       雨上がりの空に虹があらわれました

        みなさんにお見せしたかった・・
  • ゆうゆう夢工房  2012/08/22 15:07
    残暑厳しい8月も終りに近づいています。猛暑も、もう少しの辛抱でしょう。

    8月WEB句会の締切は24日(金)です。まだ3日ございます。ご投句よろしくお願いいたします。

    また25日から30日が選とコメント期間となります。こちらもよろしくお願いいたします。