現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

オープン掲示板 過去ログ

どなたでも書き込んでいただける掲示板です。現代川柳の話題、イベント情報など、ご自由に利用してください。雑談もOKです。インターネットに一般公開されている掲示板ですので、個人情報の取り扱いにはお気をつけ下さい。

  • ゆうゆう夢工房  2013/02/13 00:29
    「時実新子 月の子忌」 七回忌川柳大会ご案内
    日時  2013年3月9日(土)
        午前11時30分(受付・会場)~午後4時30分
    会場   神戸メリケンパークオリエンタルホテル 4F大宴会場「瑞天」
    句会会費 2、500円(会報・送料込み)
    [ミニ講演]「母・新子を語る」安藤まどか(予定)
    「題と選者」
    席題2題(当日発表)川田由紀子 八上桐子
    兼題 「車」 中野文擴   「キャベツ」 渡辺美輪
       「減る」 大西俊和  「熱」 阿川マサコ
       「飾る」 徳永政二  「裏」 峯 裕見子
       「名前」 芳賀博子  「雑詠」 杉山昌善
    ☆各題2句 
    ☆投句締切 :午後1時
    ☆披講開始 :講演(午後2時~)午後2時30分開始

    ◎懇親会
    日時   午後5時~7時頃
    場所   句会同所 4F大宴会場「瑞天」
    懇親会費 7,500円

    2月20日まで申し込み受付。申し込みの詳細は
    「時実新子の川柳大学」ホームページ(リニューアル版)
    http://shinko-tokizane.jp/news/index.htmlでご確認下さい。
  • 坪井篤子  2013/02/13 06:34
    「時実新子 月の子忌」 七回忌川柳大会ご案内 追記

    ★句会参加者、懇親会参加者にはそれぞれに別のお楽しみサプライズ(おみやげ)があります。

    ★また当日は新書「母・時実新子からの手紙」安藤まどか(新子先生の娘さん)著が販売されます。とても興味深い内容です。

    皆さまのご参加をお勧めいたします。
  • 三好 光明  2013/02/13 09:43
    塩をまく活断層の上にまく    小林祥司

    人に出来ることは、塩をまいて清めることぐらいですね、活断層の上に原発を造っちゃいけません!

    俳句の会            エミ

     バー・デビュー・俳句の会デビュー!新鮮な青春真っ只中ですね!大いに楽しんでください。
  • 大西俊和  2013/02/13 10:08
    塩をまく活断層の上にまく    小林祥司

    活断層、静かに眠っていて欲しいですね。特に原発の下の活断層は深く深く眠り続けて欲しいものです。

    「俳句の会」

    川柳と同じ形の俳句。その違いを知るには、俳句の世界に浸ってみることですね。句会の後の茶会、飲み会も楽しいでしょうね。
  • 須川柊子  2013/02/13 10:57
    みなさん、おはようございます。
    暴風雪警報発令中の仙台から、日替わり川柳のコメントのお礼を申し上げます。

    善江さん
    そちらは、もう春ですよね。
    羨ましいです。
    変わってほしくないものまで、変わっていきますね。
    その変化について行くのが、やっとのこの頃です。

    祐輔さん
    身も心も、だいぶ丸くなりました。
    昨年よりも、丸くなった気がします。

    佳子さん
    コメント、ありがとうございます。
    もしかしたら、はじめまして・・・ではないでしょうか?
    間違っていたら、ごめんなさい。
    カドを最初に使ってしまった消しゴム、丸くなって可愛いですよね。
    もったいない症の私は、消しカスも捨てられません。

    萌さん
    先週もコメントをくださったのに、お返事しなくてすみませんでした。
    句会で付箋に書くために、鉛筆と消しゴムを使うようになりました。
    消された文字が、恨んでいないか心配になります。
  • 須川柊子  2013/02/13 11:13
    お礼の続きです。

    俊和さん
    そうでした。筆箱の中には、丸くなった消しゴムが何個もコロコロと転がっていました。
    捨てるに捨てられず、かと言って使いもせず。
    今は、カドが多い多面体の消しゴムがあるそうです。
    4つのカドの有難味が薄れますね。

    進さん
    コメント、ありがとうございます。
    ブログ、楽しく拝読しています。
    丸く小さくなった消しゴムは、出番が無くなります。
    淋しいけど、ホッとしている所もあります。
  • 小林祥司  2013/02/13 20:58
    俊和さん、光明さん
    コメントをありがとうございました。
    「塩」の課題で まず浮かんだのが、某球団の某球場での連敗への清めの塩でした。次に大相撲の塩で清める丸い土俵。そして、丸い地球と連想が続き、活断層になりました。
    身近なことからひらめきで作ることが多い自分には、作られた句の一つです。大地震が起こらないことを祈りつつ。
  • 善江  2013/02/14 07:47
    ▼ 幸せの理由の一つ南向き    弘津 秋の子

    「南向き」という言葉だけでも幸せな気分になれますね

    中日の47歳のピッチャー山本昌・前人未到の30年目のシーズンへ
    「この年で無謀だと言われるかもしれないが
      いいボールを投げたい・・」

    「下手くそだったのでサボっている暇がなかった・・」

     こんな南向きのこころをもっていたいです


    ▼ 俳句の会

    わくわく、どきどきが続いていますね(笑)
    フットワークが軽くなくなったら女はおしまいです(笑)
  • 野原 萌  2013/02/14 09:39
    塩をまく活断層の上にまく  小林祥司
    17音字の中に2つも「まく」があるので御利益がありそう!

