現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

オープン掲示板 過去ログ

どなたでも書き込んでいただける掲示板です。現代川柳の話題、イベント情報など、ご自由に利用してください。雑談もOKです。インターネットに一般公開されている掲示板ですので、個人情報の取り扱いにはお気をつけ下さい。

  • 坪井篤子  2013/12/25 12:38
    *サンタになれずアンタにもなれず    帆波
    この開き直りが良いなあ。


    *ウオーキング中に実行すること(1)   弘
    椰子生さんのおっしゃるように「努力をしないで健康である自分が申し訳なく思えてきた。」私もです。
  •   2013/12/25 18:45
    こんばんは。
    皆さん、今日も沢山のコメントをありがとうございます。m(_ _)m

    萌さん
    ふっとい時の写真を見ると、私自身が恥ずかしいです。
    それに実行力というよりも、萌さんと違い、暇人ですから。(^_^;)

    蓮子さん
    でも、1時間半歩いていますから、意外と大したことでもないのです。(^_^)

    俊和さん
    俊和さんの場合は、平衡感覚の低下というよりは、心に従順な足腰がそれに従っただけです。もし、爺さんだったなら、決してよろけたり、倒れたりしていません。d(゜-゜)キッパリ!

    椰子生さん
    椰子生さんも、結構努力なさっていらっしゃますよ。私も足腰がしっかりしているからできるので、これには感謝しています。(^_^)

    篤子さん
    篤子さんも、早朝ウオーキングなど、努力なさっていらっしゃいますよ。
    健康はその積み重ねですから。(^_^)
  • 蓮子  2013/12/26 06:29
    帰れないけれど乗りたいバスに乗る   藤田めぐみ
     それがいい!

    ウオーキング中に実行すること(2)  田岡 弘
     うれしいひろがりですね!
  • 大西俊和  2013/12/26 11:25
    帰れないけれど乗りたいバスに乗る   藤田めぐみ

    昔に寺山修司作詞で、カルメン・マキという歌手が歌った「時には母のない子のように」という歌があります。

    *******

    時には母の ない子のように
    だまって海を みつめていたい
    時には母の ない子のように
    ひとりで旅に 出てみたい
    だけど心は すぐかわる
    母のない子に なったなら
    だれにも愛を 話せない

    ********

    このような詩です。この歌をふっと思い出しました。

    「ウオーキング中に実行すること(2)」  田岡 弘

    弘さんのウオーキング、どんどん進化しますね。健康に良く、短詩文芸に良く、フォト川柳句集に良く・・・実行力、行動力、深く尊敬します。私のフォト川柳句集は未完に終わりそうです(笑)。
  • 椰子生  2013/12/26 12:09
    帰れないけれど乗りたいバスに乗る   藤田めぐみ
    自由気ままに遠回りするのもいいですネ。


    ウオーキング中に実行すること(2)  田岡 弘
    歩いていても忙しいですね。ボクのは何も考えず一目散に目的地に歩くだけです。自転車代わりのようなものです。
  •   2013/12/26 17:09
    こんばんは。

    蓮子さん
    毎日お読みいただきありがとうございます。
    実は、1週間のエッセーで今日までが起承転結の起・承だと思っています。
    そして、明日・明後日が転・結のつもりですので、是非お読みいただきたいと思います。
    そして、少しでも蓮子さんのお役に立てれば幸いなのですが。(^_^;)

    俊和さん
    未完などとおっしゃらずに頑張ってください。
    俊和さんは私と違い佳句が多いのですから、100句(50ページ)になれば、結構素晴らしい物になると思います。(^_^)

    椰子生さん
    結構忙しないですね。どれかに夢中になっていると、どれかを忘れています。(^_^;)
  • 街中 悠  2013/12/26 17:36
    帰れないけれど乗りたいバスに乗る   藤田めぐみ
    帰るという安心感はないけれど、それでも自由に私の道を歩んでいきたい。


    ウオーキング中に実行すること(2)  田岡 弘
    私も体調のために近くをウォーキングしていますが、弘さんがされていることの1つでも実行できればと思います。ウォーキングも小旅行のような楽しい世界になりますね。
  •   2013/12/26 17:42
    悠さん
    どうりでスマートでいらっしゃいますね。
    私の場合、ケチな性格なのでしょうか?
    ただ歩くだけでは時間がもったいないと・・・。(^_^;)
  • 藤田めぐみ  2013/12/27 00:43
    蓮子さん 俊和さん 椰子生さん 悠さん コメントありがとうございます、嬉しいです(*^^*)

    臆病な私ですが、来年は乗りたいバスに乗ろうと思ってます。

    俊和さん、寺山修司は故郷の大先輩ですが、若い頃にはわからなかった彼の言葉が、今になって故郷の原風景とともにすんなり入ってくるのが不思議です。
    俊和さんのコメントで、奥にあった寺山の文庫本を、何冊か引っ張り出してきてみました。
  • 椰子生  2013/12/27 10:32
    はにかみでヒヨコが巣立つ日を感じ   凡
    巣立つ日が楽しみですね。でもちょっと寂しくなるかも・・・。


