現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

Senryu contest result

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
ちょんまげのあったところで感じてる
ゆみ子
思わず手を当ててしまいました。ここが多感なんですよね。「ちょんまげのあったところ」にやられました。
それでこそ「をのこ」です
ええ一
「ちょんまげのあったところ」は、私にとってはノスタルジーです。
彰子
「ちょんまげのあったところ」など作者の見付けに驚きました。私も「ちょんまげのあったところ」を諸々に敏感になれるよう、指圧でもいたします。
小野善江
「ちょんまげ」の楽しさ。
寺岡祐輔
日本男児なら。
坪井篤子
背筋の伸びた紳士(サムライ)を想像します。 表現が面白く想像が膨らむ。
須川柊子
「ちょんまげ」が面白いと思いました。
野原 萌
発想のユニークさに、一番星さま1つ。 地肌に直接の風もお冷たい事でしょう。それとも内なる知でしょうか?
★ ★ ★ ★ ★
感じ方いろいろ春のちらし寿司
レイ子
森下綾子
春のちらし寿司とはきれいな具象ですね。
街中 悠
「感じ方いろいろ」と「春のちらし寿司」がよく合っている。春の彩りのような明るい感じ方。
ちらし寿司がいろいろ感に効果的。
丸山 進
ちらし寿司への着地がうまい。
なにはともあれ、食べさせて! 感想は、それから・・・。
★ ★ ★ ★
感性が似すぎた二人 別れたわ
田中 女里
そう花
洒落たシャンソンを聴いているよう、、、
そうですか。別れましたか。感性が似ていなかったと別れる話はよく聞きます。 大金を手に入れ感性が変わったとか、この逆で別れたとか。 感性は完成しないものなのでしょうね。
備瀬ちゃくし
近づくのも離れるのも早い似た者同士。あっけらかんと別れたわ。
伊藤晴代
★ ★ ★ ★
敬語で話すもう終りだと感じてる
大西俊和
黒川利一
他人行儀になってゆく。
中嶋安子
よそよそしさが、、、悲しいです。
レイ子
「敬語で話す」に距離感がよく出て・・・。
丹原伸枝
うーん!わかるー。でもわざとよそよそしくする敬語の裏にはまだ未練も見える様ですよ…。
★ ★ ★ ★
逢えぬ日の微熱感じている小指
平井美智子
ゆみ子
小指が愛おしくなりました。
平 宗星
「小指」は女性のメタファーですね。女性川柳には、身体の一部を自己の分身として用いる作家が多いですね。また大西泰世さんのように花を自己の分身のメタファーとして用いる女性川柳作家も多いです。現代川柳は、このように「現代詩の一分野」として詩的な表現方法を用い、自己の<想い>をその比喩に託して表現します。この作品も「逢えぬ日の微熱」を「感じている」女性の<想い>を「小指」のメタファーで見事に描いています。
光明
微熱と小指の小道具に、やまとなでしこ感じます。
丹原伸枝
ほんとうに…。寂しくて切ないおんな心ですねー。
★ ★ ★ ★
感情を殺す靴底重くなる
神田良子
エエ、解ります。私なんぞは、家の中で素足でも・・・。
光明
我慢、ガマン、がまん・・・身体全体が重くなります、確かに。
坪井篤子
溜息が聞こえてきそうです。足ではなく靴底としたところが良かった。
苑子
★ ★ ★ ★
グーグルの痛く感じる場所がある
日和
苑子
ストリートビューもありますもんね・・・ 憎く感じる場所にならないことを願います
さて、どこだろう
森下綾子
恋の進行中だといいね。
寺岡祐輔
グーグルが痛いー言われてみれば。
★ ★ ★ ★
夫が拗ねている そそくさ切り上げる
野原 萌
神田良子
長い間暮していると良くある光景。触らぬ神に崇りなし。
睦悟朗
空気のようといっても、要注意のときもある
帆波
一字空けの後半が面白い。「感じる」という事柄にも相対性があるという・・面白い。
私も拗ねつづけどれくらいの時が過ぎたんだろう?早く切り上げて!! 凡
★ ★ ★ ★
白髪の艶まだまだ多感なり
