現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

Senryu contest result

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
端っこが美味いこの世もカステラも
幸生
隅っこで生きた者にしかわからない味ですね。
BBブンゴ
切り落としは安くて美味い。好きです。
睦悟朗
足るを知るのも長生きの元
川畑めぐむこ
賛成に一票です。
黒川利一
羊羹も。
須川柊子
この世とカステラ、似ても似つかぬものの共通点。
丸山 進
☆なんとなくそんな気がする。
妙花
人生も端っこが味わいありますよね。
竹内美千代
この句もうまい。味わってこその人生、ですね。
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
空気が読めぬ視力が落ちてきたらしい
幸生
野原 萌
はっはっは。らしいらしい。視力のせいにしておきましょ。
中嶋安子
楽しい考え方に、思わず笑ってしまいました。
平井美智子
余分なものは見なくて良い、聞かなくて良いと目も耳も悪くなるそうですから(笑)
丹原伸枝
空気が読めないのを真面目に?視力のせいにしたのが可笑しくて思わずふふふ…。
彰子
同感です。
空気が読めないのは視力落ちが原因でしたか、 安心しました。 よく見えるメガネを新調します。
坪井篤子
ほ~視力のせいですか。面白い!
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
一言が多くて一言が足りず
中嶋安子
ゆみ子
余計なことばかりで肝心なことが言えない。仕事も恋も・・・。
幸生
反省しきりです。
愛知 おさ虫
いるいる、こんな人。 ま、まさか・・自分の事では?・・(-_-;)
一歩
同感です。日々、反省しています。
田中 女里
ちゃくし
私もそう。
★ ★ ★ ★ ★ ★
うっかりと人間のまま嘘をつく
月波与生
中嶋安子
ダメよ~タヌキに戻ってからじゃなきゃ~(笑)
村井広子
BBブンゴ
嘘は人間がつく、言い得てます。
黒川利一
それであなたは誰?
羽田義則
ちゃんとしている時はタヌキかキツネ? 「人間のまま」が良いです。
★ ★ ★ ★ ★ ★
ありがとう たった五文字の遺言書
平井美智子
山口一雄
川畑めぐむこ
素晴らしいですね。書いた人も、もらった人も。
妙花
五文字だけれど泣かされます。
キコ
五文字がいいですね
ちゃくし
その一言で充分です。
★ ★ ★ ★ ★
出番だとお好み焼きが手を挙げる
竹内美千代
光明
確かに、お好み焼きは<積極的!>、納得です。
村井広子
きよし
我が家では十日に一度手が上がります
月波与生
面白いです
いなだ豆乃助
ここは広島ではなく、大阪ものでないといけません。
★ ★ ★ ★ ★
枇杷たわわ笑い上戸が集まって
彰子
海月
なんだか元気が出る作品です。
村井広子
月波与生
明るさがいいと思います
ミチコ
はなやかでにぎやかな仲良し女子会。枇杷にスマイルマークいっぱいね。
羽田義則
★ ★ ★ ★ ★
逃げ道を二センチばかり空けておく
海月
苑子
光明
「二センチ」では、私は無理ですが、「二センチばかり」のおおらかさに惹かれました。
黒川利一
先日、突然の激しい雷雨と風。トイレの窓、いつも二㎝ほど空けてありますが、風の力で全開になって、雨が吹き込みトイレの床はびたびた。さらに、窓は壊れてしまい、閉まらない。ほんに慌てました。
一歩
この気持ち、大切です。
★ ★ ★ ★ ★
