現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

Senryu contest result

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
同情はなさらないでと煮くずれる
坪井篤子
中嶋安子
煮崩れる大根が目に浮かびました。
黒川利一
肉じゃがの煮くずれ好きです。
須川柊子
悲しみを詠んでいる句だけど、にやけてしまった。
丸山 進
羽田義則
平井美智子
ユーモアたっぷりの表現に惹かれました
神田良子
突っ張っていたものが一挙にあります。
ミチコ
簡単に煮くずれしてしまうのは、いかにももったいない。味をしっかり染み込ませて、ますます旨い鍋底の大根のようにいつまでも存在感もって。
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
いつの日か自慢話になる苦労
ちゃくし
中嶋安子
こうありたいものです。
小林康浩
自慢話を鼻先の人参にして四苦八苦の日々に耐える。
蓮子
必死に頑張って苦労を超えたから、心地よい自慢話になるのですね。励まされます。
竹内美千代
それでいいんじゃないでしょうか。よくやられましたね、ウンウン それで?と、臨場感あふれるあなたのお話体中耳にして聞かせて頂きますね。
けんじ
キコ
そうでありたい願望です。苦労するのもいいものですね。
★ ★ ★ ★ ★
善悪の岐路で豆腐売りのラッパ
小林康浩
須川柊子
こんな時に、呑気なラッパの音が・・・。
田村ひろ子
懐かしい「豆腐売りのラッパ」が、あなたを良い人に
野原 萌
豆腐売りのラッパ が効いていますね。懐かしい頃がふっと蘇って立ち止まったのでしょうね。
まこと
面白い。大きさがあると思います。
じゅんいち
事は出会いで決まる
★ ★ ★ ★ ★
スイッチを押して笑顔を整える
平井美智子
海月
こういうことって時々あります。がんばれ私!と自分で背中を押します。
山口一雄
これも仕事の準備です
坪井篤子
スイッチを押してですね。了解しました。
丸山 進
竹内美千代
整えるが言い得てますね。
★ ★ ★ ★ ★
ゆっくりと喉を通ってゆく欠片
山口一雄
喜屋武白雨
やがて胸奥のどこかで一つの絵が答が決意が形作られるのかもしれない・・。
黒川利一
氷の欠片でしょうか?
まこと
ゆっくりと、、、おまかせの境地ですね。
神田良子
何がゆっくりと。いろいろ想像させられる句です。
★ ★ ★ ★
半額に弱く笑顔になお弱い
竹内美千代
山口一雄
つい買ってしまいます(笑)
日和
わたしもです。
平井美智子
私もです!
安藤なみ
まったくです。
★ ★ ★ ★
大海がゴクンゴクンと呑む夕陽
愛知 おさ虫
ええ一
この雄大さに魅かれます。
光源氏
ゴクンゴクンがいいですね。
幸生
壮大ですね、小さなものが大きなものを音を立ててのみ込むのは壮観ですね。わたしも、そうありたい!  大海幸生
ちいこ
日本海へ沈む(新潟)夕日の美しさは忘れられない。 でっかくてゴクンゴクンという表現がぴったりでした。 佐渡島から見た夕陽も素晴らしかった。
★ ★ ★ ★
落葉踏む「ごめんなさい」と言いながら
公子
喜屋武白雨
自分が労られているようでホッとする句だ。
ええ一
作者のやさしさに◎
幸生
頑張ったね、お疲れさまと言いながら。
じゅんいち
生きている!黄金色の絨毯
★ ★ ★ ★
演歌歌手そのゆび先にある岬
小林康浩
演歌歌手の歌いっ振りを「岬」の一言で表していて見事。
日和
そして、その目は遠い海をみているのでしょうね。
田中 女里
愛知 おさ虫
なるほど。云われてみればそうかも。 国文祭で川柳漬けになっていまして、少々食傷気味の処へ演歌登場。川柳もいいけど演歌もいいなあ、と思っていたところでした。グッドタイミング! 今度忘年会で歌う時は、岬を想像して歌ってみますね(笑)
★ ★ ★ ★
一行の深さを抱いて揺れている
平井美智子
海月
思いがけなく出会った一行が胸の奥にどんどん入ってきて忘れられないことがあります。素敵な作品だと思います。
蓮子
大西俊和
一行の言葉に込められた想いの力。
ちゃくし
飛び込んでみなはれ!  飛び込んで初めて解るその深さ。
★ ★ ★ ★
落ち葉との会話乾いた声になる
レイ子
喜屋武白雨
紅葉を愛でる人は多いが、ぼくには「もみじ」が咲いているように思えてしまう。 華やかすぎるのだ。 黄葉、橙葉・・・そして落ち葉と乾いた話がしたくなる。
田村ひろ子
無表情に、すこし哀しい話をする喉の渇き
橋田一郎
納得。乾いている。カサコソと。自然なのがいい。
小林祥司
落ち葉と乾いた声、哀れを感じました。
★ ★ ★ ★
どん底にもあるなだらかな起伏
野原 萌
中嶋安子
どん底は、以外にも着地しやすいのですね。
田村ひろ子
ほっと一息つけますね。
レイ子
やはりありましたか...? なだらかな起伏が...