黒川利一
川畑めぐむこ
白髪の艶と多感の結びつきがいいです。
街中 悠
元気で頼もしいです。こうありたいと思います。
寺岡祐輔
まだまだ若い(つもり)
丸山 進
いつまでも情熱は持っていたいものだ。たとえ髪がなくなっても。
★ ★ ★
もう少し咲いていたいと思う春
蓮子
酒井啓三
今年の春は短いようです。
田村ひろ子
そのような春でありますように
幸生
春を迎えるたびに、いつも、そう思っているのです。
★ ★ ★
ゆびきりの泣いて笑って雪柳
彰子
平 宗星
「雪柳」のメタファーが効いていますね。俳人は、「雪柳」を季節感を表現する季語として用いますが、柳人は、季語を一種のキーワードとして一句で用い、自己のメタファーとして使用します。俳人の夏石番矢さんが、かつて私との対談で「現代俳句は季語をキーワードとして考え、使う」と発言していましたが、その考えは、現代川柳が、戦後、探究してきた考え方です。「ゆびきり」の行為には、さまざまなドラマが秘められていますね。
森下綾子
人生そのもの。
坪井篤子
ゆびきりに雪柳を持ってきたのは見つけ。淡く揺れる不安感や安堵感にぴったり。
★ ★ ★
感じないような感じがする男
丸山 進
村井広子
イライラしては、いけません。
田中 女里
動じないといえばかっこいいのですが、これは違うよね。
清子
この男の人をうまく表現していますね
★ ★ ★
空白を感じ始めて水の音
街中 悠
村井広子
別れ時ですかね。
深みと静けさに惹かれます。
須川柊子
水の音は、心地よい?虚しい?想像が広がります。
★ ★ ★
食感で云うなら千切りのキャベツ
ええ一
小野善江
「千切りのキャベツ」のおもしろさ。
街中 悠
とても面白い発想。千切りのキャベツのしゃきしゃき感。
清子
「感じ」の一番想像できる句ですね
★ ★ ★
胎動の始まり母になる気合
中嶋安子
光明
母はここから強くなる、大きなポイントですね、納得です。
松尾冬彦
気合いに一票です。
野原 萌
ゆるぎない「感じる」
★ ★ ★
潮時を背で感じた帰り道
愛知 おさ虫
大西俊和
淋しい肩が見えます
田中 女里
わかりすぎるくらいわかる。帰り道が切ない。
じゅんいち
うなじに絡む冷たい視線・・・・北風が
★ ★ ★
老いと死の意識が落ちていく時間
海月
「目覚めては今日の予定の空き時間」 早くクタバレって思われてるのはわかるんですがね~。こればかりは・・・。
羽田義則
義則
まだまだ、これから長い人生を楽しみたい 凡
★ ★ ★
甘噛みの後はほんのり夢心地
中嶋安子
愛知 おさ虫
この甘噛みは「愛の鞭」と読みました。愛の鞭は例えどんなに厳しくとも優しい心が流れています。そしてやがて心地よい夢へと続くのでしょうか。深い句です。
こんな気分を味わいたい 凡
木元 忍
とってもロマンチック・・・。幸せの余韻に浸りながら「いつまでもこの時が続けばいいのに」と、キューンと胸を締め付けられて息苦しささえ覚える。そんな光景が目に浮かびます。いつまでも夢心地にし合える関係でありたいものですね。
★ ★ ★
感じたい場所にサソリのシール貼る
丸山 進
サソリのシールは面白い
サソリのシールが面白いです。 劇的に効果が表れるのでしょうね。肩こりにも効きそう、どこで買えるのでしょうか?(笑い)
帆波
かっこいいですね。それだけでこちらも感じてしまいます。
★ ★ ★
土踏まず恋の予感が駆け抜ける
酒井啓三
「土踏まず」が気に入りました。
大西俊和
そして、よろよろする
じゅんいち
土踏まずから脳天にビリリ! 夜も眠れず
★ ★
鳩尾に飼っているのは青い猫
平 宗星
海月
無茶苦茶かっこいい表現だと思いました。青い猫の性格を考えます。
恒雄
体の真ん中のどうしようもないところに淋しがりの塊がある、大抵は眠っているが時に爪を立ててくれる。
★ ★
新月の不随意筋よお前もか
帆波
不随意筋!
内田万貴
「新月の不随意筋」ってなに?と術中に嵌る。
★ ★
あいまいな笑みに感じる胸の内
小林祥司
石原てるみ
気にかかります胸の内!