遠い目になるね きれいな昔だね
村井広子
苑子
★★★
幸生
美しい記憶しか見えないあなたは幸せ者です。
街中 悠
「きれいな昔」が新しいと思いました。ゆったりとした時間
野原 萌
遠い日の幸せに心はせる人のしあわせと きれいな昔だと、言って差し上げる人のぬくさが静かに伝わってくる。
★ ★ ★ ★ ★
いつの間にポケットいっぱいのはずれ
月波与生
街中 悠
はずればかりでも案外ポケットは豊かな気持ち
須川柊子
そのうちに「当たり」が出ますよ。
竹内美千代
私だけかと思ってました。仲良くしてください。
田中 女里
★ ★ ★ ★
すこしずつこぼしてちょうどいい硬さ
田村ひろ子
森山文切
加減が難しい。
須川柊子
加減が難しいです。
羽田義則
野原 萌
ツノもキコツもすこしずつ。
★ ★ ★ ★
手のかかる子です私が産みました
妙花
ゆみ子
母なら誰もが抱いたことのある切ない思い。手を掛けた子は、他人の痛みの分かる優しい大人になると信じています。
山口一雄
大西俊和
愛憎は二倍三倍。
キコ
今の私のようです。
★ ★ ★
言い訳をすればキュウリが曲がりだす
須川柊子
きよし
へえそうなんや、冷蔵庫のキュウリも曲がるかな
愛知 おさ虫
キュウリが色々な比喩にとれておもしろいです。 「曲がり出す」がいいですね。
いなだ豆乃助
キュウリの気持ち、わかります。
★ ★ ★
雨だから優しい嘘を送ります
安藤なみ
ゆみ子
つつしんでお受けします。
小林祥司
コメントの書きようがないが、何かほんわかしてきます。
妙花
優しい雨の音だから、嘘だってやさしいオブラート。
★ ★ ★
哀しみを追い出す窓をそっと開け
丹原伸枝
小林祥司
そっと開けが好きです。哀しみはそっと追い出さなくちゃあ。
きよし
さてどうやって哀しみを追い出すか
竹内美千代
哀しみであれ、自分の一部。だから追い出すのもそっと、なんですね。浄化されて、いつか、喜びとなって帰る日が来るように。
★ ★ ★
土砂降りです言いたいことも言えません
幸生
川畑めぐむこ
雨の音と、大事と、土砂降りがどちらとも、読め ますね。
ミチコ
小降りになったら、早めに言ってしまいましょう。
安藤なみ
そういうとき、あります。
★ ★ ★
頬杖でたたみ鰯の目と遊ぶ
坪井篤子
月波与生
雰囲気がいいと思います
じゅんいち
小宇宙!タコや、蟹さんなども・・・
田村ひろ子
一人ぼっちも楽しそう
★ ★ ★
この道は覚えています桐の花
村井広子
目線を高くして見つける桐の淡い紫。美しい導入。
田中 女里
★ ★ ★
出不精の心を誘うみどり風
森下綾子
海月
美しいみどりの風には力があります。
石原てるみ
みどり風は誘い上手。
★ ★ ★
花だって名前を知らず咲いている
キコ
光明
どんな花も、人が勝手に付けた名ですものね。気にしない、気にしない。
一歩
そういわれればそうですね。名前は人間が勝手に決めただけ、花は知りませんね。
★ ★
練習のようには笑えない別れ
平井美智子
苑子
★★
大西俊和
複雑な笑いになったことでしょう。
★ ★
迷いなどないのだろうな白い雲
山口一雄
丹原伸枝
白い雲もあなたと同じようにきっと迷う日もあると思います。
神田良子
青空にぽっかり浮かんでいる白い雲をみると 何を迷うことがあるんだろうと思います。
★ ★
整形へ親の形見を捨てにいく
愛知 おさ虫
石原てるみ
親の形見は身体中に有りますね。
なるほど。親の形見を捨てる、斬新で面白いです。
★ ★
仲違い空気が薄くなっていく
公子
睦悟朗
ごめんが言えず喘ぐ両肩
酒井啓三
同感です。
★ ★
そっと戸を開けると鶴は眠ってる
ゆみ子
海月
