現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

Senryu contest result

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
臆病で少し浅めに掛ける椅子
丹原伸枝
海月
もう少し肝の据わった人になりたいものですが。。。
月波与生
非常口を確認してから椅子に座ります
石原てるみ
上手い!
きよし
逃げ易いように浅めにかけるのですね。
光明
少し控えめな心理を、上手に動作に置き換えて表現されたと思います、その先を色々と想像させていただきました。
須川柊子
すぐ逃げだせますね。
坪井篤子
そうか、臆病なのですね。そういえば私も浅めに腰かけますが理由は足の短さです。
ええ一
「ある、ある、」と同調してしまいそう。 細やかな観察に共鳴!。
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
約束を形状記憶した小指
平井美智子
きよし
可愛いけどなんか怖いような。
須川柊子
指切りげんまんの形で今も待っています。
ええ一
歳と共に、小指もだんだん思い出し辛くなって来るんですよね。
ちゃくし
お大事に!
安藤なみ
面白い、楽しい、小指はきっと卍十字。
愛知 おさ虫
時々、小指が自然に曲がるような気がします。やっぱり形状記憶しているのかも・・。
竹内美千代
★ ★ ★ ★ ★ ★
人間をもみ洗いする交差点
ええ一
光明
景は渋谷交差点あたりでしょうか?人間の私も時々洗って貰いたいですね!。
ミチコ
交差点を渡り切ったら、時計みて、次の交差点までまた歩く人々。
一皮むけて綺麗になりましたか?あら大事なバッグがない! なんて起こりませんように!
稲垣康江
竹内美千代
ラッシュ時の交差点はまさにそうですね。
愛知 おさ虫
おもしろい表現ですね。
★ ★ ★ ★
不整脈いいえまだまだ恋の脈
うらら
恋の「ドキドキ、、、」脈が乱れるほど若いのです、羨ましい。
坪井篤子
結構結構!お楽しみあれ。
丹原伸枝
不整脈でなくて良かった!まだまだ…素敵な恋をしてね。
愛知 おさ虫
同感です。不整脈は若さの副産物です(笑)
★ ★ ★ ★
問題は脚立を下りる時にある
石原てるみ
山口一雄
年齢と共に三段脚立が怖くなりました
田中 女里
黒川利一
体験からして納得。やり終えた後、注意力が散漫になるのかな?ぐらぐらぐら。
村井広子
★ ★ ★ ★
悩み事あるけど今日は誕生日
竹内美千代
そうです、誕生日くらい、おおらかに過ごしましょう。
山口一雄
ホッと一息
レイ子
悩みはいろいろあるけれどともかく今日は誕生日。 サッパリと忘れて今日一日を楽しもう!  そして明日からまた頑張るよ!
小林祥司
記念日はパッと行こう。悩んだって仕方ないよ。忘れちゃおう。
★ ★ ★ ★
野良猫の会員規則読みなおす
須川柊子
月波与生
飼いならされないよう、ときどき確認しないと。
きよし
確かに夜の会合に出くわすと規則がありそうな。
幸生
野良猫にさえなれそうにないこのわたし。
会員規則が面白く哀しい。
★ ★ ★ ★
許せない訳をわすれてしまってる
丸山 進
中嶋安子
そうなんです! 時々わたしも、、、、あるんです! あんなに、ヒドイと思っていたのに、、、いったいなんでだったんだろう、、、って、、思い返す時が、、、! 老人力がついてきたってことかな~(笑)
田中 女里
川畑めぐむこ
年月が解決したようですね
小林祥司
忘れるっていいことかも。これで元に戻れるのでは。
★ ★ ★ ★
何回も言い聞かせても出るわき芽
須川柊子
石原てるみ
根競べ。
神田良子
自己主張がでだす思春期。 親の考えを押し付けてもダメですよね。
村井広子
睦悟朗
だって隣の芝が良く見え
★ ★ ★ ★
棺でもポーカーフェイスだったなぁ
大西俊和
レイ子
最後のお別れで棺の中をのぞいたらやっぱり飄々とポーカーフェース。 本心を掴み切れなかったなぁ~と言う作者。冷静な目に死者とどんな関係だったんだろうと想像をかきたてます。
睦悟朗
いつも救ってくれたおとぼけ
じゅんいち
忘れられないネ、あの人は・・・
★ ★ ★ ★
青空を食べてしまった赤ん坊
公子
ええ一
青空と赤ん坊がよく響きあって、命の元気さが伝わってくる。
じゅんいち
あれあれ、これからどう生きる?
