現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

オープン掲示板 過去ログ

どなたでも書き込んでいただける掲示板です。現代川柳の話題、イベント情報など、ご自由に利用してください。雑談もOKです。インターネットに一般公開されている掲示板ですので、個人情報の取り扱いにはお気をつけ下さい。

  • ええ一  2013/03/19 14:31
    *年寄りの仕事ですけどプチ萌える  鶴見佳子
    なにかする事があるのは、素晴らしい事です。
    そして、その事に萌える(燃える)事が出来れば
    それは幸せだと思います。
  • 野原 萌  2013/03/20 01:03
    年寄りの仕事ですけどプチ萌える  鶴見佳子
    前向きな佳子さんのパワーの源を感じる句ですね。
      
    玉江さん
    親ってありがたいですね。良いお話を有難うございました。
  • 大西俊和  2013/03/20 07:00
    青春をカラーコピーで遡上する 水たまり

    カラーコピーで軽快に刷りだされる
    水たまりさんの青春を見てみたいです。

    ひとりごと (1) 「ガンバレ」

    言葉は不思議な力を持っているらしいですね。
    「ガンバレ」と呟くと力が湧いてくるのかも。
  • 坪井篤子  2013/03/20 12:32
    ☆青春をカラーコピーで遡上する  水たまり
    カラーコピーで青春へ戻ってゆかれるのですね。

    ☆ひとりごと (1) 「ガンバレ」 大西玉江
    坂の途中の「ガンバレ」は彼女にとって、玉江さんが母親のように思えたのでしょう。
    そして自分自身にも言い聞かせていたのかも知れませんね。
    気がつけば独り言を言っている自分にハッとする事があります。不愉快な独り言よりも他人に聞かれても恥ずかしくない独り言が自然に出るようになりたいものです。
  • ええ一  2013/03/20 14:15
    *青春をカラーコピーで遡上する  水たまり
     青春はやはりカラーコピーでしょうね。
  • 鶴見佳子  2013/03/20 15:30
    善江さん、篤子さん、光明さん、俊和さん、ええ一さん、萌さん、

    コメントありがとうございます。「年寄りの仕事」という言葉を最初に聞いたのは、昔上司だった人と久しぶりに会った時。支社長まで勤めたがその会社は倒産し、仕事を失った。最近どうしてるんですかと聞くと、梅田の駐輪場で整理の仕事をしているという。「年寄りの仕事だよ」。自嘲的ではあったけど、定期券をもって都心部に出ること、今も働いていること、だから健康が保てていることをありがたいと思っている風情は伝わった。お年寄りが担ってくれている仕事には、いわゆる評価は高くなくても、社会に必要なことが多いなあと思い、それ以来、いろいろな年寄りの仕事に注目してきました。やっぱり自分のためだけではなく、社会に役立つこと、人のためになること、評価されることは大切だな、とも。「高齢者」という言葉にはあんまり感じないけど、「年寄り」「お年寄り」には、尊敬や愛情を感じるなあと思い至りました。
  • 野原 萌  2013/03/20 20:56
    佳子さん
    元支社長さんの言葉でしたか?句意を違えて取りました。重い言葉ですね。


    ❤ 青春をカラーコピーで遡上する  水たまり
    カラーコピーで遡上。美しくていい。元気も出てきました。
    還暦を前におさない初恋の君が逝きました。
    その子が似合ったマリンブルー。
    もうセピア色から解放です!

    ❤ 「ガンバレ」
    困った様なお顔。そしていつものニコニコ顔の玉江さんが浮かびます。
  • 水たまり  2013/03/21 06:10
    俊和さま 篤子さま ええ一さま 萌さま

    コメントありがとうございます。それこそ「ガンバレ!」と肩を叩いていただいたような気分です。

    南沙織さんの「十七才」が大ヒットした年の秋に、憧れていた十七歳の誕生日を迎えました。それなりの苦悩もありましたが、とにかく毎日が輝いていた時代です。戻るならあの頃? 少し積極的に振る舞えば恋も成就させられることを、今なら知っています‥‥。
  • 三好 光明  2013/03/21 09:28
    敵は粉固める物を用意しろ    らき
     敵は「花粉・黄砂?」いずれにしても、厄介な敵です、戦うよりも、逃げの一手ではいかがでしょう?

    ひとりごと(1) 「ガンバレ」  大西玉江
     昨夜のNHK にっぽん紀行「89歳のラブレター」・・・大阪の「青空書房(古本屋さん)」のシャッターに掲載される「手書きのポスター」~とっても優しい「ひとりごと」かもしれませんね・・・番組を見ていて、大西さんのエッセーと結びつきました。
  • 能津 健  2013/03/21 15:51
    大西玉江さん「ガンバレ」面白かったですよ、ぼくも時々独り言を言ってしまいます。ところで、先日は偶然お会いできてうれしかったです、お名前は以前から存じていましたが、バスの中の目の前のご婦人が「玉江さん」とは、ぼくも矩さんも気が付きませんでした。
  • 大西俊和  2013/03/21 16:09
    敵は粉固める物を用意しろ    らき

    グーチョキパー、それぞれに弱み強みを持っていますね。
    そして、粉には・・・。
  • 坪井篤子  2013/03/21 19:36
    ☆敵は粉固める物を用意しろ    らき

    厄介な粉に対して固める物を用意とは考えつきませんでした。
  • ええ一  2013/03/21 20:05
    *敵は粉固める物を用意しろ  らき
     命令口調の硬派川柳。あまり前例を見ないオモシロサがあります。花粉にしろ、PM2・5にしろ、固めてしまえばこっちの物かも・・・。

