現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

オープン掲示板 過去ログ

どなたでも書き込んでいただける掲示板です。現代川柳の話題、イベント情報など、ご自由に利用してください。雑談もOKです。インターネットに一般公開されている掲示板ですので、個人情報の取り扱いにはお気をつけ下さい。

  • 大西俊和  2014/05/14 09:13
    *老妻が有り居り侍りいまそがり  鶴見佳子

    一緒に居ること、言葉より深い愛ですね。

    *「服装」 良樹

    情報が行き渡り、ファッションも自由になりました。素敵な自由の国、日本です。
  • 山口一雄  2014/05/14 10:32
    萌さん、コメントありがとうございます。萌さんもいろいろとお忙しいのではないでしょうか。
    午前中は介護でフル回転です。ちょっとだけのパソコンタイムです。
  • 蓮子  2014/05/14 14:26
    中嶋安子さま
     エッセイ、楽しく読ませていただきました。
     大変なのに、ユーモラスですてきなエッセイでした。
     無理しないでね。
  • 田村ひろ子  2014/05/14 22:40
    徳永政二さん

    ご子息・徳永富彦さん脚本のドラマ「TEAM・警視庁特別犯罪捜査本部“赤い布の殺人トリック”」ドキドキしながらテレビに釘付けでした。出演者の多い脚本は大変でしょうね。調子よく振舞っていた老刑事の計算された生き方の結末の哀しさ・・・汚れた赤いタオルが印象的でした。
    次回の作品も楽しみにしておりますと、お伝えください。
  • 野原 萌  2014/05/15 03:03
    老妻が有り居り侍りいまそがり  鶴見佳子
    へぇ~。こんな川柳もあるのですね。面白いです。
    有り居り侍り在り。う~ん・・そう言われれば確かに。


    「服装」
    良樹さんですよね、作者は!ちょっと意外です。 
    服装で伺い知る・・・そういう目も確かに。
    そう言えば祖父は特にうるさかったな。妹のホットパンツを見たときは品がないとひどく叱りましたっけ。服創りの戒めにはなりましたが・・。
  • 野原 萌  2014/05/15 03:08
    一雄さん
      くれぐれもお疲れが出ません様に。


    蓮子さん
      お久しぶりにお名前を見て嬉しいです。
      お元気になられましたか?
  • 大西俊和  2014/05/15 06:19
    赤青黄桃白母の花畑 中川千都子

    現実の花畑でしょうか。それとも心の中の花畑でしょうか。

    5月、花と緑が美しいです。
  • 坪井篤子  2014/05/15 13:11
    *赤青黄桃白母の花畑  中川千都子
    お母さまの夢想の花畑。とりどりの色で綺麗な事でしょう。
  • 政二  2014/05/15 14:12
    ひろ子さん
    ありがとうございました。
    おもしろかったと
    連絡した皆さんの声が届いていて
    ほっとしているところです。
  • 大西俊和  2014/05/15 22:57
    政二さん

    私も「TEAM・警視庁特別犯罪捜査本部ー赤い布の殺人トリック」観ました。最後のどんでん返しが痛快でした。証拠が無いのに、事実を探し当てるストーリー展開、面白かったです。次をまた楽しみにしています。
  • 野原 萌  2014/05/16 00:52
    赤青黄桃白母の花畑 中川千都子
    お母様の心の中に咲く赤青黄・・・・
    お母様の脳の中に咲く赤青黄・・・・
    今日は何色のお花かしら?
    お花畑には 小鳥や蝶も蜂も毛虫も時折やってくるのでしょうか?
  • 大西俊和  2014/05/16 06:50
    口角を上げて鏡の怒り解く    酒井啓三

    「笑う門には福来る」は科学的にも実証されているようですね。私も「ハイ、チーズ」。
  • 坪井篤子  2014/05/16 07:03
    *口角を上げて鏡の怒り解く    酒井啓三
    鏡の怒りドキドキします。口角を上げてにっこりですね。
  • 椰子生  2014/05/16 08:14
    口角を上げて鏡の怒り解く    酒井啓三
     この頃は「はい、キムチ!」が笑顔指導に使われているようですね。
    今晩もキムチを肴に飲みます(笑)。
  • 田村ひろ子  2014/05/16 12:09
    口角を上げて鏡の怒り解く    酒井啓三
     鏡の中の啓三さんがいつもの笑顔になり、「ほっ」としました。
    俊和さん「ハイ、チーズ」は「ハイ、チー」まではいいのですが「ズ」の口に問題ありということで、最近のタレント志望の方々への笑顔指導は椰子生さんのおっしゃるように「はい、キムチ!」や「ワイキキー」「ウイスキー」「キウイー」など、唇が「イー」の形になるようにしております。
  • 政二  2014/05/16 22:35
    俊和さん
    ありがとうございます。
    一般の人の反応もいいみたいです。
    「相棒」のようだとか、映画にしてもいけるとか、
    いままでで一番おもしろかったとか、
    そんな言葉が書かれていました。
    視聴率もちょっと上がったようで、
    無事終わりました。
  • 坪井篤子  2014/05/16 23:42
    誠二さん、
    ドラマの好結果嬉しいですね。
    とても楽しみです。またお知らせくださいね。
  • 大西俊和  2014/05/17 06:56
    点描画少女の指が筆になる 日和