    幸せの理由の一つ南向き  弘津 秋の子
    父の病室は 何時もぽかぽか暖かいおひさまが入り、5歳の脳になった父を囲んで本当にいつも幸せでした。(介護なんて感じはなかったです。)
    秋の子さん、南向きには素敵な魔法があったのですね。

    善江さんの「南向きのこころ」というのも素敵ですね。

    「俳句の会」
    楽しく冒険をなさっておられるのがステキです。
  • 鶴見佳子  2013/02/14 11:12
    須川柊子さん、
    あっ、はじめまして。でした。
    tokoちゃんなのかと思っていたのですが・・つる姫です。
    今後ともどうぞよろしくお願いします。まだ川柳ビギナーです。
  • 丸山 進  2013/02/14 12:03
    ▼塩をまく活断層の上にまく  小林祥司
    活断層は今後何かと紛争の場になりそうですね。「塩をまく」が効いてます。


    ▼幸せの理由の一つ南向き  弘津 秋の子
    南向きだけで花丸をもらたった気分になります。


    ▼「俳句の会」
    何事にもチャレンジの心意気がいいですね。俳句の体験は川柳のためにもなると思います。
  • 大西俊和  2013/02/14 15:22
    ▼ 幸せの理由の一つ南向き    弘津 秋の子

    幸せの理由は幾つあるのだろう。その幸せに嫉妬してしまいそう(笑)。
  • 政二  2013/02/14 22:20
    秋の子さん
    大津でのひかりの話を
    ふと思いました。
  • 善江  2013/02/15 07:43
    ▼ 箍一つ外して軽い桶になり  レイ子

    年寄せてまだタガをはめているような人間はたいした人間やない?(笑)
    タガをはずしますのや・・
    その方が自然です
  • 蓮子  2013/02/15 09:53
    箍一つ外して軽い桶になり  レイ子

    少し、楽になれたらいいですね。

    穂實さま
    バーデビュー   肩をそっと押してくれるご主人、すてきです。私も、魅惑のカクテルが飲みたいです。
    俳句の会     いつも前向きな大人のあなたにあこがれています。大好きです。
  • 野原 萌  2013/02/15 12:40
    箍一つ外して軽い桶になり  レイ子
    雪解けて優先順位現れる   レイ子
    お母様を見送られて、少し時間がたち、川柳に戻られたレイ子さん。何を優先して生きて来られたかがウルウルと伝わります。
    軽やかに、そしてまた一つ深くなって。
    おかえりなさい。レイ子さん。
  • 小林祥司  2013/02/15 12:43
    萌さん、進さん
    コメントありがとうございました。
    次々と嫌なニュースが続きますが、塩をまいて収まってくれれば世界中に撒きたい気持です。
    日替わり川柳に初登場ですが、これからもご指導をよろしくお願いします。
  • 斉藤レイ子  2013/02/15 16:39
    善江さん、蓮子さん、萌さん、ありがとうございました。
    あまりはずし過ぎてバラバラにならないように気をつけます。

    世の中、祥司さんの句のように塩をまきたいことが多すぎますね。

    蓮子さん、祥司さん、初めましてですが、よろしくお願い致します。
  • 石田 穗實  2013/02/16 09:21
    俊和様 進様 萌様 善江様 光明様 連子様
     俳句の会にコメントありがとうございます。とてもうれしいです。今私はいろんな意味でふわふわと浮いております。
  • 善江  2013/02/16 09:30
    ▼ 移り気な恋花咲かすネオン街   翔龍

    愛もたべものと同じで、旬がある
    まして、ネオン街・・
  • 野原 萌  2013/02/16 17:27
    移り気な恋花咲かすネオン街  翔龍
    ピカピカチカチカギンギラギンギン・・ギン・・
    あのすざましいネオンのド迫力には、さばさばと移り気な恋花がぴったりですね。きっと。
  •   2013/02/17 07:42
    桜の根地球をつかみわっと咲く  海月

    海月さん
    まさに日本人の春ですね。


    ステキなあなた

    安子さん
    その女性は、お若い方と推測しました。最近の若い方を悪く言う方も結構いますが、なかなかどうして、心がけの良い若者も結構見受けますね。
  • 三好 光明  2013/02/17 09:28
    桜の根地球をつかみわっと咲く     海月

     心を「わっと!つかまれました」元気が湧いてくるステキな句、ありがとうございました。

    ステキなあなた          中嶋 安子

     とってもステキな方ですね!座っていた人に「公共のマナー・気配り」をさりげなく教えられたのだと思います、凄く勇気にある方!”どうぞお座りください”~ほれぼれしますよね。
  • 田村ひろ子  2013/02/17 10:02
    桜の根地球をつかみわっと咲く     海月

     世界中の方に届けたい、読んでいただきたい元気と勇気の湧き上がる一句です。
    ありがとう「海月さ~ん!!」

    ステキなあなた          中嶋 安子

    ステキな方が安子さんに向けた微笑と受け止めた安子さんの微笑み・・・どちらもステキです。丁寧に生きているといいことがいっぱいありますね。

    今日は幸せな一日になりそうです。
  • 寺岡祐輔  2013/02/17 16:53
    安子さん
    善意とか人情という言葉がティッシュペーパーのように薄くなっていく時代に、いい話をありがとう。ひるがえってわが身に置き換えてみたときに、果たしてこの女性のような行動が取れるか自信が持てません。情けないオジサンです。
  • 海月  2013/02/17 18:49
    弘様、三好様、ひろ子様
    うれしすぎるコメントをありがとうございます
    私の方こそたくさんの勇気をいただきました!