    *ひとりごと
     句を考えている時、草稿の思案中、など私もよく独り言をいうらしい。それはそれで、ある種のカタルシスにはなっていると思うのですが、傍にいる者にとっては気持ちが悪いらしいです。
  • 野原 萌  2013/03/21 23:57
    敵は粉固める物を用意しろ  らき
    敵さん、思いもよらぬらき司令に慌てていることでしょうね。愉快です。
  • 三好 光明  2013/03/22 09:54
    以心伝心アイツも俺の事嫌い     ええ一
     「馬が合う、合わない」とか~よくありますよね、馬の合う方へ進めばいい~そんな歳になりました。

    ひとりごと(2) 「自分のドラマの中で」 大西玉江
     「なんや、そうなんや」~落ちが見事ですね!「ブツブツ」と、ひとり言は健康増進剤、<なんや、そうなんや!>・・・。
  • 大西俊和  2013/03/22 11:06
    以心伝心アイツも俺の事嫌い     ええ一

    人間大好き人間の証ですね。

    ひとりごと(2) 「自分のドラマの中で」 大西玉江

    ひとりごと、あまり言わない方ですが、玉江さんのエッセイを読んでいるとひとりごとを言いたくなってきました(笑)。
  • 坪井篤子  2013/03/22 11:16
    ☆以心伝心アイツも俺の事嫌い     ええ一
    よ~く分かります。でも気になるアイツなのですよね。
    ☆ひとりごと(2) 「自分のドラマの中で」 大西玉江
    花に綺麗だねと声をかければ綺麗な花が沢山咲くように、また酒の仕込時モーツアルトを聞かせる酒蔵もあると聞く。これらも「自分のドラマの中で」なのでしょうね。
  • 野原 萌  2013/03/22 23:35
    以心伝心アイツも俺の事嫌い  ええ一
    あるある。ある。
    ところがひょんな事で、「なあ~んや、案外ええとこあるやないか?」
    という事も無きにしも非ず。人生は面白い。

    「ひとりごと 2」
    退屈なんかしておれない。愉快な川柳人の玉江さん、楽しいです。
  • 大西俊和  2013/03/23 00:17
    長野在住の桜扇さんが句集『桜扇Ⅱ』を上梓されました。その中から数句紹介致します。

    人ひとり殺したき日も葱きざむ
    カナリアが死んだ私の掌の中で
    さらさらと歳月米を研ぐように
    突風に見られてしまう日記帳
    病室の窓の美しすぎる月
  • 水たまり  2013/03/23 06:37
    以心伝心アイツも俺の事嫌い  ええ一

    不思議なもので、「この人、苦手だなぁ」と思っていると相手も敏感に感じ取っている様子。それって心が通じているからだったんですね(^^)v
  • ゆうゆう夢工房  2013/03/23 12:47
    ☆時実新子全句集☆

    夢工房所有の時実新子全句集(定価15000円)10冊が残り3冊となりました。購入ご希望の方は
    夢工房yumekobo@ssksaloon.net にお申し込み下さい。
  • ええ一  2013/03/23 16:47
    コメントを下さった皆さん、有難うございました。
    苦手な人もいるから刺激があるのかもしれませんね。
    「八方美人は疲れますよ~」とも言われますが、
    個性をミトメテ、塩でも贈るように努力してみますか?。
  • 坪井篤子  2013/03/23 19:27
    ☆間欠泉 正気にかえるまで五分  苑子


    間欠泉の勢いを上手く表現されていると思いました。
    確かに「正気にかえるまで五分」は言い得てますよね。
  • 坪井篤子  2013/03/23 19:40
    桜扇さん、句集『桜扇』ご上梓おめでとうございます。
     
      さらさらと歳月米を研ぐように  桜扇


    阪神淡路大震災で被害に遭われ長野へ行かれたのでしたね。
    川柳を始めたばかりの頃、お世話になりました。
    お元気でご活躍の由、嬉しく思います。
  • ええ一  2013/03/23 20:26
    *間欠泉 正気にかえるまで五分   苑子
    間欠泉って、魅力的ですね。
    「正気にかえる」が面白いです。
  • 野原 萌  2013/03/24 00:04
    間欠泉 正気にかえるまで五分  苑子
    間欠泉に圧倒されました。そんな作風で面白いですね。
  • 坪井篤子  2013/03/24 05:52
    お知らせ


    4月とことん句会の投句募集中です。
    投句先は「とことん会掲示板」をご覧下さいませ。
  • 小林祥司  2013/03/24 06:39
    三好光明さん
    終末は心豊かに過ごしたいものですね。
    突然やってくるその日のためにと思ってはいるが・・・です。
    続きを楽しみにしています。
  •   2013/03/24 07:25
    おはようございます。


    光明さん
    私もエンディング・ノートについては多少知っているつもりで、重要性も分かります。でも、小心者の私には、それに向きあう度胸がないようです。(^_^;)
    今後のお話に期待します。
  • 善江  2013/03/24 07:46
    おはようございます
     高知は桜満開です でも次第に花曇り、花の雨に・・

    ▼ ありふれた喜びでいい豆の花  黒川 利一

    晩秋に種をまいたキヌサヤの花芽がいっぱいに・・
    ささやかな幸せを感じさせてくれる豆の花です

    以前、ツタンカーメンのエンドウ豆を育てたことがあります
    発掘された副葬品の中から発見された古代エジプト人が食べたであろうエンドウ豆・・
    花の色はワインレッド
    さやの色は紫
    エンドウご飯を炊いて保温すると徐々に赤飯に変わるらしいです  古代エジプトのロマン色