    指先から零れ落ちる不思議な心。

    「時代劇」

    共感のエッセイ。関東と関西、離れていますが、同じ時代に生きていたのですね(笑)。
  • 坪井篤子  2014/05/17 08:42
    *点描画少女の指が筆になる  日和
    心のおもむくままに指先でピタピタ描く絵、芸術的です。


    *「時代劇」 良樹
    小学生の頃、お正月と言えばお年玉を持って姉と映画館に行きました。パンを齧りながら2館はしごしてフラフラになって帰宅したものです。懐かしいです。3本立てもありましたね。


    良樹さん、1週間のエッセイを有難うございました。
  • 日和  2014/05/17 10:51
    私の句にコメントを残してくださいました皆さま
    なかなか 返信ができませんでした。
    大変 失礼をいたしました。
    私の句を面白がっていただけているのなら とてもうれしいです。
    あと 2回お付合いください<m(__)m>

    政二さん

     ご子息のこと今知りました。
     TEAM 初回から楽しんでいます。
    今回は 今まで以上におもしろかったと思います。
    「相棒」とはまた違った雰囲気の作品で 効果音にひかれてます。
  • 野原 萌  2014/05/17 11:41
    ★口角を上げて鏡の怒り解く    酒井啓三
     鏡は心の中を映す反面教師。そして頼もしい味方でもありますね。
     引きつってもにっこり笑うことから始まるなにか。


    ★点描画少女の指が筆になる  日和
    可愛い指は心のメロディーをそのまま画用紙に写していくのですね。
    筆になるがいいですね。今日はインドネシアのバテックのシャツを着ましょうか。


    「時代劇」 良樹
    省略の美学! まさに。
    私の所は映画館もないドイナカ。そのお陰でテレビはS35年頃はあり、夢中になりました。
    堺俊二や、伴淳三郎などの脇役が好きでした。旧姓を吉田と言います。いつも悪者の怖い吉田義男がなぜか恥ずかしくて嫌いでした。正真正銘の正義の味方だけがヒーローの懐かしい時代を思い出させて頂きました。
  • 政二  2014/05/17 18:20
    日和さん
    はじめまして
    初回からはかなり刑事ドラマのファンのようですね。
    TEAMが終わりますと「警視庁捜査一課9係」も担当していますので
    よろしくお願いします。また連絡させていただきます。
  • 坪井篤子  2014/05/18 06:40
    *祝杯が演説になる披露宴  椰子生
    ありますよねぇ~うんざりする事が。
    今日は大安、結婚式やお祝い会が全国で行われる事でしょう。


    *終のすみか1 石田穗實
    ネットで家探しワクワクドキドキです。
  • 椰子生  2014/05/18 07:00
    終のすみか1   石田穗實
     やっぱり娘さんの近くに住みたいですか。いずこも同じようですね(笑)。
  • 大西俊和  2014/05/18 08:36
    祝杯が演説になる披露宴 椰子生

    最初は笑っていた人たちの顔が、だんだん厳しく・・・その雰囲気にも気づかず演説を続ける人・・・困った人です(笑)。

    「終のすみか1 」

    琵琶湖の見えるところ、憧れますね。
  • 石田 穗實  2014/05/18 09:22
    祝杯が演説になる披露宴 椰子生

    はじめまして。椰子生さん。
     目の前のお酒が気になって気になって。
  •   2014/05/18 09:58
    おはようございます。

    *祝杯が演説になる披露宴  椰子生

    御挨拶は短いに限ります。特にお酒が前にある場合は。(^_^)
  • 野原 萌  2014/05/18 12:02
    祝杯が演説になる披露宴  椰子生
    ざわざわ・・・なんだか、妻でもないのにハラハラしてしまいます。苦手なタイプです(笑)


    「終のすみか1 」
    琵琶湖が見えて、娘さんに近くて!
    そりゃワクワクですね。
    ・・・はてはて私達もそんな年頃を迎えたんだなぁ・・と。
  • 坪井篤子  2014/05/19 05:22
    *さあおいで涙の色が変わるから 森下綾子
    涙が真珠色や虹色に変わる時ってありますよね。「さあおいで」に作者の懐の深さを思いました。


    *終のすみか 2  石田穗實
    わくわく感、夢見心地が伝わります。
    しかしご主人の「琵琶湖の見えるベランダって、北向き?!」に読者もドキッ!
  • 椰子生  2014/05/19 05:46
    さあおいで涙の色が変わるから   森下綾子
     どう変わったのかな~。「ならずんば変えてみせるぞ涙色」ですね(笑)。


    終のすみか 2   石田穗實
     北向きは陽当たりが悪くてダメかも・・・。明日が楽しみ!
  • 大西俊和  2014/05/19 06:19
    さあおいで涙の色が変わるから   森下綾子

    凄い!!!