    この句は昨年「あなたのさくら色」でボツになった句です
    「川柳」「三行詩」「歌詞」の3部門があるのですが一番自信作だった「川柳」がダメでした。
    でも自分では大好きな句でこちらで発表できて、そしてうれしいコメントをいただけて幸せです
    「あなたのさくら色」今年も3月から応募が始まるようです。面白い公募なので、よろしかったらぜひのぞいてみてくださいね。
  • 野原 萌  2013/02/18 00:57
    「時実新子 月の子忌」 七回忌川柳大会ご案内
    日時  2013年3月9日(土)
        午前11時30分(受付・会場)~午後4時30分
    会場   神戸メリケンパークオリエンタルホテル 4F大宴会場「瑞天」
    句会会費 2、500円(会報・送料込み)
    ◎懇親会
    日時   午後5時~7時頃
    場所   句会同所 4F大宴会場「瑞天」
    懇親会費 7,500円

    2月20日まで申し込み受付。申し込みの詳細は
    「時実新子の川柳大学」ホームページ(リニューアル版)
    http://shinko-tokizane.jp/news/index.htmlでご確認下さい。

    申込締切期日が近づいてきました。
    ステキなサプライズもあるようですヨ。お忘れのないよう宜しくお願い致します。
    今回、新子先生と安藤まどか母娘の手紙をまとめた「母・時実新子からの手紙」が出版されます。そのコ-ナーにへちゃむくれが居たら私です。お声をお掛け下さいね。お待ち致しております。
  • 大西俊和  2013/02/18 11:21
    湖は平たく言えばシーツです   怜
    そう、心のシーツですね。

    武勇伝1

    大胆で繊細な義母さんなんですね(笑)。連載を楽しみにしています。前回のエッセイもほのぼのと読ませて頂きました。
  • ゆうゆう夢工房  2013/02/18 17:09
    ☆お知らせ☆
    今月の夢工房句会は2月22日が投句締切となっています。いつもの月よりも早いので、ご注意下さい。忙しい時期ですが、多くのご参加をお待ちしております。

    3月9日の「月の子忌句会」の申し込み締切は2月20日です。参加を迷っておられる方、参加希望の方は、20日までに申し込みよろしくお願い致します。会場は神戸港が見える白亜の素敵な神戸メリケンパークオリエンタルホテルです。
  • 政二  2013/02/18 21:11
    怜さん
    「湖」と「シーツ」の取り合わせ
     新鮮です。
  •   2013/02/19 07:30
    おはようございます。

    暗闇が怖くなったか朝の月  須川柊子

    柊子さん
    朝の月はそんな風情ですね。私も朝のゴミ出しでいつも仰いでいます。(^_^)

    武勇伝 2

    安子さん
    爪の垢をもらっておいてください。m(_ _)m
  • 大西俊和  2013/02/19 10:09
    暗闇が怖くなったか朝の月  須川柊子

    輝く朝を知るとずっといた暗闇が怖くなるかもしれませんね。

    武勇伝 2

    まさしく武勇伝。
    爪の垢、私の分も、もらっておいてください。m(_ _)m
  • 政二  2013/02/19 12:54
    柊子さん
    そんな月と自分を重ねられるのも
    川柳の力ですね。
  • 坪井篤子  2013/02/19 19:17
    ☆湖は平たく言えばシーツです   怜
    「平たく言えば」で句の奥行きが出たように思います。

    ☆暗闇が怖くなったか朝の月  須川柊子
     想像が膨らみます。

    ☆武勇伝
     安子さん、ゴッドマザーですね。
     親友のお姑さんが本日100歳の誕生日を迎えました。
  • ゆうゆう夢工房  2013/02/19 23:23
    ☆お知らせ☆

    「時実新子 月の子忌」 七回忌川柳大会ご案内
    日時  2013年3月9日(土)
        午前11時30分(受付・会場)~午後4時30分
    会場   神戸メリケンパークオリエンタルホテル 4F大宴会場「瑞天」
    句会会費 2、500円(会報・送料込み)
    ◎懇親会
    日時   午後5時~7時頃
    場所   句会同所 4F大宴会場「瑞天」
    懇親会費 7,500円

    ★申し込み受付は本日2月20日中です!!!郵便局で払込票にて会費をお払込み下さい。申し込みの詳細は
    「時実新子の川柳大学」ホームページ(リニューアル版)
    http://shinko-tokizane.jp/news/index.htmlでご確認下さい。
  • 善江  2013/02/20 09:01
    18日は雨水で雨空に覆われました
     草木が芽を出す時季
      早春のミモザの鮮やかな黄色・・

    ▼ 温室で休む時間のない野菜      小林 祥司 

     温室育ちの野菜も多くなって季節感が薄れてきましたね
      旬のものをいただくというのが
       やっぱ一番です

    ▼ 安子さん、最高です(笑)
      ワイルドな女性大好きです

       お目にかかりたいです
  • 須川柊子  2013/02/20 09:12
    みなさん、おはようございます。
    今日の仙台は、雪こそ降っていないものの
    氷点下3.8℃です。キンキンに冷えてま~す。

    日替わり川柳にコメントをいただき、ありがとうございます。

    弘さん
    お久しぶりです。
    昨年の交流会でお会いしてから、もう一年ですね。
    今年も、会えるのを楽しみにしています。
    朝の月・・・私は、洗濯物を干す時に仰ぎ見ます。
    何だか、半透明で自信なさそうですよね。

    俊和さん
    暗闇も怖いけど、明るいのも苦手・・
    難しいお年頃です。

    政二さん
    川柳を始めてから、自分によく似た物を探すようになりました。

    篤子さん
    でもやっぱり、夜の月・・・特に冬の月は美しいです。
  • 三好 光明  2013/02/20 10:41
    温室で休む時間もない野菜    小林 祥司

     野菜さんが可愛そう、旬でないと味は落ちますよね!

