現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

Senryu contest result

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
グイグイと地球引っ張る奴凧
光源氏
中嶋安子
そうか~、地球は引っ張られているのですね!
しょうこ
奴凧ならやりかねませんね。
田村ひろ子
風にのった奴凧の強さが届きました。作者の脚も浮いていることでしょうね。
圦山 繁
スケールの大きさに感動。
ミチコ
なんて力強くて気持ちいいのでしょう!!
愛知 おさ虫
グイグイト地球引っ張る・・実感出てますね。
閑翠
発想が面白い
丸山 進
☆☆
★ ★ ★ ★ ★ ★
感嘆符だけでできてる女の子
丸山 進
光源氏
ちいこ
可愛い すご~い なんていうのも最近多いですね。
田中 女里
平井美智子
「え~」「すご~い」「きも~」・・ 哀しみの数が言葉の綾を織ってゆくのかもしれない
安藤なみ
います、います。
★ ★ ★ ★ ★
叱られるほどの遊びが面白い
圦山 繁
小林康浩
やはり「禁じられた遊び」を思い出す。ナルシソイエペスのギターも聴こえてくる。
光源氏
大西俊和
そうかもしれませんね(笑)。
たかぼん
叱られてもなかなかやめれないです。
睦悟朗
悪友もいて楽しこの世は
★ ★ ★ ★ ★
暗闇で言葉の角に引っかかる
公子
山路橙葉
✿✿✿
綿帽子
わたし、今日も引っかかってしまいました
けんじ
じゅんいち
急によぎる あの一言
みや
誰が言ったか分からないけれど、素直に受け取れない言葉ってありますよね。
★ ★ ★ ★
ああでもないこうでもないと多角形
坪井篤子
苑子
★★
光明
人の思いは千差万別、私もですが、時により形も変わる多角形ですよね。
紅とんぼ
神田良子
答えが見つからず いろんな角度から捜しておられるんでしょうね。
★ ★ ★ ★
怒っているのにえくぼを返される
坪井篤子
森山文切
ずるい笑顔
海月
えくぼは反則。
ちいこ
80になっても笑窪はそのまま?
閑翠
えくぼ(笑顔)を返されると拍子抜けして喧嘩にもならず怒りも収まったのでは
★ ★ ★ ★
切れ味を試してみたい別れ文
じゅんいち
森山文切
そんな理由で別れたらあかんで
紅とんぼ
竹内美千代
是非お試しください。
羽田義則
★ ★ ★ ★
ガラガラをまわして春が転げ出る
紅とんぼ
たかぼん
ガラガラ抽選会ですよね。 面白いです。
起床時の室温「わぁ夏の冷蔵庫だ!」悲鳴をあげています。 「ガラガラをまわす」「転げ出る」いいなぁ、春の勢いを感じます。
苑子
★★★
光源氏
★ ★ ★ ★
助けないことを選んだカメラマン
森山文切
綿帽子
一枚の写真が社会を変える・・・こともある
しょうこ
戦場で溺れそうな親子早く助けてあげて。
レイ子
報道写真とか野生動物の写真などを見て私も同じ思いをした事があります。 カメラマンにその気は無くても結果的にはそうなりますね。
野原 萌
ドキュメントを見ていると、よくその場面に出会いいつも複雑な気持ちになります。
★ ★ ★
医の進歩伸びる命に幸不幸
小林祥司
たみこ
人としての感動があっての長生きなら、長生きしてみたいものです。
田中 女里
閑翠
医術が進歩し延命できても意識が無かったり痛みを伴うのでは喜べないですね
★ ★ ★
馬鹿力でしたあなたに会えたのは
小林康浩
綿帽子
今はパワーレス状態ですが・・・そんな時代もありました
月波与生
◯◯
大西俊和
運命を変えるのは馬鹿力ですね。
★ ★ ★
口紅を少し濃くして 春近し
光明
蓮子
いいね、決心が見えます。
坪井篤子
女性特有のウキウキ感。
大西俊和
そうですね。もう春はすぐそこ。
★ ★ ★
越えられぬ壁なら穴を開ける知恵
まこと
海月
素敵な知恵。
中嶋安子
目からウロコです!
