現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

オープン掲示板 過去ログ

どなたでも書き込んでいただける掲示板です。現代川柳の話題、イベント情報など、ご自由に利用してください。雑談もOKです。インターネットに一般公開されている掲示板ですので、個人情報の取り扱いにはお気をつけ下さい。

  • 畑中玉菜  2012/12/26 18:10
    パソコンの扱いに慣れておらず、誤って送られてしまいました。再度送信します。コメントを下さった方々、読んで下さった皆様、本当にありがとうごさいました。本来ならお一人お一人にお礼申し上げるべきところ遅れまして申し訳ございません。夢工房の皆様の川柳にいつも刺激を受け時にその凄さにしばらく立ち直れないこともありますが、不思議なものでまた川柳に吸い寄せられ今に至っています。まだまだ元気未熟な私に今回このような機会を下さいました、野原萌さんをはじめ夢工房の皆様、ありがとうございました。心より感謝申し上げます。
  • 善江  2012/12/27 07:48
    玉菜さん

       ようこそ、夢工房掲示板へ

    日替わりお疲れさまでした
    これからもよろしくお願いします
  • 善江  2012/12/27 07:57
    今年もあとわずかとなりました
     がんばって新年にたどりつきたいです

    ▼ きっぱりと断る前の深呼吸    富田 房成

    そうそう、深呼吸(笑)
    そして
    とりあえず帰ろ
    とりあえずお昼にしよ
    とりあえず寝よ
    一夜あければ、また活路がひらけそうな気がする・・

    ▼ 「がらくた」が好きでスキで・・

    好きなものがある
    美しいと思うものがある
    ということは
    何と人間にとって快いぜいたくだろう
    ええ一さんは
    ほんとうのぜいたくを
    味わっておられるように思います
  • 政二  2012/12/27 11:25
    房成さん
    「深呼吸」にいろいろな思いが伝わります。
     僕も今は断ってよかったと思っています。

    ええ一さん
     好きなものをあつめる楽しみは
     想像する楽しみですね。
     そのときの自分を、そのものに関わる人間を、
     こころをですね。
     川柳に近いものがあるような気がします。
  • 街中 悠  2012/12/27 13:24
    きっぱりと断る前の深呼吸  富田 房成
    断るには決断と断ったことで生じるリスクにめげない強い気持ちが必要です。自分に優しく在るために強さが要りますね。

    「がらくた」が好きでスキで・・・。
    夜中にルーペで櫛を眺めているお姿を想像しました。多分少年のお顔でしょう。時代を越えていく物には魅力的な力が宿っているのでしょうね。
  • ええ一  2012/12/27 20:34
    善江さん、政二さん、悠さん、矩さん、
    コメント有難うございます。
    引っ越した家も、ゴミ屋敷とまではいきませんが 予備軍の感があります。
  • 善江  2012/12/28 07:39
    雨の朝となりました
     松井秀喜が「プロ野球人生に区切りをつけたい」
     とニューヨークで引退表明した
     日本で十年、メジャーで十年活躍した
     星陵高校時代の恩師は「あの子らしい選択、努力の天才」
     と語っている・・ 
       ゴジラ、お疲れさまでした

    ▼ 鼻の穴予備の一つまで故障   安藤 なみ

    道路工事が多くなってきたら年末だ
    予算が余ると来年度に行う予定の工事を前倒しで年度内に行う?のかなど考えますが、恒例行事のようで・・
    「鼻の穴」がユニークですね

    ▼ 川柳の途中 2

    悠さん、私も2月にふたりの父を亡くしましたので
    お気持ちよくわかります・・
    遺影の父と対面するたびに
    本気で叱ってくれた言葉が沁みます
    川柳があってよかったですね
  • 三好 光明  2012/12/28 09:26
    鼻の穴予備の一つまで故障   なみ

     先般のトンネル事故のように、日本中、見えないところの劣化が進んでいるようです、お互いに気をつけましょう。

    川柳の途中 2       街中 悠

     「川柳を通して繋がっている~」私も本当にありがたいと思っています、自分の世界が広がっていくようにかんじています。
  •   2012/12/28 18:07
    ▼ 鼻の穴予備の一つまで故障   安藤 なみ

    予備まで故障とはつらいことですね。
    上を向いてコショウをふったらどうかなあ。


    ▼ 川柳の途中 2

    悠さん、川柳がなにかと力になっているんですね。
    私もいろいろ手を出しては捨ててきましたが、なぜか川柳は
    残っています。繋ぎとめる力があるように思います。
    よいお年を。
  • 街中 悠  2012/12/28 19:41
    鼻の穴予備の一つまで故障   安藤 なみ
    なみさん、面白い句ですね。風邪を引くと余計に実感します。
    またお会いしましょう。

    善江さん、私も何かの折に急に思い出すことがあります。川柳があってよかったです。

    光明さん、私も川柳を通していろんな方と繋がることができ、広がりを感じています。

    進さん、川柳を共感すると、その方を近くに感じたりします。川柳は本当に力を持っていますね。
    皆様ありがとうございました。

    皆さま、どうぞよい年をお迎えください。
  • 門前喜康  2012/12/28 20:25
    今月エッセイを掲載させていただいて、ありがとうございました。また、コメントを寄せていただきありがとうございました。
    来年もよろしくお願いいたします。

    門前喜康拝3
  • 蓮子  2012/12/29 05:21
    川柳の途中

    悠さま、私も川柳に助けられているひとりです。
    本当に、川柳に出会えてよかったと思います。
  • 蓮子  2012/12/29 05:25
    川柳の途中

    悠さま、私も川柳に助けられているひとりです。
    本当に、川柳に出会えてよかった思います。
    川柳の仲間に 乾杯!
    みなさま、良いお年をお迎えください。
  • 善江  2012/12/29 08:59
    ▼ ややこしい紙切れみんな折鶴に    芳賀 博子

