現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

Senryu contest result

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
問いかけるように枯葉は落ちてくる
公子
月波与生
枯葉の季節になると責められている気がします。
中嶋安子
何を問いかけているのでしょうか、、、。
ミチコ
答えられない問いばかりが、落ちてきます。
大西俊和
静かなある秋の日の枯葉。
黒川利一
落ち葉が目の前をヒラリ。ふっと死がよぎる。
BBブンゴ
木から離れて落ちる枯葉の動くさまを「問いかけるように」と感じた作者の感性に感じ入りました。何を問いかけているのかが本題ですが、これは想像するのみ。
睦悟朗
喜怒哀楽も輪廻転生
丸山 進
☆うーんそんな気がする。
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
カサコソと人の情けを掃き寄せる
石原てるみ
光明
掃き寄せて、焼き芋でも一緒に食べましょう!
森山文切
ゴキブリをイメージしました。あの動きは情けを掃き寄せる動きだったのか。
須川柊子
「カサコソ」が、効いています。
ええ一
人の情けも音がするんですね?
まこと
まこと  無情は無味です。
レイ子
落ち葉にもいろいろ葉っぱの想いが詰まってるかも・・・。 落ち葉はあったかい。
愛知 おさ虫
「カソコソ」に人生の晩秋感が出ています。
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
捨てられぬ賞味期限の過ぎた夢
愛知 おさ虫
山口一雄
気が付けば60歳を越えていました
同感です。諦められない夢があるのです、困難とはわかっていても。!(^^)!
きよし
夢は恋ですか 気になりますね。
キコ
夢にも賞味期限があるのですね。  賞味期限が過ぎても 夢は持っていたいなー
たんばらのぶえ
大丈夫!賞味期限なんて気にしないで!きっといつかは夢が叶う日が来ると思います。け
幸生
老いてなお夢に未練のあるオトコ  幸生
平井美智子
大丈夫。賞味期限は一応の目安ですから・・。
★ ★ ★ ★ ★
哲学をかじったことがあるネズミ
丸山 進
月波与生
退職したら哲学学びたいですね
ええ一
知的ねずみ!
幸生
どんな味したのか聞いてみたいなあ  幸生
田村ひろ子
このネズミさんは、その後、どのような生き方をしているのかしら?
愛知 おさ虫
自分を自嘲気味にネズミに見立てたのでしょうか。齧るはもちろん謙遜でしょう。
★ ★ ★ ★ ★
どんぐりのつぶやき耳を寄せてみる
公子
森山文切
「カナヅチなんでお池にはまりたくないよ・・・」
きよし
ドングリはどんなことを話しているのかな。
川畑めぐむこ
聞いてみたいつぶやき。なんて言ってるのでしょう。
小林祥司
どんぐりに子供を思い、また冬眠する熊さんを思う。どんぐり君は、何を言いたいのだろう。
★ ★ ★ ★ ★
裏返すどこかに僕が隠れてる
黒川利一
野原 萌
本当の自分は思いがけないところで息ずいている筈。しっかりと愛してやらなくちゃ!
大西俊和
本当の僕は、僕から隠れているのでしょうね。
田中 女里
石原てるみ
どんな僕なのかしら?
竹内美千代
真理をほんわかと伝える知性を感じます。
★ ★ ★ ★ ★
ぬるま湯の愛に七色唐辛子
森下綾子
知人の「冷めた夫婦に唐辛子を振る、、」句と重なりました。 七色唐辛子はよく効くことでしょう。
苑子
ミチコ
グッと美味しくなりますね〜
坪井篤子
パパッとかけてピリッとね。
稲垣康江
私も唐辛子ふらなくちゃと思いました。
★ ★ ★ ★
青い空めがけ蹴り出す逆上がり
神田良子
青い空をめがけて「えいっ!あっ、逆上がりできちゃったぁ 」気持ち良い句です。
ええ一
この元気に〇を・・。
レイ子
元気が一番!
まこと
まこと  真っすぐに蹴るだけです。
★ ★ ★ ★
過去追わず未来願わず日向ぼこ
幸生
田中 女里
石原てるみ
穏やかな日々でありたい。
レイ子
淡々とこんな心境になりたいなぁ~。
★ ★ ★
信号を無視してイノシシが走る
ええ一
山口一雄
最近の高齢者のようです
村井広子
平井美智子
私もO型のイノシシです(笑)
★ ★ ★
街角を鬱と云う字が歩いてる
じゅんいち
山口一雄
街もグレーに見えますね
幸生
増えたなあと見ているわたし欝になる  幸生
竹内美千代
そんな時代に突入。効く抗生物質がもう無い!拡散する耐性菌。さあどうする。
★ ★ ★
変わらないものを数えて秋の暮れ
村井広子
黒川利一
お通じも排尿も問題がなく、体に痛いところもなく、ご飯も晩酌も美味しくいただいて今日も静かに過ぎてゆく。ありがたいことです。
平井美智子
変わらないもの、変われないもの、変わりたいもの、変わりたくないもの・・思いは複雑ですね。
丸山 進
☆人によりかわらないものは違うが切なさが染みる。
★ ★ ★
今もって妻の偽装が見抜けない
愛知 おさ虫
光明
良いご夫婦ですね!ホッコリします。
中嶋安子
それが夫婦円満の秘訣かと、、(笑)
じゅんいち
僕の偽装もバレてない