石原てるみ
目から鱗!その手があったのですね。
★ ★ ★
「禁じられた遊び」的せっぷんのさそい
月波与生
紅とんぼ
平井美智子
水車小屋で十字架を立てるシーンはいまでも鮮明に覚えています
まこと
初キスの期待と罪悪感。
★ ★ ★
いつまでも流れて来ない桃太郎
たみこ
桃太郎は孫の誕生と読みました。 我が家は桃太郎が二人流れて来ました。もう少し待ちましょう。
山口一雄
きっと毎日川へ行って待っていたのでしょうね
小林祥司
少子化対策への批判か、それとも第一子の誕生を待ち焦がれているのだろうか。
★ ★ ★
生きて行く途中に出会う曲がり角
インド人
けんじ
羽田義則
たんばらのぶえ
人生には一度ならず何度か曲がり角に出会いますよね・・・。そんな時これからも迷わず曲がり角に向かって進んでもいいのではなんて思います。
★ ★ ★
泣き切った 後はお花のお水やり
野原 萌
ミチコ
切なくて泣けます。
たんばらのぶえ
潔さが素敵で好きです。 ひとりで泣くだけ泣いたらスッキリ・・・さあ明日、美しく咲くお花に水をやりあなたも逞しく美しい花を咲かせて下さいね!
丸山 進
☆☆
★ ★ ★
眉太く整えて行く敵の家
石原てるみ
山路橙葉
✿✿✿
ちいこ
勇敢ですね。
須川柊子
負けるな!
★ ★ ★
棒読みになって忘れていく名前
苑子
小林康浩
もはや関心がないから棒読みになるのですね。さみしくも納得です。
月波与生
村井広子
★ ★ ★
美しい沈黙でした手を握る
みや
レイ子
黙って手を握る方がどんな言葉よりも伝わるのではないかと思いました。 「美しい沈黙」もいいですね。
野原 萌
沈黙の意味の深さ
★ ★
A4の一枚あれば足る自伝
平井美智子
柳谷益弘
量じゃない濃さです・・
神田良子
A4で十分です。
★ ★
立春へ青い翼を取り寄せる
村井広子
黒川利一
青い翼、いいなー。家の道を挟んで西に小さな川が流れている。きれいな川ではないが、翡翠(かわせみ)がいる。青い羽。「kawasemi」、我がメールアドレスに使っている。
蓮子
★ ★
小さな穴ひょいと繕う母だった
稲垣康江
中嶋安子
母は偉大ですね。
睦悟朗
子らの口論笑い飛ばして
★ ★
待ち伏せているのは春と知っている
安藤なみ
小林祥司
厳寒が続くが春への道標。峠の茶屋に春が。
けんじ
★ ★
すり減った靴だがいつも役に立つ
インド人
黒川利一
これが足にぴったり。歩きやすいこと。
小林祥司
高貴高齢者。まだまだお役に立ちますよ。
★ ★
日めくりに昨日の私を載せて剥ぐ
中嶋安子
丸山 進
☆☆
睦悟朗
生きていることしかと受け止め
★ ★
会員は一人もいない句会場
森山文切
海月
最悪。?
たみこ
みんな先生ばかりのような会が実際ありそう。
★ ★
一瞬の風にとまどう曲がり角
田村ひろ子
圦山 繁
進むと決めのに、ふと迷いがよぎる。
幸生
どれだけ頑張ってきたか人生の曲がり角。
★ ★
七人の刑事のように野犬来る
閑翠
愛知 おさ虫
昔、沖縄の山中で野犬の群れに追い回された経験があります。 七人の刑事・・ほんとそんな感じでしたね。別に悪いことは何もしてなかったのですが(笑)
★ ★
いい汗をかいたと思い込んでいる
小林康浩
平井美智子
(思い込んでいる)という穿ちが嬉しい
みや
思い込みってありますよね。
★ ★
馬鹿馬鹿馬鹿と猫撫でている日曜日
瑞樹くらら
坪井篤子
猫は黙って眠るしかないか!
幸生
蹴飛ばさないでよかった、やさしいあなた。
★ ★
お湯かけてあげたい雪の墓参り
喜九郎
山路橙葉
✿✿✿
インド人
いいお湯です。
★ ★
うつむくと草と話ができるんだ
まこと
草はいつも上からの声を待ってます。
竹内美千代
いいねえ。
★ ★
冬野菜ぎゅぎゅぎゅぎゅぎゅっと溜めている
蓮子
しょうこ
今年は特に春までもたせます
インド人
さすがの技ですね。
★ ★
あこがれは鈍行列車自由席
みや
光明
「鈍行列車の自由席」なら、いつでも手に入りそうですが、それが難しいのが現実ですよね、実は「心の中」にあるものなんでしょうね。
蓮子
賛成!