    重宝なICレコーダー    弘
    作句に命を賭ける用意周到な弘さんにはホトホト感心しました!ボクみたいに遊びとは違う。これじゃいい句が出来るわけだ・・・。
  • 大西俊和  2013/12/27 12:00
    はにかみでヒヨコが巣立つ日を感じ   凡

    大人への階段を上り始めた子。嬉しいような哀しいような。

    「重宝なICレコーダー」    弘

    川柳は575になったら直ぐに書き留めないと、消えてしまいます。数台のICレコーダー、弘さんの強い味方ですね。
  • 大西俊和  2013/12/27 12:24
    めぐみさん

    寺山修司は青森出身ですね。言葉の錬金術師と呼ばれた天才。ちょっとはにかんだ写真、どこか政二さんと重なるイメージ。
  • 蓮子  2013/12/27 13:21
    はにかみでヒヨコが巣立つ日を感じ   凡
     おおきくなったねえ!

    重宝なICレコーダー    田岡 弘
     すごいパートナーですね。
  •   2013/12/27 16:47
    こんばんは。

    椰子生さん
    ICレコーダーを使う最大の要因は、忘れっぽいのと字が汚くて自分でも後で読めないからです。(^_^;)

    俊和さん
    そうなんですが、家の中で唯一間に合わないのが風呂場です。流石にここには置いていません。(^_^)

    蓮子さん
    絶対に欠かせないパートナーです。でも、もうひとり欠かせないパートナーが居ますが、それは明日ご紹介いたします。(^_^)
  • 大西俊和  2013/12/28 07:04
    キットきっとを信じペガサス明日へ翔ぶ森  廣子

    ペガサスの美しい瞳が見えます。

    「句の整理」

    ウオーキング → ICレコーダー → エクセルの流れですね。三日坊主の私、最初のウオーキングが無理なようです(笑)。
  • 椰子生  2013/12/28 09:07
    キットきっとを信じペガサス明日へ翔ぶ森   廣子
    信じる者は救われる!


    「句の整理」 弘
    几帳面ですね。整理の仕方勉強になりました。正月も詠み続けるのでしょうね。私は大いに酒を飲んで酩句を作ります(笑)。よい年を迎えてください!
  •   2013/12/28 18:18
    こんばんは。

    俊和さん
    俊和さんも、よくウオーキングなさっておられると推察いたします。
    しかし、それ以上ということになれば、鼻の先に人参・・・、いやビールをぶら下げる外はないと・・・。(^_^)

    椰子生さん
    几帳面というよりは、良く言えば合理的、悪く言えば結構面倒くさがりなんです。
    一度エクセルに入れておくと、指定の用紙だと書かざるを得ませんが、その他は全てコピー&ペーストでゆけます。
    ですから、自分用の句集を、と思っても簡単にできます。
    私には、ICレコーダーとエクセル無しの川柳・俳句は考えられません。(^_^)
  • 大西俊和  2013/12/28 22:37
    悲しいお知らせです。ゆうゆう夢工房の川柳仲間、寺岡祐輔さんが、本日他界されました。お葬儀は12月31日に横須賀で行われるとの連絡を受けています。詳細がわかり次第、掲示板でお知らせ致します。
  • 坪井篤子  2013/12/28 22:41
    俊和さん、
      お知らせ有難うございます。
      哀しいです。残念です。


    ご冥福をお祈り申し上げます。
  • 野原 萌  2013/12/29 00:53
    祐輔さん 
    心からご冥福をお祈り申し上げます。

    俊和さん 有難うございました。
  • 苑子  2013/12/29 05:18
    祐輔さん



    通夜:30日 18:00〜19:00
    葬儀:31日 11:30〜12:30
    出棺:13:00
    場所:プラザヨコスカ中央
    住所:神奈川県横須賀市1-4
    電話:046-823-1084
    URL:
    http://nishimurasougi.com/chuou/index.html
  •   2013/12/29 06:50
    おはようございます。

    祐輔さん

    心から、ご冥福をお祈り申し上げます。
  •   2013/12/29 06:56
    *シンクロの足に魚の目トンビの目  丸山 進

    進さん
    トンビの目まで見付けられるとは、恐れ入りました。(^_^)

    俊和さん
    俊和さんの川柳に対する姿勢は、真摯そのものですね。
    私の場合は時事句から入りましたので、その出来事の瞬間をどの角度から切り取って、どのように写すかでした。
    簡単に言えば、目の前の景色(心の景色も含め)を、いかに自分の気に入った写真にするか、といったところでしょうか。(^_^;)
  • 街中 悠  2013/12/29 07:25
    祐輔さん、いろいろありがとうございました。
    たくさんの想い出がよみがえってきます。


    ご冥福をお祈り申し上げます。
  • 大西俊和  2013/12/29 07:41
    苑子さん

    詳細をありがとうございます。
  • 椰子生  2013/12/29 09:27
    シンクロの足に魚の目トンビの目   丸山 進
    言いえて妙です!今日は奇しくも俊和さんとの両雄の登場でしたね。進さんのブログ、一年五か月後に興味深く読みました!