    ▼ エンディングノート その1

    「遺言状」とは異なる「エンディングノート」
    いいヒントをいただきました
  • らき  2013/03/24 09:10
    光明さま  やっぱり逃げるのが一番賢い戦法のようですね。即実践します。
    俊和さま  そして粉には・・・そうなんです。どんな物を使うかも性格は出るような気もしますが。
    篤子さま  文字を見て思いつかなくても、台所に立ったとたんに最強の物を思いつくと思いますよ。
    ええ一さま  命令口調はあまりないんですね。気がつきませんでした。
    萌さま  敵が慌ててくれるのは嬉しいですが、味方が「御大将っておバカ・・・」って思うかもしれません。くすん。
  • らき  2013/03/24 09:14
    以心伝心アイツも俺の事嫌い  ええ一
     初対面でお互いにそう思えたら、後が楽ですよね。

    エンディング・ノート
    ①こんな体でいいなら、臓器でも何でも使って下さい。献体も「喜んで」
    ②その後取り敢えず灰にしたら、頭蓋骨まで粉々にして燃えるゴミに出してもらえるとすごくありがたいです。
     って書いてもいいんでしょうか。
     追伸。至極、本気です。
  • ゆうゆう夢工房  2013/03/24 09:14
    ☆WEB句会☆

    WEB句会の締切は本日24日23時59分です。ご投句よろしくお願い致します。
  • 石田 穗實  2013/03/24 10:31
    エンディング・ノート   その1
    三好さま 真面目にどうしたらいいのか考えていた時なので、まじめに読ましていただきます。
  • 玉江  2013/03/24 10:40
    篤子さん ええ一さん 光明さん 俊和さん 善江さん 萌さん 日替わりエッセイへのコメントありがとうございました。私も楽しみに読ませていただきました。
     能津健さん、矩さんに、月の子忌の帰りのバスでお会いできてうれしいことでした。帰りは少々疲れ うたた寝をしていた私の横での、二人の男性の会話にうとうとがぴくりに。抜く、抜かれる。さっきまで、いた場所で私も言っていた言葉です。声を掛けさしてもらい良かった。
  • ええ一  2013/03/24 10:50
    *ありふれた喜びでいい豆の花   黒川 利一
    媚びるでもなく、他人の目を気にするでもなく、こんな風に
    自然体で生きられるといいですね。

    *エンディングノート
    母が亡くなる前に、尊厳死協会の会員証を渡されました。
    あれもエンディングノートの1ページだったような気がします。
  • 坪井篤子  2013/03/24 12:56
    ☆ありふれた喜びでいい豆の花   黒川 利一
    なにげない日常の大切さ有難さ。


    ☆エンディングノート その1  三好光明
    大変参考になります。私事ですが2年前に雑誌の付録にエンディングノートがついているというのでわざわざ雑誌を購入しました。けれどもまだ1行も書けていません。息子にはきちんと記入しておいてと言われています。
  • 三好 光明  2013/03/24 20:25
    エンディングノート その1 にコメントをありがとうございます。
     祥司さん、突然やってくるその日のためにね・・・
     弘さん、「度胸」というより、私は「大切な人」への思いやりですかね~
     善江さん、「ヒント」にしていただいて、とても嬉しいです
     らきさん、今は「運転免許証の裏面」でも「臓器提供」の意思表示ができます、「頭蓋骨の粉」をゴミにだすのは、ルール違反ようです、残った人を「笑わせ過ぎ?」かもね・・・
     エミさん、「真面目」にありがとうございます、近くて遠いですね・・・
     ええ一さん、お母さんが「お手本を!」、私も書くことで心に余裕が出来ればと・・・
     篤子さん、急ぐことはありませんが、書くことで「気持がスッキリ」するかも知れませんね。

      みなさんの、温かいコメントに感謝しています。
  • 大西俊和  2013/03/24 21:34
    ありふれた喜びでいい豆の花   黒川 利一

    豆の白い花との素朴な出会いに喜びを感じる・・・豊かな時間ですね。

    エンディングノート その1

    祖父は私たちに長い手紙を残しました。父は何も残さず逝きました。どちらも良いなーと思います。でも、無精者ですので、父と同様に何も残さず去っていくように思います。
  • 北原おさむ  2013/03/24 23:25
    ◆エンディング・ノート   その1
    光明さん、こんばんは。
    エンディング・ノートですか。まだ考えたことありませんが、問題はそのノートを何処に隠しておくかでしょうね。死んだらすぐに見つけてもらわねばなりませんから。
    書棚では生前中に読まれる可能性があるし・・・財布の中か、布団の下か・・。
    それとも預金通帳に挟んでおくか・・(^.^)
    次回が楽しみです。
  • 野原 萌  2013/03/24 23:43
    ありふれた喜びでいい豆の花   黒川 利一
    きばらず、飾らず、自分に恥じないで生きて行けたら最高です。
    いい。と言い切った清さに作者の静かな目がうかびます。
     
    「エンディング・ノート」
    いつか特集を見ました。でもその時はピンと来ませんでしたが、そろそろ気になる年頃。後2回を読ませて頂き考えようと思います。
  • 善江  2013/03/25 08:31
    ▼ 古希の空燈心ほどの夢を追う   石原 てるみ

    「そこもあるナー」この日常語を常備薬のように懐中いたしましょう(笑)
  • 三好 光明  2013/03/25 20:53
    みなさん、コメントをありがとうございます。

