現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

Senryu contest result

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
プライドと言う透明なハイヒール
ええ一
透明なハイヒールはプライドをさりげなくを引き上げ 周囲にも好感を与えることでしょう。 透明なハイヒールの見つけが素晴らしいです。
じゅんいち
見え見えで脆い・・
羽田義則
安藤なみ
透明が効いてます。
愛知 おさ虫
比喩がバッチリ決まりました。お見事。
見えるひとには見える透明。
うらら
野原 萌
透明なハイヒール が良い。
稲垣康江
なるほど! 納得です。
★ ★ ★ ★ ★ ★
やんわりとそぎ落とされてゆく時間
田村ひろ子
武良 銀茶
人生削ぎ落とす時期になってきた。少しずつ削って行こう。
日和
この句のように年を取ってゆく。
須川柊子
じわじわ迫ってくる恐怖。
レイ子
優しいようで怖い句。 優しくでも容赦なくそぎ落とされてゆく。 人はなす術もなし。
羽田義則
竹内美千代
合格点を出せるような時間の使い方を、今こそ積み重ねなくちゃ。
★ ★ ★ ★ ★ ★
私についてこれなくなった足
山口一雄
ええ一
こう言う気力こそが、大事だと思う。
石原てるみ
同感です。
小林祥司
若いと思っていても足は正直だ。でもね、ゆっくりでも歩けるっていいよね。感謝しなくちゃ。
愛知 おさ虫
なるほど。うまい言い方ですね(笑)
ちゃくし
三日前に屋久島で体験。
村井広子
★ ★ ★ ★ ★ ★
口喧嘩君を勝たせるかき氷
けんじ
中嶋安子
真夏のある日の光景が浮かびます。
須川柊子
女はいつも強いんです。
平井美智子
かき氷で舌がしびれたから?かわいい!
小林康浩
氷のシャリシャリ感が君に力を与えたか。
キコ
かき氷がどうして君を勝たせるかなぞめいて面白いです
竹内美千代
面白いです。かき氷に軍配。
★ ★ ★ ★ ★
打ち上げた花火の帰る家がない
公子
小林祥司
華やかな花火。何十万の人が見ている花火。 パッと咲いて・・・・、帰る家がないなんて考えたことがなかった。そこに1票。
月波与生
○○打ち上げ花火には帰る場所がない
街中 悠
花火はもともと帰らないのが原則。それでも敢えて書くことによって、ペーソスとユーモアが生まれました。
丸山 進
☆宿命とは言え花火には花火の憂い。
キコ
ロマンチックさに惹かれました
★ ★ ★ ★ ★
サヨナラを「またね」に替えて生きて行く
安藤なみ
石原てるみ
前向きに良いですね。
蓮子
光源氏
プラス思考の生き方がいいですね。
神田良子
別れるときは「またね」が良いですね。
たんばらのぶえ
「サヨナラ」は切なく哀しいけど「またね」は希望もあり前向きな別れ・・・作者の思いに拍手です。
★ ★ ★ ★ ★
手のひらのとんとんとんのおまじない
田村ひろ子
光明
可愛らしい!まるで童話の世界、忘れてしまった大切なこと!。
まこと
やさしさが伝わります。
稲垣康江
私も覚えがあります。 懐かしい。
キコ
おまじないは効いたかな?
★ ★ ★ ★
唐草のスーパーマンはもう居ない
キコ
森山文切
そのうち帰ってくるさ。
田中 女里
喜屋武白雨
昭和残照・・。
小林康浩
是非今一度、再現して欲しい。
★ ★ ★ ★
ししとうを丸かじりするように 父
黒川利一
採れたてのピーマン、種を出さずにヘタだけとってとそのまま焼き、ワサビ醤油でいただきます。美味です。一度お試しを!
蓮子
まこと
父への愛情。◎
街中 悠
おとうさんの何気ない日常のひとコマですが、おとうさんへの作者の愛情や信頼が感じられます。
★ ★ ★ ★
突然の決心 カモメの急降下
レイ子
苑子
★★★
海月
ありますね。何か思いもかけなかった突然の出来事に心がふと決まることが。
黒川利一
何がありました?
安藤なみ
餌じゃない何かを見付けたのですね。
★ ★ ★ ★
千日草 義母と暮らした終日(ひもすがら)
蓮子
喜屋武白雨
いまの暮らしは平穏ですか・・。
石原てるみ
美しい終日。
大西俊和
実の親子のような時間が流れる
村井広子
★ ★ ★ ★
錯覚の中と知らずに咲いている
村井広子
坪井篤子
どうぞそのまま咲き続けて下さい。
たみこ
みんなが錯覚をして生きているので、大いに咲けばいい。咲いたもん勝ち!