    支離滅裂川柳考①   大西俊和
    流石、精神内科医だけであって、人間だけでなく川柳の見立ても論理的で分析力もあり確かですね。鏡にしたい方です!


    俊和さんが医師であることは「ゆうゆう夢工房」のブログで知っていましたが、詳しいことは承知していませんでした。たまたま読んだ丸山進氏の2012年07月24日のブログ「大西俊和論(川柳木馬)」「大西俊和の川柳と実像」で経歴ほか実像を、より詳細に知り得ました。
    今さらながらですが、ご多忙の中「ゆうゆう夢工房」を立ち上げて頂きアリガトウございます。「夢」を付けたネーミングが秀逸!
    北海道の至らぬ私も紛れ込んで全国区になりましたね(笑)。この事だけが夢工房への私の唯一の貢献かも・・・(笑)。
  • 街中 悠  2013/12/29 12:15
    プラザヨコスカ中央の住所ですが
    神奈川県横須賀市本町1-4  です。


    よろしくお願いいたします。
  • ええ一  2013/12/29 12:19
    祐輔さんの訃報ショックでした。
    交流会でお目にかかった時の事が思い出されます。
    ご冥福をお祈りします。
  • 坪井篤子  2013/12/29 13:18
    *シンクロの足に魚の目トンビの目 丸山 進
    面白い!いつも進さんにはドキリとさせて頂いております。


    *支離滅裂川柳考①  大西俊和
    鏡に例えた川柳論、俊和さんらしいですね。
  • 善江  2013/12/29 13:43
    ▼ シンクロの足に魚の目トンビの目  丸山 進
     水中から脚を力強く出すたびに
      そのメッセージが水面に浮かび人々を魅了します
       トンビは優れた視力を持っているようですね


    ▼ 俊和さん、ユニークな川柳論ですね 楽しみです
  • 善江  2013/12/29 13:48
    祐輔さんの訃報にショックを受けています
    来春には「きっと」お目にかかれるような気がしていました
    今はただご冥福をお祈りするばかりです
  • 村井広子  2013/12/29 15:57
    裕輔さん、ありがとうございました。
    春の交流会で、庭の黄梅の小枝をご自身のポケットに差してくださったことは、忘れられません。
     傘の波泣いてる人もいるだろう
     傘忘れてきて 私忘れてきて
    夢工房で裕輔さんに選んでいただいた句です。

    ご冥福をお祈り申し上げます。
  • 田村ひろ子  2013/12/29 19:36
    裕輔さん、ありがとうございました。
    11月3日のかもめ舎の大会の時
    「春に会いましょう! 」と指きりをしてくださった笑顔を思い出しております。
    裕輔さんにお目にかかることが出来て、ほんとうに良かった。
    たくさんの元気もありがとうございます。
    ひとつひとつの思い出を大切にいたします。

    裕輔さんの「かもめ舎大会入選句」

    朝穫れのトマトになって君を待つ
    未練だねあなたの種に水をやる
    いつまでも白紙のままでいてほしい
    一度だけ名前を呼んでいいですか
    通行人Aの名札を首に下げ

    ご冥福をお祈り申し上げます。
  • 須川柊子  2013/12/29 21:17
    祐輔さん、哀しいです。
    ここ夢工房に連れてきてくれて、ありがとうございました。

    来年も、神戸行きの新幹線の中で富士山を見ながらシウマイ弁当を食べたかったのに。
  • 野原 萌  2013/12/29 23:42
    シンクロの足に魚の目トンビの目  丸山 進
    あの力強い足が保つ美しさには どんな秘密が込められているのでしょうね。ドキリとしました。 

    支離滅裂川柳考 ①
    >自分から離すのは客観、光は想像力でしょうか。
    俊和さんらしい言葉での展開。楽しみにしております。
  • 北原おさむ  2013/12/29 23:48
    ◆ シンクロの足に魚の目トンビの目   丸山 進

    面白い(笑)。久しぶりに丸山さんのユーモア句に出会いました。しかし、よく観察してますね。たしかにシンクロの選手は猛練習してますから魚の目の一つや二つはありそうです。
    トンビの目??自分の目は水中にあるので審査員を見ることが出来ないので、つま先に出来たトンビの目で見る?
    さすが、穿ちも入れてますね。
  • 大西俊和  2013/12/30 06:51
    ◆ シンクロの足に魚の目トンビの目   丸山 進

