現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

Senryu contest result

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
かくれんぼ見つけて欲しい距離で待つ
平井美智子
月波与生
その距離がむずかしいまま終わるのがかくれんぼ
山口一雄
忘れられたら困ります
光源氏
かくれんぼで最後まで見つからなくて、忘れられたら大変ですね。
羽田義則
じゅんいち
あああ 初恋の・・・
睦悟朗
私からは好きと言えずに
レイ子
「見つけて欲しい距離で待つ」がいいですね!
ミチコ
見つけられたくない、見つけられたい、まーだだよ。
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
電線に座った月と話してる
稲垣康江
街中 悠
丁度、電線に座ったように見える月と話しこんでいる
彰子
お仲間に入れてくださいな。
新井たくる
聞き上手の月ですね。
黒川利一
どんな話しを? ついでに、月に何で電線に座ったのか理由を聞いていただけます。
羽田義則
丸山 進
☆電線に座った月ならじっくり聞いてくれそう。
★ ★ ★ ★ ★ ★
聞こえない方の耳だけ向けておく
山口一雄
中嶋安子
良いことを聞きました。今度から、試してみます。
光明
正直で強い意志を感じました。拍手!
笑わせていただきました。 でポーズはどうしましょう。
村井広子
愛知 おさ虫
号泣議員が耳に手を当てて質問に答えていますが、あれはどちらの耳なのかな?
たみこ
「聴きたくない」気持ちをこんな表現に。上手いなぁ。
★ ★ ★ ★ ★
惰性では生きたくないのペダルこぐ
川畑めぐむこ
まこと
惰性で生きるなんて、もったいない。
けんじ
ペダルこぐ、いいですね
公子
死ぬまでペダルを踏み続けたいです
一歩
そんなとき、ありますよね。
竹内美千代
私もこんな生き方でした。
★ ★ ★ ★ ★
あやふやなところどころがいいのです
松原房子
光明
そうですね、あやふやが素敵ですね!。
田村ひろ子
そうですね。ところどろが平和です。
神田良子
あやふやが好きです。
野原 萌
ところどころがいいですね
稲垣康江
そうですよね。共感句です。
★ ★ ★ ★ ★
あらこんなとこに優しさ落ちている
ゆみ子
たんばらのぶえ
そうなんですよね。ほらあそこにもこちらにも・・・優しさに出会うと幸せな気分に包まれ出会った人まで優しくなれますよね。
妙花
わたしも優しさを毎日 拾っています。
BBブンゴ
人柄は外見や肩書ではわからないものです。 ただ、「優しさ」に対して「落ちている」との表現は意外性はありますが、粗雑とも思えます。または世相への皮肉でしょうか。
幸生
優しさに飢えています、落ちてればいいのにな・・。
睦悟朗
リタイアしたら視野広くなる
★ ★ ★ ★
サバ缶にサバが入っている至福
丸山 進
彰子
日常の中の予定調和の倖せ!
一歩
幸せはどこにもあるかも。
キコ
当たり前の幸せをサバ缶で表現  うまいなー
えけん
当たり前の事に当たり前の幸福を感じる、これが幸せの秘訣なのでしょう。
★ ★ ★ ★
抗がらえぬ流れになおも舟を漕ぐ
まこと
幸生
ヒトの世はむつかしい、生きるのはむつかしい・・・。
川畑めぐむこ
抗がらえぬとわかっているが、舟を漕いでみる。気の済むまで・・。
坪井篤子
運命なのか性なのか。
石原てるみ
ポジティブで良い。
★ ★ ★ ★
秒針の願いは止まることでした
森山文切
黒川利一
死んだ友のことをしきりに思いだす。そして、彼はもう死の恐怖から解き放たれたと思うと羨ましくなる。
睦悟朗
自己満足が手帳埋めてる
竹内美千代
黙々とやっている人に時には近付いて声を掛けさせてもらおうと思いました。本心は意外な所に在ったりして。
小林祥司
止まってもいいよ、お疲れさま。でも君が止ればみんな止まっちゃうよ。いいの?
★ ★ ★ ★
わがままで入りきれない木棺に
羽田義則
須川柊子
最後の最後まで立派だと思います。
蓮子
まだ、生きなさい と!
うらら
私もできればそうありたい。
丸山 進
☆「わがまま」という手があったのだ。
★ ★ ★ ★
花のない花屋に花のものがたり
月波与生
魚のない魚屋、肉のない肉屋、電気がない電気屋
街中 悠
閉店した花屋だろうか。たくさんの花のものがたりが聴けそう
坪井篤子
像が浮かび栄枯盛衰の物語を想像します。
じゅんいち
花の咲く国パラダイス
★ ★ ★
ジグソーに合わせるシアワセのカタチ
中嶋安子
光源氏
ジグソーパズルの最後の一片が入ると幸せになります。
けんじ
何かすごく分かる気がします
レイ子
ちょっとばかり不満は残るけど、合わせられる幸せでもある方が幸せというものです。 あなたのはどんなカタチになりましたか?