いなだ豆乃助
赤ん坊は自由自在ですね。
★ ★ ★
夢はまだ未完のままの四コマ目
平井美智子
睦悟朗
明日があると信じて眠る
幸生
夢があるだけお幸せです。
羽田義則
★ ★ ★
「カミングアウトします」と金魚浮いてくる
ええ一
苑子
★★★
黒川利一
金魚のその後、どうなりました。
妙花
告白して身も心も軽やかな金魚 本当はあなたは鯉だったの?
★ ★ ★
文月の愛はほんのり草書体
安藤なみ
レイ子
語感、リズム、とても美しい句ですね。 うっとりと酔わせていただきました。
野原 萌
句姿も涼やかで、ほんのりに色香もただよいます。
稲垣康江
★ ★ ★
江戸小紋になる新聞株価欄
ミチコ
サイケな模様になっていた頃もあった。
坪井篤子
細かいので言い得てますね。着物柄が毎日自動更新されたりしたら面白い!
キコ
新聞の文字も見方によって江戸小紋とは  目の付け所が面白い
★ ★
廃校の渡り廊下にキリギリス
丸山 進
街中 悠
かつてはみんながワイワイと通っていた廊下にぽつんとキリギリス。切ない気持ちが伝わります。
酒井啓三
一抹の寂しさがある。
★ ★
ヘイマンボやれば出来そなバック転
村井広子
田村ひろ子
無理をなさらないでくださいね。
妙花
ラテンの陽気なリズムに乗ると何だってできそうな気がしてきますよね。
★ ★
年取ったピーターパンはナンギです
田中 女里
苑子
月波与生
この歳で詩人(川柳書き)になって家族が心配してます。
★ ★
露草の色で描いているあした
田村ひろ子
海月
とても美しい表現に惹かれました。
街中 悠
露草が印象的です。あしたへの大切な想いが伝わります。
★ ★
真実をピカソの画布に載せてみる
茨木昭夫
一歩
真実は歪んでいることもある。
竹内美千代
見えなかった真実が露わになってくることでしょう。
★ ★
畳んでた尻尾ハミングしてしまう
彰子
光明
猫を被っていたのに!ハミング!とても楽しそうな情景が感じられます!。
野原 萌
諦めて、いつしかそれも忘れていた夢の尻尾でしょうか。 ふっと何かの誘い水でピクピクと目ざめたのでしょうね。 ハミングが軽やかで素敵な未来を想像させてくれます。
★ ★
引出しの奥にしまってあるコトバ
一歩
山口一雄
いっぱいありますね
羽田義則
★ ★
本当を知ってどうするごまみそずい
海月
酒井啓三
面白い。
うらら
ごまみそずいがピッタリで面白い。
★ ★
妹が初めて参る父の墓
山口一雄
田村ひろ子
ドラマですね。
野原 萌
世間には、ままある人間ドラマかも知れないが、作者の妹への温かい思いが感じられ、黙する父の墓碑の照り返しまで切なく感じられる。
★ ★
ありえない話ですから夢でしょう
神田良子
田中 女里
黒川利一
いいえいいえ、あります。「まさか」って叫んでいます。
★ ★
満天の星僕という宇宙人
黒川利一
彰子
満天の星から僕という宇宙人への反転が心地よく響きました。
稲垣康江
★ ★
ご期待にそえない月見そばの月
月波与生
須川柊子
そういう時もあります。仕方ないですよ。
大西俊和
ちょっと頼られても困る月見そばの月。
★ ★
手を握るあれが最後のありがとう
黒川利一
ちゃくし
しんみり!