    シンクロの足、いろいろの目があるようですね。

    ◆ 明日こそ今年をちゃんと終わらせる 渡辺美輪

    そして、新しい気持で新しい年を。
  • 椰子生  2013/12/30 09:20
    明日こそ今年をちゃんと終わらせる   渡辺美輪

    やり残しが多い一年でしたが、気持ちを整理して私も美輪さんを見習い、よい新年を迎えたい!
  • 丸山 進  2013/12/30 14:01
    弘さん、椰子生さん、篤子さん、善江さん、萌さん、北原さん、俊和さん

    シンクロの足に魚の目トンビの目   進

    拙句に暖かいコメントありがとうございました。シンクロの足
    (の裏)がなんとなく人の顔のように見えてこんな句になりました。

    椰子生さん
    はじめまして、私のブログに目を留めていただきありがとうございます。しょうもない愚痴やぼやきが多く恐縮です。でも俊和論はけっこうマジに書いたつもりです。(笑)

    北原さん
    トンビの目におもしろい解釈ありがとうございます。


    祐輔さんの訃報は悲しいです。
    一度お目にかかりたいと思っていましたが残念です。
    心からご冥福をお祈り申し上げます。
  • 政二  2013/12/30 16:05
    以前、祐輔さんに「川柳びわこ」に掲載したいので
    今まで書かれたものを送ってくださいとお願いしたことがあります。
    そして、たくさんの川柳と詩を送っていただきました。
    その中から一篇の詩を2010年の8月号に、川柳33句を9月号に
    掲載させていただきました。
    今日、あらためてこの詩を読み泣きました。
    これは「夢工房」の皆さんにぜひとも読んでいただきたい祐輔さんだと
    強く思いました。
  • 政二  2013/12/30 16:45
    みょうがの天ぷら  

             寺岡 祐輔


    母上様 間もなくそちらへ参ります
    ひまわりが咲くあなたの国へ

    不肖の息子の僕でした
    遠く離れた西の地で
    あなたの病を知りました
    あなたの死に水取れませんでした
    そのときできた円形脱毛
    この人生で作った最初で最後の百円玉
    あなたへの思慕の たった一つの証しです

    不肖の息子の僕でした
    月に一度のお便りに
    返事を出すのは三度に一度
    縦書きの毛筆のお便りに
    横書きのワープロ筆のすげない返事
    でも本当は 心待ちにしていたのです

    あなたは僕の母でした
    まだ漢字が読めない僕のために
    「太閤記」に仮名を振ってくれました
    青春に目覚めはじめた僕のために
    グリーンのセーターを編んでくれました
    手を上げる父の前に膝折って
    「許してやって」と泣いてくれました
    まれに帰省をしたときは
    みょうがの天ぷらを揚げてくれました

    間もなくおそばへ参ります
    僕も病に侵されて 限りのある命です
    でも 悲しみも怖れもありません
    「ただいま」と帰るところがあるからです
  • 政二  2013/12/30 16:49
    お願いします そのときは
    あかあさんのみょうがの天ぷらを
    また 食べさせてください
  • レイ子  2013/12/30 17:13
    パソコンを開いて祐輔さんの訃報を知りショックを受けています。 政二さん、祐輔さんの詩をご紹介下さってありがとうございました。 私も泣きました。

    今年の春に交流会でご一緒させていただいた時の祐輔さんの穏やかな笑顔を思い出しています。 またお会いしたかったのに
    ほんとに残念です。

    こころからご冥福をお祈り申し上げます
  • 坪井篤子  2013/12/30 22:28
    政二さん、
    祐輔さんの詩を有難うございます。
    夢工房で茗荷の天ぷら談義もしました。
    改めて思い出しております。
  • 野原 萌  2013/12/31 01:06
    政二さん
     こんな詩を書ける人が、夢工房のお仲間でいて下さった。
     とっても誇りに思います。
     「どうしても逢ってみたい人がいる」と、俊和さんに会いに来られたのが、交流会参加の初めだったと記憶しております。
     交流会のとき、「政二さんが声をかけてくれて、嬉しかったよ」と少年の様にはにかんで、少年の様にきらきらと話して下さいました。それが上記「びわこ」です。

    御紹介 ありがとうございました。
  • 坪井篤子  2013/12/31 05:48
    *冬花火 今年別れたひとの事  村井広子
    今日は寺岡祐輔さんのご葬儀。ぴったりの句ですね。合掌。


    *支離滅裂川柳考②  大西俊和
    鏡に映る小宇宙、パソコンと人間の仮想の世界、面白いです。
  • 野原 萌  2013/12/31 07:55
    冬花火 今年別れたひとの事  村井広子
    広子さん 篤子さんと同じ様に思いました。合掌。

