現代川柳ポータルサイト ゆうゆう夢工房へようこそ。ゆうゆう夢工房は、現代川柳を志す皆様の工房です。素晴らしい川柳投句を心よりお待ちしています。

Senryu contest result

★ ★ ★ ★ ★ ★
バリアフリー自分の影に蹴躓く
山口一雄
しょうこ
最後はこうなるんでしょうかね。
光源氏
「自分の影に蹴躓く」がいいですね。
野原 萌
まさかの内なるバリア。自分の影がいい
愛知 おさ虫
それは老いの影でしょうか。そしてやがては死の影に…でしょうか。 寂しいね( ; ; ) 自分の影、が切ないですね、
まこと
自分の影には注意を払わない。
村井広子
★ ★ ★ ★ ★
矢印を曲げて一日ズル休み
安藤なみ
矢印はやるべき一日の仕事でしょうか? 長い人生、一日、二日伸ばしても良いでしょう。 ズル休みが気分転換になりエネルギー満タンに!
みゆき
小林康浩
さてどっちへ矢印を曲げたのでしょう?
柳谷益弘
居心地のいい所まで・・
苑子
★★
★ ★ ★ ★ ★
指切りの指が痛んでいる未来
海月
睦悟朗
変化激しく落ちこぼれてく
野原 萌
あんなに固く約束したのに・・守れない何かの訳。ごめんなさいの心が切ない
苑子
一家 汀
守れないと分かっている約束・・・辛いですね。指だけでなく、心の痛みも伝わってきます。
けんじ
★ ★ ★ ★ ★
まっすぐなことばの雨に洗われる
田村ひろ子
幼い子供の「まっすぐなことば」を感じました。 目に一杯涙を浮かべて。 懸命に「ぼく、そうおもったんだ~」と。訴える姿に心を洗われた子育ての頃。
坪井篤子
歯に衣着せぬ言葉で直接言ってくれるって事は幸せです。
丸山 進
☆☆下心ないストレートの言葉は気持ちよい。
苑子
★★★
神田良子
情景が浮かびます。
★ ★ ★ ★ ★
完璧な文字で乱筆詫びている
小林康浩
海月
美しい文字が書けません。
月波与生
◯◯◯
キコ
完璧な文字でわないがつい癖で乱筆にてと描いている。 同感句です。
レイ子
ご本人の水準が高過ぎるのでしょうか? お返事書けないですね〜(笑)
山口一雄
日本の慣習はいろいろと面倒臭いですね
★ ★ ★ ★
無欲と言う欲はなかなか満たされぬ
愛知 おさ虫
山路橙葉
✿❤✿
レイ子
なるほど、無欲になりたいというのも欲...?
大澤 葵
無欲の「欲」満たされないですね~。
ちゃくし
本当にそうですね。
★ ★ ★ ★
トンネルに山の痛みが沁みている
まこと
トンネルの雫は山の痛みでしたか! 近道で楽をしていましたが、作った人々への感謝と 安全に気をつけます。
峰岡名負人
トンネル内に滴ってる水を 山が出血しているように見て その痛みを感じている、作者の繊細な感覚に 脱帽です。
村井広子
★ ★ ★
似顔絵に優しい嘘を描き込む
冬子
中嶋安子
そうそう、ちょっと、男前に!ね!
石原てるみ
先日、娘と二人で描いて頂きましたが確かに私の方には配慮がみえました。
睦悟朗
モデルの機嫌損ねないよう
★ ★ ★
そう来たかすべて笑いにしてしまう
稲垣康江
小林康浩
見事な技をかけられたように笑ってしまう。
けんじ
神田良子
「そう来たか」がよく効いている。 その通りだと思う。
★ ★ ★
個性派の姿が見えぬ芝ざくら
ちいこ
光明
個性は探せばきっとありますよ!。見付けたいですね!。
圦山 繁
空気を読んで、皆個性をひた隠す。芝さくらの比喩に惹かれました。
稲垣康江
私も今年見に行きました。綺麗ですがなるほどです。
★ ★ ★
シャボン玉おおきくなって歪みだす
田村ひろ子
ミチコ
所詮は儚いですね。だから追いかけるのでしょうか?