    「ややこしい」が妙味ですね
    世間を知る、ということは、人間の言葉の裏を
    ひっくり返してみる、ということかも・・

    ▼ お終いの始まり

    45億年後は想像を絶する世界であります
    ま、陽気にならないと、核廃絶も戦争反対も叫べない・・
    陽気の発光体でありたいのだけれど・・
  • 大西俊和  2012/12/29 10:04
    ▼ ややこしい紙切れみんな折鶴に    芳賀 博子

    私の場合、折鶴で部屋がいっぱいになりそうです(笑)。

    ▼ お終いの始まり

    45億年後、人間にとっては想像できないような時間ですが、宇宙的に考えると一瞬かも知れませんね。
  • 街中 悠  2012/12/29 17:57
    ややこしい紙切れみんな折鶴に    芳賀 博子
    折鶴になるとややこしさも多少和らぐかもしれませんね。

    「お終いの始まり」
    45億年後はとても想像出来ませんが、今日を精一杯生きて今日を終えてまた明日へとつなげていければいいなと思います。

    蓮子さん、コメントありがとうございます。
    いつかお目にかかれる日を楽しみにしています。
  • ゆうゆう夢工房  2012/12/29 22:10
    今年も残り少なくなってまいりました。夢工房句会の選とコメントの締切は30日(日曜)24時です。年越しの用事でいろいろとお忙しいと思いますが、よろしくお願い致します。31日0時に結果発表となります。
  • 芳賀博子  2012/12/29 23:35
    今月拙句にコメントいただいたみなさま、ありがとうございます。
    ところで師走の選挙、その後のドタバタもあってか、周囲でちょっと時事川柳が話題となり、以前章友さんがユーザー掲示板に書いていらした「プラカード川柳」なる言葉を思い返しました。
    そんなこんなの今年も残り僅か。ややこしい紙切れやらなんやらを前に、腕まくりしたまま、ちょっと開き直りモードになってきました。
  • 善江  2012/12/30 08:51
    ▼ ストレッチ 僕の巳年の日記帳   江田 愛二郎

    新年は、「よいことばかりあるように日記帳」を作り
    楽しかったことを書きとめておこう・・

    ▼ 年越しそばの食べ方

    「Sex and the city」はブランド満載の映画でしたが
    日本のブランドはハローキティーとカップヌードルだけ?
    でも一人きりの夜に寂しさとわびしさを増してくれる夜の友
    カップヌードルという世界共通のイメージ(?)を押し出していましたね
    おしゃれで楽しいエッセイの数々、ありがとうございました
  • 野原 萌  2012/12/30 12:11
    ストレッチ僕の巳年の日記帳  江田 愛ニ郎
    巳年へのスタンバイよろしく 愛ニ朗さんの新年のスタートラインはピッカピッカですね。良い年になりそうです!

    ・・私は昨日17名の親戚が集い今年の来客終了。ちょっと龍のしっぽを残しながらあたふたと巳年へ流れそうです。

    「年越しそばの食べ方」
    殿様が村の近くをお通りのなるという。たった一夜にしてみすぼらしい村を雪がすっぽり包んでくれた。・・という民話を思い出しました。
    心のささやかなわだかまりも真っ白の雪が包んで、何処かへ流してくれたのかもしれません。
    お母様のお蕎麦、事のほかだったことでしょうね。
  • 街中 悠  2012/12/30 14:22
    ストレッチ 僕の巳年の日記帳  江田愛二郎
    日々のマラソンの為に入念なストレッチをする。日記帳にはどんなメニューが書き込まれていくのでしょう。

    「年越し蕎麦の食べ方」
    私も些細なことで母と喧嘩しました。でもすぐ仲直りします。お母さまはとびきりの蕎麦を用意して待っていらしたのですね。
  • 房成  2012/12/30 17:55
    街中 悠 さん
    コメントありがとうございます。断ることは結果的に自分に優しくあるためだと、今になって気付かされました。ただの我儘か、頑固だと思っていました。
  • 房成  2012/12/30 18:05
    徳永 政ニさん
    朝から餅つきでした。
    「僕も今は断ってよかった」の言葉にずいぶん救われます。
    どちらが良かったかは、結局自分で納得できるかどうかだと思っているのですが・・。
  • 坪井篤子  2012/12/30 19:03
    1月とことん句会のご投句を受け付けております。
    詳しくは「とことん会掲示板」をご覧くださいませ。
  • 蓮子  2012/12/31 04:55
    ストレッチ・・・
    愛二郎さま、私もストレッチしながら足跡をつけていきます。
    蕎麦の・・・
    あきこさま、すてきなエッセイありがとうございます。
    ほっこり!しました。
    晩ごはん・・・
    美智子さま、すてきな句ですね。
    ほんと、変わらないってしあわせ!
    川柳は・・・
    俊和さま、すてきなエッセイをありがとうございます。
    川柳に、感謝!です。

    みなさま、良いお年を!
  • 善江  2012/12/31 06:24
    ▼ 晩ごはんなあにと神の声がする   平井 美智子

    除夜の鐘が鳴り始めるころには、みんなの心が静かに重なり合う・・暦の魔法・・
    「一年間お疲れさまでした
      お互い頑張りましたね
        ありがとうございました
              よいお年を」
    そして、新しい年が始まると現実まみれになってゆく

    ▼ 川柳は自慰である

    「変幻自在な流体として揺れている川柳」
    新年も夢工房で交流をあたためながら
    各自の川柳観を深め、豊かなものにしてゆければいいですね
    夢工房は基地のよう・な・ものだと思ったりします

      みなさまよいお年を 
               ありがとうございました
  • 善江  2012/12/31 06:37
    『川柳びわこ』2013・1

    ▽ぼんやりしていると浮かんでくるもの。
     いつまでも消えないもの。
     そんな中に自分はいるのかもしれない。
     また、川柳のおかげはなんだろうと思うとき
     それは自由に表現できるうれしさであり
     自分のいたらなさを気づかせてくれることだろう。
     新しい一年がはじまる。
          
       -編集後記ー(徳永政二)より
  •   2012/12/31 10:19
    おはようございます。

    *晩ごはんなあにと神の声がする  平井 美智子

    美智子さん、神の声をしっかりと聴きとめてあげてくださいね。


    俊和さん
    そうですね。川柳はおっしゃるようなものだと思います。
    私も川柳(時事川柳がスタートです)と俳句をしますが、自分の中では、川柳と俳句の区別はついているつもりです。
    その区別の最大の要因は、「季語が語っているかどうか」のような気がします。