★ ★
ゆっくりと肌の温さになるタイル
村井広子
月波与生
ユニットバスでは味わえないぬくもり
まこと
まこと  タイルは触れた温さに素直です。
★ ★
かさかさになったミカンのひとり言
須川柊子
森山文切
かさかさになるとひとり言が多くなります。
坪井篤子
忘れられ干からびてしまったミカンの悲哀。
★ ★
丸まった金平糖で同窓会
竹内美千代
光明
髪は薄く、皺は深く、笑顔は丸く!いいですねぇ~。
村井広子
★ ★
影までも私のもとから消えていく
小林祥司
影が消え、私も消えてゆく。お願い、もう一度陽を当てて。
じゅんいち
一人去り、五人去り・・・宇宙の孤独
★ ★
はんぶんこ仲間増えたらさんぶんこ
喜九郎
彰子
作者の優しさ強さが見え隠れ。こうありたいです。
稲垣康江
はんぶんこ好きなんです。さんぶんこもいいですね。
★ ★
仏壇に今日もならんでいる味方
田村ひろ子
苑子
★★★仏壇の中に敵は作りたくないものです
稲垣康江
同感です。
★ ★
歳月はこんな私に味方した
田中 女里
キコ
歳月   味方した  このフレーズに心惹かれました。
野原 萌
積んで来られたものの深さを思います。
★ ★
淋しくて作り笑いが上手くなる
ちゃくし
睦悟朗
しょせん切れない群れたがる性
愛知 おさ虫
人生経験が豊富になると皆さん役者になられます。私も作り笑いで寂しさを隠しています。
★ ★
婚活と終活講座隣り合う
村井広子
石原てるみ
なんでも講座流行!
★ ★
図書館で水の匂いを嗅いでいる
月波与生
BBブンゴ
活字に乾いた作者は図書館に行ったが、インクのにおいを嗅いでいるだけですぐに読もうとしない。よほど本がお好きなようです。
羽田義則
★ ★
ボタボタと墨は言霊生み落す
石原てるみ
キコ
最近書道展を見る機会が何度もありました。墨の持つ魔力に心動かされるこの頃です。生み落すがいいなー
妙花
字が語りかけてきますよね。
★ ★
モノクロ映画ひとつ転がる赤い靴
坪井篤子
神田良子
絵が浮かぶ句。赤い靴がとても良い。
丸山 進
☆鮮やかな句と発想。情景が浮かぶ。
★ ★
私から自分を引くとらしくなる
きよし
苑子
★★
竹内美千代
我が無くてはならず、我が有ってはならず、我が有って我を出さないのが良い、とか。
★ ★
皇帝ダリア皇帝らしく肩パット
彰子
田中 女里
坪井篤子
すっくと伸びて咲く皇帝ダリアの気高さ。
★ ★
そこに座しそこに息した兵士たち
まこと
大西俊和
儚い命たち。
田村ひろ子
自由とは、ほど遠い・・・。
★ ★
子を叱るたびに器がひび割れる
森山文切
川畑めぐむこ
心が痛いですね。
小林祥司
器のひび割れ、器にいろんなものが過ぎります。
★ ★
リリーフになるため生まれきた脇芽
うらら
中嶋安子
そうなんだ~ わき目も振らず、、、ちゃうちゃう(笑)
神田良子
一番手の芽が大きくなるとは限らない。 脇目がスタンバイしてくれると心強い。
母さんと呼んでみた日の雨の音
松原房子
たんばらのぶえ
まだ母が若かったそして私も子供だった遠いあの日を思い出しました。あの日の雨の音がとても優しかった事も・・。
薔薇の香の部屋でわたくし見失う
ローラ
睦悟朗
中の中だと自負して生きる
他人とは思えぬ羅漢の背の丸み
彰子
妙花
丸い背の羅漢さん、とても親しみを感じます。
笑ってる間に深いところを素通りす
野原 萌
彰子
身に覚えがあります。馬鹿笑いしてるときか!
シャーペンの芯の折れない心意気
レイ子
須川柊子
細くても折れない心。見習います。
真夜中の秀句朝には駄句となる
茨木昭夫
たんばらのぶえ
アハハほんとほんとわかりますー。でもあれは何故なんでしょうね。
灰色の記憶ピンクに脱皮する
一歩
ミチコ
どんな感じかしら、ドラマチックな変身ね。
踊り終え笑顔で閉じる絵巻物
茨木昭夫
田村ひろ子
人生ですね。
バックスキップして輪郭にされる
月波与生
妙花
バックスキップしたのは自分、輪の中が恋しいですか?
一言が飲み込めなくて米を研ぐ
キコ
きよし
研ぎ終わったら、一気に吐き出してください。
ふりむけば菊人形の名古屋弁
黒川利一
BBブンゴ
なるほど、名古屋で育った菊は名古屋弁になる。これは気づきませんでした。菊人形展で振り向く作者の姿が見えるようです。
人生にシュガーポットと涙壺
ゆみ子
彰子
ふむふむ・・・・です。
仲直り気がつかないの夕ご飯
稲垣康江
じゅんいち
愛を感じる一場面 深いです
あの戦知るから戦だめと吼え
睦悟朗
川畑めぐむこ
語り継ぐだけでは、弱いですね。 今後の課題ですね。
どの道も木の葉時雨の道となる
野原 萌
冬ちかし。人生もそんな”とき”。 華やかさは眩しくなりましたが、しっとりと心温く濡れていたいものです。
陽だまりをあなたと着込み冬支度
妙花
羽田義則
幸せを掴み損ねた招き猫
山口一雄
須川柊子
大丈夫、もう一方の手に入っています。
「踏み絵など構わず踏め」というお告げ
喜九郎
黒川利一
形式ではなく、心です。だから、ごめんなさいと言って踏む。
代金をいただくまでは羊です
BBブンゴ
安藤なみ
ごもっとも。
気が付いたシャッターチャンスすでに過ぎ
川畑めぐむこ
神田良子
だんだんと反応が鈍りあの時を逃してしまう。

戻る