★ ★ ★
赤信号また壊れてる押しボタン
じゅんいち
森山文切
もう!せっかちなんだから・・・
月波与生
◯昭和の頃は壊れたボタンが多かったような。むかしは赤信号が長かった。
稲垣康江
★ ★ ★
美しく老いよ紅葉も私も
けんじ
平井美智子
凛とした作者が伺えます。
うらら
たんばらのぶえ
紅葉も私もいつまでも美しくありたい・・・。永遠のテーマですね。素敵な女心ですね。
★ ★ ★
本当のやさしさなんだ 切っておく
野原 萌
月波与生
◉切れるくらいに見えるやさしさ
蓮子
たみこ
やさしさを切って取っておくのでしょうか?
★ ★ ★
ひらひらとほどけ流れてまいります
田村ひろ子
人生のお終いは、ひらひらとほどけ流れていきたい、美学です。
幸生
そうなりたい、あとかたもなく・・・。
羽田義則
★ ★ ★
木漏れ日の中に昨日を解き放つ
村井広子
海月
木洩れ日は本当に何もかも忘れさせてくれる。思い切り深呼吸をして嫌なことを吹っ切ろう!
たんばらのぶえ
そうですね・・・。優しい木漏れ日に包まれると昨日の辛かった事は忘れる事が出来ますね。
稲垣康江
★ ★ ★
スーパーに妻を忘れて針の山
光明
笑わせていただきました。高齢者の自動車免許更新実習で同じような話を聞きました。夫婦で来て夫が先に終了するや奥さんを置いてきぼりにさっさと帰ってしまったそうです。検査官はこの後「みなさんできるだけ早く、免許の返上をしましょう」と。
たみこ
高齢化社会にはホントにありそう。
石原てるみ
もの凄い忘れ物ですね。
★ ★ ★
一癖も二癖もある柿すだれ
たみこ
ええ一
どんな柿すだれなんだか?是非見てみたい・・・。
光明
季節感ピッタリ!。どのような癖?想像が膨らみました。
竹内美千代
家々により少しずつ違う干し方か、長さや数の違い、また一つ一つの柿の色、形、皆違う。一癖、二癖と詠んだ面白さ。
★ ★
蓬莱橋チーターのよう渡り切る
小林祥司
木製のギネス認定の長い橋、それを走って渡る切るなんて信じられぬ。故郷の橋に文句なく1票。
柳谷益弘
世界一の木造橋、島田の孫の近くです。
★ ★
三度目も非常階段から落ちる
丸山 進
まこと
人生ですね。味があります。
神田良子
何度も同じ間違いをするんですね。
★ ★
捨てられる軍手雑巾わたくしも
大西俊和
黒川利一
あんたも道連れ。いざ覚悟!
石原てるみ
他人事ではありません。
★ ★
頑張らないで優しい風がそっと言う
たんばらのぶえ
たかぼん
優しい風感じています。 ありがたいです。
けんじ
★ ★
しがらみを蚤のジャンプで跳び越える
海月
光源氏
生きていると嫌なこといろいろありますね、そんな時には、蚤のジャンプで跳び越えたいものです。
田中 女里
★ ★
なにもかも捨ててあなたに逢いに行く
羽田義則
山口一雄
いじらしさに一票
たかぼん
潔さが伝わります。
★ ★
晩秋の隙間を舟がゆきました
坪井篤子
時代劇を思わせる仕立てに、どのような舟だろうかと想像が膨らみます。
稲垣康江
★ ★
目玉焼きのせてちょこっとセレブです
稲垣康江
小林康浩
目玉焼きはささやかなプレミアムですね。
光明
日常の幸せ感!一杯!。幸せ感は自分のこころ次第ですよね!。
★ ★
菊日和り鬼籍のひとは皆笑顔
村井広子
野原 萌
そんな気のする菊日和りにほっこり。
キコ
亡き両親も額縁の写真のなかで笑っています。
★ ★
限界の首耐えて咲ききる寒椿
松原房子
レイ子
寒椿の本質をよく捉えていますね。 きっと作者も凛とした方なんでしょう。 見習いたし。
ミチコ
すばらしい人生ですね。
★ ★
こともなしそれはいちばんのしあわせ
幸生
たみこ
はい、そうですね。全部ひらがなが柔らかい。
柳谷益弘
たしかに・・平仮名表記がなお一層。
★ ★
不器用にサンキューふっと置いていく
稲垣康江
羽田義則
にこにことなめらかな舌赤い嘘
橋田一郎
石原てるみ
居ますね!経験あります。
持てるものすべてを注ぎ君を恋う
羽田義則
たかぼん
そうでなくっちゃね」!