    では、皆様、良いお年をお迎えください。m(_ _)m
  • 政二  2012/12/31 10:54
    美智子さん
    「なあに」から
     神さまを近くに感じます。

    俊和さん
    僕の書いているものは、
    ときどき俳句でも川柳でもないかなと思ったりします。
    それは、これは俳句、これは川柳と強く意識して
    来なかったせいかもしれません。
    と言っても、俳句で書かれた世界、川柳で書かれた世界の
    いいものには惹かれてきました。
    ときには絵の世界の変遷などを思ったりします。
    そして、これでいいんだと納得したりもしています。
    時代の大きな力を感じながらですが、
    とにかく自分の納得からの表現でありたいと思っている
    そんな現在です。
  • 大西俊和  2012/12/31 18:19
    ▼ 晩ごはんなあにと神の声がする   平井 美智子

    ありふれたことが幸せと私たちは過ぎ去ってから気がつくのですね。

    ▼ 川柳は自慰である

    善江さん、弘さん、政二さん、コメントをありがとうございました。「各自の川柳観を深め、豊かなものにしてゆければいい」、「季語が語っているかどうか」、「とにかく自分の納得からの表現でありたい」、それぞれのお言葉を大切に平成25年へ歩いていきます。この一年間、ありがとうございました。
  • 坪井篤子  2012/12/31 21:04
    あと少しで新年を迎えます。
    この一年もありがとうございました。

    エッセイをご執筆くださいました皆様方には大変、ご無理を申しましたにもかかわらず、快く入稿して下さり感謝申しあげます。

    新しい年もよろしくお願い申し上げます。

          おはようエッセイ担当スタッフ 坪井篤子
  • 野原 萌  2012/12/31 21:50
    新年も秒読みに入りました。
    今年も沢山の方がこの掲示板に思いを寄せて下さいました。
    楽しいひと時を頂き 本当にありがとうございました。

    12月日替わり川柳を担当して頂きました愛ニ朗さん、美智子さん、凡さん、玉菜さん、房成さん、みなさん、博子さん、有難うございました。

    皆々様 また新しい年も宜しくお願い致します。
    良いお年をお迎え下さいませ。

             日替わり川柳担当  野原 萌
  • 田村ひろ子  2012/12/31 22:17
    2012年もあと少し、色々なことがあった一年間でした。
    どんな日もゆうゆう夢工房は優しくあたたかでした。
    お目にかかったことのない方々とも親しく話し合える、この空間が大好きです。
    俊和さん、篤子さん、萌さんありがとうございました。
    2013年もよろしくお願い申し上げます。
    ゆうゆう夢工房にお越しの皆さま、新しい年もよろしくお願い申し上げます。
    よき年になりますように!!!
           田村 ひろ子
  • 坪井篤子  2013/01/01 07:52
    あけましておめでとうございます。

    大きな大きな初日の出に包み込まれるような、そんな新年の始まりです。

    今年もよろしくお願い申し上げます。

                
    ★新年から「おはようエッセイ」を週単位でご執筆いただく事になりました。1週間を執筆者に預けるという形です。
    折角のエッセイなのに勿体無いとのお声を聞き、皆様にじっくり読んでいただき、多くの方にご感想、ご意見を書き込んでいただきたく思います。
    どうか、よろしくお願いいたします。
  • 平井 美智子  2013/01/01 10:00
    もう、去年のことになりますが(笑)拙句にコメントをくださった皆さん、ありがとうございます。
    萌さん、良い機会を与えてくださってありがとうございます。

    進さん、いいな~。進ワールド!
    でも、裏も綺麗でない私はどうしましょう(笑)なんて・・。

    政二さん、出来上がった川柳ばかり追いかけている自分がいます。反省!

    新しい年が皆さんにとって良いお年でありますように。
  • ダチュラ  2013/01/01 11:18
    徳永政二様

    定年まえの平成元年に助川助六さんから川柳の手ほどきを受けた者です。20年ほど川柳と接して、ある日突然川柳が作れなくなりました。不思議に思っていましたが、政二氏のエッセイに接して、出来上がった川柳に追いついた瞬間だったのかなと納得しました。何かを表現したい自分がいないことが分かったのでしょうね。
    長い間の不思議が解決しました。ありがとうございました。
  • 政二  2013/01/01 12:02
    美智子さん
    そうでもないと
    僕は思っています。

    ダチュラさん
    はじめまして、助六さん、お会いしたことはありませんが、
    川柳大学時代に句は拝見しています。
    いい人に出会っておられると思います。
    きっと、思うように書けばいいということだったと思います。
    評価のうれしさもありますが、おばあさんのように
    書いている間の楽しさがあればほんとにいいですね。
  • 野原 萌  2013/01/01 13:54
    あけましておめでとうございます

    真っ赤な初日のぽぉわ~とした温さを 顔一杯に戴いて帰りました。
    今年も皆さま、お健やかで嬉しい、また感動の涙のある良い一年でありますように。

    ★ 日替わり川柳も
    自句に付けて頂いておりましたコメントは無し。
    または50字以内とさせて頂く事になりました。
    どうぞよろしくお願い致します。
  • 三好 光明  2013/01/01 13:59
    夢工房スタッフのみなさん、ご来訪されるみなさん、
    あけましておめでとうございます、今年もお世話になります、どうぞよろしくお願いいたします。
     
    カーブするきれいな裏を見せながら   丸山 進

     進さん“裏”がポイントですかねぇ~、表は見ない方が良かったりして、私もキレイにカーブしたいです、なんせ<光>も曲がるそうですから・・・

    もったいない             徳永 政二

     ~これまで体験してきたこと、体に沁みついたものを見つめる~含みにのあるエッセイをありがとうございます、体に沁み込まさせていただきます。
  • 野原 萌  2013/01/01 14:34
    カーブするきれいな裏を見せながら  丸山 進
    きれいな裏に納得しています。
    人は生まれた頃は皆天使です。大人になって知識を得、地位を得、喜怒哀楽に塗れているうちに、いつしか中心だったものは裏側へ・・。そしてその事すら忘れて行くようです。
    作者はちゃんと「きれいな裏」を愛おしみ大切にしながら、生きるというカーブを切る。