キコ
私もこの様な最後でありたい
★ ★
温暖化地球の記憶消していく
茨木昭夫
川畑めぐむこ
こうして宇宙は変化する
じゅんいち
遺産も何も水没す・・・
★ ★
蝉落ちるゴミ収集車走り去る
大西俊和
森山文切
情景と、その景を目の当たりにしたショックが伝わってきました。
一歩
慌しさに面白味を感じました。
★ ★
茄子の花貧乏長屋子沢山
羽田義則
中嶋安子
ナスの花には、ひとつの無駄も無いと申しますから~ テンポの良さに惹かれました。
いなだ豆乃助
紫の花の色が目に浮かびます。
★ ★
アパートの連帯バドミントンの舞い
えけん
一歩
全てを忘れて打ち込みたいものです。
大西俊和
すごい連帯ですね(笑)。
★ ★
アルミ箔ぐしゃぐしゃぐしゃと今日の鬱
レイ子
BBブンゴ
ぐしゃぐしゃぐしゃでよく伝わるし、そうだなあとも思います。
酒井啓三
そのキモチわかりま~す。
★ ★
仲裁はちょっとだれてる目玉焼き
彰子
サイコロの数が決めてる神の椅子
キコ
妙花
奇数偶数どっちだったら神のイスに座れるんだろう。
自分史へ小心者と書き綴る
きよし
丹原伸枝
自分史へ小心者と綴るあなたのほんとうの心は? 後悔はしないでご自分を誉めてあげて下さいね。
いい感じ答えあわせはまた今度
海月
ちゃくし
自ずと出る答え。
胡坐かき明日があるという甘さ
能津 健
神田良子
これからはこうでなければいけません。
ペースメーカー 呼吸器 眼鏡 杖に妻
幸生
中嶋安子
最後は、”妻”なんですね~ 今の”わたし”の必要なもの一覧!!
棘4つしかない薔薇は意地っ張り
妙花
苑子
★★
男前と夫に押される太鼓判
野原 萌
BBブンゴ
芝居で男役を演じるのでしょうか。想像が広がります。しかし、夫の太鼓判では怪しいと感じている。ここがおもしろい。
夕暮に声も傾くかくれんぼ
酒井啓三
川畑めぐむこ
夕暮の物悲しさがたっぷり、ひょっとしたら、人生の?
振り返る余裕もなくてきた旅路
能津 健
丹原伸枝
一生懸命、前だけ見て頑張って歩いて来られたのね。でもこれからは少しゆっくり道草しながらの旅もいいかも…ね。
異次元の会話にキーが髙過ぎる
小林祥司
うらら
異次元の会話は別室で。
市役所に毎日9時間いるオジサン
苑子
田村ひろ子
心地よい空調環境は市民のためですもの。
無味無臭無印にある一家言
ゆみ子
村井広子
大揚羽の影が濡れてる炎天下
坪井篤子
大西俊和
存在感のある大揚羽。
日めくりのお蔭で昭和九十年
竹内美千代
彰子
日めくりのお蔭とゆう措辞に作者像が。
究極の労り受けて熱を出す
森下綾子
うらら
無理してでも熱を出さなくちゃ。
瞬間に記憶引き出すカットバン
BBブンゴ
森山文切
バリッと剥がす時の痛みが昔のいろいろなことを思い出させる。
円陣を抜ける覚悟の青嵐
石原てるみ
海月
なかなか私にはないのですごいと思います。
振り向いたところに絶えている命
森山文切
街中 悠
振り向いて気付かされること。そのはっとした表情が見えました。
桃の香の甘く切ない雨の部屋
坪井篤子
羽田義則
顆粒状にして溶けやすくする愚痴
神田良子
愚痴を顆粒状にするなんて 飲み込みやすく良い考えです。
運不運きょうを弾いてハスの池
ゆみ子
石原てるみ
幸運を!
昼の顔予定狂って眉落とす
松原房子
ミチコ
仕切り直しで、もう一度。
ゆらゆらと通夜線香の番をする
愛知 おさ虫
森山文切
死者と語る時間
あなたへの残る優しさあと一個
きよし
小林祥司
あと一つを大切に。ひょっとしたら一個増えるかも。
子供でも産もうか今宵半夏生
酒井啓三

戻る