    俊和さん 人間の心の内側を思いながら読んでいます。
  •   2013/12/31 08:06
    おはようございます。

    *冬花火 今年別れたひとの事  村井広子

    広子さん

    とても悲しいことです。合掌。



    支離滅裂川柳考②

    俊和さん

    「煌びやかな仮想の世界に没入してしまうと、生きるものとしての自然の形を失ってしまう危険性」
    これには、心しないといけませんね。
  • 椰子生  2013/12/31 08:40
    冬花火 今年別れたひとの事  村井広子
    年末にはふさわしい回顧句ですね。今年は歳も歳なので喪中のはがきが例年より多かった。「別れたひと」は亡くなった人とは限らないが・・・。


    支離滅裂川柳考②  大西俊和
    一語一語をじっくり噛み締めながら読んでます。


    今年はお世話になりました。今晩(ニューイヤーズ・イブ)は一年分の垢をアルコールで洗い流してください(笑)。
    迎年もよろしくお願いいたします。
  • 蓮子  2013/12/31 08:52
    祐輔さん、ありがとう!
     花になりはったんですね。

    キットきっとを信じペガサス明日へ翔ぶ  森 廣子
     信じているよ。
    シンクロの足に魚の目トンビの目   丸山 進
     おもろいなあ!
    明日こそ今年をちゃんと終わらせる  渡辺美輪
     ありがとうにのせて!
    冬花火 今年別れたひとの事     村井広子
     けれど、私の中にいる!

    句の整理     田岡 弘
     さすがー!
    支離滅裂川柳思考    大西俊和
     そうなんだ。
     小宇宙か、すばらしい!

    みなさま、今年もお世話になりました。
    良い年をお迎えください。
  • 田中 女里  2013/12/31 10:48
    祐輔さん、お母様にお会いできたことでしょう

    私の拙文にあたたかいコメントくださった皆さまありがとうございました

    どうぞよいお年を
  • 坪井篤子  2013/12/31 18:22
    今年も残すところ数時間となりました。


    ゆうゆう夢工房も皆さまのお蔭で楽しいブログに発展し、大勢のご参加に感謝いたします。
    今年も「おはようエッセイ」をご執筆下さいました皆さま有難うございました。
    お礼申し上げます。
    来る年もよろしくお願いいたします。


       おはようエッセイ担当スタッフ  坪井篤子
  • 野原 萌  2013/12/31 22:31
    12月日替わり川柳のお礼
    今年最後の月、日替わり川柳のコーナーを繋いで下さった
    丸山進さま、渡辺美輪さま、村井広子さま、帆波さま、藤田めぐみ様、凡さま、森廣子さま
    お一人お一人の、一句一句にドキリ。ぷっ!うう~ん。えっ?・・と立ち止まりました。あっという間の一か月。有難うございました。
    とっても楽しかったです。

    コメントを書いて参加して頂きました皆さまに、読んで下さった皆様に
    心から感謝申し上げます。
    来年もまた、新しいゆたかな個性をご披露して頂けるコーナーとなります様、
    御参加よろしくお願い申し上げます。
           日替わり川柳担当スタッフ  野原 萌
  • 椰子生  2014/01/01 01:19
    春立つやフランスパンが背伸びする   ええ一


    ええ句やな~。どうしたらこんな句を詠めるのかなぁ~。
    今年もよろしくお願いします。
  •   2014/01/01 07:37
    明けましておめでとうございます。m(_ _)m

    *春立つやフランスパンが背伸びする  ええ一

    ええ一さん
    改めて良い句ですね。
    この句が俳句で賞を獲った句とは、どなたも思わないかも知れませんね。(^_^)
  •   2014/01/01 10:19
    明けましておめでとうございます。


    *春立つやフランスパンが背伸びする  ええ一

    ええ一さん、俳句なんですか。弘さんに教えてもらわなければ、川柳として読んでしまいそう。

    5~6歳の子供が、フラスパンを抱えて・・・・。パンの方が、毛糸の帽子をかぶった頭より上に出ている風景が目に浮かびました。「句」の受賞は、おめでとうございます。

    俳句、川柳、どちらにしても味わうことができる句でした。
    ありがとうございます。
  • 善江  2014/01/01 11:20
    明けましておめでとうございます

    ▼ 春立つやフランスパンが背伸びする   ええ一

     ええ一さん、おめでとうございます
      ええ一さんとフランスパン?(笑)
       い~やぁ、 あるかもしんなぁ~い新年です


    ▼ 俊和さん、おめでとうございます
      「生きるものとしての自然の形を失ってしまう危険性を孕んでいる」警鐘ですね
  • 大西俊和  2014/01/01 15:20
    春立つやフランスパンが背伸びする   ええ一

    明るい春になしそうですね。

    本年もよろしくお願い致します。
  • ゆうゆう夢工房  2014/01/01 15:46
    ☆☆☆師走EWB句会最多得点句☆☆☆

    《雑詠》11点

    ハグという応急手当しています  彰子

    《イメージ吟》8点

    ひとつずつ鎖はずして浮きあがる 田村ひろ子

    彰子さん、ひろ子さん、素敵な句をありがとう
    ございました。
  • 街中 悠  2014/01/01 15:55
    春立つやフランスパンが背伸びする   ええ一
    私も背伸びしたくなるようなふんわりとした素敵な句ですね。