    終のすみか 2   石田穗實
     
    北向き・・・ちょっとーおお!
  • 大西俊和  2014/05/20 09:44
    青空にゴンドラのない観覧車 山口一雄

    淋しい風景ですね。

    「終のすみか 3」

    琵琶湖の見える南向きの家が見付かると良いですね。
  • 坪井篤子  2014/05/20 11:48
    *青空にゴンドラのない観覧車 山口一雄
    もう夢を見る事は不可能なのでしょうか?またいつかきっとですね。


    *「終のすみか 3」
    俊和さん同様、同意見です。
  • 政二  2014/05/20 12:44
    穂實さん
    滋賀に住んでいますので参考になさって下さい。
    びわ湖の見え方は湖東と湖西で大きく変わります。
    湖東からですと湖のバックに比叡山や比良山が見え
    特に比良山に雪が積もったときの景色はいいです。
    また、近江八幡あたりからですと比叡山の向こうに夕日が沈みますので
    それが湖に映ってなかなかのものです。
    湖西からですと三上山が見え、朝日になります。

    確かに湖の近くの湖東のマンションは北向きで
    問題は冬だと思います。住んだことがありませんのでよくわかりませんが
    障害物がありませんので北風には大変だろうなという感じはします。
    湖西は湖西で南向きでいいですが、山からの風(比叡おろし)もあります。

    僕は守山のびわ湖から少し離れたところに住んでいますが
    車で行けばすぐ湖が見れますのであまり部屋からの景色のことは思いません。
    湖東は平地が広いのでJRの駅のあたりがにぎやかで便利です。
    近江八幡、彦根、長浜、また草津から信楽とつながっているのもいいです。

    結局はその人のいいと思ったところが一番いいということになりますね。
  • 野原 萌  2014/05/20 21:33
    ★さあおいで涙の色が変わるから   森下綾子
     熱い胸に思わず飛び込んで行きたくなりました!

    ★青空にゴンドラのない観覧車     山口一雄
     どこにでも翔んで行けるゴンドラをお持ちだったんですね。


    「終のすみか 3」
    守山にお住まいの政二さんのアドバイス、嬉しそうに読まれておられる穂實さんを想像しています。
  • 山口一雄  2014/05/20 22:34
    俊和さん、当時ハーバーランドは改修工事中で、その後ゴンドラも元に戻され、再び回っているらしいです。

    篤子さん、ただいまエネルギー充填中です。もうずく青春カンバックです(笑)。

    萌さん、そうなんです。ゴンドラには翼が付いていたんです。大空に翼を広げ一緒に飛んでいきましょう~。
  • 坪井篤子  2014/05/21 05:40
    *脱がされて身悶えしてるキャベツ玉 鶴見佳子
    薄着の季節です。加齢と共に肉襦袢が気になります。


    *終のすみか 4
    寒さは誠二さんのアドバイス通りのようですね。嫌な予感もあってさてどうなる事でしょう。
  • 善江  2014/05/21 06:37
    五月の雨

                  サトウ八チロー


        雨 雨 雨 雨

        五月の雨は

        どこへ降るのも

        みどりの雨だ

        森でも丘でも

        並木の路(みち)でも

        若葉をうつして 降っている雨だ
  • 大西俊和  2014/05/21 06:57
    脱がされて身悶えしてるキャベツ玉 鶴見佳子

    キャベツ、セクシーな野菜だったのですね(笑)。

    「終のすみか 4」

    眺めの良いところは風も強い。条件の揃ったところを見つけるのは難しいですね。
  • 椰子生  2014/05/21 07:26
    脱がされて身悶えしてるキャベツ玉   鶴見佳子
     私もキャベツのように脱がされて誰かいい人に食べられたい心境を詠んだ句でしょうか(笑)。そんな事はないない(笑)。

    終のすみか 4
     だんだん雲行きが怪しくなってなってきましたね。ドンで返しで瀬戸に留まるか??
  • 石田 穗實  2014/05/21 08:27
    政二様 滋賀のことよくわかりました。ありがとうございます。琵琶湖の見え方が湖東と湖西では大きく変わること。
     最初は観光客のような気持でしたが、今はほんの少しですがわかってきました。政二さんの言われるように、草津 守山なら車で走ると琵琶湖が見えます。それはそのほうが良いだろうと話し合っていました。
     草津 南草津 守山と新快速が止まってずいぶん便利のようですね。
     震えながら琵琶湖を眺めるより便利をとらなければとも話し合っています。
     萌さんの言われるように、政二さんのコメントうれしく読んでいます。ありがとうございました。
    最後になりましたが、ご子息様の脚本の「TEAM」は面白かったです。思いがけない結末でした。でも温かなものが流れていたように思いました。