    「もったいない」
    上記進川柳と 何か通じるものがあり、驚きました。
    おばあさんの絵、 偶然私もテレビで見て感動しました。
    年と共にどんどん「素」に還っているように感じていましたが、肝心要の所がダメだなぁと気付かされました。
    「体にしみついたものを見つめ、いかに素直に書くかー。」
    一番たやすい事のはずなのに・・・。本当にもったいない事です。
  • 政二  2013/01/01 18:34
    光明さん
    萌さん
    「体に沁みついたものをみつめ、いかに素直に書くか」
    自分で書いておきながら、あらためてそのむずかしさを思います。
    なかなかこのことは自分ではわかりにくいことで、
    好みとか癖とかも含むかもしれないが、
    ちょっとそれだけではないような気もするし、
    とにかくあれこれ思っているよりも書きたいものを書いて
    少しでも楽になればなおいいし、
    関係にその人があらわれるとすれば
    自然との関係、あなたらしいと言ってくれる仲間との関係に
    そうかなと思いながら書き続けるうちのことかもしれません。
    方法はそれぞれだと思いますので、
    また一緒に考えましょう。
  • 丸山 進  2013/01/01 21:57
    おけましておめでとうございます。
    夢工房の皆さん、今年もお付き合いよろしくお願いいたします。

    美智子さん
    「なあに」は表現というか進化の原点のように思います。
    だから神に通じるのでしょうね。


    俊和さん
    の「川柳は自慰である」にも共感ですね。結局は自分流のユニークさを追求することではないでしょうか。


    政二さん
    元旦からいっしょに走れて嬉しいことです。
    私も川柳と俳句の違いはあまり意識しません、というより違いが分かりませんので五七五の表現という捉え方ですね。
    あまり飾らないで自分が感じたことや自分のみっともないところも素直に出していけばいいように思います。


    光明さん、萌さん、美智子さん
    コメントありがとうございます。
    裏は普段あまり見せないようにしていますが、カーブするときなんかはどうしてもちらっと見えてしまいます。
    裏もそれなりに磨いておいた方がいいというより裏に真髄が
    あるよう思います。
  • ゆうゆう夢工房  2013/01/02 00:00
    ☆12月句会の結果お知らせ☆

    イメージ吟(ミカンを剥く小さな手の写真)

    特選
    やわらかな指が開いてゆく未来    田村ひろ子
    準特選
    言い出せぬままに も一つ剥くみかん   真崎翔龍

    互選句会(兼題:掃除)

    特選
    ごみひとつなくてだあれもよりつかぬ   うらら
    雑巾を程好く絞る義理の仲        石原てるみ
     
    ひろ子さん、翔龍さん、うららさん、てるみさん
    おめでとうございます。
  • 大西俊和  2013/01/02 12:29
    あらたまの苦みふふめり福寿草   つぐみ

    そう、新しいこれからは魅惑的な「苦み」かも。

    「もったいない」
    自分という心の自然なものを大切にしながら、人為的なものを進化させる。表現とはそのよなものかも知れませんね。
  • 政二  2013/01/02 13:19
    進さん
    いまちょうど、川柳をはじめられて間もないであろう人たちの句を
    30句ほど預かって選評を考えているのですが、
    一つの会なので傾向は一様で、これも問題なのですが、
    進さんが言われているように、自分が、その人が、私が書かれて
    いない句が多く、新聞やテレビの情報の範囲で終わっていたり、
    また、書かれている言葉がその人からの言葉ではなく、
    一般に広がっている作られた言葉で、詩となる言葉の創作、
    取り合わせの発見もありません。
    そして、一句の中のその人の一番書きたいところ、芯になる言葉があるとすれば、その言葉をじゃまするような言葉、不要な言葉が登場していて、
    言葉を大切にしているかどうか、自分の思いを大切にしているかどうかを
    こんなところで考えてしまいます。
  • 藤安みな  2013/01/02 17:06
    皆々様、昨年は、有難うございました。

    平成25年元日も本日も瀬戸市では、太陽が輝いています。

    カーブするきれいな裏を見せながら  丸山 進

     私が丸山進さんに出会っていなかったら、この川柳句を読む機会もなく、また、ムフフッと笑むこともなかったと思います。瀬戸(内外)の川柳人口が増え、仲間も出来ました。丸山進さんにくっついて、恐れを知らぬ仲間とあちら、こちらの句会に出かけました。以前はお名前しか知らなかった川柳人に直にお目にかかることができました。酒席とはいえ、選者と気付かず、どなたでしょうかなどと、無礼千番な恥もかきました。ゴメンナサイ。今朝も携帯のメールで自作川柳を送信してくる知人がいます。その人はこれから川柳を学ぶことになるとは思えないのですが、関心は持っています。そういう人達が全国にたくさんいる筈です。川柳が特別なもののようにならないようになる時代にいると思います。丸山進さんの活躍を邪魔しないように、瀬戸の面々も私も巳年に新たに脱皮をして、句会に出て傷を舐め合う構えです。各川柳会の方々も一度二度三度と瀬戸へのお出かけをお待ちしています。 (丸山進さんに感謝)
  • 政二  2013/01/02 19:57
    俊和さん
    まさに川柳は「表現」ですね。
    そして、これしかないと思うぐらい表現は自由です。
    初心の方は初心の、ベテランの方はベテランの、
    もっともっと納得のいかない人はその表現をと思います。
    そのことが可能なのが川柳の大きな魅力だと思います。
    また、そこにはそれぞれの壁、悩みもありますが、
    それを話し合える仲間がいることも幸せな、おもしろいことです。