★ ★ ★
補聴器が拾い集めるいい話
小林祥司
山口一雄
聞こえるようになってよかったです
公子
だから祖母はいつもニコニコ笑っていました
キコ
私も補聴器を使うようになったら。。。願望です
★ ★ ★
誤差同士うまい具合に寄り添って
レイ子
光明
同感です、誤差があるから面白い!
田中 女里
丸山 進
☆うまい具合がミソですね。
★ ★ ★
ひな祭りこんな淋しい夜がある
村井広子
街中 悠
小さい頃のにぎやかだったひな祭りを思い出している
たみこ
もしかして早世の娘を持つ親心かと・・・
田村ひろ子
嫁がせた夜・・・・・
★ ★ ★
許されて見上げる空の青いこと
中嶋安子
たんばらのぶえ
どんな罪を許されたのでしようか? 気分が良い時も悪い時も澄み切った青い空を見ると心まですっきりと大きな気分になれますよね。
蓮子
やっと、気がつきました。
新井たくる
おぼえがあります。
★ ★ ★
沐浴のように豆腐を掬い上げ
彰子
中嶋安子
赤ちゃんを扱うように、やさしく、ゆっくり、、、ですね。
愛知 おさ虫
沐浴のようにとは、面白いです。寒い冬はよく鍋料理を食べていますが、そんなこと考えた事、なかったよ(^.^)
野原 萌
ゆびさきの愛しさまで見えてくる表現ですね。さぞかし美味しい絹ごしでしょう
★ ★ ★
目が合えばもう哀しんでいる呼吸
森山文切
妙花
言葉なんかいらない。
坪井篤子
頼り切っているのですね。
大西俊和
どうしょうもない心の反応。
★ ★ ★
温かいブーツの中で伸びる爪
公子
須川柊子
伸び放題に気を付けましょう。
キコ
やっぱり爪も温かいところで伸びるのですね。目の付け所に。。。。
★ ★
産声で叫んだことは嘘でした
小林康浩
森山文切
叫んでいる瞬間は真実でした。
大西俊和
最初の嘘ですね。
★ ★
いっぱいの嘘で包んだチョコレート
山口一雄
石原てるみ
愛だと信じていたのに。
けんじ
何か怖くて、ブラック、食べたらどうなるんだろうか
★ ★
それからの道は蛇行して轍
森下綾子
川畑めぐむこ
蛇行するほど、辛くて轍も残る。」
ミチコ
蛇行していく轍感が映画の様ですばらしい。
★ ★
そんなこと忘れましょうよ春だから
田村ひろ子
新井たくる
春の気分って素敵です。
山口一雄
そうしましょう
★ ★
それぞれの役目果たして句読点
レイ子
石原てるみ
重みのある句読点。
田中 女里
★ ★
春の匂い横隔膜で受け止める
須川柊子
うらら
横隔膜がいいです。
稲垣康江
私も横隔膜で受け止めると春がもっと楽しくなるかしら。
★ ★
可愛いと言えば可愛くなってゆく
村井広子
きよし
うちの子猫に可愛い可愛いと言っております。
武良 銀茶
あばたもえくぼ。世の中自分が主役です。自分が綺麗と思えば綺麗です。人は人。
★ ★
がん告知 明るくはしゃぐ妻が好き
きよし
蓮子
大好きな妻がいる!
神田良子
そばにこのようなタイプの妻がいれば ガンも克服できると思う。
★ ★
クレープをどんと焼きたい野に出たい
安藤なみ
わたしもそんな心境です。
えけん
俳句では「野焼き」が季語なのが思い出されました。この句では野焼きが詠まれて居る訳ではないのですが、春の感じが濃厚だと思いました。
★ ★
こわれ物注意と書いてある心
小林康浩
きよし
それが見えればあの恋も実ったのに。
彰子
こころは天地無用で取り扱いいたします。
★ ★
卵かけぜいたくでない贅沢さ
キコ
BBブンゴ
拘りのないのが贅沢です。
田村ひろ子
私も卵かけご飯が大好きです。ほっとする贅沢。
★ ★
結局は右に倣えか回れ右
喜九郎
BBブンゴ
判断の分かれ道。世間一般では、右に倣え派が多数で、回れ右派は少数でしょうか。
竹内美千代
ダメです。回れ右させてはなりません。戦争に向かわせてはならない!
