現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

Senryu contest result

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
ごみひとつなくてだあれもよりつかぬ
うらら
光明
ごみも飾るものかも? なにもなくてはいい味が出せませんよね、お上手です!
川畑めぐむこ
その通りかも・・・。
酒井啓三
淋しい青春。
羽田義則
きれい好きもほどほどが良いです。指で桟の埃を調べるようでは きっと楽しい会話はないでしょうね。
石原てるみ
なるほど!
坂井 隆
ごみがあるのは、生きてる証。でもね、あるペンションにはごみひとつもなかったとこあったんです。お風呂の脱衣所にもね。ビックリでした。なんか王様?気分でした。それで自分の抜け毛拾って来ました。
平井美智子
わかるような気がします。おもしろい!
痛い
田村ひろ子
清廉潔白聖人君子のけ難しさ。
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
雑巾を程好く絞る義理の仲
石原てるみ
苑子
☆☆☆
須川柊子
強すぎても弱すぎてもダメなんですね。
彰子
道徳川柳になりがちのところを、さらりと、「雑巾を程よく絞る」なんてお上手!
村井広子
川畑めぐむこ
「程良く絞る」と「義理の仲」の関係性がいいですね。
うっぴー
そうです。ほどよく絞るのが、肝心です。
平井美智子
なるほど!穿ってるな~。参考にします!
光明
義理の仲・・・どんな関係?ドラマを感じました。
野原 萌
「程良く」が難しいところですが、暖かく生きるコツですね。
月見坂 蘭
『程』が難しい
★ ★ ★ ★ ★
落ち葉掃くカ行サ行に別けながら
ええ一
羽田義則
年末の団地掃除で落ち葉を掃きました。確かに竹ぼうきからカ行サ行の音が聞こえました。カ行サ行が面白いです。
愛知 おさ虫
上手いですね。「カ行とサ行」、擬態語なんでしょうけど、他の意味は何だろう、と連想してしまいます。
丸山 進
カサカサと手際よく。
★ ★ ★ ★
心配は次から次と落ち葉掃き
村井広子
中嶋安子
落ち葉が落ちるように、後から後から心配のタネは、出てきます。
石原てるみ
心配の種と落ち葉はピッタリ。
野原 萌
黄金のじゅうたんの様に 銀杏の葉が黒い幹をかこんである美しい写真をよく見ますが、この句。お母さんなんですね。 気持ちがよく伝わります。
レイ子
木の葉が舞い落ちるように心配事も次から次へ降ってくる。 まとめて掃き捨てましょう。 新年は目の前。
★ ★ ★ ★
大掃除昔々が顔を出す
矢島高綱
こんなところに自分見つける
愛知 おさ虫
「昔々」ですからかなり昔のものでね。古い家なら本気で大掃除すると意外なお宝が顔を出すのかも。でもこの「昔々」は自分の思い出でしょうね。
坪井篤子
処分しようとして、立ち止まってしまうことよくあります。
田村ひろ子
懐かしくて・・・掃除中断。
★ ★ ★ ★
大掃除まずは私のこころから
レイ子
苑子
矢島高綱
こころの部屋が散らかっている
松尾冬彦
丹原伸枝
色々とあった年だけれどまずは心のお掃除からね…。
★ ★ ★ ★
落ち葉掃く思い出ひとつ消すように
丹原伸枝
川畑めぐむこ
うっとりするような、すてきな表現ですね。
睦悟朗
脱皮の明日へ心静める
羽田義則
じゅんいち
木枯らしと、色褪せた夏の恋・・・
★ ★ ★
掃除機の吸い込み口にある偽証
真崎翔龍
苑子
☆☆
よく気が付きましたね
寺岡祐輔
何でも吸い込んでしまう掃除機。偽証を吸い込もうとしても不思議はない。
★ ★ ★
空よりもなおピカピカに窓ガラス
松原房子
レイ子
「空よりも」に惹かれました。 きっと作者のこころもピカピカになったことでしょう。
坪井篤子
ピカピカに磨いた窓ガラスにいっそうの明るさが増し喜びや達成感がある。
大西俊和
息を吹きかけてゴシゴシ、ゴシゴシ。
★ ★ ★
雑巾を絞る泣くのはもうやめた
寺岡祐輔
須川柊子
区切りを付けましょう。
小林祥司
そう、スパッとあきらめよう。綺麗にすればきっと神様は良い道へ案内してくれますよ。
清子
幾多の嫁が泣いて雑巾を絞り、絞りながら泣くのをやめたろう…。
★ ★ ★
終活と思えば捨てるものばかり
睦悟朗
石原てるみ
思い切って捨てたはずが・・・まだまだ。
寺岡祐輔
終活とは大切なものを一つづつ捨てていくことなり。
神田良子
なかなか捨てられずに困っています。
★ ★ ★
隠し戸の埃に指の跡がある
安藤なみ
小林祥司
大掃除もハッと手が止まったね。ついに見られてしまったか。 奥深い情景が浮かんで来ました。
平井美智子
う~ん、だれが入ったのでしょう。(掃除)でこのドラマ仕立ては立派!