まこと
そこから味がでます。
村井広子
★ ★ ★
ディフェンスかオフェンスなのか薔薇の棘
冬子
中嶋安子
守っているような、攻めているような、、、、。
ミチコ
薔薇はその存在だけでドラマですね。棘はやはりディフェンスでしょうね。
みゆき
★ ★ ★
過去は振り向かない 首が回らない
小林康浩
圦山 繁
前ばかり見て生きる。素敵です。でも、首が回らないのは少々辛いかも?
羽田義則
一歩
そうなりたい。
★ ★ ★
忘れてた約束指は覚えてた
公子
光源氏
頭では忘れていても、指はしっかり覚えているのですね。
小林康浩
指切りの小指が騒いでならないのでしょう。
神田良子
体に刷り込まれた記憶は消えないですね。
★ ★ ★
やさしくそっと撫でたとこから開くのよ
村井広子
中嶋安子
どんな花が咲くのでしょう!
一家 汀
撫でているのは花でしょうか、はたまた心でしょうか。やさしく撫でられれば、閉じていても勇気を出して開いていけそうです。
★ ★ ★
気楽さと淋しさあって揺れている
大西俊和
坪井篤子
気楽と孤独は背中合わせ。 どちらも良い時もあればさみしいこともあります。
キコ
この気持ち分かる分かる。。
★ ★
当たり前が当たり前ではなくなる日
レイ子
羽田義則
ちゃくし
怖い、こわい話。
★ ★
カーテンコールわが人生のお芝居も
幸生
丸山 進
☆☆人生のカテンコールは最高。
柳谷益弘
最終章なら鯨幕・・
★ ★
例外も仲間に入れるアナログ派
光明
アナログ派、万歳!!!。1プラス1=10になりますもんね!
山口一雄
例外を許容しないデジタル派ですね
★ ★
カタコトに必死を込める三歳児
ミチコ
レイ子
可愛い情景が目に見えるようです。 ここ一番って時には必死を込めないといけませんね。 反省。
大澤 葵
言いたいことを一生懸命伝える様子が目に浮かんできます。
★ ★
飛びたくてもっともっとと風ねだる
一家 汀
山路橙葉
✿❤✿
稲垣康江
もう少し前に進みたい時の気持ちだと詠みました。 私もよく思います。
★ ★
うたた寝へ布団を掛けてくれる春
インド人
野原 萌
春がなんともいい。 古女房さまでしょうね。
稲垣康江
優しい陽ざしが差し込み気持ちよさそう。 春がいいですね。
★ ★
寝待月離婚届は書いてある
みゆき
石原てるみ
寝待月の意味と離婚届がピッタリ。
愛知 おさ虫
心の中に用意してある離婚届。書いては消し、書いては消し・・。でも今日と言う今日は・・。 あの寝待月が背中を押してくれたから。 寝待月が効果的。
★ ★
心臓の三差路に住むカメレオン
みゆき
一歩
発想がユニーク。
★ ★
夏野菜お日様香る台所
井上雅代
黒川利一
我が菜園、今は玉ねぎの収穫。これも夏野菜と言えば言えます。いい香りがしますし、おいしいです。生で食べる時は生きがよく辛いので水に晒してから、スライスして鰹節ふり、ちょっといい醤油のみでシンプルにいただくのが好きです。
光源氏
太陽エネルギーをいっぱい吸った夏野菜を食べるとは元気がでそうです。
★ ★
かと言ってふと口に出るどっこいしょ
キコ
吉田利秋
聞いた話ですが、掛け声をかけて動作をすることがいいのです。「どっこいしょ」は最高の合言葉です。みなさん、ご一緒に!
しょうこ
1日の初めお早うよりも先ず立ち上がる掛言葉
★ ★
一年生汚れてきたな白い靴
神田良子
石原てるみ
良かった。一安心ですね。
まこと
洗うのも責務。
★ ★
報われぬと分かっていても流す汗
光源氏
黒川利一
要領が悪いというか、不器用というか、実直というか、やはりやる時は手抜きなし、卑近な言葉で言えば一生懸命。ですが、結果は芳しくないことの方が多い。そんなこと重々分かっていても、やはり「やる」。これが私の生き方ですもの。
圦山 繁
無駄、無駄、無駄、汗、汗、汗の人生もまた楽し。共感させられました。
★ ★
花の下逢えぬ逢いたい人と飲む
ちゃくし
丸山 進
☆☆心行くまで飲んでください。
一家 汀
逢いたいけれども逢えぬ人・・・でもその方もきっと作者に逢いたいと思っているのでしょう。花の下で、見えなくても二人で飲み交わすお酒、ほろ苦くも甘いような気がします。
★ ★
ハイタッチやさしさの目でみつめられ
一歩
吉田利秋
ボーリング場でしょうか?恋の花咲くストライク。私は先日までボウラーでした。マイボール、マイシューズです。ボイラーではありません!