★ ★
おぼろげに暮らしが見えてくる会話
ちゃくし
田中 女里
田村ひろ子
電車の中で、ふと耳に入ってくるご夫婦の会話から、なんとなく暮らし方を感じることがあります。
★ ★
ボランティアなのに届いた命令書
山口一雄
レイ子
釈然としない。 憮然たる作者が浮かんで笑いました。
幸生
人が集まると仕切りやが生まれる。
★ ★
マリオにもワリオにもなれず佐藤一夫
月波与生
まこと
地縛霊。
キコ
ぼくは佐藤一夫という主張が面白い
★ ★
なだらかに生きた証の足の裏
愛知 おさ虫
須川柊子
足の裏は何でも知っています。
ガサガサと母の踵がもの申す
冬子
須川柊子
お母さん、踵にも苦労が見えます。
免許証美肌モードで若返り
綿帽子
石原てるみ
そうなんですよね!まるで別人。
わたくしの中で鳴いてる閑古鳥
冬子
たんばらのぶえ
寂しいね・・・。でも閑古鳥さんいつも私の中で鳴かないでね・・・たまーにならいいよ!一緒に泣こうね!そしたら気が晴れるかも!
切り口を変えれば開く別世界
神田良子
たかぼん
別世界 今からでも切り開けます。
入れ歯にも衣を着せない母元気
まこと
村井広子
母となり母に詫びたいことばかり
中嶋安子
たみこ
同感!
桑の実を食べ尽くさんと群れる鳥
ミチコ
柳谷益弘
桑の実はどどめ色でした・・
思い出す光に匂いがあったこと
須川柊子
みや
春の光、蠟梅の香り、思い出します。光の匂いが素敵です。
寒いのはやっぱり辛い寒椿
愛知 おさ虫
野原 萌
なにか素通りできない温かさがある句
血統書付きの輸血を売るネット
安藤なみ
小林康浩
この世からブラックマーケットが消えることはないようです。
憧れの花咲か爺になってやる
たかぼん
石原てるみ
頑張って~!
二番星ずーっと私の側にいて
たんばらのぶえ
山口一雄
中八ですが、愛らしい句に一票
ライオンがジャングルジムで吠えている
一歩
月波与生
◯◯◯
温度差の広がるばかりだった恋
ローラ
圦山 繁
フォローしようとすれば、するほど空回り。
一升瓶友がぶら下げ遣って来る
羽田義則
黒川利一
昨年3月に亡くなった、かまやつひろしの「我が良き友よ」を彷彿とさせる句だ。♪「下駄を鳴らして奴が来る、腰に手ぬぐいぶら下げて~」。
ライバルに孔雀は羽を閉じぬまま
ローラ
坪井篤子
羽を「閉じた」のではなく「閉じぬ」なので孔雀の必死さが伝わります。でも疲れるでしょうね頑張れ~。
仏にも夜叉にもなって夕焼ける
ちいこ
一歩
異体同心?
外は雪目覚めぬ朝が忍び寄る
睦悟朗
羽田義則
父だった頃もあったなセピア色
山口一雄
田村ひろ子
寂しそうですね。
朝七時幸せ色にパン焼ける
閑翠
一歩
前向き。
抱擁の形に脱いだ犬の糞
丸山 進
キコ
見つけの面白さでいただきました。
洗っても洗ってもどろんこだらけ
能津 健
ミチコ
雨の試合の後の息子のユニホーム思い出しました。悔しさも染み付いて、なかなか落ちません。
宝島の地図を広げて老いてゆく
大西俊和
愛知 おさ虫
私も同じ思いです。 地図上では宝のあり場所をほぼ特定したのですが、掘りに行く気力と体力が消えています(;_:)
たてば杖座るは座椅子走る口
しょうこ
じゅんいち
う-ん、上手い!!
杖持てば歩けることに明日を見て
キコ
ノルディックのように杖2本持っても自力で歩きたいと思います。 頑張りましょう!
あなたのアにウンとなびいたまんま いま
幸生
一歩
おもしろい。みつけ。
もー止めたしがらみ外す喜寿と古希
キコ
神田良子
残り時間もあとわずか 外せるしがらみは一つずつ一つずつ。
だいじょうぶ物忘れならお手の物
柳谷益弘
光明
凄く、癒されました、私も「お手のもの」です。明るくて楽しさまでも感じました。
忠告を愛と受け止め勇み足
ちゃくし
竹内美千代
純朴さに「いい子良い子」してあげたい。
絵手紙の鱗ピチピチ生き返る
光源氏
森山文切
気遣いがうれしい絵手紙
靴下の穴 親指の自己主張
須川柊子
苑子
けだるい別れ二月初旬の真っ昼間
瑞樹くらら

戻る