    編集をしていてのうれしさはその人のその人なりの一生懸命に
    出会うときです。
    「へたはうまいより境地が上」という言葉があります。
    うまい人の、自分はうまいとおごる心より、
    へたな人の、うまくなろうとする懸命な心の方がすぐれていると
    いう意味ですが、
    現在の川柳の世界の変わらない、前に進まない原因の一つに
    ベテランの人たちに、このおごりがあるのではないかと
    思ったりもしています。
    話はややこしくなりましたが、
    今年もどうぞよろしくお願いします。
  • 大西俊和  2013/01/02 21:55
    政二さん

    表現は自由、魅力、壁&悩み、話し合える仲間、その人のその人なりの一生懸命、上手くなろうとする懸命な心、「へたはうまいより境地が上」、ベテランのおごり・・・キーワードを書き出してみました。

    自分が自由であること、表現で一番大切なのでしょうね。壁や悩みは、自由を失っているときに出てきますね。上手に作ろうとか、特選を取ろうとか、欲望が心の世界の自由を奪っているときに壁や悩みが出てくるように感じます。

    話し合える仲間からは力が貰えます。知識やノウハウに触れて意識的無意識的に共有するところから、樹木が伸びるように新しい可能性が個人的にも集団的にも競りあがってくるように思います。「へたはうまいより境地が上」はそのような
    力が旺盛なのでしょうね。おごりは、吸収する力も伸びる力も拒絶してしまっているのかも知れません。

    ちょっと政二さんの言葉を私なりに反芻してみました。

    今年もよろしくお願い致します。
  • 野原 萌  2013/01/03 00:05
    あらたまの苦みふふめり福寿草  つぐみ
    少し歳を重ねてきました。毒も福も呑み込んで愛でましょう。
    「苦みふふめり福寿草」落ち着いたしずかさが沁みてきます。
  • 善江  2013/01/03 09:21
    新しい年が始まりました
     今年もどうぞよろしくお願いします

    ▼ 日めくりの残り三百六十五日   寺岡 祐輔

    まだ、もう、「日めくり」を二枚めくりました
      
       生きることが
       そのまま
       あなたへの恋文となる
       そんな一生で
       ありますよう
        
              五行歌歌人 三好叙子

    ▼ もったいない

     「もったいない」エッセイを一週間味わえる新しい企画いいですね(笑)

     
     「でき上がっている川柳の世界のあとを追う」

     「その人の持って生まれたもの、
       これまで経験してきたこと、体に沁みついたもの」

      空が青いと云って
      ひと休み
      海がきれいと云っては
      ひと休み
      年寄り二人の初詣    松下親91歳

       
     作者の呼吸が伝わってくるような五行歌・・
      政二さん、これですね
  • 政二  2013/01/03 13:09
    善江さん
    今年もよろしくお願いします。

    そうですね。

    「生きること」
    「あなたへの恋文」
    「そんな一生」に
    作者の叙子さんがいて、

    「空が青い」
    「海がきれい」
    そして「ひと休み」に
    年寄りの二人がいて、
    その一人の親さんがおられます。
    いいですね。

    これを読んで
    田中冬二さんの短い詩を思い出しました。


     
     くずの花
          
         田中冬二


    ぢぢいと ばばあが

    だまって 湯にはいっている

    山の湯のくずの花

    山の湯のくずの花
  • 政二  2013/01/03 13:21
    祐輔さん
    祐輔さんしか書けない句だと思います。
    祐輔さんのこころが、気持ちが
    まっすぐ伝わってくる句だと思います。
  • 街中 悠  2013/01/03 16:09
    皆さま、今年もよろしくお願いいたします。

    日めくりの残り三百六十五  寺岡祐輔
    今年は私も日めくりを飾り、めくっています。「さあ、今日も」という気持ちになります。一緒にめくり続けましょう。

    「もったいない」
    結果を気にするよりは、書くことに重きを置いて素直に書いていく。気持ちが新であり続けることはたやすいことではありませんが大事なことなのでしょうね。
  • 野原 萌  2013/01/03 21:10
    日めくりの残り三百六十五  寺岡祐輔
    はらはらと心に沁み入ります。
    祐輔さんならではの目ですね。

    「もったいない」
    今日は1句も作れなかったけど、とても素直な気持ちで生きました。
  • 善江  2013/01/04 07:50
    長く桂三枝で活躍した6代目桂文枝さんの創作落語の演目のひとつ「じいちゃんホスト」少しだけ聴きましたが最高です
    文枝さんはいつもノートに気づいたことをメモしてアンテナを立てておられるようです

    ▼ 真っ新の白線に立つ 深呼吸   月見坂 蘭

    自分の心の中から湧き出てくる興味や好奇心につきうごかされて、外へ出ましょう
    風に吹かれて、陽光を浴びて、人の視線を感じる・・
    見知らぬ横丁に心ときめかせる・・

    蘭さん、今年もよろしくお願いします
  • 寺岡祐輔  2013/01/04 09:52
    拙句にコメントありがとうございました。

    善江さん
    生きることが恋文となる一生。
    そういう生き方をしたいです。

    政二さん
    「もったいない」を自分なりに咀嚼すれば「上手い句を作ろうと思うな 。今ある自分を自由に素直に表現しろ」ということだと思います。そういう句を作りたいと常々思っています。

    悠さん
    > 「さあ、今日も」という気持ちになります。
    まったく同感です。
      日めくりをめくれば今日がやってくる

    萌さん
     祐輔さんならではー。どんな褒め言葉よりうれしいです。
  • 政二  2013/01/04 18:40
    悠さん
    川柳6年目
    一番いいとき、一番伸びるときですね。
    僕は着実に力をつけていると思っています。

    祐輔さん
    その通りですね。
    祐輔さんには何も言うことありません。
  • 野原 萌  2013/01/04 23:39
    真っ新の白線に立つ 深呼吸  月見坂 蘭
    爽やかな若々しい新年のスタートですね。
    思わずスーハーしました。
  • 善江  2013/01/05 08:30
    ▼ 腹話術人形捨てる月の裏   飯島 章友

