現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

 

オープン掲示板

どなたでも書き込んでいただける掲示板です。現代川柳の話題、イベント情報など、ご自由に利用してください。雑談もOKです。インターネットに一般公開されている掲示板ですので、個人情報の取り扱いにはお気をつけ下さい。

  • 山口一雄  2021/08/29 10:39
    俊和さん

    お疲れさまでした。もう何回入院されたか数え切れませんが、本当に頭が下がる思いです。
    こんな私が言うのもなんですが、私から見ると俊和さんはストイックな性格でいらっしゃるので、俊和さんもおっしゃられるように当分はのらりくらりの生活にご専念ください。もしのらりくらりの仕方がお分かりにならなかったら私が御指南いたします(^^)。

    追記

    「ストイック」について、ネットで下記の記述を見つけました。まさしく俊和さんです。

    他人は優しく受容しても、いい加減な自分を見つめるたびに『向上したい!触発されて自分もこうなりたい!』と常に思い続けている自分がいます。
    自他共の幸福を信じて、【尊厳】を守ることができる人だと思います。
  • 大西俊和  2021/08/29 23:49
    篤子さん、9月1日(水)夜9時からの
    「刑事7人」テレビ朝日
    脚本担当 德永富彦氏(徳永政二氏ご子息)のご案内、ありがとうございます。

    一雄さん、通算入院回数は20回を越えたかも。しばらくは経過をまとめていましたが、もうまとめていません「ストイック」からの過分な分析をありがとうございます。病気になったお陰で、自分のことも以前より客観的に見ることが出来るようになったと思っています。社会生活上での基本的なところで大きな間違いをしたまま暮らし皆さんに迷惑をお掛けしたと反省していますが、今後修正してやっていけるかどうかは不明です。セロトニンの大家の有田先生がセロトニン的価値観とドーパミン的価値観という解説をなさっていますが、病気をする前の私はドーパミン的価値観に振り回されていたように思います。いずれにしてもご教示頂いたのらりくらり生活に専念致します。ありがとうございます。
  • 善江  2021/08/30 11:00
    『 川柳びわこ 』2021.9より

            ◇   ◇   ◇   ◇

    ▽長く川柳を続けているといろいろなことに気づく。

     なんでもないことを書いていてもその人の感性、考え方は伝わる。

     うまく書くよりも迫ってくるように書く方がむずかしい。

     ひとりのことで終わるよりみんなのことになっている方が味わいがある。


            < 編集後記:德永政二 >
  • 野原 萌  2021/08/30 12:26
    ★白い根が岩の亀裂を埋めている   大西俊和
    ♫ 松の根は岩を砕いて生きている~♫
    「コタンの口笛」?何の歌だったか?子供の頃のNHKドラマの挿入歌にそんな歌詞がありました。そうそう「次郎物語」でした。

    ・・そうか!?自分である事の芯を貫いていると岩でも隙間をくぐっていけるんだ!・・と感動し心に残っています。私の事ですから、あまり努力はできませんでしたが、欠点だらけという「大きな岩」のすきまをなんとかくぐり抜けたんでしょう。鬱にも陥らず朗らかにやってこれたように思います。

    一雄さんや俊和さんの上記メッセージを読ませて頂きながら、葛藤が少し解る気がして
    ”のらりくらり生活に専念致します”に心から拍手しております。

    ★気をつけて!ハイハイハイと私たち   大西俊和
    その他大勢。
    はい。ハイハイハイといい加減に流していますね。
    はい。特にコロナ禍では流してはイケナイその他大勢。
    いい加減でなく良い加減が必要ですね。
  • 野原 萌  2021/08/30 12:41
    善江さん
     いつも政二さんの編集後記 有難うございます。

    『うまく書くよりも迫ってくるように書く方がむずかしい。』

    本当に難しいですね。その通りだと思いました。
    長く見ていると「うまい句」は良いと思いますが飽きてきます。迫って来る様に書かれた句はハッとします。
  • 坪井篤子  2021/09/01 17:33
    お知らせです。

    本日9月1日(水)夜9時からの
    「刑事7人」テレビ朝日

    脚本担当 德永富彦氏(徳永政二氏ご子息)です。

    乞うご期待!
  • 田村ひろ子  2021/09/02 16:53
    徳永政二さん

    昨夜、9月1日(水)夜9時からの
    「刑事7人」テレビ朝日の
    ご子息・德永富彦氏が脚本担当の
    『VS真夏の完全犯罪計画・・・富豪の死と騙し合いゲーム』
    をドキドキしなが、観ました。