    武勇伝 3           中嶋 安子

     杉ちゃんも寄せ付けない”超ワイルド!”・・・西原理恵子?氏の漫画!を連想してしまいました、(面白い!失礼)第3者的には「とても愉快なおかあさん」でも・・・とても楽しいエッセイをありがとうございます。
  • 大西俊和  2013/02/20 11:41
    温室で休む時間もない野菜    小林 祥司

    人間のような野菜。

    武勇伝 3

    安子さんももうすぐ義母さんから免許皆伝を頂けるのでは
    ないでしょうか(笑)。
  • 小林祥司  2013/02/20 21:04
    善江さん、光明さん、俊和さん コメントありがとうございました。
    ◇作るから作られる世の中ですね。
    野菜だけではなく何もかも。
    アベノミクスもそうでしょうか? 円安、株高。これからが本当の勝負。
    皆が美味しいものをいっぱい食べれる世の中にしてほしいものです。
  • 寺岡祐輔  2013/02/21 05:12
    安子さん
    母上のマスカットの味忘れられません。
  • 善江  2013/02/21 08:42
    ▼ 囀りの聞こえるのれん買っている  弘津 秋の子

    エスニックなのれんかしら・・
    「囀り」がいいですね
    「ぱあっと綺麗なもの」
    「陽気なもの」
    「かわったもの、新奇なもの」
    「楽しくなるもの」に、
    いつもびっくりする
    面白がる精神を秋の子さんはお持ちなのだと思います


    ▼ 安子さん、女傑伝おもしろい!
  • 善江  2013/02/22 07:43
    ▼ 早春賦口ずさんでる蕾たち    レイ子

    ♪春は名のみの 風の寒さや♪
    長い冬を終え
     春のことぶれがはじまるとき
      じっとしておれなくなります

    ▼ 安子さん、何があってもおおらかなお義母さまですね
  • 一雄  2013/02/22 09:33
    早春賦口ずさんでる蕾たち  レイ子

    青森は大雪だそうですが、逆に北陸は少ないです。このまま春がやってきそうな気配です。


    武勇伝 その後

    介護お疲れ様です。「敵もさるもの」ですね。私のところも父が勝手気ままで困っています(笑)。
  • 三好 光明  2013/02/22 10:22
    早春賦口ずさんでる蕾たち   レイ子
     またまた寒波襲来中!多くの人、動物たちが”春よ早く来い!”と願っているのに蕾さんたちは・・・でも、冬の次は”春” 決まっていますから・・・。

    武勇伝  その後       中嶋安子

     現実的にはとても大変な日々を、こんな風に「面白く、楽しく」書ける安子さんは凄い!!!、尊敬しちゃいます!
  • ゆうゆう夢工房  2013/02/22 21:26
    ☆お知らせ☆

    2月句会の投句締切は、本日2月22日24時です。まだ2時間30分ほどあります。ご投句、忘れずによろしくお願い致します。選句は明日23日から27日までです。こちらもよろしくお願い致します。
  • 善江  2013/02/23 08:13
    おはようございます
     市民マラソンに衣替えした高知龍馬マラソンが
      あす記念の第一歩を踏み出す
       エントリーした3801人は、体力、目標に合わせて早春
        の土佐路をたのしむ・・
    1日平均42.5キロ 4日連続で走った健脚の龍馬
        その脱藩の胸のうちに想いを馳せる・・

    ▼ 折って行けばかたち整うだまし舟  野原 萌

    折り紙だまし舟は折り方を変えると様々なかたちに変化することが不思議ですね
     いつの間にかもっていた舟のかたちが変わってたりする・・
     萌さん、ひょっとして、人生にも通じる?(笑)

    ▼ 「今日は、私は休むから、あんたが行ったら?」
       愉快ですね
        お嫁さんの安子さんもおおらかで素敵です
  •   2013/02/23 09:24
    おはようございます。

    *折って行けばかたち整うだまし舟  野原 萌

    萌さん
    それも世渡りかも知れませんね。(^_^)

    安子さん
    安子さんの爪の垢も、あわせてお願いします。
    ねっ、俊和さん。(^_^)
  • 坪井篤子  2013/02/23 09:25
    萌さん、ご苦労様です。
  • 斉藤レイ子  2013/02/23 10:10
    二月の川柳、書かせていただいてありがとうございました。
    今頃になるとつい早春賦を思い出します。 先日、三番まである歌詞を全部知らなかったので調べてみましたらますます好きになりました。 
    日差しと気温のギャップ。 頭と体が一致しない・・そんな季節なんでしょうか?
    安曇野(長野県)を訪れて作った歌詞だそうで歌碑があるそうです。 ソーラー電池のオルゴールまで置いてあるそうで、近くに行かれた方は是非聴いてみてください。