    大西さん・・・「父と同様に何も残さずに去っていく~」それも一手かもしれませんね、ただ私は子供たちの気持ちも大切にしようと思います。
    北原さん・・・ノートを隠しちゃダメですよ!「遺言状」とは別物ですからね<笑い>
    萌さん・・・私も、そろそろお年頃で~す。
  • 鶴見佳子  2013/03/25 21:04
    ☆エンディングノート その1  三好光明

    昨年、一人くらしになった母から、「死ぬ時に胃ろうは拒否する」などと単発的に書かれた手紙が届きました。いつも突然、自分本位に言ってきて、衝突します。今まで会話がなかったのに突然手紙で宣言されても・・とまどいます。
    義母は、「私が死んだら、愛用の三味線と一緒に燃やしてほしい」という遺言を金庫の中に入れていました。金庫の鍵をもっていた義兄が金庫を開けたのは火葬した後。どうするんだどうするんだ、と兄弟で揉め、三味線はわが家にやってきた。飾っていたらお母さんが夫の夢枕にたち、それで私が三味線をお稽古する羽目に・・・。1年半でギブアップしましたー。

    書くよりもまず話し合おう、語りあおう、言葉で伝えようと思ってます。どちらにしても元気なうちに、ですね。
  • 章友  2013/03/25 23:33
    歌人集団『かばん』30周年記念イベント ~ふしぎなかばんを携えて~

    5月12日(日) 2:30-8:00 (開場2:00)
    会場 SHIDAX HALL (東京・渋谷)
    参加費3000円 飲み物・軽食・記念冊子付き

    ●Session 30- 短歌の相談室- トークショー
    佐藤文香(ゲスト) 佐藤弓生 穂村弘 

    ●短歌たたかう- 歌合せ-
    石川美南(ゲスト)笹公人(ゲスト) 
    伊波真人  東直子 柳谷あゆみ 山田航

    ●パフォーマンスだぱんぱかぱん - 映像作品・歌・朗読 -
    井辻朱美 伊波真人(feat. 鳥栖なおこ)
    榎田純子(かばん北海道)  
    柴田瞳 & 法橋ひらく & 雨宮真由
    陣崎草子 千葉聡 伴風花 雪舟えま

    ●かばん賞表彰

    ●本誌バックナンバー・会員著書販売
    フリマ・ 自由販売・展示

    http://homepage3.nifty.com/dog-and-me/kaban30/kaban30.html


    柳人のかたからのお申し込みも来ております。関東のかたは是非お越しくださいませ。
  • 善江  2013/03/26 08:27
    ▼ だらだら道を飽きずに行くが難しい  鶴見 佳子

    むあむあとした春の気分や匂いのなかで、ふと、
     存在の危うさを感じる・・
      だらだら道はずっとつづくようにも感じられる・・
  • 善江  2013/03/26 08:33
    お母さんの顔

    お母さんがぞうすいを作った
    お父さんが
    「なかなかおいしい」
    といった
    お母さんは、お父さんに
    あまりほめられたことがないので
    とても喜んだ
    うれしくてたまらないようだった
    後で、お兄ちゃんが
    「お母さん、ちょっとほめられただけで
    喜ぶねえ」
    といったら
    お母さんのにこにこ顔が変わった

      高知県こども詩集『やまもも タイムカプセル』1990年より
       仁井田小4年 池田 涼子
  • 三好 光明  2013/03/26 08:55
    だらだら道を飽きずに行くが難しい    鶴見佳子
     そうですよね、「平々凡々」は簡単なようで難しい・・・奥が深いですよね~。
     エンディングノートに、コメントをありがとうございます。
     私も、ポイントは<元気なうちに!>だと思っています。
  • 三好 光明  2013/03/26 09:05
    善江さん
     いつも「こども詩集」のご紹介をありがとうございます。
     可愛くて、優しい<詩>に心を洗われています、「お母さんの顔」・・・子供たちの目線の確かさは「恐ろしい程」ですね、子供は親のことを真っ直ぐに観ていることを再確認させられました。
  • 大西俊和  2013/03/26 09:17
    章友さん、歌人集団『かばん』30周年記念イベント ~ふしぎなかばんを携えて~、盛り沢山で楽しそうな会ですね。いろいろ川柳的刺激も貰えそうですね。
  • 大西俊和  2013/03/26 09:50
    だらだら道を飽きずに行くが難しい    鶴見佳子

    幸せな悩みですね(笑)。
  • 坪井篤子  2013/03/26 17:30
    ☆だらだら道を飽きずに行くが難しい    鶴見佳子
     だらだら道って楽なようで案外しんどいものです。
  • 善江  2013/03/27 08:22
    桜満開、春らんまん
      上旬から続いた陽気に誘われるように
       山でぽっ、海辺でぽっ、街中でぽっ、お酒を飲んでぽっ

    ▼ 燃えにくい素材でできています私   水たまり

    人生の中で残るものと残らぬもの・・
    形になって残らない、いろんな記憶が、両手にのこるものかもしれない・・


    ▼ エンディング・ノート  その2

    大切なことですね
    参考にさせていただきます
  •   2013/03/27 09:56
    おはようございます。


    光明さん
    私も少額ですが、毎年末に財産簿(貸借対照表)と明細書を作っていますし、その置き場所などは言ってあります。
    余談になりますが、財産簿と明細書はエクセルで作っていますから、年末に明細書の数字を直すだけで、計算は自動的にエクセルがしてくれます。これは便利ですよ。