清子
ドキリ。隠し戸を探した心境の時に見つけた先人の指の跡…。指の主はどんな思いで触れたのか。一編の小説のようにドラマが広がる。
★ ★ ★
風呂掃除裸の声が落ちている
公子
彰子
さもありなんと読み手に思わせる力があるとおもいました。
風呂掃除は厄介な家事です。アカ、石鹸かす、カビなどタイルの目地を汚して。あれらは裸の声でしたか。面白い発想です。
上手い
★ ★ ★
透明になるまで拭いている言葉
須川柊子
いつも、曇りがちなので拭いてみます。
うっぴー
一旦吐き出した言葉は、なかなか透明にはなってくれません。 ガラスクリーナーみたいなワードクリーナーがあるといいですね。(安心して失言できますね)
じゅんいち
一度口を離れれば・・・消したいな
★ ★ ★
来客があると片づく部屋の中
真崎翔龍
中嶋安子
同じく!
野原 萌
まったく!残念ながら・・。
流郷貞子
ごもっとも。
★ ★ ★
やや丁寧に極月の耳掃除
彰子
村井広子
睦悟朗
吉報を待つ春に備えて
寺岡祐輔
やや、がいいですね。
★ ★ ★
久しぶり掃除した部屋花を買う
村井広子
うっぴー
すっきりしましたね。「花を買う」が掃除のあとの清々しさを彷彿とさせます。
黒川利一
テーブルの生花は、365日まず絶やさない。暮れの掃除の仕上げは正月の花で。
勝壽
なかなかここに至らないのですな、、。うらやまし。
★ ★ ★
点々と染みを残して去った人
寺岡祐輔
黒川利一
拭っても拭っても残ります。
備瀬ちゃくし
一生落ちない染みを抱いて墓場まで。良い想いでになるかも?
流郷貞子
去った人のそれも思い出かも・・・?
★ ★ ★
いつの日か分別されて捨てられて
須川柊子
蓮子
ごみもわたしも。
黒川利一
それはそれであきらめます。
流郷貞子
私の末路かも
★ ★
あくまでも予定の欄にある掃除
彰子
酒井啓三
今年こそ実行しましょう。
神田良子
スケジュール帳に一応書いていますが。
★ ★
磨き上げた窓に青空閉じ込める
海月
ええ一
じゅんいち
やった!いつまでもこのままに
★ ★
アルバムを囲んで掃除どこえやら
石原てるみ
レイ子
「どこえ」の「え」が気になったのですが、アルバムの誘惑には勝てませんねぇ。
丸山 進
それもしあわせ。
★ ★
等圧線に沿って掃除機かけている
小野善江
等圧線とは考えましたね
おもしろい
★ ★
想い出を捨てられなくて掃除ベタ
中嶋安子
光明
想いでは捨てられないものですよね、掃除ベタで正解、同感です。
大西俊和
愛着や想い出を捨てないと片づかない部屋。
★ ★
わたしより掃除の上手いねずみ飼う
うらら
蓮子
私にも、そのねずみを貸して1
田村ひろ子
おやまあ、その「ねずみ」との出会いは何時、何処で?