たかぼん
ほとんどの方がそうでしょう。 教えてくれる方は少ないです。 耳を傾けて受け止めてもよいと思います。
★ ★ ★
人間に飽きました鳥になります
黒川利一
苑子
一歩
なりたいものです。悠々と大空を飛んでみたいものです。
ちいこ
ムクドリにはなりたくないけど、、
★ ★ ★
ことわりもなく敬老会の御案内
うらら
山口一雄
変な話、敬老会の費用の一部を本人が所属する自治会が負担させられます。
神田良子
敬老会のご案内いりません。
村井広子
★ ★ ★
全身を骨抜きにしてフラダンス
光源氏
たかぼん
今年の夏 フラのイベントを見に行きました。 人の多さと年代の多様性にびっくりです。 こんなにも根付いていたのフラダンス
神田良子
フラダンスの踊る姿を言いえて妙。
愛知 おさ虫
骨っぽい人間にはフラダンスは無理ですね(^_^.)
★ ★ ★
書き順を間違えていた愛の文字
山口一雄
光明
間違えたのは、書き順ではなくて、選別眼?など、いろいろな間違いを想像できますね。
坪井篤子
間違えてなかったらと想ってしまういじらしさ?
喜屋武白雨
ぼくは「心」を書き忘れたりもして・・。
★ ★ ★
上澄みも底に沈むも共犯者
冬子
中嶋安子
そうだったんですね。
平井美智子
どぶろくは上澄みより底に沈んでいるあたりの方がおいしいんですよ(笑)
レイ子
上澄みはちゃらんぽらんで罪の意識も毛頭ない。 下に沈んだ澱は実に真面目さんでじっと反省などしてる。 でもどちらも共犯者だよ!  面白い一句
★ ★ ★
手のひらの半分ほどを抱いている
光明
レイ子
「手のひらの半分ほど」が何なの・・・ しばらく考えたけどわからない。  でもとても大切なものであることは確か。
野原 萌
半分に納得。
★ ★
犬と僕三種の神器比べ合う
小林康浩
丸山 進
☆どんな宝かガラクタか。発想がおもしろい。
うらら
★ ★
暑い暑いなんともならん以下余白
村井広子
39度が3,4日続き、翌日の35度は凌ぎやすいかと 思いきや、もうエネルギーすべて使い果たし 以下余白状態でした。
稲垣康江
同感!です。
★ ★
身に覚えあります蝉に責められる
神田良子
森山文切
責められていたのか。
山口一雄
つらいですね
★ ★
頬杖の耳に遥かな夏の日々
海月
睦悟朗
想い出美化に未だ早すぎて
ちゃくし
若き日の夏は想いでの宝庫。
★ ★
団塊を少年にするカブトムシ
武良 銀茶
じゅんいち
いつまで経っても血が騒ぐ
睦悟朗
ここを掴めと得意顔して
★ ★
ひらがなで伝える残酷なニュース
森山文切
坪井篤子
やんわり優しそうに見える平仮名。 実は恐ろしい事も平気に見せるひらがなの不思議。
ええ一
解りやすく?と言うことかなぁ~
★ ★
ネジ穴ゆるむヘラヘラ笑うだけでした
坪井篤子
田中 女里
羽田義則
★ ★
息を吸う みどりが肺に届くまで
須川柊子
ええ一
「みどりが肺に届く」に〇
私も からだをめぐるまで 吸うのが好きです^^
★ ★
風鈴の音色も味方老いの恋
森下綾子
丸山 進
☆優雅で深い恋心。
大西俊和
年齢に関係なく恋は恋。
★ ★
生きてゆく術ありポチはポチとして
小林康浩
田中 女里
大西俊和
犬も人間も、それぞれに持つ生きる術。
★ ★
虫の鳴く方から秋はやって来る
愛知 おさ虫
一歩
そうですね。二週間前から秋は来ていますよ。
山口一雄
ふと聞こえた虫の音に秋を感じますね
★ ★
ほめられて痛いところを衝かれてる
羽田義則
光源氏
経験があります。
けんじ
経験ありますよね
★ ★
振り出しに戻り無かった事にする
中嶋安子
たみこ
こういう柔軟性は必要ですね。
平井美智子
嫌なことは忘れて何度でもやり直しましょう!新しい朝の始まりです!