    これからもよろしくお願い致します。
  • ゆうゆう夢工房  2014/05/21 11:20
    ☆「現代川柳」第4回川柳大会のお知らせ☆
    *日時* 2014年6月29日(日) 午前11時~午後4時30分
    *会場* 兵庫県私学会館302号室(JR/阪神元町駅東口徒歩5分)
    *題と選者* 「まだ」徳道かづみ選・ 「透ける」大西俊和選・ 「 昔 」芳賀博子選・ 「結 ぶ」徳永政二選
     「 雫 」石田 都選・「 鎖 」杉山昌善選・ 「受ける」小島蘭幸選・ 「雑 詠」夕 凪子選
       各題2句投(欠席投句拝辞)、席題あり(1題共選。題と選者は当日発表*出句締切* 午後1時 披講開始午後2時30分*司会* 中野文擴*参加費* 1000円(当日会場にてお支払いください)※参加希望者は4月1日~6月10日の期間にハガキに住所・氏名(雅号)を明記の上、「大会参加希望」と書いてお申し込みください。

    句会終了後、懇親会を予定しております。(17時~会費4000円)参加ご希望の方は、句会参加申し込みのハガキに「句会・懇親会参加」とご記入ください。*お申し込み先*〒651-0096 神戸市中央区雲井通5-3-1 サンパルビル2F 交友プランニングセンター内「現代川柳」第4回川柳大会 係
  • 杉山昌善  2014/05/21 19:25
    俊和さん、ありがとうございます。
    「現代川柳」第37号 作家紹介 杉山昌善
     不肖、私にはもったいない作品論です。
     深い洞察力に、ただただ感謝です。私の「恋」の色が湖のエメラルドグリーンという箇所が、一番うれしかったです(笑い)。まずは、御礼まで。
  • 大西俊和  2014/05/21 22:10
    昌善さん、長い付き合いですのに、本当に知らなかったことを知りました。作家紹介、表面的なデッサンしか出来なかったこと、お詫び申し上げます。

    私たちに共通するこれからのキーワードは自由でないかと思います。ゆっくりと飲みながら、自由についてお話ししたいです。
  • 大西俊和  2014/05/22 06:37
    口止めをされて崩れる白牡丹     中川千都子

    「饒舌な沈黙」、「破裂しそうな守秘」、エネルギーを要します(笑)。

    「終のすみか 5」

    憧れの琵琶湖が霞んでいきますね。これから、どのように。
  • 椰子生  2014/05/22 06:53
    口止めをされて崩れる白牡丹     中川千都子
     いつまで沈黙を保てるかな~。

    終のすみか 5
     盲目の恋も大分冷めたようですね(笑)。
  • おさ虫  2014/05/22 19:07
    ◆ 終のすみか     石田穗實
     終の棲家探しは楽しそうですね。瀬戸から滋賀県に行ってしまうのかと思って読んでいましたが、ひとまず・・ですね。でもこの後の展開は興味津々です。
     私もかねてから退職したら沖縄!と思っていて、実際に探しに行ったこともありました。でも、マンスリーマンションでもいいやないか、になり、結局は食事つきのホテルを好きな時に転々とした方が楽だな、に落ち着きました。お金の事もありましたし。その沖縄も年に2回程度しか行ってません。やっぱり飽いてきますね(^O^)
  • 坪井篤子  2014/05/22 20:15
    *口止めをされて崩れる白牡丹 中川千都子
    崩れる白牡丹のフレーズ好きです。


    *終のすみか 5 石田穗實
    恋い焦がれ熱が冷め掛けた!
  • えけん  2014/05/23 03:18
    口止めをされて崩れる白牡丹     中川千都子
    「牡丹」は夏の季語ですね。花王とも言われる。この句では心象風景が鮮烈だと思います。
  • 椰子生  2014/05/23 05:41
    ガン眠るやさしい獅子の顔をして   酒井啓三
     ガンは獅子身中の虫ですね。

    終のすみか 5   石田穗實
     老後は賃貸が良いという経済評論家もいます。ゆっくり気に入った場所を探してください。
  • 大西俊和  2014/05/23 05:56
    ガン眠るやさしい獅子の顔をして    酒井啓三

    やさしい獅子のまま眠っていて欲しいですね。

    終のすみか 5   石田穗實

    迷いが続きますね。
  • 善江  2014/05/23 06:14
    夕やけ


       夕やけを みた

       うみに しずむころ やった

       なきたくなるほど きれい やった

       こころが、

       いたくなる

       もっと、

       夕やけの

       そばに いたかった



      高知県こども詩集
    『やまもも タイムカプセル』1998年より

         室戸小1年 松田 ゆみか
  • 石田 穗實  2014/05/23 09:20
    おさ虫さん二年前でしたか瀬戸主催の吟行で沖縄の服を着てらした記憶があります。良く似合ってましたね。
     おさ虫さんは大阪出身ですか?わたしは住吉区です。
     
