現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

Senryu contest result

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
順番が来そうでヒゲを剃っている
ええ一
酒井啓三
毎日がそうです。
平井美智子
何の順番なのでしょう。怖いことを想像してしまいます。
何の順番かは読者次第だがみょうにその気にさせる。
大西俊和
男はヒゲ剃り、女は化粧。
坪井篤子
何の順番かを想像すると面白い。ブラックユーモアも有りそう。
石原てるみ
紳士のたしなみ。
村井広子
黒川利一
身綺麗にして、外出には下着も選びます。、何があってもOK。
★ ★ ★ ★ ★ ★
私から青を奪っていった空
山口一雄
森山文切
私は黄色くなりました。
須川柊子
だから、あんなに青いんだ。
レイ子
そういえばツユクサにも青を盗まれた気がする・・・。
丸山 進
決まり過ぎではあるが・・。
街中 悠
空がそんなことをするとは。早く返してもらわないと。
★ ★ ★ ★ ★
空が見たいんだね窓付き封筒
海月
とっても新しい発見でどきんとしました。
ええ一
キットいい知らせが届く・・窓付き封筒。
そう花
ユーモラスで新鮮
レイ子
そうだったの~。 空が見たかったのですか。 私は窓の空いた封筒が好きじゃない・・・。 だってほとんど 請求書だもの。
街中 悠
封筒の中は窮屈ですね。
★ ★ ★ ★ ★
はみ出してこころゆくまで流れます
苑子
野原 萌
やっと 自分を生きてゆける時が訪れたのですね。
森山文切
どこに辿り着くのか楽しみです。
小林祥司
人生ゆったりといきましょ。
田村ひろ子
ゆったりと自由に!!
街中 悠
こころゆくが気持ちいいです。
★ ★ ★ ★
そうだねと頷く友がいる安堵
中嶋安子
喜九郎
頷いてもらうとホッとします。
睦悟朗
そうだねこの句ほんとに良い句
丹原伸枝
ほんとうに!お互いに信頼しあえる友達は大切な宝ですよね。
愛知 おさ虫
頷いてくれる友が一番の宝です。たとえ口数が少なくても。
★ ★ ★ ★
あなたとの隙間に生える光苔
松原房子
苑子
丸山 進
きずなではあるが脆い。
愛知 おさ虫
ダイヤモンドの輝きが今では岩間のヒカリゴケ(^.^)。でもヒカリゴケならまだいいですよ。ウチはもうゼニゴケですから(笑)
竹内美千代
淋しいですね。
★ ★ ★ ★
蛇行する余生の旅はどのあたり
能津 健
知りたいものですね。 蛇行が止まったところがゴールでしょう。
川畑めぐむこ
蛇行する余生がいいですね。
小林祥司
蛇行する余生って?恋の道?
丹原伸枝
余生の旅…。最後の旅までゆっくりと自分らしく心暖かい旅が出来るといいですね。
★ ★ ★
寂しくてふたつ並べてみるカップ
丹原伸枝
中嶋安子
その後、もっと寂しくなっってくるかも、、。
山口一雄
そうですか
神田良子
寂しさを紛らすために並べてみるペアカップ光景が目に浮かびます。
★ ★ ★
開演のベルに続いて牛の声
丸山 進
光明
「牛の声」~一瞬シ~ン! 間があって、きっと爆笑でしょうね!でも、メインの舞台が少し可哀想かも?
「もう~」「モウ~」大笑いしました。 「わん」「にゃん」「かぁ~」では、もういけませんね。
黒川利一
書き割りはイーハトーブの農村風景。上手から物思いにふけるグスコーブドリが登場。
★ ★ ★
どのページにもニンベンがつきまとう
ええ一
それが宿命でしょうか
安藤なみ
先日、英語のクラスで、あなたの至福のひとときは、、、。についてディスカッションがありました。老いも若きも「独りのとき」が絶対数で、びっくりしました。
坪井篤子
ニンベンの字を書けるだけ書いてみました。
★ ★ ★
いいかげん座布団だってしびれます
須川柊子
面白い。 今年は5人の供養がありました。 座布団の無い時もあり苦行になりました。
安藤なみ
そうですって、きっと。
愛知 おさ虫
この裏返しは面白いですね(^.^)
★ ★ ★
ゴシゴシと生きる消し屑撒き散らし
田村ひろ子
光明
「撒き散らし」~いいですね~!
平井美智子
多分私も・・・。ごめんなさい!
竹内美千代
はい、なかなかスマートな生き方できません。
★ ★ ★
天国はのんべんだらりです きっと
光明
苑子
☆☆
ええ一
私もそうだと思います、キット・・・。
森山文切
地獄はせわしない。
★ ★ ★
りーんりーん月がネイルに溶けていく
ミチコ
海月
楽しいです。お洒落で独特な感覚。
秋の音と景。いいですね。
丸山 進
なんとなくシュール
★ ★
目が合えば微かな罪と共に笑む
