現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

Senryu contest result

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
「気を付け」のままで時代を生きた父
平井美智子
柳谷益弘
そう昔のひとは気骨がありました・・
ええ一
連想の引き寄せ方に共鳴しました。
須川柊子
大正生まれの父のイメージ。
坪井篤子
私の父もそうでした。
黒川利一
父は厳格で、怖かった。それが父親だと思っている。今の父親はどうだろう。ああ昭和が遠くなってゆく。
ちゃくし
うちの父も、、、でした。
一歩
そうでした。
大西俊和
自分に厳しいお父さん。
睦悟朗
誠心誠意が服を着ていた
竹内美千代
傷痍軍人の父、痛み道連れの生涯でした。
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
欲望を拡大鏡で見せられる
森山文切
海月
ほう。かなりどん欲ですね。
光明
拡大鏡の見付けに1票!
たみこ
イメージを、欲望ととらえたところが面白い。
ちゃくし
みっともないだらけ。
月波与生
愛知 おさ虫
なるほど。欲望を拡大鏡で見るとこんなかたちですか。 なんか刺々しいですね。
平井美智子
欲望ははっきり見たくないものの一つかも。
★ ★ ★ ★ ★
わたしだけ揺れが違ってしまう風
月波与生
中嶋安子
同じに動いているはずなのに、、、、。
神田良子
後ろを振り返ると私だけが違う動きを。あります。
石原てるみ
おなじでなくても良い。
じゅんいち
コ-ラスで何故か音を外してる
苑子
★★
★ ★ ★ ★ ★
保護色に紛れ安易に生きている
柳谷益弘
中嶋安子
保護色が効いてますね。
小林祥司
群れるとはこう言うことだろう。仲間といることも、きっと。
松尾冬彦
それじゃダメじゃん! まわりを自分色に染めなくっちゃ!
睦悟朗
唇噛んで胡麻を擂ります
★ ★ ★ ★
わたしたちライトアップに慣れてない
竹内美千代
光明
確かにね!戸惑う麦たちの気持ちが伝わります。
安藤なみ
華やかさはないけれど、地味さがいい。
月波与生
稲垣康江
そうですよね~。
★ ★ ★ ★
ただいまばあちゃん ただいま麦ばたけ
野原 萌
彰子
ただいまばあちゃんへの 跳び感が最高。
月波与生
一歩
こんな会話があったとは。
愛知 おさ虫
そんな故郷のある人、うらやましいなあ。牛の花子と馬の太郎の頭も撫でたりして(^.^)
★ ★ ★ ★
起業への牙研ぎながら群れにいる
睦悟朗
海月
成功をお祈りしています。
たみこ
生命が溢れている感じが素晴らしい!
愛知 おさ虫
群れながら鍛えられ、頭一つ抜き出た人が起業に成功するんですね。
★ ★ ★
ふるさとを歌えばみんな少年に
うらら
たかぼん
そうだと思います。
かくれんぼ、噛んで噛んで麦ガムを作った少年、少女の日々。麦畑は懐かしい故郷です。
じゅんいち
心の原風景風化せず
★ ★ ★
初恋に似ていた麦笛の記憶
坪井篤子
山路橙葉
野原 萌
青いにおいがしたっけ。
美しい。
★ ★ ★
喉が待つホップが効いたジャズダンス
インド人
神田良子
ジャズダンスが面白い。
稲垣康江
同感です。
丸山 進
★ ★ ★
チャンスかも知れない春の音がする
松尾冬彦
森山文切
確定演出
中嶋安子
このチャンスを見逃さないで!
須川柊子
チャンスを逃さないでください。
★ ★ ★
大地から光の粒が立ち上る
日和
ええ一
「光の粒」に◎
野原 萌
生命力を思います
石原てるみ
光の粒が良い。
★ ★ ★
栄光のタカラジェンヌとして生きる
丸山 進
柳谷益弘
すっとした立ち姿まさにタカラジェンヌ・・
日和
きらきらしてます
苑子
★ ★ ★
国境の麦の穂先の荒ぶれる
山路橙葉
石原てるみ
世界中が荒ぶれている。
田中 女里
★ ★ ★
ご静粛に 父に遺産はありません
小林康浩
光明
とてもユニークで面白い!
大西俊和
面白い連想に○。
丸山 進
☆ 大富豪の訃報に群がる縁者
★ ★ ★
素麺もパン粉も集うクラス会
まこと
ええ一
素麺、パン粉、の時間経過が楽しませてくれる。
キコ
色々な人が集まるクラス会  麦も色々。。。
★ ★ ★
押し上げてくる情熱を持て余す
海月
蓮子
けんじ
平井美智子
私の周りの情熱家はいつも暑がられています。
★ ★ ★
あなたへと突っ走ってもいいですか
海月
蓮子
いいね🎵
松尾冬彦
ダメです!(笑)もっと冷静に!冷静に!
苑子
★★★
★ ★ ★
青麦の時から君が好きだった
公子
須川柊子
成就しましたか?
光源氏
★ ★
雅号でも源氏名でもない穂波
安藤なみ
森山文切