★ ★
「出掛けてよ」お掃除ロボに追い出され
ゆみ子
酒井啓三
おもしろい発想。
坪井篤子
掃除ロボットのルンバはしゃかしゃかと良く動き働く。それに結構音も大きい。出かけて正解。
足音を聞きたくてする耳掃除
ええ一
坂井 隆
ドキドキですね。あったような、なかったような。やっぱりあったことにしておきたい・・・です。
真夜中の掃除私に戻るため
森下綾子
矢島高綱
邪魔をされずに心を整理
女優です掃除洗濯できませぬ
羽田義則
丹原伸枝
アハハ素敵な言い訳!あなたは岩下志麻さんですよね。
古寺の広間を走る掃除ロボ
海月
新旧のコラボが楽しい♪
来し方を洗い流している師走
平井美智子
愛知 おさ虫
「来し方」と云う古い言い方が単に1年を振り返るのではなくこれまでの人生を振り返る、そんな師走の一日・・を感じます。
掃除する手間を省いてくれた雪
備瀬ちゃくし
中嶋安子
冬は寒くてキライだけど、雪が周りの汚いもの?をすっぽりと隠してくれるから、、、いいこともあるんですよね(笑)
大掃除終わらなくても出る初日
中嶋安子
神田良子
12月になると大掃除と思うがしなくてもお正月は来ます。
掃除機が喋り始めて止まらない
勝壽
一旦唸りだすと止まらない人だ。確かに。
掃除機のホースにこびりついた悔い
平井美智子
備瀬ちゃくし
詰まってますよー!ホースも掃除してください。
遺伝子の掃除してから子に渡す
じゅんいち
安藤なみ
どのように掃除されるのか、考えると眠れなくなります。
仮の宿せめて掃除は致します
黒川利一
安藤なみ
仮の宿わたしも掃除しなくては、、、、、。
ウエットティッシュでまた古傷を拭いている
ええ一
便利な物がありましたね
人間は好きです掃除嫌いです
黒川利一
村井広子
積ん読を積み替えただけで日が暮れる
うっぴー
坂井 隆
あった。えーっ。探してた本あった。読む本があるだけでリッチな気分です。
温かい腐葉土になれ 掃き寄せる
川畑めぐむこ
彰子
「掃除」の題から「掃き寄せる」勉強になりました。
いい夢の続きを残し煤払い
川畑めぐむこ
大西俊和
夢と現実の調和が大切ですね。
煤払いエイトビートを刻みつつ
若山かん菜
海月
確かにエイトビートやラップがBGMだと掃除がはかどる気がします。
掃除機に吸わせる今年掻いた恥
安藤なみ
睦悟朗
リベンジ期して聞く除夜の鐘
真夜中に探すことんと捨てたもの
松原房子
清子
その、 ことん の音が聞こえます。探すのは真夜中に独りっきり…。
泥酔という体内の大掃除
丸山 進
ええ一
落ち葉焚き紅葉の最期看取る芋
若山かん菜
海月
このブラックユーモアが粋ですね。
掃除などあせらなくても生きられる
蓮子
勝壽
こう達観できると楽なんだが、、。しかしゴミの山だったりで、、。
いつまでも掃除のできぬ恋ごころ
田村ひろ子
丹原伸枝
ほんとうに恋の掃除なんてなかなか難しいよね。
ゴミよりもカビと言われるのがきつい
丸山 進
小林祥司
大ゴミの方がいいよね。宇宙人よりも。
わたくしと掃除機うなる更年期
森下綾子
丸山 進
どちらも耐えているのがわかる。
朝イチのトイレ掃除で拾うウン
光明
蓮子
かなり、おもろい!

戻る