    「支離滅裂川柳考②」
    心の小宇宙を遊泳しながら川柳は生まれてくるのでしょうか。
    奥が深いです。
  • 坪井篤子  2014/01/01 16:50
    *春立つやフランスパンが背伸びする   ええ一
    新年です。背筋を伸ばしてさて・・・。
  • ええ一  2014/01/01 20:52
    椰子生さん、弘さん、矩さん、善江さん、俊和さん、
    悠さん、篤子さん、うれしいコメント有難うございます。
    私の中では川柳と俳句の線引きはなく、すべて川柳のつもりです。
  • 野原 萌  2014/01/01 23:54
    春立つやフランスパンが背伸びする   ええ一
    パリパリっと。ムクムクふわふわっと。 ・・嗚呼新春ですね。
    いつも若々しい、ええ一さんの句に思わず私も背伸びをしました。
  •   2014/01/02 07:32
    おはようございます。

    *これからが誘うすっくと立ち上がる  街中 悠

    悠さん
    悠さんのお姿を拝見すれば分かります。その気持ちが大切ですね。(^_^)


    支離滅裂川柳考③

    俊和さん
    私の場合、書き留める=ICレコーダーです。「蝸牛」肝に銘じております。(^_^;)
  • 蓮子  2014/01/02 10:54
    あけましておめでとうございます。
     本年もよろしくお願いします。

    春立つやフランスパンが背伸びする  ええ一
     おもろいなあ!

    これからが誘うすっくと立ち上がる   街中 悠
     よしっ!

    支離滅裂川柳思考③     大西俊和
     共鳴するそれぞれの音・・・すてき!
  • ええ一  2014/01/02 15:29
    *これからが誘うすっくと立ち上がる  街中 悠
    「すっくと」がいいです。明日(未来)と言う「これから」に誘われて立ち上がる、悠さんの潔さ(決意)が伝わってきます。年頭にふさわしい一句。


    *支離滅裂川柳考
    俊和さん、おもしろく拝読しています。
    個性が響きあった時に、ジャズの即興演奏のような共感が生まれるのでしょうね。内側を映す鏡は、何でどのようにに研磨すればいいのでしょうか?


    萌さん、蓮子さん、コメント有難うございました。
  • 善江  2014/01/02 16:26
    ▼ これからが誘うすっくと立ち上がる  街中 悠
     悠さん、おめでとうございます
       今年もよろしくお願いします

    「これから」がいいですね
      あとへ残されたもので勝負する、日々少なくなるカードを切り直し切り直し・・


    ▼俊和さん、「無限の先端で笑っている神に向かって這っていく蝸牛」なんて詩的な表現でしょう
  • 坪井篤子  2014/01/02 19:55
    *これからが誘うすっくと立ち上がる  街中 悠
    そう、すっくと立ち上がりましょう。


    *支離滅裂川柳考 大西俊和
    共鳴する楽器のようとは言い得てますね。面白いです。
  • 街中 悠  2014/01/02 20:08
    皆さま、今年もどうぞよろしくお願いいたします。


    「支離滅裂川柳考③」  大西俊和
    「自分の納得のいく音で、好きな曲を演奏できる」ようにいつかなりたいです。そのための練習が欠かせませんね。


    弘さん、蓮子さん、ええ一さん、善江さん、篤子さん
    コメントありがとうございます。
  • 善江  2014/01/03 12:20
    『 川柳 びわこ 』2014・1より


    ▽ 川柳の関わり方として、誤解を招くような言葉をあえて並べてみます。



     場に合わせない。
     好きを徹底する。
     良いと思うものは譲らない。
     わがままでないわがままを通す。


      こんな言葉がふっと浮かびました。
       
       新しい一年がはじまります。



                 <編集後記・德永 政二>
  • 大西俊和  2014/01/03 12:35
    これからが誘うすっくと立ち上がる  街中 悠

    そして、どちらに向って歩かれるのでしょう

    あの世かな朝日をあびた雪景色 黒川利一

    煌く白一色の世界。あの世とは、このようなところかも。

    善江さん、政二さんの編集後記、含蓄のある内容ですね。ご紹介ありがとうございます。
  • 野原 萌  2014/01/03 12:40
    *好きを徹底する。
    *わがままでないわがままを通す。
    とても身近に感じています。

    *これからが誘うすっくと立ち上がる  街中 悠
     新春の清がしい想いが漂うステキな句ですね。

    *あの世かな朝日をあびた雪景色  黒川利一
     故郷の家から大山が見えます。キラキラとキラキラと・・
     思わず合掌してしまします。
     利一さんはお母様を思い出されたのかも知れないなぁ。・・と。

     「支離滅裂川柳考」
    無限の先端で笑っている神に向かって這って行く蝸牛・・ですか。
    素敵ですね。丁寧にゆっくりと、私も私の這いやすい所を見つけて行きたいです。
  • 蓮子  2014/01/03 13:43
    あの世かな朝日をあびた雪景色    黒川利一
     言い表せぬほどの美しさ!