まだ若い言われてムッとする若さ
五郎
けんじ
逃亡を諦めさせた子供の絵
丸山 進
大西俊和
美しく哀しい決断。
砂時計ちょっと一服しませんか
レイ子
橋田一郎
面白い表現だとおもいます。視覚的です。さらっとしています。
雨上がり濡れた落葉が足つかむ
公子
小林祥司
濡れた落ち葉に悲恋を、つかまれた足に未練をかんじました。乾いて飛ばされるのか、そのまま土に還っていくのだろうか。
遠い日の野原に風の吹くばかり
ちいこ
たんばらのぶえ
遠い日の野原にはどんな思い出があったのでしよう・・・。切ないですね。
霜柱時代ものかな冬の顔
じゅんいち
橋田一郎
確かにね。いまなかなか出会わない。時代ものかな。
面白いこと考えている怖い顔
竹内美千代
日和
こういうの「あるある」ですね。
りんご箱底に戦後の嘔吐物
喜屋武白雨
愛知 おさ虫
「戦後の嘔吐物」と「リンゴ箱の底」の取り合わせが決まりましたね。ぱあっとイメージが広がりました。迷わず1票。 ベリーグッド!
徳利の首が知ってる指の嘘
まこと
ちゃくし
人間は信用できない。
古里にそっと錦を見せに行く
柳谷益弘
野原 萌
そっと が良い味に。
ゆで卵パクリと朝になる手足
大西俊和
須川柊子
朝食をとって、手足もようやくお目覚め。「朝になる手足」がいいです。
Momoiroになるまで抱いてやるYamiyo
月波与生
ちいこ
新鮮でドキドキすような素敵な句。
また誰か死んだか 姉からの電話
愛知 おさ虫
田中 女里
群衆を抜けると秋が待っている
たみこ
うらら
生まれたのは秋終わるのも秋だろう
神田良子
うらら
順調に事が運んだ あと一歩
黒川利一
ちゃくし
その一歩が大事。
空っぽの心に夕陽届かない
けんじ
大西俊和
ほんとうの空っぽ。
落ちるならずっと下まで落ちなさい
中嶋安子
光明
サッパリ感!好きです!。底まで落ちてから、また、這い上がればいいのですよ」と真実の応援を感じました。
好きですと言えない動悸抱きしめる
睦悟朗
ミチコ
思春期の胸キュンを思い出します。
他の客として喧嘩を見届ける
森山文切
丸山 進
こきざみに揺れてピアスは恋もよう
ローラ
愛知 おさ虫
女性はいいですね。ピアスというアイテムがあるから。 男性は何もないですからね。せいぜい伸びた鼻毛をぴくぴくさせるぐらいかな(*^_^*)
脳味噌がじゅうじゅうちぢむ音がする
うらら
光源氏
「じゅうじゅうちぢむ」の見つけに感心しました。
見送った背が淡くなる雨になる
小林康浩
坪井篤子
切ないドラマですね。
空海の弱点を知る千年樹
光源氏
森山文切
蛇が苦手
生きている証さがしているベッド
ちゃくし
ちいこ
わたしは泣いています、、、 ♪ つい口づさんでいました。
路地裏の一途な味の灯り消え
石原てるみ
じゅんいち
友は去り、店は消え・・・・・
老眼鏡揺れる歌声喫茶店
日和
森山文切
声量で勝負
労いのこころ嬉しい給料日
たかぼん
レイ子
「労い」と言う言葉に参りました。 受けて当然の報酬と思わずに「労い」と思えばプラスα何かをいただいたような気がしますね。
罪人にされるネットの掲示板
森山文切
月波与生
◎ ささいなことで断罪されてしまうネット社会
凡庸な死はなくまたも生かされる
月波与生
柳谷益弘
神さまのいうとおりかも・・
言動がざらりザラザラするのです
田中 女里

戻る