    また、死後のことは口頭で言ってありますが、一番悩ましいのは、自宅で意識不明で倒れた時です。
    この時、救急車を呼んでもらい、たとえ半身不随や寝たきりになっても生きる方を選ぶか、潔くあの世へゆくのを選ぶかです。
  • ええ一  2013/03/27 10:08
    *燃えにくい素材でできてます私  水たまり
    燃える氷(メタンハイドレート)が話題になっているくらいですから、火の付け方次第でもしかしたら・・・???。
  • 大西俊和  2013/03/27 11:58
    *燃えにくい素材でできています私  水たまり

    日本近海に多量にあると言われているメタンハイドレート、日本を資源大国に変えるという噂も。燃えにくい素材こそ夢の素材になる可能性を秘めているのでは。

    ▼ エンディング・ノート  その2

    母は綺麗なお札を本に挟んで保存する癖があった。亡くなった後、押入れを兄弟で片付けると、積んである雑誌の間からかなりの額の紙幣が出てきた。私は母のような習癖はないけれど、子供たちが仲良く探せるように本箱の本にパラパラと万札を挟んでおこうかと思ったりしている。
  • ええ一  2013/03/27 13:35
    *エンディングノート その2
    確かに大事な事ですね。自分で自分の管理が出来ている間に、リストを作っておきたいと思います。
    最近、ウチでも漠然とですが、「家族葬にしたいね」という話をします。
    (追伸、俊和さんの蔵書、是非お借りしたいです。・・・)
  • 坪井篤子  2013/03/27 16:23
    ☆燃えにくい素材でできてます私  水たまり
    燃えにくいけれど一度火がついたら大変。きっと打上げ花火状態でしょう。


    ☆エンディング・ノート   その2「財産の記録」 三好光明 
    登記簿や保険証書、通帳などを入れている相方の金庫の合鍵を預かってはいるもののすぐ忘れるので「金庫の鍵」と書いた物をぶら下げて引き出しに入れています。これって金庫の役目を果してないですね(笑)。


    無宗教の家族葬に2度参列しました。どちらも生前好きだった音楽をお経がわりに流していて良かったですよ。勿論、戒名は無しでした。
  • 三好 光明  2013/03/27 22:42
    みなさん、エンディング・ノート その2に、明るく、面白く反応いただき、私も楽しまさせていただいてます、流石に<川柳>を愛するみなさんですね、ありがとうございます。

    善江さん~本当に大切なことです!

    弘さん~~便利な「財産簿」「明細書」の<元>様式が欲しいです。「寝たきり」か「あの世」か「その中間」か?悩ましいところですね、もし、お決めになりましたら、そっ~と私にもお教え願います(是非、参考にさせてください)

    俊和さん~「宝探し」のプレゼント・・・素敵です、ぜひ私にも一冊!お願いします。

    ええ一さん~家族葬増えているそうです、まだまだ時間はあります、ご家族でよ~くご相談ください。

    篤子さん~「金庫の鍵」~とっても面白いです!例えば「ペットの鍵」にでも、ご変更をお勧めします。
  • 水たまり  2013/03/28 00:21
    善江さま ええ一さま 俊和さま 篤子さま

    いつもコメントをありがとうございます。

    ・人生の最後にのこるもの‥‥見て見たいような、ちょっと怖いような。
    ・火の付け方によっては燃え上がってしまうのだとしたら?
    ・メタンハイドレートと燃えない物=「ほこ×たて」 夢の素材になれたら素敵!
    ・ひとたび火が付いたらあっけないのかも? 

    皆さんのお陰で3月の水曜日を楽しく過ごすことができました。日本が狭く感じられるこの広場でお仲間に加えていただけたことに、心から感謝いたします。
  • 善江  2013/03/28 08:17
    ▼ それでもさこれから役立つよ忍者    らき

    あはは。「くノ一」かしら・・
    らきさんらしい忍術で日替わり川柳しめくくりいただきました
    お疲れさまでした
  •   2013/03/28 08:42
    おはようございます。


    光明さん
    「財産簿」「明細書」の<元>様式は、早速メールに添付して送らせていただきます。
    ついでですから、川柳の整理のフォームの一部も添付いたします。


    救急車の問題は、私自身もまだまだ結論は出そうもありません。(^_^;)
  • 三好 光明  2013/03/28 09:55
    それでもさこれから役立つよ忍者    らき

     <忍者!>絶対に役立ちます、イザ!というときに頼りにしています、その時には、よろしくお願いします。 らき様へ

    弘さん
    「財産簿」「川柳」の様式、到着しています、ありがとうございます。使わせていただきますね。
  • 大西俊和  2013/03/28 10:02
    それでもさこれから役立つよ忍者   らき

    40億年の生命の歴史。人間の体には、まだまだ
    素晴らしいノウハウがあるのでしょうね。
    忍術、古武道・・・らきさんのこれからの忍術を
    楽しみにしています。
  • 石田 穗實  2013/03/28 11:14
    エンディング・ノートその2「財産の記録」 三好光明 財産はないですがうんうんうなずいています。
    近くて遠い、確かに。
     4月5 6 7日瀬戸蔵にて陶芸展やっています。
    お時間があれば覗いてください。
     ここにこんなこと書いてしまいました。ごめんなさい。
  • 石田 穗實  2013/03/28 11:14
    エンディング・ノートその2「財産の記録」 三好光明 財産はないですがうんうんうなずいています。
    近くて遠い、確かに。
     4月5 6 7日瀬戸蔵にて陶芸展やっています。
    お時間があれば覗いてください。
     ここにこんなこと書いてしまいました。ごめんなさい。
  • ええ一  2013/03/28 11:40
    *それでもさこれから役立つよ忍者  らき
    おっしゃる通りだと思います。
    007ならぬ、009ー1(くノ一)・・・?
  • 三好 光明  2013/03/28 19:48
    エミさん