田村ひろ子
良かったですね。
★ ★
退院日もう次の旅考える
一歩
吉田利秋
さあ次は地中海かエベレストか?私は旅人です、よろしく!
月波与生
★ ★
里帰り蝶と対話し深呼吸
睦悟朗
海月
なんだかホッとしますね。
井上雅代
古里では穏やかに時間が過ぎて行きますね。蝶や野の草花、空気までも歓迎してくれているように感じます。。
★ ★
加齢だとおっしゃる医師は同い年
村井広子
海月
願わないのに誕生日はやって来て加速に年をとっていきます。
劣化する薔薇のくちびる炎えぬまま
石原てるみ
ミチコ
美しく色っぽい女性の悲しいストーリーが見える様。
アジサイを紫陽花色に変える雨
愛知 おさ虫
アジサイと紫陽花を上手に使い分けられました。 確かに、一雨ごとに鮮やかになっていきますね。
人間も犬猫チップ義務化され
羽田義則
黒川利一
親指と人差し指の水かきのところに太い針でマイクロチップを挿入。もちろん人間の。北欧のスエーデンでは広く実用化されている。これちょっと怖い。
マッサージ秘密を当てる魔法の手
睦悟朗
プロはさすがだ本質見抜く
少子化へ頼る人なく墓じまい
光源氏
ちゃくし
時代の流れですね。
知らぬ間に増えてしまった打撲傷
須川柊子
峰岡名負人
この句を実感しちゃうのが悲しいね。たしかに時々 気づかぬままに打ち身のアザができてるよ。
太古へとわたしの川を遡る
ゆみ子
安藤なみ
素晴らしい。
割り込みの注意をしたらキャーと言う
吉田利秋
峰岡名負人
静かに反省でもすれば可愛げもあるが、キャーとはしゃいでごまかしちゃう、そんなのが居そうだね!
太陽へ男の日傘見得を切る
けんじ
みゆき
さらけだす中味そこまで言わんでも
神田良子
大澤 葵
病院の待合やPTAの立ち話など、そう思うことありますね。
水ぎらい抜き足差し足あめんぼう
柳谷益弘
須川柊子
好きならば、ドップリ浸かるのに。
納豆の糸より細い友でした
須川柊子
山路橙葉
✿❤✿
さわぎだす私の中に眠る森
海月
田村ひろ子
森を持っているシアワセ!!
雑用もしっかりこなす良い回路
柳谷益弘
田村ひろ子
元気な証拠ですね。
我もまた太陽系の小惑星
愛知 おさ虫
須川柊子
自転も公転もします。
チュウリップ枯れて逝きたり京マチコ
しょうこ
須川柊子
昭和の方がまた一人。
ソープより石鹸好きと泡立てる
キコ
光明
頑張っていますね!石鹸の自己主張!。
控えめな帽子も徐々に令和かな
ちいこ
いいんだいいんだ この世の毒を吐き切れよ
野原 萌
月波与生
◯◯
訪郷のああ懐かしき鼻濁音
松尾冬彦
羽田義則
どこまで走っても届かない想い
中嶋安子
けんじ
空財布三途の川に料金所
じゅんいち
一歩
これはえらいこと。
積むということ繰り返しふと孤独
森下綾子
坪井篤子
一生懸命になればなるほど孤独に陥る事ってありますよね。
言い負けて笑う自分に胃が痛む
圦山 繁
井上雅代
息子に結構言い負かされます。苦笑いしながら心で悪態ついています。それでストレス解消。胃痛にはなりません。
おふくろと娘パンツが噛み合わぬ
丸山 進
しょうこ
ズボンからスラックスそしてパンツ昭和平成そして令和夫はズボンです。
丁度いい半分こする都合よさ
けんじ

戻る