    章友さん、新年もよろしくお願いします

    「腹話術人形」がいろんな読みができておもしろいですね
    ダミーでしょうか・・
    そうそう、「わらう腹話術人形」というR・L・スタインの人形ホラーがありました
    いろいろ想像すると怖くておもしろいですね
  • 野原 萌  2013/01/06 00:12
    腹話術人形捨てる月の裏  飯島 章友
    なみなみならぬ決意ですね。
    もう自分の声で、自分の顔で、自分の責任でモノを言うのです。そしていつの日かあの人形のように、ユーモァたっぷりに、人のこころを掴む日が来るのでしょう。
  • 飯島章友  2013/01/06 07:00
    明けましておめでとうございます。
    善江さん萌さんコメントありがとうございます。
    この川柳は最初、短歌として作ったのですが、どうも短歌の長さだと説明過多に思われました。そこで17音にしてみたところ自分では気持ちがおさまったのです。

    『ちはやふる』という百人一首・競技かるたを題材にしたマンガが10代に人気だそうです。青少年は何かきっかけさえあれば、一見古風なものにでもすごく関心を抱くものですね。私は2011年の暮れに川柳かるたを初体験しましたが、すごく楽しかったです。
  • 善江  2013/01/06 08:31
    ▼ 蛇脱皮 今年は少し太めです  うっぴー

    脱皮できない蛇は滅びる・・
    ストッキングを脱ぐように裏返しに脱皮する蛇ちゃん・・
    死と再生を連想させますね
    日本を取り戻したい(安倍首相の弁です)新年です

    ▼ 発光体

    「キラキラと光りだす人」
    「川柳と他ジャンルのコラボを仕掛け、新しい川柳の世界を広げている」

     わくわくしますね

       「夢工房」に力がみなぎるような気がいたします
       
        博子さん、新年もどうぞよろしくお願いします
  • 芳賀博子  2013/01/06 22:52
    皆様、今年もよろしくお願い致します。

    善江さん
    さっそくのコメントありがとうございます。
    年齢問わず、新しく川柳をはじめられた方々から、新しい川柳の魅力に気づかせてもらうことありますね。
    一方、座によっては重鎮の発言が一番斬新だったり過激だったりして、おもしろいです。
  • 野原 萌  2013/01/06 22:58
    蛇脱皮 今年は少し太めです  うっぴー
    つちのこちゃんを想像してニンマリしてしまいましたが、
    良い運に恵まれ、より豊かに大きく脱皮できますように。

    「発光体」
    若いっていいな。歳が若い、心が若い、スタイルが若い・・・嗚呼、それだけでみんないい。
    ・・そんな若さを充分に持った博子さんが さらなる若い刺激にときめいておられる。
    ステキな出逢い おめでとう!!
  • ゆうゆう夢工房  2013/01/07 07:39
    ☆夢工房交流会のお知らせ☆

    今年も恒例の夢工房交流会を行います。まだ詳細は決まっておりませんが、大体の予定をお知らせ致します。

    日時:2013年3月10日(日)
    場所:淡路島岩屋 割烹・寿司の店「源平」

    JR明石駅9時15分集合(三宮8時54分・神戸8時57分の快速で15分ほど)→徒歩でジェノバライン乗場9時40分→淡路島岩屋9時53分→タクシーに分乗して淡路花さじき(菜の花畑)・淡路夢舞台(安藤忠雄設計・ラン展・ウェスティンホテル)→岩屋「源平」会食交流会13時~14時30分→現地解散→自由行動または2次会

    およその参加人数を確認したく、参加希望の方は夢工房
    (yumekobo@ssksaloon.net)にメール、または掲示板で1月19日(土)までにお知らせ下さい。2月中に最終的な詳細ご案内をさせて頂きます。よろしくお願い致します。
  • 善江  2013/01/07 07:43
    おはようございます
    第148回芥川、直木賞の候補作が発表された
    芥川賞には、受賞すれば史上最年長となる黒田夏子さん
    75歳や、京大医学部2年の高尾長良さん20歳らがノミネートされていて、最大55歳差の作家たちが同じ土俵に・・
    直木賞は、高知出身の有川浩さんも候補に・・

    ▼ 巣穴出る 蛇はあたりを見渡した   篠原 るい

    るいさん、夢工房へようこそ

    ゆっくりと冬眠中だったのに
    巳年でにぎやかになって
    冬眠明けでないのにもかかわらず
    呼び出されてしまいました(笑)

    そうそう、今日は七草粥の日ですね
  • 大西俊和  2013/01/07 10:18
    ▼ 巣穴出る 蛇はあたりを見渡した   篠原 るい

    巣穴から出てきて下さって、ありがとうございます。カイロをお渡し致しますので、もうしばらく、よろしく。

    ▼ 発光体

    みんなで発光スイッチを押し合いましょう。イルミネーションのように輝き綺麗でしょうね。表現は基本的には孤独なものですが、輝き合えば温かくなりますね。
  • 政二  2013/01/07 14:37
    博子さん
    まさに「発光体」のようなエッセイですね。
    それに光りながらさわやかな風も吹いています。

    僕が川柳に出会い、救われたように、
    誰かがどこかで同じようなことがあればいいなと思ってきました。

    難儀を抱えている人。
    先が見えなくなってしまった人。
    軽い笑いではとても納まらない人。
    そして、表現の自由というものを理解しながら
    こんなものではないと悶々とした毎日を送っている人。
    こんな人たちのために川柳があるようです。

    それぞれの世代が書きたいように書けば
    その世代に伝わります。
    話し合える仲間がいることは楽しいことです。
    苦労を語るのも川柳の魅力かもしれません。
    そんな川柳の魅力をこれからも語りましょう。
  • 野原 萌  2013/01/07 21:46
    巣穴出る 蛇はあたりを見渡した  篠原 るい
    見渡す事は、気にする事でとても人間臭いと思った。
    そして今さらながら気が付いた。同時に命を守るという、とても動物的行為でもある事。当たり前なのに・・。
    蛇の目は何を捕らえたのだろうか?
  • 芳賀博子  2013/01/07 23:50
    コメントありがとうございます。