     コメント、情報をありがとうございます。
     財産の有無には関係ないと思います。私もありませんが、食べることには困っておりません、十分ではありませんが、特に不自由でもありませんよ。
  • 坪井篤子  2013/03/28 20:36
    ☆それでもさこれから役立つよ忍者  らき


    ややこしい世の中、スパイの暗躍する世界、忍者が役に立つことでしょう。
    らきさんの発想いつも面白いですね。
  • 善江  2013/03/29 08:02
    ▼ 少々はヤンチャな過去もある右手   ええ一

    うふふっ・・
    「右手」が効いてますなぁ~
    言う言わないの違いで大抵の人は・・
    今だから話せる・・(笑)

    ▼ エンディング・ノート その3

    人生の記録と家族への申し送りとして
    家族も癒されるのでは・・
  • 善江  2013/03/29 08:13
    ピンク色の学校


    「さくらの海や」
    と、さあやちゃんがいった
    学校の前の田んぼに
    さくらの花びらがちって
    花びらがうかびあがっていた
    そのそばを
    さくらの川も流れていた
    上からさくらの花びらが
    ちらちらとふってきた
    「さくらの雨やあ」
    と、みんなで
    さくらの花びらを
    つかまえて遊んだ
    さくらだらけの学校は
    ぜんぶピンク色だった

     高知県こども詩集『やまもも』波介小3年 野村果里より
  • 三好 光明  2013/03/29 09:01
    少々はヤンチャな過去もある右手    ええ一

     少々ヤンチャな方が「モテ」ます、生活力・エネルギーも豊かなようですね・・・<右手>が決め手ですね。
  •   2013/03/29 09:51
    おはようございます。


    *少々はヤンチャな過去もある右手  ええ一


    ええ一さん


    付句を。


     *老いという字をなぞる左手


    お粗末でした。m(_ _)m




    光明さん


    4 については私も同感です。自分ですらあまり振り返りたくない過去ですから・・・。(^_^;)
    私が遺すのは、手作りの俳句・川柳の句集と、今は描いていませんが、下手な油絵10点程度でしょうか。


    5 については、私が一番望んでいるのは、死についての恐怖がなくなることです。
    鬱で自殺願望が強い時でさえ、自殺の勇気は出ませんでした。(^_^;)


    来年こそお会いできるのを楽しみにしています。(^_^)
  • 小林祥司  2013/03/29 10:03
    三好光明さん
    もし、愚妻が先に逝ったら・・・と思うとパニックです。
    ノートは、すべてが残された者への最後否最高のプレゼントですね。
      X DAY知らず夢持ち生ける幸
    ノートを作ろうとしないのは、年を重ねても今が元気だからですね。
     大病をした兄は「いつもここに遺言状がある」と封書を見せてくれたことを思い出します。
    気がついたときに書き直したり、追加していると言いながら机の引き出しに仕舞いました。
    4月、新年度のスタートです。先ずは1ページを開いて見ようかと考えさせられました。
  • 坪井篤子  2013/03/29 13:49
    ☆少々はヤンチャな過去もある右手    ええ一


     この右手(大方は利き手)でねぇ。少々という所がミソですね。
  • 北原おさむ  2013/03/29 14:17
    ◆エンディング・ノート  その3

    光明さん、エンディングシリーズ、大きな反響がありましたね。私も参考になりました。まだ先の事、と思っていましたが人間いつ逝くかわかりませんから(^O^)
    私の場合、その前にまだやっておかねばならない事が少し残っています。それを片づけてから私もいよいよ。

    ◆少々はヤンチャな過去もある右手     ええ一

    ええ一さん、初めまして。いつも句は拝見させて頂いています。
    そうですね。手にはいろいろな過去がありますね。「右」をどう読めばいいのか思案しましたが、ちょっと深読みして「右脳」と読んでみました。トンチンカンかも知れませんが(笑)
    少年時代、右脳から発せられた手はヤンチャばかりして親を困らせました。やがて大人になると左ばかりでもう右の出番はありません。そして悠々の今、再び右の出番が来ましたが、もう過日のように手はヤンチャでなくなっています。寂しいですが・・。
  • ええ一  2013/03/29 19:53
    3月の日替わり川柳に、沢山のコメント、有難うございました。
    善江さん、
    「右手」より「ますなぁ~」の方が効いてますなぁ~。
    光明さん、
    「モテ」た記憶はないですし、生活力もエネルギーもかすかすです。
    弘さん、
    ぴったりの付け句をどうも・・・。
    篤子さん、
    ほんのチョビットですから、念のため。
    おさむさん、
    はじめまして。「右手」を、右側の・・と読めば、右脳という受け取り方も出来ますね。気がつきませんでした。
    深読み、参考になりました。
  • 丸山 進  2013/03/29 21:56
    ▼それでもさこれから役立つよ忍者  らき
    そうです。これからは何と言っても役立つのは忍者です。
    らきさんは忍者資格1級だから心強いですね。
    らきワールドの日替わり川柳ありがとうございました。


    ▼少々はヤンチャな過去もある右手     ええ一
    ええ一さんの温厚なイメージからすると、すごく説得力のある句ですね。少々は相対的な言い方ですから、レベルとしては相当かなあなんて勝手に思っています。
    味わい深い日替わり、楽しませていただきました。