     椰子生さん 私も賃貸もいいのではないかと思ったりもしています。
  • 坪井篤子  2014/05/23 13:26
    *ガン眠るやさしい獅子の顔をして 酒井啓三
    潜んでいる怖さ。どうか目を覚まさないで欲しい。


    *終のすみか 6 石田穗實
    思いとは異なっていた街。なかなかGOサインは出せないですよね。
  • 椰子生  2014/05/24 06:20
    まあまあでは隙を見せない女の子   日和
     隙を見せる方が可愛げがあるかも・・・。

    終のすみか 7   石田穗實
     15年も瀬戸に住んでいたら愛着もあるでしょうから瀬戸に留まるのも選択肢の一つかも・・・。ご主人がライフワークの陶芸を始めているなら尚更かもしれません。得てして歳を取るほど奥さんの意向が強くなるので、最後は穗實さんの決心次第です。遠くにありて君を思うのもいいかも・・・。
  • 坪井篤子  2014/05/24 10:13
    *まあまあでは隙を見せない女の子   日和
    きりっとした女の子。憧れます。


    *終のすみか 7   石田穗實
    椰子生さんの仰る通り「遠くにありて君を思うのもいいかも・・・。」同感です。

    1週間のエッセイを有難うございました。
  • おさ虫  2014/05/24 14:18
    ◆ まあまあでは隙を見せない女の子   日和
     日和さん、今回は女の子シリーズですね。別の角度から今までとは違った日和さんを見せていただいたような気がします。どっちが本当の日和さんかわからなくなりました(^.^)
     自己申告する子⇒感嘆符で弾む子⇒点描画の子⇒隙見せない子。だんだん大胆不敵になってません?(笑)

    ◆ 終のすみか    石田穗實
     穗實さん、私も住吉区出身です。住之江公園の近くに中2までいました。上町線は住吉大社が最寄りの駅でした。穗實さんはもう少し北の方ではないかと思いますが、遠い昔にすれ違っていたかもしれませんね。
     終の棲家探しは、琵琶湖も京都も帯に短しで、またしばらく瀬戸ですね。瀬戸もなかなかいいところですよ。
  • 椰子生  2014/05/25 08:09
    文芸としての「川柳」の源流―『誹諧武玉川』と『誹風柳多留』―

     よく句を調べていますね。勉強になりました!
  • 石田 穗實  2014/05/25 08:17
    男雛女雛の国王夫妻 椰子生
     テレビに映る国王夫妻を見ると、自然に笑顔になる私でした。
     男雛女雛本当にそうですね。

     椰子生様 私のエッセーに楽しいコメントありがとうございました。思わず一人で笑っていました。

     俊和様 篤子様 萌様 うれしいコメント感謝です。

     政二様 情報ありがとうございました。

     おさ虫様 住吉大社は小学校の時の同級生のお父様が宮司さんでそしてお家?だったので、よく遊びにいきました。当たり前ですが広い広い御家で走り回っていた記憶があります。
     太鼓橋の怖かったことも。
     瀬戸の良さが私にはまだわかっていないようです。また教えて下さい。
     コメントありがとうございました。
    格調高いエッセーの多い中で、軽いエッセーを一週間書かしていただき感謝とともに楽しかったです。
     ありがとうございました。
  • 坪井篤子  2014/05/25 08:29
    おはようございます。


    椰子生さま、穗實さま、
    本日の「おはようエッセイ」に早速のコメントを有難うございました。こちらの不手際で2012年7月にご執筆頂いていたエッセイをアップしてしまいました。申し訳なくお詫びを申し上げます。
    訂正いたしましたので再度お読み頂ければ幸いです。
  •   2014/05/25 08:54
    おはようございます。

    宗星さん

    蝶と言えば、その詩のほかに

    *蝶墜ちて大音響の結氷期  富沢赤黄男

    を思い出します。
  • 椰子生  2014/05/25 09:36
    「短詩と現代川柳」  博士 平  宗星

       てふてふが一匹韃靼海峡を渡つて行つた。
     今風に表現すると「蝶々が間宮海峡を渡って行った」ですね。ボクも旧仮名遣いを「がくかう」で習いました。
     たんたんと衒いなく書いたのが良いですね。一行詩は短句同様すっきりして好きです!
  • 坪井篤子  2014/05/26 10:44
    6月とことん句会のご投句受付中です。
    雑詠1句を5月31日(土)深夜までにご投句よろしくお願いいたします。
    投句先は「とことん会掲示板」をご覧ください。
  • 椰子生  2014/05/26 13:31
    2011/11/21付天声人語
    「ヒマラヤの雪嶺(せつれい)のふもとには他にも多くの高山植物が咲く。その二輪咲きを見るような、ブータンからのお二人だった。〈男雛女雛(おびなめびな)の国王夫妻〉は朝日川柳の☆印の入選作。素朴でつつましく、かくも好印象を残した国賓はあまり記憶にない」
  • 蓮子  2014/05/26 14:35
    終のすみか     
     穂實さま、エッセイ楽しく読ませていただきました。
     あまり、遠くには行かないで欲しい!そう思っています。
  • 大西俊和  2014/05/26 22:13
    *男雛女雛の国王夫妻 椰子生