    安子さんの奮戦記、ほんとに大変なことを明るく読ませていただきました。 これからもがんばってくださいね。

    善江さん、一雄さん、光明さん、ありがとうございました。
  • 中嶋安子  2013/02/23 20:48
    1週間、エッセーを書く機会をくださった、篤子さん、ありがとうございました。
    最初は、ひとつだけにしようと思っていましたが、結局、毎日書いてしまいました。書くことは、精神衛生的にも、チョッピリ、いいみたいです。(おかげさまで、少しスッキリ!)読んでくださった皆様、ありがとうございました。
    コメント下さった、弘さん、光明さん、ひろ子さん、祐輔さん、俊和さん、篤子さん、善江さん、一雄さん、レイ子さん、ありがとうございました。たいへん、励みになりました。
  • 丸山 進  2013/02/23 22:35
    ▼ 折って行けばかたち整うだまし舟  野原 萌
    折るって祈るに似てますね。人生もまた漂う舟のようです。


    ▼ 武勇伝シリーズ
    楽しませていただきました。私の母に重なるものがありじーんときました。お義母さんも安子さんも度量が広いです。
  • 真崎翔龍  2013/02/23 23:46
    ごめんなさい。 迂闊にも、日替わり川柳をすっぽかしてしまいました。
    今日はまだ金曜日、明日が土曜日だと今の今まで勘違いしていました・・・。

    野原 萌さん、穴埋め ありがとうございます。
    せっかくチャンスをもらえたのに、申し訳ありませんでした。
  • 野原 萌  2013/02/24 00:14
    武勇伝シリーズ
    なかなかの大物、愉快なお母様ですね。安子さんも凄いです。
    17日~22日まで毎日出かけていました(今月は月の半分外出です)ので、今日、まとめて一気に読ませて頂きました。あ~~たのしかった!

    だまし舟
    善江さんの言われる通りです。とりあえず体はつくろえても、結局は不器用にしか生きられません。
    弘さん、女は家庭という場所があるので助かりました。
    「祈る」ほんとうに。
    祈りの心で無理をしないで漂う事に致します。進さん、篤子さん有難うございました。
  • 野原 萌  2013/02/24 00:24
    翔龍さん
    お気使いさせてごめんなさい。
    私がもう少し早くご連絡すれば良かったのに、なんせ出入りが重なりまして、申し訳ございませんでした。次回またよろしくお願い致します。
  • 善江  2013/02/24 08:25
    ▼ たまごから人魚が孵るかもしれぬ   海月

    「人魚星☆」という童話では人魚の母親が卵を守っていたような・・
    川柳は発想ですね


    ▼ ちょっと待ってください

     ちょっと待ってどれがほんとの神様か  康浩

    いいエッセイですねぇ~
    うっとり、そして、こころに沁みます
    人生作り笑い・・なあんてコトバを聴きました
    なるほど・・
    みんなこんなもんや思たら、陽気な声もでる?
  • 野原 萌  2013/02/24 09:09
    たまごから人魚が孵るかもしれぬ  海月
    かわいらしいクリオネが浮かんできました。
    卵から孵化するかどうかは知れませんが、作者はくらげ様。
    秘密を見たのカモ・・・と想像が飛んでいます。

    ちょっと待ってどれがほんとの神様か  康浩
    >自分で放った照明弾の光を希望としなければ 正直参ってしまう。
    康浩さんの神様はそこのところ、つまり希望とする人間の品格の部分に生まれ、在すのではないかと思います。(口で言えば危険ですが・・)
  • 政二  2013/02/24 13:43
    康浩さん
    読ませていただき、僕が勤めていたときの川柳の関わり方を思い出しました。ちょうどピークは「川柳新子座」あたりです。
    会社の昼休み、通勤時間、ちょっとした時間があれば考えていました。
    それでも間に合わず、いつも宛名を書いたハガキを用意していて、ポストの前で何回か書いたことがあります。今ではいい思い出です。
    康浩さんの「川柳大学」の関わりは選評も含めて文章での関わりが多かったような印象があります。文章は時間がかかります。細切れの時間を利用するには作句の方がいいようです。それも題詠より雑詠、気楽に
    仕事の合間に思いつく言葉を書き留める。仕事を離れて思うのは、仕事の緊張から生まれてくる言葉は貴重で、それを残さずに忘れてしまうのはもったいないなと思うのです。
    それとあまりいい作品をと思わないことです。記録するだけのような気持ちの関わり、とにかく今できる範囲の精一杯がなによりだと思います。
    現在、僕のまわりにも仕事の大変なときは何年も休まれ、今また活躍
    されている人が何人もいます。そんなものです。
  • 大西俊和  2013/02/24 13:45
    ▼ たまごから人魚が孵るかもしれぬ   海月
    たまごから人魚が生まれる・・・想像すると楽しいです。

    ▼ ちょっと待ってください
    お仕事大変ですね。仕事に追われておられる時も、康浩さんの心で川柳は栄養をいっぱい摂って出番の日に備えていると思います。お疲れに気をつけて、仕事に専念なさって下さい。
  • 藤安みな  2013/02/24 17:57
    ▼ たまごから人魚が孵るかもしれぬ   海月

     人魚がたまごを抱いていて、やがて次々に孵化した小さな人魚がたくさん泳いでいく。そんな世界が帰ってきたら、あらゆる命が輝きだすと思います。
     イメージがふくれあげって止まりません。
  • 海月  2013/02/24 19:21
    皆様
    温かなコメントをありがとうございます

    善江さま
    善江様の優しい母性の中で心地よさそうにしている人魚が見えるようです

    野原様
    うふふ。そうなのです。海の底のことなら私にお任せください。だって私は海月ですもの。あの天使のクリオネ。獲物を食べるときはまるで悪魔ですね。クワバラクワバラ。