    ▼エンディング・ノート  その3
    三好さん、エンディング・ノートシリーズとても参考になりました。人生を真面目に生きている三好さんらしい内容だなあと思いました。私はノートは作っても、たぶん一行だけ、「化けて出ることはしないと思います」で終わりでしょう。
  •   2013/03/29 22:11
    ◆エンディング・ノート 三好 光明

    三好さん、私も昨年末エンディングノートを買いました。切っ掛けは加入しているCOOPが扱っていました。一度は「うん」と立ち止まりましたが、まぁまた後でいいわと、その時は注文しませんでした。
    その後乳がん検診を受診し、疑わしいしこりがあるからと要検査、組織診断も受けました。
    やはり結果を聞くまでいろいろ考えました。そして異状なしと診断された後の注文書には迷わずこのノートを注文しました。
    でも手元に届くとすぐ開けません。1週間くらいして開くと
    記入のコツとヒントとして
    ①まず、名前を書きましょう。②書けるところから、書いてみよう。③記入日を書いておきましょう。④何度でも書き直し、書き足しOKです。⑤写真や住所録などのデーターは付属のケースに保管しましょう。⑥記入したノートは大切に保管しましょう。
    このコツを読むとほ~として肩の力が抜けました。
    今興味があるのは親族表を完成させるところです。
    私の両親のそのまた両親、名前は?誕生日は?と面白くなりました。
    三好さんの内容にも、ぼちぼち記入していきますわ。
    高田桂子
  • ゆうゆう夢工房  2013/03/30 07:14
    ☆WEB句会コメントのお願い☆

    おはようございます。WEB句会の選とコメント締切は本日3月30日23時59分です。3月末、桜の季節、超ご多忙のことと思いますが、お忘れなく、よろしくお願い致します。
  • 善江  2013/03/30 07:54
    ▼ 告げ口はカラスの口を借りて云う   苑子

    「カラス」さん、いつもありがとう(笑)
    女性は嘘がうまいが、そのくせ、隠しごとを黙っていられないという矛盾した特性をもっているようです(笑)
     苑子さん、日替わり川柳お疲れさまでした
    そちらも日ごとに春がいそいそとやってきているのではと思います
      風に吹かれて・・
      陽光を浴びて・・
  • 三好 光明  2013/03/30 09:08
    告げ口はカラスの口を借りて云う    苑子

     女性は「カラス」ともお友達・・・敵いませんです、はい!
    日替わり川柳、楽しませていただきました。
  • 坪井篤子  2013/03/30 10:24
    ☆告げ口はカラスの口を借りて云う  苑子


    カラスって賢いのですよね。人の口真似も出来るんですよ。
    「口を借りて云う」がgood !
  • ええ一  2013/03/30 13:31
    進さん、
    温かいコメント、有難うございます。
    文字通り、少々でございますよ。
    7月に、玉野でお会いできるとうれしいです。
  • 斉藤レイ子  2013/03/30 15:00
    告げ口はカラスの口を借りて云う   苑子

    カラスより知能犯?の苑子さん(笑)、佳句いろいろ楽しませていただいて有難うございました。  淡路ではご一緒できて嬉しい一日でした。 あの時は菜の花がきれいでしたが、今は桜が咲き始めました。 そちらはこれからですね。
  • 三好 光明  2013/03/30 17:47
    みなさん、エンディングノート に温かいコメントをありがとうございました。

    善江さん~「家族が癒されるのでは・・・」是非、そうありたいですね。
    弘さん~~実際に書いてみることにより「死についての恐怖」が少しは和らぐかもしれません・・・
    祥司さん~まずは開いてみて、ダメならすぐに閉じる手もありです、奥様にも1冊プレゼントを!
    北原さん~特急でなくてもいいですよ、でも、あまり先送りはされないほうが・・・
    丸山さん~どちらが先かは分かりませんが、「化けて出たいし、出てほしいです」ね。
    桂さん~~書きだしてみると、意外な想いや発見に出会えるかもしれませんね。
  • 苑子  2013/03/30 18:40
    おばんでございます。
    日替わり川柳にいっぱいコメントを頂いてありがとうございました!
    3月後半は仕事が忙しくてオープン掲示板までなかなか行けずweb句会も初めて欠席してしまいました
    来月はゆとりを持って参加できればと思います。
  • 野原 萌  2013/03/31 00:03
    3月日替わり川柳のお礼
    黒川利一様、石原てるみ様、鶴見佳子様、水たまり様、らき様、ええ一様、苑子様 
    皆さまのそれぞれ豊な個性で 早春の3月を彩取って頂き有難うございました。
    1週間ほど体調を崩し、今、掲示板をバックナンバーで 川柳やエッセ-や皆様のコメントを読ませて頂きながら、しみじみと川柳を愛する人の暖かさ、面白さに元気を頂きました。
    ありがとうございました。
  • 坪井篤子  2013/03/31 08:59
    お知らせ

    とことん句会のご投句締め切りは本日(31日)午後11時59分です。
    雑詠1句をよろしくお願いいたします
    投句先は「とことん会掲示板」をご覧ください。
  • 坪井篤子  2013/03/31 09:05
    3月のおはようエッセイをご執筆下さいました
    広子さん、良樹さん、玉江さん、光明さん、
    有難うございました。