    ブータンの国王夫妻は爽やかでした。

    *天豆の危うい角度それもまた 森下綾子

    ソラマメの鞘、微妙な角度で曲がっていますね。


    「短詩と現代川柳」

    てふてふが一匹韃靼海峡を渡つ行つた。

    映像が浮かび、いろいろのイメージを起こす一行詩ですね。

    「西脇順三郎とシュールレアリスムの短詩」

     (覆された宝石)のような朝
          何人か戸口にて誰かとささやく
          それは神の生誕の日

    何かを表現しょうとしてでなく、イメージの流れの中から掬い取るようにして生まれた詩のように感じます。機械でもそうですが、詩にも遊びがある方が良いのかも。
  • 椰子生  2014/05/27 04:50
    たのしみは録画して観る「花とアン」   山口一雄
     久しぶりに朝ドラにはまった。7:30のBSプレミアム3でいつも観ている。
  • 大西俊和  2014/05/27 07:45
    たのしみは録画して観る「花とアン」 山口一雄

    事実に基づいたドラマですね。私も楽しみに観ています(笑)。

    「北川冬彦と短詩」

             「馬」
         軍港を内臓してゐる。

    言葉の力は強いですね。このような短いフレーズで軍国主義への鋭い<批判精神>を表現できるのですから。
  • 山口一雄  2014/05/27 22:08
    椰子生さん、俊和さん、コメントありがとうございます。

    私も朝ドラにはまったのは何年ぶり、いや何十年ぶりでしょうか(笑)。

    今朝から私のデスクトップパソコンのインターネット上のサイトが更新されなくなりました。ノートパソコンで確認すると間違いなく更新されていました。何故???

    その後、ネットで調べて、上記の問題は解決したようです。
  • 大西俊和  2014/05/28 06:30
    そら豆の緑に意固地みすかされ 鶴見佳子

    緑色は本当にこころを見透かすように感じますね。豆の緑は特に。


    「ルナールの『博物誌』と現代川柳」

    ジュール・ルナールは愉快な表現者ですね。「簡潔性」と「凝集性」を忘れないようにしたいと思います。
  • 石田 穗實  2014/05/28 08:39
    連子さん おはようございます。コメントありがとうございました。はい できるだけそうします。
  • 野原 萌  2014/05/28 16:07
    そら豆の緑に意固地みすかされ 鶴見佳子
    ドキリとしますね。あの優しい緑。そして不思議な容。



    「ルナールの『博物誌』と現代川柳」
    「蛍」 草に宿った月の光のひと雫!
    「蝶」 この二つ折りのラブレターは、花の番地をさがしている。
    難しいことはわかりませんが、感覚的に大好きです。

    ★てふてふが一匹韃靼海峡を渡って行った
     この詩の題が「春」とは知らず、夢と憧れを抱きロシアに渡った女優さん(もう名前も忘れたが)が重なった。たまたま、神戸在住の姪御さんとバイトを御一緒したっけ・・。
    今回のシリーズ、とっても楽しみです。


    穂實さん
    終のすみか、考えさせられました。
    私も先日来、夫の生家の墓地明け渡し、移動、空家の問題などで帰省していました。
    決断はいろいろ難しいですね。
  • 大西俊和  2014/05/29 06:20
    約束の日までほどよく柔らかい 中川千都子

    素敵な約束なんですね。当日はふわふわですね。

    「牛のマンドリンと秋の胃」

             牛のマンドリンを聞く騎兵―秋の胃

    ダリ、キリコ、エルンスト、マグリットなどの
    シュルレアリスムの絵を見るようです。

    私は、戦争の中にいる騎兵が平穏な世界を希求している
    イメージを感じました。シュールな世界は読む方に自由な
    想像を与えるので楽しいですね。
  • 善江  2014/05/30 07:00
    西瓜を喰おう


              八木 重吉


       西瓜を喰おう

       西瓜のことをかんがえると

       そこだけ明るく 光ったようにおもわれる

       はやく 喰おう
  • 大西俊和  2014/05/30 07:33
    飼っているような気分になる病魔      酒井啓三

    ずっとずっと大人しくしていて欲しいですね。

    「十四世根岸川柳の現代川柳と風のうらの習作」

              ざまァ見ろと向ける顔の中の岩盤
              葦は考える風のうらの習作


    ①内在律という定型②超現実主義な表現③肉体化された言葉・・・十四世根岸川柳は新しい川柳を追い求められたようですね。
  • 椰子生  2014/05/30 07:51
    飼っているような気分になる病魔      酒井啓
     「頼むからおとなしくして病魔さん」
  • ゆうゆう夢工房  2014/05/30 08:22
    ☆☆☆選とコメントよろしく☆☆☆