なんだか可笑しい。お疲れ様か休憩か。
森山文切
静かになった時を狙いました。
★ ★
摑んでもあなたは遠い眼をしてる
妙花
中嶋安子
そばにいるのに、遠い存在。 もうじき、あなたが、どこかへ行ってしまう予感。
安藤なみ
1、掴むとこ間違えた。2、誰かに振られたとこ。3、眼鏡を忘れた。4、突発性健忘症。5、阪神が負けた。・・・いいえ、大丈夫。しっかり掴まえて離さないでください。
★ ★
どぼ漬けが援護射撃をしてくれる
彰子
大西俊和
心強い味方ですね(笑)。
どぼ漬けにまで援護してもらって挑む相手とは・・。
★ ★
原石に明日のことなど問うている
苑子
山口一雄
平井美智子
原石のまま終わるのも又、人生かも・・。
★ ★
抱きしめてください飛んでしまうから
田村ひろ子
丹原伸枝
そんな言葉を素直に言える人が側にいたらいいね…。
★ ★
消しゴムの滓に隠した今日の嘘
きよし
ミチコ
消しゴムで消せる可愛い嘘、、。滓の中には残っていたのですね。
お口でも背中でも語れぬ男
丸山 進
神田良子
口はもとより背中でも語りたくても語れないなんと辛い。
水に浮く一円玉にある重さ
小林祥司
坪井篤子
28日の某句会でそっくりな句が特選に選ばれました。 夢工房句会の方が先ですので選ばせていただきます。
内ポケットで口を押さえているメガネ
大西俊和
坪井篤子
言いたくて言いたくて仕方ない。メガネの具象が効いている。
人は皆何も無かった顔してる
一歩
丸山 進
☆それは進化とも退化とも思える。
騙されましょう確信犯の隠れ蓑
ローラ
神田良子
隠れ蓑まで使って騙すんですから この際騙されましょう。
あれこれと面白いほど忘れゆく
石原てるみ
田村ひろ子
そとて、ゆっくり生きましょう。
水たまりから手がでているのは反則だ
いなだ豆乃助
反則だ まで言っちゃうか・・とも思ったが、好きです、この感じ。
夢ひとつまだ捨てきれぬ カンナ咲く
丹原伸枝
ちゃくし
夏空へ燃えよカンナ!
バス道が猫の恋路となる月夜
酒井啓三
丸山 進
☆情景が鮮やかに浮かぶ
シースルーの郵便が来る半夏生
BBブンゴ
街中 悠
夏の期待を思わせる、嬉しさが伝わる
折り合いをどこでつけよか 梅雨に入る
田中 女里
睦悟朗
外出あきらめひがな内省
おざなりもなおざりもある梅雨の空
酒井啓三
石原てるみ
確かにその通りです。
胡桃割るいいことばかり続いてる
黒川利一
田村ひろ子
いいですね。
ユニセフの子供の顔に見詰められ
レイ子
酒井啓三
純真無垢ですね。
切腹で果てた一家の夏休み
いなだ豆乃助
森山文切
ようやく休める。切ない。
紫陽花に泣き癖つけて去ったひと
いなだ豆乃助
紫陽花のイメージに合っています。
理不尽が多勢を連れて練り歩く
能津 健
酒井啓三
世の中はそんなものです。
シミとシワ増えても僕の左右の手
大西俊和
BBブンゴ
シミとシワと左右の手の対比がおもしろいと思いました。
右眉に一本生える父さん毛
平井美智子
なんか、わかるわかる。いいな~。
地獄行き空席待ちのアナウンス
じゅんいち
愛知 おさ虫
あの時、墜落することを知っていた方が1人います。それは運命の神様。神様は残酷です。ラッキー!と喜ばせておいて、地獄へ突き落すのですから。なんで知らせてあげないのでしょうね。 そんなことを考えながらこの句を読むとなんか怖いです。 もちろん、アナウンスした人には何の罪もありません。でも辛いでしょうね。ホント残酷。
トラックが昼寝している夏木立
ふかえり
小林祥司
分かるわかる。エンジンを付けたまま停まっている大型トラック。疲れて一服か、時間待ちか?
父の手の水琴窟はドラム音

戻る