    ご協力に感謝いたします。

        おはようエッセイ担当 スタッフ 坪井篤子
  • らき  2013/03/31 09:09
    善江さま  今回も句を載せていただき、何人もの方からコメントをいただき、嬉しい三月でした。ありがとうございました。
    光明さま  ご利用の際は空メールをお送り下さい。用途に合った忍者を派遣させていただきます。
    俊和さま  とりあえず、雲隠れと霧隠れを極めたいと思います。
    ええ一さま  おお!009-1,これはステキな呼び出し記号ですね。早速使わせていただいてよろしいでしょうか?
    篤子さま  出来る限り使える忍者をとは思っているのですが…。
    進さま  よくご存じですね。そうなんです、忍者資格一級なんです。間違えて、忍者「失格」一級?と言う奴は、速攻で沈めております。
  • らき  2013/03/31 09:14
    告げ口はカラスの口を借りて云う   苑子
     できるカラスは胸の内を理解して言葉も選んでくれるでしょうが、アホなカラスは「・・・と○○が言ってたよ」と暴露しちゃうので、カラスの選択はご注意くださいね。

    めぐみさま  ふるさとですか。あれは血筋のように断ち切ることが不可能な不気味な存在ですね。夢を叶えようとする者には全力で立ちはだかってきますし。それに打ち勝ち、こうしてご活躍されていることに花束をお送りしたいくらいカッコイイと思います。めぐみさまの覗くファインダーの部分は面白いですね。
  • 石原てるみ  2013/03/31 09:18
    3月も今日で終わり・・・いま花の雨が静かに降っています。

    月曜日の日替わり川柳にコメントを頂きました皆様に
    厚くお礼を申し上げます。

    俊和さま

    夢 工房に、そして俊和先生のいつも温かい見守りに
    改めて深謝いたします。

    善江さま

    毎回、奥深い読みを頂き有難うございました。
    勉強になります。

    篤子さま

    先日の親睦会での篤子さんは白い薔薇のイメージでした。
    もちろん棘はなかったですよ。

    萌さま

    発表の機会を与えて頂き有難うございました。
    もう少し病と同行し川柳を楽しみたいものです。
    萌さんも体調が回復されて良かったです。
  • 水たまり  2013/03/31 09:35
    野原 萌 さま

    体調を崩していらしたとのこと、お大事になさってくださいね。今日は横須賀も季節を逆戻りしたような肌寒さで、桜も驚いていると思います。
    日替わり川柳にお声を掛けてくださってありがとうございました。新しい広場が持てましたこと、本当に感謝しています。皆さんとの交流も楽しませていただきました。
    年度末でバタバタし、Web句会にコメントが入れられずに失礼しましたm(_ _)m
  • 野原 萌  2013/03/31 13:00
    水たまり様
    ステキな世界をご披露いただき、掲示板の上で、心ときめく新たな交流が編まれていくのを嬉しく拝見しておりました。
    こちらこそ感謝申し上げます。
    さて年度末。 そうでしたゴメンナサイ。エッセ-でお仕事の1節を思い出し今頃気が付いたボンヤリさんです。

    水たまりさん、苑子さん
    一番大変な時期に日替わり川柳をお願いしてしまいましたね。配慮が足りなかった事、本当に御免なさい。お許し下さいね。

    てるみさん、有難うございます。
  • 坪井篤子  2013/03/31 15:32
    ☆呼ぶ声があり振り向けば風桜  黒川利一

     ふと呼ばれたような錯覚ってありますよね。どんな声だったのでしょう。想像を掻き立てられる風桜の美しい情景。

    ☆ふるさと   藤田めぐみ

     カメラのファインダーで覗くと・・・一般の人とは異なるプロカメラマンとしての目ですね。
    政二さんとの写真句集『カーブ』や『大阪の泡』評判も上々のようですね。
  • 野原 萌  2013/03/31 22:39
    呼ぶ声があり振り向けば風桜  黒川利一
    桜風でなく風桜。心象風景ですね。捉え方を預けられた読み手に風色のさくらさんがうふふと目で約束して行くわ。何処かでまたお逢いいたしましょう。

    「ふるさと」
    カメラのファインダ-で覗く世界は自分の意識とは無関係になってどんどん広がっていくのでしょうか?
    「悪い男を許す様になにかを赦して手放し楽になって行く自分」素敵です。
  • 政二  2013/04/01 09:40
    善江さん
    「でもね」の中の春
     みつけられましたね。
     いいです。新鮮です。

    めぐみさん
    吟行では美しいところ、気に入ったところだけを書くのではなく、
    なんでも書くというところがポイントです。
    目の前にあるものすべてを受け入れて追っていると
    このなんでも許すという感覚、気持ちになってきます。
    そして、そんな状態の自分に気づいたとき、
    そこにはなんともいえないうれしさがあります。
    写真を撮ること、描くこと、書くことには
    そんな不思議なものが潜んでいるようです。
  • 大西俊和  2013/04/01 10:12
    「あら」と言い「でもね」と返す春の門 小野 善江

    春の門はこころを広くする門でしょうか。「でもね」も春風にふわふわ浮いて柔らかですね。

    「ふるさと」
    肉眼とカメラのレンズでは見え方が違うのですね。不思議です。川柳の目もカメラのレンズと似た働きがあるのかも。
  • 三好 光明  2013/04/01 12:01
    「あら」と言い「でもね」と返す春の門   小野 善江

    ドラマが生まれそうな「でもね」、どんな展開が・・・

    ふるさと          藤田めぐみ

    あざみエージェント・オリジナル川柳カレンダー~4月~どなたの故郷の「桜」でしょうね・・・。