    萌さん、
    「若手」もおかげさまで順調にトシを重ねています(笑)。今年の同級生の年賀状に「初孫ができた」とありました。

    俊和さん、
    「表現は基本的には孤独なもの」、確かに。そこはブレずに、刺激を与え合うことができれば、と今さらながらに思ったりしています。

    政二さん、
    川柳と出会うと、もれなく人との出会いがついてきますね。
    それも思いがけない出会い。その出会いがまた出会いを呼んで、きっと今年も。
  • 善江  2013/01/08 07:31
    ▼ 鏡見る逃亡者向きだと思う   丸山 進

    進さん、今年もよろしくお願いします

    「おい、小池!」全国指名手配された容疑者もあっけない幕切れでしたね

    ♪ Runaway 南へ向かえば今
      答などないと気付いた ♪
      永ちゃんの「逃亡者」からです

       作者の「逃亡者向き」に思わずニヤニヤしました(笑)
          スミマセン・・
  • 篠原るい  2013/01/08 09:46
    はじめまして。
    川柳初心者です。よろしくご指導をお願いいたします。
  • 三好 光明  2013/01/08 10:29
    鏡見る逃亡者向きだと思う    丸山 進

     丸山さんの<味>の一つは、「逃亡者向き」ですよね、いやいや逃がしはしませんよ。<笑い>

    発行体             芳賀 博子

     キラキラと光りだす発行体が、夢工房にも一杯おられますよね、夢工房も楽しさ一杯です!
  • 大西俊和  2013/01/08 11:11
    進さんが「瀬戸ラジオ」で川柳について話されています。楽しい放送です。下記のアドレスから聴くことができます。時間は15分です。ぜひ、皆さん、お聞き下さい。

    http://radio.845.fm/setoradio/?p=2686
  •   2013/01/08 15:48
    進さん、俊和さん
    今、聴かせていただきました。
    句もさることながら、語りが愉快で味があって、とても良かったですね。
    内容のある15分だったと思います。(^_^)
  • 丸山 進  2013/01/08 17:25
    善江さん
    いつも暖かいコメントありがとうございます。
    どこにでもいそうなメリハリのない顔なので逃亡向きかなと
    思います。逃亡の元をどう作るかですね。(笑)


    ▼発行体
    若くてキラキラの人がいるところにはいるんですね。
    かつての芳賀さんがそうでしたように。
    私は若い女子はムリなので、団塊のおじさんが狙い目かと
    思っています。強かに生き抜いてきたのでパワーがありますね。そこを攻略してその子や孫をターゲットにするという遠大な作戦です。


    三好さん
    逃げるのも芸のうちと思っています。いじめや打たれに弱いのでお手柔らかにお願いしますよ。


    俊和さん、弘さん
    「瀬戸ラジオ」紹介していただきありがとうございます。
    こんなことならもうちょっとカッコよくしておきたかったななんて(笑)パーソナリティが上手いなと思いました。
  • 坪井篤子  2013/01/08 18:37
    進さん、
    ラジオ聞きました。声がお若いのでびっくり!素敵です!

      折れてくれ折れ線グラフなのだから

    ご紹介句の中でこの句が一番好きでした。
    今の私にピタッときたのでしょう。
    落ち込んでいる私にはとても励みになりました。

    聞かせていただき、ありがとうございました。
  •   2013/01/08 22:38
    篤子さん
    いつもお世話になりありがとうございます。
    ラジオに反応してくださり嬉しいです。
    折れ線グラフには泣かされました。
    約束したように売り上げは伸びない、事故は減らない、とか。
    私も今落ち込んでいます。せめて上を向いて歩きましょう。
  • 北原おさむ  2013/01/08 23:03
    ◆発光体
    今まで光らなかったものがある刺激を得て燦々と光り始める・・・川柳ってそんな発光ダイオードみたいなところがありますよね。その友達は何色に輝いてますか。スイッチを押したのはきっと博子さんなのでしょうね。

    ◆鏡見る逃亡者向きだと思う     丸山進
    FMラジオ、聞きましたよ。いつもと変わらない調子のように思いましたが、声は若々しくはつらつとしていました。この句、美人のパーソナリティさんと対面するので、おめかしに鏡と睨めっこした時に出来た句ですか(笑)

    ◆巣穴出る 蛇はあたりを見渡した  篠原るい
    篠原るいさん、博子さんのエッセイにあった「発光体」、貴女もきっとこの発光体なのではないでしょうか。実は私もです。60過ぎてから何を思ったのか川柳に凝り始めて(笑)
    但し、光っているのは頭だけですが・・・(-_-;)
    篠原さんは蛇年産まれなのかな。夢工房の景色はいかがでしたか(^.^)。来週もまた読ませてくださいね。楽しみにしています。
  • 野原 萌  2013/01/08 23:47
    鏡見る逃亡者向きだと思う  丸山 進

    ラジオ聞きました!

    今月の口止め料が入らない
    韓流にはまらないよう注射打つ
    ちゃぶ台をひっくり返す夢がある

    進ワールド全開。ステキな15分でした。
    お教え下さった俊和さん有難うございました。
    女性アナが「ひょうひょうとして、人生を深く生きていけそう」と言われましたが、まったくです。残念ながら逃亡者にはなれない方でのようですね。うふふ。
  • 芳賀博子  2013/01/09 01:51
    コメントありがとうございます。

    光明さん、
    夢工房、まさに。新しい方も次々に参加されていますね。

    進さん、
    団塊世代の攻略ですか。ここはあらゆるジャンルが狙っているゾーンですが、進さんの秘策満載のプロジェクトX始動ですね。ラジオ拝聴したかったです。

    おさむさん、
    発光ダイオード的光り方。省エネで長持ちかも。それもまた個性ですね。
  • 坪井篤子  2013/01/09 06:06
    博子さん、
    エッセイお世話になっております。ありがとうございます。

    進さんのラジオ出演は進さんのブログでまだ聞くことができますよ。何回聞いても美声です。
  • 善江  2013/01/09 07:52
    ▼ 変身願望ありあり鎌の月   つぐみ

