現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

Senryu contest result

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
あとすこし旅をしたいな 風を待つ
野原 萌
らむ
楽しい事はず~~~っとしていたいですよね。。
苑子
光明
濡れ落ち葉にも、未来を感じさせられました。一字空けは気になりましたが・・・。
川畑めぐむこ
葉っぱの気持になって。
小林祥司
また逢おう。そして旅の話をしよう。
じゅんいち
そうですそうです・・・・・終着点はもっと先
日和
風に身を任すしかないけどねぇ
丹原伸枝
優しい風と一緒に素敵な旅を続けて下さい
神田良子
今さっき落ちたとこ。風よ吹け別天地に旅をする。
石原てるみ
良い風が吹きます様に!
★ ★ ★ ★ ★ ★
傷ついた地球に赤い絆創膏
若山かん菜
らむ
地球に謝りたいです。。。
中嶋安子
誰が貼ってくれたのかしら。
じゅんいち
僕で癒やせるかなあ?
酒井啓三
発想が面白い。
面白い見つけです。赤い絆創膏はよく効くと聞きました。
木元 忍
地を埋め尽くす枯葉は、大地から吹き出す血で紅く紅く染まる。
★ ★ ★ ★ ★ ★
延命拒否ラストダンスを待っている
丸山 進
苑子
☆☆
ちゃくし
切ない。
神田良子
命乞いしないでラストダンスで幕を閉じる。凄い。。
蓮子
すてき!
野原 萌
風まかせの身ですが意志の強さだけは持ち続けたいもの。
レイ子
潔くて明るい。
★ ★ ★ ★ ★
集合の写真を抜けてきた楓
彰子
敏々
FB
丸山 進
平井美智子
発想がおもしろい!
🍁
ええ一
★ ★ ★ ★ ★
ここからは独りの旅になりました
田村ひろ子
海月
いつか人は一人になるのでしょうか。今二人でいられる幸せをかみしめたいと思います。
日和
ほんとにそんな感じですね
平井美智子
独りも悪くないですよ
村井広子
街中 悠
さてここから始まる旅のゆくえ
★ ★ ★ ★ ★
裏返す勇者を待っている紅葉
若山かん菜
海月
発想の転換がすごいと思いました。
森山文切
気付かれないままのサプライズ。
安藤なみ
できれば、このままで。
彰子
勇者なんて言葉力強くてよいですね。
ええ一
拾われるか?踏まれるか?それが問題だ。!
★ ★ ★ ★
知らなくて良いことだった母の恋
平井美智子
光明
知って、後悔するなんて~、たとえ親子でも、秘密には触れないほうが・・・秘密は秘密として大切に!それぞれの人格を大切に!
坂井 隆
水に流してあげましょう。映画ではメリル・ストリープの演技が光ってましたね。
竹内美千代
私の母は生涯すっぴんだった。横顔、耳の形、鼻筋、目の大きさ、緩いウエーブの髪等、母が美人だったと気付いたのはそんな前ではない。恋をさせてあげたかったなア。私の知らないところで仄かな慕情を燃やした日の有ったことを想いたい。
大西俊和
そう、過去は過去のまま。
★ ★ ★ ★
記憶の中で君はきれいに咲いている
村井広子
中嶋安子
きっと、そうだよ。
丹原伸枝
素敵ですね。 あなたの記憶どうりあの人はいつまでもきれいに咲いてるでしょう…。
田村ひろ子
大切になさいませ!!
蓮子
とても鮮やかに!
★ ★ ★ ★
非正規の枯葉だろうか もちかえる
月波与生
非正規雇用の人と重なりました。落ち葉一つにも作者の優しさを感じます。
一歩
もちかえる。がやさしい。
神田良子
非正規から落ちていくのでしょうか。
🍃
★ ★ ★ ★
美談だけ残して去っていく男
ゆうゆう夢工房
苑子
☆☆☆
月波与生
美しいうちに去る男。三分くらいか。
愛知 おさ虫
男たるもの、そうありたいものです。
一歩
そんな男になりたい。
★ ★ ★
少しだけ好きになってもいいですか
海月
黒川利一
はい!