    明日31日、句会結果の発表です。選とコメントは、本日24時までです。週末のご予定が多いと思いますが、よろしくお願い致します。
  • 椰子生  2014/05/31 05:55
    女の子秒針になり待っている   日和
     場所は渋谷のハチ公前かな~。いやそんなことはない、全国至る所で・・・。
  • 大西俊和  2014/05/31 07:17
    女の子秒針になり待っている 日和

    秒針になり待つ・・・とても楽しいことがあるのですね。

    「芥川龍之介の俳句と短詩性」

             蝶の舌ゼンマイに似る暑さかな
             青蛙おのれもペンキ塗りたてたか

    龍之介の俳句、初めて目にしました。

    「この俳句は江戸の古川柳にみられる「穿ち」の視点によって生まれた
    川柳味ともいえる<諧謔性>が強く表出されている」

    龍之介の「奇抜な着想と感覚」、凄いですね。
  • 酒井啓三  2014/05/31 11:53
    5月の「日替わり川柳」(金)を毎週お読みいただきありがとうございました。
     慈愛に満ちたコメントを多数お寄せいただきながら、今日までお礼を申し上げられなかったことは、誠に心苦しく申し訳なさで一杯です。
     実はご承知の方もいらっしゃいますが、昨年7月に「肝臓がん」と診断され、手術を受けて直径3センチのガンの塊とともに肝臓4分の1を切除し、胆のうも摘出しました。
    これで終わりかと思いきや今年1月には「肝細胞がん」が多数見つかり、細胞を標的に右そ径部からカテーテルによる「肝動脈塞栓術」と抗がん剤投与を受けました。
     そして今月20日前回と同じカテーテル手術を受けました。肝臓全体に散らばっている無数の「肝細胞がん」を相手に一生闘いつづけなければならないようです。
    「夢工房」を愛する皆さま、本当にありがとうございました。
  • 坪井篤子  2014/05/31 23:16
    平 宗星さま、
    短詩文芸の深い所を突かれた1週間のエッセイを有難うございました。お勉強させて頂きました。
  • 野原 萌  2014/05/31 23:33
    啓三さん、
    大変な時にもかかわらず、5月の金曜日をお引受け下さいまして有難うございました。
    ヘブライ語にダバールという言葉があるそうですね。「病気は神様からの賜り物」
    啓三さんを見ていると、ふと思い出しました。
    口はばったい事をいうようですが、病の大変さから 強く立ち居住まいを正し育まれた”人間啓三”を 近くに居てひしひしと感じております。
    今を詠まれた闘病シリーズ、胸に沁み入りました。ありがとうございました。
  • ゆうゆう夢工房  2014/05/31 23:49
    ☆5月夢工房句会☆

    5月のWEB句会の結果が出ました。

    5月の最高得点獲得句、雑詠は丸本うららさん、イメージ吟は木元忍さんでした。うららさん、忍さん、おめでとうございます。


    やわらかい言葉に知恵の輪が解ける      うらら

    善い人を演じ続けて錆びている        木元 忍

    これからもますますのご健吟を!
  • 野原 萌  2014/06/01 00:08
    女の子秒針になり待っている   日和
    コチコチコチ・・「女になって行く」を待っているのか?
    コチコチはときめきがある。切羽詰まったハラハラもある。
    秒針に想いが重なり広がって行く。


    「芥川龍之介の俳句と短詩性」
    * 木がらしや目刺にのこる海のいろ
    芥川龍之介もこんな句を詠まれたのかと親しみを持ったことを思い出しました。
  • 野原 萌  2014/06/01 00:25
    5月日替わり川柳のお礼
    大型連休で何かとご予定の多い5月を御担当頂きました
    千都子様、啓三様、日和様、椰子生様、綾子様、一雄様、佳子様
    本当にありがとうございました。
    留守がちで失礼を致しましたが、楽しいコメントを一気に読む楽しみも覚えました。
    今後ともよろしくお願い申し上げます。

              日替わり川柳担当スタッフ 野原 萌
  • 大西俊和  2014/06/01 08:33
    老いと死のコストを天秤にかける まさと

    世界のどの国も経験したことの無い、超高速
    超高齢化社会を迎える日本。この厳しい状況を
    どのようにして乗り越えるのでしょう。日本人の
    英知を結集して考えなければならない問題ですね。

    ☆流行りのアナ雪☆

    残念!!TVなどで紹介されていて観たいと思ったのですが、
    見逃しました。何回でも観たいと思う素晴らしい
    ディズニー映画の『アナと雪の女王』だったのですね。
    残念!!
  • 日和  2014/06/01 10:40
    五月・土曜日の日替わり川柳お付合いくださいましてありがとうございました。
    おさ虫さんのおっしゃったとおり はい!女の子シリーズで詠んでみました。
    昨日は大変暑い一日で愛知県でも黄砂がひどかったようです。
    突然の夏日にまだ身体がついていきません。
    少女の時間と熟女(おばはん)の時間の進み方はどうも違います。不整脈のように乱れながら 6月に立ち向かって いえ なだれ込みました。そうやって毎年 年を重ねていくようです。
    どうぞ 皆さま ご自愛くださいませ。
  • 田村ひろ子  2014/06/01 15:59
    俊和さん