    藤安さま
    メルヘンの世界ですね。みな様はきっと可愛い方なのだと思います。

    大西さま
    ありがとうございます。
    柔らかな午後の日差しの中でバケットの中の眠そうなたまごたちを見ていると、うっすらと透けて見えて、もしこの中に人魚が眠っているとしたらどうなるだろう。。。という発想からできた句です。
    もし本当に人魚が孵ったとしたら。。。
    金魚が泳ぐ水槽に一緒に入れても大丈夫でしょうか?
  • 田村ひろ子  2013/02/24 21:37
    ▼ たまごから人魚が孵るかもしれぬ   海月
    海月さ~ん、きっと、卵の殻の色は薄いピンクで柔らかいのよね。きっと、人魚が殻の中で海月さんの思いに耳をすまし、クスクス笑っています。お願いですから、金魚とは別の水槽にしてくださいネ。人魚が歌う、少し小高い石を入れて・・・、さてお食事はどうしましょう。楽しみにしています。


    ▼ ちょっと待ってください

    ちょっと待ってどれがほんとの神様か  康浩

    康浩さん、お疲れさまです。
    「ほんとうの神さまは・・」と思ったこと、何度もありました。そんなときにも、ふと「今日の夕焼けはいいな~」「三日月って優しい」と思う瞬間もありました。
    康浩さん、無理はなさらないでくださいね。

    ゆうゆう夢工房のインタビューの時、石部明さんがおっしゃっていました。
    「仕事への行き帰りの車の中で川柳を作ってます」と。
    どんな時も、
    川柳は康浩さんにそっと寄り添っていると思います。
    お体を大切になさってくださいね。
  • 坪井篤子  2013/02/25 05:29
    3月とことん句会「雑詠」1句を募集中です。
    3月2日(土)深夜締め切りです。
    投句先は「とことん会掲示板」をご覧ください。
  • 海月  2013/02/25 05:46
    ひろ子さ~ん
    いつも本当に美しいコメントをありがとうございます
    そうですね
    せっかく生まれる人魚なのですから大切に育てなければ。。。
    私のようながさつな人間の元では自信がないので、生まれたらひろ子さんに育てていただきたいと思います

    余談ですが
    昔短歌で「金魚」というペンネームを使っていたころがあります。何も考えずに浮かんだ名前ですが見た目とイメージがキレイだなと思っていました
    もちろん私自身にはそういうイメージはなく、むしろウツボですが。(ウツボに恋をしていた時期があり水族館に会いに行ってました)

    康浩さま
    大変だと思いますがどうぞお体に気をつけて乗り越えてくださいね
    私も結婚30年。自営の大家族に嫁ぎ自分の時間がなかなか取れませんでした。川柳などの投稿を始めるようになって脳が活性化しましたが、だいたい朝の掃除の時間に句が浮かんでいました。
  • 大西俊和  2013/02/25 07:44
    脈のあるほうがわたしの軍手です 怜

    ほー、軍手に脈があることを初めて知りました。しっかり働いた軍手、怜さんの脈と同じリズムで脈打つようになったのでしょうね。手袋も靴も、使う人の雰囲気に染まっていくので不思議です。
  • 蓮子  2013/02/25 10:03
    中嶋安子さま、はじめまして。
    楽しいエッセイに唖然、大笑い、びっくりでした。
    無理をせずに過ごしてくださいね。

    康浩さま
    ちょっと待ってください
    大変ですが、身体を大事に、川柳が支えになっていると思います。
  • 善江  2013/02/25 11:19
    政二さん

     「そんなものです」
       
       淡々としているようで説得力があります
         
        この言葉に救われる人も多いと思います
  • 善江  2013/02/25 11:30
    ▼ 脈のあるほうがわたしの軍手です   怜

    怜さんらしい一句ですね

    伸縮性に富み左右の区別なく、労働する軍手・・
    生活感あふれる脈打つ軍手・・それが「わたし」のだ(笑)
    ラバー軍手、クロネコヤマト軍手、アトム軍手・・(笑)
  •   2013/02/25 20:32
    ▼ 脈のあるほうがわたしの軍手です   怜

    脈が軍手に伝わるくらいだから相当がんばって働いたのでしょう。力強い句ですね。ひょっとしてヨイトマケの脈かな。


    ▼ ちょっと待ってください
    康浩さん大変ですね。川柳はいつまででも待っていますよ。
    私が川柳を始めたのは遅い方ですが、そのずっと前の会社時代のネタをヒントに川柳をかなり詠みました。とりあえず目の前のモグラを叩くなり、くすぐるなりしてはどうでしょうか。今だから言えることですが・・・。
  • 野原 萌  2013/02/26 00:47
    脈のあるほうがわたしの軍手です  怜
    洗い晒しの木綿のような・・。ってな事言って夫をかどわかしました。
    う~~ん軍手ですか?参りました。凄い勲章ですね。

    洋梨のフォルムを試着したくなる  怜
    かーわい~!・・デモ実は切ないのよネこの体形。
    怜さんのユーモアたっぷりの句に心が軽やかに踊りだしました。洋梨ワルツです。
  • 苑子  2013/02/26 08:48
    ポイントをためて南風になろう    須川柊子

    1年分のポイントがもうすぐ貯まりますね(^^)
    とびっきりの南風になってね
  • 善江  2013/02/26 09:09
    ▼ ポイントをためて南風になろう   須川 柊子

    ポイントをためていると
     神サンはその後姿を見、
      (うーむ、わりに根性のええトコあるなあ)
        と思ってくれる?
         人は神サンの招待客である、ようです
  • 大西俊和  2013/02/26 13:52
    ▼ ポイントをためて南風になろう   須川 柊子