小林祥司
いいですよ 一人ぼっちてさみしいの
坂井 隆
優しさが伝わってきます。又、最近の初恋はどうなんでしょうか?いろいろ考えてしまいました。
★ ★ ★
意に沿わぬ場所で真っ赤に燃えている
森山文切
須川柊子
真っ赤に燃えているだけでも、いいじゃないですか。
羽田義則
希望、夢、ロマンを抱きながら・・・。
ゆみ子
与えられた場所で懸命に生きようとする命は、切なくて尊い。
★ ★ ★
運命を受け入れた日の高笑い
睦悟朗
愛知 おさ虫
やけくその笑いですね。 私も、情けない自分に時々大声で笑ってやる事があります。
竹内美千代
私のイメージ通りの句。私自身で、運命を受け入れた、という言葉を見つけることができませんでしたし、高笑い、と言い得ることもできませんでした。ありがとう。
坪井篤子
笑うしかなかった複雑な思いが切ない。
★ ★ ★
まだ少し湿っぽいけどたたんだわ
須川柊子
月波与生
たためば忘れやすくなります。
坂井 隆
湿っぽい・たたんだわ、がいい組み合わせです。
愛知 おさ虫
「畳む」が色んな比喩にとれて面白い句です。
★ ★ ★
紅を差す指が感じている慕情
平井美智子
真崎翔龍
丹原伸枝
切ないおんな心…。美しい叙情を感じられます。
木元 忍
女が一番美しくなれる瞬間
★ ★ ★
仔ぎつねが落としていった葉のお金
川畑めぐむこ
かわいい童話の世界。
田村ひろ子
かわいいですね。
野原 萌
平成の仔ぎつねは、温かい手袋を買えなかったのかなぁ。
★ ★ ★
燃え尽きてやっと一息する落ち葉
能津 健
中嶋安子
地面の布団が心地よい~
酒井啓三
人生そのもの。
レイ子
★ ★
肩書を一枚落とし蔦紅葉
日和
彰子
少しは身軽になれたでしょうか?
坪井篤子
肩書を一つ落として少し楽になる心境を上手く表している。こうして徐々に個人に戻れる思いに蔦紅葉が効果的。
★ ★
今日もまた風に任せてひとり旅
小林祥司
らむ
新しい出会いがあって楽しいかも。。。
石原てるみ
寅さんの様に!
★ ★
見つめられ紅く染まって負けてゆく
石原てるみ
丸山 進
睦悟朗
好きだと先に言わされてから
★ ★
手の平へ紅葉のこころ載せてみる
彰子
小林祥司
何と言うだろう。きっと話すよ、幸せだったと。
きよし
紅葉に心を載せてみたいものです。
★ ★
月光にふり落されてゆく ひと葉
きよし
月光にふりおとされる様がなぜか人生と被ります。
真崎翔龍
★ ★
今日からは天下無敵の濡れ落ち葉
愛知 おさ虫
光明
天下無敵がいいですねぇ~!
村井広子
★ ★
この秋を一枚の葉に染め上げる
レイ子
幸生
そうですこれが今年の秋の象徴です。 幸生
ゆみ子
ひと秋を凝縮した色だったのですね。道理で美しい赤です。
★ ★
さようなら 少しは役に立てたかな
幸生
酒井啓三
この潔さを買います。
大西俊和
何のためにこの世に。
★ ★
踏まれてもあなたの事は忘れない
中嶋安子
黒川利一
許しては駄目!また、同じ失敗をくり返しますよ。
石原てるみ
健気な思い!
★ ★
化石になっても魂は赤いまま
ゆみ子
月波与生
化石になれるだけましな人生か。
ええ一
あの燃えるような赤は、魂の色だったんですね?