川畑めぐむこ
あいまいな笑みが一番恐ろしいかも・・・。
★ ★
好きになる出会った時の皮膚呼吸
川畑めぐむこ
矢島高綱
その通りです肌は息づく
安藤なみ
恋に発展する予感。皮膚呼吸まで総動員するって、この好きは並ではありません。
★ ★
感受性など成層圏に置いてきた
ゆみ子
星から生まれた生命。地球生命体になる前に感受性を成層圏に置いてきた。それでもちゃんと生きているたくましさを感じます。
神田良子
カラカラに乾いてしまった感受性。春雨に濡れれば多少潤うかも知れません。
★ ★
致死量の焦燥感をまとう僕
ゆみ子
そう花
鈍感、のんびりや、諦めの早いワタシには想像も付かない。致死量の焦燥感を纏う繊細なアナタに囚われてしまいそう。
木元 忍
致死量の焦燥感ですか。辛すぎますね、考えるだけでもおかしくなりそうです。感情にも閾値があって、それを超えるとどうなるか・・・。体験した人のみぞ知る、未知の領域です。
★ ★
木のふふふ枝で孵化するもの感じ
玉江
内田万貴
命の誕生に寄り添っている幸福感。「ふふふ」がいい。
清子
本当にふふふという感じですね
★ ★
恋ですよ耳朶に風触れていく
睦悟朗
中嶋安子
耳朶に触れる風、、、恋の予感ですね。
松尾冬彦
くすぐったいなあ!
★ ★
生きている喜怒哀楽に揉まれつつ
幸生
川畑めぐむこ
その通りだと思います。
流郷貞子
人生そんなものね
★ ★
いちばんずるいのはだんまりの案山子
つぐみ
酒井啓三
沈黙は金なり!
幸生
まさにその通り、ズバリその通り、案山子にも笑われる奴!
★ ★
やわらかい視線感じた ふくらんだ
村井広子
小野善江
「ふくらんだ」がいいです。
黒川利一
プチトマトに「もういい加減実がならないから切る」。数日後花芽がつき始めました。これと逆も真かもしれない。優しい言葉で、たくさん綺麗な花を咲かせる。
★ ★
ありがとう叱ってくれてありがとう
つぐみ
石原てるみ
素直な心が感じる感謝!
蓮子
ただただ感謝!
★ ★
チャレンジへ無駄だと知っている身体
備瀬ちゃくし
矢島高綱
気合と言われ動かぬ身体
神田良子
無駄な努力を一番知っている身体。
★ ★
北からの風は涙の味がする
備瀬ちゃくし
蓮子
そうかも。
レイ子
沢山の涙と悲しみを乗せて北から吹いた風。 今度は南からやすらぎとエールを乗せて送りたい・・・。
★ ★
沸点を感じたときが別れ時
松尾冬彦
つぐみ
あとは冷めてゆくばかり、だから?
黒川利一
別れ時は零点ではないの??
★ ★
つぎつぎとマトリョーシカは多感です
小野善江
彰子
マトリョーシカをみると感傷的でぴりぴりしていたお下げ髪のころを思い出します。 今宵はマトリョーシカとジャムたっぷりの温かいお紅茶をいただきましょう。
つぐみ
開けても開けても捉えどころのないこころ。
★ ★
祖父の額遠い戦を感じさせ
愛知 おさ虫
石原てるみ
軍刀を手にした写真ありました。
丸山 進
言葉にならない歳月を超えたものを感じる。
★ ★
ビビビーと感じチャッチャとする別れ
森下綾子
田中 女里
別れはそうでなくっちゃね。
愛知 おさ虫
結婚と離婚を繰り返す芸能人のあの軽さの根源はいったい何だろうと思っていましたが、この句がズバリ答えてくれました。二つのカタカナの掛合いが面白いです。
★ ★
落語会感じる脳へまっしぐら
光明
小林祥司
脳が情況描写にフル回転。ズンズン感じます。
綺麗でもやっぱりイヤだ薔薇の棘
畑中玉菜
小林祥司
同感。ずばりです。
熱視線感じて満ちてくる血潮
能津 健
愛知 おさ虫
恋の句と思いますが私的には、壇上に登った時などの緊張感を連想してしまいました。「満ちてくる血潮」、確かにそうですね。「熱視線」も新鮮。
裏切りを感じて長い長い夜
大西俊和
睦悟朗
くどくど、くよくよ。でも朝は来ますよ
悲しいね感じるままを言わぬ癖
丹原伸枝
悲しい癖…でももう癖なんて思わないで時には感じたままを素直に言った方が楽だよー。
おい影よそろそろ神が来そうだな
松尾冬彦
彰子