★ ★
才能が止まったままの喉仏
たみこ
月波与生
○○○喉仏がいいです
まこと
ユニークかつ鋭い視点。
★ ★
誤解解く気力も失せてのびた髭
まこと
睦悟朗
仲立ちもなく時は流れる
竹内美千代
同情票。解ける日が早く来ますように。
★ ★
まだ生きる辛さ抱えてさるすべり
神田良子
一歩
生きましょう。すべっても、すべってもしがみついて。
★ ★
きれいに畳む日へ干している翼
ゆみ子
苑子
★★
捨て猫と目が合い見つめ合った朝
ローラ
たんばらのぶえ
捨て猫の哀しい目に合うと泣きそうになってしまいます。切ないですよね。そんな猫が我が家には今、4匹、家族になっていますが・・・。
カラオケも飲み会も好き蝉しぐれ
うらら
光源氏
元気にさせてくれる句ですね。同感です。
酔って寝るなんと嬉しいご褒美だ
喜屋武白雨
野原 萌
感謝の想い、清しいこころもちに一票!
愛と血は近いところを回っている
丸山 進
日和
たぎるような想いなんです。その時は!
M永とM治迷って安い方
喜九郎
ミチコ
はじめは男の名前かと思いました。牛乳ね。だったら、私もです。
真実を言えば火の粉が降ってくる
田中 女里
幸生
とかくこの世は住みにくい
宝くじ買えば英世になる諭吉
小林祥司
小林康浩
これが現実ですねえ。
華氏百度なんのこれしき甲子園
五郎
ちいこ
猛暑にも負けない甲子園の暑い戦い。
食パンを一本買ってパパンパン
幸生
とても軽快で、スキップをしている様子が見えてくるようです^^
やがて来る別れへ涙より笑顔
ちゃくし
たんばらのぶえ
どんな縁も会えば必ずいつか別れが来る・・・。その日を笑顔で迎える覚悟をしている・・・。作者の健気な思いが切なく伝わって来ました。
父母逝って郷の香もぷつと切れ
能津 健
けんじ
本当にそうですね。実感します。
幸運はいつも斜めに逸れている
平井美智子
たみこ
幸運は、こっちに向かってくるようで結局斜めに逸れていきますねぇ。同感。
このへんで光ってみるか六合目
須川柊子
小林祥司
六合目がいい。頂上でもなく五合目でもない、六合目にいろいろな思いがする。自分もこの辺で光ってみるか。
夏雲が去っても消えぬ淡い思慕
たんばらのぶえ
ちゃくし
良い想いでですね。
跡残し飛行機空のかたつむり
うらら
故郷に帰れぬ人の夏休み
公子
月波与生
○故郷は帰るまでがたのしみ
基地の街で見た豚足のVサイン
ええ一
日和
Vサインに見えるところがおもしろくもあり さびしくもあり。
魑魅魍魎と踊り明かした沼は消え
ローラ
街中 悠
魑魅魍魎、難しい言葉ですね。誰でも一度くらいは踊り明かしたかもしれません。
行き詰まる どんどん歩くことにする
蓮子
中嶋安子
歩け 歩け 歩けば何とかなりそうだ!
生き甲斐は星にあだ名を付けること
丸山 進
けんじ
どんなあだ名をつけたのか、教えてほしい
結末を知ってから読むサスペンス
中嶋安子
ミチコ
作家の頭の中を泳いでいるようで、これまた、楽しい時間。
人の世を水に尋ねる旅に出る
石原てるみ
武良 銀茶
旅に出たくなりました。水は深い。
寅さんと河原で見てる大花火
羽田義則
蓮子
母の家とあいかわらずの夾竹桃
日和
光明
母は母であり、子供は子供、相変わらずは安心感でもあり、不満でもあり・・・。
人生の歩みにいつも母の声
小林祥司
武良 銀茶
やはり母は偉大です。
ひまわりが小粒になっていく独居
たみこ
黒川利一
西瓜は八分の一カットを買います。一人をまかなうと小さくなっていきます。
もうちょっと光れと星をけしかける
平井美智子
須川柊子
満月に負けないようにね。
ボランティアに卒園生が来るお盆
竹内美千代
先日団地の夏祭りのお世話をしました。 くじ引きが終了すると潮が引くように お客さんは少なくなりました。 こんな可愛いボランテイアがいると盛り上がったとこでしょう。
三男が守備固めする八回忌
月波与生
森山文切
出場できてよかった。
私より自由に泳ぐこいのぼり
武良 銀茶
たかぼん
お見事です。素晴らしい。
反抗期のように真っ白き残暑
野原 萌
ミチコ
この残暑はマッタク反抗期そのもの。真っ白と表現された感性に敬服します。
風さやか誰かに恋をしたくなる
海月
ちいこ
秋風を感じる頃になると人恋しくなるものですね。
日記から好きな名前が消えている
じゅんいち
海月
寂しいですね。夢中になった愛した日々もいつかは消えるのでしょうか。
闇に死の一字 真夜中目が冴える
睦悟朗
海月
元々かなりの心配性なので一度何か不安になると眠れぬ夜もあります。わかります。

戻る