    殺人犯らしき、二人がスーツケースの遺体を運び出そうと四苦八苦している先々に、なぜか「七人の刑事」が次々に姿を現して、邪魔をするという不思議な展開でした。
    三十年前に大富豪宅にいた、財産を狙う二人の家政婦の1人が「妻の座」につき、やがて富豪を殺し、女主人となり暮らして三十年。彼女の財産を狙う「愛人の男と結婚詐欺師の女性の二人組」に殺されるという筋書きでした。「七人の刑事」に連絡をしたのはスーツケースの中の殺された女主人で、しかも三十年前に、「妻の座」につけなかった、もう一人の家政婦がこの家の「臨時家政婦」として登場、「騙し合いゲーム」になってゆくという、これまでにない事件の展開に引き込まれました。
    德永富彦氏の次回作も楽しみにしております。
    宜しくお伝えください。
  • 野原 萌  2021/09/03 17:32
    ★秋雨と沈黙が降る天と地に   大西俊和
    私の窓も雨があがりました。運よく姪に眼科へ乗せてもらい助かりましたが、今朝は土砂降り。本当によく降りました。
    秋雨らしからぬ雨。そして午後に
    多くを語らず菅さんは時期首相立候補をしないとのコメント。

    ”沈黙が降る天と地に”
    作者の意図する沈黙とは何でしょう?
    静かな秋雨と、「レ・ミゼラブル」の中にあるような ”・・・苦しみを忘れさせて消そうとするのではなく、苦しみを希望で深め尊いものにしようとする”  そんな沈黙であればいいですね。

    私には難しすぎて読み取る事が出来ませんがふとそんな事を思いました。
  • 野原 萌  2021/09/05 00:04
    ★秋雨前線ごろんごろんとまたごろん   大西俊和
    鬱陶しさも棚に、ひらかな表記がぴったりでなんか楽しくなってくる表現ですね。
  • 野原 萌  2021/09/05 16:47
    ★喩えれば壮健美茶の蓋である   大西俊和
    う~ん。今日もなぞなぞの様です。
    確かにペットポトルの蓋は画期的でした。一ひねりのねじで、いつでもどこでも手軽に液体をこぼさず出し入れ出来る。
    そんな優れものなのに一度きりでポイッです。
    ・・・
    でもそんな簡単な事じゃないでしょうね。またいつか17音字の裏側をお話下さいね。
  • 山口一雄  2021/09/05 19:59
    大西俊和川柳集「「恋法師」より -17-

    こんな男を家族がいつも待っている
    消える虹明日は私が虹になる
    雨の朝風吹く 夕も風が吹く
    旅つづくあの世の父母に支えられ
    三年間 君消えた野を彷徨った
    三年間どきどき呉れてありがとう

    つづく


    ★喩えれば壮健美茶の蓋である   大西俊和

    う~ん。萌さんの言われる通りなぞなぞの様ですね。
    貧乏性の私は、飲み切った300mlのペットボトルは洗って再利用しています。2Lのボトルは使い道がないので捨てています。
    「ペットボトル」が問題なのか「蓋」が問題なのか、それとも…。
  • 野原 萌  2021/09/07 00:59
    ★清流も水車も止まることが無い   大西俊和
    流れる! 澱まず流れる! そんな清流でありたい。
    誰かに助けられ支えられながら、また誰かの役に立つ水車。コットンコットン地道に、だけど明るく歌うように!
    ・・・
     そんな思いが漂い思わず頷いています。

    ★こんな男を家族がいつも待っている   俊和
    外で落ち込む事があっても、信じ頼り微塵の疑いもなく愛してくれる家族。
    この愛に自分は値するのか・・・
    ・・・そして「虹の句」になるのですね。
    家族とは本当にかけがいのないものですね。

    ★消える虹明日は私が虹になる   俊和


    ★一雄さん
    ペットポトルの再利用、大いに致しましょう!
    私も資源守りたい組です。ヘルパーさんが蓋に穴をあけて、お湯を入れ、母はベットに寝たままシャンプー。又お尻も洗って下さいました。それに学び壁の掃除をしたら結構楽しく出来ましたよ。ふふふ。
  • 野原 萌  2021/09/08 13:49
    ★スプーン一杯愛を加えてから苦い   大西俊和
    川柳は深くて面白い。
    「甘い」では川柳になりません。愛を加えたのに苦いのはその愛に問題があるのです。神仏の献身的な愛ではなく、自己的な欲のある愛、つまり人間臭い愛なのであります。
    苦いは苦しいとも読みます。
    そこから始まるドラマを読み手は想像して味わうのです。

    ★雨の朝風吹く 夕も風が吹く
    この風は音もなく色もなく冷たくさえもなく・・・
    ・・だけど息吹を逆撫でていくような・・・。
  • 坪井篤子  2021/09/08 20:11
    ご案内