インパクトのある上五の「おい影よ」又、下五の「来そうだな」には、大人の色気「そろそろ」に人生感を・・・・・・ ひらかなと漢字の配置にセンスを感じました。
風痛し皮膚を剥がれたごとき身に
清子
羽田義則
義則
乳房に感じる強い血の絆
木元 忍
流郷貞子
共感句
マシュマロの食感 みどり児を抱くとき
坪井篤子
羽田義則
義則
アンパンのヘソを感じる こそばゆい
須川柊子
村井広子
あらあら 立派なおヘソですこと。
キリキリと背中に刺さる怒の視線
野原 萌
幸生
あなたは感じているから正常、欲や名誉に溺れて感じない奴が多すぎます。
ごく稀に神を感じる無垢の風
石原てるみ
伊藤晴代
ベンチが温かい 春が来たらしい
月見坂 蘭
睦悟朗
待ってた春に理屈は要らない
逢う度に別れの予感杜若(かきつばた)
羽田義則
平 宗星
「かきつばた」という語から『伊勢物語』の有名な在原業平の「から衣/きつつなれにし/つましあれば/はるばる来ぬる/たびをしぞ思ふ」を思い出しました。この歌には、「かきつばた」の5文字が隠れています。この歌を題材に能『杜若』がありますが、「杜若」の精の幻想的な舞に心が虜になります。そんな「杜若」の精のような「あなた」と「逢う度に別れの予感」を感じてしまう作者の<想い>がよく出た幻想的な現代川柳ですね。
恋の予感パッと心にミモザ咲く
丹原伸枝
そう花
ときめきが聞こえそう。
光りうけひとりぼっちじゃない私
蓮子
田村ひろ子
ふりそそぐものを感じる幸せ
友情を感じてゆれるチューリップ
苑子
中学生日記!ゆれる時期です、多感です
雪解川きみを感じていいですか
寺岡祐輔
海月
カチンカチンの心が春とともに少しずつ溶けていく。やわらかくなった部分に好きな人を受け入れたいと思います。
妙齢のたとえば二段熟カレー
ええ一
帆波
メロディーがあります。「わかる、わかる」という感じ。でもありふれていない。
さ~らさら春を感じて草書体
須川柊子
備瀬ちゃくし
年中、草書体かも。
感じます冬陽に裸足あてながら
黒川利一
海月
少しやわらかくなった冬の陽を一緒になって素足に当てているような気がしてきます。気持もやわらいできました。
アバウトな感じで生きる春うらら
神田良子
野原 萌
それもいいですね。春ぐらいは。 (「春うらら」は言い尽くされ語でちょっと、気になりますが。)
生命の宇宙を宿す胎内に
海月
中嶋安子
赤ちゃんの存在を感じる、うれしい瞬間ですね。
美しい指にもあった幸不幸
伊藤晴代
蓮子
それなりにその人の人生が!
がれきからすみれ感泣したのです
小野善江
木元 忍
どんな苛酷な環境でも、スミレは負けません。何とか命を繋ぎとめようと一生懸命に根をはり、美しい花を咲かせました。君にも出来る、大丈夫!と背中を押されている気がします。
花を買うただそれだけで春がくる
田村ひろ子
矢島高綱
判りますその優しい気持ち
まるまって少し幸せ微熱あり
田村ひろ子
つぐみ
ぬくぬくと微熱の朝の甘え癖。
感じ合う風は北から吹いてくる
寺岡祐輔
伊藤晴代
鈍感な遺伝子背負い生き残る
じゅんいち
ゆみ子
感受性が強すぎると生きにくい‥‥ということを、裏側から上手に詠んでいると思います。「鈍感な遺伝子」に乾杯です。
感じ合う思い一つの春の雨
小林祥司
大西俊和
情景が浮かんできます
しみじみと父の娘で良かったな
公子
レイ子
しみじみと「お父さん大好き」が伝わってきます。
しあわせは感じるものよ春の風
玉江
須川柊子
そうなんですか。感じてみます。
なんやかやとだんだん涙もろくなる
幸生
小林祥司
自分のことを言われているようです。一票。
首筋を掠めていったのは刃物
帆波
流郷貞子
極限を感じる
さりげない仕草に胸がまたキューン
公子
備瀬ちゃくし
片思いのマドンナ、遠くから見つめるだけ。
春を感じる夕焼けの向こう側
酒井啓三
ええ一
「夕焼けの向こう側」をぜひ覗いてみたいものです
違和感はない角砂糖を齧る
あなたも食べてわたしも食べている銀河
平 宗星

戻る