    川柳の関わり方
     ありのままで、自分を信じることかな。
  • 街中 悠  2014/01/03 16:01
    あの世かな朝日をあびた雪景色   黒川利一
    はっと息を呑むような美しいキラキラ。錯覚してしまいそうです。


    俊和さん、萌さん コメントありがとうございました。
  • 坪井篤子  2014/01/03 22:08
    *あの世かな朝日をあびた雪景色   黒川利一
    眩い朝の光景に重ねる心象でしょうか。
  • 善江  2014/01/04 06:39
    ▼ 絵手紙の雪見障子が振り返る    岩根 彰子

     「振り返る」にぞくっとしますね


    ▼俊和さん、「起き上がり小法師の不敵な強さ」
          川柳味がありますね
  •   2014/01/04 07:15
    おはようございます。

    *絵手紙の雪見障子が振り返る  岩根 彰子

    彰子さん
    美しい日本画ですね。(^_^)

    俊和さん
    私の場合、真剣に川柳に向かっていないのが駄目ですね。
    また、「不敵な強さ」は憧れです。(^_^;)
  • 蓮子  2014/01/04 08:40
    絵手紙の雪見障子が振り返る   岩根彰子
     忘れることはない。

    支離滅裂川柳考④     大西俊和
     今の自分を見る自分。そしてまた、起き上がる。
     いいですねえ。
  • 坪井篤子  2014/01/04 09:17
    *絵手紙の雪見障子が振り返る  岩根 彰子
    映像が浮かび想像をかきたてられます。
    12月句会の特選おめでとうございます。

     ハグという応急手当しています   彰子



    *支離滅裂川柳考④  大西俊和
      起きあがり小法師のような恋法師
    御句集のタイトルにもなった揚句を思い出しました。
    1週間のエッセイ有難うございました。
  • 椰子生  2014/01/04 09:52
    SOS!
    XPから7に替えたらユーザー登録、ログインをクリックしても私の登録名が出ず「なんでも掲示板」ほかを見られなくなり、コメントも当然出来なくなりました。どのようにしたら元に戻るのでしょうか。よろしくお願いします。
  • 大西俊和  2014/01/04 11:43
    椰子生さん

    下記のHPをご参考に、互換表示のアイコンを一回だけクリックしてみて下さい。

    http://support.microsoft.com/kb/2618122/ja

    うまく作動することを祈っています。
  • 野原 萌  2014/01/04 12:36
    絵手紙の雪見障子が振り返る   岩根彰子
    京都伏見の醍醐の料亭での一つの絵が、今鮮やかに蘇えりました。哀しいほどに美しい人が重なります。


    「支離滅裂川柳考④」
    起きあがり小法師になって、内に向かって笑っていたいです。
    でも渦には巻き込まれそうだし・・・でもでも潰れなきゃ、また起き上がられますよね!
  • 政二  2014/01/04 13:16
    俊和さん
    川柳に関わるいろいろなことをありがとうございました。
    「繊細と頑強」もその一つですね。
    繊細でなければいいものが書けない。しかし、繊細であるために自信をなくし
    続けられなくなる。創作の世界のどこにでもついてまわる問題ですね。
    気にしない楽観、強さをどのようにして手に入れるか、それも創作を続けながら
    ですから余計やっかいです。
  • 椰子生  2014/01/04 14:27
    俊和さんアドバイスありがとうございました。参考にしてやりましたが、機械音痴なので、まだ直りませんが通じるように何とか頑張ります。
    今、一服して国稀(最北端の蔵元)の北海にごり酒(日本酒プラス11度)を呑み気分転換をしてます。普段あまり呑まない日本酒を正月用に用意したが、このにごり酒はびっくりするほど旨い。止めようと思っても意志が弱い(笑)のでなかなか止められません。


    さて、本論に入りますが、「支離滅裂川柳考④」は精神科医らしい川柳を多面的に冷静に分析した一文で参考になりました。俊和流川柳の完成を期待しています。


    絵手紙の雪見障子が振り返る   岩根彰子
    こちらは今日は晴天でしたが暮から毎日に雪が降り続けたので窓から眺めてます。こちらは寒いので今では障子は見られません。懐かしい風景です。
  • 彰子  2014/01/04 20:17
    絵手紙の雪見障子が振り返る  彰子
    みなさま、暖かいコメントをありがとうございます。

    以前、絵手紙に挑戦しましたが敢え無く撃沈しました。
    五七五が性に合っているようです。
  • 蓮子  2014/01/05 08:49
    これからのパン粉としての暮らし方   紺
     いろいろ楽しむもよし!はて、どうしようか。