    川柳仲間であり短歌作家の飯島章友さんが川柳句集『成長痛の月』をご上梓されました。
    現在、柳誌「川柳スパイラル」「川柳雑誌風」に参加。川柳アンソロジー『はじめまして現代川柳』に参加。
    また短歌では歌誌「かばん」に参加2010年、第25回短歌新人賞に輝く経歴の持ち主。
    章友さんは「川柳 ゆうゆう夢工房」にも所属していただき投句、句評、エッセーなどに参加して下さいました。

    個性あふれる語りのような川柳集はとても興味深く何度でも読みたくなります。

     紙風船うすずみいろの(来て)をいう
     夜を一枚めくる二軒目
     ある日来た痛み 初歩だよワトスン君
     対岸のささやきVSつぶやき
     年明ける首絞め(チョーク)を防御したままで
     Re:がつづく奥に埋もれている遺体
     毎度おなじみ主体交換でございます
     団欒の欒に巣作りする燕
     渦でしょうか楳図かずおでしょうか
     くちびるは天地をむすぶ雲かしら

    川柳句集『成長痛の月』をご覧になられたい方は「素粒社」へ
    http://soryusha.co.jp/
    info@soryusya.co.jp
  • 野原 萌  2021/09/09 21:45
    ★母が居て俺から僕になっている   大西俊和
    居住まいのきちんとした母の姿が見えてくるようです。

    ★篤子さん
    飯島章友さんの川柳句集『成長痛の月』 ご紹介有難うございます。
    章友さん ご活躍なのですね。心から嬉しく思います。

    *くちづけを頬に呉れたる六月の微風は夏の体温を持つ
    とか、桜若葉を美少年と詠まれた川柳!! どんな句だったか思い出せないのですが、新緑の頃になると、いつもその感性を思いだしています。
       
       ・紙風船うすずみいろの(来て)をいう
       ・対岸のささやきVSつぶやき
       ・くちびるは天地をむすぶ雲かしら

       詩人でもあられますね。
  • 野原 萌  2021/09/10 23:04
    ★許されるなら今日一日をミズスマシ   大西俊和
    ミズスマシですか。澄んだ水の中をスイスイと水紋を描きながら自由自在。水中も空中も映す彼の世界はどんなでしょう!?

    自由な発想に驚かされます。
  • 野原 萌  2021/09/14 22:38
    ★クレヴァスの底で叫んでいる大蛇   大西俊和
    クレヴァスの底とは絶体絶命の境地。いかな大蛇とて其処では判断力はなくなるのですね。
    禅問答のようです。

    ★聴いているあなたの声と潮騒と   大西俊和
    ただただ、あなたの声と潮騒と。
    ・・・優しい時が静かに流れます。俊和さんの世界ですね。

    ★だんだんと離れてゆくよながら族   大西俊和
    うやむやにするのではなく、いつか離れていくのですね。
    ながら族の特権としておきましょう!
    私などずーとながら族です。

    ★莫妄想きいております時宗と   大西俊和

    「莫妄想」は中国の宋から招かれ来た禅僧無学祖元が北条時宗に与えた言葉です。一切の迷いの心、何かを満たそうと望む心を捨て、今為すべきことに集中し、信じることを行え」と言う意味です。元軍の攻撃を受けた1268年10月弘安の役前のことです

    ”今為すべきことに集中し、信じることを行え”
    ずっしりと身に沁みます。
  • 野原 萌  2021/09/17 00:38
    ★一日を一息神になることも   大西俊和
      神様は自分に似せて人間をお創りになりましたよ。
    信じていきましょう!
     
    ★信またまたね私の指に蜘蛛の糸

    大西俊和

    絶体絶命の時にキラリと光る糸が眼前に垂れ下がります。不思議です。自力あっての他力を忘れないようにしなければなりません。
  • 野原 萌  2021/09/17 01:15
    ★一日を一息神になることも   大西俊和
      神様は自分に似せて人間をお創りになりましたよ。

    信じていきましょう!
     
    ★またまたね私の指に蜘蛛の糸   大西俊和
    絶体絶命の時にキラリと光る糸が眼前に垂れ下がります。不思議です。自力あっての他力を忘れないようにしなければなりません。
    私の指に蜘蛛の糸 ステキな表現ですね。 添え書きがありよくわかりました。
  • 山口一雄  2021/09/17 17:32
    ★らっしゃいらっしゃい今日もバーゲンセールです  大西俊和

    「バーゲンセール」、ひきつけられる言葉ですが、年がら年中バーゲンセールを謳っている店も多いですね。他の店よりも安ということでしょうか。最近はポイント何倍セールをよく見かけます。


    大西俊和川柳集「「恋法師」より -18-

    拾われた過去を忘れた猫が好き
    沈黙をつづけることが今は愛
    逢いにゆきたし三年の壁飛び越えて
    喉風邪で告白悲愴感に満つ
    話は尽きて接吻をする月の夜
    急ぎましょうか午後告げる鐘鳴っている

    つづく