    はーい、南風の柊子さんを皆で両手を広げてまってま~す(笑)。
  • うらら  2013/02/26 17:28
    ▼ちょっと待ってください

     ちょっと待って頂戴!の財津一郎のフアンです。
     「ちょっと待ってください優しい壁に触れるまで」・・「優しい壁」・・ステキです。川柳界は甘えん坊将軍の登場をみーんなお待ちしています♡
  • 大西俊和  2013/02/27 07:12
    らっきょうがつるりと逃げる箸の先 小林祥司

    らっきょは箸の先でつるりつるり、なかなか取れないことがありますね。日常の事柄から心理的なことにまで広がり、楽しい句ですね。
  • 善江  2013/02/27 08:17
    ぎゅ、ぎゅ、ぎゅう

    きららちゃんが
    ひさしぶりに 学校へきました。
    きららちゃんは、かぜでした。

    「きららちゃんがきて、うれしい」
    わたしは、きららちゃんに だきつきました。
    ぎゅうって だきつきました。

    なみだが 出そうでした。

    せんせいが、
    「わあ、いいな。せんせいも」
    といいました。
    三人で ぎゅってしました。

    いちなちゃんも きました。
    四人で ぎゅってしました。
    ひなたちゃんも ぎゅってしました。
    みんなで、
    ぎゅ、ぎゅ、ぎゅうってしました。


    からだが ぽかぽかしました。

    2011年 泉野小1年 井上 海  「高知県こども詩集やまもも」より
  •   2013/02/27 09:13
    らっきょうがつるりと逃げる箸の先   小林祥司

     らっきょうって涙のかたちしているとらっきょうを食べる たびに思います。

    ちょっと待ってください   康浩

     毎朝5時前に起きて・・・ばたんきゅう・・・
     一日をなかなか自分の都合で埋められない。
     とお~~~~~~~~~っても わかります!


    俊和さん 政二さん 篤子さん 善江さん 進さん 萌さん
    コメントをありがとうございました。
    タイミングよく書き込みできずすみませんでした。
    また 読んでくださったみなさま ありがとうございました。
    2月の川柳、☆☆さんのピンチヒッターとしては力不足でしたが 機会をくださりありがとうございました。
  • 野原 萌  2013/02/27 10:46
    ぎゅ、ぎゅ、ぎゅう
    海ちゃんみたいな子がひとり居るだけで、登校拒否はなくなりますよね。
    涙がでそうです。
    こころが ぽかぽかしました。


    ポイントをためて南風になろう  須川 柊子
    こつこつとポイントを溜めて手に入れた切符。きっとお金で買えないなにか。
    だって南風になれるですもの!ステキ。
    神戸でまってま~~す!
    (ぽかぽかでなく、ポッカをしました。昨日柊子さんの句にコメント書いたのに、??? 投句ミス。)
  • 三好 光明  2013/02/27 11:00
    らっきょうがつるりと逃げる箸の先   祥司

    箸の先がいいですね~、なんでもない日常を繊細な視点でキャッチ!上手く表現ですね。

    ちょっと待ってください    康治

    ちょっと待ってください~言いたくなりますよね~自由の身になってから、久しぶりに朝の「通勤電車」に乗りました、上手く表現できませんが、全くなじめませんでした、(何十年も、私もごく普通に乗っていた通勤電車です、~不思議な感覚でした。)康冶さんも、いつの日か<今の状況が>きっと良い思い出になるのではないでしょうか?「今できることを、一つずつやられれば、それで良いのだと思います」
  • 野原 萌  2013/02/27 11:07
    らっきょうがつるりと逃げる箸の先  小林 祥司
    つるり。つるっ・・逃げられるとつい意地になって箸が追う。
    いい匂いでクスッと笑っているような飴色の美しいヤツ。
    辛口の美酒をひと口いただきましょう。
  • 須川柊子  2013/02/27 11:46
    こんにちは。
    まだまだ寒い仙台から、日替わり川柳へのコメントの御礼を申し上げます。

    もうすぐ、交流会ですね。
    南風になって、皆さんに会いに行きます。
    軽やかなステップでは有りませんが、よろしくお願いします。

    萌さん
    日替わり川柳にお声をかけていただき、有難うございました。
    ステキな作家さんたちに囲まれて、幸せでした。
  • 小林祥司  2013/02/27 13:31
    俊和さん、怜さん、光明さん コメントありがとうございました。

    萌さん 
    日替わり川柳への投句機会を頂きありがとうございました。
    皆さんからもコメントをいただき、ちょっぴり嬉し恥ずかしの気分でした。
    寒かった2月ですが顔を上気させながら読まさせてもらいました。
  • 善江  2013/02/28 07:04
    ▼ 響き渡るテノール 福井敬は宙   弘津 秋の子

    死んだかれらの残したものは
    生きてるわたし生きてるあなた

    「死んだ男の残したものは」谷川俊太郎作詞の反戦歌として有名ですが
    上記の歌詞が好きです
    日本を代表するテノール歌手・福井敬さんの
    歌声に酔っておられる秋の子さんが浮かびます
  • 大西俊和  2013/02/28 09:13
    ▼ 響き渡るテノール 福井敬は宙   弘津 秋の子

    声の美しさだけでなく、その奥の深く果てしない宙にも感動なさったのですね。共鳴するものを秋の子さんもお持ちになっているということでもありますね。
  • 野原 萌  2013/02/28 09:16
    響き渡るテノール 福井敬は宙  弘津 秋の子
    秋の子さんが「宙」と言い切る福井敬。不調法にて検索してみました。うん。うん。