森山文切
野原 萌
心ときめかせてしまったのですね。
一歩
そんなこともあったかな、はるかむかし。
★ ★
愛されているか 体重測定日
平井美智子
苑子
☆☆☆
野原 萌
ええ、ええ。きっと大丈夫ですよ。
★ ★
逃避行夢の出口を見失う
山口一雄
そう花
成り行きに任せましょうか?
村井広子
★ ★
皮膚呼吸だけで生きると決めました
森山文切
中嶋安子
無駄な動きは、いたしません。じっと耐えるだけ耐えて、、。
大西俊和
良い覚悟です。
★ ★
奥の手を伏せてライバル攻めてくる
小林祥司
中嶋安子
伏せて、、ですか、、そりゃ、大変だ!
坪井篤子
なかなか手強いライバルです。負けるな!
★ ★
生と死を行ったり来たりして老いる
ちゃくし
酒井啓三
実感句です。
神田良子
行ったり来たりの表現が絶妙です。
★ ★
三日月に耳を忘れてきた兎
ゆみ子
ええ一
象さんも鼻をどこかえ忘れたんですって・・。
さてどうします?
★ ★
こんな日は焼きたて秋刀魚で祝い酒
ミチコ
一歩
焼きたての秋刀魚、食べたい。
神田良子
ハッピーな日なんですね。秋はやっぱり秋刀魚です。
★ ★
争いは嫌いイエローサブマリン
須川柊子
十八音字めからリンゴ(Beatles)の声がつづく。
レイ子
yes sir !
★ ★
百均のメガネで世界眺めてる
愛知 おさ虫
大西俊和
今の世界、百均のメガネで十分。はっきり見えない方がよろしい。
じゅんいち
凄いメガネです,眼力増強
★ ★
常識の壁がどんどん高くなる
小林祥司
喜九郎
常識って良くできていますものねー。
木元 忍
時代とともに常識も変化する。自分の中にある常識が必ずしも今の時代に相応しいものであるとは限らない。
★ ★
彼岸花道行く僕が捕らわれる
黒川利一
羽田義則
引出しにあるのは甘いものばかり
坪井篤子
喜九郎
手前にいくほど激甘。
「用意しよっ」「よいしょ」と聞き間違えられた
喜九郎
一歩
よいしょが用意しよっに、成程、前向きでいいですね。
とんぼ取り竹馬の友はもういない
能津 健
丹原伸枝
友と一緒に遊んだ子供の頃の景色が懐かしく浮かんで来ます。 でも、もうあの友はいない…寂しいですね。
雨戸開けいつもが過ぎて雨戸閉め
大西俊和
平井美智子
そして平凡な一日が過ぎてゆく
とびきりの青空マルを描いてみる
神田良子
田村ひろ子
こころまでまんまるになりました。
ポチ散歩諭吉の匂い覚えさせ
丸山 進
木元 忍
ここ掘れワンワン!!我が家のワンコには到底無理な芸当です。
百日紅(さるすべり)聞きたいことは聞けません
黒川利一
竹内美千代
ああ、またですか。苦しいですね。
人肌の温もり求め缶コーヒー
石原てるみ
秋は人恋しい季節。
針折れたシャボテンのまま立っている
大西俊和
ミチコ
滑稽な姿が笑えない。感謝の気持ちが湧いてくる。
水金地火木焦ってもしょうがない
坪井篤子
酒井啓三
達観の句。
今あるを思えば辛い日が支え
ちゃくし
川畑めぐむこ
きっと、今が幸せなんでしょう。
足早に通り過ぎゆく福の神
そう花
石原てるみ
足音もたてずに・・・。
まだ蝶になれないままで秋に入る
平井美智子
田村ひろ子
大丈夫よ、今朝も揚羽の羽化を見ました。もうすぐ蝶になりますよ。
立ち上がる十二時過ぎたシンデレラ
レイ子
村井広子
したたかに獲物を狙う萩の種
愛知 おさ虫
黒川利一
牛膝(いのこずち)、にせ萩、くっつき虫。ズボンにびっしりつきます。とり方を教えて!
甘噛みの得意な鮫が待つ海へ
若山かん菜
甘噛みを鮫にさせるたのしさ。
手の皴と天井眺め二週間
酒井啓三
川畑めぐむこ
入院中のことでしょうか?二週間の安静は辛かったでしょう。
団塊はここまで来てもついて来る
光明
睦悟朗
天国までは長い行列
ぐちゃぐちゃの脳の在庫はハズレだけ
海月
光明
「ハズレだけ」お見事です!
尽してもつくしきれずに終わる旅
神田良子
羽田義則
十五夜を見そびれ急ぐ十六夜へ
竹内美千代
須川柊子
急げ!
ささくれた指で切り裂く初みかん
安藤なみ
須川柊子
初みかんは酸っぱくて、ささくれにも沁みますね。
計らずも人の不幸の上に生き
石原てるみ
睦悟朗
ボランティアさえできぬ老いの身
鼻の利く友が好きです 嫌いです
睦悟朗
小林祥司
真の友だけに揺るがす喜怒そして愛。大切に。
ブランドのグラス求めて禁酒する
そう花
海月
う~~ん。。。これは孤高の感覚?それともS?
ゴキブリが金切り声に飛び上る
睦悟朗
木元 忍
だって怖いんだもん!!!!
夕焼けに取り残された赤とんぼ
公子
山口一雄
赤とんぼはどこに帰るんだろう
ピッチリとドアーを閉めぬ淋しがり
川畑めぐむこ

戻る