現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

Senryu contest result

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
追いかける夢からはぐれないように
海月
睦悟朗
年々歩み遅くなっても
中嶋安子
どこまでも追いかけて行きます。
小林祥司
走れ走れ、しっかり走れ! しっかり前を向き。
光明
夢中ですよね!素晴らしい!。
田村ひろ子
可愛いですね
石原てるみ
頑張って~!
村井広子
o
松尾冬彦
逃げ水を追ってどこまでも。
月波与生
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
額縁をはみ出てからがおもしろい
小林康浩
中嶋安子
なるほど!
蓮子
なんでもあり。
黒川利一
まさに、その通り。自分で自分に枠を嵌めることはないですよね。ところで、どの世界を逍遥してきました? 是非に体験お聞かせください。
圦山 繁
「額縁」から飛び出したんだ。自由を謳歌。
愛知 おさ虫
「額縁をはみ出る」は束縛からの解放の比喩でしょうか。 はみ出るまでにちょっと勇気が要りますが・・。
みや
勇気がいりますけど、ワクワクします。
★ ★ ★ ★ ★
愛犬と風になってた少女の日
石原てるみ
ええ一
睦悟朗
返らぬ夢が今も鮮やか
レイ子
この句を形で表すとすればまさにこの写真という程ピタリの句ですね〜。
たんばらのぶえ
懐かしい・・・!遠い日の甘〜く幸せな追憶ですね。私も作者と同じ様な思いでイメージ写真を見ました。
村井広子
o
★ ★ ★ ★ ★
追いかけて走ってみても帰らぬ日
たんばらのぶえ
野守
遠き日の幸を追いかけて
山路橙葉
✿✿✿
圦山 繁
一秒、一秒が過去になり、帰ってくれません。無常?
まこと
帰らぬ日はそっとそのままに。
じゅんいち
時は単純ですね
★ ★ ★ ★ ★
生き様がちょっと逆光気味だった
柳谷益弘
山路橙葉
✿✿✿
松尾冬彦
生き様が逆行っていうのがいいね!
みや
そんな生き方の方が好き。
月波与生
◯◯
★ ★ ★ ★ ★
逆光が背中を押してくれました
みや
光明
「逆光!」の見付けに惹かれました。
柳谷益弘
順光だったら逆作用するかも・・
田村ひろ子
背中がほんのり温かい
★ ★ ★ ★
追いかける言葉も走る里の朝
まこと
レイ子
「待って〜、ラッシ〜!」って少女の声が聞こえてきそうな朝の風景ですね。 「言葉も走る」がいいです。
小林祥司
夏休みでおばあちゃんチに帰って来ていたんだ。イイネ。
閑翠
神田良子
追いかける言葉が良いですね。
★ ★ ★ ★
自由っていいな影までのびてゆく
けんじ
ええ一
影までが自由を楽しんでいる感じ・・。
自由になった犬の全身に喜びを感じますが、影までのびてゆく 見つけに拍手です。
野原 萌
心も解放されて
稲垣康江
首輪外してもらって嬉しそう。
★ ★ ★ ★
首輪などいらぬ信じて付いていく
能津 健
しょうこ
。私の首輪ずーと外したままです。
光源氏
信頼が大切
苑子
★★
★ ★ ★
私にもあったハイジのような時
丸山 進
閑翠
一歩
多分、皆さんも。
キコ
昔の自分の姿を重ねている。
★ ★ ★
秘密基地 たしかこの辺だったよね
ええ一
蓮子
そうそう。
けんじ
坪井篤子
楽しさが伝わります。
★ ★ ★
野兎を見たよとママに知らせたい
圦山 繁
ミチコ
早くママに教えてあげたいワクワク感が楽しい。
まこと
野兎も人間を見たよと知らせているでしょう。
稲垣康江
ママも待ってるよ。
★ ★ ★
光受け何でもできる気がしてた
蓮子
中嶋安子
キラキラと輝いていた頃。
黒川利一
現実は厳しいことを知っていますが、少しずつ自分らしくチャレンジしています。懲(こ)りずになんども頭をぶつけて、アホでしょう。でもそれが生きる推進力になっていると信じています。
石原てるみ
そんな時がありましたね。
★ ★ ★
キスすれば人に戻れるけど逃げる
月波与生
野守
グリム童話かえるの王子様を思い出して、思わず笑いました。  犬に変えられた訳は、追求しないことにします。
レイ子
発想のユニークさに脱帽です。
丸山 進
★ ★ ★
戌年の君とシーソー五十年
公子
たんばらのぶえ
50年シーソーゲームは素敵ですね。まだまだこれからもずっと続けて下さいね!
お互いによくバランスを取りました。これからも頑張りましょう。
丸山 進
★ ★ ★
言葉などいらない二人 秋の風
中嶋安子
ええ一
けんじ
村井広子
o
★ ★ ★
人間の弱さだろうか振り返る
インド人
松尾冬彦
走馬灯不思議なことが多過ぎた
★ ★ ★
自由って寂しいものでございます
村井広子
ちゃくし
楽しくて寂しくもあり自由です
愛知 おさ虫