     死んだ男も、女も、子供も 残さなかった
     死んだ兵士は 残せなかった
    「残せなかった」と詠んだ詩人のこころ。しみじみと伝わったのでしょね。
  • 坪井篤子  2013/02/28 20:57
    お知らせ

    現代川柳を文芸芸術にまで高めた時実新子。
    愛する娘に寄せた手紙と、娘・安藤まどかのエッセイで綴る
    母子の魂の交流と感動秘話。

    『わが母 時実新子』―母からのラブレター
                 安藤まどか著

    手紙の名手でもある時実新子の今まで語られなかったもう一人の新子が生き生きと綴られています。「こんなこと、あんたにしかいえんもんねえ」と一人の女性の普通の真実。
    没後6年。
    時実新子の半生に新たな光を当てる一瞬。(以上概略抜粋)

    2月28日書店にて発売 
    3月9日の「月の子忌7回忌句会」の会場でも販売します。
    定価(本体1800円+税)実業の日本社
  • 野原 萌  2013/02/28 22:54
    2月日替わり川柳のお礼
    ことのほか寒い2月でございましたが、此処は何時もほかほかと温かいです。
    2月を担当して頂きました海月さん、怜さん、須川柊子さん、小林祥司さん、弘津秋の子さん、斎藤レイ子さん、真埼翔龍さん 有難うございました。ワクワク楽しんで頂いたと聞かせて頂き、ほんの少しお手伝い出来たことを嬉しく感謝申し上げます。
  • 野原 萌  2013/03/01 09:24
    上ばっか見ているママの付けまつ毛  ええ一
    ヤンママにええ一流のユーモラスなチクリ?付けまつ毛がグー!
    綺麗なママもステキだけど・・。上昇志向もいいけれど・・。
  • 弘津秋の子  2013/03/01 12:10
    二月の日替り川柳にコメントをくださった皆さま、ありがとうございました。スタッフの皆さま、ご苦労様です。突然萌さんの川柳が載った日は混乱しました。人ごとにあらず。心強し。
    康浩さん 
    いろいろあって歌えなくなったカナリア?雀くらいかな~の私の現況ですが、福井敬さんの歌を聞いて涙がでたので、大丈夫かな~と少し安堵。 
    いつかまた康浩さんのリクエストの「坊がつる讃歌」をカラオケでご一緒できる日があるといいな。
  • 政二  2013/03/01 20:18
    ええ一さん
    現在ですね。
    そんなお母さんたちはどこへ行くのでしょう。
    下から小さな目が心配しています。
    「上ばっか」がいいです。
  • ええ一  2013/03/01 21:32
    矩さん、萌さん、政二さん、
    コメント有難うございます。
    三月の金曜日を担当させて頂く事になりました。
    よろしくお願いします。
  • 坪井篤子  2013/03/02 09:01
    ☆オスカルの胸毛クララの蒙古斑  苑子

    某句会で「漫画」の題の特選句だとか。発想のユニークさに脱帽です。
  • 鶴見佳子  2013/03/02 11:46
    ☆オスカルの胸毛クララの蒙古斑  苑子

    おもしろいです。すかっとしました。落語でいえば、笑福亭って感じ。
  • 野原 萌  2013/03/02 13:49
    オスカルの胸毛クララの蒙古班  苑子
    男も女もそれぞれに隠し持っているものを何としょう?読み手により広がる句・・・・などと。
    ああそうなんですか?題は「漫画」でしたか。おめ目に星キラリ。で読めばいいのですね。
  • 須川柊子  2013/03/02 14:56
    オスカルの胸毛クララの蒙古斑  苑子

    あの、麗しのオスカル様に胸毛が??
    あの、愛らしいクララに蒙古斑が??

    参りましたっ!
  • 苑子  2013/03/02 23:02
    みなさん、コメントありがとうございます。
    実は某句会ではオスカルの「鼻毛」で投句しました。
    鼻毛も蒙古斑も有り得るけれどぜったい表現されないであろうと思って作ったのですが
    よ~く考えたら蒙古斑は北方アジア人にしかありません
    クララはヨーロッパ人ですよね・・・
    そこで有り得ないオスカルの胸毛に変更しました(^^;)
  • 大西俊和  2013/03/02 23:52
    オスカルの胸毛クララの蒙古斑  苑子

    物語のイメージがかなり変わりますね(笑)。今後、ベルサイユの薔薇を観たら、この句を思い出すことでしょう。
  • ゆうゆう夢工房  2013/03/02 23:59
    ☆2月句会結果☆

    イメージ吟高得点作品

    「URASHIMA」のラストシーンを撮り終える ええ一
    早春の男の水位たしかめる    小野善江
    足元にまとわりついている昨日    須川柊子

    課題吟「豆」高得点作品

    豆粒になってしまった夢一つ ルル君

    4名の皆さん、高得点、おめでとうございます。
  • 小林祥司  2013/03/03 08:52
    白き闇夜のしじまの雛の壇   黒川利一

    村井広子さんのエッセー「怖い」とコラボして、いい雰囲気ですね。
    幼子にはじっと座って見ているお雛様に怖さを感じたのでしょうか。今は、身の周りは動画の時代ですものね。
    だからと言って、お雛様が動いたらもっと怖いよね、利一さん。
  • 大西俊和  2013/03/03 22:12
    白き闇夜のしじまの雛の壇   黒川利一

    今日のエッセイ「怖い」を川柳化したような作品ですね。何か心を圧倒するようなものが、お雛様にはあるのかも知れませんね。それは村井広子さんが書かれているように、とても大事なものなのでないかと思います。