    ディズニー映画の『アナと雪の女王』阪急西宮ガーデンズで上映中ですよ。もちろん吹き替え版も両方上映中です。
  • 大西俊和  2014/06/01 16:51
    ひろ子さん

    ありがとうございます。来週、さっそく観に行きます(笑)。
  • 野原 萌  2014/06/01 23:48
    老いと死のコストを天秤にかける まさと
    うう~~ん痛い句ですが、まさとさんだから説得力がありますね。
    目をつむらずにしっかりと私達の問題として考えなければいけませんね。


    「流行りのアナ雪」
    観客参加の新しい映画の形態として話題になっていますね。
    まだ見ていませんが、吹き替えの方、チェックしました。(笑)
  • 山口一雄  2014/06/01 23:53
    老いと死のコストを天秤にかける まさと

    まさとさん、お久しぶりです。
    国はコスト削減とばかり在宅介護を推奨し始めましたが、家族の負担は大きくなるばかりです。精神的負担や肉体的負担、更に経済的負担が重くのしかかってきます。消費税の財源もどこへ消えて行ってしまったのでしょうか。
  • 大西俊和  2014/06/02 04:37
    あっ、黴が飛鳥美人の眼のうつろ 善江

    今も飛鳥の時代を想っているのでしょうね。

    ☆スイカに塩☆

    私もスイカ、トマトに塩かけない派です。ただ、香辛料は大量消費派です。
  • 坪井篤子  2014/06/02 07:20
    *あっ、黴が飛鳥美人の眼のうつろ 善江
    1300余年の時を経て、カビかび黴だらけで涙の筋のようにも見えますよね。



    *☆スイカに塩☆ 瑞樹くらら
    昨日、余りの暑さにスイカを丸ごと一つ購入しました。老夫婦で水代わりに食べていますが、戴いていたマスクメロンが芳香を放ち始めました。今週はウオーターメロンとマスクメロンで満腹にします(笑)。
    勿論、塩はかけません。
  • 善江  2014/06/02 15:28
    『 川柳びわこ 』2014.6より


    ▽以前、青森県の柳誌の作品鑑賞を一年間させていただいたことがある。そこでは、関西とははっきり違う雪国の厳しさを味わった。

     そして、今年の四月から鹿児島県の柳誌の鑑賞をさせて
     いただいている。お引き受けしたのは、南国の風土を味わってみたかったからである。

     一年間続けることで見えてくるものがあると思っている。


     < 編集後記:德永 政二 >
  • 野原 萌  2014/06/02 16:01
    あっ、黴が飛鳥美人の眼のうつろ 善江
    飛鳥美人には、ギンギラの21世紀はさぞ眩しかった事でしょう。
    でも黴はもっと・・・お気のどくを致しましたね。



    ☆スイカに塩☆ 
    スイカはざっくり切ってがしがしシュワシュワ丸かじりが一番。モチ、塩などかけません。
    「おまえなぁ・・・」と顰蹙をかうので家では御遠慮申し上げてますが、アウト・ドアでは絶対やりたい事の一つ。

    「概念を食べる」それも頷けますが、口とは個人差が大ですよね。
  • 大西俊和  2014/06/03 06:02
    りんご剥く途切れた会話縫うように 翔龍

    しっとりとした時間。途切れたのでなく、次の言葉が生まれる時間。

    ☆お花☆

    無数の花。名前を知っている花、知らない花。季節が来ると「私はここですよ」と咲く花、可愛いですね。
  • 椰子生  2014/06/03 09:17
    りんご剥く途切れた会話縫うように   翔龍
     間を繕うのも大変ですネ。
  • 坪井篤子  2014/06/03 10:50
    *りんご剥く途切れた会話縫うように 翔龍
    途切れた会話にりんご剥くの動作が効果的で上手い。


    *☆お花☆ 瑞樹くらら
    花を育てるってことは心を豊かにしてくれますよね。花のある素敵なベランダを想像します。
  • 野原 萌  2014/06/03 17:08
    りんご剥く途切れた会話縫うように 翔龍
    「縫うように」が優しい心遣いを感じさせて素敵ですね。


    ☆お花☆ 瑞樹くらら
    終わった花や葉を、丁寧に摘む。それだけの事なのに満ち足りて何となく心弾みますね。
  • 瑞樹くらら  2014/06/03 19:16
    ☆スイカに塩☆ 

    マスクメロン含め(笑)ここではかけない派が多いようで、ちょっとうれしいです♪


    ☆お花☆

    終わった花や葉を、丁寧に摘む そんな自分を客観的に見て、ちょっと女らしいと満足してるのかと思っていました(笑)
    満ち足りて何となく心弾む…
    ほんとその通りですね。

    素敵なベランダ目指します!