本名でしょうか
丸山 進
★ ★
あれやこれ夢ふくらます銀の髭
ローラ
武良 銀茶
髭がいいですね。私も夢膨らましています。
坪井篤子
麦の穂はたくさんの夢を刺激するお髭なのですね。
★ ★
爆発の寸前だった麦畑
たみこ
森山文切
爆発は不可避だと思っていました。
インド人
おーっとっとっと
★ ★
悲しさも楽しさも知り琥珀色
須川柊子
小林康浩
人生の熟成期に飲む、琥珀色のお酒。最高ですね。
羽田義則
★ ★
天に向く未だ短き麦なれど
石原てるみ
田村ひろ子
まっすぐに゜のびてくださいね。
松尾冬彦
麦達よ大志を抱け!
★ ★
もういいかい背伸びしながら確かめる
日和
羽田義則
まこと
若い日のエネルギー。
★ ★
きらきらのおまえたちこそ世界一
蓮子
たかぼん
言い切っちゃうとこが素敵です。
田村ひろ子
パチパチパチ・・・・・・。
★ ★
麦わら帽子遠くの夏の忘れもの
村井広子
敏々
FB
まこと
思い出は残ります。
★ ★
将来はパンかビールで生きてゆく
光源氏
彰子
ご同感です。
田中 女里
★ ★
逆境に負けじと育つパワー見る
小林祥司
武良 銀茶
勢いを感じます。
キコ
しっかり大きく育って下さい。
★ ★
失った言葉さがして萱の中
若林雅美
海月
見つからないかもしれないけど、何を探していたかそのうち忘れてしまいそうです。
山路橙葉
★ ★
ミサイルが落ちる隙間はない畑
森山文切
蓮子
うまい❗
一歩
成程。
★ ★
ジェラシーを背に受けながら抜きん出る
柳谷益弘
ジェレシーに負けないで、前へ進む力強さが良いです。
神田良子
同じように植えつけても優劣があります。優れたものにはジェラシーがつきものですね。
★ ★
団塊は天国地獄狭き門
武良 銀茶
小林康浩
第二の天国地獄が必要かも。
竹内美千代
老人ホームに入れないかも。
★ ★
可能性秘めてまっすぐ宙(そら)へ向く
坪井篤子
光源氏
けんじ
★ ★
本物のビールに会える里帰り
村井広子
黒川利一
家で飲むビールはいつも発泡酒。これが結構うまいし、本物と比べて遜色がないと思う。まあ、一杯目はそれとなく区別がつくが、飲んでゆくうちに同じになっている。味覚音痴だろうか。
敏々
FB
★ ★
新しい競争へGO!入社式
睦悟朗
小林康浩
五月病に気を付けてガンバレ!
幸生
いい句ですね、入社式がうまい!
雷雨さえ身に取り込んで明日へ発つ
光明
小林祥司
ここまでに育った苦難がわかります。さあ元気に行こう。
看板に駅から五分ビアホール
稲垣康江
たかぼん
お見事!
いつかきっといつかきっとと力んでる
松尾冬彦
睦悟朗
右肩上がりだった慣性
暗闇に背伸びしている僕の影
彰子
けんじ
二杯目は麦焼酎に決めている
光源氏
平井美智子
私も麦派です。もっとも栗焼酎も好きだけど。
青い麦みんなみんなを弾いてた
彰子
野原 萌
あのまーすぐさ。そして以外にもイガイガで。
麦畑一輌電車かすみゆく
じゅんいち
黒川利一
大垣駅(岐阜県)からでている第三セクター鉄道樽見線(レールバス)の車両は一両。これに乗って、今月14日に根尾谷の薄墨桜を見てきた。途中の駅、周辺に麦畑が広がっていて、穂が風に揺れていた。
ヒーローは闇を蹴散らす青い麦
光明
田中 女里
賛成が多数 よって可決します
神田良子
彰子
はい!!
きらめきをまといまっすぐ伸びゆく子
田村ひろ子
幸生
小学校の朝礼の列を想い浮かべさせられました。
共謀罪成立あとの天気予報
月波与生
竹内美千代
麦に予知能力有るようです。
生きててなんぼ背筋伸ばしておくれやす
幸生
ちゃくし
やさしいお言葉、ありがとよ!
渾身で失意のぼくをくすぐる穂
山路橙葉
小林祥司
勇気をもらい頑張っていこう。
終わらないデモは祭りになってゆく
小林康浩
日和
後の祭りの輝き
伸びしろを比較している麦と麦
森下綾子
柳谷益弘
伸び代のある麦たちにちょっぴり嫉妬・・
罪芽吹く春夜のコインロッカーで
大西俊和
坪井篤子
春の夜のコインロッカーには何が入っているのでしょう。 罪深き秘密、それも男女の・・・。
かくれんぼ麦のお布団すやすやと
光源氏
天めざし生きると決めた麦の意地
まこと
作者の強い正義感を感じます。麦の意地が良いです。
さあ今だグングングンとのびてゆけ
田村ひろ子
たみこ
麦踏みをしたことがあるが、麦は踏まれるほどに逞しく育ちます。
「ハ~イ」「は~い」 答はみんな知っている
ええ一
田村ひろ子
小学校1年生の教室
すくすくと育って病気など知らぬ
藤井智史
稲垣康江
良かった。
柔らかな春です寒い心です
能津 健
大西俊和
明るいけれど暗いイメージ。
ツンツンとあなたぶりっこすぎますよ
神田良子
まこと
これも青春の通過点。
今ここで強く生きます麦の唄
丸山 進

戻る