    川柳1     徳永政二
     どの句も新鮮です!
  • らき  2014/01/05 08:50
    これからのパン粉としての暮らし方
    紺さま  パン粉がいいですね。説明しようとすると思いが離れていくので歯がゆいですが、とにかくパン粉がいいです。

    政二さま  マンガを見ると、想像力のスイッチがいつもと違う場所に入るのでしょうか、と思うくらい映像が想像しやすくて楽しい句ばかりでした。
  •   2014/01/05 10:26
    これからのパン粉としての暮らし方   紺


    生活の中に句(苦?)があれば、楽(たのしみ)が増えるのですね。
    『パン粉』、主人公ではありませんが、素材のバリエーションを増やしてくれるありがた~い存在。(笑)


    「漫画ミュージアム」で川柳。
    漫画そのものが川柳的。面白い川柳ができることを狙ったのでしょうか?
    ご紹介の句そのものも、「コマ割り無視」「擬音」を駆使された面白いものが生まれてます。吟行ですから、川柳の経験者。漫画の世界にほりこめば、面白い句が出来るものですね。
      『メガサメマシタ ヒガクレマシタ』
    A・HA・HA・HA、「吟行」を忘れて、漫画を読んでいた人の句ですね。
  • 大西俊和  2014/01/05 10:38
    これからのパン粉としての暮らし方 紺

    パン粉、良いですね。私もパン粉で。

    川柳1     徳永政二

    バラエティーに富んだ句群。沢山、魅力的なヒントのある吟行だったようですね。
  • 善江  2014/01/05 12:46
    ▼ これからのパン粉としての暮らし方  紺
     「パン粉」・・
       目立った主役ではない(笑)のですね


    ▼ 政二さん、作者名を伏せるとより自由に楽しめますね


     ●天ぷらの衣で今日を生きようぜ


     「パン粉」「天ぷらの衣」・・(笑)
  • 椰子生  2014/01/05 14:41
    俊和さん、sleipnirでも紹介のHPで良いですか?

    再登録しようとしても反応しません。よろしくお願いします。

    昼から呑むのは昨日までと思ってましたが、二合ほど残ってたので空けるため今、呑み終えました。アル中の傾向があるでしょうか?無料診断お願いします(笑)。
  • 大西俊和  2014/01/05 15:24
    椰子生さん、sleipnir、Google Chrome 、 Mozilla Firefox などインターネット・エクスプローラ以外のブラウザなら大丈夫だと思います。いろいろと試して頂いているようですね。申し訳ありません。よろしくお願い致します。
  • 坪井篤子  2014/01/05 17:25
    *これからのパン粉としての暮らし方  紺
    パン粉が良いですねえ。


    *川柳1     徳永政二
    吟行で・・・凄いと思います。お名前は伏せてありますが力のある方々の句でしょうねえ。
  • 椰子生  2014/01/05 18:18
    俊和さん、ありがとうございました。私のPCの先生が来てsleipnir5にしたら元に戻りました。今までは2.91でした。
  • 大西俊和  2014/01/05 19:53
    椰子生さん、元に戻ったとのこと、ほっとしました。ご苦労様でした。頼もしいPCの先生が居られるのですね。良かったです。よろしくお願い致します。
  • 坪井篤子  2014/01/05 20:41
    椰子生さん、大変でしたね。
    ハラハラドキドキしておりましたが安堵しました。
    頼れるPC先生と乾杯ですね。
  • 野原 萌  2014/01/05 23:54
    椰子生さん、良かったですね。
    実は私も今やっとこのページに辿り着きました。突然繋がらなくなり汗をかきました。何がどうなってるのか分かりませんが、兎に角ホッ!です。
  • 野原 萌  2014/01/06 00:09
    これからのパン粉としての暮らし方  紺
    ハテハテ、難しい。
    でも紺さんは大丈夫ね。「いい繋ぎ」を積み重ねてこられてるから。


    ★くつばこに靴を入れたら十二歳
    漫画ミュージアムならではの句。ワクワクします。
    私も一気に好きな年齢に帰れそうです。
    ★ルルルとガガガに分けておきました
    私はガガガの方かな
  • 椰子生  2014/01/06 08:59
    百戦百敗 こりない漢です   矩
    「漢」は「痴漢」の漢ですから当然、「おとこ」と読むのでしょうね。通常、女には使わない。ひねた漢字を使いましたね(笑)。博学すぎる!
  • 大西俊和  2014/01/06 10:19
    百戦百敗 こりない漢です   矩

    ほー、博学なお二人ですね。「漢」はオトコと読むのですね。今年は、私もこりない「漢」で。

    「川柳2」

    「奥」という題、面白い句が一杯。政二さん、川柳をなさる方は皆さん、豊かな奥をお持ちなんでしょうね。