★ ★
お手本は綺麗に枯れていく紅葉
喜九郎
山口一雄
惜しまれて逝きたいものです
須川柊子
紅葉に対して、そういう見方もありましたか。
★ ★
紅葉してからの心が潔い
睦悟朗
力尽くした自分褒めてる
坪井篤子
自分を出し切った安堵感と自信。
★ ★
また独り どうせ拾った恋だもの
ちゃくし
じゅんいち
そうよそうよ、でも風は冷たくこたえます
丸山 進
★ ★
手が触れて恋の予感の8度5分
ゆみ子
平井美智子
手が触れたあたり、少し色が変わっていますもの
一歩
一瞬の感覚を読み取る。8度5分もいい。
★ ★
しあわせのかたちはそれとわからない
月波与生
田村ひろ子
ほんとうに、そうですね。
木元 忍
幸せの形は人それぞれ。
息づかい聞こえて動悸止まらない
海月
真崎翔龍
紅葉狩り食べれるんだと思ってた
喜九郎
ミチコ
いやはや、食いしん坊は私だけではなかったのね。良かった。
燃え尽きて忘れ去られるものになる
ゆうゆう夢工房
羽田義則
最後に、いつか皆から忘れられる。
勲章を残し老兵消えてゆく
茨木昭夫
安藤なみ
勲章のない兵まもまた消え去って。
そのままのあなたでいいと散る紅葉
敏々
FB
風と舞いここを栖と決めました
きよし
川畑めぐむこ
栖の居心地はいかがでしょう。
想い出を真っ赤に染めて散りました
レイ子
日和
想い出は重かったのね
思い出ひとつ風が残して秋は逝く
丹原伸枝
ちゃくし
また明日へ。
手を振って秋があなたと去ってゆく
山口一雄
村井広子
かさぶたになって気づいた罪ばかり
らむ
森山文切
時効まで気づかなかった。無罪。
失うものはない赤の勝負服
丸山 進
ミチコ
そうだ!がんばる!!
犯人は秋だ!足跡から見れば
ええ一
彰子
素晴らしい感性の表現で感嘆しました。
氏素性問われ記憶の外にいる
真崎翔龍
竹内美千代
真っ赤に染めるのは、氏素性ではない、魂の高さと心の強さかと思えます。今、本当に自由になれたのではないでしょうか?
悔いは無し百パーセント命燃え
一歩
レイ子
かくありたし。
鬼の子と星の王子が遊んでた
じゅんいち
敏々
FB
生きる場所ここぞと決めてすわる肝
苑子
睦悟朗
私は私もはやぶれない
エピローグ 見事に華になっている
村井広子
ちゃくし
お見事。
美しくなってアナタのもとにゆく
田村ひろ子
山口一雄
待っていてくれる人がいるのはいいですね
枯葉の下のあなたの言葉探してる
公子
黒川利一
無粋ですが、質問。どんな言葉ですか?
存分に戦ったのだ一冊の詩
坂井 隆
街中 悠
存分に戦った潔さがうつくしい
秋が指を鳴らすと眠くなる葉っぱ
ええ一
ミチコ
本当にパチンと一瞬の合図で催眠術にかかってしまう様。
踏まれまい雨に打たれて終わるまで
ミチコ
きよし
落ち葉も我慢、我慢です。
美しく消えて未来へまた燃える
小林祥司
幸生
かすかな希望を感じさせる赤。 幸生
落ち葉踏む乾いた声で誘われる
石原てるみ
大西俊和
ドラマがありますね。
目を描いてから改めて罰します
安藤なみ
森山文切
改めて罰するまで、目はそのままでいるように。
こおろぎと落ち葉の下に寝ています
きよし
街中 悠
すやすやいい夢を見てください
不本意な姿でも無くさぬ誇り
森山文切
海月
難しいけどそうありたいものです。
発芽して雪降るまでは生きてるぞ
茨木昭夫
発芽する!その勢いに希望と逞しさを感じます。
枯れ落葉身の振り方は決めてある
愛知 おさ虫
山口一雄
そろそろ身辺整理でもしないと
朽ちてゆく先は都会のアスファルト
神田良子
羽田義則
老いてゆく買い物も病院も近くにあればいい。
赤少し足しただけですあたたかい
蓮子
野原 萌
グレーにオレンジっぽい赤をたすと、グレーまで暖色に感じます。心にも赤いろをお持ちなんですね。
まだだって言っているのに冬が来る
山口一雄
須川柊子
心構えが必要です。

戻る