★ ★
やわらかい風のある日のブーメラン
坪井篤子
妙花
はるかぜをつれてきてくれるんですよね。
森山文切
適度な返しです。
★ ★
ありがとう ようこそ産んでくれました
幸生
川畑めぐむこ
辛い時もあったけど、人間に生まれてよかった。
武良 銀茶
”ありがとう”が効いています。人生で一番最初の”ありがとう”です。
★ ★
春の雪ラストダンスのように舞う
愛知 おさ虫
まこと
軽快なお別れ、一期一会。
レイ子
なんと美しい! でも、ラストダンス...
★ ★
雪女誕生会の邪魔をする
けんじ
小林康浩
すさまじい光景が浮かびます。
えけん
虚構とは思えぬ臨場感を感じました。
★ ★
良いミサイルと悪いミサイル飛ぶ世界
月波与生
ミサイルに良いものと、悪いものがあるとは不思議ですね。 北から教えられました。
愛知 おさ虫
あの国のミサイルは間違いなく悪い方に入るでしょうが、中東を飛び交うミサイルは・・ 時事の面白いところを突いた句だと思います。
★ ★
春来れば春のあなたを思い出す
平井美智子
野原 萌
動くかも知れない「春」。でも春のあなたは忘れられなく、これからもずーとふんわり作者を包んでくれるはず。
嫌な奴 奴も私が 嫌な奴
喜九郎
田中 女里
謎解きは未完のままに暮れる杜
石原てるみ
神田良子
答えなどいつもわからない。
忘れてはならないものが多く有り
羽田義則
黒川利一
一方、忘れたいものがしっかりあって。こちらは鮮明に私の中で居続けていて、忘れさせてくれない。
解ってくれる人がいるから生きられる
ちゃくし
小林祥司
嫌や、いやや、独りは嫌や。仲間があるから僕も居る。
みそ汁の具にも掟の赤城山
BBブンゴ
一歩
笑っちゃいました。
桜咲く日まで元気に母の庭
神田良子
たんばらのぶえ
美しい桜が咲きそして葉桜になってもきっとお母様はまだまだお元気で居られる事をお祈りします。
選考の結果余寒の厳しけれ
えけん
うらら
春は近いかも。
しみじみと忘れた一つ欲しくなる
稲垣康江
きよし
ホントですね。何を忘れたかも思い出せませんが。
徒花をいくつ咲かせたことだろう
田中 女里
たみこ
はい、振り返ると同じ思いです。
やっかいな自信過剰の雪だるま
森下綾子
大西俊和
確かにやっかいそう。
この悲しみが小説であったなら
黒川利一
公子
ほんとうにそう思います
登り坂 上だけ見てた青い頃
古賀千恵子
武良 銀茶
破天荒な青春が懐かしく思い出されます。カルピスのような感じ!
清貧や二月の風をなぎ倒す
野原 萌
村井広子
残酷をハッピーに変え読み聞かせ
ゆみ子
小林康浩
確かに童話や昔話って残酷なものが多いですね。
欲のない生き方でしたとがってた
ローラ
まこと
とがってた、それだけ色彩があるのでは?
ケキョケキョケキョ痛むことなど無いように
うらら
光源氏
オノマトペアのケキョケキョケキョが絶妙です。痛みなど吹っ飛びそうです。
美しい縁か風の表裏
たんばらのぶえ
須川柊子
風にも、表と裏があったんですね。
もさもさになった林檎の丸かじり
須川柊子
森山文切
入れ歯でもOK
大声で毒を吐き出す裏通り
蓮子
小林祥司
裏通りでね、判るよ。さぁ、思いっきりでかい声出そう。
胡麻はぜる成就せぬ恋かなう恋
松原房子
ミチコ
プチプチと跳ねて、かなえて欲しいね、春の恋。
プルリンをかきまぜながら玉子めし
坪井篤子
小林康浩
食の質感の表現が抜群!玉子かけごはんが食べたくなりました。
災害に耐えた新米そっと研ぐ
光源氏
きっと粘り強い美味しいごはんになるでしょう。 思いやりがじーんと来ました。
春の予感 鼓動がそっと忍び寄る
たみこ
羽田義則
伸びをして剥がしてしまえ冬の空
光明
中嶋安子
剥がせるものなら剥がしてしまいたいです。
少しだけ時をください桜の芽
神田良子
稲垣康江
時に惹かれました。
目力で六年前の顔に遇う
竹内美千代
月波与生
6年前はキラキラしていました
生と死のはざまで老いるふりをする
石原てるみ
切なさは覚悟を決めた命の灯
ちゃくし

戻る