    夜空にぽっかり鎌の月・・
    月も私も新月から満月まで変身するんだ・・
    女の変身願望をそそる今宵の月
    なんだか妖しい心持ちに・・
    「ありあり」が非凡です
  • 善江  2013/01/09 08:02
    ゆきのあさ

    むねが ドキドキする。
    ゆきが ふりよう。
    ゆきに かさが あたらんようにした。
    水たまりが こおっていた。
    こおりの上にも ゆきが ふった。
    空が まっ白や。
    また ドキドキ してきた。
    あとから あとから ふってくる。
    手に あたったら
    すうっと とける。
    ゆきと わたししか おらんかった。

        高知県こども詩集『やまもも』より
          中央小 1年 福吉まほ
  • 坪井篤子  2013/01/09 09:34
    ☆変身願望ありあり鎌の月   つぐみ
     
    本日早朝の東天に鎌の月を発見。
    つぐみさんの句を諳んじながら月を見上げてのウオーキングでした。

    つぐみさん、昨年に続いて今年もまた何度かお目にかかれそうですね。よろしくお願いします。
  • 大西俊和  2013/01/09 10:15
    ▼ 変身願望ありあり鎌の月   つぐみ

    「ありあり」がユーモラスですね(笑)。リズムつくりにもなっていますね。
  • ええ一  2013/01/09 10:16
    進さん、
    ラジオ聞きました。
    ススム・ワールドたっぷりの15分、楽しかったです。
    *今月の口止め料が入らない
    真似のできない、あこがれの一句です。
    今年もどうぞよろしく・・・。
  • 大西俊和  2013/01/09 10:24
    *今月の口止め料が入らない

    ええ一さんと同じく、この句はあこがれの一句です。
    口止め料が入ると、一生楽して生きれるのですが・・・(笑)。
  • ええ一  2013/01/09 10:33
    俊和さん
    進さんのラジオ、教えて頂いて感謝です。
    20日の「新の会」へのお誘い、有難うございます。
    (昨日、気がつきました。・・失礼!)
    冬場は、心臓が非協力的なので、残念ですが参加できません。
    3月の淡路島には、行けるように努力します。
    今年もどうぞよろしく・・・。
  • 大西俊和  2013/01/09 11:04
    ええ一さん

    3月、よろしくお願い致します。もし、心臓が非協力的な状況でしたら、説得に馳せ参じますので・・・(笑)。
  • ええ一  2013/01/09 14:01
    俊和さん
    その節は、ひとつよろしく・・・。(笑)
                       冬眠中のええ一
  • 野原 萌  2013/01/09 22:55
    変身願望ありあり鎌の月  つぐみ
    おちゃめなつぐみさんの目ですね。

    善江さん
    いつも詩のご紹介ありがとうございます。
    すなおで、かわいい目線にほっこりです。
    方言がイキイキといいですね。
  •   2013/01/09 23:36
    ▼ 変身願望ありあり鎌の月   つぐみ
    鎌の月でとりあえず犯行は済んだ。次は更に尖らせてやるか鈍器にするか刺激はどうにも止まらない。つぐみさんの変身願望はエスカレートするばかり。


    おさむさん、萌さん
    コメントありがとうございます。
    逃亡する気になったらご連絡ください。いっしょに逃げれば
    大丈夫でしょう。


    ええ一さん、俊和さん
    口止め料で老後がなんとかしのげるかと思いきや
    この頃は実入りがほとんどなく、逆に足元見られて
    出費の方が増えてしまいました。やっぱり地道にボチボチ
    いくしかないです。
  • つぐみ  2013/01/10 00:26
    みなさま、コメント嬉しくよませていただきました。
    ありがとうございます。
    さまざまな変身を月に重ねて読んでもらえ、作者冥利に
    つきます。
    月はそれだけ表情豊かなのでしょう。
  • 苑子  2013/01/10 07:07
    祐輔さん

    立ち上がった前にも後ろにも祐輔さんを支えようとする人がたくさんいるはずです。
    どうぞ思いっきり立ち上がって下さい!
  • 芳賀博子  2013/01/10 10:21
    篤子さん、
    進さんのラジオの件、お知らせありがとうございます。
    何度も聞き返せるのがいいですね。

    進さん、
    おもしろかったです。お顔を浮かべながら拝聴しました。
  • 野原 萌  2013/01/10 16:31
    一月の風に向かって立ち上がる  寺岡 祐輔
    さぁー御一緒に!
    夢仲間が手を取って、スクラム組んで風に向います。
  • 野原 萌  2013/01/10 17:21
    「時実新子 月の子忌」 七回忌川柳大会ご案内
    「句会」
    日時   2013年3月9日(土)
         午前11時30分(受付・会場)~午後4時30分
    会場   神戸メリケンパークオリエンタルホテル 4F大宴会場「瑞天」
    句会会費 2、500円(会報・送料込み)
    [ミニ講演]「母・新子を語る」安藤まどか(予定)

    「題と選者」
    席題2題(当日発表)川田由紀子 八上桐子
    兼題 「車」 中野文擴   「キャベツ」 渡辺美輪
       「減る」 大西俊和  「熱」 阿川マサコ
       「飾る」 徳永政二  「裏」 峯 裕見子
       「名前」 芳賀博子  「雑詠」 杉山昌善
    ☆各題2句 :特選句に賞品贈呈
    ☆投句締切 :午後1時
    ☆披講開始 :講演(午後2時~)午後2時30分開始

    懇親会
    日時   午後5時~7時頃
    場所   句会同所 4F大宴会場「瑞天」
    懇親会費 7,500円

    1月10日~2月20日の期間に受付致しまのでよろしくお願い致します。
    「時実新子の川柳大学」ホームページ(リニューアル版)でご案内しております。
  • 寺岡祐輔  2013/01/10 23:40
    苑子さん、萌さん
    コメントをありがとうございました。
    大船に乗ったつもりで立ち上がらせてもらいます。
  • 蓮子  2013/01/11 06:00
    善江さま
    ゆきのあさ・・・すごくすてきなまほちゃんの詩ですね。
    ありがとうございます!
    祐輔さま
    すてきな句です。わたしもぼちぼちいきます。