一人旅に出た時なんか、開放感に酔いしれていても時々ふっと寂しさに襲われる時があります。自由って孤独なんだなあと思いますね。 「~ございます」が妙に実感がこもっていていいですね。
★ ★ ★
追ってまた追えば逃げるという遊び
森下綾子
ミチコ
面白い悲しい、楽しい辛いこの遊び。
坪井篤子
駆け引きが大人の恋を連想する。
★ ★
つかず離れずポチが散歩の舵をとる
閑翠
しょうこ
私もしっかり梶取ってます
けんじ
★ ★
孫たちが野生に帰る里帰り
愛知 おさ虫
閑翠
ちゃくし
ホントですね。孫たちの楽しい顔が浮かんできます。
★ ★
この道を曲がってやって来る明日
村井広子
神田良子
明日はそういう風にやってくるうんですね。
月波与生
◯◯◯
★ ★
たのしかったあたたかかったあかねぐも
幸生
たんばらのぶえ
とおいとおいひのあたたかかつたあかねぐも・・・わけもなくたのしくてしあわせだつたあのころ・・・。ちょっぴりせつないですね。
野原 萌
柔らかな所にある郷愁の表現がステキ
★ ★
何一つ求めていない子の笑顔
苑子
野守
子供が、笑顔になる社会でありますように!
圦山 繁
代償を求めない笑顔。遠い昔にあったかも。
★ ★
ウォーキングポチのお蔭で八千歩
愛知 おさ虫
睦悟朗
もつれる足を待ってもらって
犬が居るから毎日散歩する習慣が出来、確実に健康維持になります。
★ ★
静止画になってしまった遠い日よ
たんばらのぶえ
山路橙葉
✿✿✿
柳谷益弘
そしてまた解除するポーズボタン
★ ★
うれしいうれしい 尻尾弾んで止まらない
野原 萌
光源氏
うれしさが伝わってきます。
神田良子
この歳じゃないと表現できない気持ち。
★ ★
平成の次に向かって飛び跳ねる
光明
苑子
★★★
まこと
心機一転のときです。
★ ★
ぽかぽかの背中に羽が生えてきた
田村ひろ子
苑子
丸山 進
★ ★
遠い日の天使が跳ねていた時間
蓮子
ちゃくし
懐かしく思い出しています。
稲垣康江
★ ★
犬だけを友にすくすく過疎の村
睦悟朗
小林康浩
兄弟で友達だった犬の思い出。
キコ
犬の役割って大きいですね。
★ ★
親友と虹を渡りにゆくところ
野原 萌
無条件に楽しい時間
みや
早く行かないと、消えてしまいますよ。
★ ★
あたりまえのように平和を駆け抜ける
安藤なみ
羽田義則
光明
「あたりまえ」が凄くステキです!。
★ ★
跳びあがるたびに笑っている踵
田村ひろ子
海月
とってもリズミカル。
小林祥司
いいね。子どもって。何しても楽しそう。
行き先はきっと私の好きな場所
海月
敏々
FB
懸命にあなたの背中追い続け
閑翠
石原てるみ
一途な愛なのか。
走ること教えてくれた君がいた
冬子
田村ひろ子
遠い日の想い出
犬笛でマイム・マイムはやめなさい
月波与生
小林康浩
それで踊り出す犬もすばらしい!
少女でいようひぐらしが鳴くまでは
坪井篤子
少女でいようが素直。ひぐらしが鳴くまでと限定したドラマ。
夏休み残りわずかな背に夕日
神田良子
一歩
そんな雰囲気ですね。
嬉しくて大地蹴飛ばす長い影
けんじ
羽田義則
鐘がなる家路へ急ぐ影2つ
キコ
敏々
FB
ポチ走る私も走る その直後
丸山 進
田中 女里
ミステリーですね いろいろ想像します
キラキラと野山を駈けた夏休み
野守
ミチコ
可愛らしい素直さがイメージにぴったり。
雨上がりアサギマダラの気分です
みや
一歩
飛んだ発想に〇
赤ちゃんの頃に出会ったわたしたち
坪井篤子
峰岡名負人
きっとそうだと 思えてきて ほほ笑んでいます。
やさしくなれた 相棒だった
野原 萌
田中 女里
年金を見せて我慢を犬に説く
山路橙葉
黒川利一
笑わせていただきました。で、犬はどんな顔をして聞いていました? そんな時の犬の仕草、可愛い! 人間と違ってちゃんと聞いていますもの。柴のかかった雑種、「フー」がいた頃を思い出しています。
子供見て子供心が騒ぎだす
一歩
愛知 おさ虫
確かに。 今日、山でトンボ採りに来ていた家族と会いました。子供は5~6歳ぐらいの男の子。でも採り方が下手。親も下手(笑)。 で、私がトンボ採りのレクチュアーしてきました(^_^)v
トランプにポチの稼ぎを減らされる
山路橙葉
小林康浩
どうすれば日本は、アメリカの犬をやめられるのか?
希望もつ少女の瞳朝を駆け
小林祥司
羽田義則
追われると逃げたくなっちゃう女です
中嶋安子
しょうこ
同感。追われて振り払いたい〜
後続を気遣いながら進む犬
光源氏
峰岡名負人
こう見えている作者の あたたかさに 感動です。
とりとめのない日常に光る朝
レイ子
蓮子
いい予感。
おいポチよ散歩してるか天の川
じゅんいち
田中 女里
ウチの猫たちは、虹の橋で昼寝していることでしょう 亡くなったワンちゃんへの思いが伝わりました
土に触れ我に返った座敷犬
まこと
光源氏
初めての冒険旅行帰り道
ミチコ
海月
楽しいことがいっぱいあったかな?
振り返り私を待ってくれた人
公子
海月
そういう人が私は好きです。

戻る